不定詞の用法で、形容詞的用法、副詞的用法、名詞的用法というのを習いました。
で、質問なんですが、I have to go. などのtoは何に分類されるのでしょうか?
want to は、~することを欲すると訳して名詞的用法になるはずですけど、
have to も同じように考えていいのでしょうか。それとも分類はこの3つの中には入らないのでしょうか。

ちなみにneed toもどれに分類されるのか教えてくれませんか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

中学生ですか?


私も、中学生のころ同じことを疑問に思いました。
結論からですが、have to do の to不定詞は名詞用法です。
この名詞的用法とか形容詞的用法とか副詞的用法とかは、日本語に訳したときどうなるかで区別するわけではなく、文全体においてどのような役割を果たしているかによります。

一般に、
名詞的用法とは、
動詞(あるいはそれに準ずるもの)の目的語になっている不定詞です。
中学生であれば、ちょっと難しい話になってしまいますが、haveは他動詞なので直後には目的語がこなくてはなりません。
例えば、
You have to be in the office by nine o'clock.
(あなたは9時までに会社にいなくてはならない)
I have to find another job.
(私は別の仕事を捜さねばならない)

need to も名詞的用法です。
上に文のhaveと置き換えてみてください。

形容詞的用法とは、
名詞(あるいは名詞相当語句)を修飾する不定詞です。
ですから、修飾される名詞がなくてはなりません。
たとえば、
Please give me something cold to drink.
という例文であれば、somethingが修飾される名詞相当語句です。

副詞的用法は、
結果、理由などをあらわし、文全体を修飾する不定詞です。
これは、たいてい to の前でいったん文がきれてもおかしくない場合です。

おおまかな見分け方としては(100%ではないけど)、
動詞の直後であれば、名詞的用法
名詞・名詞相当語句の直後であれば、形容詞用法
それ以外は、副詞用法
と考えてそれほど問題ないと思います。
もちろん余分な副詞とか形容詞とかの語は、省いてから考えてください。

一応、補足していきます。
目的語とは、動詞による動作の対象になる語
雑に言えば、~に、~を に相当する。
たとえば、
We have five English classes a week.
(英語の授業が週に5回ある。)
であれば、主語がhaveしている対象が five English classesであるわけです。
The little boy gave his friend a present.
であれば、主語がgiveする対象がhis friend であり、a presentであるわけです。

つぎに補語とは、主語あるいは目的語の様子・性質・状況などを表す語
たとえば、
This apple is very big.
であれば、bigが補語でこれは、主語の様子をあらわしています。
I call him John.
(私は、彼をジョンと呼んでいる。)
であれば、himは主語Iがcallする対象なのでcallの目的語
Johnはhimの名前なのでいわゆる性質に相当するので補語です。
Fall turned the leaves yellow.
(秋が葉を黄色く変えた。)
であれば、
the leavesは主語fallがturnする対象なのでturnの目的語
yellowはthe leavesの様子なので補語となるわけです。
これは、高校に入ってすぐに習います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。
また勉強してみます。

お礼日時:2001/11/07 09:21

have to~は形容詞的用法だと思いますよ。


私が作った例文で申し訳ないのですが、たとえば
I have many things to do.
=I have to do many things.
となるのですが、上の文を直訳すと
「私はするためのことがたくさんある」となり、下の文は
「私はたくさんのことをしなければならない(するべきだ)」となりますよね?
上の文が「~するための」となっていることにより、形容詞的用法だとわかります。

それから、need to~は名詞的用法です。
名詞的用法で使う表現として下記のものがあげられるのですが、これらがあれば、 to+動詞の原型 が名詞的用法だとわかる大事な語なので覚えておくと便利だと思います。(私はこれで乗り切りました (^-^ゞ)

like to~ (~するのが好きだ)
begin(start) to~ (~し始める)
want to(hope,wish) to~ (~したい)
need to~ (~するのが必要だ)
try to~ (~しようとする)

以上です。
頑張って下さいね。
    • good
    • 0

俺もまだ中3なんですが、have toは連語のようなものだと思います。


need toはの不定詞ではずです。中学校ではあんまり使いませんが。
はっきりした答えを書けなくてすいません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qingの名詞用法が動名詞、形容詞用法が現在分詞、副詞用法が分詞構文?

どなたかご教授ください。1.分詞構文は「分詞に導かれる副詞句」と言えるのでしょうか?形容詞句でもあるのですか。2.前の質問に関連して、ingの名詞用法が動名詞、形容詞用法が現在分詞、副詞用法が分詞構文と聞きましたがこれは正しいのでしょうか。※現在分詞に副詞として使われる場合があることは承知しています。

Aベストアンサー

分詞構文とは分詞が動詞としての役割と接続詞としての役割を兼ねる場合に言うようです。自分も「接続詞として」と言うと語弊がありますので補足します。
分詞構文では聞き手(読み手)にとっての新情報を扱うことができないとされます。分詞構文では接続詞、主語が省略されますが、これは前の文脈からその構文中の意味する内容が推測できる範囲内にあるから可能なのです。分詞は省略の標しと言っても強ち間違いではないはずです。
前に記述したことは、そういった理解を踏まえたうえでのことです。分詞が導く「副詞句である」という考え方で良いと思います。省略が想定される接続詞を見ても、形容詞句と考えたことは無いです。

動名詞と現在分詞は同じく「~ing」の形を取りますが、別のものです。

分詞という名は、「動詞と形容詞の2つの性質を分かち持っている」というというところから来ていると言われます。ですから「動詞的用法」と「形容詞的用法」があります。
進行形や受動態、完了形などに使われている分詞について「動詞的用法」と言います。
一方、 a sleeping childや an unexpected blowに使われているものを「形容詞的用法」と呼びます。特に形容詞として定着している単語は「分詞形容詞」と呼ばれます。上の2つの例は「分詞形容詞」と言った方が良いかもしれません。
最後の副詞的用法については・・・分詞が単独で副詞として用いられないので微妙ですが、それが導く句としては副詞的です。

分詞構文とは分詞が動詞としての役割と接続詞としての役割を兼ねる場合に言うようです。自分も「接続詞として」と言うと語弊がありますので補足します。
分詞構文では聞き手(読み手)にとっての新情報を扱うことができないとされます。分詞構文では接続詞、主語が省略されますが、これは前の文脈からその構文中の意味する内容が推測できる範囲内にあるから可能なのです。分詞は省略の標しと言っても強ち間違いではないはずです。
前に記述したことは、そういった理解を踏まえたうえでのことです。分詞が導く「...続きを読む

Qneed to not と need not have doneの違いを教えてください。need

need to not と need not have doneの違いを教えてください。

need to は〜する必要がある で、
その否定形がneed to not で
〜する必要がない、
であるのに、
その過去を意味するような
〜する必要はなかったのに
になると、need not have done となりtoが消えちゃうのですが、、どうしてなんでしょうか?

Aベストアンサー

まず、一般動詞としての need を使って need to do で「〜することが必要だ→〜する必要がある」
その否定は一般動詞なのだから don't need to do です。

それと別に助動詞としての need があり、基本肯定文では用いられず、
否定文では need not do となります。

一般動詞は肯定だろうが否定だろうが自由で、過去の否定は
didn't need to do です。
「〜する必要がなかった」で、普通は、だからしなかったことを示唆します。

一方、助動詞の場合、過去形はありませんが、need not have done という形があり、
これは「〜する必要がなかったのに(わざわざ)した」ことを示唆します。

これは should not have done で「〜すべきだった(のにしなかった)」と同じような、have done から自然に感じ取れる感覚です。

Q【英語】「want to go」と「want to go to」の違い。 例1: I want t

【英語】「want to go」と「want to go to」の違い。

例1:
I want to go AAA store.
私はAAAストアに行きたい。

例2:
I want to go to AAA store.
私はAAAストアに行きたい。

例1と例2の最後のtoの有無しの違いって何ですか?

Aベストアンサー

こちらで書くつもりでした。

先にこの前の質問の続き。

なくなったんじゃなく、逆です。

walks not がもともとです。
is not と同じ。

そのもとは当然、肯定の walks であり、
is です。

walks
is
肯定

否定は
walks not
is not

その後、一般動詞については疑問文・否定文では
do/does を使うようになって、
does not walk
I なら walk not が
I do not walk
と変わっていたのです。

does walk というのは疑問文・否定文を作る前の段階として
(あるいは強調として)考えるものです。

疑問文・否定文のために does を使うのであって、
肯定文で does walk が昔にあって、
今は walks などではありません。

わからなければいいです。

Qto不定詞名詞用法の動詞に過去形は使えますか

おはようございます。
to不定詞の名詞用法は一般に未来志向と言われていて、
動詞はbe動詞現在形やwould beが使われていますが、
例えば、
To solve the problem was easy.
(その問題を解決するのは簡単だった。)
とbe動詞の過去形を用いるのは間違いでしょうか?
私は問題ないと思ったのですが、
友人に文法的根拠を求められ困っています。
どなたか教えて下さい。

Aベストアンサー

to不定詞の名詞用法は一般に未来志向と言われていて、
動詞はbe動詞現在形やwould beが使われていますが、
例えば、
To solve the problem was easy.
(その問題を解決するのは簡単だった。)
とbe動詞の過去形を用いるのは間違いでしょうか?
私は問題ないと思ったのですが、
友人に文法的根拠を求められ困っています。
どなたか教えて下さい。

【回答】
何の問題もありません。
未来志向という考えは悪くありません。ただ、未来志向でも基準が現在か、過去か、ということになります。未来なのに、過去を基準にするなんておかしい、と思うかもしれませんが、英語では自然なことです


To solve the problem was easy.
不定詞の動詞の時制は、主節の動詞の影響を受けます。主節の動詞が was なので、不定詞の動詞の solve も同じ過去になります。その過去を基準として、その時に問題を解決しようとしているのだから、to 不定詞でいいわけです。未来形というのは、いつも今を基準にしているわけではありません。時制の一致という概念をつかんでください。

to不定詞の名詞用法は一般に未来志向と言われていて、
動詞はbe動詞現在形やwould beが使われていますが、
例えば、
To solve the problem was easy.
(その問題を解決するのは簡単だった。)
とbe動詞の過去形を用いるのは間違いでしょうか?
私は問題ないと思ったのですが、
友人に文法的根拠を求められ困っています。
どなたか教えて下さい。

【回答】
何の問題もありません。
未来志向という考えは悪くありません。ただ、未来志向でも基準が現在か、過去か、ということになります。未来なのに、...続きを読む

Q不定詞 形容詞的用法と副詞的用法 

不定詞の用法の区別についての質問です。
英語を教える仕事をしているのですが、不定詞の形容詞的用法と副詞的用法の区別の仕方を分かりやすく教えることができません。
文法に詳しい方がいれば教えていただきたいです。

(1) She has many pictures to show me.
 訳A(彼女は私に見せるための写真をたくさん持っている。)
 訳B(彼女は私に見せるために写真をたくさん持っている。)

(2) I need some money to buy the CD.
訳A(私はそのCDを買うためのお金が必要だ。)
 訳B(私はそのCDを買うためにお金が必要だ。)

この上の文は両方とも普通に考えれば訳Aの形容詞用法なんですが、訳し方によっては訳Bの副詞用法にも取れると思います。
この違いを分かりやすく説明したいのですが、何かいい方法ないでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

不定詞の形容詞的用法では修飾される名詞とあとに続く不定詞の間に以下の4通りの構造があります。
(1)主語関係
 ex.I have no friend to help me.
(2)目的語関係
 ex.I have a lot of things to do.
(3)前置詞の目的語
ex.I have a box to carry water in.
(4)その他の修飾関係
ex.I have no intention to do it.
(intend to doが隠れている)

以上の4つのうち多くは上の3つにあてはまります。(4)は慣用的なものや関係副詞が導く形容詞に相当するものがほとんどで、あまり多くありません。

ご質問の(1)はshowの直接目的語が不足しているので、(2)の目的語関係だといえます。なので形容詞的用法のAの訳以外に解釈の余地がないです。

(2)は形容詞的用法の(1)~(4)のどの解釈にも当てはまりませんから、訳Bの副詞的用法の解釈に定まります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報