68歳の母が、8月の中旬から下腹が痛いということで、北海道大学病院に診察に行ったところ腸の癒着と言われました。手術をすると今より状態が悪くなると言うことで、
痛み止めと座薬を使用していますが、長期間痛み止めと座薬の使用で身体の方は、大丈夫なんだろうかと心配になりました。また、入院をさせるわけでもなく自宅療養といわれたんですが、入院せずとも大丈夫なんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「癒着」
http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
(腸閉塞症)
これらの中で特に「原因と危険因子」「治療」と関連リンク先を参考にしてください。

ご参考まで。

お大事に。

参考URL:http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2001/09/09 19:40

お腹のマッサージと呼吸法ができれば・・・無理はしないで。


お腹を「ほうずき」をほぐす時のように軽い力で時間を掛けて癒着個所をほぐしてはどうでしょう。自分でできるようなら安全なのですが。
腸が「ちょうちん」をしぼませたような状態になっていると仮定して、
マッサージ、と呼吸に合わせて腸を膨らませるようにしてみてはどうでしょうか。
風船同士がしぼむと癒着しますが、空気を入れて膨らませていくと離れていきます。
いわゆる腹式呼吸、深呼吸を大きくしてみてください。
無理はしないで、気持ちの良いやり方で。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

無理しない程度にやってみます。ありがとうございます

お礼日時:2001/09/10 19:32

腸の癒着をきたす原因として、腹部の手術や炎症性疾患の既往の有無が大切になります。

虫垂炎や婦人科疾患なども原因になることがあります。
手術の適応に関しては、腸閉塞を繰り返しおこすようなケースでは考慮されなければなりませんが、今回の症状が初発で、腸閉塞とよべる状態でなかったのならまずは、対症的に経過をみることになると思います。
問題は、今の症状が腸の癒着のほかに原因が隠れていないかどうかということだと思います。持続するようなら下腹部痛をきたす疾患の鑑別ということが問題になります。
薬の使用については、具体的な内容ではないので判断が難しいように思います。入院か自宅療養かの判断は、実際に診察された先生がそのような判断をされている以上、こういった場所で回答者が入院の適否を判断することはできないのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

信用すると言うことも必要ですね。ただ、一日毎に弱っていくようなきがするもので・・・・

お礼日時:2001/09/09 22:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q手術の癒着について

小腸の部分切除の手術をした場合は癒着率は他の大腸や胃などの手術より癒着する可能性が高いのでしょうか?

小腸の手術をした場合は90%の方で癒着すると聞いた事があります。

小腸だから癒着し易いのですかね?

Aベストアンサー

手術をすれば、癒着は起きると考えた方が良い。
癒着しない方が例外。
だから、小腸でも、大腸でも、他の臓器でも、
手術をすれば癒着は起きます。

でも、癒着が臨床上、どのような問題を生じるか、
ということになると、どの臓器も同じというわけではありません。
癒着で、一番、問題になるのが小腸なのです。
小腸では、癒着によって、腸の動きが悪くなったり、
場合によっては、詰まったりすることがあるので、
問題が大きくなる可能性が高いのです。

Q【至急】痛み止めを飲んだ後、アルコールを飲んでも大丈夫なのは、何時間後

【至急】痛み止めを飲んだ後、アルコールを飲んでも大丈夫なのは、何時間後ですか?

今日、16時に歯が痛くなりビングルアイビーを服用しました。
20時から飲み会なのですが、飲んでも大丈夫でしょうか?
けっこう量を飲む方なんですが…

至急、教えていただけるとたすかります!

Aベストアンサー

通常は6~8時間効力が効いてると言われてます。
従って中4時間 効力が効いたままでの飲酒となる可能性があります。
個人差があるので 大丈夫な人は大丈夫なのですが
アルコールでの副作用が出るかも知れません。
その際最悪「意識混濁」「意識不明」なると思いますので、救急車を呼ばれたときに「16時にビングルアイビーを服用しました」を言って貰えるように回りの方にお願いしておきましょう。
そうすれば適切な処置をして貰えます。

出来れば 飲酒 しないほうが良いのですがね。

Q手術 癒着について

小腸や大腸の手術をした場合に癒着が起こることがあると聞きますが術後1日や2日では癒着は起きなく長い月日をえてから癒着すると聞いた事があります。

癒着=手術直後には起こらずに月日をえて癒着する時はすると言う認識で良いでしょうか?

Aベストアンサー

いいえ。
癒着とは、手術などによる傷が治る過程で起きます。
たとえば、指を切った時、傷口がくっついて治ります。
そのくっつくことが「癒着」なのですよ。
都合の良いくっつきを「治癒」と言い、
都合の悪いくっつきを「癒着」と言っているようなものです。
つまり、癒着は、手術直後から始まります。

腸は動くので、軽い癒着が起きて、腸が動いて、それがはがれて
新たな傷となり、新しい癒着ができて……
というように、どんどん癒着がひどくなっていく人がいます。
「長い月日」というのは、そのような人を指すのだと思います。

癒着がひどくなると、腸の動きも悪くなるので、
癒着防止は、重要なポイントです。
なので、変な癒着が起きないように、早期の離床をさせたり、
手術の時に癒着防止のシート(最終的には、吸収されてなくなる)を
つかったり、色々と工夫がされていますが、
いまだに、決定打はないようです。

Q1週間後に、脳動脈瘤手術前の検査入院なのですが、ヘアカラーしても大丈夫でしょうか??心配が1つ…入院

1週間後に、脳動脈瘤手術前の検査入院なのですが、ヘアカラーしても大丈夫でしょうか??心配が1つ…入院前入院中生理が来ても大丈夫でしょうか?

Aベストアンサー

検査は、どのような方法ですか?足の血管から、細い管を入れて、脳まで届かせる方法ですか?
それとも、脳のMRIかCTですか?

ヘアカラーは大丈夫でしょう。
生理も、他の回答者さまがおっしゃるように、看護師さんがお世話してくださいます。

まだお若いようですね。

私の母は、高齢で、痩せていたので、血管からはカテーテルを通すことができず、本番の手術では、頭のてっぺんにドリルで穴を開けて、頭がい骨も丸く切り、そこから脳動脈瘤の手術(クリップで止める)をしました。
よって、術後はしばらく、そこだけが禿げていた気がしますが、すぐに元に戻りました。

手術が成功なさるよう、お祈りしています。

Q癒着について・・

こんにちは。
手術後に起こる癒着についてなのですが・・
癒着とはどういったものなのでしょうか??
また、術後(子宮筋腫による子宮の摘出)の癒着によって再手術をしなければならない時、手術を行っていただいた医者の方には責任はあるのでしょうか・・??
「癒着」ついて何でもいいので教えてください。
よろしくお願いします。。

Aベストアンサー

感染、ケガ、手術など何でも同じですが、ヒトの体の組織に炎症や損傷がおこると、そこには必ず、自分で治ろう、とする力が働きます。その結果起こるのが癒着です。
例えば、包丁で指を切ってしまったとします。小さな傷であれば縫合しなくとも自然にふさがって治ります。“ふさがる”のは離れてしまった皮膚と皮膚とが、まさに“癒着”するからです。
つまり、人間にとって“癒着”という現象は、生きて行くために絶対に必要な“創傷自然治癒力”と言えます。
ところが、この治癒力はすべての場所に起こります。起こって欲しくない場所、例えば開腹手術後の創や、腸と腸の間などにも起こるのです。
このため開腹手術後の癒着により腸閉塞などが起こったり、再手術が困難になったり、人体にとってはよくない事も起こりうるわけです。
もうお分かりだと思いますが、術後の癒着は執刀医の責任ではありません。どんな名医が執刀しても、必ず起こるのです。
最近では、癒着防止用シートなども販売され、臨床で使用されています。

Q68歳の母が脳梗塞になり、10日ほど入院しました。

68歳の母が脳梗塞になり、10日ほど入院しました。
幸い職場復帰もできるようになったのですが(調理担当)左半身のだるさ、重み(本人は鉛が入ってる感じと言ってます)が酷く、退院時より悪化してるみたいです。
ちなみに退院してから2ヶ月がたちます。
大学病院へ定期診察は行ってます。
「運動しろ」と言われるらしいですが、重たくて足が動きずらいと。
痺れではなく「重たい」らしいです。
左足は引きずってあるいてしまう感覚。 でも見た目は普通に歩いてる。
パンパンに張ってると思いきや、触ると右足と変らない。
座って意識的に足を動かそうと思えば右足と同じ動作が出来る。
出歩くのが好きだったのに、最近は億劫になってたり若干ウツなのかな~って思う時があります。
「同じような症状の人がいたら話をしてみたい」と言ってます。
軽く「後遺症に慣れるまでには長くかかるよ。」と話しているのですが「この症状に慣れることはまずないと思う」と、かなり気持ちが落ちています。
母と同じように後遺症で足が重たくて仕方ない方っていらっしゃいますか?
どのようにしたらいいのでしょうか?
また、カイロやマッサージでオススメなどありましたら是非教えてください。

68歳の母が脳梗塞になり、10日ほど入院しました。
幸い職場復帰もできるようになったのですが(調理担当)左半身のだるさ、重み(本人は鉛が入ってる感じと言ってます)が酷く、退院時より悪化してるみたいです。
ちなみに退院してから2ヶ月がたちます。
大学病院へ定期診察は行ってます。
「運動しろ」と言われるらしいですが、重たくて足が動きずらいと。
痺れではなく「重たい」らしいです。
左足は引きずってあるいてしまう感覚。 でも見た目は普通に歩いてる。
パンパンに張ってると思いきや、触...続きを読む

Aベストアンサー

理学療法士さんにきちんとしたアドバイスを貰いたいですよね。
小さな進歩も自信として掴んでいけるようなリハビリを組んでくれる筈。
同時に、お母さんのような人を今までも受け持ってきているからこそ出来るアドバイスもある。
億劫になって動かさなくなると余計に動かなくなってしまう。
廃用症候群のような状態を創っても怖いですからね。
先ずは今のお母さんの状態を診てもらって。
無理なく、且つ前向きになれるような後遺症との向き合い方、折り合いのつけ方を見つけていく
事が大切になるんだと思いますよ☆

Q癒着について

こんにちわ、早速ですが、よく開腹手術で癒着がひどくて
手術できないことを耳にしますが、そもそもなぜ癒着という現象がおこるのでしょうか?対象は卵巣癌なのですが、大腸や子宮とよく癒着するらしいのです。これは癌が接着剤みたいな役割をしているせいなのでしょうか?誰かご存知の方がいらっしゃればお願いします!

Aベストアンサー

腹腔内の「癒着」という場合は,通常開腹手術後の後遺症としての「癒着」を指します.
これは,開腹手術時に受けた刺激により,腸管と腸管,あるいは腸管と腹膜などが繊維性の組織(組織を修復しようとしてできたもの)でくっついてしまう状態です.
単なる「癒着」であれば,丁寧に剥がしていけば剥がれるものです.

ご質問の,卵巣がんの大腸や子宮への癒着は,恐らく「浸潤」を指しているのだと思います.これは,癌が進行して卵巣の被膜を越え,周囲の組織にまで癌細胞が拡がっていっている状態です.
これは「癒着」ではないためはがすことはできませんし,無理にはがしたとしても,癌を残した手術をすることになるので,全く意味がありません.
手術により癌を切除するためには,その浸潤している部分も広範囲に摘出する必要があり,この場合手術の対象にならないことがあります(手術しても延命効果がないため).

Q痔の座薬、レンジで溶かして外の痔にぬっても大丈夫?

私は10年前から外に出てる痔(軽度の外痔?脱肛ぎみ?)になっています。

いつも、痛い時期と痛くない時期が長期スパンでやってくる感じで、

今痛い時期に入ってます


先日、医者から『ネリプロクト坐剤』を処方されました。

座薬だと肛門の中に入ってしまう為か、痛い外の部分にはなんだかあまり効きません。

座薬いれても、脱肛部分の切れ痔的な痛みがずっと一日中続いていて

とてもキツイです。


この『ネリプロクト坐剤』をたくさんもらってきてしまい、これをなんとか活用したいのですが

座薬をレンジなどで少し溶かして外の痔にぬっても大丈夫なものでしょうか?

Aベストアンサー

いえ、だめです。
座薬は中の熱でとけて血管から吸収させるお薬ですから、
効果はないに等しいでしょう。


座薬もつかいつつ、
軟膏をぬってみては?
つぎ行くときは、先生に
座薬は使いにくいから、
軟膏いただけませんか?
ってきいてみてください。
きっとくれはるかと。

Q包茎の癒着部分

自分は包茎です。
おそらく仮性包茎で、カリ部分のところまで来ると一部分癒着してました(仮性包茎で癒着はありえないという意見が)。
大きく癒着していたわけではなく、トライアングル状にちかい癒着でした(裏筋では無い)。
そして昨日オナホールで挿入しようとしたら、癒着がどんどんとれてくれました。(結局奥まではいけませんでしたが)
ひとまず抜いて、癒着が残っていたのでこの際残りの癒着もとって完全な状態を作ってしまおうと思って、力ずくに近い状態でオナホールや手で癒着を取りました。
そしてその部分からは血がでているわけではないのですが、つかえたら多少の痛み、赤みがあります。
これは放置すれば自然に治るのでしょうか?
それとも早く直すための薬などはありますか?(他の質問ではオロナインとありました)。
家にあるのがマネキオールという殺菌、消毒のヤツしかないです。
完治させたいのでよろしくお願いします。
あと「病院に行く」という回答以外でお願いします。

