金利が上昇すると、債券価格は下落するのはなぜですか??

この場合の「金利」って何を指すのでしょうか?教えて下さい。

後、下のようなケースが理解できません。よければこちらも教えて下さい。
下にある金利が何を指すのかも教えて下さい。

【Q】
2005年1月1日に、表面利率1%、額面100万円の10年満期の国債が発行されました。
あなたは、それを100万円で購入します。
その後金利が上昇し、
2006年1月1日に、表面利率2%、額面100万円の10年満期の国債が発行されました。
さて、あなたの持っている2005年債は一体いくらで売却できるでしょうか?
大切なのは、答えの絶対値ではなく、その算出の仕方にあります。
だから答えを先に書いてしまいましょう。およそ918,378円です。
金利が上昇した結果、債券価格は下落したとこになります。
その理屈と計算方法を答えてください。



よろしくお願いします^-^

このQ&Aに関連する最新のQ&A

アンサープラス

最終利回りのURLにつきましては、下記URLが最新のものとなります。



・最終利回り | 金融・証券用語解説集 | 大和証券
http://www.daiwa.jp/glossary/YST0606.html

A 回答 (5件)

証券マンです。

このような質問をよくお客様から受けます。だいたいの場合、疑問の理由は「金利」「利率」「利回り」の意味合いを把握されていないことから来るようです。

>この場合の「金利」って何を指すのでしょうか?
↑一般的には長期金利や短期金利、公定歩合などでしょう。

>金利が上昇すると、債券価格は下落するのはなぜですか??
↑理解しやすくするためにものすごく簡略化して書きます。
今の公定歩合が0.5%とします。利率が0.5%だと並と考えられる時代とします。ところが明日から公定歩合を5%に引き上げになるとします。すると明日以降に発行される債券は利率5%が並になる、と考えれば、今日までに発行されていた0.5%の債券を売却して明日以後発行になる5%の債券を求める動きが出るでしょう。
したがって、「金利が上昇すると、(今までの)債券は売られて価格が下落」します。金利下落時は逆です。

>【Q】
利率1%、残存9年の債券がある。今の長期金利は2%である。
これが50円ならあなた買いますか?普通買いますよね。なぜ? だって9年で値上がり分の50円と利息9年分9円の合計59円が入るから。50円の投資で9年かけて59円手に入るんだから。すごい効率ですよね。
じゃ60円なら買い?80円なら?95円なら?
これの損益分岐点を求めたものが回答です。利回り計算をすればいいんです。

〔{1+(100-x)/9}/x〕*100 =2
参考URL(最終利回り)をご覧ください。

この式の分子に来ているのは、結局「今後1年あたりどれだけの収入があるか」ってことです。
(毎年決まった利息)プラス(償還までの差益・差損の1年当たり分の合計)ですから。
(それをいくらの投資によって得られるか)が分母(購入価格)です。

参考URL:http://www.daiwa.co.jp/ja/study/knowledge/bond02 …
    • good
    • 27
この回答へのお礼

分りやすいご回答ありがとうございました^-^また質問すると思いますのでもし見かけたら応えて貰えると助かります。有難うございました。

お礼日時:2005/04/22 03:42

市場金利〔市場金利は、「市中金利」とも呼ばれ、金融市場において、金融機関同士がお金の貸し借りをする時に適用される金利のことをいう。

〕が上昇に転じると判断されると、保有している債券を売り、人は今以上に有利な金利の付く新しい商品に乗り換えようと動きます。(人=機関投資家「国内外におよぶ」などの常です)その分、以前から保有している人の債券の価格は下がります。 逆に、市場金利が下降の予想に入るだけで、買い手は有利な利回りが出る債券を買う動きとなりす。その分、今保有している人の債券の価格は上昇します。「金利が低い新しい債券の価格は魅力がないからです。」つまり、債券相場は、市場金利の動向に左右されます。金利の上昇が予想されるケースでは、以前の債券を保有している人は、価格が下落する前に債券を売りたいはずです。債券を売る人が増えると、価格が下がりますが利回りは上昇します。 また、金利の下降が予想されるケースでは、債券価格が上昇する前に債券を買おうとする人が増えます。こうして、債券価格は上がり利回りは下がります。つまり、債券相場は、金利の見通しを先取りして上下します。
    • good
    • 0

専門家紹介

木村正人

職業:ファイナンシャルプランナー

FP1-オフイス21 代表
[ エフピ-ワン-オフイスニジュウイチ ]
あなたの人生のアドバイザーFP1!
家庭のいち専業主婦から世界のトップ企業様までアドバイス!
これが誰にもひらかれたエフピーワンの心意気です!

詳しくはこちら

お問い合わせ先

073-402-5035

※お問い合わせの際は、教えて!gooを見たとお伝えいただければスムーズです。

専門家

「金利」とは通常政策金利(短期金利)と長期金利の両方をさします。

、長期金利は、10年国債の利回りを示すことが多いです。国債は市場で取引されるので、価格および利回りは毎日変動します。

(Q)の前提として、新しく発行される、国債は「札割れ」(売れ残り)を防ぐため、現在の長期金利の動向にあわせて、表面金利が決定されるということをお考え下さい。

したがって、(Q)の前提は、現時点で長期金利は2%ということになります。2005年国債の満期時の価値は額面プラス利子なので100万+1万x9ですから109万円です。ところが、現在の長期金利は2%ですから、この国債の現在の価値をVとすると

V+0.02VX9=109でなければなりません。これをVについて解くとV=109/1.18となり約92万円となります。

ここで言われている金利は、市場で決定される長期金利です。
    • good
    • 17

利息5%の5年もの債券を100万円買ったとします。


この債券の5年後の価値は、125万円です。このこと自体は変動しません。

2年経過しました。利息10万円は既にもらっています。
このとき、3年後のこの債券の価値は115万円です。これも変動しません。

この時点で市中の金利が6%になっているとします。
6%の金利の債券を買えば、3年後の価値は118万円ということになります。

すると、あなたが今持っている金利5%の債券を売ろうとしても、買う人は、金利5%の債券をあなたから買うより、新発の6%の債券を買ったほうが3万円得です。

このため、あなたの持っている金利5%の債券は、金利が6%になったときに100万円で売ろうとしても、誰も買ってくれません。

しかし、債券の価格自体を約3万円値引いた97万円ぐらいに値下げすれば、3年後の価値は同等になるわけです。

こういった調整が行われるために、金利が上がると債券価格自体が下落するということになるわけです。
債券の金利自体は固定金利なので、普通預金金利のように変動させることができませんので、元本部分にあたる債券価格自体で調整することになるのです。

以上のような説明で概念はご理解いただけましたでしょうか。

厳密な計算はめんどくさいので端折らせてください。
    • good
    • 55

【Q】 としてあげられた文章が書かれているサイトの下のほうに答えがあると思うのですが。



おそらく質問者さんは「市場には売り手と買い手が居る」という観点をもてないので、理解できないのではないでしょうか? (持ちつづけるという選択肢は考えない)

ご質問の例で言えば、
・債券を買いたい人が居て、
・市場には、金利 1% の債権と 2% の債権がある
ということだったから、普通、2% 債権を買いますよね。

で、逆に、自分が 1% の債権を持っていて、それを誰かに売りたい(現金等に換えたい)という場合、いくらなら買ってもらえるかといえば、ご質問の91万円(検証はしてません)という金額になるということです。
    • good
    • 6

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q定期預金の金利について、ある信託銀行のキャンペーンで、利率が0.55%

定期預金の金利について、ある信託銀行のキャンペーンで、利率が0.55%・元本保証とかあったんですけど、ゆうちょのキャンペーンと比べてもすごく差があって不思議です。元本保証でこんなに利率が違うのはどうしてなのでしょうか?何か落とし穴?とかあるんでしょうか?経済オンチですみません。

Aベストアンサー

 住友信託銀行のキャンペーンですね。http://www.sumitomotrust.co.jp/BP/campaign/kinriup_2010autumn/index.html
 なにかと抱き合わせとか、特別な条件や落とし穴があるわけではありません。営業政策上、金利を高くして、お金を集めたいのでしょう。
 どういう営業政策かは、察するに、とりあえずお金を集めて、満期時に、投資信託とか外貨預金とか、銀行にとってうまみの大きい商品に預け替えてもらえることを期待しているのではないでしょうか。満期になったからといって即、大きな金額のお金を引き出してしまうのは、心理的に抵抗がありますし、次の行き先を考えるのもめんどくさくて、そのままその銀行の商品で預け続けちゃう人は少なくないと思います。ただ、条件ではありませんので、満期時に、心を鬼にして、引き出してしまっても全く問題ありません。食い逃げみたいなもんですが、銀行も、そうしたお客さんに対しては、どうセールスしても意味ないことはわかっていますので、去る者は追わずで、簡単に出金に応じてくれます。
 あと、もともと信託銀行とかは店舗数が少ないので、電車賃かけてまで来てもらうためには、少しでも条件を良くしておかないと、お客さんは都銀や郵便局に行っちゃいますよね。

 住友信託銀行のキャンペーンですね。http://www.sumitomotrust.co.jp/BP/campaign/kinriup_2010autumn/index.html
 なにかと抱き合わせとか、特別な条件や落とし穴があるわけではありません。営業政策上、金利を高くして、お金を集めたいのでしょう。
 どういう営業政策かは、察するに、とりあえずお金を集めて、満期時に、投資信託とか外貨預金とか、銀行にとってうまみの大きい商品に預け替えてもらえることを期待しているのではないでしょうか。満期になったからといって即、大きな金額のお金を引き出して...続きを読む

Q中国の10年国債金利、アメリカの10年国債金利は?

中国とアメリカの最新の10年国債を見れるサイトを探しています。また、できれば国債の金利推移グラフが掲載されていればうれしいです。ご存知の方教えてください。10年国債で株価が割高か割安かを判断する材料になると本で読んだもので・・・。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

アメリカはこのサイトのチャートが使いやすいかも。
中国は見当たらないですね。

参考URL:http://www.geocities.jp/netarou10/

Q定期預金のキャンペーン 

経済に疎いものですいません。
今現在、300万円でスーパー定期預金を期間3カ月の年0.1%で預けております。
その信用金庫でボーナスキャンペーンとして3年の定期預金で、期間限定金利年0.6%というのがあります。
今の300万円の定期預金を途中で解約して、その商品に切り替えようと思っています。
その場合、その信用金庫に今の定期預金分より上乗せして預け入れしなければ受け付けてくれないものなのでしょうか?
後、もし切り替えた場合、年にいくらの利息がもらえるのでしょうか?

Aベストアンサー

>その信用金庫に今の定期預金分より上乗せして預け入れしなければ受け付けてくれないものなのでしょうか?
そんなことはありませんので、ご安心下さい。

他の方が言われているように、下記の点を確認して下さい。
1.最低預け入れ額が設定されているか?
2.3年定期の全期間通して0.6%の金利なのか?

>もし切り替えた場合、年にいくらの利息がもらえるのでしょうか?
300万円で年利0.6%の場合18,000円ですが、そこから税金が20%引かれますので、
18,000円-18,000円×20%
=18,000円-3,600円
=14,400円
が、利息として1年後にもらえます。
(注)0.6%の金利が1年間適用される場合


追伸
皆さんおっしゃるとおり、300万円に対して年利0.6%が3年間でも、その3年定期に私は魅力を感じません。
オリックス信託銀行、住信SBIネット銀行、ソニー銀行、スルガNetbank、新生銀行などのキャンペーン金利を比較してみて下さい。

Q米国長期金利上昇すると、日本長期金利も上昇するのはなぜですか?

こんにちは、みなさん!!

金融レポートを読んでいると、米国金利が上昇した事により
本邦長期金利も上昇と書いてある事があります。

質問です。
Q.米国長期金利が上昇すると、なぜ、日本長期金利も上昇するのですか?

ご存知の方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

これを私も質問したかったのですが、回答しながらも自分の意見を述べたいと思います。

1)
アメリカの長期金利が上昇して、日本の長期金利が上昇するまでの時間間隔は、その翌朝あるいは3日間くらいを指すと思います。

2)
長期金利との記載ですが、正確には、流通利回りでしょう。つまり、アメリカの長期金利が上昇するのは、国内総生産が成長する、あるいはコア(エネルギー価格を除いた)物価指数が上昇する、為替レートが急激にドル高となる、株価があがる、といった要因が考え、皆がアメリカの債券市場から資金を引くと、債券を売却するので、利回りは上昇します。

3)
上記の要因のひとつの株価を例に、回答しますと、アメリカの株価が上がると翌朝の日本株価も上がります。だから、日本の株価を買う資金の出所として、債券投資をしている場合に、その債券を売りますので、日本の債券流通利回りは逆に上がります。

答え: アメリカの長期金利があがると日本の長期金利もあがる。

Q台湾系の東京スター銀行に定期預金してたら日本のマイナス金利の定期預金金利の影響は受けませんか?台

台湾系の東京スター銀行に定期預金してたら日本のマイナス金利の定期預金金利の影響は受けませんか?

台湾系の東京スター銀行でも影響は出ますか?

