はじめまして。
地方の主婦です。

ある発明をしたのですが、
それを特許にすべきかどうか迷っています。

発明を特許にすることのメリットとデメリット
について教えて下さい。

よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

特許取得に対するメリット


 ・発明した物を独占的に使用、製造、販売できる。
 ・発明した物を製造、販売する人から特許料がもらえる。
 つまり
  その発明品を独占して使用する事で利益を得るか
  その発明品を販売して利益を得るか
 の違いです。

特許取得に対するデメリット
 ・申請料金が結構高い
 ・特許を侵害されていないかの監査が必要

 ○申請料金と維持費を払った上で、
  それ以上の利益が見込めるかどうか
 ○特許を取得しても平気で真似してくる人がいます。
  それらをきちんと監査して、差し止め要求等を
  行わなければ、ただ持っているだけになります。

 ちなみに特許にかかる経費は
 特許出願料:16,000円
 特許審査料:168,000円+4,000円×請求項数
 その他維持費等もかかります。
 出願者によっては減免措置もあります。


お金をかけた特許をお金に換えるためには
企業との交渉や特許の維持管理も必要です。
更に上記に説明した模倣者への差し止め要求も
時には裁判も覚悟の上で望む場合もあります。

それらの判断を考慮した中では
お近くの弁理士会へご相談して弁理士を
紹介された方がいいと思います。

行列のできる法律事務所の丸山弁護士も
弁理士ですね。

参考URL:http://www.jpaa.or.jp/
    • good
    • 0

メリット


○登録されたばあい特許証がもらえる。
○権利化されたら、それを行使することができる。
○権利化されたら、宣伝費もかけず売りこみもでき、
 元手に比べ多額のお金が入る(かもしれない)。
○特許にできないという拒絶理由を先行出願で提示され
 た場合、あきらめがつきやすい。
○先行出願で過去に自分と同じような発明をして、
 拒絶査定をくらったり、特許になったものの
 商売にならなかった人をしることができ、
 ひとつ知識が増える。
○自分が発明しようとした事実が公開される。

ディメリット
○試作は事実上作るのは困難なので
 未完成の考案レベルで申請することになる。
○先行出願が読みきれていないため、
 かけた費用が無駄になるのはいいとしても
 名前をだすことになるので、拒絶査定のとき
 恥ずかしい思いをする。
○他人が自分のアイデアで金儲けをしているのを
 悔しい思いで見つづけなければならない。

並べてみると否定的な意見が、おおくなって
しまいましたが、発明されたということですので、
出願すべきです。

請求の範囲が、みんなに認められることを
お祈りします。
一発をねらわず、「広め」でスタートしましょう。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

皆様からアドバイスを頂けて、
とても感激しています。
本当にありがとうございます。
よく検討して、一歩ずつ前進していけたらと思います。

お礼日時:2005/07/10 14:02

メリット


認定されれば法的に保護され、マネをされたら販売差し止め請求が出来ます。企業に売ればお金になりますし、ライセンス契約(料金を取って特許を使わせてあげる)を結ぶことも出来ます。

デメリット
申請、審査請求には金が必要です。金額を知らないのですが、何十万円のレベルだったはずです。申請したら認定される、されないにかかわらず、一定期間後には公開されるので秘密にしておきたい発明とか、ちょっとだけ変更すれば簡単に回避出来る発明には不向きです。例えば料理のレシピなどがあります。

商品化の意思があるのでしたら、是非特許申請を勧めます。文面はよく考えて下さい。
    • good
    • 0

特許は、独占排他権を最長20年与える、というものすごく強い権利なんで、よい特許をとれば超強力です。


デメリットは、金がかかること。10年間維持するとしても150万円くらい(特許庁に出す金だけで)かかります。
以上は、一般的な話。

で、普通の人が発明した場合に、どうするのがよいかですが、とりあえず特許をとっておくのはよいかと。
自分で書いて自分で出願するだけなら21000円です。弁理士に頼むと20万くらいなんでしょうか。
いろいろ本も売っているので、自分で書けないものではないです。クレームの書き方にコツがいりますが。

で、どっかの企業と交渉して、ほんとに商品にするって決まってから、審査請求するのか、その金を誰が払うのかとか決めればよいと思います。

実用新案という手もありますが、特許に該当する「発明」であるなら、特許で出すことをオススメします。
    • good
    • 1

特許の場合、公開されますから、特許期間が切れるとだれでも、真似できますが、特許期間内は守られます。


ですから、秘伝の物は特許にしないで、非公開にする方を選ぶ場合があると聞きます。(株の非上場に似ていますが)
私が聞いたのではコカコーラの原液のブレンドは特許を取らずに会社の最高機密にしていると聞きました。
これなら、似たような物は作れても長年にわたって同じ物は作れませんから。
まあ、何十年何百年真似されたくないと言うなら逆に特許を取らないと言う手がありますが・・・
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q特許権を侵害する行為を簡単な事例で教えていただけますでしょうか。宜しく

特許権を侵害する行為を簡単な事例で教えていただけますでしょうか。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

特許権の侵害とは、正当な理由又は権原なき第三者が業として他人の特許発明を実施することをいいます。
特許法では実施とは、物の発明の場合は、その物の生産、使用、譲渡等、輸出入、譲渡等の申し出をいいます(特許法2条3項1号)
例えば、特許発明が断面が多角形の鉛筆であるとします。
この発明は多角形を採用することで、傾斜テーブル等の上においても転がらないというものです。
第三者が六角形の鉛筆を製造し販売するとします。
六角形の鉛筆は多角形の鉛筆という概念に包摂されますから、六角形の鉛筆の製造販売は特許発明の実施であり、特許権を侵害する行為となります(正当理由、権原と業はとりあえず考えなくてよいです)。
六角形の鉛筆のカタログを配ったり、店頭に並べたりする行為も特許権の侵害となります。
一端に消しゴム付の六角形鉛筆の製造、販売についても、特許発明の実施となります。
一方、六角形のシャープペンの製造販売は、特許発明の実施ではありません。
鉛筆とシャープペンは異なる概念だからです。
この場合の製造販売は、原則、特許権の侵害とはなりません。

ここに、六角形の鉛筆を製造するためにのみ用いる機械があるとします。
この機械の製造販売等は特許権の侵害とみなされます(特許法101条1号)。
前の例の侵害行為を直接侵害というのに対して、これは間接侵害とよばれます。
以上です。参考になあれば幸いです^^

特許権の侵害とは、正当な理由又は権原なき第三者が業として他人の特許発明を実施することをいいます。
特許法では実施とは、物の発明の場合は、その物の生産、使用、譲渡等、輸出入、譲渡等の申し出をいいます(特許法2条3項1号)
例えば、特許発明が断面が多角形の鉛筆であるとします。
この発明は多角形を採用することで、傾斜テーブル等の上においても転がらないというものです。
第三者が六角形の鉛筆を製造し販売するとします。
六角形の鉛筆は多角形の鉛筆という概念に包摂されますから、六角形の鉛筆の...続きを読む

Q発明をしてしまったけど特許の取り方などが分からない。

今日の帰りの通勤電車で閃いてしまいました。特許が成立すると国内だけでも年間億単位(主要国まで取れば兆単位も夢ではない)が使われるだろうと皮算よをしています。

以前、円盤型の薄型モーターを閃いたのですが、特許を取らずに数年過ぎた後に、NHK特集を見ていたら同じもので特許を取った中小企業社長さんが照会されていて、年間数億円の特許料を受け取っていると聴き唖然とした苦い経験があります。

今回は、コロンブスの卵の様なものなので、特許庁のHPで案件を検索すると良く似たものが成立していることが分かりました。しかし、内容は内と外で発想が逆と言うか必ずしも同じでない。また、成立特許は特定の物を対象としていますが、私の考えたものは応用範囲が広く物を特定していません。

