少額訴訟を自分でしようと思っております。
今日裁判所に行って書類をもらってきました。
そこに、裁判をする内容を書くところがあります。

初めての裁判でわからないことばかりです。
教えて頂きたいのですが、これは弁護士さんにお願いすると代わりに書いて
下さるのでしょうか?
自分で書こうと思ったのですが、何をどういう風に書いたら良いのかわからなくて。詳しい方、私に教えて下さい!宜しくお願いいたします (=^・^=)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

NO4の補足欄、そのとおり書けばいいのです。

裁判官が読んでも私が読んでも内容がわかります。それでいいです。その部分が「請求の理由」です。「請求の趣旨」は、金14万3508円支払え、との判決を求める。と書きます。これは総合計がそうなるからです。あと、そのおしるこやさんが法人なら法務局に行き資格証明書が必要です。会社組織でなければ必要ありません。でも、名前は必要ですヨ。○○店だけではダメです。裁判所の手数料は2000円です。収入印紙を用意しておいて下さい。若干の郵便切手も必要です。なお、「事件名」は「慰謝料等請求事件」と書きます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度のアドバイスを下さって本当に感謝しております。
こんなふうに書いたらいいと言うことがわかって安心しました。
tk-kubotaさんが読んでも内容がわかる・・・と言って下さって(^。^;)ホッとしました。相手は会社組織で経営をしているみたいです。
それと、私が訴えようとしているのは“私にぜんざいをかけた店員”と“お店”なのですか、相手側は店員の名前を住所を言わないのですが、どうしたらいいのでいしょう?一度弁護士さんに聞いたとき「相手の店員が20歳以上ならばこの件については訴える人が2人になりますね」と言っていたのですが・・・
相手に店員の事を聞くと「なんで言わないとあかんねん!」とこんな感じでの返事が返ってきました。言わない場合は“お店”だけを訴えようとは思っているのですが・・・どうして隠すのかな?と思っています。
今となってはあのお店に行ったこと自体に本当に後悔しています(笑)
アドバイスありがとうございました。参考になりました!!

お礼日時:2001/09/29 17:37

返事が遅れてしまいました。


仮に交通事故の場合に例えることができるとしても、交通事故の場合の基準をそのまま当てはめて考えることはできないと思います。個人的には例えられるものではないと思いますけど。
ところで、あなたの受傷はどのように診断されたのでしょうか。入院したのならともかく通院だけだったとしたら家事労働に対する休業損害が認められる可能性は低いでしょう(ちなみに無職者ですが、バイトをしている人や就職内定者の場合などに限定して認められるだけです。)。実際の治療費はどのくらいかかったんでしょうか。
繰り返しますが、治療費関係、カバンの修理代、慰謝料についてはとりあえずあなたの考えている金額を挙げておいて(ただ立証は難しいでしょう。)、後は裁判所が相当と認められる範囲で金額が決まるかも知れません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事感謝しています!
私の診断書の内容は
「病名・・・両大腿熱傷(1度) 上記により当院外来受診約2週間の加療を学した。」
診断書にはこう書いてあります。

病院に行ったのは火傷して救急車で運ばれた時とその次の日の2回です。
違う病院に1度行きました。

立証は難しいのですね・・・(・_・、)グスン
でも、これで1回してみます!!
本当にお世話になりました (=^・^=)
感謝しています。

PS 私にアドバイスを下さった皆様、本当にありがとうございました!
  私は皆様のアドバイスのおかげでなんとか裁判が出来そうです。
  私にアドバイスを下さった事に心より感謝申し上げます♪
  ありがとうございました m(._.)m ペコッ

お礼日時:2001/10/03 02:44

長文になりますけど、我慢して読んでください。


ご存じとは思いますが、少額訴訟は30万円の金銭請求に限られています。
そして、少額訴訟は原則として1回の裁判で終わらせる手続のことです。
ですから、相手方があなたの請求に対して支払う意思があれば問題ありませんが、1回の裁判で終わらせられる可能性がなければ場合によっては通常の裁判手続で進行する場合もあります。
少額訴訟といっても裁判には変わりありませんから、証拠がなければ相手方を納得させる(認めさせる)こともできませんから、請求どおりの判決が出るとは言い切れません。和解になる場合もありますが。
ですから、必ずしも少額訴訟でするのがいいとは限りません。他に調停などの方法もありますし、個人的にはそちらの方を利用された方がよいと思います。費用も安くて済みますから。
ところで、やけどの治療は終わったのでしょうか?それと、カバンのシミはどうしたのでしょうか。
本件の場合、相手方に請求できる範囲は、治療費関係、カバンの修理?代、ぐらいで慰謝料まで請求するならそれなりの根拠がなければ相手方が払うと言わない以上裁判所も認めません。それに見舞金としてすでに3万円、病院代を受け取っているならそれはあなたが請求する金額から差し引くべきだと思います。個人的には慰謝料10万円は法外だと思いますけど。
訴状の方ですが、作成を頼むんだったら司法書士で充分でしょうけど、多分紙1枚につき数万円ぐらいかかると聞いています。事件名は損害賠償でいいと思います。確か慰謝料請求というのは裁判でなく調停事件の場合です。
請求の趣旨欄は損害額の残額とやけどを負った日からの5%の損害金になるでしょう。
訴状の請求の原因の書き方ですが、何でも書けばいいものでもなく、相手方も裁判所も請求の内容が理解できるものでなければなりません。一般の方にはなかなか書きづらいとは思いますが、とりあえず書く内容としては
1 いつどこで誰があなたにどういう損害を与えた。
2 その損害額は○○円である。
3 それに対して相手方がいくら払った。
4 その残額は○○円である。
これだけで結構です。よけいなことは書かないことです。
それと、あなたが請求する内容の根拠となる証拠書類も揃えてください。実際にかかった費用以上金額を請求することはできませんので。
相手方(被告)の甘党○○店が法人登記しているなら商業登記簿謄本をまず最初に法務局で取り寄せてください。単に個人経営だったら、甘党○○店こと誰々(代表者の名前)。
裁判所は訴状の中身で判断しますから、なるべくわかりやすく丁寧に書いてください。
あなたにとっては酷なことを書いているとは思いますが、あまり感情的にならずに冷静に考えてみてください。

この回答への補足

わかりやすく書いてくださってありがとうございます (=^・^=)
いちよう証拠として揃っているのは“診断書”“かばんの写真”“修理代金の見積書”の3点です。

10万円の請求の金額を詳しく書けば交通事故に例えて請求しようと思っています。

診断書は2週間と書いてありますので、2週間の給料請求(専業主婦でももらえると聞いたので・・・)無職の人がもらえる金額1日5500円×14=77000

77000円と病院でかかった金額とかばんの修理代金と慰謝料として3万円を頂きたいと思っています。
私が前に教えてgooで質問をしたことがあるんですが、交通事故に例えるといいのではないのでしょうか。とアドバイスを頂いたことがあるので交通事故に例えていちよう金額を出してみました。
これが、少額訴訟で通用するのかは不安がありますけど・・・
私の考え方は間違っているのでしょうか?
もし、よろしければ再度アドバイスをお願いしたいと思っております。
宜しくお願いいたします 

補足日時:2001/09/29 17:20
    • good
    • 0

以前、治療費や代わりの商品のことで揉めていることを書き込んでおられませんでしたか。



慰謝料の10万円ですが、やけどの程度がわからないので高額なのか安すぎるのかわかりませんが、一度、慰謝料の金額やその他の請求金額については十分に確認をして請求されたほうが良いですよ。

例えば、形成外科で痕をなくす治療費などを請求しても良いのではないでしょうか。前の質問の時も書きましたが、飲食店などは、保険会社の指導で食中毒や賠償の保険に加入しているので支払いはできるはずですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます (=^・^=)
以前もめている事を書いておりました。
相手側と話し合いにならないので裁判をしようと思って裁判所に行って書類をもらってきたのはいいのですが、いざ書こうとすると書けなくって・・・

