プロが教えるわが家の防犯対策術!

【割安株】どっちの方が爆上がり、天井超えしやすいですか?

理由も教えてください。

利益からみた割安株のPERの株価収益率と資産からみた割安株のPBRの株価総資産倍率のどちらを重視して買いますか?

教えて!goo グレード

A 回答 (2件)

>【割安株】どっちの方が爆上がり、天井超えしやすいですか?


どちらとも言えない。
基本的に低PER、低PBRの銘柄は市場からの注目度は高くなく、基本的に爆上がり、天井超え云々となるのは、その注目度に大きな変化がないとおきません。
むしろ、PERとかPBRなどは関係なく、とりあえず市場の注目を集めて株価がイナゴタワー的に急伸するような銘柄の場合が「爆上がり」に合致するイメージです。

・PERかPBRかといえばPERかな。
 PBRは株価上昇というより下支え要因的な感じで見ます。

・PERは、単にその数字だけでなく、同業他社との比較で見ます。
 単純に数字が極端に低い、あるいは同業他社との比較でも低いような場合は、なにかその理由があるはずですので、なぜそうなっているのかを考えます。

・その上で業績そのものが回復するのか、伸びるのか、利益率はどうなのか、懸念予想はなにか等、PERそのものではなく、事業内容、業績、ビジネスモデルについて考えます。
そうした上でPERが低くなっている理由そのものが変化、改善する可能性があるかどうかを考えます。

・PERは基本的には結果と期待感を含めたコンセンサスと市場全体の雰囲気の合算値のようなもので、あまりこの数字そのものにこだわるのは意味が薄いと考えています。

・PBRについては、これも単に数字ではなく、その内容について考えます。

現預金の水準が非常に高く、株式時価総額と保有現預金や現金同等物との差が少ないところは、それは株価の下支え要因になるかと思います。

ただ、土地の含み益に注目が集まるなど、資産の内容と関わっての注目度が変化したりしないと低PBRであることそのものが株価上昇の要因となることは少ないというイメージです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みんなありがとう

お礼日時:2022/05/22 09:29

昨年より


割安には何年経過しても需要が細いとか多いが
実は特殊需要が見込まれて経常利益10%以上なら買い。
そんな都合の良い銘柄があると群がる。

最後の花火大会は、金余りで銀行株を買うと終わりがちかい。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング