AIによる投稿内容の自動チェック機能のリリースについて

なんで昔の日本人は怨霊の存在を信じていたんでしょうか?

A 回答 (12件中1~10件)

当時の科学体系は陰陽五行思想であって、現代と科学体系が違ったから。



陰陽師は政治の官職であり、当時の自然科学の科学者であって、
当時存在しない現代物理化学の説明を用いないで怨霊の存在は否定できないと思いますけど。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

大変興味深いご意見、ご解説の数々、みなさん、ありがとうございました!

お礼日時:2023/01/12 16:35

その方が悩まなくて済むからと妖怪に詳しい作家さんの著書に書いてあった気がします。

    • good
    • 0

人間は前頭葉が発達しているので


不可思議な現象に出会うと、色々
考えます。

これは何だろう、どういう原因で
こうなったのか、等々。

それを説明するために、
あるときは、神や仏、悪魔を持ってきました。

怨霊も同じです。
今まで元気だったのに、突然死んだ。
どうしてだろう。
怨霊の仕業じゃないのか。
そうだ、それに違いない。


時代が経つと、人間は小利口になり
説明の仕方が違ってきます。

もっともらしい理屈で説明したのが
西洋哲学です。

実験や理論で説明したのが
科学です。
    • good
    • 0

日本に限らず、人間って自然現象や偶然の人知を超えた出来事を神や死んだ人の怨念によると考える生き物なのです。

    • good
    • 0

現在も存在を信じてる人が大勢いますよ、日本ばかりでなく


世界中に悪霊・怨霊の存在を信じている人が大勢居ます。
    • good
    • 0

いまより明かりが少なくて夜は真っ暗闇だからです

    • good
    • 0

非日本人も同じようなものだから安心していいよ.

    • good
    • 0

信じてないよ



人心を掌握するために
使っていたツール

信じていた人は欺されていた人
    • good
    • 0

天変地異は怨霊の仕業と信じていましたからね。


でも、現実には祟りなんて信じないで陰謀などの悪事を働く人はいたわけですから、怨霊を信じない人も沢山いたのでしょう。むしろ、怨霊信仰を逆手に取って政治的圧力をかける陰謀家もいたという状況です。

それに怨霊信仰は現代にもありますね。
代表例は、東京のど真ん中、皇居のそばの大手町の将門塚ですね。移転とか再開発のたびに不審死・事故死が相次ぎ、あのGHQですら、工事を中止している。

今でもまさかと思いつつも、触らぬ神に祟りなしを決め込んでいる人は多いのではないでしょうか。
    • good
    • 1

科学的な思考を持たなかったからです。


無知と恐怖がオカルトや妄言を生むのは現在も同じだし、
世界共通です。
    • good
    • 3

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング