新規無料会員登録で1000名様に電子コミック1000円分が当たる!!

日本でなろうと思えば航空大学校に行くか自社養成などの方法が
あると思いますが、海外の航空会社のパイロットなどになる
方法はあるんでしょうか?

また日本人で外資のパイロットになるということは特異なことなんでしょうか?

日本でパイロットになるのも難しいと思いますがもっと難しいですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

確かに日本でパイロットになるには、航空大学や自社養成、最近できた東海大学飛行機操縦科などのコースがありますが、海外のパイロットとなると話は別です。

航空大学を出たからといって採用試験を受けれるわけではありません。欧米系の航空会社に限りアドバイスできますが、そのような会社は自社養成など行っておりませんし、航空大学のような国営の民間パイロット養成学校などはありません。なるルートとして多いのは、空軍にて訓練を積みその後引き抜かれると言ったコースや、自費で免許を取り、ある程度の飛行時間(相当だと聞いています)を稼いだ後にキャリヤ採用ということなにるそうです。いずれにしても日本のようにレールがきちんと引かれているわけではありません。なるにもかなりの難関であるが報酬は日本の航空会社ほど高くはない。
日本の航空会社で外国人パイロットが多いのは人件費が安いため、海外の会社のパイロットを引き抜いているのです。自社養成で育てるには数億円のお金がかかるため、即戦力にもなる外資系のパイロットをキャリヤ採用するのです。しかし、その逆はほとんどありません。理由は簡単で、日本の航空会社のほうが報酬がはるかにいいからです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

日本のパイロットの給料はいいんですね。
ということはヨーロッパ系の航空会社には日本人パイロットはいないんでしょうね。
CAはどうなんでしょう?何人かは乗っているように思うんですが・・・

お礼日時:2005/09/03 17:42

補足に回答します。


1外資系に日本人パイロットはいないのか?という質問ですが、いないわけではありません。なぜなら、アメリカで免許を取り、そのまま飛行時間を積んでいる方もおります。日本の航空会社からの転職はほとんどないと前回書きましたが、諸事情により外資系に転職される方も少なからずいます。会社とのトラブルと言うこともあるのでしょうが、一番の理由は身体検査です。日本の第一種航空身体検査は海外のものよりも基準が厳しいため日本で身体検査をクリアできなかった方の中には、外資系に転職される方もおります。しかし、それなりに外資系にパイプを持った方でないと難しいかもしれません。
2外資系には日本人CAがいる点については、多くの外資系は日本でもCAの定期採用しているため数多くの方が世界各国の航空会社でCAとして活躍されています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

CAは採用があるんですね。やはり海外でパイロットになるというのは大変なんですね。

お礼日時:2005/09/07 18:21

こんにちは、



 その国の言葉に不自由しないならば、どこの国の養成学校でも難易度は同じでしょう。特定の航空会社とは無関係の学校だって多々あります。
 
 むしろ、問題は一人前になるまでの費用かも知れません。航空大学等ならその心配は軽減されますが、外国の学校でその国の税金が投入されている学校に日本人を入れてくれるかはわかりません。

 日本の航空会社だって、外国人パイロットは多くいますので、その逆だって特異なこととは思いません。

 曖昧な答えですいません。ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

そうですね、日本の航空大学校も国籍は問わないとあったように思いますし。

お礼日時:2005/08/25 18:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q旅客機のパイロットについて

最近旅客機のパイロットになりたいと考えている旧帝国大学の薬学部に通う2年生です。最近、薬学の仕事よりもパイロットの仕事に少しずつ憧れを感じていて、将来は大学教授か、旅客機のパイロットになりたいと考えています。

そこで、大手航空会社の自社養成パイロットについてです。
(1)試験の身体検査がとても厳しいと聞いたのですが、試験合格のために、日頃からできる健康管理はどのようなことがありますか?(ちなみに眼鏡をかけていて、両目Dです。)
(2)心理適性検査とはどのようなテストなのでしょうか。
(3)パイロットになると年に一度、または半年に一度パイロット用の健康診断があると聞きました。やはり視力が悪いとパスできないのでしょうか。
(4)倍率が120倍を超えると言われていますが、筆記試験、面接、身体検査の3つの試験を比べると、どの試験で落とされる人が多く、どの試験で落とされる人が少ないのでしょうか。
(5)面接ではどのようなことを聞かれるのでしょうか。
(6)筆記試験の難易度は高いのでしょうか。(東大、慶応、早稲田出身の合格者が多いと聞いたので。)
(7)自社養成パイロット合格のための予備校があり、そこでは問題集を通信販売していたのですが、やはり問題集を完璧に勉強しても、予備校に入って講師の授業を聞かないと自社養成パイロット合格は厳しいのでしょうか。(自社養成パイロットは一度受験すると、二度とその会社を受験することができないので、一発合格したいのですが。)

どれか一つでも回答してもらえるとうれしいです。

最近旅客機のパイロットになりたいと考えている旧帝国大学の薬学部に通う2年生です。最近、薬学の仕事よりもパイロットの仕事に少しずつ憧れを感じていて、将来は大学教授か、旅客機のパイロットになりたいと考えています。

そこで、大手航空会社の自社養成パイロットについてです。
(1)試験の身体検査がとても厳しいと聞いたのですが、試験合格のために、日頃からできる健康管理はどのようなことがありますか?(ちなみに眼鏡をかけていて、両目Dです。)
(2)心理適性検査とはどのようなテストなので...続きを読む

Aベストアンサー

ちょうど一ヶ月前までANAの自社養成パイロットの試験を受けていました。
ちなみ私は二次応募で三次試験で落ちました。
ネタになるだろうと思っていただけなので、特にパイロットに憧れはありませんでした。

(1)視力の条項は現在は撤廃されました。しかし屈折率に制限がありますのでその点だけ注意(詳しい値は忘れました)

(2)ただのペーパーテストです。問題例は「誰かが私のことを妬んでいる」という質問に対してyes or noを書くだけで、普通に解いていればまず大丈夫

(3)先ほど述べましたように視力は関係ありません。しかし仰るとおり身体検査が半年に一回あります。勿論同時にシュミレータで技能の検査もあります。医者の資格は一生ものですがパイロットの資格は半年ごとに更新制です。両方をパスしないと一ヵ月後に再検査があります。これに落ちるともうパイロットとしてはいられないとか(?)

(4)私の受けた年(今年)を例にとりますとまず説明会に参加するために試験に通る必要があります。それに通過した人間がその時約300人ほど。
そしてその説明会で履歴書を提出してその場で英語の試験があります。これを通過した人が60人ほど(ここまでで1次試験)
その次が集団面接と心理テスト(2次試験)
これを通過した人は30人ほど
その次は羽田空港でシュミレータを使った模擬飛行訓練(3次試験)
これを通過した人は恐らく15人くらい(私は通過していないので予想)
その次は身体検査(4次試験)
これを通過した人は恐らく10人強
そしてようやく最終試験(5次試験)
英語で面接(英検2級程度らしい)+役員面接
最終合格は5~7人くらいかな?

私は西日本の二次選考に参加していました。恐らく同時期に東日本では10人強採用していたはず。トータルで50人採用だそうです。

(5)聞かれる内容は履歴書にそったごく普通のことです。
例:なぜパイロットになりたいのか?
  なぜANAなのか?
  学生時代頑張ったことは?などなど

(6)筆記試験はテストセンターというところで受ける単なるSPIです特に難しいわけではありません。旧帝の学生なら余裕です。
ちなみに私が三次選考でともにいた5人グループは阪大、大阪市大、金沢大、名古屋大、九州大でした。

(7)予備校なんて全く必要ありません。遊びで受けた私がいいとろまで残れましたし、第一そんな予備校に通っていた学生なんていませんでした。


少し細かく書きすぎましたw
これくらいでやめときます。
頑張ってください

ちょうど一ヶ月前までANAの自社養成パイロットの試験を受けていました。
ちなみ私は二次応募で三次試験で落ちました。
ネタになるだろうと思っていただけなので、特にパイロットに憧れはありませんでした。

(1)視力の条項は現在は撤廃されました。しかし屈折率に制限がありますのでその点だけ注意(詳しい値は忘れました)

(2)ただのペーパーテストです。問題例は「誰かが私のことを妬んでいる」という質問に対してyes or noを書くだけで、普通に解いていればまず大丈夫

(3)先ほど述べまし...続きを読む

Qパイロットはたばこを吸っちゃいけないの?

グッドラックで、いかりやさんがキムタクにタバコを勧めてたけど、すいませんでしたよね?
パイロットは吸っちゃダメなんですか?
どうしてですか?
また、他の職業でもありますか?
ご存知の方がいらっしゃったら、教えてください!!

Aベストアンサー

航空機材料の研究をしている者です.
参考URLに航空医学について詳しく出ています.
飛行機の中は飛行中に気圧が下がるので,「低酸素」と呼ばれる状態になり,
さまざまな障害(判断力の低下など)が起こりやすい環境になります.
喫煙は,そのような障害に対してとても有害なので,
自己管理の講習会などで禁煙を勧められるようです.

ただ,現実的には喫煙する人もいるようです.
国内の大手航空会社で,客席を全面禁煙にしてるところは,多分,操縦室も
禁煙になっていると思います.
しかし,喫煙者にとっては,長時間禁煙すると精神的に落ち着かなくなるので,
操縦室を禁煙にしていない会社もあるようです(詳しくは知りません).
タバコを合法的なものとしている以上,仕方ない面がありますね.

タバコが禁止されている職業っていうのは,多分ないと思います(全く自信なし).
「業務中の喫煙禁止」というのは,もちろんあるでしょうけどね.
実質的にタバコを吸う人がいない職業,というのはあります.
たとえば,調香師(香りのブレンダー)の人.化粧品の香料をブレンドする
仕事の人です.3流以下の人を除けば,多分,100%の人が喫煙しないと思います.

参考URL:http://www004.upp.so-net.ne.jp/ymita/sub275.htm

航空機材料の研究をしている者です.
参考URLに航空医学について詳しく出ています.
飛行機の中は飛行中に気圧が下がるので,「低酸素」と呼ばれる状態になり,
さまざまな障害(判断力の低下など)が起こりやすい環境になります.
喫煙は,そのような障害に対してとても有害なので,
自己管理の講習会などで禁煙を勧められるようです.

ただ,現実的には喫煙する人もいるようです.
国内の大手航空会社で,客席を全面禁煙にしてるところは,多分,操縦室も
禁煙になっていると思います.
しかし,喫煙...続きを読む

Q上智大と東京外大どちらがいいですか?

上智大外国語学部英語学科と東京外国語大学外国語学部英語学科に合格した場合、どちらに入学するか迷っています。どちらもいい点を持っているので、本当に悩んでいます。先輩方のご意見をお聞かせください。

Aベストアンサー

外国語学部というのは言語学を学ぶ場所ですが、言語(学)だけで就職できる職種は研究職、教職くらいのものですから、大半の卒業生にとっては、言語に加えてプラス・アルファに何が用意されているかがポイントになります。

上智の副専攻、外大では専修科目と呼ばれている物は、言語学以外の一般教養的な科目群であり、大学は幅広い講座を用意するわけです。それには人件費がかかりますから、予算が物をいいます。私学の外国語学部で日本最大の上智ですら、外大の3分の1しかありません。

また、4年次、大学院レベルでの研究には資料の豊富さも鍵を握りますが、私学より国立の設備のほうが何倍も充実しています。私学の図書館で国立に負けないのは慶応大学くらいです。うろ覚えですが、上智の蔵書数は東京外語の5分の1くらいでした。図書館の建物は大きいのですが、棚はスカスカ。

こと予算にかかわる件については、私学は国立にかないません。研究職に進む場合は大きな差が出ますので要注意です。

外大卒の人をみかけないという感覚の話が引き合いに出されていますが、私は海外勤務、出張を繰り返した経験を持っており、外国に行くと外大卒に多数出会います。ただ、今どき英語はどこでも習得できますから、英語圏以外にいくと外大卒に出会う確率が格段に高くなると申しておきましょう。

一般的な企業の入社試験では、外大+上智+ICUでグループ化して評価する会社が多いのでは?ブランドで採用する会社にとってはブランドが大切でしょうが、最近は大学名にこだわらない採用も増えていますし、やはり最後は個人レベルの実力でしょ。どこを選んだとしても自分を磨くよう心がけてください。

外国語学部出身者は概して細かい作業を正確にこなすイメージがあり、よく言えばまじめだが、行動や発想のダイナミックさに欠けるところがあるかもしれません。

外大入試の2次試験に英語しか科されていないという批判については、外大は国立ですから、まず文部省の政策に従わなくてはなりません。センター試験導入後、英語以外の得点で入学する学生が増え、英語力の低下が顕著になったので、2次試験で国語、世界史などの科目の得点比率を見直すようになり、最終的に英語を最重視するようになったという歴史的経緯があります。

学生の学力の推移と合わせて評価した場合、私は現状が間違っているとは思いません。独自に好きなことができる私学とは異なりますので、制度の表面だけを見た比較は誤解を招きます。

外国語学部というのは言語学を学ぶ場所ですが、言語(学)だけで就職できる職種は研究職、教職くらいのものですから、大半の卒業生にとっては、言語に加えてプラス・アルファに何が用意されているかがポイントになります。

上智の副専攻、外大では専修科目と呼ばれている物は、言語学以外の一般教養的な科目群であり、大学は幅広い講座を用意するわけです。それには人件費がかかりますから、予算が物をいいます。私学の外国語学部で日本最大の上智ですら、外大の3分の1しかありません。

また、4年次、大学院...続きを読む

Q航空大学校への受験勉強と大学の学部

民間パイロットになるには、大学2年以降に航空大学校に入学するのが一般的で、その場合、入試科目としては大学の学部は文系でも理系でも有利不利はほとんどない、というのは多くの方の質問と回答で知りました。
ただ、一つ気になったのは、航空大学校に入るための受験勉強ですが、理系の学部よりも文系の学部を選んだ方がその時間が取れそうに思うのですが、いかがでしょうか? 

Aベストアンサー

試験勉強の時間の確保という点ではそうかもしれません。

しかし、勉強というものは、より高いレベルになるとそれ以下のものがすごく簡単になるものです。少なくとも数学や物理など理系の専門の科目ではそうです。

航空大学校ということは、パイロットになることを目的としておりますから、色々な計算に長けていることは、将来にわたって有利ではないかと思います。また、パイロットになる時には、面接もあることでしょうから、履歴あるいは、いつ頃から希望していたかという観点からも、工学関連の大学にいってから進学するのが有利ではないかと思います。

できれば、航空工学とかいうような関連の学部に行ってておくのが有利な気がしますが如何でしょうか。このようなコースに行っておくと、万が一2年次に航空大学の受験に失敗しても、もう1年、航空工学を学ぶ事が、無駄なことではなく、関連の勉強をしてきたということで有利に働くことも期待できます。

Q国際線パイロットになるには?

こんにちは
エアラインパイロットを目指している高校生です。

単刀直入に質問を書くと、ANA、JAL系列以外の中堅(?)航空会社、(ソラシド航空やスカイマーク、Airdoなど(スカイマークはLCCなんでしょうか?))は基本的に国際線を飛ばしていませんが、こういった会社のパイロットになった場合一生国際線に乗務することは出来ないのでしょうか?

また、コードシェア便というものが調べてもよく分からないのですが、例えば自分が国内線しか飛ばしていない航空会社に操縦士として勤めていたとして、自分の航空会社が外国の航空会社とコードシェアをした場合、海外へのフライトは出来るのでしょうか?

乱雑な文章になってしまいましたが、回答お願いいたします。

Aベストアンサー

国内線専門の会社に就職した場合は、国際線を運航している会社に転職・転職しない限り、一生 国内線のパイロットです。
次にコードシェア便は、国内線専門会社が 例えばデルタ航空のアメリカ便のコードシェアしたとしても、運航はデルタ航空の機材・乗員で行われますので 国内会社のパイロットが操縦することはありません。(CAなら可能性はゼロではないですが)。
なお、操縦出来る機種については、訓練と試験合格により、小型機→中型機→大型機へとステップアップが出来ますが 国内線専門会社では 保有機材の関係もあり、現実としては困難です。
やはり、国際線パイロットになりたいなら 国際線を運航している会社に就職するしかありません。そのステップとしては、一般大卒後のパイロット要員として入社はもとより 航大卒後の入社 航自に入りパイロットになってからの転職(20年後?)などがあります。
高校生からのコースは 航大コース(相当難関です)と航空自衛隊コース(これも厳しく選抜されます)がメインです。もしくは飛行機操縦学校で操縦免許を取得というコースもありますが、自家用ならまだしも事業用免許を取得するには相当な金額(1000万以上?)がかかりますし、そちらを採用する会社は少ないです。

国内線専門の会社に就職した場合は、国際線を運航している会社に転職・転職しない限り、一生 国内線のパイロットです。
次にコードシェア便は、国内線専門会社が 例えばデルタ航空のアメリカ便のコードシェアしたとしても、運航はデルタ航空の機材・乗員で行われますので 国内会社のパイロットが操縦することはありません。(CAなら可能性はゼロではないですが)。
なお、操縦出来る機種については、訓練と試験合格により、小型機→中型機→大型機へとステップアップが出来ますが 国内線専門会社では 保有機...続きを読む


人気Q&Aランキング