冬ですねー。お米をとぐ水が冷たくなり、つらーい季節になってきました。私はとぎ汁の水を替えるたびに、「つめたっ!つめたっ!」を連呼しております。

さて皆様は冬のお米とぎは、どうしてますか?
やっぱりつめたーいのをひたすら我慢しながらといでます?それとも無洗米とか・・・・??
これからの季節を少しでも快適に過ごすために、教えてくださいましー。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中11~11件)

 すでに朝は0℃ぐらいになる長野在住です。


 男の一人暮らしですが、自炊しています。コメも炊きます。人一倍「研ぎ」には神経を使っているつもりです。

 当然冷たい水を使いますが、それは研いだ後にコメをすすぐ時に使うだけで、研ぐときは水はほとんどコメの容器に入っていません。「濡れた」程度の米をしっかり掌(たなごころ)で研ぎます。

 ひょっとして、容器に水をちゃぷちゃぷいれて研いでいませんか?

 もしそうだとすると、コメのぬか臭さなどを、コメがあっという間に吸収して旨いメシが炊けません。

 どうぞ、1度コメの水を切って素早く研いでみてください。たとえそれでも冷たいと感じても、「旨いメシが炊けるんだ。」と考えればゲンキも出ませんか?

 ご参考までにどうぞ。
 
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>ひょっとして、容器に水をちゃぷちゃぷいれて研いでいませんか?

どきっ。そのとおりです~。少ない水でとぐのがやっぱりいいんでしょうか?むむむ、奥深い・・・。

> どうぞ、1度コメの水を切って素早く研いでみてください。

がんばってみます!!

お礼日時:2001/11/27 23:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q糠と米と米のとぎ汁の違い

カテゴリーが違ったらごめんなさい。
どなたかご存知の方がいらしたら、教えて頂きたく思います。
筍の季節になりました。
もうん十年も、筍の灰汁抜きをする時は糠を入れ、無い時は、米のとぎ汁や米で代用してきました。
ですが実は、ずっと疑問に思っていたのですが、
精米(白米)の成分と、ぬかの成分は別物なのに、どの成分が有効なのでしょうか?
更に、とぎ汁にも含まれている灰汁抜き成分は、ぬかのどの成分なのでしょう?
ん十年間、誰に尋ねてもわからず、訊くと怒る人さえいたので、なかなか訊けませんでした。
ここなら怒らず教えてくれる人が居る様な気がしました。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 えとですね。
 調べてみましたところ、筍の灰汁の主成分は、旨み成分チロシンが時間劣化することによって生まれる「ホモゲンチジン酸」で、他に「シュウ酸」なども関わっているようです。
 灰汁抜きの際には、これらの成分を直接化学反応で消しているのではなく、酵素を使って筍の繊維を柔らかくし、灰汁が溶け出しやすい状態を作っているのです。
 なので、筍の繊維を柔らかくする成分でありさえすれば、たとえば重曹なんかでも灰汁抜きはできます。(重曹でやると美味しくないらしいですけどね。青パパイヤとかパイナップルでもできる気がします。試してませんが)

 ところで、訊くと怒るってのは人としてどうなんでしょうね(^_^;
 もっとも俺も「センター試験とは何か」という質問で友達を怒らせたことがあるから、ワカランでもないですが。(←しつこく訊きすぎた)

Q米のとぎ汁の効用は?

たとえば、身欠きにしんを料理する時に、あらかじめ少なくとも一晩ぐらいは「米のとぎ汁」に浸しておいて、
ということをやりますが、
 ・ 「米のとぎ汁」をそんな風に使うのは、他にどんな場合があるんでしょうか?

 ・ 食品科学的(?)にみて、どういう意味があるんでしょうか?
   要するに、単に普通の水に浸しておく場合に比べて、どういう理由で何がどう違うんでしょうか?

Aベストアンサー

とぎ汁に溶け込んでいる米ぬかには脂肪やタンパク質、ビタミンB1、リンなどが含まれています。
そして、その利用ですが、
その(1)
紙で油を拭き取り、しばらくとぎ汁につけておきます。
残った油の分解が進むからです。
その後、いつものようにあらえばすっきり、ツルツルになります。
その(2)
とぎ汁には洗浄力があり、木になじみやすい油分も含まれています。
butaporuteさんの仰るように、フロ-リングや柱などふけばふくほどピカピカになります。
その(3)
とぎ汁にはリンなどの栄養分がたっぷり含まれているので、
やはりbutaporuteさんの回答とダブりますが、
鉢植えなどに肥料代わりにやれば、花や木がいきいきします。

Q米のとぎ汁について

米のとぎ汁には栄養があるとよく言われていますが、
飲んでも害はないのでしょうか?
あと、体にいいのでしょうか?
どのような栄養素が含まれているのでしょうか。
だれか飲んでいる人はいますか?
ぜひとも教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

戦争中は、食料難のため、お米のとぎ汁を飲んでいた・・・ということは本で読んだことがあります。
本当に効き目があるのかどうかは、わかりませんが、当時は、お母さんが、赤ちゃんのために、おっぱいを出すために飲んだとのことです。

お米は、虫やホコリが米のなかに混じっているのを洗い流す目的で、洗ってから炊いているので、そのとぎ汁は、飲まない方がいいと思いますが・・・(^^;

お米のとぎ汁ですから、もちろん栄養も多少はありますが、お米そのものを食べた方が、ずっと栄養もありますしね。

Q米とぎはお水が透明になるまでする方が良いのでしょうか?

米とぎは三回くらい水をかえて洗えば水が濁っていても
糠臭くないとなにかの本に書いてありました。

私の父は

「米を炊いたときに真っ白にならないからしっかりとといでくれ」

といいます。

米をといだ水にも栄養分がとけ込んでいると思いますので、
今のままでよいと思うのですが、見た目、食感などふま
えて正しい米とぎ方お教えください。

Aベストアンサー

何回といでも、白くなりますよ
なぜなら、米か削れているだけです(´・ω・`)

今は精米技術が向上しています、せいぜい2回くらいでも十分ですよ
1回でも良いくらいです
とぐというよりは、ゴミを洗い流すって感じです


無洗米でさえ とげばとぎ汁は白くなります

Q「無洗米と普通米は一緒にたいていいか」について教えてください

うちは無洗米を使っていますが、試食品(!?)で2合分普通米をいただきました・・・が、うちは家族が多いので「2合だけ必要!」ということがなく(ほぼありえないww)

炊飯器についていた軽量カップも普通米と無洗米とが分かれているので・・???

それぞれで計量して一緒に炊いても問題ないのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

普通米を研ぐ前に混ぜると当然糠が取れない状態のが混じるので味が
変に感じます。

また、普通米は研いでいる間にある程度水を吸いますので、炊飯器の水の目盛がこれを考慮してついていますが、無洗米は普通米を研いでいる
間に吸う分がないので水の量を普通米の15~20%増しに入れる必要があります。

吸水させる適正時間も普通米と無洗米は違うので、吸水まではそれぞれ別にやって後は炊くだけになったら、合わせてもそれほど違和感は出ません。

炊飯器が一つしかない場合は面倒ですが、ここまではちゃんとやって
くださいね。でないと無洗米部分が硬かったり、普通米部分がべちゃ
べちゃになったりでおいしく食べられません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報