リハビリの仕事をしています。
今日患者さんのSp02が95%だったのですが、O2はしなくてもいいものなのでしょうか?
私の認識だと98%くらいが正常だと思ったのですが・・・(Nrs.は95%は大丈夫だと言ってました)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

食物摂取後にSpO2の低下が認められるということは、何らかの誤嚥が起きている可能性が高いと思います。

大きな食塊でなくとも、SpO2が低下することは十分考えられます。
この患者さんがもし脳血管障害をお持ちであるならば、一度は嚥下能についての評価が必要かもしれません。食事も誤嚥しにくいようなとろみのついたものを主体にするなどの工夫が必要でしょう。

老人のSpO2の正常値についてのご質問ですが、(酸素解離曲線をご存知という前提で書きます)確かに加齢とともにPaO2の値は低下していきます。ただしこの低下の程度は、酸素解離曲線で言うとちょうど平坦な部分で、ほとんど正常の範囲内で動く程度のものです。ですから、老人だからSpO2の正常値が若年者と比較して低いということはありません。(というより、老人で正常値が低いと評価できるほどの大きな変化をSpO2に見出すことは一般的に無理だと思います)

SpO2がどこまで下がったら危険なのかということについても若干補足させていただきますが、SpO2単独の値から危険かどうかということをいうことは困難です。なぜなら、強い換気努力をしていてSpO2 95%と、平常の呼吸で95%では意味がまるで異なりますし、SpO2がかなり低下していたとしても、慢性に経過する疾患では体の代償が働くため直ちに危険な状態とは必ずしもいえないからです。
SpO2は末梢の循環の状態に依存するので、常に血液ガスと同じ肺機能の評価指標とはならないことにも注意が必要です。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

ありがとうございます。
結局次の日患者さんは熱発してました。
患者さんは重度の痴呆で嚥下にも問題のある方でした。食事にはトロミがついてましたが、食介する際すごい勢いで介助者が口に入れていくんです。
きっと誤嚥性肺炎ではないかと考えられます。
でもDr.やNrs.は風邪だと言ってました。

お礼日時:2001/12/22 08:12

No2のmorito_55です。


>ちなみにどこまで下がったら危険なのですか?
95%を切ったら危険だと思います。
95%を切ったら、何らかの症状が出ると思うのですが。
90%を切ったら重症と考えて良いのでは。
ちなみに、PaO2の正常値が、80~100mmHgだったと思います。
PaO2が60mmHgの時が、SpO2 90%です。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2001/12/22 08:12

ダイレクトな回答ではありませんが、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「「PaO2」は酸素の量でも濃度でもない」

長いですが、いろいろ関連事項を分かりやすく説明してます。

ご参考まで。

参考URL:http://www.sapmed.ac.jp/~sseki/er/er1/er1frame.h …
    • good
    • 7
この回答へのお礼

ありがとうございました。
大変参考になりました(というよりすっごい勉強になりました)。

お礼日時:2001/12/21 06:41

酸素血中飽和度は、98%以上が正常だと思いますが、95%以上が正常と言う人もいます。


一般の人が、息を我慢できなくなるほど止めると、95%くらいに下がります。
でも、それで倒れる人はいないのですが、体に負担がかかっていることは事実だと思います。
酸素吸入して、酸素血中飽和度が上がるようでしたら、した方が良いのではないかと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。
ちなみにどこまで下がったら危険なのですか?

お礼日時:2001/12/21 06:27

SpO2の正常値は97~98%程度ですから、95%というのは確かに軽度低下していますが、この程度の低下では一般的に酸素吸入の適応にはならないと考えてよいと思います。



ただ酸素吸入の本来の目的は、組織の酸素化を正常化することですから、例えば心機能が低下して心不全状態になっていたり、著しい貧血があるなどで末梢の組織への酸素の運搬能が低下しているときはこの程度の値でも酸素吸入をした方がよいこともあります。
喘息の発作時などで、かなりの過換気にもかかわらずSpO2が95%程度になっている場合は、やはり酸素吸入を考えます。

また、95%という値は安静時の値だと思いますが、患者さんがリハビリをされているとき(労作時)に低酸素血症の増悪がないかどうかも一応は検討されていた方がよいと思います。基礎の疾患によっては、リハビリ中に低酸素血症をきたすこともありますから、そのような場合にも予防的に酸素吸入をした方がよいことがあります。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ありがとうございました。
またまた質問なのですが、患者さんはおやつ摂取後でした。
そのような食物摂取後に下がるのはどうなのでしょう?(危険だと思うのですが・・・ちなみにサクションでは何も出なかったそうです)
また、老人の正常値も97~98%と考えていいのでしょうか?

お礼日時:2001/12/21 06:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QOIVとSPO2

OIVとは何の略なんですか?学校の辞書にのってなかったので教えてください。

SPO2ってなんなんですか?SPO2モニターはわかるのですが、SPO2がわかりません。

教えてください。おねがいします。

Aベストアンサー

ふと思いついただけなので自信はないですが、
Output Intake Volume(輸液の入りと尿量)かな?

Q嫌な患者 迷惑患者

病院職員 医師看護師の立場から見ていやだなぁと嫌う患者ってどういう人が多いのでしょうか
また、今まで長年担当してきたなかでいやだなぁと思ったような患者のことなど、どのような体験経験があったでしょうか
何でもいいので、面と向かっていえないことなど本音の部分や色々な実体験をお願いします

Aベストアンサー

入院患者から見て、医師や看護師さんが困っているのを何度もみました。
1.プラセボで直る頭痛。どうも家族に相手されていなかったらしく、頭痛を訴えることでかまって貰ったかったらしいのです。
2.自分のベッドの周りやワゴンの中に食べかけの缶詰やお菓子を隠し持ち、傷んだ物を食べては腹痛や下痢を訴えるお年寄り(本人は傷んだ物を食べていないと言い張ります)
3.トイレまで間に合わないのに、紙おむつを拒否し、廊下を汚物まみれにするお年寄り
4.年輩の看護師さんに「悪魔~」と怒鳴ったおじさん。←私も思ったことは有りますが口には出来ませんでした
5.入院していながら民間療法を薦める家族
6.治療のためCVを施しながら絶食しているのに、体力が落ちるのを心配して食べ物を隠して差し入れする家族
等々
同室の入院患者として困った患者さんは
1.いびきが大きく、本人に自覚がない人
2.消灯後パソコンで仕事をするサラリーマン←カタカタがうるさい
3.睡眠痔無呼吸症候群の人←心配になります
4.夜トイレの後、自分の部屋、ベッドがわからなくなって他人のベッド腰を下ろした新規入院患者
・・・・・・etc

入院患者から見て、医師や看護師さんが困っているのを何度もみました。
1.プラセボで直る頭痛。どうも家族に相手されていなかったらしく、頭痛を訴えることでかまって貰ったかったらしいのです。
2.自分のベッドの周りやワゴンの中に食べかけの缶詰やお菓子を隠し持ち、傷んだ物を食べては腹痛や下痢を訴えるお年寄り(本人は傷んだ物を食べていないと言い張ります)
3.トイレまで間に合わないのに、紙おむつを拒否し、廊下を汚物まみれにするお年寄り
4.年輩の看護師さんに「悪魔~」と怒鳴ったおじ...続きを読む

QSpO2の保険点数について

こんにちは。いつもお世話になっております。

質問は、タイトル通り、ECGとSpO2の保険点数についてです。
病棟で管理している患者に対して生体情報モニターで常時監視している状態を想像して下さい。
モニター上には、ECGとSpO2等の様々なパラメーターが表示されており、テレメーターでナースステーションのセントラルモニターに情報を送信しています。

そこで質問なのですが、ワイヤレスで患者情報をセントラルモニターに送信する場合、ECGは保険点数として認められるが、SpO2は認められず保険点数に加算されないと聞いたのですが本当ですか。
正直、この理屈が全く理解できません。

それとも、上記のような場合ではなく、違ったケースにおいてSpO2が保険点数に加算されないということなのでしょうか。
SpO2が保険点数に加算されないケースについて、ご教授頂ければと思います。

宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

第3部検査-第3節生体検査料-監視装置による諸検査-
D223経皮的動脈血酸素飽和度測定(1日につき)30点
経皮的動脈血酸素飽和度測定は、次のいずれかに該当する患者に対して行った場合に算定する。
 ア 呼吸不全若しくは循環不全又は術後の患者であって、
酸素吸入若しくは突発性難聴に対する酸素療法を現に行っているもの
又は酸素吸入若しくは突発性難聴に対する酸素療法を行う必要があるもの
 イ 静脈麻酔、硬膜外麻酔又は脊椎麻酔を実施中の患者に行った場合 後略

術後ではないようですので呼吸不全や循環不全の状態であることが前提です
その判断には当然血液ガス検査がなされているでしょう
血液ガス検査は一時期の値ですからその間を埋める目的の場合に算定されるものです

機器の種類で判断されるものではなく、患者さんの状態に応じた必要性で判断されるものです

Qガンの死亡率は 20%?30%?

私は今まで、がんの死亡率は30%くらいだと思っていたのですが、あるとき20%と書いているコラムがありました。

不思議に思って調べてみたところ、
厚生労働省のHP
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/geppo/nengai06/kekka3.html#2
では、約30%と書かれていますが、
国立がんセンターのHP
http://ganjoho.ncc.go.jp/public/statistics/backnumber/odjrh3000000vdf1-att/fig09.pdf
では、男性26%・女性16%となっていました。(合わせると20%強ですよね?)
どちらも2006年の統計です。

どちらもちゃんとした機関ですので、間違いはないと思うのですが、なぜこのような違いが出てくるのでしょうか?

ご存じの方がいましたら、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

厚生労働省の資料は実数、
国立がんセンターの資料にある「男性26%・女性16%」は、「推定」と書かれていました。
「推定」なら、誤差は不思議ではないようにも思います。

癌で死亡というより、癌の治療や進行による内臓疾患が死亡原因の多くを占めている事を考えると、
癌を患っている人の死因全てを癌性との関連付けをして範囲内とするか、
癌を患いながらも、あくまで違う死因(感冒からくる肺炎や脳症等)を癌性では無いと関連付けしないかの違いではないでしょうか。

Q麻酔中のSpO2について

いつもお世話になっております。今回も皆さんの意見、よろしくお願いします。


現在私は動物看護師として日々勉強をしています。先日、動物の全身麻酔をして手術をする為の準備をしました。

麻酔を導入して挿管をし、心電図や血圧計、SpO2のプローブなどを動物の体に付けていくところで獣医師に

「心電図を計るプローブよりも先にSpO2を計るプローブを付けて」

と言われました。


学校で習っていた間に使っていた教科書やノートを見返しましたが心電図よりSpO2を優先する理由が分かりませんでした。


単純にSpO2では脈拍も計れるので先に付けた方がいいのかな?とも思いましたが心電図より優先する理由にしては単純過ぎる気がして心配です。

何か他に私が見落としている点があるのでしょうか?

Aベストアンサー

お礼ありがとうございます。

世間ずれしていない真面目な質問者さんは、この四月からの新米だと勝手に想ったのですが、そうでもないのでしょうか。とてもしっかりされていますし知的な対応されています。
(4)全身麻酔は何症例くらい経験されたのですか。その病院では月に何件くらいあるのでしょうか。

とても礼儀正しい質問者さんは謙虚すぎて雇い主である獣医師に質問する事も遠慮されているのでしょうか。慎み深いあなたが家に帰り一人黙々と自学ノートを読み返されている姿を思うとその不条理に義憤を覚えます。話しにくい上司であれば職場を選ぶべきです。あなたのような真面目な人材が最初の運命に拘束されたら勿体ないです。面倒見のいい上司を探されるのが一番勉強になります。
(5)これはその言った人の都合で、そう言ったのですから、そう言った人に、その人の都合を聞くのが正解です。勉強になるかどうかその努力です。その職場選びの努力も含まれます。
「SpO2が先だ」と言った時、獣医師は何をしていたのですか。さっさとプローブをつけて、チワワの口元を離れたかったとかではありませんか。挿管は何のためにするのか。それが上手く言っているかどうかを心電図の波形でチェックできますか。換気が上手くいっていなければ挿管の次の作業に進めない気もします。
(6)全身麻酔のリスクはいろいろありますが、呼吸抑制は怖いですね。
サチュレーションはいわば舌粘膜下の動脈血の色を測定しているのですね。いち早く知りたいのは、また、常にチェックしておきたいのは、心電図の波形(不整脈や期外収縮)でしょうか。

(7)教えて欲しいのですが、気管挿管する前に心電図をつけたりするのは動物の場合、難しいのですか。SpO2が舌ならばそれは無理としても。というか、麻酔で鎮静して、気管挿管する前に、舌にプローブをはめて一度測定するとか、そういう手間をかけないでしょうか。また、先ほど、獣医師ではなく、看護師が、五感でチェックされるとお書きになりましたが具体的にはどんな感じでしょうか。余談として、看護師さんが聴診器を使う事はないのですか。

(8)実際、SpO2の値はいくつくらいを推移しているのか、見ると数値はいくつである事が多いのですか。先生からいくつ以上でなければならいとか気にされるような事を聞かれましたか。

(参考)
「新しい避妊・去勢手術」(北千里動物病院)
をクリックした内容と似たような感じでしょうか。
http://kitasenri-ah.jp/index.html
「犬の麻酔について」(にほんまつ動物病院)
http://nihon.matsu.net/nf_folder/nf_FAQ/nf_masui_dog.html

「Chapter 14 全身麻酔導入」(千葉大学医学部・麻酔科)
1-Eや1-Kや5-2や5-6を参照。3-(ア)も。
http://www.geocities.jp/chiba_anesth/manual/manualch14.html
「気道管理体制」(千葉大学医学部・麻酔科)
http://chiba-anesth.sakura.ne.jp/airway.html

(9)余談ですが、点滴は使わないのですか。またそのチワワの術後看護はしないのですか?帰宅しちゃうの?


質問者さんはヤル気のある人材です。世間は広いです。とどまることなく、自分から足を運べば、いろんな経験が待っています。動物看護師としてご活躍ください。

お礼ありがとうございます。

世間ずれしていない真面目な質問者さんは、この四月からの新米だと勝手に想ったのですが、そうでもないのでしょうか。とてもしっかりされていますし知的な対応されています。
(4)全身麻酔は何症例くらい経験されたのですか。その病院では月に何件くらいあるのでしょうか。

とても礼儀正しい質問者さんは謙虚すぎて雇い主である獣医師に質問する事も遠慮されているのでしょうか。慎み深いあなたが家に帰り一人黙々と自学ノートを読み返されている姿を思うとその不条理に義憤を覚え...続きを読む

Qリハビリ

学校でリハビリについて調べてます。
リハビリ施設には総合リハビリとリハビリ1、リハビリ2、・・・etc・・・
とあると聞きました。
この違いを教えてください!!

Aベストアンサー

訓練室の面積、PTやOTの配置数といった施設基準・人員配置の組み合わせで医療機関のリハビリに関するランク付けを行うような仕組みです。
施設基準に応じて、診療報酬が定められています。
学校の宿題のようなので、ヒントはここまでにしておきます。
「リハビリ 施設基準 人員配置」等で検索するとヒットしますよ。

Q3才の娘が、SPO2が95なんです。

喘息かも!と言われSPO2を測ったら94~95でした。でも、ぜぇーぜぇーいうものの喉が赤いのでそのせいだろうと言われました。そこで質問ですが、この95って言う数字は低い数字だといわれましたが、本人は走ったりとっても元気です。SPO2が低いというのは個人差、とかあるのでしょうか?詳しくおしえていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

普通の小児の場合、空気を呼吸してもSpO2は97~99%はあると思います。単純に考えると、低い値と言う事になってしまうのですが・・・。
実は、パルスオキシメータは確かに便利な器械ですが、いろいろな理由で測定値に誤差が出て来ます。
原理上、動脈血と静脈血を拍動の有無で区別しておりますが、測定している手足を動かすと(筋肉の収縮で)静脈血の流れ方が一定にならないために値が低く測定されてしまいます。センサーの当たり方でも、測定値に差が出ます。大人用のセンサーを子供につけると、回りの光(特に蛍光灯など)の影響で値が変わります。何年も使用されたセンサーや、再利用された使い捨てのセンサーでも値が低くなる事があります。また、メーカーによっても測定値の傾向があります。

一般に、呼吸器系の症状によって肺で酸素を十分に取り込めないとか、取り込んだ酸素をいつもより多く消費してしまう(甚だしい発熱の場合にも酸素の消費は多くなると思います)などの理由によりSaO2(動脈血のヘモグロビンの酸素飽和度)が低下し、結果SpO2も低い値を示す事はありえますが、貴女のお子さまの場合がどうなのかは直接診察してくださっているお医者様に御相談いただければとおもいます。

普通の小児の場合、空気を呼吸してもSpO2は97~99%はあると思います。単純に考えると、低い値と言う事になってしまうのですが・・・。
実は、パルスオキシメータは確かに便利な器械ですが、いろいろな理由で測定値に誤差が出て来ます。
原理上、動脈血と静脈血を拍動の有無で区別しておりますが、測定している手足を動かすと(筋肉の収縮で)静脈血の流れ方が一定にならないために値が低く測定されてしまいます。センサーの当たり方でも、測定値に差が出ます。大人用のセンサーを子供につけると、回りの光...続きを読む

Q骨折後のリハビリ

足首を骨折して約2ヶ月でリハビリ中ですが
就寝の時つま先を上(それしかできない)にして寝ています 足をかばっているせいか1~2時間程度で
太股やお尻のあたりの痛みで目が覚めてしまいます
この痛みを取除く方法 また朝起きた時に股関節(だと思います)のつけねがピリピリしてうまくヌケてない
様な感じがします リハビリの先生・整形外科の先生に
相談しても足をかばって力を入れすぎ との返事しか
もらえません なにかいい方法はないでしょうか

Aベストアンサー

上記の文だけで、あなたの足の状態を察する事が困難の為、アドバイス程度に聞いてください。膝の下に三角枕、若しくは、バスタオル等を巻いたものを入れて股関節軽度屈曲位、膝関節屈曲位にされたらいかがですか?

Q酸素飽和度(SPO2)の年齢別平均値というのはありますか?

病院職員です。
簡単に計れるspo2を目安に酸素供給量や運動負荷を決めようと思っていますが、老人は特に心肺機能に問題がない人でも値が低い場合があると聞きます。しかし、どの程度が異常でどの程度までが許容できる範囲なのかわかりません。年齢別の平均値などのデータをご存じの方教えてください。また、spo2と運動負荷の関係などについて記載されているページなどありましたら教えてください。

Aベストアンサー

No.1で回答させてもらったものです。

「SpO2の正常値は、動脈血酸素分圧 (PaO2)とSpO2の相関から、
PaO260Torrで約90%、80Torrで約95%であり、
この範囲外では大まかな値となってしまう。
PaO2の正常値は年齢などで変化するが、
SpO2の感受性はそれに正確には対応できない。
また一般に70~100%の範囲で精度は約5%(±2SD)のである。
正常健康人は労作後(歩行など)も同値か、少しSpO2は上昇する。
労作後何分位で回復するかは疾患の種類や症度による。」
との資料が手元にあります。

私見ですが、SpO2は誤差が生じる(生じやすい)もので、
基準値は設けにくいのでは」ないかと考えます。

SpO2の値というより、その(低い)値になる要因(心機能、呼吸機能など、疾患の種類や症度)が重要であるし、臨床的意義がありますよね。
SpO2の値は、年齢との相関より、生活状態より、
心機能、呼吸機能などを低下させる疾患、その症度の影響を受けると考えています。

健常な人の加齢による変化についての基準が、
もしかしたら、あるのかもしれませんが、私は見つけられていません。

回答になっていますでしょうか。。。 

No.1で回答させてもらったものです。

「SpO2の正常値は、動脈血酸素分圧 (PaO2)とSpO2の相関から、
PaO260Torrで約90%、80Torrで約95%であり、
この範囲外では大まかな値となってしまう。
PaO2の正常値は年齢などで変化するが、
SpO2の感受性はそれに正確には対応できない。
また一般に70~100%の範囲で精度は約5%(±2SD)のである。
正常健康人は労作後(歩行など)も同値か、少しSpO2は上昇する。
労作後何分位で回復するかは疾患の種類や症度による。」
との資料が手元にあります。

...続きを読む

Qリハビリ医療の未来

私は言語聴覚療法を学びたいと思っている20の浪人生です。
日本のリハビリ医療の未来、特に言語聴覚士の担当する分野に関して質問があります。
知識不足から間違った見識を述べてしまう場合もあるかもしれませんがお許し下さい。
現在、世界では脳科学やロボット工学の研究がさかんに行われ、その発展度合いには目を見張るものがあります。
話によると、脳に直接電子機器を埋め込む事で周辺の機器を思い通りに操り、日常生活に必要な動作の一部を補うといった技術は既に存在しているそうですね。
テレビやネットの報道の中には現在存在する職業の役50%が20年後までにロボットで代替可能だ、というようなものもあります。

そこでお聞きしたいのですが、脳やロボットの研究が進むことによって将来的に言語聴覚士やその他のリハビリ専門職の仕事が無くなる、というような事は考えられるでしょうか?
例えば、脳卒中によって言語障害や嚥下摂食障害を煩った患者の脳に特定の電気信号を流すだけでその機能の一部(もしくは全て)を回復させられるようになり、結果的にSTの需要が減ったりする事などは考えられますか?

私は元々臨床心理学に興味があったのですが我が家には既に供給過剰な臨床心理士を目指す経済的な余裕が無かったため、少しでも自分のやりたい仕事に近く一定の就職先のある仕事を、と思って探して見つけたのが言語聴覚士という仕事でした。が、もし近いうちに(2、30年以内に)リハビリテーション全般の問題がテクノロジーによって難なく解決されてしまうとしたら、と思うと少し二の足を踏んでしまいます。
もちろん障害に苦しむ人々の問題が解決し、全ての人々がいきいきと生活できる社会というのは文句なしに素晴らしいとは思うのですが、自分が生きているうちに無くなる(であろう)仕事を一生懸命にやれるのかと言われると複雑な気持ちになってしまうというのが正直な感想です。

はたして言語聴覚士という仕事はテクノロジーによって代替可能な仕事なのでしょうか?教えて下さい。

私は言語聴覚療法を学びたいと思っている20の浪人生です。
日本のリハビリ医療の未来、特に言語聴覚士の担当する分野に関して質問があります。
知識不足から間違った見識を述べてしまう場合もあるかもしれませんがお許し下さい。
現在、世界では脳科学やロボット工学の研究がさかんに行われ、その発展度合いには目を見張るものがあります。
話によると、脳に直接電子機器を埋め込む事で周辺の機器を思い通りに操り、日常生活に必要な動作の一部を補うといった技術は既に存在しているそうですね。
テレビや...続きを読む

Aベストアンサー

STさんの業務は現在急速に拡大していますが、供給は全く追いついていません。

もちろん、STさんが担当するいわゆるリハビリ業務、すなわち言語療法・嚥下療法が必要な対象患者は、脳卒中後遺症・認知症などが主体になりますが、社会の高齢化にしたがって増える一方です。

また、実際に必要な言語療法・嚥下療法は、患者さんの状態に応じて様々に変化し、IT技術の進歩で克服できるのはまだかなり先(50年以上)の話と思われます。

さらに、認知症の方の現状評価・言語療法なども重要な仕事ですが、これも現在は全く人手不足です。

認知症・障害高齢者は今後ますます増えていくと思われますが、社会制度の整備は全く追いついていません。

「言語聴覚士という仕事はテクノロジーによって代替可能」な部分はあろうかと思いますが、それはより高度な業務に吸収されていき、需要の増大に重なり、言語聴覚士の仕事が減るとは考えられません。

臨床心理士が供給過剰なように見えるのは、保険点数がついていないせいであり、実際の仕事が少ないわけではありません。
認知症の方の高次脳機能評価は、臨床心理士がやってもいいのですが、保険点数の関係で言語聴覚士がやっている施設が多くあります。

現場の感覚からすれば、少なくとも後50年は、テクノロジーで代替され、言語聴覚士が供給過剰になろうとは思えません。
ぜひ、初志を貫徹してくれることを望んでいます。

STさんの業務は現在急速に拡大していますが、供給は全く追いついていません。

もちろん、STさんが担当するいわゆるリハビリ業務、すなわち言語療法・嚥下療法が必要な対象患者は、脳卒中後遺症・認知症などが主体になりますが、社会の高齢化にしたがって増える一方です。

また、実際に必要な言語療法・嚥下療法は、患者さんの状態に応じて様々に変化し、IT技術の進歩で克服できるのはまだかなり先(50年以上)の話と思われます。

さらに、認知症の方の現状評価・言語療法なども重要な仕事ですが、これも現在は...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング