私の飼っている金魚(飼い始めて10年くらい)の片目が、白い膜のようなもので覆われてしまっています。この膜は一体何なのでしょうか?何かの病気ですか?治るものなのでしょうか?
ちなみに、目に異常がある以外はいつもと変わらない様子で泳いでいます。
何かご存知の方、どうか教えてください。宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

水カビ病であれば


http://www.aquajapan.com/stock/sick/main/suisei. …
グリーンF、ニューグリーンF、グリーンFゴールドといった薬剤が市販されています。

あと、病気に関係なく体調不良という場合、塩浴が有効なこともあります(一種の温泉ですね)

荒塩を一つまみずつ、1%を目標に投下していき、半日~1日(のばすのは経験と勘)くらい浴させておきます。(絶食・暗所・薬浴水槽で、温度は平静よりやや高め)

大切なのは、環境は一気に変えない、水は極力今までの居住水槽のものを使う…です。

金魚さん大切にしてあげてください。
金魚自体は経験が少ないですが、
10歳ってすごいですよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

補足回答どうもありがとうございました。とても参考になりました。
まず、塩水の中で泳がせてあげてみようと思っています。その後市販のお薬を購入してみようと思っています。
塩水の中で泳がせて免疫力を回復させるのって意外と基本的なことのようですね。
今まで金魚が元気だったので、何も知りませんでした。これからは、もう少し知識を身に付けてもっと大事にしてあげようと思います。
私の家の金魚は、私が小学生の頃、縁日の金魚すくいですくった金魚なんです。私も今はもう大学生になりました。金魚はもうおじいさん金魚になってしまったのかな。2匹いて一匹は半年くらい前に亡くなってしまいました。
今は子供2匹と、残った親金魚1匹の3匹で仲良くしています。
もっと長生きしてほしいですね。(^-^)
今回はどうもありがとうございました。

お礼日時:2001/12/05 21:20

  


  こんばんは! mu-mu-muさん!

   私は金魚を飼って2年ほどなんですが、目が白くなる症状の
   金魚はマダ経験がありません!
   なので、回答が出来なくて申し訳ないのですが ・・・・・・ 。

   私が本やネット上で得た知識は、回答NO2の shu_sさん が書かれ
   てます回答と同じく、病原菌の感染や水質の問題またストレスなどが
   原因だそうです!

   具体的な原因や治療法などは経験がありませんが、他の回答者の方々が
   書かれてますアドバイスと、宜しければ下記の参考URLを見て下さい!
   金魚の目が白くなる原因や治療法などが書かれたサイトの紹介です!

   その他にも、検索欄に 『 金魚の 』 『 病気 』 『 治療 』 を
   キーワードに、入力し、検索して下さい!

   私のアドバイスよりも、遥かに役に立つ情報が得られると思いますよ!


   mu-mu-muさん!

   あまり有効なアドバイスが出来ずに申し訳ありません。
   私も金魚や川魚などの魚やエビを飼っていますので、
   思わず投稿をしてしまいました!

   魚たちも慣れれば、犬やネコのように寄って来てエサを
   催促したりして、かわいいですよね!

   早く、目の症状が治って欲しいですね!
   おだいじに!

   では! (*^▽^*)♪(*^▽^*)♪(*^▽^*)♪(*^▽^*)♪(*^▽^*)♪
   

参考URL:http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%8B%E0%8B …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事どうもありがとうございました!!参考URLの方、拝見しました。結構私の知らないことが多く載っていて参考になりました。
塩水で泳がせてしばらく様子を見た方が良いみたいです。その後、市販のお薬を買ってみようと思います。
私が飼っている金魚はもう10年くらいになるんです。しかも近所の公園の縁日の金魚すくいでとった金魚2匹なのですが。
子供を生んでくれたりして、4匹家族でずっと暮らしていたのですが、半年前くらいに母親金魚が死んでしまったんです。
だから、お父さん金魚にはもっと長生きしてほしいので、はやく治療してやりたいんです。
今となっては金魚も立派な家族です。家に帰って来ると水槽の端までえさを求めにくるのがとてもかわいいですよ♪harpersferry-usaさんも金魚を長生きさせてあげてくださいね。(^-^)

お礼日時:2001/12/05 21:11

各種感染症、水質の変化、加齢によって、塩水浴後など『目の白濁』は見られます。

綿状のものが付着しているなら水綿(病気)ですが、それ以外は目そのものだと思います。
上記理由のうち、加齢と塩水浴は治る可能性が無いか少ない部類で、他は原因が改善されれば解消される可能性があります。病気であれば薬浴などを行わなければいけません。

この回答への補足

お返事どうもありがとうございました。できればもう少し詳しくお話を聞かせていただきたいのですが、よろしいでしょうか。薬浴とは一体どのようなものなのでしょうか?できれば補足をお願い致します。

補足日時:2001/12/04 22:59
    • good
    • 0

病因は分かりませんが、


質問したりできそうなサイトを紹介しておきます.
参考になさってください.

参考URL:http://hpmboard2.nifty.com/cgi-bin/thread.cgi?us …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事どうもありがとうございました。参考URLのサイト拝見いたしました。同じ病状かな?と思う情報が載っていたりして、とても参考になりました。
困ったときはこのサイトの掲示板にも載せてみようかと思っています。
今回はどうもありがとうございました。

お礼日時:2001/12/05 21:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q金魚の目が白濁してます・・・

一つの水槽で和金とコメットを飼っています。

7年ほど飼っているコメットの右目が、一ヶ月ほど前から白くブヨブヨした何かに覆われてしまっています。
これは何の病気で、どう治療すればいいのでしょうか?
また、元々その目は瞳の部分が銀色っぽく、正常な目とは少し異なっていましたが、今回の目の白濁と何か関係があるのでしょうか?

また、つい最近、和金の方も片目の透明な膜が白く濁ってきました。
病気が伝染してしまったのでしょうか?

まとまりのない内容で申し訳ありませんが、回答をお願いします。

Aベストアンサー

恐らく「白濁眼」の可能性が高い。

白濁眼は、眼球表皮に細菌類が感染する病気です。
感染した細菌類を魚の免疫細胞が排除するために、白濁した大きな腫瘍が出来る病気です。
多くの場合、今後、眼球表皮が大きく出っ張ってきます。

原因は飼育環境の悪化。
・飼育水の汚れ。
・水温の急変。
・pHの低下。
一言で言うならば、水の汚れが主たる原因です。
今後は、マメな水替えと底砂掃除を行いましょう。
ただ、7年間も飼育しているとのお話。
毎日、水槽へ投入する餌は、細菌類に分解され最後の最後は酸性の滓になります。
この滓は、底砂の中に溜まります。
この水槽には、酸化物質が大量に底砂に溜まっているハズ。
金魚は、中性~弱アルカリ性を好むため、低pHでは調子を落とします。
そろそろ、底砂を交換する時期だと思います。
交換する底砂は金魚用と書かれたモノをオススメします。

白濁眼は、即、死に直結する病気ではありません。
通常、飼育環境を改善すれば、積極的な薬剤治療を行わなくても自然治癒します。
ですが、白濁度合いが進行し、デメキンのように大きく眼球が飛び出すと、何かに眼球をぶつけて、眼球を失う危険性があります。
眼球が真っ白に白濁し、腫瘍が大きくなる場合は、積極的な薬剤治療をオススメします。

白濁眼治療の今後の経過は、、、
・腫瘍が小さければ、長くても一ヶ月ほどで、白濁が改善し腫瘍も小さくなってきます。
・腫瘍が大きい場合、より一層白濁度合いを増し、場合によっては腫瘍が大きく出目金のようになることもありますが、二ヶ月程度で、ある日、突然、ボロッと白濁した主要部分が落ちて、中から正常な眼が現れ完治します。

白濁眼の薬剤治療は、
金魚のような塩耐性魚の場合は、0.5%塩水とオキソリン酸製剤による薬浴を一週間ほど行います。
オキソリン酸は濾過バクテリアや水草に被害の少ない薬剤ですから、直接本水槽で薬浴可能です。
白濁眼の魚が弱っていて食欲が無い場合、他の魚に虐められる可能性があるため隔離水槽で治療します。
治療完了後の水替えは、治療完了直後、7日目、10日目に水替え1/2を行い、薬剤と塩分を希釈すれば薬浴は完了です。

オキソリン酸製剤は、次の2種類です。
「グリーンFゴールドリキッド」
「パラザンD」

あまり良い写真がありませんが、下記を参照
http://www.kinhito.com/beginner/tosa07-2.html

注意
今後、飛び出した眼球の付け根に「血管の浮きだしや充血」が認められた場合は、「ポップアイ」別の病気です。
ポップアイはエロモナス菌が原因で、悪性の病気。
薬剤による積極的な治療が必要です。
ポップアイの薬剤、治療方法も、白濁眼と同様です。

恐らく「白濁眼」の可能性が高い。

白濁眼は、眼球表皮に細菌類が感染する病気です。
感染した細菌類を魚の免疫細胞が排除するために、白濁した大きな腫瘍が出来る病気です。
多くの場合、今後、眼球表皮が大きく出っ張ってきます。

原因は飼育環境の悪化。
・飼育水の汚れ。
・水温の急変。
・pHの低下。
一言で言うならば、水の汚れが主たる原因です。
今後は、マメな水替えと底砂掃除を行いましょう。
ただ、7年間も飼育しているとのお話。
毎日、水槽へ投入する餌は、細菌類に分解され最後の最後は酸性の...続きを読む

Q金魚 病気?

5年ほど前に金魚すくいで手に入れた金魚(和金・約15cm)について質問します。
数日前から黒目のところに白い膜が張っているのを見つけました。何かの病気にかかっているのでしょうか?それとも単なる老化でしょうか?
もし病気だとすれば治療法法もよろしくお願いします。

Aベストアンサー

恐らく「白濁眼」の可能性が高い。

白濁眼は、眼球表皮に細菌類が感染する病気です。
感染した細菌類を魚の免疫細胞が排除するために、白濁した大きな腫瘍が出来る病気です。
多くの場合、今後、眼球表皮が大きく出っ張ってきますが、低水温の冬場は細菌の繁殖速度が遅いた病気の進行もユックリです。

原因は飼育環境の悪化。
・飼育水の汚れ。
・水温の急変。
・pHの低下。
一言で言うならば、水の汚れが主たる原因です。
今後は、マメな水替えと底砂掃除を行いましょう。

白濁眼は、即、死に直結する病気ではありません。
通常、飼育環境を改善すれば、積極的な薬剤治療を行わなくても自然治癒します。
ですが、白濁度合いが進行し、デメキンのように大きく眼球が飛び出すと、何かに眼球をぶつけて、眼球を失う危険性があります。
眼球が真っ白に白濁し、腫瘍が大きくなる場合は、積極的な薬剤治療をオススメします。

白濁眼治療の今後の経過は、、、
・腫瘍が小さければ、長くても一ヶ月ほどで、白濁が改善し腫瘍も小さくなってきます。
・腫瘍が大きい場合、より一層白濁度合いを増し、場合によっては腫瘍が大きく出目金のようになることもありますが、二ヶ月程度で、ある日、突然、ボロッと白濁した主要部分が落ちて、中から正常な眼が現れ完治します。

白濁眼の薬剤治療は、
金魚のような塩耐性魚の場合は、0.5%塩水とオキソリン酸製剤による薬浴を一週間ほど行います。
オキソリン酸は濾過バクテリアや水草に被害の少ない薬剤ですから、直接本水槽で薬浴可能です。
白濁眼の魚が弱っていて食欲が無い場合、他の魚に虐められる可能性があるため隔離水槽で治療します。
治療完了後の水替えは、治療完了直後、7日目、10日目に水替え1/2を行い、薬剤と塩分を希釈すれば薬浴は完了です。

オキソリン酸製剤は、次の2種類です。
「グリーンFゴールドリキッド」
「パラザンD」

あまり良い写真がありませんが、下記を参照
http://www.kinhito.com/beginner/tosa07-2.html

注意
今後、飛び出した眼球の付け根に「血管の浮きだしや充血」が認められた場合は、「ポップアイ」別の病気です。
ポップアイはエロモナス菌が原因で、悪性の病気。
薬剤による積極的な治療が必要です。
ポップアイの薬剤、治療方法も、白濁眼と同様です。

恐らく「白濁眼」の可能性が高い。

白濁眼は、眼球表皮に細菌類が感染する病気です。
感染した細菌類を魚の免疫細胞が排除するために、白濁した大きな腫瘍が出来る病気です。
多くの場合、今後、眼球表皮が大きく出っ張ってきますが、低水温の冬場は細菌の繁殖速度が遅いた病気の進行もユックリです。

原因は飼育環境の悪化。
・飼育水の汚れ。
・水温の急変。
・pHの低下。
一言で言うならば、水の汚れが主たる原因です。
今後は、マメな水替えと底砂掃除を行いましょう。

白濁眼は、即、死に直結する病気で...続きを読む

Q金魚の目の上に白くフワフワしたものがあります。

金魚の両目の上に、白くフワフワしたかたまりがありますが、
何かの病気でしょうか?
写真を添付しますので、お願いします。

金魚の飼育初心者です。
調べてみて、水カビ病というものかもしれないと思っています。
対処法として綿状のものをピンセットで取り除き、
塩浴させると良いようなのですが、
果たして本当に水カビ病なのかがわからずに、
経過を見守っています。

目の上ということと、ピンセットで取り除く際に
体の一部を傷つけてしまわないか不安です。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

金魚の場合で鼻から房がでるハナフサは真面な個体ですとランチュウと並ぶ高額の金魚ですが、蟇目のリュウガンの血が混じっているので業者さんは殺処分するしか手が無いので譲渡されて貴方の所へ来た訳です。

 ハナフサは綺麗に左右が対称に出る個体は数が少なく、大半は非対称です。この個体の場合はオランダ系ですのでハナフサは出易く、小さいですが悪い個体にはなりませんし、アズマニシキはデメキンとオランダを交配させる時には最低でも30世代は掛かりますのでこの様な個体は多くでますし、完全なデメキンタイプのリュウガンはタンチョウ、ハゴロモ(セイブン)、チャキン(カラニシキ)等に多く、オランダのそのもので出る事は少ないので大切に育ててください。リュウキン系のキャリコの場合は5世代程度ですのでハナフサは少なく、リュウガンタイプが多くなりますので数はでません。

 デメキン系は蟇目の個体は目が上がりますのでチョウテンガン、スイホウガンと呼ばれる個体になり、こちらもモザイク、単色等の個体が出ますが見た目が悪いので販売は少ないので余り目にしません。ランチュウ系の個体はキャリコで下地を作り、アズマニシキで完成させますのでハナフサは綺麗な個体が出ますが素人には飼育ができないタイプです。

金魚の場合で鼻から房がでるハナフサは真面な個体ですとランチュウと並ぶ高額の金魚ですが、蟇目のリュウガンの血が混じっているので業者さんは殺処分するしか手が無いので譲渡されて貴方の所へ来た訳です。

 ハナフサは綺麗に左右が対称に出る個体は数が少なく、大半は非対称です。この個体の場合はオランダ系ですのでハナフサは出易く、小さいですが悪い個体にはなりませんし、アズマニシキはデメキンとオランダを交配させる時には最低でも30世代は掛かりますのでこの様な個体は多くでますし、完全なデメキン...続きを読む

Q金魚の体に白い膜のようなものが!!

金魚の体に白い膜のようなものが!!
一週間ほど前に金魚すくいで手に入れた出目金1匹、金魚2匹のうち、今朝金魚が1匹死んでいました…
遺体を埋葬するときに体に白い膜のようなものが覆われていたことにびっくり。
よく見ると生きている出目金さんにも白い膜が!!
なんだか、出目金さんも動きが悪く…水槽の下でうずくまったり、気持ち移動したりの程度。
弱ってきているように見えます。

(1)塩浴ってやつをしてみたほうがよいでしょうか?
(2)もし、するとしたら…方法を教えてください

なんせ、金魚は初めて飼うもので不安です…

Aベストアンサー

白雲病か水カビ病だと思います。
水カビ病は白雲病より菌糸が目立ち、カビという感じがします。
白点病ではないと思いますが、どちらにせよ白点病と白雲病と水カビ病は同じ薬で対応出来ます。

症状が進んでいると塩水浴では完治しないので薬浴させてください。
弱っているならトドメになりかねませんが、何もしなくても死んでしまうでしょう。
薬は店員さんに相談してもいいですし、No1の方が記述している薬のどれでもかまいません。
ホームセンターにペットコーナーがあるなら大抵売られています。


金魚を、他に用意できる入れ物がなければバケツにうつし、エアストーンでエアレーションします。
小さめの器に水と規定量の薬を溶かしたものを用意し、バケツに10分以上時間をあけて少量ずつ加えていきます。
まだ金魚が小さければ薬は規定量より若干少なめにしてください。

一週間を目安に薬浴し、その間絶食が通例ですが、小さければ3日に1度は少量の餌をあげてください。
水から異臭がしたときは1/3もしくは1/2交換します。
くれぐれも交換する薬水は一気に加えず、徐々になじませるように慎重に加えてください。

塩水を加える場合は0.5~0.6%、1リットルあたり5~6グラムになります。
小さければ0.3%でかまいません。
塩は蒸発しないので、交換する分の塩の量は若干少なめにしなければ濃度があがってしまいます。
家庭で使われる食塩で大丈夫です。

出来れば今日中に行ったほうがいいと思います。

白雲病か水カビ病だと思います。
水カビ病は白雲病より菌糸が目立ち、カビという感じがします。
白点病ではないと思いますが、どちらにせよ白点病と白雲病と水カビ病は同じ薬で対応出来ます。

症状が進んでいると塩水浴では完治しないので薬浴させてください。
弱っているならトドメになりかねませんが、何もしなくても死んでしまうでしょう。
薬は店員さんに相談してもいいですし、No1の方が記述している薬のどれでもかまいません。
ホームセンターにペットコーナーがあるなら大抵売られています。


金魚を、他...続きを読む

Q金魚の目が充血しています

初めて質問させていただきます。
うちには2匹の金魚がいます。5年ほど前に金魚すくいで取ってきたものです。

半年くらい前でしょうか、1匹の目が白く濁ったようになってしましました。
日によって濁りの程度が違ったのですが、本人は至って元気でしたので様子をみていました。

2.3週間ほど前になりますが、その金魚の目の下のほうが赤く充血したようになってしましました。
と同時に、時々ですがバランスが取りにくいのか体が倒れそうになることがあります。
その頃から、以前に比べて元気がなくなってるような気がします。食欲はありますが、目がおそらく見えていないのでエサを上手に取るのが難しくなっています。
色々調べたのですが原因や病名などがわからず、とりあえず水を2/3ほど交換してメチレンブルーで薬浴しました。
すると、目の充血は無くなったのでまた様子を見ていました。

しかし、日曜日にまた目が充血していたのです。
金曜から家を留守にしていたのですが、帰ってみたら以前よりも酷い充血じょうたいでした。両目とも充血が見られるのですが、左目が特に酷いでした。
ネットで病気についていろいろ検索をしている最中(およそ3時間)にもどんどん酷くなり、左目全体が赤黒く腫れ上がってしまいました。

もしかしてこれがポップアイでしょうか?
ネットで調べていた限り、ポップアイの症状は出目金のように目が出てくるとなっていたのですが、うちの金魚は目が酷く充血するまでは目は腫れることもなく、ただ濁ったような状態でした。

今はポップアイの薬、グリーンFゴールド顆粒で薬浴させています。
2匹一緒だった水槽も分けました。
病気の金魚をきれいな水槽に移して薬浴させてあげたかったのですが、網ですくい上げるときに目を傷つけてはいけないと思い、病気の金魚は今までの水槽のまま薬浴しています。
水は2/3ほど換えて、ろ過装置も洗い、ろ過材は活性炭を使わずスポンジのみにしています。
食欲はあるので1日1回えさを与えています。

薬浴して2日ほど経ちましたが、直る兆しが見えません。

金魚に関して素人ですが、今まで大事に育ててきた金魚です。
痛々しくて可哀想で...
きっと私の世話が行き届いていなかったんでしょう。
金魚に謝ることしかできません。
直せる方法や原因などわかる方がいらっしゃいましたら、アドバイスをお願いします。

※見にくいですが、参考までに画像を添付致します。
下が留守から帰宅した直後
上がそのおよそ3時間後です。

どうかよろしくお願いします。

初めて質問させていただきます。
うちには2匹の金魚がいます。5年ほど前に金魚すくいで取ってきたものです。

半年くらい前でしょうか、1匹の目が白く濁ったようになってしましました。
日によって濁りの程度が違ったのですが、本人は至って元気でしたので様子をみていました。

2.3週間ほど前になりますが、その金魚の目の下のほうが赤く充血したようになってしましました。
と同時に、時々ですがバランスが取りにくいのか体が倒れそうになることがあります。
その頃から、以前に比べて元気がなくなってるような...続きを読む

Aベストアンサー

治らないのは黒内障です。放置すると悪化し、この症状になると治りません。

 成功した例は白内障になっていない個体の例ですし、これらの処方箋はリキットではなく、粉末ですので処方が違います。 この要因となるエロモナス菌はどんなに水を浄化しても滅菌できない細菌ですし、糞尿に因る汚染がある場合には腎臓障害(尿毒)、肝臓障害(腹部が膨れ上がる)の初期症状があります。

 眼の充血はこれらが悪化し、血液を圧迫しているのでそのシグナルで現れます。これは一過性のものであれば改善されますが、そうでない場合には悪化して鱗、鰭、鰓等にもその症状は現れます。

 投薬をする場合はパラザンDを処方し、水槽をトリートメントすると同時に規定量を投薬します。症状に因って投薬する量は異なり、金魚の専門店(愛好家や繁殖業者の経営店)ならば知識のある方が大半ですからそちらの指示に従い処方してください。

 眼圧を下げる事は可能ですが、気泡症(ガス病、転覆病)になる場合がありますのでこれらが出ると皮膚が壊死し、穴が開いたり、膨れ上がります。この反動で失明(黒内障)したりする場合もあり、副作用は否めません。

 反省をする点は何点もありますから該当したものがあったのならば改善する様に指導します。
 ・春季や秋季に水温が安定しない時
・水の入れ換えを長い事やらずに水槽の水が悪化し、アンモニアや亜硝酸の濃度が高い時
・濾過槽の掃除を怠り濾過が機能していない時
・底に敷いてある砂の掃除をせずに砂内で腐り始めた時(珪酸塩の発生)
・水槽内の水草が枯れ始めた時(硫酸塩の発生)
・餌の食べ残しをそのままになっていた時
・水の入れ換えを急激に行い薄く濁って水質が乱れた時
 ・新しい魚の健康の確認をしないまま入れた時

治らないのは黒内障です。放置すると悪化し、この症状になると治りません。

 成功した例は白内障になっていない個体の例ですし、これらの処方箋はリキットではなく、粉末ですので処方が違います。 この要因となるエロモナス菌はどんなに水を浄化しても滅菌できない細菌ですし、糞尿に因る汚染がある場合には腎臓障害(尿毒)、肝臓障害(腹部が膨れ上がる)の初期症状があります。

 眼の充血はこれらが悪化し、血液を圧迫しているのでそのシグナルで現れます。これは一過性のものであれば改善されますが、そ...続きを読む

Q目が取れた 金魚

こんにちは。
うちには大きな出目金が居ます。
しかし、今は両目とも取れてしまいありません。

その為かバランス感覚が鈍り、ひっくり返りながら泳いでおりました。
苦しそうに もがいているのでそろそろダメかなと心配していたら、
そのうち、泳ぐ事も出来なくなり自力で漕ぐ事もできなくなりました。
今は目も見えず泳げず、沈んでるだけのマリモ状態です。
しかし、この状態になって1年は過ぎました。
こんな生命力のある金魚は初めてなので
たまに自分の夢にも現れ愛着もあるのでもっと長生きして欲しいです。
いったいどうしてこの状況でも生きていられるのでしょうか?
こういった状態の金魚は他にもいるんでしょうか?
救える方法再び泳げるようになる方法、また今後どのことに気をつけていけば教えて下さい。

Aベストアンサー

底に沈んだままとはいえ1年も生きているということは
餌(沈んだ餌を手?さぐりでとか藻とか)を食べているんでしょうか。

目も脱落して日にちが経っているので傷口からの感染症もないと思います。

現在は音(振動)で周囲の状況を判断することしかできないかもしれないので大きな振動(床がガラス面)に気をつけて、

水槽内に鋭角なアクセサリ(流木や石など)は出目金の体表を傷つけてしまう恐れがあるので、もし入れていたら取り除いてください。

再び泳げるようになる方法とのことですが、目がないということは光を感じない、すなわち「ず~っと夜」と思っているかもしれないので無理かもしれません。

これからも可愛がってあげてください。

Q金魚 これって赤斑病?(写真あり)

先ほど水槽を眺めていたら特定の金魚の尾びれに
赤い小さな点々(5~7mm範囲で)が出来ていました。
これって赤斑病でしょうか?
見た目としては血が溜まって腫れている感じです。

水槽環境は以下のとおりです。
サイズ:90*45*45
バクテリア:BICOM78、BICOM21PD
魚の数:金魚、5匹
     熱帯魚、5匹(金魚との混泳を前提に熱帯魚屋さんに選んでもらいました)
砂利:新五色30kg(大磯のほうがいいでしょうか?)
新規に立ち上げて10日くらい。(まだ水替えはしていません)
水温:28度くらい
餌の量:小さじ1.5*1日2回
金魚の状態:泳ぎ方を見ていてもいつもと変わらず元気な様子です。

ネットで調べると赤斑病だった場合、塩を入れたりするみたいですが
まずなにをすればいいですか?
塩を入れる場合、上記水槽でどれくらい入れればいいでしょうか?
このまま今まで通りの飼育を続けて大丈夫でしょうか?
他の魚に影響はありますか?
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

> 赤い小さな点々(5~7mm範囲で)が出来ていました。
> これって赤斑病でしょうか?

・赤斑病かも知れませんし、擦れや怪我かもしれません。
どちらにしても、現段階(5~7mm範囲)では、まだ、様子見の段階。
積極的な治療段階ではありません。

金魚の体力、免疫力が赤斑病に勝れば、自然治癒する可能性もある段階です。
赤斑病であり、金魚の体力、免疫力が負ければ、今後、24時間~48時間で、鬱血点が増え、出血も始まり、患部が広がります。
病状が進行するようならば、直ぐに治療を開始できるよう、準備だけをしておく段階です。

・今、行えることは水替えと、濾過器、底砂の清掃。
赤斑病の原因菌(運動性エロモナス)は、常在菌ですから、どんな水槽にも存在するグラム陰性菌の仲間です。
この菌が爆繁殖すると、体力、免疫力の弱い魚から病気を発症しやすくなります。
この菌は、水槽水の有機物が増える(=水の汚れ)と増殖しやすくなります。
夏場の高水温も、菌を間接的に活性化させる要因です。
水替えと清掃により、飼育水の清水化が重要です。

=赤斑病の治療=
・病魚が一匹だけならば、隔離水槽にて治療。
・隔離水槽の水は、2/3以上の水替え。(新水)
・規定量の薬浴+0.5%塩水浴。
・エアポンプによる十分なエアレーション。
・濾過器内の活性炭マットや活性炭パットは取り外す。
・薬塩浴期間は一週間。
・金魚に食欲のある場合は少量与えても良いが、餌を与えた場合は薬塩浴開始後4日目に一度水替えし、追薬と追塩を行う。

使用薬剤
・グリーンFゴールド顆粒
・エルバージュエース
どちらの薬剤も、濾過バクテリアと水草に被害が及びます。
出来るだけ、本水槽での使用は避けたい薬剤です。
本水槽での使用は、複数の魚に病気の兆候がある場合。

> 赤い小さな点々(5~7mm範囲で)が出来ていました。
> これって赤斑病でしょうか?

・赤斑病かも知れませんし、擦れや怪我かもしれません。
どちらにしても、現段階(5~7mm範囲)では、まだ、様子見の段階。
積極的な治療段階ではありません。

金魚の体力、免疫力が赤斑病に勝れば、自然治癒する可能性もある段階です。
赤斑病であり、金魚の体力、免疫力が負ければ、今後、24時間~48時間で、鬱血点が増え、出血も始まり、患部が広がります。
病状が進行するようならば、直ぐに治療を開始できるよう、準備だ...続きを読む

Q金魚の目の病気、ポップアイでしょうか?(画像あり)

実家で飼っている金魚の片目が飛び出している事に気づきました
15年ほど前にお祭りの金魚すくいでとった金魚です

母が育てていて、1年くらいまえから段々飛び出してきたと言っているのですが、これはポップアイでしょうか?
今にも目が取れてしまいそうで見ていて可哀想です

どんな治療法が良いでしょうか?治る病気ですか?
水槽の中にはこの金魚一匹しかいません

よろしくお願いします

Aベストアンサー

これはポップアイではありません。つまり病気ではないと言う事です。

では原因は何かですが、このタイプの金魚は素早く泳ぎますから、水槽
内にアクセサリー等があると衝突する事があります。
例えばエアーホースを水槽のガラス面に固定せずに入れていると、目の
部分が当ってしまいます。流木や陶器製の物を入れても同じです。

水槽のガラス面をコツコツと軽く叩くと、それだけで驚いて素早く泳い
でしまいます。その時にアクセサリーに目の部分を傷つけてしまうんで
すね。飼育する時は驚かさない事が大切です。

出目金とは違いますから、画像のようになったら元通りになりません。
ただ今のままでは雑菌に感染してしまうので、雑菌から守るために薬浴
をされた方が良いでしょう。
グリーンFリキッド、グリーンFゴールド、メチレンブルー等の白点病
治療で使う薬剤で薬浴させた方が良いでしょうね。
ただ薬浴は水温を上げないと効果が出ませんから、サーモ付ヒーターを
購入して、1日に2度づつ水温を上げ、最終的には28℃にします。
薬剤は1週間で薬効果が切れますので、薬浴は1週間で十分です。
これで雑菌は死滅します。

薬剤を入れるとアクセサリーが青く着色します。薬剤を入れる前に濾過
器以外の物は全て水槽から出して下さい。水草は枯れますし、エビ等の
掃除屋さんも死んでしまいます。当然ですが水を綺麗にするバクテリア
も死んでしまいます。

1週間に金魚を別容器に移し、水槽の水を捨てて水槽、砂利を洗って下
さい。この時に洗剤は使用しては駄目です。必ず水で洗います。
濾過器内のフィルターも取り替えて下さい。

感染は防げますが、飛び出した目は元通りにはなりません。

これはポップアイではありません。つまり病気ではないと言う事です。

では原因は何かですが、このタイプの金魚は素早く泳ぎますから、水槽
内にアクセサリー等があると衝突する事があります。
例えばエアーホースを水槽のガラス面に固定せずに入れていると、目の
部分が当ってしまいます。流木や陶器製の物を入れても同じです。

水槽のガラス面をコツコツと軽く叩くと、それだけで驚いて素早く泳い
でしまいます。その時にアクセサリーに目の部分を傷つけてしまうんで
すね。飼育する時は驚かさない事が大切です...続きを読む

Q金魚の目が変で…元気もありません。 こんばんは、質問させて頂きます。金

金魚の目が変で…元気もありません。 こんばんは、質問させて頂きます。金魚すくいで捕った金魚を5年程飼っていますが片目だけ目の周りの透明の膜が膨らみ小さなシャボン玉のようになり(もう片方の目の周りにも透明の膜はありますが少し膨らんでるだけです)黒目部分の真ん中も少し白っぽくなっています。(もう片方は真っ黒です) 病気でしょうか? もしそうなら治療方法など教えて頂けませんでしょうか。 どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

・「白濁眼」ですね。
下記中央
http://www.kinhito.com/beginner/tosa07-2.html

原因は飼育環境の悪化。
・飼育水の汚れ。
・水温の急変。
・pHの低下。
水温が上昇する、今の時期に多い病気です。
底砂や濾過器の清掃、水替えの頻度を増やして、眼に見えない菌類を減らし清水化しましょう。
飼育環境の改善を図らないと、やがて細菌感染症を引き起こし、様々な病気で多くの金魚を失うことになります。

【白濁眼の治療】
白濁眼は、隔離水槽で、0.6%塩水と細菌感染予防のため、オキソリン酸製剤による薬浴を一週間ほど行います。
オキソリン酸は濾過バクテリアや水草に被害の少ない薬剤ですから、直接本水槽で薬浴可能です。
白濁眼の金魚に元気があり、食欲もある場合は、他の金魚と一緒に塩水浴、薬浴を行って構いません。
白濁眼の金魚が弱っていて食欲も無い場合は、他の金魚に突っつかれる心配があるため、隔離水槽で治療します。
7日後と10日後に水替え1/2を行い、薬剤と塩分を希釈すれば薬浴は完了。

薬剤:主成分がオキソリン酸製剤ならば何でもOK。
・グリーンFゴールドリキッド
・パラザンD
http://www.aqua-shopping.net/shopping/shop.cgi?order=&class=9%2F1&keyword=&FF=0&price_sort=&pic_only=&mode=p_wide&id=20061591&superkey=1

塩は、自然塩(海塩や岩塩)や人工海水の元ならば何でも使えます。
自然塩=ナトリウム、マグネシウム、カリウムが含まれている塩のこと。

白濁眼の今後は・・・・・
軽度ならば、少しずつ元に戻ります。
白濁が進行し、留が大きい場合は、より一層白濁度合いを増し、場合によっては留が大きくなることもありますが、3週間~6週間程度で、ある日、突然、ボロッと白濁留が落ちて、中から正常な眼が現れます。

・「白濁眼」ですね。
下記中央
http://www.kinhito.com/beginner/tosa07-2.html

原因は飼育環境の悪化。
・飼育水の汚れ。
・水温の急変。
・pHの低下。
水温が上昇する、今の時期に多い病気です。
底砂や濾過器の清掃、水替えの頻度を増やして、眼に見えない菌類を減らし清水化しましょう。
飼育環境の改善を図らないと、やがて細菌感染症を引き起こし、様々な病気で多くの金魚を失うことになります。

【白濁眼の治療】
白濁眼は、隔離水槽で、0.6%塩水と細菌感染予防のため、オキソリン酸製剤による薬...続きを読む

Q金魚の目の事で質問です。

金魚の目の事で質問です。
今飼っている金魚の目は、いつもは透明なのですが、最近曇っています。
金魚を上から見ると、膨らんでいるところです。

Aベストアンサー

・単純に飛び出して白濁りならば「白濁眼」。
・飛び出した眼の付け根に血管の浮きだしや充血が認められれば「ポップアイ」。

【白濁眼】
白濁眼は、眼球表皮に細菌類が感染する病気です。
感染した細菌類を魚の免疫細胞が排除するために、白濁した大きな腫瘍が出来る病気です。
飼育環境を改善すれば完治します。

原因は飼育環境の悪化。
・飼育水の汚れ。
・水温の急変。
・pHの低下。
一言で言うならば、水の汚れが主たる原因です。
今後は、マメな水替えと底砂掃除を行いましょう。

白濁眼の治療は、金魚のような塩耐性魚の場合は、0.6%塩水とオキソリン酸製剤による薬浴を一週間ほど行います。
オキソリン酸は濾過バクテリアや水草に被害の少ない薬剤ですから、直接本水槽で薬浴可能です。
白濁眼の魚が弱っていて食欲も無い場合も、他の魚に虐められる可能性があるため隔離水槽で治療します。
治療完了後、7日目と10日目に水替え1/2を行い、薬剤と塩分を希釈すれば薬浴は完了。

オキソリン酸製剤は、次の2種類です。
「グリーンFゴールドリキッド」「パラザンD」

白濁眼治療の今後の経過は、、、
・腫瘍が小さければ2週間ほどで、白濁が改善し腫瘍も小さくなってきます。
・腫瘍が大きい場合、より一層白濁度合いを増し、場合によっては腫瘍が大きく出目金のようになることもありますが、3週間~6週間程度で、ある日、突然、ボロッと白濁した主要部分が落ちて、中から正常な眼が現れます。

【ポップアイ】
ポップアイならば、飛び出した眼球の付け根に血管の浮きだしや充血が認められます。
エロモナス菌は魚体の組織を溶かす酵素を分泌します。
エロモナス菌によるポップアイの場合、眼球組織や眼の神経組織に被害を与えます。
進行すると眼球を失うこともあります。
ポップアイの場合、完治しても病痕が残る事があります。

ポップアイの原因も、白濁眼と同じ。
良性が白濁眼で、悪性がポップアイ。

治療方法は、基本的に白濁眼と同じ。
治療期間は、10日~14日と、白濁眼よりも少し長くなります。
ポップアイの隔離水槽では、5日毎に1/2量の水替えと追塩と少し濃いめの追薬を行います。
「グリーンFゴールドリキッド」「パラザンD」の他に、「グリーンFゴールド顆粒」「エルバージュ」でもOKです。
「グリーンFゴールド顆粒」「エルバージュ」の方が効果が高い薬ですが、濾過バクテリアや水草に被害を与えるので、隔離水槽で治療します。

・単純に飛び出して白濁りならば「白濁眼」。
・飛び出した眼の付け根に血管の浮きだしや充血が認められれば「ポップアイ」。

【白濁眼】
白濁眼は、眼球表皮に細菌類が感染する病気です。
感染した細菌類を魚の免疫細胞が排除するために、白濁した大きな腫瘍が出来る病気です。
飼育環境を改善すれば完治します。

原因は飼育環境の悪化。
・飼育水の汚れ。
・水温の急変。
・pHの低下。
一言で言うならば、水の汚れが主たる原因です。
今後は、マメな水替えと底砂掃除を行いましょう。

白濁眼の治療は、金魚...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報