清拭・洗髪援助時における事故・禁忌について調べています。
私の考えではどちらも熱傷や転落などの事故、その部位に創傷がある場合には行ってはならない……、それくらいしか思いつきません。
どなたか教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

はじめまして。


清拭、洗髪における事故、禁忌についてですが、熱傷、転落のほかにも、対象者の出血状態も注意事項です。血小板が少ない状態で、目の粗いタオルなどを使って、きつくこすれば、出血斑や、出血を引き起こすことになります。
洗髪の場合も同様です。この時は、脳内出血を引き起こす可能性があります。
ですので、血液状態の把握をしてから、行うべきです。

人口肛門があっても入浴、洗髪は関係ありません。
褥瘡があっても、感染がなければ、透明フィルムで覆って、入浴します。

うかぶのはこれぐらいですが…
    • good
    • 1

清拭・洗髪援助・入浴介助時を考えた場合、事故がおこりやすいのは『体位変換』のときだと思います。

思いのほか人は重いことは十分承知のことだと思いますので複数介助、両脇から…というののもそうですよね。

一番具体的なのが、整形外科領域で体位に制限があったり固定を必要とする患者の場合です。それについては整形外科の看護マニュアルを熟読してください。またドレナージを行っている場合、引き出す向きにも注意が必要ですよね。とりあえず思いつくところだけ。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q人工骨頭置換術後の禁忌肢位について

人工骨頭置換術をされた方は禁忌肢位が出てくると思うのですが、この禁忌肢位は術後どのくらいまでというのがあるのでしょうか?それともずっと禁忌肢位なのでしょうか?
わかる方教えてください。

Aベストアンサー

No1です。そういう状況ですね。
後方アプローチで書きますが、術後3週くらいは外転枕を使用して、
外旋位禁(腓骨神経麻痺防止)、内旋位禁(脱臼防止)とは
なりますが、「外旋・内旋禁忌」とまでわざわざ書くかは???
3週までは屈伸以外のROM訓練は積極的にはやらず、その後は退院まで
自動運動主体で内外旋も軽くROM訓練かなという感じでしょうか。
抵抗を超えてまでのROMは、何年たとうが脱臼や骨折のリスクが
ありますから、禁忌といえば禁忌。術後1年半も経てばいまさら
内外旋のROM訓練に意味があるかは??

PT学校に若干かかわっていますが、覚えることが多く大変ですね。
また横断的な理解が重要です(整形-解剖-生理-等々複雑にリンク)。
目標に向かってがんばってください。

Q中世では、戦場において治療として創傷部位に馬の血を湿らせたバンドを施し

中世では、戦場において治療として創傷部位に馬の血を湿らせたバンドを施し、添え木を行ったりしていたということですが、何故馬の血を湿らせたバンドをつかうのか教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

馬油

http://www.bahyu.com/top_bahyu/kounou.html

http://www.neo-natural.com/bayu.htm

http://www.kounebayu.com/medical.htm

憶測です。

馬油を傷口に塗ると殺菌効果が有ると、中世の人も、長い年月、何らかの方法で知りえたのでしょう。

しかし、移動の手段である馬を殺すことなく、血液を使用したのではないでしょうか?

Q授乳の禁忌の理由(糖尿病、慢性腎炎、心不全、悪性腫瘍など)を教えてください

こんにちは、タイトルの通り授乳における禁忌のわけを教えていただきたいのです。まず(1)母親の糖尿病、甲状腺機能亢進症、慢性腎炎、心不全、悪性腫瘍それぞれについての禁忌の理由。(2)母親に隔離の必要な急性伝染病や開放性あるいは活動性結核がある場合の禁忌の理由(3)次子の妊娠の場合の禁忌の理由   とありますが、できるだけ詳しく解説していただけたらと思います。よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

お役にたてるか分かりませんが、1)の疾患の治療に使用されている薬剤が、母乳に移行して乳児に副作用を起こす可能性があるからかと思います。母乳へ移行する量は、さほど多くはないにせよ、赤ちゃんの肝臓や腎臓の働きがまだまだ不十分で、お薬を排せつする力が低いため、気をつける必要があるのだと思います。ホルモン系統のお薬や、放射性の医薬品、抗悪性腫瘍剤などは禁忌なものの代表です。

2)隔離が必要なほどの感染症であれば、わざわざ感染の危険をおかしてまで授乳をする理由はないと思います。

3)これは、オキシトシンと言う射乳ホルモンが、授乳の際に分泌されるのですが、同時に子宮収縮ホルモンでもある為に、流産を引き起こす可能性があるからだと思います。

私に分かるのはこの程度です、あまり詳しく書けずにすみません。。。御参考までに。。。

Q火傷植皮手術の清拭について

火傷植皮手術の患者さんの清拭について教えてください。

看護目的を感染予防のための清拭としたのですが、看護士さんに「どういうこと?」と質問され、「腋下の汗で創部が汚染されるのを防ぐため上肢に傷がないかを観察する」と答えたのですが「少し違うと思う、考えてきて」と言われました。

思いつかないのですが、何があるか教えて下さい。

Aベストアンサー

意地悪な質問をする看護師さんですね。
患者さんのカラダを清潔に保つためにカラダを拭くのが清拭じゃないのかな 
とさらっと聞き流しなさい。

Q殺人は禁忌なのか?

「人を殺してはならない」というのは禁忌なのでしょうか?

介護殺人、長期に渡って虐待を受けていた人間による復讐殺人は、他の殺人事件よりも量刑は軽く扱われます。特に、介護殺人になると2人以上を殺害しても懲役が5年未満です。

仮に、殺人が本当に禁忌であれば、どうして例外があるのでしょうか?

Aベストアンサー

「禁忌」をどういう意味で使っているのですか?
「してはいけないと、禁止されていて、すれば例外なく同じ罰を受ける事柄」という意味ですか?

日本の法律では、「殺人をしてはいけない」という条文はないはずです。

殺人をした場合は、○○・・という記述はあっても、聖書や仏典のように、「殺すべからず」とは書いてありません。

罰則が決まっているだけなので、罪の度合いによって、罰の度合いも変わります。それを「例外」というのは、法律的にはちょっと違うでしょう。

法における罰則は、ケースバイケースで判断し決定するのですから、「いかなる場合も○○は△△」という決め方ではありません。

「殺人」とひとまとめにして、同じ罪状だから同じ罰、とするのは、乱暴すぎます。

ま、だから、殺人は禁忌ではない、といえばいえますね。

私、高校生の時、社会科の教師だったと思うけど、「人を殺してはいけないという決まりはありません。ただ殺せば相応の刑罰を受けます」と言われましたよ。

Q●熱傷とアシドーシス●

熱傷の際、なぜアシドーシスになるのかがわかりません…。
わかる方がいましたら教えて下さい!!!

Aベストアンサー

整理してみましょう?とても大雑把ですが(^-^)

==熱傷は==
外部の熱で,皮膚および深部組織の温度が,細胞死や,蛋白の凝固や炭化を起こす状態まで上昇し発生して熱傷となり、
そして、蛋白変性,熱傷性浮腫,血管透過性亢進による血管内液の喪失が現れるのですね。

==アシドーシスは==
体液が過度に酸性化した状態のことですね。

==熱傷の状態により==
合併症として、一般に代謝性アシドーシスや(救命治療による場合も含め)低カリウム・カルシウム・アルブミン血症や不整脈が発生しますから、

==代謝性アシドーシス==
の合併症が熱傷により起こる原因を考えれば
・血液減少
・心機能不全による組織灌流量不足
と言えます。

==すごく略すと==
血液(血管内液)の減少で相対的な過度の酸化が起こり代謝性アシドーシスへ繋がると言えますが、
ご質問から、既に医療のお勉強中かと思いましたのでこんな感じでいかがでしょう(^^)?

Q人工関節置換後(股関節・膝関節)の禁忌体位について

人工股関節置換後の禁忌体位として、過度の屈曲・外転・外旋があると専門書で見ましたが、術式によっては過度の屈曲・内転・内旋と書いてある本もありました。
術後、側臥位になる時や仰臥位の時は脱臼予防の為に外転枕を使用すると教えてもらいましたが、外転が禁忌なら、???になってしましました。
また、膝関節の術後の禁忌体位についても教えて欲しいです。

Aベストアンサー

人工股関節手術には現在、手術のアプローチ(切開方法)がポピュラーなものとして2通りあります。手術アプローチは股関節までの到達方法に関わります。到達のために切開を加えた組織は解剖学的強度が落ちますので、その部分が術後脱臼の好発ルートとなるのです。従って、アプローチによって術後の脱臼危険肢位が異なるわけで、当然、禁忌体位も異なるのです。

・前方アプローチ
これは太ももの外側に切開を加え、大転子の前方から股関節に到達する方法です。この際、下肢を伸展、外旋させて関節の処置を行いますので、この肢位が術後にも脱臼肢位となるのです。いわゆる前方脱臼となります。ただ、これは非常に不自然な肢位ですので、日常生活では余り心配することはありませんが、足を後ろに残して体を反らすようにしてこけそうになったときなどがこれに当たります。

・後外側アプローチ
これは太ももの外側からおしりにかけて切開を加え、大転子の後方から股関節に進入する方法です。この方法では下肢を屈曲・内旋して股関節の操作を行いますので、この肢位が術後の脱臼肢位となります。いわゆる後方脱臼となります。しゃがみ動作など、日常生活でもしばしば見受けられる肢位ですので、注意が必要です。

どちらも、股関節の構造上、外転は脱臼しにくいと思います。内転はどちらの術式でも脱臼誘発肢位に近くなります。外転枕を使うのは通常、後外側アプローチです。

あと、膝に関してですが、膝はよほどの靭帯機能不全がない限り、術後脱臼というのがほとんどありません(膝蓋骨脱臼は以前よく見受けられましたが)。従って、禁忌肢位というものもほとんど提唱されていません。強いて言うならば、枕挙上などで屈曲していると、術後リハビリで屈曲拘縮が起こりやすいと言う事から、枕挙上を嫌ったり、挙上時には膝伸展位を保持するようにする医師もいます。

以上、ご参考になれば。

人工股関節手術には現在、手術のアプローチ(切開方法)がポピュラーなものとして2通りあります。手術アプローチは股関節までの到達方法に関わります。到達のために切開を加えた組織は解剖学的強度が落ちますので、その部分が術後脱臼の好発ルートとなるのです。従って、アプローチによって術後の脱臼危険肢位が異なるわけで、当然、禁忌体位も異なるのです。

・前方アプローチ
これは太ももの外側に切開を加え、大転子の前方から股関節に到達する方法です。この際、下肢を伸展、外旋させて関節の処置を行い...続きを読む

Q全身清拭について(看護)

全身清拭が感染予防になるという根拠を教えてください

Aベストアンサー

No1の方が書いているように、表面の菌を取り除くことが最大の理由だと思います。人間(に限りませんが)の感染防御システムについての成書にはどれも、最も重要で最も強力な感染防御系として皮膚の重要さを強調していると思います。全身清拭が必要な患者の場合、表皮にいる常在菌や院内で皮膚に付着した細菌が増殖し、それがカテーテル挿入部や創部、あるいは口腔から体内に入り感染、発症する危険性が、一般健常人に比べ高い状況です。それとベッド上全介助レベルの方では床擦れが出来やすく、あたたかいタオルなどで全身清拭することで表皮や筋層の血液循環を改善させ、また、早期に床擦れ(なりかかりも含めて)を発見する契機にもなります。自己免疫力を高めることそのものを証明した論文や成書を見たことは私はありませんので、興味があれば調べてみてください。

Q便秘中に禁忌な食べ物

快便だったのですが、昨日から原因不明の便秘になり、すごいショックで落ち込み、食べ物に敏感になっています。

便秘中に禁忌な食べ物として、不溶性食物繊維系、利尿作用のあるコーヒーやアルコール類などの基本的な知識はあるのですが、念のため、他に何があるか色々と調べてみた結果、便秘中に良いと言われているかと思えば、禁忌だと言われる食べ物など(例としてヨーグルト)があり、どちらのアドバイスを信じたらいいのか困っています…。

なので、実際、便秘の経験がある方で、便秘中に禁忌な食べ物をよく知っていらっしゃる方にアドバイスしていただきたいのですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>便秘中に禁忌な食べ物として、不溶性食物繊維系、利尿作用のあるコーヒーやアルコール類などの基本的な知識はあるのですが、・・・・

個人差はあると思いますが、不溶性食物繊維、コーヒー、アルコールが便秘の時は「禁忌」というほど摂取してはいけないものではないと思います。先ず不溶性食物繊維はむしろ腸のぜん動を促して排便を促進する効果があります。私は食物繊維を水溶性・不溶性を気にせず、毎日25gは摂っていますが毎朝食後、日によっては朝食前から便意が出て、快便の毎日です。確かに、不溶性食物繊維ばかりだと、便のコロコロ感が増して、人によっては便秘することもあるようですが、水溶性・不溶性をほどほどに摂るということは、むしろ便秘には良い効果が出ると考えています。ちなみに食物繊維の効能を説明したあるクリニックのサイトが下です。

http://www.matsushima-hp.or.jp/landmark/evacuation_6.html

コーヒーも1杯や2杯で便秘になるとは思えません。私などコーヒーを飲むと便意を催すことすらあるくらいです。アルコールは飲みすぎると誰でも下痢をします。試しなさいとは決して言いませんが、私は何度も経験しています。腸の働きが悪くなって下痢をするのです。下にアルコールと下痢の関係を説明したサイトがあります。(コーヒーもアルコールも利尿作用があるので、水分補給が十分でないと便秘になるかもしれませんが「禁忌」というほどのものではないと思います)

http://www.element-body.com/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%81%A8%E4%B8%8B%E7%97%A2/

>便秘中に良いと言われているかと思えば、禁忌だと言われる食べ物など(例としてヨーグルト)があり、・・・・

ヨーグルトの乳酸菌・ビフズス菌は腸の調子を整える働きがあります。したがって、便秘にも下痢にも有効です。但し、「腸の調子を整える」のが本来の働きであり、排便を促進したり、下痢を止めるほどの強い効果はありません。乳酸菌・ビフズス菌の医薬品がありますが、下痢のときに処方される場合が殆どですが、普通は別途下痢止めの薬と併用します。

便秘中に少しでも食べるといけないものというほどのものはないと思います。強いて言えばお茶に含まれるタンニン(渋みの成分)は便秘を促進させると言われますが、普通のお茶を食事時に1杯や2杯飲んだからといって便秘になるとは思えません。お茶を飲むということは水分を補給することであり、便秘にはむしろ良いくらいだと思います。

あと、タンパク質に偏った食事をしていると便秘になります。たとえば肉、魚、卵などばかり食べて、野菜などの食物繊維を食べないときです。

質問者さんの場合は、食物繊維の摂取に気を付けていたとするなら、何かの事情で、胃腸の働きが弱ったのでしょうね。一時的なものだと思いますが、ひどいようなら医師に診てもらうことをお勧めします。

>便秘中に禁忌な食べ物として、不溶性食物繊維系、利尿作用のあるコーヒーやアルコール類などの基本的な知識はあるのですが、・・・・

個人差はあると思いますが、不溶性食物繊維、コーヒー、アルコールが便秘の時は「禁忌」というほど摂取してはいけないものではないと思います。先ず不溶性食物繊維はむしろ腸のぜん動を促して排便を促進する効果があります。私は食物繊維を水溶性・不溶性を気にせず、毎日25gは摂っていますが毎朝食後、日によっては朝食前から便意が出て、快便の毎日です。確かに、不溶性...続きを読む

Qパキシルの18歳未満への投与禁忌について

パキシルが7~18歳の大うつ病の患者に禁忌となったそうです。
自殺リスクが高くなるとの言葉にはショックを受けました。

どのような理由(薬の効果、患者の状況など)からそうなってしまうのでしょうか?
仮定でも構いませんので、ご存知のことがありましたらご教授ください。

今までパキシルの服用をメインに治療を受けていた患者には、
今後どのような治療への変更が考えられますか?
個人差はあると思いますが「このような患者にはこのようになるだろう」というお考えがありましたらお聞かせください。

現在デプロメールを服用中ですが、この薬とパキシルの違いはどのようでしょうか?
目的は同じような気がするのですが、働き方が違うのだと思うのですが、それぞれの説明を読んでもうまく比較することができません。

20代ですし病気も違いますので今回の発表とは全く関連はないのですが、
自分の飲む薬についてより知りたいと考えております。

よく説明されまとまっているサイトなどのご紹介も大変助けになります。
どうぞよろしくおねがいいたします!!

Aベストアンサー

え~まず、SSRI(セロトニン選択的再取り込み阻害薬)という薬品全般に関して言える事ですが、年齢に係わらす十度の鬱病患者にこれらの薬品を処方する事で自殺の可能性が増大する危険性が指摘されています。
その訳というのは比較的理解しやすいもので、自殺というのは鬱病の患者にとってはある意味、鬱という問題解決の為の積極的な解決手段として考えられるものですが、(もちろん奨めている訳ではありません。念の為。)
当然自殺という行為は相当の決意と行動力が無ければ出来ないものです。重度の鬱病患者にとっては症状が重い間、
そのような行為に至る気力もない訳ですが、SSRIによって症状が改善されてくると、(逆説的な話ですが)自殺する気力が沸いて来るのが原因と言われています。(だからこそ、医師の指導の元に服用すべきものでしょう。)

そういった事実を踏まえて、今回のケースですが、グラクソ社が小児への適用拡大を狙い、臨床実験を行ったところ、2倍近くも自殺する可能性が増えるという結果が出たので、慌てて小児への服用を禁止したというのが実情ではないでしょうか。
とりあえずあなたはこのサイトへ書き込むといった、積極的な問題解決が出来るだけの気力をお持ちのようですので、医師に相談しながらの服用ではとりあえず問題ないのではないでしょうか?

またこの文章は私個人の意見であり、医療行為としての助言・判断・アドバイス・指示ではない事をご理解ください。

参考URL:http://www.kyoto-np.co.jp/news/flash/2003oct/20/CN2003102001000167H1Z10.html

え~まず、SSRI(セロトニン選択的再取り込み阻害薬)という薬品全般に関して言える事ですが、年齢に係わらす十度の鬱病患者にこれらの薬品を処方する事で自殺の可能性が増大する危険性が指摘されています。
その訳というのは比較的理解しやすいもので、自殺というのは鬱病の患者にとってはある意味、鬱という問題解決の為の積極的な解決手段として考えられるものですが、(もちろん奨めている訳ではありません。念の為。)
当然自殺という行為は相当の決意と行動力が無ければ出来ないものです。重度の鬱病患者...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報