旅先で恋に落ちたくなる?思わぬ運命の恋に巡り合う映画

 現在、都内国立大学2年生です。法学部生ではないのですが、司法試験(あるいは法科大学院既習者試験)のために法律の勉強を始めようと思っています。ただ、金銭的な理由で予備校には行かず、独学でやろうと思っています。

 最初の勉強の流れとしては、
(1)まず導入として、Wセミナーの『3時間でわかる』シリーズ⇒伊藤真の『入門』シリーズを立ち読みして全体像をつかみ、
(2)その後、伊藤真の『試験対策講座』シリーズあるいはLECの『C-BOOK』シリーズを買い揃えて本格的な勉強を開始しようと思っています。

 そこで、皆さんに質問なのですが、『試験対策講座』と『C-BOOK』ではどちらを購入したら良いと思いますか?基本的には併用ではなく、片方に統一して勉強していきたいと思っています。既にネットでも調べてみたのですが、なかなか決定打が見つかりません。主観で結構なので、アドバイスをお願いします。
 しいて言えば、値段的に(本当にそれだけですが)『C-BOOK』が自分の中で一歩リードです(笑)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

シケタイの方が独学向きだと私は思います。

良くも悪くも「流れ」があるので。コンメンタール代わりに完択(完全整理択一六法)あたりもあれば便利かもしれません。

CBOOKは辞書的に使う方が良いのかな、と思います。個人的には無機質な構成が通読には向かないと感じました。論証や細かな学説は少なくとも1週目向きじゃない気がして・・・。もちろん人それぞれなので、CBOOKの方が良い、シケタイは説明が冗長とおっしゃる方もいらっしゃるでしょうから。
1つ申し上げたいのは、メインに使うテキストを多少の価格差でお決めにならない方が良いと思います。司法試験は資本試験と言われるぐらいですから、独学でもある程度相応のコストがかかるのは避けられないように思います。

蛇足ではありますが、独学だとどうしても効率悪くなりがちなので、1科目だけでも「ペースメーカーとして」予備校の講座を受講してみるのも良いかもしれません。通信講座であればヤフオクあたりに安く出ていたりしますし。

参考にならなくてすみません。
    • good
    • 1

おはようございます。


私はどちらも少しずつ使用しております。個人的な感想を述べさせていただきます。
C-bookは細かな知識まで記載されており辞書的な傾向が強いです。重要な条文の掲載もあります。また、長めの論証が豊富に載っていたりします。分量としては申し分ないと思います。ただ、重要な部分とそうでない部分の判断ができないと分量におしつぶされてしまいます。
試験対策講座は情報面ではややC-bookに劣るものの、説明が丁寧であり、また、情報が少ない分メリハリの効いた学習が可能になるように思います。
私は、独学を考えた場合、情報面より理解のしやすさのほうが重要だと思いますので試験対策講座をお勧めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。参考にさせていただきます。

お礼日時:2008/05/13 15:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q独学の司法試験の勉強法

資格カテに質問しようか迷ったのですが、こちらのほうが分かるかもと思い質問させていただきました。
思い立って3年後くらいを目標に司法試験を受けようと考えています(従来の試験制度が残ってるうちに)。
結婚する予定なので週に数日パートに出る以外は、勉強の時間があります(かなりあると思います)。法律の知識は、以前勤め先でモメた際に労基法をかじった程度です。法律の面白さが頭に残っていて、勉強してみたいなという思いがあります。
勉強法についてど素人なのですが、とっかかりとして向いていそうな本(参考書)があれば教えていただけたらと思います。

Aベストアンサー

まず、2007年の旧試験合格者数は300人(予定)の狭き門であり、翌年はさらに減りますから、投資を惜しんではならないことを忠告しておきます。

とっかかりとしては、司法試験予備校の出している本を使うのが常套的ですが、法律学の香気に触れたいということでしたら、次の本がお勧めです。
2と3は図書館で借りても良いでしょう。

1.憲法
芦部信喜「憲法」(岩波書店)
※高橋教授による補訂版が出ています。
 これは、かなり勉強が進んだ後になっても使えます。

2.民法
我妻栄「民法案内」(勁草書房)
※古い本ですが、未だに法曹界・学界に強い影響力を持つ我妻先生の著作ですから、読んで損はありません。
 民法の勉強の仕方から説き起こしています。

3.刑法
町野朔「プレップ刑法」(弘文堂)
※「テープもわいせつ物であるというなら、わい談の名手はわいせつ物となってしまうだろう」などの名文が楽しめます。

なお、商法・民訴法・刑訴法も、いい本がいっぱいありますが、司法試験の勉強としては、予備校本を使うのがもっとも効率が良いと思います。
ひととおり勉強したら、早めに過去問に当たって下さい。

まず、2007年の旧試験合格者数は300人(予定)の狭き門であり、翌年はさらに減りますから、投資を惜しんではならないことを忠告しておきます。

とっかかりとしては、司法試験予備校の出している本を使うのが常套的ですが、法律学の香気に触れたいということでしたら、次の本がお勧めです。
2と3は図書館で借りても良いでしょう。

1.憲法
芦部信喜「憲法」(岩波書店)
※高橋教授による補訂版が出ています。
 これは、かなり勉強が進んだ後になっても使えます。

2.民法
我妻栄「民法案内」(...続きを読む

Q伊藤真先生のシケタイとC-BOOKどちらがおすすめですか?

初学者なのですがネットでどちらかを落札したいと思っているのですがどちらが良いのか教えてください!皆さんの主観で結構です。お願いします。

Aベストアンサー

C-BOOKの方が読みやすいと思いますよ。

Q司法試験予備校(伊藤塾)の授業と市販のテキストとの差異

タイトル通りの質問ですが、
私は不本意ながらも明治大学法学部への合格を果たしました。
現時点でロースクールにむけて相当のディスアドバンテージをとっていることは十分に理解しています。

そこで早速法律について勉強しなければならないと思います。
2年生からダブルスクールをはじめる方が多数だと思いますが、
私は今から学びたいです。

調べた結果ですが、伊藤塾にしようと思います。
そこで質問ですが、伊藤塾の「基礎マスター」という講座についてなのですが、
これはおそらく「シケタイ」という市販テキストとほぼ同レベルだと思います。
そこで、お聞きしたいのですが、やはり授業を受けたほうが良いのでしょうか?
授業の有無がどんなにその後の学力に差をつけるのでしょうか?
できれば受講した方にお聞きしたいです。

私の家庭はかなり貧しく、できれば投資は避けたいのです。
止むを得ないことも考え準備はしていますが・・・。

Aベストアンサー

塾の通称シケタイ、WセミナーのLLM、c-book位を
一通りそろえ、主な基幹学者テキストを繰り返しマスターすれば
ローに行くのに、わざわざ塾とかには通学しなくともいいと思いますが・・・
lecのs講師あたりも似たようなことを言ってた様な気がします。
予備校本の後ろの論証を覚えるだけでも可のようなことを・・・

Q東京法務局訟務部って何者?

障害年金の行政裁判を本人訴訟で始めました

厚生労働省の社会保険審査会の「裁決書」と共に
不服の場合は・・・が意味不明(理解できず)

最初出した訴状が法務大臣あてで出して
内容が「裁決の取消訴訟」ともよめるが 「処分の取消訴訟」とも読めるものでした

その時点で2つの取消訴訟の違いが分からず
自分は裁決書に対する「取消訴訟」だから「裁決の取消訴訟」とその時点まで思っていました

書記官から裁判官が読んだ上で 何の訴訟かを明確にということで
10個ぐらいの行政訴訟からあなたの類型は何になりますか?との文書あり

悩んで悩んで厚生労働大臣あてで「処分の取消訴訟」にしました
無事受理されました 原処分主義ですね

今週第一回口頭弁論ですが
やっと 答弁書がきました

内容は1つ目の訴状と2つ目の訴状が同一内容で重複訴訟だといってきます
こちらは早速 裁判所が認めた「追加的併合申立事件」であり2つで1つと主張しました


1つ目の質問
同一内容で「追加的併合申立事件」と裁判所が認めた場合は重複訴訟に
ならないという理解でいいか


2つ目の質問
答弁書の主が東京法務局訟務部となっています
たしかに1回目の訴状は法務大臣あて しかし2回目の訴状は厚生労働大臣あて
準備書面は その後厚生労働大臣あて です
東京法務局訟務部って法務省管轄ですよね
これだと原処分主義から外れるのでは??


よろしくお願いいたします

障害年金の行政裁判を本人訴訟で始めました

厚生労働省の社会保険審査会の「裁決書」と共に
不服の場合は・・・が意味不明(理解できず)

最初出した訴状が法務大臣あてで出して
内容が「裁決の取消訴訟」ともよめるが 「処分の取消訴訟」とも読めるものでした

その時点で2つの取消訴訟の違いが分からず
自分は裁決書に対する「取消訴訟」だから「裁決の取消訴訟」とその時点まで思っていました

書記官から裁判官が読んだ上で 何の訴訟かを明確にということで
10個ぐらいの行政訴訟からあなたの類型は何に...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは、とりあえず私は 『素人』であることをご確認のうえ、お読みください。

訴状-1 では、行訴36条 無効確認と義務付け訴訟の併合提起という形(37条の三 1項二号)とみることができるとおもいます(原処分の無効確認及び義務付け訴訟)。
訴状-2 では、裁決取消の訴え と見ることができるかと思います。

質問1 重複訴訟にならないという理解でいいか
 重複訴訟であれば、職権で却下されます。却下されていないのであれば、大丈夫でしょう。
 とりあえず、訴状-1の「平成23年(厚)第●●●号の裁決書(甲第1号証)の裁決を不服とし提訴する。」というところがこの無効確認および義務付け訴訟の訴状としては不適当な文言で、「〇〇(原処分庁)の~との認定を不服」とするのが適当な文言かとおもわれます。訴状訂正申立書として、文言の訂正をするとよいかと思います。
 

質問2
 国に対する訴訟は法務大臣が当事者となり、訟務検事が訴訟を遂行します。
法務省:訟務制度の沿革
http://www.moj.go.jp/shoumu/shoumukouhou/kanbou_shomu_shomu02.html
 

こんにちは、とりあえず私は 『素人』であることをご確認のうえ、お読みください。

訴状-1 では、行訴36条 無効確認と義務付け訴訟の併合提起という形(37条の三 1項二号)とみることができるとおもいます(原処分の無効確認及び義務付け訴訟)。
訴状-2 では、裁決取消の訴え と見ることができるかと思います。

質問1 重複訴訟にならないという理解でいいか
 重複訴訟であれば、職権で却下されます。却下されていないのであれば、大丈夫でしょう。
 とりあえず、訴状-1の「平成23年(厚)第●●●...続きを読む


人気Q&Aランキング