排水中に含まれる鉄をフレームレス原子吸光を利用しての再現性の良い定量法と、同じく排水中に含まれるカドミウムをフレームレスで測定するのですが、マトリックスを無視した絶対検量線法を使用してもいいのか、内部標準法がいいのかそれともほかに良い方法があるのか、教えていただければと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

こんばんは


鉄の低濃度の分析を行いたいのですか?
実験室は(と言うか世の中全体的に)鉄に殆ど囲われている空間で、取り扱う実験者も鉄を体に一杯付着させています。そのような状態で低濃度の鉄を分析することは、分析機器の問題ではないと思います。どんなに注意して分析しても、0.01mg/lぐらいが精一杯でしょう。どのような目的で分析するかは文面だけでは理解できませんが、クリーンルーム内で前処理を行わなければ、0.001mg/lの分析は不可能だと思います。何か補足がありましたらお願いします。

この回答への補足

ありがとうございます。
そんなデータや文献があれば、上の方に、納得していただけるのにと思います。鉄をフレームレスAAで測定するにあたり、(硝酸入)加熱ブランクの値が大きくでてしまうので、上の方は、実験者の技術のなさのためであるといわれるのです。なので、少しでも改善点が得られればと、ここで助けを求めていました。

補足日時:2001/11/29 19:03
    • good
    • 0

>測定条件を教えていただければと思います。


測定条件は.誰かに決めてもらった結果を使っていましたので.覚えていません。又.機械の影響を大きく受けます(特にガス流量.取扱説明書を見れば大体の範囲がわかるでしょう)。測定条件の決定方法は.先に書いた通りです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

測定条件の決定方法とても、参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2001/11/27 20:43

こんばんは


原子吸光(以下単にAAと省略して表記します)のフレームとフレームレスの使い分けは以下のような考え方で行います。
フレームの場合は感度が低い欠点があるが、マトリックスの影響を受けにくい。
従って、低濃度の分析を行う場合は、感度を上げるため、溶媒抽出などを行って(あるいは濃縮して)感度を上げる。
フレームレスの場合、感度が良い長所があるが、マトリックスの影響を受けやすい。
カドミウムの場合排出基準が0.01mg/lですから、測定下限値をその
1/10の0.001mg/lにすべきです。
この濃度を測定するためには、溶媒抽出を行って濃縮倍率を上げるか、フレームレスAAで測定します。溶媒抽出は非常に手間がかかることと、最近塩素系の溶媒が使えなくなった(比重が重い分分液ロートを使わなくてすむ)などで殆ど行われていません。以上のことから通常フレームレスAAで測定します。通常は絶対検量線法で問題ないと思いますが、もし、自信がなければ内標で確認するのも結構ではないですか。
鉄に関しては、そのような低濃度を求められることは稀です。ですからフレームで充分です。もし、フレームレスで行うと感度が高すぎてかえってやっかいです。
鉄の分析は簡単ですが、低濃度を測定することは実に難しいものです。慣れないと特にBLが高く出てしまうことがあります。
なお、前処理をきちんと行っていればコロイド鉄の心配は不要です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
いまの課題は、確かに鉄の加熱ブランクの高さを低くすることにあります。低くするため、器具の種類、洗浄から、フレームレスAAの設定条件、キュベットの種類、ノズルのカットの仕方等など検討しているのですが、やはり満足できるまでは下がってくれません。泥沼に入り込んでいます。
あす、業者の方に機器の点検のため立ち会ってもらいます。
あと、カドミウムは、マトリックスモディファイアー使われていますか。

お礼日時:2001/11/27 20:37

フレーム原子吸光の場合のCd、Fe検出限界です。

今手元にフレームレスの
データーがないもので、会社にいかないとこれ無理です。

HPで検索すると、フレームレスが安定だと、勧めていますね。
少し勉強してみます。参考になりました。
    • good
    • 0

紙面を使ってばかりでごめんなさい。



試料液中の金属濃度が低かったり(今回の場合とか)試料液中に妨害金属イオン
および妨害陰イオンが共存する場合は、キレート剤を使った有機溶媒抽出法で
抽出を行ったのち原子吸光分析を行うと、良好な結果が得られることが多いと
聞いています。但し、MIBKには水分が1~3%含まれ、Cdには影響はないの
ですが、Fe、Zn、Cr、Mn、Znには吸光度差が-20~%生じますから
できるだけ早く操作を行う必要があります。

あとは、ご自分で判断されれば良いかと思います。
    • good
    • 1

>>検出限界が教えてくださった1/100くらいの0.001μg/lで測定したいので・・



0.001μg/mlの間違いじゃないの?

それはさておき、さきほどの方法は最終試料液q=25mlnとき定量下限Sは
S=0.05μg/mlです。但し、AA-6700の説明ではCd1%Abs=0.012ppm
 =0.012μg/mlですから、0.001μg/mlには2桁ほど精度がありませんね。
特にFe1%Abs=0.08ppmですから。また、本によると誘導結合プラズマ原子発光
ICP-AESでのカドミウムのSはS=0.02μg/ml(q=100ml)ですね。
それほど、精度の必要な微量測定の経験がないのですみません。

この回答への補足

検出限界mが抜けていたようで、おっしゃるとおり、0.001μg/mlです。AA-6700というのはフレーム原子吸光の場合のCd、Fe検出限界と理解してよろしいのでしょうか。いろいろありがとうございます。

補足日時:2001/11/25 17:14
    • good
    • 1

各論:とりあえずCdについて


フレーム測定(吸引法)が一般的です。
カドミウム:共栓三角フラスコ200mlに溶液45mlを入れ、硝酸を5ml加え、
60℃の水浴中に2時間放置し、時々手で激しくふる。放冷後No.7ろ紙を敷いた
ブフナーロートでメスフラスコ100ml中に吸引ろ過し、精製水で定容する。
試料20.0mlを遠心分離管にとりBPB溶液2滴加え、液が紫色になるまでアンモニア水を滴下してpHを3.5~4にする。APDC溶液1mlを加えて金属キレートを
形成する。硫酸アンモニウム10ml、MIBK5.0mlを加え3~5分激しく振って
抽出を行う。流出液は遠心分離(3000rpm/5~10min)により分離し、最終試料とする。標準液は塩化カドミウム(無水)163mgを50ml精製水に溶かし、硝酸1mlを加えた後精製水で100mlにしてカドミウム濃度1mg/ml標準原液とする。これを0.05M硝酸で希釈して標準系列0.1、0.2、0.5、1.0、2.0μg/mlを調整して上記と同じ操作を行い
吸光度を228.8nmで、C2H2-Airで行う。

この回答への補足

ありがとうございます。
試料から、マトリックスを除くため、カドミウムを抽出したものを定量される方法ですね。そして、検量線に関しては、抽出しないものを、絶対検量線法の手順でされているのですね。
検出限界が教えてくださった1/100くらいの0.001μg/lで測定したいので、フレームレスでと考えています。教えてくださったものより、薄い試料を測定するのですから抽出作業は必須なのでしょうか?

補足日時:2001/11/25 12:41
    • good
    • 1

後半の一般論だけ



黒煙炉原子急行は過去に1回だけシリンジを頼み込んで打たせてもらっただけなので.ほとんどわかりません。
ちゅうしつを途中で行っているのであれば.きしつが入っていないので0絶対けんりょうせん法(多分.0.1の2点の標準試料を入れて間の濃度を測る方法かと思います。ただし.ちゅうしつ効率がありますので.同じ前処理を行い1の値を決定する必要があります)でよいかと思います。

内部標準法(記憶があいまいなのですが.測定対象以外の成分を添加して.その比率から濃度を決定する方法と記憶しています)は.投入量にばらつきがある場合に.投入量に対しての比率から推定する方法です。従って.投入量のばらつきの有無が問題となる場合です。これは.フレーム原子急行(まともな漢字が出ないのでご勘弁ください)の時に.高濃度のきしつが含まれているために吸い上げ量が安定しない場合などに良く使われる方法です。

排水の状態が良く分からないのですが.分析方法を決定する場合の一般論としては.
1.対象排水に既知濃度の試料を添加し.通常の5点ほどの標準試料を使う分析方法で線形になるかどうかを調べます。同様に薄めた試料も作成して行ってください。(注意点としては.保存期間限界ぎりぎりの試料も使用して同様なことを行ってください。)
2.高度な有意で線形になる場合.きしつの影響がありませんので.絶対けんりょうせん法が使用可能となります。
3.有意であれば.通常の5点ほど標準試料を使う分析方法を使用します。
4.線形にならない場合には.粘度の影響を受けているか.どうかを調べます。既知の測定対象以外の成分を添加して.線形が確保できるかどうかを見ます。線形が確保できるのであれば.内標準法が使用可能です。
分析方法の最終決定は.けいりょうしの方がいるはずですから.けいりょうしの判断に従ってください。どうしてもわからなければ.けいりょうしの方がしらなけれはモグリといわれてしまう先生(日本国内では1名だけですね)や日環協に泣き付くなどの方法があります。

以上が一般論です。
最後に.排水中の鉄の定量で値が暴れる場合に.コロイド鉄の存在を調べてください。排水を限界ろ過してみると.ろ紙にコロイド鉄が付着するはずです。このコロイド鉄は.黒煙炉ではげんしかしません(しにくい.部分的に現しかする.黒煙炉内に沈着して.後で現しかする等)ので.前処理で.どのようにしてかよう化するかを考えます。排水の性質によっていずれの方法が良いか.わかりませんが.1規定程度の塩酸に(排水を使って塩酸を希釈する)するとか(塩酸・硝酸・王水・逆王水.硫酸はあまり使いませんが最終手段として)の方法でかよう化することを考えてみてください。

この回答への補足

ありがとうございます。
鉄に関しては、確かに再現性が悪いのでコロイド鉄の存在の確認が必要だと思いました。また、安定して測定できている、フレームレスの測定条件を教えていただければと思います。

補足日時:2001/11/25 13:03
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q原子吸光・発光分析の資料の原子化の仕方について。

原子吸光・発光分析の資料の原子化の仕方について。

先日、大学の学生実験で鉄鋼中の微量亜鉛の分析をしました。
その際、(1)「試料(含亜鉛鉄鋼)を塩酸に溶かしてから原子化をする」
とテキストにかいてありました。これはどういった意味でこのようにしたのでしょうか?また、原子化の過程が危険とのことで、専門の教授が行いまして、
(2)「どういったプロセスで行ったのか」不明です。これらを、自分の持っている知識の範囲で考えてみました。間違っていたら御指摘ください。

(1)⇒「直に、熱を加えて原子化するより、塩化物にしてからのほうが原子化する温度が低くなるのでそうしたと思います。」

(2)⇒「しかし、塩化物にしたところで、加熱して原子化しようとしても塩化物のまま揮散・揮発してしまうとおもいます。そこで、真空中で熱分解や、一度酸化させて、還元して純金属に戻してから真空で加熱する方法がとられたのではないかと思います。」⇒(だったら、塩酸に溶かさずに最初から真空で加熱したほうが原子化が簡単なんでは?とも思ったり…自信が無いです。)

最後まで読んでいただきありがとうございます。多少のことでもかまいませんのでコメントお願いします。

原子吸光・発光分析の資料の原子化の仕方について。

先日、大学の学生実験で鉄鋼中の微量亜鉛の分析をしました。
その際、(1)「試料(含亜鉛鉄鋼)を塩酸に溶かしてから原子化をする」
とテキストにかいてありました。これはどういった意味でこのようにしたのでしょうか?また、原子化の過程が危険とのことで、専門の教授が行いまして、
(2)「どういったプロセスで行ったのか」不明です。これらを、自分の持っている知識の範囲で考えてみました。間違っていたら御指摘ください。

(1)⇒「直に、熱を加えて原子化す...続きを読む

Aベストアンサー

図書館などで本があるから、調べてみると良いのでは?

Q吸光光度法の検量線について

検量線を作成し、データーにばらつきが生じた場合はどのようにすべきなんでしょうか。無理やり線でつなぐのかなと思っているのですが・・回答をお願いします。

Aベストアンサー

 検量線を引くための標準液は、0を含めて、6点取っています。標準液を調製しやすいように、例えば、0、1、2、3、4、5 mg/mlなど。これを5点検量(0は、普通対照に利用するので)と称しています。4点の場合もあります。
 基本は、グラフを書いて、1点がヅレていたら、それは無視して検量線を引く。2点ズレテイタラ、こりはヒドイので、やり直す、と言うのが教科書です。

 正確にするために検量線を2連(2回)して、その平均を取る、というバカな教えをする教員もいますが(それなら、2連より10連、100連の方が正確、と毒づいています)。
 
 実験のテクニックが難しくて、全体がばらつく場合もあります。この場合は、5点ではなく、10点とか、測定する回数を増やしたりして、信頼性を高めるしかありません。検量線は、もちろんパソコンで引きます。また、サンプルの測定も、一回だけではなく、数回測定して、平均値を去る必要があります。

 化学反応は、バラツキマセン。しかし、生物のサンプルは、個体差があるので、最低3回は測定して、平均と標準偏差を示します。例えば、血糖値を測定するときに、血液中のグルコースの測定は、ばらつかないので1回で十分。しかし、A、B、Cサンそれぞれの値は異なるので、ヒトの血糖値となると、最低3人は測定しなければなりません。
 同じサンプルを測定して、値がばらつくのは単に腕が悪いだけです。学生だと5%程度、慣れると2%以内、分析のプロだと0.5%の誤差でもウルサク言います。
データがばらつく原因を考え、検量線とサンプルの測定回数を決めてください。

>無理やり線でつなぐのかなと思っているのですが
測定した点をつないだりしているのでしょうか。それはヤリマセン。昔は、測定した点の近くをなるべく通る直線(場合によっては曲線)を、慣れを頼りに引いていました。今ではパソコンがあるので、回帰式を出します。これが検量線になります。最近は、機器に検量線を自動的に描き、濃度まで計算しているのが、普通です。
 回帰式の相関係数が、0.98以上あれば信頼していますが、0.95だとやり直すかどうか迷います。

 検量線を引くための標準液は、0を含めて、6点取っています。標準液を調製しやすいように、例えば、0、1、2、3、4、5 mg/mlなど。これを5点検量(0は、普通対照に利用するので)と称しています。4点の場合もあります。
 基本は、グラフを書いて、1点がヅレていたら、それは無視して検量線を引く。2点ズレテイタラ、こりはヒドイので、やり直す、と言うのが教科書です。

 正確にするために検量線を2連(2回)して、その平均を取る、というバカな教えをする教員もいますが(それなら、2連より10連、10...続きを読む

Q原子吸光度測定法・グラファイトアトマイザとは?

原子吸光測定法で、いつもフレーム法というのしかやったことないのですが、グラファイトアトマイザ法っていうのは何ですか?
グラファイトアトマイザを通して原子化して測定するもので、フレームレスと聞いたのですが・・・。電気加熱式、という方法とは違うんでしょうか?当方知識・経験が乏しいですがご回答お願いします。

Aベストアンサー

>グラファイトアトマイザ法
金属の測定には、原子吸光法が一般的で、これにはフレーム法とフレームリス法があります。グラファイトアトマイザ法は、フレームレス法に相当します。

 フレーム法は、ppmレベルの測定は可能です。これより以下の場合は、フレームレス法を用い、超微量のppbレベルの測定が可能です。超微量が測定できるので、良いことばかりのように見えますが、操作に注意が必要です。
 たとえば、試料の希釈に用いる水に不純物として混入している金属濃度、あるいは試料の灰化に用いる酸として、不純物の少ない精密分析用を使っても、その中に混在する金属量さえ、影響します。超微量分析をきちんと行えるだけの技術が要求されます。実際、Znをppbオーダで測定しようとしたところ、下駄が高すぎて測定不能でした。数字はでますので、不慣れな者なら、その数字を素直に信じるかもしれません。
 欠点としては、1000万程度でフレーム法のものの2倍以上。さらに、測定時間が長いこと。測定時間の長いのは、オートサンプラーを付けることで解決できます。30年前は、このオートサンプラーが不正確で使い物にならず、1回の測定が5分、これを3回繰り返して、平均値をデータとしました。試料数は、約30。手動なので、機械の側を離れることができず、丸1日かかったこともありました。

 機械の原理的なことは、知りません。私は、テレビの仕組みを知らなくても、どのスイッチを押せばいいのか、だけで十分ですので。

>グラファイトアトマイザ法
金属の測定には、原子吸光法が一般的で、これにはフレーム法とフレームリス法があります。グラファイトアトマイザ法は、フレームレス法に相当します。

 フレーム法は、ppmレベルの測定は可能です。これより以下の場合は、フレームレス法を用い、超微量のppbレベルの測定が可能です。超微量が測定できるので、良いことばかりのように見えますが、操作に注意が必要です。
 たとえば、試料の希釈に用いる水に不純物として混入している金属濃度、あるいは試料の灰化に用いる酸とし...続きを読む

Qフレーム原子吸光法について

フレーム原子吸光法の原理について質問 させていただきます。
原子吸光分析という実験をやるのです が、フレーム原子吸光法の原理があまり わからないので、わかる方いらっしゃい ましたら教えてい ただきたいです。

Aベストアンサー

 教員に訊く。
 訊いても分からなければ、ひつこく訊く。
授業料を払っていなければ、ここで再度訊く。

Q原子吸光の吸光度と感度の関係

 原子吸光の吸光度と感度に関する質問です。
 原子吸光のフレームの分析において,同じ元素,同じ濃度および条件で測定しても,測定のごとに吸光度が若干変化するのはなぜなのでしょうか?分光光度計などに比べると吸光度の変化が大きいような気がします(比較するのがおかしいかもしれません)。
 また,あるカタログに「フレーム感度は従来より30%アップし、Cu5 ppm標準溶液の吸光度は0.75~1.0 Abs以上」というような記載があります。機器によって原子吸光の感度と吸光度が異なり,検量線の範囲が広いフレーム原子吸光光度計が存在するということでしょうか?
 これまで使用していた原子吸光が古く教科書や文献の記載より狭い範囲で検量線しかできない(直線の範囲が狭い)こともありました。
 質問自体がおかしいかもしれませんが,同様のことを経験されている方もいらっしゃるのではないかと思います。私の頭を整理できるヒントをご教授願います。

Aベストアンサー

 通常の分光光度計は、どの機械を使っても、原理的には、同一サンプルなら同じ値になります。
 しかし、原子吸光では、機械によって大きくことなります。原理はよく分からないのですが、基準の光に対する比ではないからかと・・・。

 測定値に影響する条件は、同一の機械でも
1) サンプルの濃度  これは、通常の吸光度法と同じ
           吸い上げ速度は、速い方が高感度
2) サンプルの噴霧  サンプルの状態。特に、ネブライザーの位置など
3) フレーム   フレームの温度(原子化に適した温度)
        光の通過位置
4) ランプ  光の量が多ければ多いほど高感度。電流を上げるのが普通。

 以上の調節を、完璧に同じにすれば、同じ値になりますが、現実には調節が難しく、同一にはできません。
 特に、ランプは使用するたびに劣化し、考量が落ちます(1日や2日では変われませんが)。内部の機械も劣化します。

 感度を上げるには、
フレーム中の濃度を上げる(フレームレス)
炎の位置や温度(空気とガスの混合比)
光を受けるフォトマルの感度を上げる
新品のランプを使う         などです。
 繰り返しになりますが、原子吸光の吸光度は、絶対的な値で無いので、機械の調節に大きく左右されます。
 

 通常の分光光度計は、どの機械を使っても、原理的には、同一サンプルなら同じ値になります。
 しかし、原子吸光では、機械によって大きくことなります。原理はよく分からないのですが、基準の光に対する比ではないからかと・・・。

 測定値に影響する条件は、同一の機械でも
1) サンプルの濃度  これは、通常の吸光度法と同じ
           吸い上げ速度は、速い方が高感度
2) サンプルの噴霧  サンプルの状態。特に、ネブライザーの位置など
3) フレーム   フレームの温度(原子化に...続きを読む

Q原子吸光の検量線作成および問題点

原子吸光機器にて測定したZn量の結果
(1) 
Zn をそれぞれ0.1ppm 0.5ppm 1.0ppm 2.0ppm 5.0ppm 添加した標準液で検量線を書く。
結果:検量線が曲がり。何点かが検量線から外れる。
測定結果:Zn2ppmを添加した標準液を試料として測定した結果2ppmが2.26mg/L 。
(2)
Zn をそれぞれ0.1ppm 2.0ppm 添加した標準液で検量線を書く。(そのほかの点は検量線から外れるので0、0.1、2.0 だけの3点にて検量線を作成。)

結果:検量線がまっすぐ
測定結果:Zn 2ppmを添加した標準液を試料として測定した結果2ppmが2.03mg/L。

普通は5点検量をしないと行けないのに、分析値から見ると3点検量のほうが6点検量より分析値が正確である。
この場合はどの検量線を使ったほうが良いでしょうか?
この分析の問題点は何でしょうか?
私が提出した質問がおかしいでしょうか?

皆様ご返答のほうよろしくお願いします。

Aベストアンサー

検量線は高濃度に行くほど垂れる傾向があるので
直線的になる濃度の範囲内で標準液を作り検量線を引いてください。
試料の濃度が高ければその範囲に入るように希釈したら良いだけ。

まさかと思いますがコンタミはしてないでしょうね。
まさかね?失礼しました。

3点検量?ダメです。
信頼性に欠けます。

私は分析化学の専門家でなく、ZnでなくCa濃度を測定しましたがそうしました。

Qフレーム原子吸光法のついて…

はじめまして、お世話になります。

現在公害防止管理者(水質)の勉強をしてるのですが…教科書には「~を使う」としか書いていないので理由が分かりません(全て)ので1つ1つ調べているのですが初心者には限界がありますTT

まず…フレーム原子吸光法です(疑問はいっぱい)

光源部に中空陰極ランプを使用するそうです、どうしてですか?

原子化部での燃料と助燃ガスが使用される目的によって分けられています。

アセチレン+空気=一般的(大抵の物が測定可)
プロパン+空気=アルカリ金属
水素+アルゴン=砒素・セレン
アセチレン+一酸化二窒素=難分解な化合物

だそうです、これまた理由があるのですがわかりません…何を覚えてるとわかるのでしょう?

いろいろお馬鹿な質問で申し訳ありません
頑張りたいのでご存知の方はよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

原子化部での燃料と助燃ガスについて

 原理としては、試料中の金属は、プラスに荷電しています。これを原子の状態、すなわち、イオンではない状態にするときに、熱をかけます。というより、加熱することによって、イオンを原子化できます。この原子化された金属原子が光を吸収するので、測定できると記憶しています。

 この原子化は、100%できるわけではなく、フレームの温度に依存します。助燃ガスに、空気ではないものを使用するのは、温度を上げて、原子化される割合を増やすことによって、感度を上げ、微量でも測定できるようにします。繰り返しになりますが、感度の良い温度にするために、ガスの組み合わせを考えます。
 金属によっては、この程度の温度(3000℃?、未確認)では原子化できず、測定不能のものがあります。アルミニウムは代表的なもので、ICPだと7000℃になるので、測定できるとか。

 アルカリ金属については、炎光分析と感度は同程度なので、原子吸光では測定しないとか(少なくとも、ホロカソードランプ代は、不要)。

Q吸光度 【精度のよい分光学的定量】とは?

 大学で出された機器分析化学の課題なのですが、問題が次のようになっています。

―ネオジム(III)イオンの過塩素酸中のモル吸光係数は576nmにおいて6.00である。8.5%ネオジム(III)イオンを含む試料の何gを用いれば、最も精度のよい分光学的定量が可能か。ただし、最終的な液量は15mlで、光路長は1cmとする。―


 ランベルト-ベールの公式、A=εclのことは把握していますが、この問題の場合は吸光度、濃度の両方が分からないため、答えが定まりません。濃度が大きすぎる、すなわち透過率が小さく溶液の色が濃すぎて、吸光度が大きすぎると精度が下がるのはなんとなく理解できます。
 しかし、最も精度が良い透過率、吸光度については分かりません。どなたか教えていただけますでしょうか?

Aベストアンサー

A(absorbance)=εcl
でAが0.7付近になるように最終検体を調節します。
εはモル吸光係数ですから計算出来るはずです。

Q原子吸光光度計と分光光度計の原理的相違点

原子吸光光度計と分光光度計の原理的相違点とは何なのでしょうか。装置上の違いについても知りたいです。
また原子吸光光度計は金属元素の微量分析に適した装置ですが、検体となる試料溶液の調製にはどんな注意が必要でしょうか。

Aベストアンサー

簡単に書くと、原子吸光光度計は試料を燃やして原子化し、ランプから出た光の吸収具合で濃度を測定するもので測定対象によってランプを変えてやる必要があります。また、試料を燃やすので燃焼ガスや助燃ガスなどが必要です。

紫外可視近赤外分光光度計は、重水素ランプとタングステンランプで測定対象が吸収する波長の光を作り出し、その吸収具合で濃度を測定するものです。

原子吸光光度計で注意するのはバーナーの汚れや燃焼状態ですね。試料は酸で溶解(標準液や試料の酸濃度は一定にする)しますが、測定物質や試料によっては測定に影響する物質が含まれていますので、対策が有る場合は試料に試薬を添加したりします。
元素にもよりますが、高濃度の検量線は検量線の上の方が垂れますので、直線性の取れる濃度の検量線を作りそれに入るように試料を希釈して下さい。また、微量分析全般に言える事ですがコンタミに十分注意して下さい。

Q二酸化窒素の体積(μl)と吸光度の検量線の作成

二酸化窒素標準溶液を
0.16μg/ml,0.32μg/ml,0.48μg/ml,0.64μg/ml,0.80μg/ml
と段階希釈し、吸光度と濃度の検量線を作成しました。
しかし設問は二酸化窒素の体積と吸光度の関係で、
これ以降の設問にも[検量線から求めた分析試料溶液中の二酸化窒素の体積(ml)]となり、
検量線作成に使用した標準溶液中の各段階の二酸化窒素の体積(μl)が解らないと先に進めません。
二酸化窒素の体積の求め方を教えてください、お願いします。

Aベストアンサー

理想気体で近似しちゃってはいけないのですか?
分子量:46.01ですから、0.16μgは3.48×10^-9 mol、室温にこだわらなければ、
22.4 × 3.48×10^-9 = 7.79 × 10^-7 (L) = 7.79 × 10^-4 (mL)
になります。
他はこれを2の階乗するだけ。
N2O4も含まれるでしょうが、それは分らないままでも大した問題ではないはずです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報