食事指導のとき、ラーメンは避けた方が良いと指導されました。何故なんでしょう?スープだけ残せば良いと思ったのですが、麺そのものが良くないようなんです。食べたいのですが、やはり食べない方が良いのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

私は3年前に潰瘍性大腸炎だと診断されましたが、食事指導はされていません。


本で食事に関することが書かれていたので、主治医に聞いたところ「暴飲暴食しないように普通の食生活でいいですよ」と言われました。
私はラーメン、うどん、そば、冷麺大好きなのでこの夏はよく食べましたし。
潰瘍性大腸炎はストレスにも大きく関わっているらしいので好きなものを食べられない(しかも無期限で)ことによるストレスのほうが症状を悪化させるのではないかと、自分では考えています。
医師によって治療方針に違いがあるのかもしれませんが、参考までにと思ってレス書きました。

ちなみに私はここ1年ほど症状はなく、薬も減らしていっています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

レスありがとうございます。私は、診断されてもうすぐ1年になります。
食事指導では、いろいろと注意点を指導され、人の体は1人1人ちがうのだから、すべての人が当てはまるわけではなく、食べてみて体調がどうなのか確かめながら、自分で食べられる物を探しなさい。と指導されました。
ただ、ラーメンだけは避けた方が無難だと指導され気になってました。
mrkakeiさんの言うとおり、食べない方がストレスになることも多いので、体と相談しながら食べていきたいと思います。
頼もしいアドバイスありがとうございました。
これからも、色々大変なことがあるかと思いますが、お互い病気と前向きに闘っていきましょう。

お礼日時:2001/10/17 16:16

油性成分があまりに多いため、大腸に刺激を与えるからです。

油性食品は基本的に消化が極めて悪く、大腸炎の方はなるべく控えた方がいいです。
    • good
    • 2

 消化の問題と思われます。

麺類はそのまま飲みこみますので、胃での吸収が少なくなり、その分、腸に負担が増します。そのせいかと思います。

参考URL:http://member.nifty.ne.jp/rinse/kiso.html
    • good
    • 2
この回答へのお礼

参考URLとても役にたちます。教えてくれてありがとうございました。
参考にしながら、病気と前向きに闘いたいと思います。

お礼日時:2001/10/17 16:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q潰瘍性大腸炎について

潰瘍性大腸炎について教えて下さい。
医師も潰瘍性大腸炎の診断をする場合は慎重になるのでしょうか。

大腸内視鏡検査→組織病理検査→染色体検査をしましたが、診断の結果は潰瘍性大腸炎の疑いは否定できないが、炎症の具合も軽症だし自覚症状(下痢等)もない為、経過観察、服用薬もなし。半年後位に改めて内視鏡検査を受けて下さいとの事。保険の更新がある事を話し診断書を書いて頂いたところ、病名の欄には「腸炎」と書いてありました。しかし話しの中では潰瘍性大腸炎の話しが多かった(安部総理の話等)と思いました。
難病指定になっている病気なので医師も慎重になるのか?と思った次第です

Aベストアンサー

潰瘍性大腸炎にたいする病理は、陰窩膿瘍のような特徴的な所見がでれば別ですが、
普通はそんな所見がでることはなく、非特異的な炎症所見しかでないので、
たいていは臨床医が潰瘍性大腸炎を疑うと書けば、潰瘍性大腸炎でも矛盾はしませ
ん...という返事が返ってきます。潰瘍性大腸炎ですという返事はまず、返って
きません。

慎重になるとかではなくて、要するに経過を追うしかないという事です。

Qやはり・・・がっくり

2年前検診で肝臓に2センチの腫瘍らしきが見つかりガンセンター受診。生検したら異常なし、血管造影などではありました。やはりガンと言われ昨年肝切除の為開腹。すると腫瘍なし、その後の検査でも影は見えませんでした。結果悪く無い胆嚢も切りました。血管が重なり合って見えるシャントとの最終診断で現在働いてます。時々受診して検査してますが「痛い思いをさせてしまってすみません」と医者に言われます。余りすみませんばかり言われると「どうして謝るの?」って思います。その主治医も他の病院へ一年で転勤。。今日新しい主治医に聞きました・・・
「胆嚢切除は開腹後、肝臓をエコーで精査してやはり切った方が良いと判断して切ったのか? それとも先に切って後から肝臓精査して腫瘍なしだったのか?」 医者は言いました。。先に胆嚢を切ってその後に肝臓を精査したが腫瘍は無かった・・・と「切らなくても良かったですね」とも・・・訴えて良いのですかねこんな場合??

Aベストアンサー

胆嚢切除について一般的な意見。「胆嚢切除が先」が妥当となり得るのは、問題の肝の腫瘍様所見の場所がどこかによるかもしれません。そしてもう一つの問題意識は、術前診断(の認識)に基づく、術前の説明がどうであったか、です。胆嚢切除について説明はありましたか?文章などによる記録が残っていますか?ここがもう一つのポイントと思います。後に別の医師がどう言ったか、はあまり重要ではないと思います。少なくとも裁判で争う場合は。まず、カルテ開示を求めてはいかがでしょうか?そしてその内容を信頼できる医師、または第三者機関(医療事故等を扱う第三者機関が設置されてきています)、医療事故関係に詳しい弁護団等に相談されることをお奨めします。

Q潰瘍性大腸炎の腹痛

潰瘍性大腸炎による腹痛とはどの程度に痛むのでしょうか?

先日、潰瘍性大腸炎の疑いはあるが治療施行はしないで経過観察と診断されました。最近になり下痢や便秘、血便等はないのですが、お腹の調子が今一歩です。激しい痛みではないのですが、潰瘍性大腸炎からの腹痛ではと思うと不安で他の事も考える事が出来ません。

Aベストアンサー

>潰瘍性大腸炎による腹痛とはどの程度に痛むのでしょうか?
あんさん、大腸にはやのぉ~、痛点(痛みを感じる組織)は無いんですわ!
せやさかい「激痛」はありまへんで!
ただ、ダラダラと下血が起こるだけですわ!
>お腹の調子が今一歩です。
ただの「気の迷い」でっせ!
整腸薬でも飲んだら治りますわ!
ダラダラ下血はして無いんでっしゃろ。
してない=大丈夫 でっせ!

Qなぜ帝王切開は避けるべきなのでしょうか?

現在逆子で、治らなければ帝王切開予定の妊婦です。逆子体操をしていますが、なかなか治らないので張り止めの薬を処方され(子宮を軟らかくする為だそうです)、これを飲んで体操するように言われました(これは一般的なことなのでしょうか?)。そこで疑問なのですが、なぜそうまでして治さないといけないのでしょうか。自然に逆子になったのだからそれが自然なのだと思うし、頑なに治らないのなら何か理由があってのことだと思うのですが…また赤ちゃんにとっては、帝王切開はとても安全な分娩方法なのでは?なぜそんなにも、帝王切開は避けなければならないのでしょうか?一般に体にメスは入れない方が良い、と言われていると思いますが、そんなに弊害があるのでしょうか。後々体に何か不都合が生じるのでしょうか。かなり多くの方が帝王切開で出産されていると思いますが、みなさん後遺症などあるのでしょうか。無知な質問で申し訳ないですが、どなたか教えてください

Aベストアンサー

No1さんの意見で麻酔に関して不安になられるといけないので少しだけ。帝王切開もいろいろあるので、逆子で予定帝王切開という前提でお話します。この場合、麻酔は脊椎麻酔(俗に言う下半身麻酔)になります。使用するお薬は非常に安全性が高く、体質によってトラブルになるケースはほとんどないといっていいと思います。ただ、麻酔レベルや血圧、呼吸に関して監視や対応を誤ると大事に至ります。そのようなトラブルは多くの場合産科医が自分で麻酔も手術も行う場合に発生します。麻酔科医(できれば専門医)が麻酔を行うかどうかは重要なポイントです。
自然分娩を狙って、だめだったら帝王切開という選択肢もありますが、その場合どうしても緊急でという状況になり、マンパワーの問題、お母さんの体調の問題、赤ちゃんの問題など、予定手術に比べると悪条件が出てきてしまいます。

Q潰瘍性大腸炎とクローン

潰瘍性大腸炎とクローン病は似ていますが、見分け方はありますか??内視鏡で判断できますか?クローンと潰瘍性大腸炎の自覚症状の違いはなんでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは
ちょっと調べてみました。

UCは主に粘膜を侵して、びらんや、潰瘍を形成。
持続性、反復性の粘血、血便
内視鏡で、粘膜がもろく易出血性を伴い粘血膿性の分泌物を付着しているかわかる。
多発性の潰瘍、偽ポリポーシスを認める

生検で組織学的に粘膜に炎症反応を認める
このとき膿瘍や腺の配列異常、上皮の変化を認めることができる。

CDは主に若い成人に多く、繊維化や潰瘍を伴う
肉芽腫性炎症性病変からなって、消化器(口~肛門)
のどの部位にも起こる。

内視鏡だけでは確実な判断できないと思います。
細胞診でやっとわかるのではないかと思います。
UCとCDはみかけよく似てると思われます。

前の回答の補足ですが
なぜ高エネルギー食をとらないといけないか
〇消化管に炎症があると微熱、下痢、腹痛によって、体の代謝が亢進する為エネルギーが必要だからです。

低脂肪食にしないといけないのは
〇脂肪の吸収が疎かのまま大腸に移行され、脂肪を乳化する胆汁酸が腸壁を壊したり、細菌が脂肪を分解するため、下痢や腹痛の原因になったりします。とにかく脂肪というものは腸管に刺激を与えてしまうからです。

繊維物を控えるのは
〇普通繊維と言うのは便通をよくしたりしますが、これらの病気の場合は繊維が腸管を刺激して炎症が回復しにくい(水分の吸収が出来ない)状態になって、下痢の原因になったりします。

UCの場合は厳密な制限はしないまでも最低の基本(特に低脂肪食)は守って言った方がいいです。

内視鏡をやった時点で、重症なら、絶対安静で入院となります。

考えこむなとはいえませんが、神経質になる状態が続くと
それがストレスとなってお腹を余計に悪くしてしまう気がします。

こんばんは
ちょっと調べてみました。

UCは主に粘膜を侵して、びらんや、潰瘍を形成。
持続性、反復性の粘血、血便
内視鏡で、粘膜がもろく易出血性を伴い粘血膿性の分泌物を付着しているかわかる。
多発性の潰瘍、偽ポリポーシスを認める

生検で組織学的に粘膜に炎症反応を認める
このとき膿瘍や腺の配列異常、上皮の変化を認めることができる。

CDは主に若い成人に多く、繊維化や潰瘍を伴う
肉芽腫性炎症性病変からなって、消化器(口~肛門)
のどの部位にも起こる。

内視鏡だけでは確実な...続きを読む

Q看護大学教員と臨床指導者との調整について

今年から看護大学の助手となり、はじめて学生と実習に行きました。
私は病院の勤務経験がなく、あるのは老人保健施設での経験のみでした。学生を教えたこともありませんでした。そのため、他の教員より少し長めに実習前の研修の期間をとってもらい(3日間)、研修の期間で臨床指導者ともある程度コミュニケーションがとれてると思っていました。臨床指導者は、指導を何回か担当されていて、慣れている様子でした。

しかし、始まってみると臨床指導者とのコミュニケーションがうまく取れていないと感じるようになりました。
私の方も、リハの時間を15分間違えたり、学生とVS測定に行っても体温測定を忘れたりしてしまい、臨床指導者の方で2度手間になるようなことが何回かありました。そのせいもあり、だんだん臨床指導者の表情も固くなり、話しかけにくい雰囲気になって、指導に関する調整の頻度も減り、悪循環にはまるようになっていました。
私の方も、初めてのことばかりで、他にも行き届かないところがたくさんあるのだと思います。
今後も実習を担当するので、少しでもスムーズな実習ができるようにしていきたいと思っています。

そこで、病院にて学生の指導を担当されたことのある方がいましたら、看護学校もしくは大学の教員に望むことを教えていただきたいと思い、投稿致しました。

ご指導していただければと思います。
よろしくお願い致します。

今年から看護大学の助手となり、はじめて学生と実習に行きました。
私は病院の勤務経験がなく、あるのは老人保健施設での経験のみでした。学生を教えたこともありませんでした。そのため、他の教員より少し長めに実習前の研修の期間をとってもらい(3日間)、研修の期間で臨床指導者ともある程度コミュニケーションがとれてると思っていました。臨床指導者は、指導を何回か担当されていて、慣れている様子でした。

しかし、始まってみると臨床指導者とのコミュニケーションがうまく取れていないと感じるようにな...続きを読む

Aベストアンサー

ご指導するべき立場ではありませんが、ひとこと書かせていただきます。
「助手」とはいえ、大学が教員として採用するにあたり、学歴はもとより「職歴」も確認の上で採用しています。
助手の場合、学位が学士の方もいますが、修士の方、博士の方もいるでしょう。

看護師の経歴としては、少し珍しいとは思います。
介護保険制度ができ、今年で10年でしょうか。

質問者様のお悩みは、厚生労働省のHPにもありました。http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/koutou/018/gaiyou/020401c.htm

受け入れる病院側も「臨床指導者」のために頑張っています。

http://aih-net.com/kangobu/education/shidousya.shtml飯塚病院

http://yonezawa-city-hospital.jp/kangobu/iinkai/rinshoushidou.html米沢市立病院

また、看護大学などの教員の研究報告も出ています。
その中でも、大学教員と病院の臨床指導者の連携不足、大学教員の未経験が問われています。

http://www.gifu-cn.ac.jp/information/10-02/1002_P051-057.pdf#search='臨床指導者'

http://hrr.ul.hirosaki-u.ac.jp/dspace/bitstream/10634/6046/1/HirogakuKangoKiyo_6_1.pdf#search='臨床指導者

'http://stu.isc.chubu.ac.jp/LHS/laboratory/thesis/pdf/vol7/2-yamada.pdf#search='臨床指導者'

ご指導するべき立場ではありませんが、ひとこと書かせていただきます。
「助手」とはいえ、大学が教員として採用するにあたり、学歴はもとより「職歴」も確認の上で採用しています。
助手の場合、学位が学士の方もいますが、修士の方、博士の方もいるでしょう。

看護師の経歴としては、少し珍しいとは思います。
介護保険制度ができ、今年で10年でしょうか。

質問者様のお悩みは、厚生労働省のHPにもありました。http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/koutou/018/gaiyou/020401c.htm

受け入れる病院...続きを読む

Q潰瘍性大腸炎の検査、転院について

お世話になります。
現在、潰瘍性大腸炎の疑いで内視鏡をする予定です。
現在かかっている医者は町の診療所なので、内視鏡専門医で検査をし、確定診断が出たら、潰瘍性大腸炎に詳しい医者へ転院しようと考えております。

そこで疑問なのですが、内視鏡専門医でしたら潰瘍性大腸炎の診断を1回の検査でできるものでしょうか?
それとも、検査も潰瘍性大腸炎に詳しい医者で受けるべきでしょうか?
(UCに力を入れている医者は、内視鏡経験豊富というわけではないらしく、若い開業間もない先生です。)

また、内視鏡の結果というものは、紹介状などを書いてもらえれば、UC専門医にも状態が伝わるものでしょうか?
それとも、映像などを貸出となるのでしょうか?

アドバイス宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

基本的には、治療をうけようとする施設で検査を受けられた方がいいかと思います。通常は診断は大腸内視鏡を1000例程度しかしていない医師でも容易にできます(時に、クローンと区別しにくく病理でもどっちともいえない症例がありますが...)し、潰瘍性大腸炎は特定疾患なので申請したり毎年(か隔年だったかな)更新する必要があるので最初から同じところでした方がいいかと思います。
特に、経験的には60歳以下の男性で術後などの癒着がなければ、大腸内視鏡は簡単にできる場合が多いので大腸内視鏡が特に上手である必要はありません。

QMSW(未経験者)の就職活動…やはり、県外は無理!?

社会福祉士の資格を今春、取得して大学を卒業しました。
私の住んでいる鹿児島県は特にMSWの仕事が少なく、私の卒業した年は県内で求人が1件しかないという有様でした。19年卒向けには県内でも若干求人が増えているのですが、どうしても、既卒者が新卒と一緒に採用試験を受験するのは厳しいと思ってまして、なるべく、中途採用で仕事を探したいと思っています。ハロワで仕事を探しています。ただ、中途採用だと経験者しか採用されないようです…

先週、鹿児島から、長崎の老健まで面接に出かけました。
「社会福祉士 22~25歳 事務職兼相談員」という内容でハロワでの求人です。ちなみに私は長崎には全く地縁がないです。私も両親も鹿児島県生まれです。面接ではひたすら「どうして縁もゆかりもない長崎に来たの!?」と聞かれ続けました。当然、採用試験は×でした…

鹿児島の大学の就職課に求人を出している病院・施設を覗くと、やはり、県外の病院への就職は厳しいでしょうか?特に九州内でも長崎・沖縄・大分などやや田舎の県からは、鹿児島の大学に求人は来ません。隣県の熊本・宮崎県辺りならよく見かけます。
大学に久留米市(福岡県)から求人が来ているのですが、どうしようか悩んでいます。鹿児島の大学に求人を出すぐらいですから、県外出身者でもよいという考えなのでしょうか?

実際に、全く縁のない県外にMSW・その他、医療資格職の方で就職できた方はいらっしゃいますか?

社会福祉士の資格を今春、取得して大学を卒業しました。
私の住んでいる鹿児島県は特にMSWの仕事が少なく、私の卒業した年は県内で求人が1件しかないという有様でした。19年卒向けには県内でも若干求人が増えているのですが、どうしても、既卒者が新卒と一緒に採用試験を受験するのは厳しいと思ってまして、なるべく、中途採用で仕事を探したいと思っています。ハロワで仕事を探しています。ただ、中途採用だと経験者しか採用されないようです…

先週、鹿児島から、長崎の老健まで面接に出かけました。
「社会...続きを読む

Aベストアンサー

関西在住です。
病院で職員採用を担当していましたが、
医療資格職、県外・県内関係なく応募はありましたし、
採用もしておりました。

なぜ県外に就職?・・・という質問はしたことがありません。
県外でも勤務する気持ちがあり、求める人材であると評価されれば
採用となります。

MSW職は確かに求人が少ないです。
福祉系大卒(社会福祉士資格あり)の新卒さんを採用した事がありますが(県外の人でした)
最初は医事課配属~その後希望のMSW職に就かれました。
MSW職は資格があるだけの新卒さんには狭き門です。
中途採用時には特に経験者を求める場合が殆んどですので
厳しいものがあると思います。

県外・・・は関係ないと思います。
求人が来ているのであれば頑張ってください。

Q潰瘍性大腸炎について

昨年の8月に潰瘍性大腸炎と診断されました。会社の健康診断で便潜血反応陽性だつた為再検査で分かりました。
しかし炎症も軽く、臨床的に無症状だった為に一年が立つ今まで一度も薬(潰瘍性大腸炎の薬)による治療は行った事がありません。お腹が張る感じや、軟便下痢症状、軽い腹痛には時々ありましたが、その都度診察にいって処方されるのは整腸剤止まりです。今までは本当に潰瘍性大腸炎なのかと思う所もあります。
私の主治医は炎症性腸疾患専門医師の為間違いないと思うのですが、薬の服用はどの様な症状が出始めたら行うのでしょうか?
潰瘍性大腸炎で治療をしている方が廻りにいない事や、インターネットワー等の情報は難病、治らない等の情報しかなく、結局は主治医の指示のまま現在にいたります。もう少し主治医と今後の治療方法や症状の説明が上手く出来ればと思い質問指せて頂きました。
どんな事でも構いません、潰瘍性大腸炎について教えて頂けたら幸いです。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは^^

オヤジゴリラさんは、腸炎に詳しい医師にかかっているのですね^^

腸炎については、軽いものであれば、整腸剤と胃薬(腸にも効く)で十分対処できます。
あと、一番大切なのは、炎症を引き起こしている要因を排除することです。
・・・寝不足・カフェイン・アルコール・ストレス・ウィルス・・etc.

潰瘍性とのことですが、本当に必要であらば、入院を指示されるはずです。

ちなみにですが・・・
診察のとき、
・便の状態(軟便or水様便)の確認
・どのようなタイミング(例えば食事をしてから2時間後くらいor不定期)に下痢をするか
・腰痛(片側だけ)があるか
・尿の検査
・血液の検査
・内視鏡検査
といったことはなさいましたでしょうか?
(これは、腸だけではなく消化器全般(すい臓等も含む)についての検査になります。)

便潜血・腹痛ということで、やはり腸だと思いますが・・・

> 今までは本当に潰瘍性大腸炎なのかと思う所もあります。

もし、ご不安であれば、炎症性腸疾患専門ではなく、消化器の専門医を一度訪れてみるのもいいかもしれません。(現在の主治医には内緒で。)

炎症性腸疾患専門=腸については専門だけど、腸以外は??の場合もあります。
あとは、大きな病院だと、重い病気にならない限り、丁寧なアドバイスをしてくれない、といった医師もいます。

後半、ご質問への内容から外れてしまいました。
申し訳ございません。

オヤジゴリラさんが早く元気になれますように・・・。

こんにちは^^

オヤジゴリラさんは、腸炎に詳しい医師にかかっているのですね^^

腸炎については、軽いものであれば、整腸剤と胃薬(腸にも効く)で十分対処できます。
あと、一番大切なのは、炎症を引き起こしている要因を排除することです。
・・・寝不足・カフェイン・アルコール・ストレス・ウィルス・・etc.

潰瘍性とのことですが、本当に必要であらば、入院を指示されるはずです。

ちなみにですが・・・
診察のとき、
・便の状態(軟便or水様便)の確認
・どのようなタイミング(例えば食事をしてから...続きを読む

Q院外処方,栄養指導のTV電話相談は可能か,病院の待ち時間軽減,などの諸問題に関しての質問

QNo.849360,845913で質問した者です。

今ワーファリンで血栓を溶かす治療を日常生活で行っているんですが多々質問があります。

1.総合病院での診察後病院で薬を貰うのではなく処方箋の内容を発行してもらい【院外処方】という方式になっいたのが驚きで↓過去ログを参照しました。

http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=893387

そこでANo.#2さんの理想論とANo.#4さんの現実論があるのですが根本的にこの制度は薬局側の政治圧力でなったのか,それとも病院側の圧力でなったのか背景は何なのでしょうか?特段患者側にデメリットがあるとも感じないのですが何かありますか?また今回薬の処方を病院の目の前にある薬局を利用しましたが特段そこでも良い(薬局内は非常に清潔感があり無料ドリンクもあったりTVもあったり)と思ったのですがもっと探すべきでしょうか?

2.ワーファリンの薬の効能を上げる為栄養士から15~30分程度の指導を受ける為にわざわざ病院に行かなければならないのですが,こんなのは病院にある診断書などを栄養士が見てそれで食事制限の具体的内容をFAXやメールなどで配信するなりすればすむと思うのですがこれは直接指導を受けなければならない法律や規制があるんでしょうか?FAXやメールですむ事で何か裏があるんでしょうか?

3.総合病院では予約された時間に行っても1時間~1時間半以上待たされるのですが血液採取で判定に約1時間かかる事を考慮して,例えば病院のHP上に診察券No.と本人確認の情報を打ち込んで現在の待ち時間をJust On Timeで表示し前もって朝病院の開始時間に血液検査だけしておけば待ち時間がわかるのでその時間に診察を受ける事が予算さえあれば可能ではないでしょうか?この病院の待ち時間軽減に何か妙案や実施されている改善策は無いのでしょうか?

専門家,経験者,の方など何でも結構ですのでアドバイスお願いします(_ _ 。

QNo.849360,845913で質問した者です。

今ワーファリンで血栓を溶かす治療を日常生活で行っているんですが多々質問があります。

1.総合病院での診察後病院で薬を貰うのではなく処方箋の内容を発行してもらい【院外処方】という方式になっいたのが驚きで↓過去ログを参照しました。

http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=893387

そこでANo.#2さんの理想論とANo.#4さんの現実論があるのですが根本的にこの制度は薬局側の政治圧力でなったのか,それとも病院側の圧力でなったのか背景は何なのでしょうか?...続きを読む

Aベストアンサー

開業医の立場から書き込みます

1)
誤解が無いように書いておきますが、院外処方・院外薬局の制度というのは昔からあったものです
しかし現在のように医薬分業という名のもとに院外処方へシフトされたのは、
その根本原因に健康保険の点数設定があります。
それを行っているのは厚生労働省健康保険局です。
つまり厚生省(現在の厚生労働省)の誘導です。
これを後押ししたのは「薬価差益」問題と「医療費高騰」「健康保険基金の破綻」を結びつける世論ですが
この世論を誰が操作したのか?については憶測なしでは語れないと思います。
・・・以下勝手な憶測です・・・
マスコミ報道は薬価差益にたよる医療機関の収入について非難を浴びせるものでしたが
医療機関にはそうして利益を出さねばならない事情があります(技術料の低設定です)
日本の医療費は世界でも類をみないほど安価であるのはそうした技術料金の不当な低設定にありますが
それでも高騰していると言うのであれば内訳を見れば明らかですが医療費の大半は薬剤費が占めています
しかしこれらマスコミ報道には技術料の低さや薬剤費の占める割合、外国と比べた場合の薬剤単価の比較などは明らかに避けたものばかりでした。いわゆる報道の偏り、偏向です。
なぜか?それはそこに国民の目が向いたら困るからとしか考えられません。
この薬剤費の切り詰めなしには現状の医療費の削減などありえないのですがこれをされたら困るのは誰か?
簡単ですが製薬会社であり製薬会社から献金を受けているであろう厚生族と呼ばれる自民党ほかの議員です
(自民党だけでなく民主ほかの政党にも厚生族はいますよ・・・念のため)
これらの立場にあるものが医療費削減の名目と高騰は医療機関側にある(医師悪者説)の元に
世論を煽って断行したのが院外処方への行政誘導です。
理論上院外処方を行い薬剤師の指導のもとに服薬をするのは非の打ち所の無い正当な内容ですし
点数が決まった以上これに逆らえば経営上問題が大きくなるので医師側には逆らう方法がありません

2)
基本的に医療に関わる諸行為は『対面』と決まっています
本人である事の確認他、行動その他で異常を感じればこれを報告するなど必要があるからですが
これだけITが進んだ時代ですので次期にはどうなるかはわかりません・・・が現状は『対面』が必須です

3)
それを行っている病院も少ないながらあるようですが(多くは個人医院)
あくまでも病院の余力が無ければできません(それだけの投資を誰がするか、そしてどこから捻出するか)
健康保険ではそんなものあるわけありませんし、つぶれる病院が沢山出る時代にそんな余力どこにあるのかわかりません
また先にあげた行政誘導は「個人医院>総合病院」であり一般患者が大きな病院に行くのをやめさせる方向性です
行きやすい環境作りに援助などあるわけがありませんが、どうなんでしょうね。

開業医の立場から書き込みます

1)
誤解が無いように書いておきますが、院外処方・院外薬局の制度というのは昔からあったものです
しかし現在のように医薬分業という名のもとに院外処方へシフトされたのは、
その根本原因に健康保険の点数設定があります。
それを行っているのは厚生労働省健康保険局です。
つまり厚生省(現在の厚生労働省)の誘導です。
これを後押ししたのは「薬価差益」問題と「医療費高騰」「健康保険基金の破綻」を結びつける世論ですが
この世論を誰が操作したのか?については...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング