こんにちわ。
知り合いからタイトルの件について聞かれて、「かなり難しいとは聞いたことがあるよ」と答え、一応調べてみると、それほど難しくないと書いてあったり、かなり難しいと書いてあったり様々なのでどなたか教えてください。

この友人は今、地方公務員として技術職で働いてます。ただ、公務員試験の時は、法律などの勉強は全くしていないそうで、そのため、今法律の勉強をしたいけれど何をしていいかわからず、行政書士を目指して勉強しようと考えているようです。
ほとんど毎日夜は10時以降まで仕事をしてるので、夜の専門学校などはとても通えないそうです。本人も、できれば独学で合格したいと思っているのですが、実際どのくらい難しいのでしょうか?

ちなみに、この友人は理系の修士卒(某旧帝大)で、文系科目はかなり苦手みたいですが、勉強したいと本人が望んでいるので勉強したらどうにかなるのではないかとも、思うのですが。合格率は低いようですが、独学でも合格するものでしょうか?また、もし独学の場合、まずはどういったものに手をつければよいのでしょうか?
どなたか、経験者の方教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

独学は十分可能だと思います。

ただ、法律を勉強する手段として行政書士を考えるなら、学校とか通信教育がいいかもしれないです。
 法律はある種のフレームワーク(あるいはスキーマ)のなかでかなり特殊な(つまり一般の感覚や自然法則的なものとはやや異なった)考え方をする学問だと思ってください。知識だけじゃなくて、考え方の枠組みそのものが特殊なのです。
 そこがクリアできれば、むしろ理系の人の方が法律が合うかもしれません。技術職であっても公務員というのは法律にのっとって行政に携わるわけですから、法律の知識はある程度はなければ本来はいけないのです。
 放送大学なんかも法律学入門としてお勧めできます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>技術職であっても公務員というのは法律にのっとって行政に携わるわけですから、法律の知識はある程度はなければ本来はいけないのです。

まさに今、その問題に直面しているようです。とりあえず、公務員試験には合格したものの、いざ仕事についてから、法に基づいて仕事をするということの重要性と、自分の無知さに危機感を感じてるみたいです。

>法律を勉強する手段として行政書士を考えるなら、学校とか通信教育がいいかもしれないです。

そうですね。みなさんの意見を伺うと、試験には合格するのかもと思いましたが、それだけではこの場合意味がないわけですから。
いかに、基本を押さえるかが大事ですよね。放送大学という手もあったんですね。

ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/14 15:15

 行政書士試験の内容は、


1) 大学一般教養レベルの民法
2) 憲法・行政法
3) その他の法律
4) 大学受験レベルの国語
5) その他一般常識
です。

 こういう出題ですので、大学受験をクリアされている方にとっては、それほど難しくないと思います。難易度の捉え方がまちまちなのは、受験者が多いため合格率は低くなることと、学歴や専攻分野に関係無く受験できるため受験者のレベルによって感じ方が違うことが理由だと思います。
 一般的には法律関連資格の入門、第1ステップとして取得する人が多いようです。ちなみに、行政書士の有資格者は、短大卒以上でなくても『社会保険労務士』の受験資格が得られます。さらに蛇足ですが、『税理士』に合格した人は、登録すれば行政書士を名乗ることができます。

 そんなわけで、来年10月の試験まで真面目に勉強すれば大丈夫だと思います。学校に通う時間は取れないとのことですが、自分で学習プランが立てられるなら通信教育を利用するのが良いのではないでしょうか。
 あと怖いのは、“油断”ですね。緊張感を持続させられれば良いのですが。

 なお、似たような質問がありましたので、以下ご参照ください。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=167025
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>一般的には法律関連資格の入門、第1ステップとして取得する人が多いようです。

そうらしいですね。法律を基本の基本から勉強したいようなのでちょうどいいかもしれません。通信教育は考えてないようなので、教えてあげようと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/14 14:57

こんばんは。


たしかに行政書士試験は書籍によって難易度がバラバラです。
社会保険労務士と同レベルや宅建と同レベルなど…。
私が行政書士を受験した感想は「あまり難しくない」でした。
「士業」の中でも1番難易度は低いです。
人それぞれで違うと思いますが勉強時間の目安として
はやい人なら1日3時間の勉強で3ヶ月。
おそい人でも1日3時間の勉強で1年で間に合うレベルだと思います。
旧帝大の修士卒でしたらすぐ合格できるレベルだと思いますよ(試験は1年に1回だが…)

勉強はやはり試験の核となる「憲法」「民法」「行政法」から勉強するのが良いと思います。問題はやはり「民法」ではないでしょうか?まず読むだけでもタイヘンです。1000条以上ありますしね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

>はやい人なら1日3時間の勉強で3ヶ月。

そんなに早く取れる人もいるんですね。具体的な数字を出して頂いて助かります。
試験はそれほど難しくなくても、勉強する範囲は山ほどありますね。

ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/14 14:50

とりあえず、出来るだけ問題数の多い過去問集(対策問題集は微妙に傾向が違うので1冊目としてはダメ)を買ってきて、どれくらい出来るか試してください。


行政書士試験は、難易度ははっきり言ってチョロイです。
でも、何しろ範囲の広さがすさまじいので、自分の勉強すべき範囲を見定めることが合格の第一歩なんです。
ちなみに、法令科目が出来ないのは、何とかなります。過去問の繰り返しだから。
過去問を仕上げたら、市販の対策問題集を解けば、独学でもOKでしょう。(ただし六法は専用のものを必ず買うように。市販の小型六法では範囲が合いません。大型六法は買ったら気が遠くなります。)
むしろ一般教養が出来ない方が問題で、範囲がとにかく広い上に過去問が繰り返されません。
レベル的には、公立高校入試レベル(特に漢字)をマスターすべし、という感じですが、これはご質問の友人さんなら、センター(共通一次?)体験者でしょうから、ひょっとしたら何にも対策が要らない位かもしれません。人によるので、まず過去問をご覧下さい。ネットも検索すれば山ほど情報があります(偶然ヒットしたのを下に書いときます。)。
ちなみに、合格率も一見低そう(最近は上がってますけど)ですが、試験場に行くと明らかに記念受験の人や、そもそも欠席の人がかなりいる(驚きますよ)ので、ビビらなくていいです。

参考URL:http://www1.odn.ne.jp/toppajuku/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

まずは、過去問集ということですね。

でも、難易度は高いと思っていたのですが、そうでもないんでしょうか?
合格率が低くても、記念受験が多いというのは公務員試験と同じですね。
といっても、やっぱり難しいのでは?と思ってしまいます。
少し、調べて一般教養があるということにちょっとびっくりしました。この友人は国語はかなりできないので、嫌がるかもしれません。法令は勉強したがってますが。とりあえず、教養もあるということと、独学でも大丈夫かもということを教えてあげたいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/13 14:01

 地方公務員の場合、行政事務経験が20年以上、高卒の場合は17年以上あれば、行政書士試験を受けなくても、資格を取得することが出来ます。

技術職ということですが、具体的な内容がわかりません。一般事務経験があるのでしたら、年数を確認してみて下さい。又、将来年数要件を満たすことが出来るかもしれません。

 その他、参考として下記URLを参照してみて下さい。

参考URL:http://www.aipweb.com/aip/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考URLありがとうございました。
あくまで、今法律の勉強をする手段としての資格取得だと思いますので、20年後に取得できても、勉強にはなりませんよね。ただ、公務員である彼にとって、行政書士の勉強が適切かどうかも私にはわからないんですけど、どうでしょうか?他にお勧めの資格があるでしょうか?

お礼日時:2001/11/13 13:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q行政書士試験 過去問 H13-10より

行政書士試験 過去問 H13-10より

2.供託官が供託金払戻請求を理由がないとして却下した行為は行政処分であり、これを不服とする場合の訴訟形式は行政事件訴訟の方法によるべきである。


「審査請求」はできないのでしょうか??

Aベストアンサー

出来ます(供託法第1条の4、供託官の処分を不当とする者は監督法務局又は地方法務局の長に審査請求が出来る。)


問題の意図は、民法上の契約でも、公権力の行使として行政処分になることがある、
弁済供託における供託金取戻請求に対する供託官の却下 は公権力の行使にあたる、
っていう最高裁判例を理解しているかを問う問題。

審査請求と行政事件訴訟のどちらかを選ぶかどうかは別の話。

Qマンション管理士の合格に秘訣又独学で取れるのでしょうか?

 マンション管理士の資格を取ろうと思います。
マンション管理士に合格された方、合格の秘訣はりますか?
当方は宅地建物取引主任者の資格は持っており、不動産業に従事しております。
宅建業法や建築基準法はある程度わかりますが、
どのような法律等を学ぶばよろしいのでしょうか。
また、専門の学校等に通わなければ、やはり難しいのでしょうか。
勉強の方法や良い参考書等なんでも結構です。
経験談を伝授いただければ幸いです。

Aベストアンサー

私はまったくの素人で、独学で合格しました。
翌年、宅健に合格しました。

すでに宅建をお持ちなら、範囲も共通の部分がありますし、それほど難しくないのでは。
宅建とレベルはそれほど変わらない、という印象です。
マン管も宅建も、合格ラインよりちょっとだけ上、という自己採点結果でした。

法令は、区分所有法、マンション管理適正化法、被災建物再建の特別措置法、建替えの円滑化法などがあったと思います。
民法、建築基準法、不動産登記法などは宅建と共通かと思います。

「マンション管理の知識」という、マンション管理センターの本を教科書にして、とにかく問題練習ばかりやりました。
管理業務主任者もついでに受けたので、そちらの方の本「管理業務主任者の知識」も結構参考になりました。

参考URL:http://www.mankan.org/

Q行政書士試験 過去問H14-20より

行政書士試験 過去問H14-20より

4.広域連合には構成団体の住民による直接請求の制度があるほか、長および議会議員の選出についても、住民の直接選挙が可能とされている。

この肢は正解となっています。
上記の「長および議会議員の選出」がわかりません。

通常なら他の市町村の長および議会議員の選出はできないが
同じ広域連合に含まれているならできる場合がある

ということでしょうか?

Aベストアンサー

他の市町村に口出しできるのではなく、

広域連合長と広域連合議会の議員をどうやって選出するかって話。
広域連合に参加している各市町村の長や議員とは別。
(実際は各市町村の長や議員が兼任しているのはほとんどだけど)

Q管理業務主任者試験の独学勉強法

管理業務主任者試験およびマンション管理士試験について
今年の合格を目標に独学で勉強をしたいと思っております。

そこで、過去に独学で合格された方に質問です。
テキスト及び問題集は何を使われましたか?

よろしくお願いします。

ちなみに、宅建はらくらくシリーズを使って取得しました。

Aベストアンサー

こんばんは。
平成19年度、管理業務主任者とマンション管理士を受験し、
管理業務主任者のみ合格したものです。
世間一般でよく使われているテキストは楽学マンション管理士
(住宅新報社)でしょうが、私はW受験したかったので、マンシ
ョン管理士と管理業務主任者両方対応している、『ひとりで学
べる!マンション管理士・管理業務主任者(実務教育出版)』を
選びました。ちなみに過去問も同じシリーズのやつを買いました。
なぜこのテキストを選んだかというと、私は分厚いやつは最後
まで読める気がしなかったので、薄くて要点がまとめてあるこ
の本にしました。また重要度ランクや覚えるところがわかりや
すいのも気に入りました。
この本を使って管理業務主任者とマンション管理士を受けた感
想は管理業務主任者には十分ですが、マンション管理士には少
し情報が足りないのかなということです。
しかし、今現在出されてるマンション管理士のテキストでもす
べてを網羅しているテキストはないと思うので、実際書店で立
ち読みをして自分にあったテキストを選ぶべきと思います。
個人的にはこのテキストを読んで、会計と建築基準方、設備の
ところを他のテキストや予想問題集で勉強すればよいと思います。
私も今年マンション管理士を再受験するのでお互い頑張りましょう!!

こんばんは。
平成19年度、管理業務主任者とマンション管理士を受験し、
管理業務主任者のみ合格したものです。
世間一般でよく使われているテキストは楽学マンション管理士
(住宅新報社)でしょうが、私はW受験したかったので、マンシ
ョン管理士と管理業務主任者両方対応している、『ひとりで学
べる!マンション管理士・管理業務主任者(実務教育出版)』を
選びました。ちなみに過去問も同じシリーズのやつを買いました。
なぜこのテキストを選んだかというと、私は分厚いやつは最後
まで読める気が...続きを読む

Q行政書士の過去問について

今月より行政書士に向けての勉強を始めました。勤めながらのため、通信制です。

学習にあたり先生は「単元を終わるごとに、分かっても分からなくても過去問を解いてください」と
おっしゃいました。初心者のため、問題に慣れるのもかねていると思います。

過去問で調べるとネット上でもかなり無料でアップされていることが分かりました。とてもありがたい
ことでした。が、これだとかなり気をつけないと自分の苦手どころをおさえるのが難しいかと考えま
した。その点「本」ですと、やはり書き込むので、何回解いただの、てこずるところなど、一目瞭然
かとも思いましたが、今度は何を買えば良いのかがさっぱりです。

合格された方、ネット、本、どちらがお勧めか、本の場合はどの本がお勧めか、教えて頂ければ
幸いです。希望としては、全部一冊で収録されているとありがたいです。たくさんあると、やりきる
ことが出来ず、かえって挫折しそうに思えるのです。

どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ANo.1です。
訂正回答です。

練習問題は提供されていないで、ミニテストが実施されているのですね。
それなら、そのミニテストを繰り返し何十回も解いてみてください。
その同じミニテストで高得点が何回解いても取れるようになったら、合格できると思います。
これさえしておけば、過去問題集をやる必要はあまりないと思います。

行政書士試験は過去問題の使い回しがまったくない試験だからです。

Qかなり勉強したのですが・・・

原付免許の学科試験に受からないかもしれないとマイナスなことばかり考えてしまいます。ゲンチャレも全部完璧にして問題集もやりました。ですが自信がつきません。どうすればいいでしょう?

Aベストアンサー

むしろ過剰な自信があったほうが怖いですよ。

設問は嫌らしいものもあります。
ちゃんと問題を読み解くことを念頭に、やれることをやっておきましょう。

全力で頑張ってください

Q行政書士 過去問 の 解説の意味がわかりません!(民法)

今年行書試験を受けるものです。
過去問で壁にぶつかりました。
すみませんが、解説いただけると助かります!!!

問題

Aの所有する甲土地につき、AがBに対して売却し、
Bは、その後10年にわたり占有を継続して現在に至っているが
Bが占有を開始してから5年が経過した時にAが甲土地をCに売却した場合に
BはCに対して登記をなくしては時効による所有権の取得を対抗する事ができない。


解説
妥当でない

時効完成前に、第三者が生じた場合、
その第三者は物件変動の「当事者」であるとして
時効取得者は登記なくしてその第三者に対抗できる。
(大判大 13.10.29 再判昭41.11.22)

よって、Bは登記をしなくてもCに対して時効による所有権の取得を
対抗できる。


◆疑問
登記がなくても売買契約が成立しているのに、
何故時効の話が出てくるのか がわかりません。

Aベストアンサー

民法第186条により
10年占有すればその物件はAのものになります。

参考になれば幸いです。

http://tokagekyo.7777.net/echo_t1/1605.html

参考URL:http://ja.wikibooks.org/wiki/民法第186条

Q1級ボイラー技師短期間で合格する勉強方法

1級ボイラーを短期間で合格する方法を教えて下さい。
12年前に2級ボイラーを取りました。
その時は、新星出版社の「二級ボイラー技師受験マニュアル」と
「過去問題集」を二ヶ月間かけ勉強して合格しました。
その直後、試しに1級の問題に挑戦してみたら、
難なく?合格点に達しました。

あれから12年、ほぼ忘れました。
時代と逆行しますが、1級ボイラーとろうと最近思うようになりました。
どなたか短期間に受かる勉強方法や本の名前など、
具体的に教えていただけませんか?

Aベストアンサー

同じく1級を目指している者です。

2級から時間が経った方には、オーム社の「1級ボイラー徹底研究」がお勧めのようです。

Q司法書士試験か司法試験か行政書士試験の過去問短答式で

あなたが正誤判定に納得のいかない選択肢ってありますか?

Aベストアンサー

No.1です。

>「間違いとは言えない選択肢でも、明らかに正解の選択肢があればそっちを優先する」

まさに!そんな感じです。

私は性格的に、意図がはっきりしない文章についイラッとしてしまい問題に集中できなくなるタイプなんですが。頑張ってあまり深く考えないようにしましたよ。多くの受験者が質問者様のように納得いかない問題もスルーして解いてると思います。そこに固執すると問題解けないですからね。「この問題おかしい!」と怒るよりは落ち着いて、出題者が導かせたい答えを探した方がいいです。

試験頑張ってくださいね!

Q法律系の勉強ができる資格は?

法律系の勉強に興味があります。
勉強といっても、司法試験に挑戦するわけではありません。
身近な法律について、少し勉強してみたいな、という気持ちが最近湧きまして・・
仕事にも役立ちそうな資格だと嬉しいです。(最近エンジニア→総合職へ異動になりました。
元々文系大卒なので、将来は文系の専門的な仕事がしたいです)

自分で調べたところ税理士の税法、行政書士、司法書士があるようです。
この中だと難易度的に行政書士ならとれそうだな、という印象でしたが・・
(独立開業するつもりはありません。)
これ以外にもっと基礎的なところから勉強できる資格ってありませんか?
難易度高いものでもかまいませんので、どんな資格があるか教えてくださると嬉しいです。

Aベストアンサー

> ビジネス法務でなく、法学検定4級→(3級)→行政書士という流れでも、
> 総務の仕事や知識はカバーできますでしょうか?
> やはりビジネス法務の内容のほうがベストマッチでしょうか。
> うちの会社は異動がけっこうあるので、総務に行く可能性もありまして・・
緊急性等が判断できないので難しいですが、総務と言う部署での仕事を考えれば、法学検定よりはビジネス実務の方が向いていますね。
ですので、次のような流れが良いと考えます。
○特に部署を定めずに法律系の知識を得て、配属後に知識を得るのであれば
 法学検定4級→(3級)→行政書士→必要と思われる資格
○総務部配属の可能性が高いのであれば
 ビジネス実務3級→ビジネス実務2級→行政書士や社会保険労務士などの公的資格
○法務部配属の可能性が高いのであれば
 法学検定4級→同3級(司法又は企業)→公的資格


人気Q&Aランキング