手っ取り早く特許申請するには、弁理士にお願いすればよいのでしょうが、今あるものは頭の中にアイデアがあるだけです。

そこで質問ですが、
1.同じ原理を使っていても方法が違う場合は、別の特許して成立しますか?
 (上述の>>内容は内と外で発想が逆と・・・・)
2.弁理士に相談するにはどんな準備をすればよいのか?
3.成立特許を見ていると課題を細分化して同様なものが複数存在します。
 基本特許と言う言葉を聞いたことがありますが、ベースすになるアイデアを
 取って、応用部分を申請しないと、別に申請されて仕舞うのでしょうか?
4.数が多くなると弁理士費用も高額になる様に思うのですがどうでしょうか?
5.特許の取り方を詳しく説明したHPはありませんか?(特許庁を除く)

色々と質問して申し訳ありませんが宜しくお願いします。

今日の帰りの通勤電車で閃いてしまいました。特許が成立すると国内だけでも年間億単位(主要国まで取れば兆単位も夢ではない)が使われるだろうと皮算よをしています。

以前、円盤型の薄型モーターを閃いたのですが、特許を取らずに数年過ぎた後に、NHK特集を見ていたら同じもので特許を取った中小企業社長さんが照会されていて、年間数億円の特許料を受け取っていると聴き唖然とした苦い経験があります。

今回は、コロンブスの卵の様なものなので、特許庁のHPで案件を検索すると良く似たものが成立し...続きを読む

Aベストアンサー

既存の特許発明と同じ原理を使っている発明ということで言えば、
あとは、前の方のおっしゃるとおりで、発明としての進歩性があるかないかです。
その応用分野の置ける知識を目いっぱい持った人(想像)を基準に、
その人が簡単に考えつきそうな事だとダメってことになります。

基本的に弁理士は特許関係の法律家なので、まれには弁理士の得意な分野に
ピンポイントでアドバイスがもらえる場合もあるかもしれませんが、
発明として完成していない発明の卵をもっていってもダメです。
つまるところは弁理士に持っていく前に発明を完成させてください。
そして、その分野の人に説明できる程度にしてください。

特許発明は技術的な思想ですので、
その思想に基づいてあらたな発想を得ることは往々にしてあります。
ということで、特許発明のさらなる発展型が特許される場合もあります。
この場合、基本的な発明を利用する形であれば、
基本発明の利用ということで、利用発明の特許権者も自由に実施することはできず、
実施には基本発明の特許権者の許諾が必要になります。
しかし、基本発明の改良型が基本発明の一部しか実施しないものならば、
基本発明の特許権の効力は及びません。

一つの出願には「出願料」「出願審査料」「特許登録料」がかかります。
出願料は1つの出願で一定ですが、「出願審査料」「特許登録料」は
出願中の「特許請求の範囲」の項目の数に依存して増えます。
増え方は基本料+α*項目数っていう形なので、
1つの出願でできる範囲は多くした方がちょっと安上がりですが・・
発明の範囲として「単一性」を満たさないといけないので、限界があります。

特許の取り方を説明したHPは参考URLにのせておきます。

参考URL:http://www2s.biglobe.ne.jp/~alhad/hom-pt-f.htm

既存の特許発明と同じ原理を使っている発明ということで言えば、
あとは、前の方のおっしゃるとおりで、発明としての進歩性があるかないかです。
その応用分野の置ける知識を目いっぱい持った人(想像)を基準に、
その人が簡単に考えつきそうな事だとダメってことになります。

基本的に弁理士は特許関係の法律家なので、まれには弁理士の得意な分野に
ピンポイントでアドバイスがもらえる場合もあるかもしれませんが、
発明として完成していない発明の卵をもっていってもダメです。
つまるところは弁理...続きを読む

Q特許の審査未請求って?

ある特許を調べていた所、既にある人が出願しており、その後公開となっておりました。しかし、審査について未請求と書いてあります。これって特許として審査していないから特許じゃないってことですか?出願から3年以内に審査を請求=未請求の場合みなし取り下げと特許庁のウェブにものっていますがどういう意味ですか?詳しい人教えてください。

Aベストアンサー

基本的な部分の説明が抜けているようですので補足しますが、公開公報は原則として出願から1年半経過後に発行されます。現行法における審査請求期限は3年ですから、審査請求の期限が来る前に公開公報を作成しなければならないんです。従って、No.2の方が仰る通り、公開公報作成時点では審査請求されていないという出願はたくさんあります。公開公報の情報は鵜呑みにしない方がいいです。

さらに言えば、審査請求期限が3年になったのは平成13年10月1日の出願からであり、それ以前の出願については、審査請求期限は7年です。つまり、7年前の今日から平成13年9月30日までの出願については、まだ審査請求期限になっていないんです。

なお、審査請求されていないからと言って先行技術として無効というわけではなく、公開されて文献公知になっていれば、同一発明又は容易に想到し得た発明は特許されません。

質問文から推測するとttoru01さんはご自分で特許出願をするために先願調査をされているようにも取れるのでついでに言うと、現時点では文献公知になっていなくても、まだ出願から1年半経っていないから公開されていないというものだってありますし、さらには、国内優先権主張出願ができる期間を経過後に実施例の追加等を含めた補正をしたいような状況になった場合には、その出願については審査請求をせずに、実施例の追加を伴った分割出願をし、まだ公開されていないので検索でヒットしないというような場合だって、可能性として考えられないことではありません。(そういう出願が認められるか否かはまた別問題ですので、誤解のなきように。)

加えて、特許出願はされていなくても、文献に発表されていたり商品として販売されていたりすれば、特許にはなりません。

何が言いたいのかというと、先願調査を完璧に行うことは誰にもできないということです。特許明細書を含めた文献で類似発明が見つからなかったとしても、絶対に特許になるとは言えないんです。もしもそんなことを言う人がいたら、疑ってかかってください。

基本的な部分の説明が抜けているようですので補足しますが、公開公報は原則として出願から1年半経過後に発行されます。現行法における審査請求期限は3年ですから、審査請求の期限が来る前に公開公報を作成しなければならないんです。従って、No.2の方が仰る通り、公開公報作成時点では審査請求されていないという出願はたくさんあります。公開公報の情報は鵜呑みにしない方がいいです。

さらに言えば、審査請求期限が3年になったのは平成13年10月1日の出願からであり、それ以前の出願については、審査...続きを読む

Q失われた10年  とは

 
 『 失われた10年 』

とは、いつの時代を指し、何が原因で、どこにどういう影響を与え、どのような対策がとられ、どのような形で今と関係しているのでしょうか?


経済の知識などが無い無知にもわかるようにご説明願います。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

主にバブル以降の長引く不景気を言います。
バブル崩壊後日本経済の失速を受け、政府は景気対策を行い数年で持ち直すと考えられていたが効果が得られなかった。景気低迷が続いたためこれまで以上に税投入や国債発行を行い大規模な景気刺激策を行う。その回もあって1996年景気はやや持ち直しはじめる。景気好転を楽観視し始める日本政府並びに日銀であったが、翌年、ヘッジファンドの売り浴びせを切っ掛けに始まったアジア通貨危機が起こった事や消費税増税などダブルパンチで日本経済はまたもや失速し始める。その後中国などの急速な経済発展、産業の発展などの影響が顕著に表れ始めるとより日本経済はデフレに陥るなど更なる問題がより日本経済を深刻化させた。
失われた10年とはバブル崩壊後10年たった辺りから「失われた10年」などと言われていましたが、15年経って「失われた15年」などの言い方をする人もいたが、10年の方がゴロがいいのでそちらがよく使われる。また、2000年以降はいざなぎ景気を抜くプラス成長であり現在景気は回復しているとして15年を否定する声もありそちらの影響の方が大きいともいえる。

ここ5年世界経済はこれまでにない未曾有の好景気で、その流れに乗れている企業は業績も好調である。一方で主に内需形(日本国内を対象とした商売)の企業は、消費者物価があいかわらずである事から低迷した状態が続いている。世界は未曾有の好景気、一方日本国内は不景気 ともいえる状況から日本経済の迷走は続いているといったことろでしょうか。

主にバブル以降の長引く不景気を言います。
バブル崩壊後日本経済の失速を受け、政府は景気対策を行い数年で持ち直すと考えられていたが効果が得られなかった。景気低迷が続いたためこれまで以上に税投入や国債発行を行い大規模な景気刺激策を行う。その回もあって1996年景気はやや持ち直しはじめる。景気好転を楽観視し始める日本政府並びに日銀であったが、翌年、ヘッジファンドの売り浴びせを切っ掛けに始まったアジア通貨危機が起こった事や消費税増税などダブルパンチで日本経済はまたもや失速し始める。そ...続きを読む

Q特許戦略とは何でしょうか?

特許戦略という言葉が使われている記事を目にする事がよくあります。たとえば、インターネットで検索すると、次のように多くのサイトが「特許戦略」というキーワードにヒットします。

http://www.google.com/search?q=%93%C1%8B%96%90%ED%97%AA&num=30&hl=ja&btnG=google%2B%8C%9F%8D%F5&lr=lang_ja

しかし、特許戦略とは何なのかが不明確です。たとえば、どのような項目に関して、どのような観点で定めたものが特許戦略と言えるのでしょうか? 単なる特許出願の件数計画では特許戦略とは言えないと思います。戦略というからには、戦う相手を想定しているのだと思いますので、戦う相手に関する対処の方針も、特許戦略には含んでいなければならないと思います。特許戦略というものを理論的に説明していただきたいと思います。

Aベストアンサー

今までの経済活動の推移を歴史的に見ていくと
- 農耕の時代
- 工業化の時代
- ハイテク化の時代
- 知識産業の時代
という風に分けられると思います。(これには、異論のある方もいらっしゃると思いますが、)

それぞれの時代のKSF(Key Success Factor)を大雑把に見ていくと、
- 農耕の時代→土地と農奴の確保
- 工業化の時代→資本・機械・単純作業をする労働力の確保
- ハイテク化の時代→資本と、練度の高い開発力を持った労働力の確保
という風に変ってきました。

すなわち、労働力はより高度に、機械も単純なものから、ミクロ・ナノレベルの仕事が出来るような高度なものに変ってきました。

これに伴い、われわれの生活の質も向上し、賃金も高くなってきたわけですが、これに伴い、先進国は通常の工業のハイテク化では発展途上国と価格面で競争が無理になってきました。
そこで出てきた考え方が、

- 知識集約産業の時代

です。つまり、この背景には、「通常の生産では、アジアのトラと呼ばれる各国や、発展途上国には到底太刀打ちできない。先進国が、彼らより有利に立てるのは、われわれが今まで蓄積してきた知識である。」という考えがあります。しかし、知識によって糧を得ようとすると、それを必要とする人にその知識を使ってもらい、その対価をもらわなければいけません。
それを可能とするのが、特許です。

特許を得るためには、有用性・新規性・非自明性・特許適格性が満たされていなければなりません。
上記の言葉を言い換えると、役に立ち、新しく、当然のことではなく、倫理的に間違っていないことです。

これらの条件を満たしていて、今までは「世のためになるのなら」と対価も取らずに公開していたものを(例、トヨタのカンバン方式)、特許で保護することにより、使いたい人にはどんどん使ってもらいますけれど、対価(ロー槍ティー)もしっかり払ってくださいね、という姿勢を、国なり会社の方針で取っていけば、これが特許戦略の始まりになります。
そして、この動きが強まれば、当然特許出願件数は上昇します。

ですから、特許出願件数の上昇は、特許戦略が機能しているかいないかを判断するバロメーターになります。


また、戦う相手は、狭義には、そのような特許を持たない国や企業であり、広義には、同じような技術の開発にしのぎを削っている競合企業になります。

蛇足で、例を一つあげますと、
日本の甲社とアメリカのA社が、エイズの薬の開発を行っていたとします。薬は、効く部分がいろいろあって複雑なのですが、仮に両社ともまったく同じところに効く薬の開発を狙っていたとします。
甲社もA社も、この薬が開発できれば、特許をとって自分の手かあるいは、他社を通じて世界中で販売することを考えています。
しかし、仮にA社が甲社より1日早く薬の開発に成功して、この薬で特許を取ってしまえば、甲社はそれまでにつぎ込んだ開発費が全て無駄になります。
この場合、A社は特許戦略で甲社に勝利したことになります。

また、特許の戦略ということで話を複雑にすれば、薬の開発を取ってみれば、
- ターゲットの特定(どこに効くかという情報)に関する特許(ゲノム特許などはこれに含まれます。)
- 薬の構造式に関する特許
- 薬の効き方に関する特許
- 薬の製造法に関する特許
- 錠剤の製造法に関する特許
など、いくつもの特許が絡んできますので、各社はそれぞれの強み弱みを勘案しながら、どこで特許を取るか考えなければなりません。

今までの経済活動の推移を歴史的に見ていくと
- 農耕の時代
- 工業化の時代
- ハイテク化の時代
- 知識産業の時代
という風に分けられると思います。(これには、異論のある方もいらっしゃると思いますが、)

それぞれの時代のKSF(Key Success Factor)を大雑把に見ていくと、
- 農耕の時代→土地と農奴の確保
- 工業化の時代→資本・機械・単純作業をする労働力の確保
- ハイテク化の時代→資本と、練度の高い開発力を持った労働力の確保
という風に変ってきました。

すなわち、労働力はより高...続きを読む

Q共役or非共役の見分け方

有機化学や高分子化学の勉強をしているのですが、どういうものが共役で、どういうものが非共役のものなのか、いまいち確信をもって見分けることができません。
なんとなく電子がぐるぐる動いていて、二重結合の位置が常に変わっている(共鳴している?)もののことを共役系と言っている気はするのですが、具体的にどんな形をしたものとか、どんな構造が含まれていたら共鳴していると言うのかがよくわからないでいます。
非常に基礎的なところでつまずいてしまい、なかなか先に進めなくて困っていますので、ぜひご回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

共役しているものの代表は、1,3-ブタジエン
H2C=CH-CH=CH2
(単結合と二重結合が交互に存在)です。
二重結合をしている炭素では、隣り合う炭素の上下に伸びているp軌道同士がくっついています(sp2混成軌道はご存じですか?参考URLの図のC1とC2、C3とC4の青い軌道はくっついて1つになっています)。
通常、単結合をしている炭素(sp3混成軌道)には上下に伸びているp軌道はありません。
ところが、共役をしていると、左から2番目のp軌道と3番目のp軌道が近接しているために、単結合であるにも関わらずp軌道同士がくっついてしまって、あたかも二重結合を形成しているかのようになってるんです。
このようにして、炭素4つのp軌道が全部くっついているので、電子は自由に行き来できるのです(非局在化と言います)。共役物質が安定なのはこのためです。

少し踏み込んだ説明をしましたが、わかって頂けましたでしょうか…?

参考URL:http://www.ci.noda.sut.ac.jp:1804/classroom/1998_6_18/Q&A6_18_4.html

共役しているものの代表は、1,3-ブタジエン
H2C=CH-CH=CH2
(単結合と二重結合が交互に存在)です。
二重結合をしている炭素では、隣り合う炭素の上下に伸びているp軌道同士がくっついています(sp2混成軌道はご存じですか?参考URLの図のC1とC2、C3とC4の青い軌道はくっついて1つになっています)。
通常、単結合をしている炭素(sp3混成軌道)には上下に伸びているp軌道はありません。
ところが、共役をしていると、左から2番目のp軌道と3番目のp軌道が近接しているために、単結合であるにも関わらずp軌道同...続きを読む

Q普通自動車の運転免許の正式名称

を教えてください。
履歴書になんてかけばいいかわかりません。

普通自動車第一種免許や第一種普通運転免許とかいわれていますが。

警察などの公式な場所に問い合わせてみた人がいましたら教えてください。

Aベストアンサー

抜粋です.「普通自動車免許」ですね.
「第一種運転免許」はありますが,「普通自動車第一種免許」や「第一種普通運転免許」とは言わないようです.第二種の場合は名称に入り,「普通自動車第二種免許」のように言うようです.

--------------------
道路交通法
第六章 自動車及び原動機付自転車の運転免許
第八十四条  自動車及び原動機付自転車(以下「自動車等」という。)を運転しようとする者は、公安委員会の運転免許(以下「免許」という。)を受けなければならない。
2  免許は、第一種運転免許(以下「第一種免許」という。)、第二種運転免許(以下「第二種免許」という。)及び仮運転免許(以下「仮免許」という。)に区分する。
3  第一種免許を分けて、大型自動車免許(以下「大型免許」という。)、普通自動車免許(以下「普通免許」という。)、大型特殊自動車免許(以下「大型特殊免許」という。)、大型自動二輪車免許(以下「大型二輪免許」という。)、普通自動二輪車免許(以下「普通二輪免許」という。)、小型特殊自動車免許(以下「小型特殊免許」という。)、原動機付自転車免許(以下「原付免許」という。)及び牽引免許の八種類とする。
4  第二種免許を分けて、大型自動車第二種免許(以下「大型第二種免許」という。)、普通自動車第二種免許(以下「普通第二種免許」という。)、大型特殊自動車第二種免許(以下「大型特殊第二種免許」という。)及び牽引第二種免許の四種類とする

参考URL:http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX_OPT=2&H_NAME=&H_NAME_YOMI=%82%c6&H_NO_GENGO=H&H_NO_YEAR=&H_NO_TYPE=2&H_

抜粋です.「普通自動車免許」ですね.
「第一種運転免許」はありますが,「普通自動車第一種免許」や「第一種普通運転免許」とは言わないようです.第二種の場合は名称に入り,「普通自動車第二種免許」のように言うようです.

--------------------
道路交通法
第六章 自動車及び原動機付自転車の運転免許
第八十四条  自動車及び原動機付自転車(以下「自動車等」という。)を運転しようとする者は、公安委員会の運転免許(以下「免許」という。)を受けなければならない。
2  免許は、第一種運...続きを読む

Q専攻テーマって…?

就活中の大学3年生です。興味を持っている企業のHPのエントリー欄に、所属ゼミと専攻テーマを記載する欄があります。この専攻テーマとは卒論のテーマと捉えてよいのでしょうか?また、私はゼミには所属していますが卒論のテーマはまだ決まっていません。その際「未定」と記入しても良いものなのでしょうか?もし他にもふさわしい記入の仕方などがありましたら教えてください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「未定」と書くのはちょっと印象が悪そうです。
既にゼミに入っているわけですから、
何もかも未定というわけではなくて、自分の専攻について少しはイメージを持っていらっしゃいますよね?
分かっているところまでで良いので、何か書いておいたほうが良いと思います。

たとえば、質問者様が日本文学部に所属していて、平安時代のゼミに属してるもののどの作品をテーマに卒論を書くか決めていない、という状態だとしたら、
「専攻:平安時代の日本文学について」
くらいまでは書けますよね?
頑張ってください。

Q質量パーセントと重量パーセント

質量パーセントと重量パーセントの単位はそれぞれ違うのでしょうか?
mass% wt%というのがありますが、それでしょうか?
また、このmass%とwt%の違いも教えていただけませんか?

Aベストアンサー

質量パーセント濃度と重量パーセント濃度は同じで、mass%とwt%も同じことを表わします。
でも、混ぜて使ってはいけません。
「質量」とmass%を使うほうが望ましいと思います。

Q特許権使用料はいくらですか?

知的財産権について勉強をしているのですが、特許権使用料は、だいたいいくらかかるのでしょうか。法律で定められているのでしょうか。
また、特許を取得した人には、特許権使用料がそのまま入ってくるのですか。
教えて下さい。

Aベストアンサー

こんにちは。
特許使用料は使用者と特許権を持っている人で話し合って決めるものです。
法律等で決まっているものではありません。
だいたい売り上げの5%とか特許によって相場はあるみたいですが、
あくまでお互いで決めるものです。
したがって、1万円で使える特許もあれば、何億払っても使わせてもらえない場合もあります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報