在宅ワークのリアルをベテランとビギナーにインタビュー>>

  化学肥料や農薬を使わない農業を志して5年になります。毎年、タマネギは小さめですが、今年は特にひどく、枇杷の実大のものしか収穫できませんでした。
 バーク堆肥と草木灰、落ち葉、もみがらなどを鋤き込んだだけで、追肥はやっていません。肥料不足でしょうか。
 谷間の段々畑で日当たりはよくありませんが、毎年植える場所を変えているので、連作障害ではないと思われます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

そうですね。

肥料は必要だと思います。
私は元肥は勿論成育中も追肥を何度かします。今年も
大きくなりすぎ?です。
でも私の隣の人の玉ねぎは全体に私より小さいです。推定として植え付けが遅かった。肥料をあまり与えていない。長期間丈の高いブロッコリーの影になっていた。玉ねぎはむしろ連作が良いのでは?。
でもあまり大きすぎてもねぇ。一度の調理で使い切る
くらいが良いのでは?。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 早速のご教示ありがとうございました。「玉ものに肥料いらず」と聞いたことがありますが、やはり追肥は必要なのですね。

お礼日時:2005/06/11 19:07

肥料不足でしょう。


毎年同じ所に作っていますが連作障害はありません。
最近は、品種改良が進んでいるので、多肥に合うように品種がなっていると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 タマネギに連作障害はないとのこと、勉強になりました。また色々教えてください。

お礼日時:2005/06/11 19:36

私は菜園で玉ねぎを毎年作っておりますが、今年は大きい


玉が沢山できました。昨年まではたいした出来ではなかった為JAに相談した所、玉ねぎは多肥がいいということでした。ですので、肥料不足ではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございます。肥料はリン酸成分の多いものがいいのでしょうか。
 次回は、油かすを試してみます。

お礼日時:2005/06/11 19:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qネギの植え替え時期などについて

初心者です。
一昨年知人からいただいた普通の棒ネギ、植えっぱなしでずっと利用してきました。
植え替えた方がよいということなので、4月も間近となり、植え替えてみようか思っているところです。
植え替えの適期など、ネットで調べてみましたが、いろいろ出てはいるものの、もう一つはっきり分りません。
まだ、時々霜なども時々ありますので今頃植え替えても良いものかどうか、ちょっと心配しています。
そこで、次のについて教えていただけたら幸いです。

1 植え替えの適期
2 植え替えの方法(深さ、肥料の量や与え方など)
3 その他必要なこと。

などのついてよろしくお願いします。

Aベストアンサー

ネギが分けつしすぎて密集したので植え替えたいと言うことですね。
ネギは寒さにはめっぽう強い作物です。
私は去年の11月に播種した苗を2月の末に定植しました(関東地区)。
やはり同じく分けつしすぎたネギも、ばらばらにほぐして植えかえしました。
質問者様の地域も同じような気候と思われますが、今でも植え替えをして大丈夫ですよ。
密集したネギを丁寧にほぐし(土が落ちても大丈夫です)20cm間隔くらいで植えます。
30cmくらいの溝に、深さは根が隠れる程度です。
この時肥料はやりません。あらかじめ圃場が用意されているなら、追肥でよいでしょう。
この辺はNO1様の回答を参考にしてください。

Q連作障害についての疑問 専門農家はどうしてる?

よく野菜の連作障害について見聞きします

本を読むとじゃがいも(なす科)は二年は作らないで下さいと書いてありました

ではじゃがいも農家やなす農家はどうやって連作障害を克服しているのでしょうか?

テレビでじゃがいもやナスしか作られていない農家みたことがあります

Aベストアンサー

連作障害の実体は、大部分が病虫害です。

対策の第一は、病原を持ちこまないこと、

対比を使うことは、連作障害を弱めると思いますが、絶対ではありません。

連作障害になる(土に残ってしまう)病害虫が発生してしまったら、
それぞれの病害虫の種類に応じて、耐病性の品種に変えるか、
あるいは耐病性の品種の台木を使った接ぎ木栽培に変えます。

良い品種が無い場合などには、お金がかかりますが、土壌消毒をします。

土壌消毒にも、比較的簡単な薬を播く方法から、毒ガス並の強い薬まであり、
それでもだめなら土壌全体を高温の蒸気で消毒することもあります。

逆に、簡易で低コストの「太陽熱消毒」もあります。
太陽熱消毒の中にも、水をたっぷり撒いて還元させる方法や、
分解しやすい有機物を沢山鋤き込む方法、
お酒と同じエチルアルコールを利用する方法など、
様々な方法が工夫され、実践されています。

連作障害の内容、効果とコスト、作物の種類など、
栽培条件条件に応じてですから、対策の種類には きりがありません。

教えてgooなどで、よく「ナス科は何年」など、画一的に回答してあるのを読むと、
私は、「そういうこともあるけど、そうでないこともあるよなあ」と思います。

連作障害の実体は、大部分が病虫害です。

対策の第一は、病原を持ちこまないこと、

対比を使うことは、連作障害を弱めると思いますが、絶対ではありません。

連作障害になる(土に残ってしまう)病害虫が発生してしまったら、
それぞれの病害虫の種類に応じて、耐病性の品種に変えるか、
あるいは耐病性の品種の台木を使った接ぎ木栽培に変えます。

良い品種が無い場合などには、お金がかかりますが、土壌消毒をします。

土壌消毒にも、比較的簡単な薬を播く方法から、毒ガス並の強い薬まであり、
それでもだ...続きを読む

Q葉の色が薄いのです(家庭菜園)

家庭菜園をやってるのですが、周りの畑に比べて私の畑のものは葉の色が薄いのです。虫の攻撃にもあいやすいカンジがします。本を読みながらやってるのですが、周りとの差は歴然。隣の芝生は青く見えるといいますが、ほんとうに青いんです。苗の生育も悪いです。ちなみに畑をはじめるにあたって苦土石灰を施し、適宜肥料は与えてたつもりなのですが。なにか思い当たることありましたら、教えてください。

Aベストアンサー

植え付ける野菜により好みの肥料や酸度があります。
http://www.ne.jp/asahi/nao-k/e/engei/etc/arukari.html
一般的に日本は酸性度であり、中和するのにアルカリ性の石灰を使用するわけです。
石灰は植物が育つのに必要な成分でもあります。
消石灰、苦土石灰、有機石灰など種類があり消石灰苦土石灰は植え付け前2週間ほどに混ぜ込みます。
苦土石灰はリン酸の吸収を助ける苦土が入っているのでおすすめです。
上記の2種の石灰ほど中和力はないですが有機石灰はすぐに植え付けられるという利点があります。
以上が中和。

次に肥料ですが、野菜にあった肥料がいいでしょう。
肥料に表示されているN:P:Kはチッ素、リン酸、カリウムを示します。
8:8:8で売られている化学肥料はそれぞれ8ずつの割合と言うことです。
肥料には暖効性でジワジワ効いてくる物から速効性で効く物があります。
暖効性は元肥として土に混ぜ込んでおくといいし、速効性は追肥に向いています。
化学肥料と有機肥料がありますが化学肥料ばかり使っていると土が痩せてくるため長年菜園したいなら有機肥料中心でいきましょう。
ま、追肥程度なら化学肥料がいいかもしれませんが…。

さて、チッ素ですがこれは葉を育てるための成分です。
ただし、やりすぎるとひ弱に葉ばかりひょろ長く育ってしまい病気にもかかりやすくなるので程良くあげましょう。
油かすなどを植え付け2週間ほど前に施すといいでしょう。
ただし、油かすは肥料焼けしやすいため注意が必要です(根にあたらないようにしてやるか熟成物を使い植え付けまで期間をあける)。
腐葉土もいいし、堆肥も土壌改善効果や連作障害軽減効果があります。
牛糞もいいでしょう。
追肥には硫安などがいいかもしれません。

リン酸は実や花を育てる成分です。
個人的には骨粉がお薦めです。
鶏糞なども土壌改善効果がありお薦めです。
過リン酸石灰を植え付け前に混ぜておくのも酸度調整を兼ねられるのでいいかもしれません。
リン酸は一般的には多すぎても問題がない成分といわれています。

カリウムは草木灰などに含まれ根を育てる成分です。
イモなどはこれがないとダメでしょう。
病気に強くなったり耐寒性を高めてくれる作用もあります。
また、日照時間不足の改善効果もあります。

サツマイモにチッ素ばかりやればツルボケしてイモがちっちゃくなるしトウモロコシでも実が出来なくなったりします。
肥料は植える植物によって調整しましょう。
リン酸は多くてもいいですが…。
また、肥料が根にあたると肥料焼けをおこし最悪の場合枯れてしまうので注意しまょう。

家庭菜園参考ページ
http://www.honda.co.jp/helloyasai/index.html
http://mamedamaru.dip.jp/saien/mameda.htm
http://www.jaac.or.jp/saien/
http://www.yasai-web.com/vege/sh/s.html

無農薬、虫対策
http://www16.ocn.ne.jp/~nouen/bouchu.htm
http://homepage2.nifty.com/tiba-infrc/tenshurui.htm
http://mamedamaru.dip.jp/saien/musi.htm

農薬
http://www.sumika-takeda-engei.co.jp/navi/

長文失礼しました。

植え付ける野菜により好みの肥料や酸度があります。
http://www.ne.jp/asahi/nao-k/e/engei/etc/arukari.html
一般的に日本は酸性度であり、中和するのにアルカリ性の石灰を使用するわけです。
石灰は植物が育つのに必要な成分でもあります。
消石灰、苦土石灰、有機石灰など種類があり消石灰苦土石灰は植え付け前2週間ほどに混ぜ込みます。
苦土石灰はリン酸の吸収を助ける苦土が入っているのでおすすめです。
上記の2種の石灰ほど中和力はないですが有機石灰はすぐに植え付けられるという利点があります...続きを読む

Q農薬、スミチオンやマラソンについて教えてください。

  庭で毛虫が大発生して困っています。
スミチオンやマラソンが効くと教えてもらったのですが、この薬の違いは何なのでしょうか。
毛虫に直接散布するとすぐに死ぬのでしょうか。
薬の長所や効果を発揮するまでの時間や、注意点など教えて下さい。

Aベストアンサー

http://www.greenjapan.co.jp/smichion_n.htm
【スミチオンについて】

http://www.sc-engei.co.jp/guide/syo00214.html
【展着剤について】

ANo2です。
補足質問の件ですが、ナスやピーマンに噴霧される恐れがあるなら、1,000倍希釈液が無難です。
但し、1,000倍希釈液は殺虫効果に即効性が見られませんから不安になると思います。

それと、展着剤については必ずしも必要ではありませんが、展着剤(界面活性剤)を添加する事で濡れ性が良くなり毛虫や植物に農薬が付着しやすくなるので殆んどの農薬(殺菌&殺虫剤)及び除草剤にも有効です。
スミチオンは、害虫に直接的に効くのは勿論ですが、スミチオンが付着した葉を害虫が食する事でも殺虫効果があるので、農薬が展着しにくい葉には効果があるという事です。

スミチオンは人間や鳥のような温血動物には毒性は低いですが、昆虫や魚類のような冷血動物には毒性が強いので噴霧する付近に金魚などが生息してる池がある場合は農薬が混入しないような配慮が必要です。

http://www.greenjapan.co.jp/smichion_n.htm
【スミチオンについて】

http://www.sc-engei.co.jp/guide/syo00214.html
【展着剤について】

ANo2です。
補足質問の件ですが、ナスやピーマンに噴霧される恐れがあるなら、1,000倍希釈液が無難です。
但し、1,000倍希釈液は殺虫効果に即効性が見られませんから不安になると思います。

それと、展着剤については必ずしも必要ではありませんが、展着剤(界面活性剤)を添加する事で濡れ性が良くなり毛虫や植物に農薬が付着しやすくなるので殆んどの農薬(殺...続きを読む

Q家庭菜園(畑)の雑草や残渣(不要物)の処分について

畑を借りて、家庭菜園を行っています。
そこで困るのが、刈り取った後の雑草や、収穫の後の野菜の茎やツル等の不要になった残渣(不要物)の処分の方法に困っています。

例えば、
(1)堆肥にしょうと思って「コンポスト」を購入しましたが、堆肥のできるスピードが遅く、不要物の処分するスピードが、不要物の発生するスピードに追いつきません。

(2)不要物を、そのまま(生の状態で、小さく切って)、土の中に埋めようと思いましたが、前の作物に不着していた、害虫の卵や、細菌が、そのまま残り次に移る可能性があり心配ですし、土になる(堆肥化する)のにも時間がかかり、多くを埋めると、畝づくりをするにも影響もあります。

(3)焼却しようと思っても、乾燥させるのに時間がかかり、煙ばかり出てうまく燃やすことはできません。
野積みにしておくと、一旦乾燥しかかっても、途中雨でも降れば、腐敗しかかって燃やす状態ではなくなりますし、かといって堆肥にもならない中途半端な状態になります。
これからは、サツマイモのツル等がたくさん出るので、乾燥させるのに雨をよけるために、簡単な雨よけ(屋根)を作らねばならないかとも考えますが、大げさですし、どうしてよいかわかりかねています。

個人的に借りている畑ですし、それほど広くもなく、不要物を放置しておくことはできませんし、放置しておくと溜まる一方になります。家のゴミとして回収に出そうかとも思いましたが、ゴミの回収基準は厳しいし、量も多く回収は拒否されそうです。

家庭菜園(畑)の雑草や残渣(不要物)の、おすすめの処分方法をお教え願います

畑を借りて、家庭菜園を行っています。
そこで困るのが、刈り取った後の雑草や、収穫の後の野菜の茎やツル等の不要になった残渣(不要物)の処分の方法に困っています。

例えば、
(1)堆肥にしょうと思って「コンポスト」を購入しましたが、堆肥のできるスピードが遅く、不要物の処分するスピードが、不要物の発生するスピードに追いつきません。

(2)不要物を、そのまま(生の状態で、小さく切って)、土の中に埋めようと思いましたが、前の作物に不着していた、害虫の卵や、細菌が、そのまま残り次に移る可...続きを読む

Aベストアンサー

うちは、1アールほどの菜園(畑)です。
2坪位の区画を作り、30CMほど掘って、そこに土と残渣と
米ぬか・珈琲カス・石灰窒素を少量を積み上げて、2~3日おき、嵩が少々減った所で
最後に水分調整、透明ビニールシートを被せて密封してます。
この天気ならすぐに70度まで発酵するので、害虫の卵・病気も駆逐できます。
夏は堆肥が出来るのは3週間掛かりません。この方法が最も大量処分できて簡単です。
しかもこの場所を転々とさせると、ミミズが沢山増えていい仕事してくれますよ。
畑が狭いなら、1坪以下でも結構な量が堆肥化出来ます。
石灰窒素は、消毒殺虫剤・肥料も兼ねます。
http://www.e-taneya.net/tokusyu/minichisiki_15.html

雑草は、刈ったら即、畝のマルチに使います。
どの道、雑草は生えます。土の中の雑草の種の生存年数は10年もありますから。
風で飛んできますし、必死に抵抗するよりは上手く利用したほうがお得です。
スギナなどは、種まき時の優秀なマルチ&緑肥&液肥になりますよ。
土壌のバランスが良いと、病気が出にくくなります。
ここ5年どの野菜も出てません。
むしろ草を刈って残渣を捨ててた時のほうが病気が多い気がします。

病気が出たものは、残念ですがそれだけ早急に廃棄処分です。
数本程度なら家庭ごみに混ぜても平気ですしね。

雑草堆肥・完熟堆肥の作り方で検索すると沢山出てきますよ。

うちは、1アールほどの菜園(畑)です。
2坪位の区画を作り、30CMほど掘って、そこに土と残渣と
米ぬか・珈琲カス・石灰窒素を少量を積み上げて、2~3日おき、嵩が少々減った所で
最後に水分調整、透明ビニールシートを被せて密封してます。
この天気ならすぐに70度まで発酵するので、害虫の卵・病気も駆逐できます。
夏は堆肥が出来るのは3週間掛かりません。この方法が最も大量処分できて簡単です。
しかもこの場所を転々とさせると、ミミズが沢山増えていい仕事してくれますよ。
畑が狭いなら、1坪以下でも...続きを読む

Q畑の土の改造について(牛糞、鶏糞、バークの使い方)

畑を借りていますが、土が貧相で改善の必要があります。そこで牛糞、鶏糞、バークを使って改善しようと思いますが、いまひとつ使い方がわかりません。これは元肥にするのでしょうか、それとも土にまぜて使うのでしょうか。教えていただければ本当に助かります。

Aベストアンサー

有機肥料の成分NPKも大切ですが、堆肥化を考えるとC/N比が重要です。
Cは炭素で植物の繊維質などに多く含まれていて、その繊維質を分解するのがNで窒素でその植物にも
含まれていますが、個々の材料となる植物でその比率が違います

HP長崎の畜産 敷料の種類と特徴:
http://nagasaki.lin.go.jp/manual/keiei/5.html
HPひろしまの畜産の内 堆肥化の原理:
http://hiroshima.lin.go.jp/taihi/taihi_61.htm
広島県堆肥共励会・品質判定基準:
http://hiroshima.lin.go.jp/taihi/taihi_51.htm
副資材別家畜ふん堆肥の成分組成平均値及び標準偏差:
http://hiroshima.lin.go.jp/taihi/taihi_42.htm
堆肥のC/N比は20-40位が適当と言われていますが、それはこの比率が例えば10以下ですと、
窒素が多くて自家消化してしまいますので、長く持ちません。
これを言い換えれば有機肥料で鶏糞や牛糞も含まれます。

その中でも鶏糞は未消化の成分が多く、肥料としても良く効きますが、逆に虫が発生したり、
雑菌が多くなったり、問題を起こす事があるので直接使うにしても早く元肥で使用して落ち着いてから
播種や定植をしてください。

その為堆肥化する訳ですが、上記のURLの中にバーク堆肥の測定結果があり基準内にありますが、
実際施用して1年後でもバークが見える事が多くあります。これは表面は分解しているが、深くまでは
進んでいない現われだと思います。
原因はバークが他の素材などに比べて表面積が小さく、組織も強いので分解しきれていないのだと
思います。
バーク堆肥は本当に品質が良いか疑問のあるものが多いので、勧められません。
同様の物であればオガクズ系の堆肥の方が安心感があり、牛糞は元肥向きです。

面積が判らないのですが、10平方m当たり20-30Kg堆肥をまいた後に近所の農家に頼んで
トラクターでロータリー(耕運)作業を一度してもらった方がよいと思います。
本当は分けた方が良いですが、同時に苦土石灰を1.5-2Kg入れてください。
そして、2-3週間後、化成肥料を入れて数日後、播種や定植が基本です。

有機肥料の成分NPKも大切ですが、堆肥化を考えるとC/N比が重要です。
Cは炭素で植物の繊維質などに多く含まれていて、その繊維質を分解するのがNで窒素でその植物にも
含まれていますが、個々の材料となる植物でその比率が違います

HP長崎の畜産 敷料の種類と特徴:
http://nagasaki.lin.go.jp/manual/keiei/5.html
HPひろしまの畜産の内 堆肥化の原理:
http://hiroshima.lin.go.jp/taihi/taihi_61.htm
広島県堆肥共励会・品質判定基準:
http://hiroshima.lin.go.jp/taihi/taihi_51.htm
副資...続きを読む

Q米ぬかを肥料として使用できますか?またその使い方は?

家の近所に米ぬか自由にお持ち帰りくださいとしてその軒下にたくさん置かれているのを今日少し頂いて帰りました。そこで質問です。

米ぬかは肥料として使えますか?直接畑に撒くなどするのは適切ではないのでしょうか?いったん腐植土にするのでしょうか?

もし肥料に出来る場合はその使い方を教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

家庭菜園にて肥料として使っています。


キャベツの場合

ウネ幅80cmで2列に間隔を30cmあけて植える場合、ウネの中心に深さ30cmくらいの溝を掘ります。
その溝に米ぬかを300g/m位入れ、その上に鶏糞を300g/m、過リン酸石灰を1にぎり/m入れます。
過リン酸石灰は入れたほうがおいしくなります。
あとは土をかぶせて苗を植えて、水をかけたらそのままほったらかしに近い状態で(夏の暑いとき以外は水遣りもしません)収穫を待ちます。
仕事が忙しいので、なるべく手間をかけないようにと・・・、こうしています。

ほかにも同様のやり方で育つものとして、

トマト(ウネ幅1mはほしい)、ピーマン、イチゴ、ナス、きゅうり、白菜、大根などがあります。


土と混ぜて育てるものとして、ほうれん草、小松菜などがあります。
もちろん米ぬかだけではなく、鶏糞、過リン酸石灰も入れます。

Q枝豆のさやに実が入らないのです

知り合いの農家にいただいた枝豆です 品種はわかりません さやは普通の大きさですが豆は黒く小ぶりです

花は今月上旬に咲きました それから3週間になるのにさやがペタンコのままでふくらんできません

農家の同じ時期に蒔いたのはふっくらしはじめておりますのに がっかり×3です

ことしはあきらめて来年再挑戦になりそうです 
なにがまずいのでしょうか どうすればよかったのでしょうか  

元肥はやっておりません

Aベストアンサー

この品種は丹波黒だと思いますがそれを前提に回答します。
花が咲いたがさやがふくらまない。ここで考えられるのがカメムシによる被害です。さやをよく見てくださいカメムシにやられるとまめができるところが黒くなり豆がふくらんできません。農薬を散布するのが一番簡単ですが農薬を使いたくないなら花が咲き始めたら防虫ネットを掛ければカメムシに食害されません。種苗店やホームセンターに売っています。この時期がカメムシが一番多いときです。
もう一つ考えられるのがシスト線虫による被害です葉が青く元気なら問題ありませんが葉っぱが黄色くなり出したら一株を抜き取り根に小さなむしの卵のような
もの(1ミリ程度)がたくさんついていればシスト線虫の被害です
枝豆を連作したり他の豆科の野菜を作ると多く発生します。シスト線虫は土壌消毒をする以外あまり対策はありません。一部のイネ科植物を作ると被害が少なくなるという論文もありますが。 
枝豆は肥料分が少なくても実はなります。実の数は少なくなりますが、うちで枝豆を作る時は成分量で窒素分7キロリン酸15キロカリ8キロ程度を1反(300坪あたり)入れます。遅効性の有機配合肥料を使うといいと思います。初期に窒素肥料が多いと花が咲かなくなることがありますが花が咲いてから肥料が必要です。
丹波黒系の品種は日が短くならなければ花芽が分化しない性質がありますから夏至を過ぎてから播種してください。
もう少し待ってくださいカメムシにやられてなければふくらんでくると思います。即効性の尿素を少量追肥してみてください。丹波黒は枝豆でも大豆にして煮豆にしてもおいしいです。
他の方も回答していますが堆肥等の有機物入れ地力を作ります。枝豆は肥料で作るのではなく地力で作るものという言い伝えがあります。作物作り=土作りです。  

  

この品種は丹波黒だと思いますがそれを前提に回答します。
花が咲いたがさやがふくらまない。ここで考えられるのがカメムシによる被害です。さやをよく見てくださいカメムシにやられるとまめができるところが黒くなり豆がふくらんできません。農薬を散布するのが一番簡単ですが農薬を使いたくないなら花が咲き始めたら防虫ネットを掛ければカメムシに食害されません。種苗店やホームセンターに売っています。この時期がカメムシが一番多いときです。
もう一つ考えられるのがシスト線虫による被害です葉が青く元...続きを読む

Q肥料をまいて、どのくらい待てばいいのですか?

こんにちは
大抵の手引きには、苦土石灰・化成肥料・堆肥などを混和して、10日程度放置、とありますね。私は酸度をみながら苦土石灰・消石灰をやったりやらなかったりしてますので、「石灰類をやってない所はすぐ種まきや苗を植えてもいいんだろうか?」などと疑問がおこります。
あらためて、各資料類を土に混和してから、種まき・定植まで放置しておかなければいけない期間を教えてください。
1.消石灰
2.苦土石灰
3.化成肥料
4.有機肥料(化成のような粒々の市販品ですが有機100%のものです)
5.堆肥(雑草を乾燥、寸断、加水、積込みしておいた完熟のものです)
以上、それぞれ個別に種まきや定植するまでの待機日数を教えて下さい。
また、全種は一度に使いませんが肥料(化成か有機どちらか)と堆肥は必ず使い、石灰類は酸度により使用か不使用かです。
いままでは、一度にまいて耕起していましたが、組み合わせの良否もあるとおもいます。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず注意しなければならないのは消石灰とアンモニア態の肥料を一緒に散布するとアンモニアガスが発生して植害を起こす事がありますから同時の施肥は避けてください。最初に消石灰を入れて耕運して7日ほどしてから化成肥料や単肥を入れてください特に硫安は注意が必要です。堆肥と石灰を一緒に入れても差し支えありません。苦土石灰の場合は気にする必要はありません。化成肥料は効き始めるまでに7日ほどかかりますが入れてからすぐに植えても差し支えありません。有機肥料の場合有機質を配合した配合肥料か有機質を発酵させたぼかし肥かで使い方は違いますぼかし肥の場合はすぐに植えても差し支えありませんが配合肥料で特に油かすが多い場合は施肥後に発酵が始まりガスで土壌中の酸素が不足して活着が悪くなる事があります。配合肥料の場合は施肥後10日以上開けて耕運してから定植した方が間違いありません。

Qねぎぼうず

ねぎをほったらかし栽培していたら、こんなものが生えてきました。
ねぎぼうず というものらしいですが、暖かくなったから生えてきたのでしょうか。
興味本位でしばらくそのままにしていようと思うのですが。
詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

こんにちわ写真はねぎぼうずで間違いありません
しばらくすると花が咲いて種が取れます
種をとったら蒔いて苗を作るとよいでしょう
10センチぐらいになればそうめんの薬味に
ぴったりです私の家でももう花が咲きそうです。 


人気Q&Aランキング