経理事務をしています。処理をするときによく、どの勘定科目を使ってよいのか迷うことが多々あります。
まず一つは、EDP費です。CDRやその他パソコンに使うものをよく購入するのですが、トナーは、消耗品費?ソフトはEDP費?などいまいち違いがわからなくて。。以前先輩に教えられたのは、パソコンに仕込むものはEDP用消耗品費で、その他、パソコン本体やトナーは消耗品費だということだったのですが、、、。

それからもう一つ、福利厚生費と交際費の違い。私はお茶代などは福利厚生費、他社への贈り物やお土産物は交際費にしてるのですが、その違いはどこにあるのでしょう?
お茶代も、取引先の人の接待なら交際費ではないのでしょうか?よくわかりません。。お願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

#4を書いた者です。


肝心なことを書き忘れたました。余計混乱させるような回答になり申し訳ありません。

『一番重要なことは社内で取扱いを統一することです。』
でなければ、わざわざ勘定科目を設定し、消耗品費とEDP消耗品費を分けている意味がなくなってしまいます。
「勘定科目整理基準」というような社内規定がないか前任の方に尋ねてみたらいかがでしょうか。

以下追加です。

交際費についてはケースバイケースで一概には言えません。
来社された取引先の人に出すお茶は間違いなく会議費・雑費・厚生費等で処理して大丈夫です。
昼食のお弁当や出前のそば・カツ丼程度も問題ないでしょう。
そこにビール一杯位なら付けても会議費として認められることもあるようですが…
このことで一冊の本が出るくらいですので簡単には説明し切れません。その都度、書籍等で確認されることをお勧めします。
    • good
    • 0

きわめて乱暴に言ってしまえば



経費(販売費及び一般管理費)については
交際費・寄付金・それに給料関係
これだけを厳密にしておけば、あとは何だってそれほど問題にはなりません。雑費でも消耗品費でも。
そもそも会社が違えば経費の科目なんて全然違います。EDP費という科目がない会社はいくらでもあると思います。(うちの会社はありません。図書費もなくなりました。)
ただ販管費、製造間接費、減価償却資産、は厳密に区分しないとマズイことになります。
    • good
    • 0

パソコンや消耗品に関する支出の勘定科目は会社によっていろいろだと思います。

会計上こうしなければならないという決まりはなく(税法上の取扱が異なることはありますが)、むしろ決めたルールを継続することが重要だと思われます。それにより事業年度ごとの比較検討が可能となり、経営上役立つ資料となると思います。

福利厚生費と交際費の違いは基本的には支出先が内部か外部かの違いです。ただし、取引先を招いて宴会などをおこない、これにこちらの社員を参加させるような場合には、すべて交際費になるなど、個別的にいろいろなケースがあるようです。
また、役員・社員のための食事等の支出に関しては、場合によっては「給与」とみなされることがあります。給与であれば源泉所得税のからみが出てくるので単に決算時に「交際費」で加算(会計上の経費を法人税法上で否認すること)だけでは済まなくなり、やっかいです。
怪しげなまたは高額な、あるいは業務のためとは言えない支出は慎重にした方がよい、ということでしょうか。
    • good
    • 0

こんにちは no-cheさん。


ホント仕訳の時って、どの勘定科目か迷いますよね。
販売管理費では、継続して同一の勘定科目ならホントにコレ?っていうものでも
大丈夫だって言われました。
あまり細かく分けるのも、管理が大変じゃないでしょうか?
EDP費だと、私はトナー、ソフトは消耗品費、本体は什器備品にしちゃいました。

福利厚生費は対象が社員で、交際費は社外の人(飲食だと社員も含まれますが)と決めています。
お茶代は、来客用と社内用と分けてますので、管理も別にしています。

会社で1冊 勘定科目の辞典を買ってもらうと良いんじゃないでしょうか。
私も毎回聞くのは悪いので、買ってもらいましたよ。
「勘定科目 辞典」で検索すれば出てくると思います。
    • good
    • 0

EDP? トナー?何の事でしょうか?(この辺、詳しく書いてして欲しい)



パソコン本体は備品だと思います。(自信なし)

福利厚生費と交際費の違い
福利厚生費は社内で使う費用だと思います。
例えば、社員旅行・忘年会・新年会など

交際費は社外で使う費用だと思います。
取引先への贈り物、お土産、接待など

お茶代は雑費でもいいのでは・・・

科目は企業によってかなり違うらしいですよ
僕は簿記3級はもっているけど経験者ではないので自信はないです
    • good
    • 0

トナーなどのパソコン関連の消耗品は、「消耗品費」です。


又、パソコンのソフトと「消耗品費」です。
ただし、10万円以上の物は、減価償却資産として、固定資産に計上して、減価償却をすることになります。

また、10万円以上20万円未満の減価償却資産については、その減価償却資産の全部又は特定の一部を一括し、その一括した減価償却資産の取得価額の合計額をその業務の用に供した年以後3年間の各年分において合計額の3分の1に相当する金額を必要経費に算入することができることとされています。
 
福利厚生費と交際費の違いは、基本的には、その支出の対象が、社員なら「福利厚生費」で、社外の取引先などの場合は「接待交際費」になります。
ただ、社員が対象でも、特定の社員だけで飲食した物は「接待交際費」となり、社員全体が対象でも「高額な」会議用の食事などは、やはり「接待交際費」となります。

この問題については、参考URLの「交際費の事例」をご覧ください。

参考URL:http://village.infoweb.ne.jp/~sukemasa/kousaijir …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q簿記2級 勘定科目一覧について

簿記2級 テキストについて

こんにちは。
簿記2級の 勘定科目一覧について質問させていただきます。

持っている教材は
3級については、LECの最速マスターの参考書、問題集
2級については、LECの光速マスターの参考書、問題集です。

以下のサイトも参考にさせていただきました。

http://www.boki-navi.com/accounts.html

http://boki.me/kamoku-summary1.html

http://www.bookkeep.info/

http://www.bokiboki.com/

ます、簿記3級の基本的なところは上記のサイトや
参考書、問題集で押さえたと思うのですが、

2級については、上記のようなサイトが少なく
勘定科目一覧が見当たりません。

商工会議所のHPには以下のようなページもあるのですが、
pdfファイルの2ページめ、冒頭にありますように、
すべての勘定科目が掲載されているわけではありません。

http://www.kentei.ne.jp/bookkeeping/kubun/h23_kamoku.pdf


そこで質問させていただきたいのですが、

市販の独学用のテキストで勘定科目一覧の載っているものは
あるのでしょうか。
ご存知の方は教えていただけないでしょうか。

よろしくおねがいします。

簿記2級 テキストについて

こんにちは。
簿記2級の 勘定科目一覧について質問させていただきます。

持っている教材は
3級については、LECの最速マスターの参考書、問題集
2級については、LECの光速マスターの参考書、問題集です。

以下のサイトも参考にさせていただきました。

http://www.boki-navi.com/accounts.html

http://boki.me/kamoku-summary1.html

http://www.bookkeep.info/

http://www.bokiboki.com/

ます、簿記3級の基本的なところは上記のサイトや
参考書、問題集で押さえ...続きを読む

Aベストアンサー

試験対策用として、「全て」の勘定科目の一覧表は、ないと思います。
なぜなら色々な業種があるので、多数の勘定科目があるからです。
もしも試験対策としての一覧表を作成するならば、
今までの出題実績から集めるほかにありません。

三級をすでに学習されたのであれば勘定科目が、
資産、負債、純資産と収益、費用と分類できることはご存知だとおもいます。
仮に始めて見る勘定科目であっても、どこに分類できるか、
推測することは容易ではないですか?

日商試験にでは、第一問が仕訳問題となっていますが、
勘定科目群より選択しなければなりませんので、
全てを暗記する必要もありません。
商工会議所の勘定科目一覧が理解できていれば、充分だと思います。

全ての一覧表はないのですが、
独学者用テキストでオススメなのは、
ネットスクール出版の『サクッと』シリーズで、
・サクッとうかるテキスト
・サクッとうかるトレーニング
があります。

お探しのものをお伝えできなくてごめんなさい。
少しでもお役に立てればと投稿させていただきました。

試験頑張ってください。

Q福利厚生費か消耗品か

福利厚生費かどうかで悩むのは、それが交際費や給与所得になるのではないかというところに問題の所在があるのが通例なんですが、今回の私の疑問はちょいと趣を異にしておるんです。

つまり、先般の大地震の経験から、会社は安全帽を従業員全員に配布し、各自デスクの下に置いておき、有事の際には直ちに着用するよう義務付けた次第です。

で、この安全帽の購入費用は、福利厚生費なのか消耗品なのか、いずれが適切なんでしょうか。まぁ、どっちゃでもいいと言えばどっちゃでもいい話しなんですがね。

同じように、救急箱(絆創膏や体温計などが入っています)や医薬品(風邪薬程度)などの購入費はどうなんでしょうか。

Aベストアンサー

当社の処理基準ですと
安全帽のような賞味期限が無く、日常的に購買しないもの=消耗品費
救急箱・医薬品のような日々使用期限によって入替するもの=福利厚生費
です。
今年に限って言えば震災関連で備蓄を充実させました。
これは通年と異なる分として把握したかったので一括して雑費で処理しました。

おっしゃる通りどっちでもいい話ですね。

Q日商簿記2級の勘定科目一覧

お世話になります、よろしくお願いします。

日商簿記2級の勉強を始めたばかりです。勘定科目の一覧が表示されておすすめのWebはないでしょうか?資産・負債・資本・費用・収益ごとに分かれているものが希望です。

また、よろしければ、簿記の勉強でおすすめのWebもお教えいただけるとうれしいです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

勘定科目一覧
http://minna-no.com/mkaikei/kamoku/kamoku.htm

学習
http://www.boki-community.com/2kyuu-gakusyuu.html

Q固定的法定福利費、固定的厚生費、変動的法定福利費、

固定的法定福利費、固定的厚生費、変動的法定福利費、変動的厚生費、変動的人件費とはなんでしょうか?

Aベストアンサー

例えば,原価要素の区分として固定費と変動費があります。これには配賦基準があります。
A           B
固定費には     変動費には
法定福利費     変動賃金(残業手当等)
厚生費        雑給「人件費」(臨時者の諸手当)
固定賃金

上記を参考にした下さい。

Q【経理】 勘定科目は任意なの?決まっているの?

こんにちは。
起業1年目の者です。

本を読むと勘定科目は決まっているようで、
さらにいろいろな本を読むと勘定科目は任意なので好きに作れるとかいてあります。
なので勘定科目時点で基本を参考にして、あとは自分がわかりやすいように、分けたいようにしようと思ったのですが、
勘定科目の説明によっては、「10万円以上で」と書いてあったりします。となると決まっているようにも読めます。

勘定科目はこれを使わないといけないと言う決まりがあったりするのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 任意と言っても決まり事があります。例えば、未収金=未収入金のように、内容意味が含んでいなければいけません。

(例)営業権=のれん(暖簾) 預り金=従業員預り金 借入金=銀行借入金 仕入=商品仕入 消耗品費=事務用消耗品費 この程度の常時使用をする科目ならいいけど、あまり任意で処理すると、後任者・公認会計士・税務士が監査等をする場合、適切にそれらの科目を使用されていればいいのですが、あまり使用を違えると疑問や見直しと云った厄介な手数がかかる可能性があるます。

 あなたの事務所で関連事務の人が皆理解していれば決められた範囲での任意科目は使用していいのです。

 例えば10万円以上の工具・計器のようなものは1年以上使える物は一旦固定資産に計上します。よって簡単に科目を変える事は勧めませんね(^・^)せいぜい工具器具備品これなら科目として又固定資産として把握管理が出来ます。

Q法定福利費と福利厚生費の違い

経理初心者です。
法定福利費と福利厚生費の違いを教えてください。
社会保険料はどちらでもいいのですか?

Aベストアンサー

どちらも従業員の為に会社が支出する福利費なのですが、そのうち、法令で会社が負担しなければならないと決められているものを会計処理する時の勘定科目が「法定福利費」、そうでないものを会計処理する時の勘定科目が「福利厚生費」です。

(1)法定福利費の例:
労働保険の保険料の徴収等に関する法律第三十条では会社が国に納める労働保険料のうち被保険者(従業員)が負担する部分を定め、残額は会社が負担しなければならないとしています。この会社負担の労働保険料をのうち「法定福利費」として計上します。健康保険料や厚生年金保険料も同様です。

(2)社員忘年会の費用や、社員旅行の費用は、法令で決まっている訳ではないが、会社が支出するときは「福利厚生費」で計上します。

Q青色申告での勘定科目について教えて下さい。

青色申告での勘定科目について教えて下さい。

青色申告初心者で勘定科目がわからい事だらけです。
やよいのソフトを使っているのですが、勘定科目については税務署に聞いてくれと言われました。
みなさんは事細かに税務署に電話して聞いているのでしょうか?
それとも、わかりやすいサイト等で自己判断で処理されているのでしょうか?
またやよいの青色申告10の分かり易いサイトがありましたら教えて下さい。

もしわかる方がいらっしゃいましたら、2点この場でお聞きしたいのですが、
(1)業務委託で報酬代としてその都度、現金でお支払いした場合の勘定科目はどれに当たりますか。
(2)事業用の口座から親に仕送りの振込をした場合の勘定科目はどれに当たりますか。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

今回の質問の件以外ですが、仕訳 勘定科目の検索が、簡単に出来るHPがあります。
『仕訳 勘定科目.com』様…具体的な例や勘定科目の一覧表など、解説も詳しいので、
よろしければ参考になさってください。
リンクフリーということでアドレス張っておきますね。

参考URL:http://www.kanjyoukamoku.com/

Q交際費と福利厚生費

先日、弊社社員の歓送迎会を関連会社を含め3社合同で行いました。1次会は会費制で、不足分を弊社補助としたのですが、(ちなみに補助額は1人あたり2500円ぐらいです。)この場合、弊社社員分相当額を福利厚生費に計上し、他社分を交際費に計上するということはできるのでしょうか?
(ちなみに弊社社員は全員参加しております。)

現在はとりあえず補助全額を交際費計上しているのですが、経費算入できるのであればそのようにしたいと思っております。
顧問税理士がおりませんので、どなたかご教示お願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

事実認定の問題になりますので、「正解」は出せませんが。

社員分・・・福利厚生費
他社分・・・交際接待費
の処理が可能だと思います。

(1)租税特別措置法61条の4第3項カッコ書
専ら従業員の慰安のために行われる運動会、演芸会、旅行等のために通常要する費用その他政令で定める費用を除く。
とあるように、実質は、得意先従業員の接待が目的である、と判断されれば、全額交際費に該当することになります。
福利厚生費として処理するためには、「専ら」自社従業員の会合に、「たまたま」得意先を招待した、のであれば、という言い方になるでしょうか。

(2)「通常要する費用」の範囲内であると思われること。

よって、(1)の判断に保留はつきますが、最初に述べた処理でよいと思います。

厳密であればあるほど良いのですが、自社従業員分と、得意先分の区分について、領収証等の証憑整理に御注意ください。
回りくどい言い方になり申し訳ないですが、御理解の程を。

Qエクセルで勘定科目の集計、勘定科目の並び順について

現金出納簿をデータベース化して、勘定科目ごとに
集計をしたいと考えています。

日付 摘要 部門 勘定科目 収入or費用 金額

部門ごとに勘定科目の集計をとりたく、また摘要も
つけたかったので、ピポットテーブルを使ってみました。まあまあ、欲しい表は出来たのですが、勘定科目の並び順がランダムでした。
規則的に並び替えしたいのですが、どうすればいいでしょうか?
科目コードをつける?と思っても、その先どうすれば
いいのかわかりません。
関数で解決出来るのでしょうか?
関数の知識はあまりありません。マクロとなると全くありません。
アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

[フィールドの設定]-[詳細]-[自動並べ替えオプション]で
[手動]を選択すれば、ドラッグで並べ替えることができます。

[自動]で並べ替えたい場合は、
[ツール]-[オプション]-[ユーザー設定リスト]の
[ユーザー設定リスト]で「新しいリスト」を選択し、
[リストの項目]に並べたい順に勘定科目を入力して、[追加]-[OK]。

Q交際費か給与課税か福利厚生費(会社損金)か

会社で経理をやっています。会社で、毎年ホテルの大広間で全社員参加のクリスマスパーティをやっていまして、その内容は、優秀社員表彰、10年勤続表彰、ビンゴ大会、エンターテインメント、慰労懇親会です。

その費用は以下のとおりです。
ホテルの会場・設備費用50万円
ホテルの飲食費用一人あたり1万円程度
優秀社員商品 時計50万円
10年勤続表彰賞金 一人10万円
ビンゴ大会景品30万円(20個ほど)
エンターテインメントのバンド出演者の費用30万円
ホテルまでの各人の公共交通費

交際費処理しなくてはならないもの、
給与課税しなくてはならないもの、
会社の経費(損金)でよいものそれぞれ教えてください。

Aベストアンサー

先の回答者の言われるように豪華なパーティでしたね。

ご質問のような現物給与の税務の取り扱いとしては、原則として給与課税、ある基準以内であれば課税しないという姿勢です。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/2591.htm

> ホテルの会場・設備費用50万円
> ホテルの飲食費用一人あたり1万円程度
> エンターテインメントのバンド出演者の費用30万円
> ホテルまでの各人の公共交通費
以上が、宴会費用と言えると思います。
参加人数が示されませんので一人当たり金額が不明ですが、宴会費用として常識的なものであれば給与課税、交際非課税の対象としなくても差し支えないと思います。

> 優秀社員商品 時計50万円
これは、さすがに豪華商品と言えましょう。
給与課税の対象と考えます。

> 10年勤続表彰賞金 一人10万円
現金支給の場合は、金額にかかわらず給与として課税されます。
(上記URL後段)
なお、商品の場合にはこの程度の金額までは給与課税しなくても差し支えないと考えます。
http://amano-z.com/hj/jitumukouza/genbutu_kyuyo.htm#6

> ビンゴ大会景品30万円(20個ほど)
これは、私としては宴会費用と考えます。上記の宴会費用と併せて「社会通念上相当な範囲」かどうかを判断することになろうと思います。

それにしても、平均単価15,000円とは、ビンゴ大会景品としては一般的な商品の範囲を超えていると思います。

あまりに高額な商品は今後控えられた方がよろしいのではないでしょうか。
もらう側にすれば本当に欲しいものは別として、賞品をもらって源泉所得税が課税されるというのは割り切れない気持ちが残ると思います。
また、税務当局は調査の際このような豪華宴会は何とかして課税しようと考えるものです。

先の回答者の言われるように豪華なパーティでしたね。

ご質問のような現物給与の税務の取り扱いとしては、原則として給与課税、ある基準以内であれば課税しないという姿勢です。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/2591.htm

> ホテルの会場・設備費用50万円
> ホテルの飲食費用一人あたり1万円程度
> エンターテインメントのバンド出演者の費用30万円
> ホテルまでの各人の公共交通費
以上が、宴会費用と言えると思います。
参加人数が示されませんので一人当たり金額が不明ですが、宴会費用として常...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報