Aベストアンサー

自分も同じような癒着の経験があります
すり傷とおなじことだと考えてオロナインを塗って数日したら何でもなくなりました
清潔にしていれば特に問題ないと思います

余計なことですが
露出まもないところでオナホール使用はちょっと圧力が強いかもしれないと思います

Q『腸閉塞』で入院した息子への病院対応

息子(44歳)が、4/26(火)16時頃突然吐き気とお腹の張りがひどくなり、
近くの内科・胃腸科医院に行き、レントゲンを撮った処、緊急に対応できる
病院を紹介されました。

紹介された其の病院では、対応は以下の通りです。
4/26:夕方に採血・点滴を施し、一応吐き気とお腹の張りが収まった。
4/27:点滴(朝と昼の2回)・採血・レントゲン・エコー・心電図検査。
4/28:点滴(朝と昼の2回)、検査結果『腸閉塞』と診断。
4/29:点滴(朝と昼の2回)、夜遅く大便があり。
以降の診察内容は、5/02:再度採血、5/05:再度採血、5/10:胃カメラ検査
とのことであった。
※検査結果での、異常値は以下の通りです。
・血清鉄➡L40 ・eGFR➡L77.2 ・CRP➡(1+)0.32 ・Tf飽和率➡L12.5
・白血球数➡H11.5 ・赤血球数➡H561 ・MCH➡L28.2
・SEG➡H81 ・LYM➡L9

当病院は、診療科目「腫瘍内科・血液内科・内科・消火器内科・人間ドック
・健康診断」、それ以外に在宅療養支援として「後方支援施設、認知症対
応を実施しており、サイト上から看護婦が大量に不足しており募集しており、口こみでは極めて評判が悪い。

他方、息子入院後に、主治医が4日間入院中1回しか病室に来ておらず、
担当看護師の説明も十分になされていない様子である。

更に、今後の診察日程は、連休に重なっているためか、
5/02:採血、5/05:採血、5/10:胃カメラとの説明を受けている。

以上から、『腸閉塞』なる病気に対する検査方法と入院期間が、一般的には如何なるものか! 本人は極めて元気な様子であり、入院から通院を
希望しているが如何なものか!
アドバイスの程お願い申し上げます。

息子(44歳)が、4/26(火)16時頃突然吐き気とお腹の張りがひどくなり、
近くの内科・胃腸科医院に行き、レントゲンを撮った処、緊急に対応できる
病院を紹介されました。

紹介された其の病院では、対応は以下の通りです。
4/26:夕方に採血・点滴を施し、一応吐き気とお腹の張りが収まった。
4/27:点滴(朝と昼の2回)・採血・レントゲン・エコー・心電図検査。
4/28:点滴(朝と昼の2回)、検査結果『腸閉塞』と診断。
4/29:点滴(朝と昼の2回)、夜遅く大便があり。
以降の診察内容は、5/02:再度採血、5...続きを読む

Aベストアンサー

病院への不信感を言っておられますが、医療内容をちゃんと理解しておられますか? 理解が浅いと「評判」「往診回数」などが気になってくるのです。

腸閉塞にもグレードがあり(状態が悪ければ手術もあり得ますが)緊急性を伴わない時は保存的治療となり、絶食の上で脱水対策と抗生物質の点滴となります。
点滴の内容はラベルを見れば分かります。パンスポリンは抗生物質なので細菌に感染しておられるようですね。血液検査で炎症の程度(治りつつあるか)がわかります。例えば炎症が治るとともにCRPはゼロに近づきます。
退院の判断にCRP値が用いられます。退院すれば快方に向かっています。胃の検査は念のためではないでしょうか。
http://benpi-project.com/Constipation-foundation/Constipation-disease/Intestinal-obstruction.html

私は医師などではありませんが、ちょこっとインターネットを調べるだけで上の情報が得られます。私は抗生物質の点滴を2週間もの間受けたことがありますが、入院中はパソコンで医学(抗生物質やCRP)の勉強をしていました。

治療内容が納得のいくものであれば、噂に踊らされて病院を替えるなどの必要はありません。理解度の浅い患者には医師は詳しい説明をしようとしないものです。医師同士は2つの病院の間でちゃんと連絡を取り合うと思います。

病院への不信感を言っておられますが、医療内容をちゃんと理解しておられますか? 理解が浅いと「評判」「往診回数」などが気になってくるのです。

腸閉塞にもグレードがあり(状態が悪ければ手術もあり得ますが)緊急性を伴わない時は保存的治療となり、絶食の上で脱水対策と抗生物質の点滴となります。
点滴の内容はラベルを見れば分かります。パンスポリンは抗生物質なので細菌に感染しておられるようですね。血液検査で炎症の程度(治りつつあるか)がわかります。例えば炎症が治るとともにCRPはゼロに近づ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報