磁気ネックレスと、そうでない普通のネックレスを一緒につけていると
磁気ネックレスに、普通のネックレスがくっついていきます。
このとき、磁気ネックレスの磁気は、弱っているのでしょうか?
もし弱っていたとしたら、普通のネックレスと離した後は、
もとに戻るのでしょうか?

素朴な疑問です・・・。教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>このとき、磁気ネックレスの磁気は、弱っているのでしょうか?


 ネックレス自体の磁気は、弱くなるわけではないが、人体を通過する量は少なくなっています。

磁石にはNとSの極があり、磁気(磁力線)は、NからSへ交差しないようにとおって行きます。
http://qa.jst.go.jp/qadata7/JST-Q1444.htm

その通り道に人体があれば、通過して行きます。
しかし、透磁率(磁力線のとおりやすさ)が高いもの(たとえば普通のネックレス)があると、そっちをとおるほうが楽なので、人体を通過せずに近道をするようになります
。さらにくっつくとより近道になるので、ますます、人体を通過しなくなります。

離した後は、もとどおりになります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速の回答、ありがとうございます。
初めての質問に、すぐ回答が届いて、感激です!

やはり、普通のネックレスとは、別々につけたほうがよさそうですね?
勉強になりました。

お礼日時:2001/12/23 09:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q強力な磁力の人体への影響について

肩こりがひどく、ピップエレキバンを良く使用しています。
ネットで調べていたら、小型のネオジウム磁石(超強力)を
市販の固定シールでエレキバンの様に使えるものを発見しました。
磁力も最強グレードで肩こりには効きそうなのですが、
ふと思い出したのが、リニアモーターカーの超強力な磁力(磁界)
の影響が人体に悪影響を与える(癌になる?)ことを思い出しました。

某ネオジウム磁石販売サイトでも、超強力なために1時間以上継続して
体に密着させないで下さいと注意書きがありました。そうかと思えば
別サイトではネオジウム磁石のブレスレットやネックレス等が販売
されています。

どちらが本当なのか不安です。人体への影響とは具体的にどの様な
ものなのでしょうか?

Aベストアンサー

一番は貧血、うっ血です。
鉄分が主成分である赤血球が、磁石に溜まってしまうのです。この作用でエレキバンがあるのですが。
最悪、血行不良による壊疽の可能性があります。

リニアモーターカーの磁力線とは大きさの規模が違うので別次元です。あれは平衡器(三半規管など)がおかしくなります。

ネオジウム磁石の説明の違いは、磁力線量の違いでしょう。ちがう材質なのだと思います。
ただ、磁力の人体への影響はまだ判明していません。というか物理的にも仕組みがよく分かっていません。
厚生省も家庭用医療機器としての基準はなかったと思いますから、自主規制なのではないでしょうか?


人気Q&Aランキング