なにをどんなふうに書いたら良いのかいろいろ迷ってしまったのでまた皆さんのアドバイスを聞こうと思って書き込みをさせて頂きました。
形成外科でなおす治療費というのもありますね!
参考にさせて頂きます。
アドバイスをして下さって本当にありがとうございます。

お礼日時:2001/09/29 17:26

>初めての裁判でわからないことばかりです。


どこがわかりませんか? 少額訴訟でも「訴状」と云うタイトルの書類を提出します。訴状には、提出年月日、提出先(裁判所名)、事件名(貸金請求事件、慰謝料請求事件、損害賠償請求事件、建物退去請求事件等々)原告の住所氏名、被告の住所氏名、そして、その請求の趣旨を書きます。貸金請求事件なら「被告は原告に対して○○万円支払え。との判決を求める。」慰謝料請求事件も損害賠償請求事件も同様に金額を書き、支払うよう書きます。次に、請求の原因を書かなければなりません。貸金請求事件なら、原告は被告に年月日に○○万円貸しました。そのうち○○万円は返済したもののまだ○○万円残金があります。よって。請求の趣旨記載のとおり求める。などと書きます。慰謝料請求事件も損害賠償請求事件も同様に何時、誰が、どうして、何を、どのように等々詳細に書きます。
事件の内容がわかれば詳細に教えますが、裁判所で聞きながら書いてもかまいません。親切に教えてくれるはずです。なお、法人なら資格証明書が必要ですし、相手が否認することが考えられるなら証拠もあらかじめ提出しておくことも大切です。
その書類を提出すると後日呼び出しがありますから必ず出廷して下さい。

この回答への補足

詳しく書いて下さってありがとうございます (=^・^=)

>事件の内容がわかれば詳細に教えますが

と、書いて下さったので書いてみたいと思います。

まず、今年の7月1日に甘党○○店(ぜんざい屋)に食べに行った時
店員さんが私の両太ももにぜんざいをひっくり返して火傷をした。
お店から救急車に乗って病院に運ばれた

その時(ぜんざいがかかたっとき)私の持っていたバッグにぜんざいがかかってしまいカバンがシミになってしまった。

次の日7月2日にお店の経営者と私の足にぜんざいをかけた店員と二人で謝りに来て
“お見舞金”として3万円を置いて帰った
「このお金はとりあえずのお金です。示談金の一部としてお考え下さい」と言って帰った。

何日か経ってお店側から連絡が入り「バッグについては新品を用意したと」言っていたので私は「じゃー最後の話し合いをしましょう」と言った

向こうの言い分は「こちらはカバンの新品を用意した。これで全て終わりにして欲しい」

実際カバンを持ってきたのではないので(話し合いの時)本当にカバンがあるのかも私にはわからない。
火傷のあとも足に残っているのに向こうは話しに応じない
慰謝料を渡す気持ちもないし、誠意も感じられない。

それと、相手は私に一度ウソをついたことがあるのでカバンの話しが本当なのか信じられない。(本当に新品を用意したのか不明)

私は慰謝料として10万円を請求したい。
カバンにかんしては新品もあるかどうか不明なので修理代金を(約4万円)を頂きたい

病院代は以前にもらいました。
あと頂いていないお金は1回分の病院の診察料と診断書のお金です。
病院の診察代金(1508円)診断書の代金(2000円)

と、こんな感じなんです。この内容をどのように正確に書いてよいのかわかりません。私にアドバイスをして頂けたら本当にありがたいです。
宜しくお願いいたします!!

補足日時:2001/09/28 04:03
    • good
    • 0

少額訴訟は、弁護士にお願いしなくても解決できるように簡便な方法の訴訟と理解しています。

また、請求限度額も余り高額では無いので弁護士の委託料を支払いと余り意味の無いものになるとおもいます。

私は、裁判所の事務官?の方にいろいろと質問をして書き込んでいきました。また、事務官の方もわからない事は、何でも尋ねてくださいといってくださいました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。

>私は、裁判所の事務官?の方にいろいろと質問をして書き込んでいきました

そうなんですか~。質問すれば教えて頂けるみたいなんですね。
私もいろいろ質問をして書き込んでいけるようにしたいと思いました (=^・^=)
参考になるお話しを書いて下さってありがとうございました!

お礼日時:2001/09/28 04:01

 こんにちわ。



 もらってきた書類の中に訴状の書き方、ってありませんでした?そんなに難しくはないと思うのですが。(何の訴訟をしたいかは分かりませんが。)

 弁護士さんだと(悪いけど)ちまちました書類を喜んで書いてくれる所は少ないと思います。
 司法書士さんの方が良いような気がします。司法書士にも得手不得手はあるようですが、基本的には法務局の回りに事務所を構えてたりと法人登記や不動産登記中心の仕事をやっている所が多いです。頼む場合は地裁近辺の司法書士の方が適しています。司法書士は法律関連業務を行っています。
 費用は・・・わかりませんf^^; ただ、以前支払督促絡みで聞いた話だと弁護士に頼むと50万、司法書士で20万と言うのがありました。(当然内容によって変わります。)
司法書士に書類代筆頼んだ場合、数万以上掛かるのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
 
>もらってきた書類の中に訴状の書き方、ってありませんでした?

確かにありましたが、なんとなく難しく書いてあったので。。。
難しく書かないとダメなのかな?って思ったのでそれだったら自分で出来ないんじゃないかな?と思っていました。

>司法書士に書類代筆頼んだ場合、数万以上掛かるのではないでしょうか

けっこう高いのですね!ビックリしました (^^;; ヒヤアセ
たくさんお金がかかるなら頑張って自分で書いてみようと思いました。
アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2001/09/28 03:58

 mat405さん、おはようございます。



 少額訴訟だったら、何も弁護士さんに頼まなくとも
司法書士さんに頼めば良いはずです。また、簡易裁判所
の受付などで、裁判所の公平性に抵触しない程度に
教えてくれるとのこと。裁判所の方でもフォーマットを
用意しているようです。

参考URL:http://homepage2.nifty.com/msuzukitokyo/sub7.html

この回答への補足

schollさん、おはようございます。
早速のアドバイス本当に嬉しく思っております。
早速参考URLを見させて頂きました。

本当にわかりやすく書いてあるHPを教えて頂けた事とわかりやすく書いて頂いたアドバイスにとても感謝しております。
1つ伺ってもよろしいでしょうか?

☆少額訴訟だったら、何も弁護士さんに頼まなくとも
司法書士さんに頼めば良いはずです。

とのアドバイスでしたが、司法書士さんとは弁護士さんとはまた違うのですか?
それと、司法書士さんに訴訟や申立書、答弁書や準備書面を書いて頂いたらお金っていくらぐらいかかるのかご存知でしょうか?

すみません、私は本当に何も知らなくて無知です。
もし、よろしければ再度アドバイスをお願いしたいと思っております。
宜しくお願いいたします!

補足日時:2001/09/27 05:07
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q少額訴訟から通常訴訟への移行について教えて下さい。

同じ被告に対して、争点の違いから、60万円(仮にA少額訴訟とする)と、40万円(仮にB少額訴訟とする)を起こす予定です。

少額訴訟では、被告が通常訴訟への移行を希望すると、通常訴訟になるそうですが、A少額訴訟がA通常訴訟に移行した場合、A通常訴訟に、B少額訴訟の争点と訴額を加えて、争う事はできるのですか?
それとも、A少額訴訟もB少額訴訟も、被告が通常訴訟を希望した場合、2つの通常訴訟をしないといけなくなるのですか?
教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

なぜ2つの少額訴訟に分けるのかの理由を明確にして頂かないと、何とも答えがし辛いですね。

なんとなく、費用と期間を掛けたくないから、60万円と40万円に分けたように、傍目には見えます。
同じ人を被告にし、同時に訴訟するのなら、似た事案の同時期のトラブルではないのでしょうか。

また、少額訴訟が通常訴訟になるのは、被告が通常裁判を望んだ場合がひとつ。
いくら原告の都合で別の訴訟だとしても、争点が纏まらず、長期になりそうな場合と、裁判長が、ひとつの訴訟として纏めた方が合理性があるか、費用対効果が上がると判断した場合は、裁判長が職権で訴訟を一つにまとめたり、通常訴訟に切り替えることもあります。
被告が数人いて1つから複数の事件に関わった場合と、似た複数事案の同じ当事者による訴訟は、裁判長の職権により1つの訴訟に纏めて審理することができます。複数の原告・被告、または複数の訴訟を合併して審理することを、「共同訴訟」といいます。

共同訴訟
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%B1%E5%90%8C%E8%A8%B4%E8%A8%9F

これは、共同訴訟とした方が合理的だと判断された場合と、費用対効果が認められる場合に行われる制度です。
いくら印紙で訴訟費用を納めたとしても、裁判には高度な判断をする判事や司法関係者が関わる訳ですから、ペイするはずがないんです。
それ故、裁判は同時に審理できるものは纏めて経費を安くあげ、そのために少額訴訟の要件を超えるものは、通常裁判とする場合があります。
つまり、費用を削ることも、公共の利益に資するので、職権で訴訟を纏めるのです。

少額訴訟と通常訴訟への移行についての纏めサイト
http://www.u-solution.jp/kinsen/main/trouble.html

民事訴訟の場合、数か月から数年かかるのが普通で、余り効を急ぐと、肝心の訴えに隙が出ます。
どの道、勝つと確信があるのなら、訴状に、「裁判費用は被告の負担とする」と1文を入れておけば、相手に負担させることができますから、少額訴訟に拘る理由は、1日の短期決戦とする場合であって、そうでない場合は、少額訴訟と通常訴訟との違いは大きくありません。
違いといえば、少額訴訟の場合1日で終わることと、訴訟と同時に、予め被告に仮執行宣言というものが出て、判決と同時に行政執行ができる状態になることが違います。

なぜ2つの少額訴訟に分けるのかの理由を明確にして頂かないと、何とも答えがし辛いですね。

なんとなく、費用と期間を掛けたくないから、60万円と40万円に分けたように、傍目には見えます。
同じ人を被告にし、同時に訴訟するのなら、似た事案の同時期のトラブルではないのでしょうか。

また、少額訴訟が通常訴訟になるのは、被告が通常裁判を望んだ場合がひとつ。
いくら原告の都合で別の訴訟だとしても、争点が纏まらず、長期になりそうな場合と、裁判長が、ひとつの訴訟として纏めた方が合理性があるか...続きを読む

Q認定司法書士 少額訴訟 裁判

給料が未払いで司法書士に相談したいのですが、相手の顔もみたくないので、

認定司法書士のかたにお願いしたいのですが、こんな事で認定司法書士の方に

お願いしても大丈夫なのでしょうか?

またお願いするにあたって、いい司法書士のかた教えて下さい。

ちなみに神奈川県川崎市川崎区です。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

簡易裁判所の範囲でしたら司法書士で可能です

後はその人との相性ですね
話してみてどうか判断するのがいいと思います

私も懇意にしている司法書士がいますけど
人間関係が大事だと思います

Q準少額訴訟

準少額訴訟というのは、「少額訴訟」と同じ手続きなのでしょうか。

少額訴訟・通常訴訟とどこが共通でどこが違うのかよくわかりません。

・準少額訴訟になるかどうかは、当事者が選ぶことができるのでしょうか。
・通常訴訟なんだけれど、あたかも少額訴訟のような形で行うものでしょうか。
・控訴はできるのでしょうか。
・口頭弁論終結後、直ちに判決が言い渡されるのでしょうか。
・これは簡易裁判所のみで行なわれるものでしょうか。

Aベストアンサー

違います。違うから「準」と付いているのですよ。
で正解は、
・通常訴訟なんだけれど、あたかも少額訴訟のような形で行うもの
です。

少額訴訟制度ができた当時は訴額の上限が30万円(今は60万円)だったのですが、それを超える場合でもできるだけ簡素に手続きを行えないかということで一部簡裁で試験的に行っていたのが少額訴訟制度の手続を流用した通常訴訟で、通称、準少額訴訟です。
ですから、法律上の制度としては存在しないのでどこでもやっているわけではありませんし、訴額の上限が上がった現在でもやっているかどうかも分かりません。大阪方面でやってたらしいので問合せれば分かるかもしれませんが。

要するに運用上の問題なので、画一的な規制があるわけではありません。ですから、通常訴訟である以上控訴は当然できるということは確実に言えますがそれ以外は運用実態次第ということになります。もっとも、簡裁の管轄となる訴額(140万円以下、かつては90万円以下)と少額訴訟の訴額の違いを埋める意味で行う運用なので地裁でやる意味はないでしょうが。

付記:この程度のことも知らないor調べられないのは専門家じゃないです。

違います。違うから「準」と付いているのですよ。
で正解は、
・通常訴訟なんだけれど、あたかも少額訴訟のような形で行うもの
です。

少額訴訟制度ができた当時は訴額の上限が30万円(今は60万円)だったのですが、それを超える場合でもできるだけ簡素に手続きを行えないかということで一部簡裁で試験的に行っていたのが少額訴訟制度の手続を流用した通常訴訟で、通称、準少額訴訟です。
ですから、法律上の制度としては存在しないのでどこでもやっているわけではありませんし、訴額の上限が上がった現在...続きを読む

Q【裁判費用】少額訴訟が拒否られて、普通訴訟になって、さらに控訴になる場合

少額訴訟を起こそうとしてます。
心配なことがあります。
相手が少額訴訟を拒否してきて、普通訴訟となったときのことです。

自分は金銭的なことを考慮して、弁護士を入れずに、低価格で解決することを望んでます。
弁護士を入れたりして費用がかかるのであれば、訴訟を起こさないでそのままにしてもいいと思ってます。
弁護士いれずに普通裁判する気になれません。

仮に、当方原告が簡易裁判所で勝訴し、被告側は地方裁判所に控訴するとします。
そして、地方裁判所で当方原告が(もうこれ以上やりたくないので出廷しなかったなどで)敗訴するとします。
この場合、裁判費用は原告の負担になりますか?

裁判ってのは、一度始めてしまったら、最後までやらなきゃ損するもんですか?
損とは、負けた場合の裁判費用などのことです。
途中で投げ出したくなったら、どうすればいいんですかね。
結局、途中でやめる場合、原告側でも、数万円は負担しなきゃいけないんすか?

あー、あと、少額訴訟を被告側に拒否られたら、「じゃあやんない!少額訴訟以外では勝負するつもりないもん」的なことはできるのですか?

少額訴訟を起こそうとしてます。
心配なことがあります。
相手が少額訴訟を拒否してきて、普通訴訟となったときのことです。

自分は金銭的なことを考慮して、弁護士を入れずに、低価格で解決することを望んでます。
弁護士を入れたりして費用がかかるのであれば、訴訟を起こさないでそのままにしてもいいと思ってます。
弁護士いれずに普通裁判する気になれません。

仮に、当方原告が簡易裁判所で勝訴し、被告側は地方裁判所に控訴するとします。
そして、地方裁判所で当方原告が(もうこれ以上やりたく...続きを読む

Aベストアンサー

訴訟費用は例え勝訴してもあなた持ちぐらいの気持ちのほうが良いです。

敗訴の場合は当然、あなた負担になります。


しかし、通常訴訟になることは意外と無いようです。
また、基本的に最初の裁判で勝訴した場合は控訴した場合も大抵は最初の裁判と同じ判決が出るようです。
それだけ第一審が重要ということです。
たしかにこれはケースバイケースですが・・・


裁判(原告)は途中で投げ出すものでは無いと思います。
確かに日常生活をしなければなりませんから、投げ出したいというのも分からなくないです。
しかし、投げ出すつもりなら最初から裁判はやらない方が良いです。

逆に、費用負担は例え敗訴しても相手の弁護士費用は負担する必要はありませんし、交通費も証人以外はあまり認められないそうです。
それに、プライスレスな経験が出来るとは思います。
(私は通常訴訟を弁護士なしでやったことがあり(勝訴しました)、いい経験をさせていただきました)

Q少額訴訟の通常訴訟への移行について

どなたか教えていただけませんか?
民事訴訟法の少額訴訟について知りたいのです。
少額訴訟で提起していたが、原告がやはり通常訴訟に移行するということは出来るのでしょうか? 手形訴訟であれば、353条本文により可能ですが、少額訴訟にはそのような記載を見つけられません。373条にはありません。準用規定も無いように思います。
これは、少額訴訟は、原告は通常訴訟に移行することが出来ないということでしょうか?
それとも、少額訴訟で提起しているのに、わざわざ通常訴訟にする人はいないから記載がないという考え方でしょうか?

Aベストアンサー

>少額訴訟で提起していたが、原告がやはり通常訴訟に移行するということは出来るのでしょうか?

直接的に移行させることはできません。

ただし、心変わりしたのであれば、訴えの取下げをした上で、通常の訴えの提起をすることは可能です。勿論、相手方がすでに本案(原告の請求の理由の当否に関する弁論・裁判)について準備書面を提出し、弁論準備手続において申述し、または、口頭弁論をしているときは、相手方の同意を必要とする(民訴第261条第2項)

また、少額訴訟の終局判決に不満があれば、異議申立てをすることが出来(378条)、異議申立てによって訴訟は口頭弁論終結前の状態となり、通常手続きで審理裁判される(379条)ことになります。ただし、反訴の禁止等は準用されますし、異議後の手続きによる終局判決等に対しても控訴できない(380条)等、通常の通常手続きとは多少異なります。

Q少額訴訟を起こす裁判所は?

売掛金の請求を少額訴訟でやろうと思っています。相手は県外に引越ししてしまっています。住所はわかっています。この場合私が相手を訴える簡易裁判所は相手が今住んでいる場所の裁判所になるのでしょうか?遠方なので、交通費とかかかる事を考えると、訴えることをどうしようかと思案中です。相手に私が出向く交通費まで請求できるのでしょうか?宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

小額訴訟も、管轄の扱いは普通の裁判と同じなので、相手の住所を管轄する裁判所(民訴法4条1項)のほかに、民訴法5条で定められている裁判所にも提起できます。

例えば、滞納した売掛金であれば、本来、相手がご質問者のところへ持参して支払うべき債務ですから、5条1号により、義務履行地であるご質問者の事業所などを管轄する裁判所へ提訴することができます。

なお、当事者の、口頭弁論期日の交通費・日当については、法律上の裁判費用となっており、敗訴者負担です。

ただ、裁判費用の確定手続きを行い、勝訴者から敗訴者に請求するというのは、一般的には行われていません。

特に、小額訴訟だと、期日は1日だけです。1日分の交通費を取り立てるために、訴訟費用確定のための申し立てや、その結果の受け取りと、裁判所に何度も出向くことになります。期日以外の、書類の提出や受け取りのための交通費は請求できませんので、結局、損だと思いますよ。

Q少額訴訟の限度は?

少額訴訟は30万以下のトラブルについて可能と理解してましたが、どうも、それ以上でも出来るようなので、いったい、いくらまでなら、少額訴訟できるのでしょうか。
少額訴訟の限度額を教えて下さい。

Aベストアンサー

 少額訴訟とは、少額の金銭支払いを巡るトラブルを速やかに解決するための法的手続きで、平成10年1月1日から施行されています。この訴訟の目的額(請求額)が今までは「30万円以下」でしたが、平成16年4月1日受付分から、「60万円以下」に引き上げられました。少額訴訟は、滞納管理費回収の法的手段として、管理組合による利用が増えていますが、より利用しやすくなったわけです。

下記からの引用です。

参考URL:http://www.fukukan.net/paper/040301/topic_60.html

Q少額訴訟の裁判所からの連絡について

ヤフーオークションの詐欺にあい
先日、少額訴訟をおこしました。
その裁判期日が来週頭にあるのですが
訴状を提出してから未だ、裁判所より何も
連絡がありません。これは特に問題なく
相手が訴状を受け取った場合は
裁判所からは何の連絡もないものなのでしょうか?
そのまま期日に裁判所にいけばよいのでしょうか?
相手から答弁書が送られてくると思ったのですが・・・
いずれにせよ、明日裁判所に聞いてみようと思いますが
その前に参考に聞けたらと思って質問しました。
といってもこんなギリギリまで連絡こないのは
おかしい気もするんですが…

Aベストアンサー

相手が答弁書を提出していなければ、何も送られてきませんね。
…ということは、反論が無いわけですから勝訴ですね。

Q少額訴訟と情報開示請求

本人訴訟と少額訴訟でネット(某匿名掲示板)による名誉毀損の慰謝料請求を考えている者です。

訴訟を起こす前にISP責任法や弁護士照会に基づいてプロバイダや某匿名掲示板に情報開示請求をする必要があるのですが
情報開示請求の訴訟は少額訴訟で可能なのでしょうか?

少額訴訟は金銭の請求を目的とする訴えに限るそうですが
これは少額訴訟では無理ですよね?
情報開示の裁判は普通の民事訴訟で行なわなければならないのでしょうか?

それとも名誉毀損の慰謝料請求の少額訴訟をおこせば
それに付随して裁判所が情報開示請求が出してくれるのでしょうか?

Aベストアンサー

民事訴訟法371条では、即時に取調べできる証拠しか証拠調べできないとの定めがありますから、ダメでしょう。
そもそも、開示請求は裁判外でもできたはずですよ。

Q少額訴訟と民事裁判の違いは?

少額訴訟では被告に罰則は与えることができないのでしょうか?罰則を与えるのならば、民事裁判でしか方法はないのでしょうか?

Aベストアンサー

下の回答者の方の補足を前提としてセクハラに対する損害賠償責任の慰謝料
請求事件であり、請求額が30万円以下であるなら少額訴訟が可能の事例
であるといえると思います。
下記参考URLがお勧めサイトです。少額訴訟の流れがよくわかります。
また少額訴訟に限り現在司法書士の先生の方が弁護士より熱心にその制度
を使うことを進めていますので、司法書士に相談にいかれるのも一考かと
思います。
(内情を話せば弁護士はこの制度はあまり仕事的においしいものではないのと
制度が始まったばかりであまり積極的に利用したがらいところが多いように
思います)但し、民事裁判である以上、逮捕・起訴といった刑事罰とは全く
別の問題であることはこれまでの回答者がおっしゃるとおりです。
いわゆる刑事罰(単に逮捕ということでなく、起訴後罰金などの過料)
を与えたいのであれば「ストーカー法」などを利用して告訴可能な事例か
どうか弁護士および警察に相談することになります。
「民事訴訟」の場合、「金銭を支払う義務があるかどうか」という争点の
なかであなたに対するセクハラ行為が認定され、それに対し相手方が支払い
義務を認めると「和解」、認めなければ裁判官による「判決」になると思います。
いずれにせよ、原則審理は一回ですので(それがこの少額訴訟のメリット
ですが)十分な準備をしたうえで、今後の方針を決めることが得策だと
思います。
刑事告訴して刑事裁判であらそう方がいいかもしれません。
少額訴訟といえど、民事裁判ですから、勝訴となれば判決をもらい、相手方
から慰謝料が受け取れますし、相手が支払わないなら執行をかけることも
可能でしょう。

参考URL:http://www.e-sosyo.com/main.php

下の回答者の方の補足を前提としてセクハラに対する損害賠償責任の慰謝料
請求事件であり、請求額が30万円以下であるなら少額訴訟が可能の事例
であるといえると思います。
下記参考URLがお勧めサイトです。少額訴訟の流れがよくわかります。
また少額訴訟に限り現在司法書士の先生の方が弁護士より熱心にその制度
を使うことを進めていますので、司法書士に相談にいかれるのも一考かと
思います。
(内情を話せば弁護士はこの制度はあまり仕事的においしいものではないのと
制度が始まったばかりで...続きを読む


人気Q&Aランキング