「3メガ銀、大口預金の金利上乗せ縮小へ マイナス金利で」というニュース記事を見てふと思いました。

外資系の銀行に定期預金していたら、今回の国内銀行のマイナス金利による金利減額の影響は無かったということでしょうか。

中国銀行に日本人が定期預金することとか可能なのでしょうか。

今なら台湾系の東京スター銀行に定期預金するのが1番正しい選択ですかね。

国内に実店舗もあるので潰れても1000万円の保証が付く上に、マイナス金利の影響を受けない。

Aベストアンサー

東京スター銀行は台湾の銀行に買収されたとはいえ、日本で登記された日本の邦人です。 よって当然他の邦銀と同じように日銀の金利政策の影響を受けます。
中国銀行(Bank of China)の日本支店、中国銀行(岡山に本店のある銀行)いずれでも日本人が定期預金の口座を開設することは可能です。

Q表面利率と金利変動の関係

FPの勉強をしています。問題集に:「他の条件がおなじであれば、一般的に表面利率が低い債券ほど金利変動によるかかく変動は大きくなる」  
とあったのですが、この原理が分かりません。表面利率が低いということは元々あまり利殖効果がないので、金利変動とは関係ないように思ってしまうのですが、、、

Aベストアンサー

これは説明が明らかにおかしいです。
本来、普通の債券では表面利率には関係なく、価格変動の大きさは満期までの長さと金利変動の関係になります。

ですから「普通の債券(ゼロクーポン債、利付債)では、金利変動が同じならば、満期の長い債券ほど、これに伴う価格変動は大きくなる」と解釈すれば良い。

Q金利のいい定期預金を教えてください。

こんばんは。
金利のいい定期預金を教えてください。

キャンペーンとかも大歓迎です。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

下記のサイトをご覧下さい。
イーバンクの金利が突出して良いですが、8月21日までです。

http://www.ginkou.info/modules/tinycontent/index.php?id=8

http://www.ebank.co.jp/p_layer/campaign/2007summer/index.html

Q既発債の債券金利上昇

既発債の特に、10年物の債権利回りが上昇すると言うことは、当然、価格が下落していると言うことで、言ってみれば、買い手がつかないと言うことで間違いないと思うのですが、
1,利回りが上昇すると、通貨が買われる
2,利回りが上がりそうだと予想して、その国の通貨を買うから通貨高にあんるのか、
どちらでしょうか?

それと、利回りが下落すると言うことは、その国に資本が流入していると言うことでいいのでしょうか?

Aベストアンサー

 なんの既発債かわかりませんが、通貨と絡んでいるのでたぶん国債のことだと思います。

 となると、

> 1,利回りが上昇すると、通貨が買われる
> 2,利回りが上がりそうだと予想して、その国の通貨を買うから通貨高にあんるのか

 のどちらもあり得ます。

 どちらになるかは、通貨を売買する人間・組織が、慎重かどうか(慎重な人は大もうけできない)しだいでしょう。多くの人・組織は、「予想」で動いていますので、2が多いと言えると思います。

 しかし逆に、「利回りが上昇すると通貨が"売られる"場合」も、「利回りが上がりそうだと予想して、その国の通貨を"売る"から通貨安になる」場合もあります。

 場合もあるというか、「利回りの上昇」は、ふつうその国の信用に不安が出ているということなので、利回りが上昇しそうだと予想された時点で「通貨は売られる」のがふつうです。


> 利回りが下落すると言うことは、その国に資本が流入していると言うことでいいのでしょうか

 一般の経済の動きと同じく、一概には言えません。例えば、単純に資金に対する需要がない(不景気)なダケだったりするかもしれません。

 まあ、ここ数年の新興国での金利の動きで、金利が下落したのはたしかにその国に外貨が流入したせいです。

 あまりに多額の外貨が入ると、国内ではインフレが起きますので、新興国は金利を下げて過剰な流入を防いでいました。

 ところがアメリカの景気回復に伴って、ドルが新興国から逃避しつつある(アメリカ回帰)ため、新興国は外貨の逃避を防止するために政策的に金利を上げているようです。

 これは、政策の結果ですので、「金利が上がると通貨が買われる(金利が上がっても通貨が売られることはない)」ケースです。
 

 なんの既発債かわかりませんが、通貨と絡んでいるのでたぶん国債のことだと思います。

 となると、

> 1,利回りが上昇すると、通貨が買われる
> 2,利回りが上がりそうだと予想して、その国の通貨を買うから通貨高にあんるのか

 のどちらもあり得ます。

 どちらになるかは、通貨を売買する人間・組織が、慎重かどうか(慎重な人は大もうけできない)しだいでしょう。多くの人・組織は、「予想」で動いていますので、2が多いと言えると思います。

 しかし逆に、「利回りが上昇すると通貨が"売られる"...続きを読む

Q今、現在1番金利のいい円定期預金を教えてください。

こんにちは。

今、現在1番金利のいい円定期預金を教えてください。
キャンペーン等大歓迎です。

Aベストアンサー

http://www.ginkou.info/modules/tinycontent/index.php?id=8​

上記は銀行の金利比較です。金利上昇局面ですから、今は1年ものが良いと思います。
三菱が1年0,8%
ソニー銀行が0,9%

この2つが他より有利です。

Q金利の上昇と債券

息子との会話でこんな話がでました。

『金利が上がれば債券を買いたい人が増えるから債券価格が上がる』

一見、理にかなっている気もしましたが、常識では 「金利上昇=債券価格下落」ですよね。
ですから息子の考えは間違っていると思うのですが、自分でもよく理解していないので
うまく間違いを指摘することができません。
なんて説明してあげるのがよいでしょうか?

Aベストアンサー

長いですがよろしければご覧ください。

>『金利が上がれば債券を買いたい人が増えるから債券価格が上がる』
>息子の考えは間違っていると思うのですが…

tsuruharuさんも息子さんも「間違ってはいない」ので、疑問に思われるのも不思議ではありません。

「金利」と「債券価格」は、「鶏が先か?卵が先か?」の話と似ていて、どちらも「原因」と「結果」になりうる関係になっています。

また、「山の頂上にいる人」と「麓にいる人」がいたとして、「頂上にいる人は高いところにいる」と「麓にいる人は低いところにいる」は、まったく違う表現ですが、同じ事を言っています。

なんだか「禅問答」みたいですが、感覚的には似ていると思います。

-----
息子さんの言った『金利が上がれば債券を買いたい人が増えるから債券価格が上がる』

の状況から少し時間を遡ると、

「(既発)債券価格が下がる」→「金利(利回り)が上がる」

あるいは、

「金利(利回り)が上がる」→「(既発)債券価格が下がる」

ということが起こっていたことになります。

ですから、「債券と金利の関係をよく知らない人」が、「金利(利回り)」に惹かれて「債券を買う」という行動に出てもおかしくありません。

むしろ、「タンス預金」をしているような人は、「金利が付かないのでお金の価値が目減りしてしまう」のですから、「金利の付くものを買うべき」でもあります。

そして、「債券を買う人」が増えると、「需要と供給」の原理に従って、「債券価格は上がり」、「金利(利回り)」は下がることになります。

ここで、息子さんの考え方にそって、

『金利が下がれば債券を売りたい人が増えるから債券価格が下がる』

と考えてみます。

先ほど、「金利(利回り)に惹かれて債券を買う」という行動に出た人が、(よく分からず)今度は、「金利(利回り)の低下に失望して債券を売った」とします。

やはり、「需要と供給」により、「債券を売る人が増えると」、「債券価格は下がり」、「金利(利回り)」は上がることになります。

このようにシーソーのように動くのが、自然な需給に任せた状態です。

「自然な需給」に手を加えるのが、日銀が行う「売りオペ」「買いオペ」と呼ばれる、「意図的な需給調整(公開市場操作)」です。
具体的には、

・日銀が、「市場に債券を売る=通貨を市場から吸い上げる」→「通貨の流通量が減少する」→「金利が上がる=債券価格が下る」、もっと簡単に、「債券を売るので、債券価格が下がる」も間違いではありません。

・日銀が、「市場から債券を買う=通貨を市場に放出する」→「通貨の流通量が増える」→「金利が下がる」、もっと簡単に、「債券を買うので、債券価格が上がる」も間違いではありません。

というようなことを行います。

『買いオペ』
http://www.ifinance.ne.jp/glossary/market/mar184.html

「買いオペ」は、通貨の価値を低下させるので、「インフレ(物価の上昇)」の要因になるとされています。

-----
いかがでしょうか?
かえって分かりにくくなってしまったでしょうか?

いずれにしましても、人は「理屈」ではなく、「値ごろ感」などの「直感・感情」で行動しがちで、それが最終的には市場の需給を変えていきます。

ですから、息子さんの直感は、決して「間違い」ではなく、「債券と金利」の関係の一面をとらえた「真実」なのですが、あくまでも「一面」にしか過ぎないので、「間違っている」ように感じるわけです。

長いですがよろしければご覧ください。

>『金利が上がれば債券を買いたい人が増えるから債券価格が上がる』
>息子の考えは間違っていると思うのですが…

tsuruharuさんも息子さんも「間違ってはいない」ので、疑問に思われるのも不思議ではありません。

「金利」と「債券価格」は、「鶏が先か?卵が先か?」の話と似ていて、どちらも「原因」と「結果」になりうる関係になっています。

また、「山の頂上にいる人」と「麓にいる人」がいたとして、「頂上にいる人は高いところにいる」と「麓にいる人は低いとこ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング