プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

xy平面上の点A(-3,4)に2[C]の点電荷、点B(2,0)に-1[C]の点電荷が置かれている。
(1)原点での電場(電界)のx成分とy成分を求めよ。
(2)全体の静電エネルギーを求めよ。
(3)無限遠点から原点まで2[C]の点電荷を運ぶ時の仕事を求めよ。

(1)E1=k•2/25より、E1x=k•2/25×3/5= k•6/125
E1y=k•2/25×4/5= k•8/125
E2=k•(-1)/4。
x成分はE=E1x+E2= k•6/125+k•(-1)/4
y成分はE= k•8/125

(2)-1[C]と2[C]の長さを求めて、√(5^2+4^2)=√41
U=k•(-1)•2/√41

(3)はよくわからないので教えてください。

この問題を教えてほしいです。

A 回答 (2件)

(3) はA, Bに対する電位を求め、足して 2(C) を掛けるだけ。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

W = k·2/√41-0= k·2/√41になりますか?
あと、(2)もあまり自信がないのですが、あっているでしょうか。

お礼日時:2023/08/28 17:06

簡単です。

(1)で求めた電界に対し、無限遠から原点まで、2[C]の電荷を移動したと仮定した積分を行えば良いです。
この手の問題って、大学の図書館の電磁気学コーナーに、参考書で解き方を解説しているものがあるばずですが…有名ですよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

W = k·2/√41-0= k·2/√41になりますか?
あと、(2)もあまり自信がないのですが、あっているでしょうか。

お礼日時:2023/08/28 17:06

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A