今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

昨年末、ある外構業者にフェンスや駐車スペースの施工を依頼しました。工事終了後、業者が発行した請求書にしたがって昨年の12月中に施工代金の支払いを完了しましたが、先日、業者から工事代金の追加の請求書が届きました。送られてきた請求書には、追加請求にいたった経緯の説明や謝りの言葉等は記載されておりませんでした。代金を支払ってから7ヶ月余り経過した段階でのこのような追加の請求に対して、追加代金を支払う義務はあるのでしょうか。

A 回答 (3件)

>今後、業者は同じように何度でも請求でき、こちらはそれにしたがって払い続けなければならないように思えました



そうではなく、当初の契約がどうであったかによって決まります。
例えば、100万円の請負契約で、業者が、うっかりして80万円の請求書を発行し、発注者が80万円支払ったからと云って、全部を支払ったことになりません。時効の期間内(3年)ならば残りを支払う必要があります。
それは請求の有無にかかわらずです。
発注者の支払義務は、業者の請求に左右されません。
    • good
    • 2

内容が、明らかに請求漏れの内容であるかどうかです。


明らかに請求漏れで、もともと支払い義務のある内容でしたら当然にまだ時効になっていませんので、業者に請求する権利も、あなたに支払いの義務もあります。
支払いが遅くなった分、金利を得しただけです。

「追加請求にいたった経緯の説明や謝りの言葉等」は法律上の要件ではありませんので記載されてなくてもまったく問題はありませんが、感情的には、書いてあったほうが親切ですし常識的な営業的対応であるとは事実ですね。言ったって事務的な請求ですが、請求内容に異議が無いのでしたらお支払いするしかありません。
法律的には、請求が遅いことは支払拒絶の要件とはなりえませんので。

この回答への補足

何の説明も無く追加請求ができるのであれば、(言葉は適切ではないかもしれませんが、)今後、業者は同じように何度でも請求でき、こちらはそれにしたがって払い続けなければならないように思えましたので、このような請求の仕方がありえるのか確認したかった次第です。

補足日時:2005/08/03 00:54
    • good
    • 0

 こんばんは。



 普通に考えて、その業者に電話してなぜ今頃請求するのか聞けばいいのではないでしょうか。
 私なら、説明に納得すれば払うし、納得しなければ払いません。
 払わない場合、払わないことによって相手がなにか言ってきても反論します。

 義務があるかどうかは、裁判によってしか決定できないでしょう。

この回答への補足

業者に電話にて話を聞いたところ、「当初の請求額に誤りがあった。計算に誤りがあったので、不足分を支払って欲しい」ということでした。こちらとしては、当初の請求書通りに全額支払っていますし、7ヶ月も経過していますので、すんなり受け入れられません。一般的にこのような請求が問題ないのかどうかが不明でしたので、その辺りが確認できればと思い投稿した次第です。

補足日時:2005/08/03 01:06
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q建築会社の見積りミスで追加費用を請求されました。

この度、実家で新築を建てることになったのですが

既に基礎工事が始まっている最中に突然、
生コン車に予想より多く費用がかかってしまったため
追加で25万円出してほしいと建築会社の担当さんに言われました。
もう、基礎も半分できあがっています。

もし、ここで出し渋って後々どこかで手を抜かれないか
心配なので素直に応じたほうが良いのか悩んでいます。

これは、建築会社の見積りミスだと思うのですが
どのように対処するのが適切でしょうか。

お知恵をお貸しください。。

Aベストアンサー

再びNo.1です。しつこくてすみません。
契約内容から変更したり追加する事になった場合、その増減金額が、契約内容と照らし合わせて妥当であるかどうかの精査をする事も、工事監理者の仕事です。金額が妥当かどうか、海千山千の建築会社の巧妙な計算方法にメスを入れての精査が、素人にできますか?
工事監理者の居ない工事は有り得ないですから、監理者に守ってもらって下さい。もし施工会社側の人が監理者になっていたら、施主の代理人を務める第三者に即入れ替えをしないといけませんよ。
これだけ建築トラブル続きの昨今に、何のために国が救済措置として、「第三者による工事監理」を法制化して呼びかけているか、無視する方が実に多すぎますね。
そういう方達は、自分で対策する事を選択したのでしょうが、実は自ら無防備な状態を選択しているのですよね。プロでも高度な業務なのに、そりゃ素人には無理ですよ。痛い目に遭ってる事すら気付かない人が殆ど。気付くよりは幸せかもしれませんが。
でもね、お金が大事なら、無駄に払わない対策を取るべきですよ。施工会社の言うなりになるよりか、1割でもコスト削減出来たほうが得でしょう?
施工会社に何かサービスしてもらって得することなど有り得ません。必ずそれでも儲かるように吹っかけて有ります。
第三者的立場の工事監理者がつくと、施工会社は「活かさず殺さず」の金額で仕事させられる羽目になります。
私は別に施工会社を敵視しているのではなく、私も建設会社でそのからくりの有能者でしたし優秀な後輩を沢山育てたからキッパリ言えるのです。

再びNo.1です。しつこくてすみません。
契約内容から変更したり追加する事になった場合、その増減金額が、契約内容と照らし合わせて妥当であるかどうかの精査をする事も、工事監理者の仕事です。金額が妥当かどうか、海千山千の建築会社の巧妙な計算方法にメスを入れての精査が、素人にできますか?
工事監理者の居ない工事は有り得ないですから、監理者に守ってもらって下さい。もし施工会社側の人が監理者になっていたら、施主の代理人を務める第三者に即入れ替えをしないといけませんよ。
これだけ建築トラ...続きを読む

Q見積も無いまま工事が終わり、払えない金額の請求がきて困っています

祖父の家の駐車場敷設に伴う土木・水道・伐採工事に関する質問です

自宅の敷地内(国道沿い)に大きなイチョウの木があり、その枝が道路側にはみ出ており電線にもあたっている為、伐採を工務店に依頼しました。
そして、イチョウを撤去するついでにイチョウの木を切り倒した所に駐車場を作ってくれと依頼したのですが、見積も出されないまま工事が終了し、祖父では払えない金額の請求書が昨日届いたのであわてて質問させて頂きます。

祖父の家の敷地は国道から約1.5Mほど高い位置にあり、今までは緩やかな斜面と植木で仕切られていました。それをイチョウと共に撤去し駐車場を作りました。(見たところアスファルトではなく砂利をひいてあるだけ)
イチョウを撤去するにあたり重機がはいるスペースが無いと言うことで物置小屋を解体し、母屋と井戸を結ぶ水道管が通っていたらしく水道工事(敷地内にある別の家※私の住まい※と母屋の水道管をつなぐ工事)
そして国道側と母屋の間の土留工事を行いました。

そして祖父も何度か見積を出してくれと要求したようなのですが、跡でまとめて出すからと依頼先の工務店に言われ、結局でないまま請求書が昨日きたとのことです。 (請求額約670万)
内訳(細かい金額は切り捨て切り上げしてあります)
   下水・給水工事         74万
   解体工事            60万
   立木伐採・処分         36万
   国道・歩道切り下げ許可申請   22万
   歩道切下げ工事         73万
   街路灯移設工事         25万
   ブロック土留工事        260万
   砕石舗装工事          64万
   アルミフェンス工事       19万

この場合金額の減免や工事自体のキャンセル(良い言葉が浮かばなくてすみません)は出来ますでしょうか。
急ぎでまとめたのでわかりづらく申し訳ありません。

祖父の家の駐車場敷設に伴う土木・水道・伐採工事に関する質問です

自宅の敷地内(国道沿い)に大きなイチョウの木があり、その枝が道路側にはみ出ており電線にもあたっている為、伐採を工務店に依頼しました。
そして、イチョウを撤去するついでにイチョウの木を切り倒した所に駐車場を作ってくれと依頼したのですが、見積も出されないまま工事が終了し、祖父では払えない金額の請求書が昨日届いたのであわてて質問させて頂きます。

祖父の家の敷地は国道から約1.5Mほど高い位置にあり、今までは緩やかな斜...続きを読む

Aベストアンサー

 契約書はどうなっていますか。
 面積などは分かりませんが、金額的には法外ということもないと思います。工事前の状態に復旧してもお金は返ってきません。タクシーで買い物に行き、帰りはバックで家まで帰ってもタクシー代は無しにはなりません。

 恐らく工務店との話し合いで解決できる内容ではないでしょう。消費者センターや無料法律相談に行ってみてください。お金を払わないためには「工務店が無断で工事した」ということにするしかないので、見積りがなくても契約書があれば不利になります。
 見積書を出さなかったからといって、契約はなかったことにはなりません。手順的に問題があることですが、非が全面的に工務店にあるとも言いがたいです。例えば、着工前に見積書を出さないとお金は払わないよ、と言えばその日のうちに見積もりは出てきたはずです。
 言った言わないの水掛け論に持ち込まれると折半ということも有り得ます。素人判断や親戚や友人に聞くなどのことはかえって悪い状況にななることもあるので、すぐさま法律を味方につけましょう。

Q振込で入金の商品の領収書は書くべき?

アパレル関係の商品取引をしております。
先日商品の代金を振込みにてお支払い頂いたお客様から、領収書の要求がありました。
今までは現金での取引ばかりでしたし、振込みの際は銀行の振込書にて領収書としていました。

今回は要求どおり当店の手書きの領収書をお出ししましたが、これってダブってる事にならないのですか?
噂でそのお客様はお金を滞納してるなどお金に関してだらしないと聞いたもので、税金などの対策に使われたりしないのかな?と思いまして質問しました。
もし大丈夫だとしても、当店に関しては何の損害もないのでしょうか?

又、今後同じケースがあった場合、領収は振込書にて替えさせて頂きますと主張するのはおかしな事なのでしょうか?あくまでも商品を売ったお店からの領収書は出す義務があるのでしょうか。

Aベストアンサー

銀行振り込みの場合、銀行の振込み控えが、税務上も正規の領収書となりますから、別途、領収書の発行は必要ありません。
ただ、取引先によっては、銀行の振込み金領収書とは別に、領収書の発行を希望する先もあります。
そのような場合は、断るわけにもいきませんから、次のようにして発行し、二重使用を防止します。

後日発行する領収書の、備考欄や摘要欄に「**月**日
**銀行に振り込み分」と記入します。
これで、二重使用は防げます。

また、不正に使用されても、相手先が勝手にやったことで、こちらには損害も、罰則もありません。

Q旅行後の旅行会社からの追徴金の請求について

タイトルについて質問させていただきます。

この夏、旅行会社を通じてツアーを申し込みました。
電話で申し込みを行い、後日郵送で料金と振込先、今後の予定が送られてきました。
提示された旅行代金を振り込み、旅行も問題なく終了しました。

後日(旅行後1ヶ月半ほどたってから)、その旅行会社より旅行代金の追徴金の請求が郵送されてきました。
内容は、当初提示した旅行代金が計算間違いであったため、追徴金が発生するとのこと。
最初に提示された代金を見たら、計算違いは事実でした。

私自身もしっかり確認していなかったのがいけないのですが、このような請求はよくあることなのでしょうか?
また、振込代金などはこちらが負担しなければいけないのでしょうか?
差額分を支払うことはわかるのですが、どうも納得がいかないというか、腑に落ちないと言うか・・。

初めての経験でびっくりしています。
今後の参考のためにもご存じの方がいらっしゃいましたら、教えてください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

再び#5です。

我々の監督団体である日本旅行業協会(以下、JATA)のHPにてトラブル事例を確認したところ、事例13に請求額の変更とあり、以下のように書かれています。

旅行会社が、消費者への請求間違いで差額を請求できるのは、単純な「うっかりミス」の場合だけです。これは、消費者がパンフレットや旅行条件書等で正当な料金を認識しており、単に請求段階での間違いを指します。この場合、旅行会社はミスについてきちんと謝罪したうえで、差額を請求できる権利があるのです。

支払いが不可避であるにしても、担当者に電話連絡して「JATAでは上記のように言っているが謝罪はないのか」というか(これだけでびびります)、あるいはJATAの消費者相談室に電話してみるのも手です。
電話番号:03-3592-1266
FAX番号:03-3592-1735

参考URL:http://www.jata-net.or.jp/

Q外溝工事の業者を訴えることができますでしょうか。

外溝工事の業者を訴えることができますでしょうか。
あるいは外溝工事費の値下げを要求できるでしょうか。

今年の秋に、新築一軒家の外溝工事をお願いしました。
何件か見積もりをし、塀・門柱・2台分のカーポート(風除けのパネル3段付き)・アスファルト舗装・カーポート部分のコンクリート舗装・裏庭のバーベキュースペース・LED照明、工事費などすべて込みで200万円でお願いしました。
この金額は何件か見積もりをした結果、まずまず安くしてもらったものです。
工事期間は約2週間とのことでした。

工事を正式にお願いする返事をした際、「工事日程の関係で早速明日から工事を始めたい」とのことで、契約書など一切記入せず、しかもローンで支払うと伝えていたのですがローンの申し込みもせずに口約束のみで次の日から工事が始まりました。

今回相談させていただきたいのは、このように始まった外溝工事なのですが2か月経った今でも外溝工事がまだ終わっていない、ということです。

工事を正式にお願いしてから、この外溝工事の担当者のいい加減さが特に目立ち始めました。
・約束した日に打ち合わせにこない(電話した所、わすれていたようです)
・約束した日に工事が入らない事10回以上(事前に連絡は一切こなく、すべて事後報告「昨日は○○だったので工事出来ませんでした」等)
・約束していた日に工事が出来ない理由が外溝工事会社都合によるものが多い(材料の発注ミス・作業員の手配ミス)
・持ってくる約束をしていたカタログや表札のレイアウト案などの書類を持ってこない(何度もお願いして、何度も「○日に持っていきます」と約束したのに持ってこない)
・表札のレイアウト案はお願いしてから半月以上経って持ってきた上、頼んだフォント・商品が違っていた。
・嘘をつく(もってこない書類について聞くと「あれ~?○日にポストへ入れてませんでしたか~?」ということ何度かあり。嘘ではなく本当にそう思っているのだろうか?)
・「○日に工事します」と言われ「その日は天気予報で天気が悪いみたいだが大丈夫なのか?」と聞くと「大丈夫です」と返事するが、結局その日は工事が出来ないという事が何度かあり。しかも連絡なし。バカにされてるのでしょうか)
・カーポートの取り付けが打ち合わせしていたのと違う(境界線から○センチ離す、というのが打ち合わせと全く違う距離だったという事と、カーポートを建てた結果二つの窓が開かなくなった。もちろん事前に説明は無し。)

まだ細かく言えば色々あるのですが、工事開始から1カ月半が経った時にさすがにしびれを切らし、担当者へ今までのクレームを言いましたが改善されませんでした。

工事開始から2カ月がたっていますがまだ工事が終わっておりません。
開かなくなった窓も大変不快に思っています。
こういう場合、何か法的に訴える、もしくは工事費の値下げを要求することができるのでしょうか。
契約書があればそれに基づいてしかるべき対応ができると思うのですが、契約書がありません。
ただのクレームというだけで処理されるのが納得いかないのです。

大変困っております。
ご回答よろしくお願いします。

外溝工事の業者を訴えることができますでしょうか。
あるいは外溝工事費の値下げを要求できるでしょうか。

今年の秋に、新築一軒家の外溝工事をお願いしました。
何件か見積もりをし、塀・門柱・2台分のカーポート(風除けのパネル3段付き)・アスファルト舗装・カーポート部分のコンクリート舗装・裏庭のバーベキュースペース・LED照明、工事費などすべて込みで200万円でお願いしました。
この金額は何件か見積もりをした結果、まずまず安くしてもらったものです。
工事期間は約2週間とのことでした。

工事を...続きを読む

Aベストアンサー

営業担当が経営者でないなら、まずは経営者に直接電話して「とにかく出て来い!」と、いうことです。あほな営業マンは、自分に不利になることも含めて、上に報告もしません。そいつですべて止まっちゃってます。だからそれを回避することからはじめましょう。

訴えるとか値下げ以前に、ちゃんと何時までに改修含め対応できるのかどうか、そこからでしょう。それがどうしても無理とかであれば、契約不履行で、弁護士に相談持っていくべき案件です。


人気Q&Aランキング