教えて!goo限定 1000名様に電子コミック1000円分が当たる!!

maison de ~ 
の 読み方 はメゾン・ド?メゾン・デ?
どちらでしょうか?


それとも後ろの~によって「デ」になったり「ド」になったり変わりますか?

検索したらデとドもどちらもあります。
お手数ですがわからず困っていますので宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

maison de=メゾン・ドゥ



maison du=メゾン・デュ
 (du=de+le deの後に男性名詞がくる)

maison de la=メゾン・ドゥ・ラ
 (deの後に女性名詞がくる)

maison des=メゾン・デ
 (des=de+les deの後に複数形の名詞がくる場合)

になります。
フランス語を勉強してる方ですか?
なにか店とか探してるんですか?
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/07/23 19:05

デゥやデになるのは、それが付く名詞の性に依存するのはル、レなど冠詞類に共通していますね。


というか人称変化の問題ですね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/07/23 19:05

ドあるいはドゥ


de は前置詞で,定冠詞 les と一緒になれば des となり,発音はデ
定冠詞 le と一緒になれば du となり,発音はデュ
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/07/23 19:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「なんとか de なんとか」 の de って何ですか?

よく製品名とかに「なんとか de なんとか」というような名前のものがありますが、
その de とはいったい何なのでしょうか?
(”ネットdeナビ”とか”声de入力”とか)

ご存知の方お教えください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

フランス語の「ど」ももちろんそうなんですが、
No.7の方がおっしゃるように、スペイン語、ポルトガル語でもdeと書きます。
ラテン系のコトバは似ているのです。

読み方は、

フランス語=ドゥ
スペイン語=デ

ポルトガル語=「ジ」または「ヂ」
  ↑
これはブラジル読みです。ポルトガルのポルトガル語は分かりませんが、読んだ話ではデとドゥの間ぐらいだそうです。
私はブラジル発音しか聞いたことないので何とも。


意味は皆さんおっしゃるとおり、「~の」

たとえば昔「オルケスタ・デ・ラ・ルス」(これはスペイン語です)という日本人のサルサバンドがありましたが(あれっ、またやってるんだ!カルロス菅野さんはいないようだがhttp://laluz.jp/)

ORQUESTA DE LA LUZ(オルケスタ・デ・ラ・ルス) 

ORQUESTA  オーケストラ、楽団
DE  ~の
LA LUZ  光

⇒光のオーケストラ、光の楽団

というイミでした。

スペインにある地名、「プエルタ・デル・ソル」「コスタ・デル・ソル」なんかも、de+el=delになっていますが、deを用いた「太陽の門」「太陽の海岸」という意味です。

有名な「うどんですかい」「そばですかい」は、空のうどん、空のそば、と引っ掛けてるんですね(笑)

参考URL:http://www.jtb.co.jp/kyushu/cpn/sky/

フランス語の「ど」ももちろんそうなんですが、
No.7の方がおっしゃるように、スペイン語、ポルトガル語でもdeと書きます。
ラテン系のコトバは似ているのです。

読み方は、

フランス語=ドゥ
スペイン語=デ

ポルトガル語=「ジ」または「ヂ」
  ↑
これはブラジル読みです。ポルトガルのポルトガル語は分かりませんが、読んだ話ではデとドゥの間ぐらいだそうです。
私はブラジル発音しか聞いたことないので何とも。


意味は皆さんおっしゃるとおり、「~の」

たとえば昔「オルケスタ・...続きを読む

Q日本のフランス語のDEの読みについて

フランス語習ってから非常に気にかかるのですが日本ではどうしてDEをドと書いて公の文章(教科書やフランス語関連を除きますが)としてしまう傾向があるのでしょうかね?例ツールドフランス、サロンドカフェ
スペインやポルトガル語でもないのになぜかたくなにドにとういつしてるのでしょうかね。なぜ有識者とされる人間は指摘無しなんでしょうかね?お願いします。

Aベストアンサー

 私も多少気にはなっていました。
 けれども少し考えて、"de"を「ド」と書けば、同じ位置で使われる"du"と区別しやすいからかな、と勝手に納得しましたが。
 あと、内閣告示「外来語の表記」で第1表(一般的に用いる仮名)中に「ドゥ」が含まれていないこととも無関係ではないような気がします。マスコミ関係は、政府が提示した目安になるべく従おうとする傾向がありますので。

参考URL:http://www.bunka.go.jp/kokugo/main.asp?fl=show&id=1000001777&clc=1000000068&cmc=1000003933&cli=1000001613&cmi=1000001770

Qフランス語でmaison de ~

フランス語でmaison de ~
「メゾン ド なになに」とかいうマンションなどがありますが
フランス語でmaionのあとにはdeを入れるのが正しいのでしょうか?
maisonなになにという文はおかしいでしょうか?
正式にはどちらが正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

マンション名ほどおかしな外国語があふれているものはありませんがそれはさておき、

後ろに来るのが名詞なら基本 de を置きます。「~の家」ということです。

maison de campane「別荘<田舎の家」
la Maison des Bourbons (de+les > des)「ブルボン家」

de がないのは多くは後ろが形容詞

maison blanche「白い家」 la Maison-Blanche は「ホワイトハウス」
maison prefabriquee「プレハブ住宅」

まれに後ろが名詞のことも

maison mere「本店<母の家」本店と支店を親子関係に例えている

----------------------------

形容詞か名詞かで de の有無が決まりますが、マンション名などそんなことはおかまいなしに付けるので de があったりなかったりします。

Qフランス語 Leの発音

こんにちわ。フランス語の発音でひとつお伺いしたいのですが、「Le」は「ラ」と発音するのでしょうか?というのも旅行ガイドブックで見たレストランの名前が「ラ・ビストロ」だったのに、実際行ってみたら現地の人が「ル・ビストロ」と発音しているのを耳にしたからです。些細なことなのですが、ちょっと気になります。教えていただけると嬉しい・・。

Aベストアンサー

Leは「ル」です。
質問者さんの耳が正しいです。
la ×××・・・と書いてあるなら「ラ」ですが。

ビストロだったら「ル」なのですね。。
http://fr.wikipedia.org/wiki/Wikip%C3%A9dia:Le_Bistro

ガイドブックの内容には、たまに(よく?)間違いがあります。

カタカナにしたらどうってことないんですが、フランス語としては、些細なことではないんですけどね(^^;
ラテン系の言語は男性名詞・女性名詞というのがあって、それぞれ冠詞が違うんです。
ドイツ語も男性・女性・中性があるそうですが。

私はフランス語はほとんど分かりませんが、姉妹言語のスペイン語が少し分かるもので。
スペイン語も単語によってlaとか何とか区別があるんです。

全部読むとややこしいかもしれませんが、最初の説明だけでも参考になるかも。
   ↓

参考URL:http://www4.ocn.ne.jp/~ysato/gramm1.htm

Qかわいい響きのフランス語

現在、自宅の一室を利用してネイルサロンを開業する準備をしています。
お店の名前をずーーーっと考えていて、フランス語などでかわいい響きの言葉がいいな、という希望はあるものの、私の知識では煮詰まりません。
まずはお店の名前を使ってブログの開設をしたいのですが、停滞状態で困っています。

お店のコンセプトは、隠れ家的なお部屋で普段の生活に映えるような飾り過ぎないネイルをご提案していきたいな、と思っております。

店名のイメージとしては、安っぽくなく、ふんわりとした感じがいいのですが・・・
あと、すぐに覚えていただけるように短い言葉(1~2単語程度)がいいな、と思っております。

知っている単語をならべてみたり、辞書で調べてみるものの、いまひとつピンときません。

どうか、お力添えしていただけないでしょうか。。。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。No.4、8です。メールを見るのが遅れ、お返事が遅くなり申訳ありません。

<(2)チャラチャラした感じではなく、日常生活の一部分としてネイルを考え、派手すぎない大人の可愛さを出すようなアートを提案したいと思っています。L'Allureはとても気に入っているのですが、その点では少し、イメージと外れてしまうのかな・・・?と。。。>

そうですね、L’Allureは「気品」と言う感じで少し冷たい感じがしますね。ちなみに、世田谷で「お花とマナーサロンを開いている友人」が、この言葉を提示したところ気に入ってサロンに使っているのです(Allure一語だけではなく一部に取り入れています)。

雰囲気からですと、「明るく、柔かな、落ち着いた」という感じでしょうか、、、

Au Soleil(オ・ソレイユ)「太陽に向かって」
Le Coin Ensoleile(ル・コワン・アンソレイエ)「日だまり」
Le Jardin Secret(ル・ジャルダン・セクレ)「秘密の園」
Le Jardin Ensoleile(ル・ジャルダン・アンソレイエ)「日だまりの庭」
Le Jardin Du Reve(ル・ジャルダン・デュ・レーヴ)「夢の庭」
Le Tournesol(ル・トゥルヌソル)「ひまわり」
Le Relais Du Soleil(ル・ルレ・デュ・ソレイユ)「太陽の小宿」
Le Sourire(ル・スリーr)「微笑み」
l’Aube(ローブ)「夜明け」
Le Point Du Jour(ル・ポワン・デュ・ジューr)「同上」
Le Petit Jour(ル・プティ・ジューr)「同上」
La Reve Des Papillons(ラ・レーヴ・デ・パピヨン)「蝶の夢」
La Reve Ravissant(ラ・レーヴ・ラヴィッサン)「魅惑的な夢」
La Reve Illusoire(ラ・レーヴ・イリュゾワーr)「幻惑的な夢」
La Belle Du Jour(ラ・ベル・デュ・ジューr)「昼顔」
Bonne Journee(ボンヌ・ジュルネ)「よい一日を」
Bonne Chance(ボンヌ・シャンス)「幸運を」
Les Amoureuses(レザムルーズ)「恋人達」
La Douceur(ラ・ドゥサー)「やさしさ」
Doucement(ドゥースモン)「やさしく」

などなど、イメージから想像すればきりがありません。
少しでもご参考になれば幸いです。

こんにちは。No.4、8です。メールを見るのが遅れ、お返事が遅くなり申訳ありません。

<(2)チャラチャラした感じではなく、日常生活の一部分としてネイルを考え、派手すぎない大人の可愛さを出すようなアートを提案したいと思っています。L'Allureはとても気に入っているのですが、その点では少し、イメージと外れてしまうのかな・・・?と。。。>

そうですね、L’Allureは「気品」と言う感じで少し冷たい感じがしますね。ちなみに、世田谷で「お花とマナーサロンを開いている友人」が、この言葉を提示した...続きを読む

Q*フランス語など「お花」に関するかわいい響きありませんか?*

お花に関する意味でフレンチなかわいい響きの単語はありませんか?
他、フランス語に限らず、日本語でも英語でもいいので
お花に関する、簡単でかわいらしい響きの言葉を探しています。

ちょっと名前を付けるのに参考にさせて頂きたいので、
どうかよろしくお願いします。
(読み方とつづりもお願いします♪)

Aベストアンサー

『花』に関係した言葉を、辞書で引くと、

La fleur 花(フルール)
La Flore 花の女神フローラ(フロール)
floral  花の (フローラル)
fleurette 小さい花(フルーレット)
fleuron  小さい花(フルーロン)
freuriste 花屋(フルーリスト)
fleurage  花(古語)(フルラージュ)
fleurir(e) 開花する、花が咲く(フルーリール)
fleuri(e)  花の咲いた(フルーリ)

発音は、カタカナでは表しずらいですね。

ちょっと気になったのですが、No.4の方。
dans le Jardin (庭の中)
dentdelion(たんぽぽ)これは、英語。フランス語では、pissenlit(ピッサンリ)と言いますが、子供のおねしょの意味もありますので、御注意下さい。

Qフランス語できれいな店の名前をつけたいのですが…

フランス語で店の名前をつけたいのですが、次の言葉をフランス語にするとどう書いてどう発音するのか教えてください、なかなか決まらず困ってます。きれいな名前で簡単なのがいいのですが、そのほか何かアドバイスがあればお願いします。
かっこいい生き方、勝利の女神、私のスタイル、私らしさ、女神の微笑、天使の祝福、バラのような女性、素敵な時間
その他、透明、かっこいい、素敵、女神、バラ(バラの名前でもいいです)などを使ったフレーズがあれば教えてください、美容関係の店です。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

k-k-m さん 

候補に入れて頂き感謝です 今、お一つのご提案

● Quatre fois Neuf (カトル・フォア・ナフ)

ながぁ~いと、お感じであれば真ん中foisを略し
Quatre-Neuf(カトル・ナフ)でも良いと思います

学校で習う掛け算の歌等に良く出てくる慣用句
quatre(数字の4)fois(掛けるとか、何回の回)
neuf(数字の9)で、4×9でその答えは36です

何をあほなことをとお感じになるのはもっともです

此処から本題でして、女性は一生に何回生れると
お思いでしょうか、そうですお答えは、4回ですね

一は、そうおぎゃぁ~と命を授かる
二は、12歳前後に少女から乙女に
三は、愛する人とご結婚で妻に変身
して、最後はお子様を生んで母親と

この4回を意味するのか、quatre fois です
そうしてneufは数字の9と同時に同音異義で
新しいとか新鮮なと形容詞でもあうことから
フランス語36との数字は4回新しいことを
つまり、新しいの意味を、強調しています

人生の節目節目でより美しくなる新しい自分を
見つけるお手伝いを、この美容でとの想いです
考え過ぎかな、でもでも女性は幾つでも美しく

k-k-m さん 

候補に入れて頂き感謝です 今、お一つのご提案

● Quatre fois Neuf (カトル・フォア・ナフ)

ながぁ~いと、お感じであれば真ん中foisを略し
Quatre-Neuf(カトル・ナフ)でも良いと思います

学校で習う掛け算の歌等に良く出てくる慣用句
quatre(数字の4)fois(掛けるとか、何回の回)
neuf(数字の9)で、4×9でその答えは36です

何をあほなことをとお感じになるのはもっともです

此処から本題でして、女性は一生に何回生れると
お思いでしょうか、そうですお答えは...続きを読む

Q次のフランス語の文章中の「d'」の意味を教えてください

フランス語の初級者で、NHKラジオ講座で勉強中の者です。

Qelle est la population de la Colombie?(コロンビアの人口はどれくらいですか?)
という問いかけに対して、
Sa population est d'environ 48 millions d'habitants.(その人口は、およそ4800万人です。)
と答える文章に出会いました。
1. d'environの 「d'」は、品詞は何で、どういう意味ですか? また、これは、無くても良いような気がしますが、なぜ、必要なのでしょうか?
2.d'habitantsの 「d'」は、品詞は何で、どういう意味ですか? また、これは、なぜ、必要なのでしょうか? もし無いと、どうなりますか? 文の中で、どういう働きをしているのでしょうか?

フランス語にお詳しい方、ご教示かた、どうぞよろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

1. d'environ の de
ここでは、補語(属詞)ですね。
「人口」が「およそ4800万」という数字であるはずはないので、形容詞的にする必要があります。
英語で言えば、of +抽象名詞で形容詞扱いにするのと同じです。
類例を挙げておきましょう。
Sa capacité est de 565 millions m³, la superficie est de 14,2 km², et son hauteur est de 726 mètres.
「体積は...、表面積は...、高さは...」
La température est de 20 degrés.
「気温は20度」


たとえば、考えてはどうでしょう。
le voyage de 14 jours 14日の旅行

これを主語と補語(属詞)に分離すると、
le voyage est de 14 jours. 旅行は14日だ

de が出てきますね。



同じように、
population de 27 mille habitons 2万7千人の人口
La population est de 27 mille habitons 人口は2万7千人だ。

ね、de が必要でしょ?


数字以外ではこういうのもあります。
Le ciel est de couleur bleue.
「空は青い色をしている」


英語や日本語では出てこないし、「無くても良いような気が」するかもしれませんが、フランス語では必要です。



2.d'habitants の de
これはくだくだ説明するより、million 以上の桁を表す数字の特殊性によると思って下さい。
million, milliard などは de を挟んで名詞が来るのです。
deus millions de francs 200万フラン
un million d'hommes 100万人
un milliard d'euros 10億ユーロ

1. d'environ の de
ここでは、補語(属詞)ですね。
「人口」が「およそ4800万」という数字であるはずはないので、形容詞的にする必要があります。
英語で言えば、of +抽象名詞で形容詞扱いにするのと同じです。
類例を挙げておきましょう。
Sa capacité est de 565 millions m³, la superficie est de 14,2 km², et son hauteur est de 726 mètres.
「体積は...、表面積は...、高さは...」
La température est de 20 degrés.
「気温は20度」


たとえば、考えてはどうでしょう。
le voyage de 14 jou...続きを読む

Q目処(めど)と目途(もくと)

目処と目途の使い分けについて教えてください。
送り仮名に違いがありますか。
PC辞書で「めど」の変換を探すと目途が入っているのもありますね。
これは明らかに誤用ですよね。

Aベストアンサー

めどはやまと言葉ではないでしょうか。もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。

広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく
不親切です。朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。

解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、
ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です)

Qイタリア語の「デ」とフランス語の「ド」は英語で何というのですか。

自転車のロードレースが大好きなのですが,自転車のロードレースにはグランツールと呼ばれる,ジロ・デ・イタリア(6月),ツール・ド・フランス(7月),ヴェルタ・エスパーニャ(9月)があります。

(1)ここのジローのイタリア語での「デ de」とツールのフランス語での「ド de」は英語では何となるのですか。

(2)ジロとヴェルタの意味ももしわかりましたなら。

Aベストアンサー

De は直訳すれば英語のOFになります。後に地名が来ることが多いですね。

イタリア語のジーロ(Giro)は「周遊、一周」

スペイン語のブエルタ(Vuelta)は一巡、散歩、ドライブなどの意味があります。自転車のロードレースは各国の主要な地域を一巡する形で行なわれるので各国語で似た様なネーミングになっています。フランス語のツール(Tour)も同じ意味です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング