以前入院中に何回か肝生検のため肝臓に針を刺す手術をした際、必ず直前に肩あたりに注射をされました。筋肉が弛緩するのか、精神的に作用するのか、なんかこう気分が穏やか~になって、どこからでもかかってきなさいという気分になるんです。あれは何という薬品なのか、ご存知の方はいませんか?
 知りたい理由は、例えば保険の効かない手術(近視治療など)を行う際に、医師に頼んでOKと判断されれば、患者からあれを使って下さいと頼むようなこともできるのかな?と思いまして・・・。そういうこともできるのかも含め、ご存知の方教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

それは、おそらくセルシンと云う薬剤か、セパゾンと云う薬剤の部類かと思いますよ。

これはそれぞれ神経系に作用する薬剤で”抗不安剤”です。通常手術等の処置の前は患者さんの不安は大きい物ですよね。そこで使われるのがこの種の薬剤です。この薬によって不安が除去され、麻酔がかかりやすくなり患者さんの負担が軽減されるのです。
筋注(筋肉注射)をしてまもなく、”頭がボーッと”してくると思いますが、それが正常です。
これは、病院内で処方する”麻薬”の部類には含まれませんが、神経に作用する薬剤ですので患者さんが以前から使っているのがカルテ等に記載されており、その件を担当医が理解しているようであれば、お話がありました通り、患者さん側から医師側へ”使ってほしい”と話があれば使えるものと思います。しかし、一日の投薬制限などがある薬剤の場合はその状態によって変わって来ます。私が受け持ちの患者さんに手術等を施行する前はその様な処置もありますよ。(外科医からでした。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

うわお、本当に専門のお医者様からのわかりやすい回答、ありがとうございました。お話の内容ですと、基本的には紹介などでカルテ内容が伝えられなければ、本人の言い分だけでは難しそうですね。事前に相談すべきでしょう・・・。そのためにも名前がわかって、大変助かりました。
(よけいなことですが、抗不安剤って、何回か経験しちゃうと、仕事なんかですっごいあがったり緊張するとき「あれがほしーい!」と思っちゃいますね(^^;))

お礼日時:2001/11/04 22:31

些少の補足のために書き込みます



レーシックなどの近視治療の場合、使用は難しいと思います。なぜならば、手術中一点を凝視している必要がある(それだけ患者さんにも集中力が要求される)のと、施行が短時間でその後すぐに移動や説明などを受けなければならないからです。
一般的には時間がかかるような検査や、手術前の『前投薬』として使われているものです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あ、そうなんですか。まさにレーシックについても使えないのかな、と思っていたのですが・・・。でも専門家の方っていうことは、やっぱり使えないんですね。私は胃カメラもダメだしとにかく緊張しやすいので、もしかしてと思ったんですけど・・・ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/04 22:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q悪性リンパ腫の疑いが強く、今度生検手術を受けるので

悪性リンパ腫の疑いが強く、今度生検手術を受けるのですが、手術してみたら実は違かったということは無いでしょうか?
望み薄いながらの、希望的な事です。
ご教示お願いいたします。

Aベストアンサー

十分悪性で無い事は有ります。
そのために、生研検査をするのです。
良性の腫瘍の可能性も良くありますよ。

Qセンチネル生検

乳がんの手術を受けるにあたって、センチネルリンパ節生検を受けますが、病院によって手術とは別の日に実施するところと、手術中に実施するところとあります。
術前だと、全摘となった場合手術を考え直すことができるのかなとか思います。どちらを選択すべきでしょうか?参考意見をお聞かせください。

Aベストアンサー

 すみません、質問の意味がよくわからないので自分なりの解釈をさせていただいた上で申し上げます。
 術前にセンチネルリンパ節生検をして、もし仮に転移があったとしても、全摘にするか、温存にするかはわかりません。
 術前に全摘と決定されるのはしこりが大きい場合、癌が広い範囲に広がっている場合です。手術して摘出したものを病理検査して、断端に癌が強く残っている場合は再手術(部分または全摘)を勧められる場合はあります。

Q乳がん:センチネル生検について

 センチネル生検について有用であるという説と現在はまだ検討の段階で、医者にこれを進められた場合は研究の対象として試行されるだけで有用とはいえないとする説がありますが、現在の乳がん治療においてセンチネル生検はどのような位置付けなのでしょうか?

 また、センチネルリンパ節はがん細胞がながれるのを見張り全身に流れていくのを押しとどめているとする防波堤説とうものがあるようですがこの考え方はどうでしょうか?
 
 どなたかご教授よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ご質問の回答にはならないのですが・・・・・
私は3月にセンチネルリンパ節生検で乳がんの手術をしました。医師は術後の後遺症が少ないという程度の薦めかたでした。
リンパを3つサンプリングして検査をしたところ手術の段階では転移は認められませんでした。しかし、その後のさらに詳しい検査で、微小転移が認められました。その数は、腫瘍に一番近いものが1番多く、腫瘍から遠くなるにつれてその数は減っていました。
この結果だけを見ると、見張り役であるとともに防波堤にもなっているような気もしますね。
医師ではないので、しっかりとしたお答えが出来なくてごめんなさい。
もし、乳がんで手術を悩んでいるようでしたら、センチネルは術後が楽です。翌々日にはドレーンも全部外れました。傷も短いです。後遺症もほとんどありません。
回答にならなくて・・・・本当にごめんなさい。

Q乳がんマンモトーム生検

かなり大きい腫瘤があり、マンモグラフィー、エコー、細胞診などを行いました。次にマンモトーム生検を薦められています。医者は悪性であっても細胞が散らばるようなことはないと説明してくれましたが、疑問をもってしまいます。いろいろなサイトで調べますと、マンモやエコーで確認できないような小さなものの確定診断に使うという説明が多いです。採取する部分もかなり多いようなので不安です。

Aベストアンサー

こんにちは。
この位の説明は医師からあったと思いますが、念のため。

http://home.catv.ne.jp/ff/uff/breast/bs013.html

その上で、ご心配の内容がよくつかめません。

>針をさしていじくる事で転移がひろがる、という心配
これは針を刺して、中身を吸い取る物ですので、通常そういう事はないです。

>針をいっぱい刺すので傷などが心配
参考URLのように、この検査の傷は非常に直りやすい物です。
何か所位やるのか判りませんが、10箇所近くもやらなければ、そんな目立つような事にはならないでしょう。

>針生検に比べて吸い取る量が多いので心配
確かに採取量が多い事がこの方法のメリットですから、多い事は間違えないのですが、一回で数CCも取るような事は不可能ですので、おっぱいがへこんでしまうような事はありません。

>針を刺すのが嫌いなので心配
普通、これをやる時は、参考URLにもあるように麻酔をしてやります。
局所麻酔で心配なら、前進麻酔や笑気ガスの適用を医師に相談してはいかがでしょう。

以上、ご質問の点がいまいちピント来ないので、思い付く限りの回答ですが。

こんにちは。
この位の説明は医師からあったと思いますが、念のため。

http://home.catv.ne.jp/ff/uff/breast/bs013.html

その上で、ご心配の内容がよくつかめません。

>針をさしていじくる事で転移がひろがる、という心配
これは針を刺して、中身を吸い取る物ですので、通常そういう事はないです。

>針をいっぱい刺すので傷などが心配
参考URLのように、この検査の傷は非常に直りやすい物です。
何か所位やるのか判りませんが、10箇所近くもやらなければ、そんな目立つような事にはならない...続きを読む

Qマンモトーム生検

マンモトーム生検がする場合、検査結果までどれぐらい日数がかかるものなんでしょうか。教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
この検査では、取った組織を薬品で処理してから水分をパラフィンなどの固形物質に置き換えて(これが結構時間がかかります)、薄く切ってスライドガラスに貼り付けてパラフィンなどを溶かして取り除き、色をつけて顕微鏡で見て判定する、という作業を行います。
大体、丸々2日程度の時間がこの作業だけで必要になります。

ほとんどの病院では、検査センターという所に外注に出してこれらの作業を行うと思うので、1週間で結果が来る、という事が多いでしょう。
緊急連絡を要するような結果が出た場合は、顕微鏡を見終わった時点でファックスなどで担当医に連絡が来るようになってます。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報