Apple IDログイン機能メンテナンスのお知らせ

濃塩酸が12規定になるのはわかったのですが、なぜそうなるのか誰か詳しく教えてくださいませんか?

A 回答 (2件)

塩化水素を水に飽和させるとその濃度になるということです。



濃塩酸の密度は、1.19g/mlであり、そのHClの濃度は37%であると書かれています。
ということは、1リットルの濃塩酸に含まれるHClは、
1190x0.37=440 (g)ということになります。
HClの分子量は36.5ですので、その物質量は
440÷36.5=12.1 (mol)となり、計算上も12規定ということになります。

ただし、現実問題として、HClは常温で気体ですので(蛇足ですが、最近、別のカテゴリーで「常温で液体」と書かれていましたが、それは誤りです)、ある程度大気中に出て行ってしまっている可能性もありますので、正確ではありません。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

丁寧な解説ありがとうございます!
やっと理解することが出来ました。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2005/10/11 19:20

Wikipediaで調べると、


「市販の濃塩酸は塩化水素を飽和させた濃度、37重量% = 12(mol/L)の物が一般的である。」  とあります。
つまり、正確に12規定になる訳ではない(正確に何%の塩化水素が溶けているかで変化する)と言うことと、
飽和する付近が 12M 程度だと言うことでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。

お礼日時:2005/10/11 19:12

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています