プロが教えるわが家の防犯対策術!

現在計算の苦手克服も兼ねて簿記3級の勉強をしております。
いま貸倒引当金の項目を勉強してまして、使用しているテキストを見てみると
貸倒引当金の勘定が負債ではなく資産のマイナス勘定と表記されています。

「資産のマイナス勘定」と「負債勘定」って別物なんですか?
何となく「資産のマイナスを補う科目だから負債には該当しないのかな?」とは思ってるんですが
どうもその考えに自信が持てなくて^^;
試験前までにスッキリしたいんで(ぇ よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 基本的に引当金は負債勘定です。


 厳密に言えば、「貸方勘定」です。貸方勘定とは、増えれば右側に仕訳する勘定のことです。
 ですから、貸倒引当金も貸方勘定です。
 ただ、貸倒引当金とは、売上債権が焦げ付いた場合に備えるものですので、あらかじめ売上債権から差し引くのが一般的です。
 その方が、その企業の資産価値を適切に判断できますので。
 したがって、当たり前だと負債の部に記載される貸倒引当金を、資産の部に記載するのです。
 ただ、貸方勘定なので、資産の部(借方)に移動させる場合はマイナス表示させます。
 無理に負債勘定に記載しても間違いではないのでしょうが、そうすると資産合計(=負債資本合計)がその分増えてしまうので、注意が必要ですし、一般的ではありません。
 このように、貸倒引当金は貸方勘定なので、もともとは負債勘定なのですが、資産の適正評価という意味合いから、資産の部にマイナス計上する特殊な勘定科目といえます。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます^^
なるほど、売上債権から差し引いた金額と考えれば確かに資産マイナスってのも納得です。
非常に詳しい説明のお陰で何となくモヤモヤしてたものが晴れた気分です^^
本当にありがとうございました!

お礼日時:2006/02/15 12:50

負債勘定の他の科目の性質を良く考えてみてください。


借入金だとか支払手形だとか未払金だとか買掛金などですよね。
全て支払わなければならない、要は会社が「これだけ支払ってないものがありますよ」という性質のものばかりです。

しかし、貸倒引当金は支払わなければならないものではないですよね。貸倒引当金は、もしかしたらこれだけ売掛金から回収できなくなるかもしれないという見積価格のようなものです。

負債とは全然性質が違います。仕訳上では増加のときに貸方に来るので、負債と混乱しがちですが、性質上資産のマイナス勘定になります。

ご参考まで。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます^^
そうなんですよ、「負債は支払い義務の発生する科目が該当する」と覚えてる上に
最初の金額の発生が貸方なので「何で資産?」となってしまってたんですよね^^;
お陰さまでスッキリしました。ありがとうございました!

お礼日時:2006/02/15 12:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q簿記・資産のマイナス勘定の精算表における処理について。貸倒引当金や減価

簿記・資産のマイナス勘定の精算表における処理について。貸倒引当金や減価償却累計額はなぜ精算表において、貸借対照表の貸方にくるのですか?資産のマイナス勘定だからと言われてもよくわかりません。貸借対照表は資産・負債・純資産が載るものだというので・・・。

Aベストアンサー

仕訳を思い出せば

減価償却費 9999 減価償却累計額 9999



貸倒引当金繰入 9999 貸倒引当金 9999

ですから、借方が経費、貸方が負債というパターンと、意味は同じですね。ただ、実際に誰かに金を借りている、すなわち債務があるワケではないので、それを負債と呼ばず、貸方の資産を、マイナスする要素として考えなさい・・・・ということなのでしょう。じっさい、債権が回収できれば問題はないし、減価償却については、資産購入はすでに済んでいて、見かけの資産価値がさがることを、表現するためのテクニックですからね。

ただ、精算表上は、貸方、借方とも、プラス表示の方が、見やすい。だから、マイナス項目は、貸借逆転させて、表示したほうがいいですよ、ということですね。借方にマイナスで計算しても、当然解は同じになります。

Q貸倒引当金(簿記3級)について質問です。

2週間ほど前に独学で簿記3級の勉強を始めた、超初心者です。
貸倒引当金について。

(売掛金、受取手形等の残高)×設定率

で計算された引当金の設定額の仕分けで、

(借方)貸倒引当金繰入○○円 (貸方)貸倒引当金○○円

とあります。
それで、貸倒引当金繰入勘定が「費用」のグループに属するのは、わかるのですが、貸倒引当金勘定が「負債」のグループに属するというのです。私の本では。
私の本では、今まで登場した「負債」に属する勘定は、「借入金」、「買掛金」、「未払金」等々いかにも「負債」というべきものばかりだったのですが、ここへ来て「貸倒引当金」がなぜ負債になるんだろうと考え込んでいます。
たぶんどこかが分かっておらず、こういう疑問になるのだと思いますが、何卒ご回答のほどお願いします。
なお冒頭に書きましたように、超初心者ですので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

貸倒れについて簡単に整理すると、
売掛金が回収できなかった時の損失のことですよね。

【○○商事が倒産して、売掛金××円が貸倒れとなった】
◆(借方)貸倒償却××円 ◇(貸方)売掛金××円
または
◆(借方)貸倒損失××円 ◇(貸方)売掛金××円

◆費用(貸倒償却または貸倒損失)の発生
◇資産(売掛金)の減少

------------------------------------------------

では本題。
貸倒引当金とは、『もし売掛金が回収できなかったら』
の時のための「損したつもり貯金」だと思ってください。

【もし、○○商事が倒産して、売掛金××円が貸倒れとなったら】
◆(借方)貸倒償却××円 ◇(貸方)売掛金××円
のように見えますが、これは間違いですね。

今回のは「もし」貸倒れになったらという仮定の話で、
実際に貸倒れになったわけではないので、(貸方)に売掛金と計上できないのです。
[売掛金を減少させられない。]
そこで、計上できない売掛金の代わりに貸倒引当金を使うのです。

◆(借方)貸倒償却××円 ◇(貸方)貸倒引当金××円
または
◆(借方)貸倒引当金繰入××円 ◇(貸方)貸倒引当金××円
これが、正しい仕訳になりますね。

そして、実際に貸倒れになった場合は
◆(借方)貸倒引当金××円 ◇(貸方)売掛金××円

貸倒れにならずにすんだ場合は
◆(借方)貸倒引当金××円 ◇(貸方)貸倒引当金戻入××円
※貸倒引当金戻入は収益勘定です
となります。


No.2の回答者の方も言われてるとおり
貸倒引当金は(貸方)に計上しますが、『負債』ではありません。
その証拠に、貸借対照表では『資産』の欄に計上します。
だからといって、貸倒引当金は『資産』でもありません。
厳密に言うと
資産のマイナスを意味する『評価勘定』というものになります。

こんにちは。

貸倒れについて簡単に整理すると、
売掛金が回収できなかった時の損失のことですよね。

【○○商事が倒産して、売掛金××円が貸倒れとなった】
◆(借方)貸倒償却××円 ◇(貸方)売掛金××円
または
◆(借方)貸倒損失××円 ◇(貸方)売掛金××円

◆費用(貸倒償却または貸倒損失)の発生
◇資産(売掛金)の減少

------------------------------------------------

では本題。
貸倒引当金とは、『もし売掛金が回収できなかったら』
の時のための「損したつもり貯金」だと思ってくだ...続きを読む

Q減価償却費と減価償却累計額について

現在簿記3級の勉強をしております。
固定資産の売却の仕訳と勘定記入(間接法)の問題を解いておりますが
どうして減価償却累計額は貸方に記入して
減価償却費は借方の方に記入するのでしょうか?
できるだけわかりやすく教えていただけるとありがたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

簿記の3級ということでしたら、仕訳の対象については、
・収益
・費用
・資産
・負債
・資本
この5つが発生したり、増減したりするものだという
ところまではわかっていますよね。

仕訳で

減価償却費 / 減価償却累計額

というのは、借方で「減価償却費」という費用が発生し、
貸方で「減価償却累計額」という負債の増加を示したものです。

減価償却費は、固定資産を1年間使い、1年分使い古した
費用のことです。それに伴い、資産取得してから、累計で、
これだけ資産の価値が目減りしてきてますよというのが、
減価償却累計額のことです。

Q繰り延べ税金資産

金融再生プログラムに含まれた繰り延べ税金資産とはどういうことですか?授業でそれに関する新聞記事を読んだのですがよくわかりません…。「引当金を積むには税金がかかるが、」←ここからしてわかりません。引当金はわかってるつもりですが税金とのからみが??そして税の戻りとはいったい?
とにかくわかりやすく一般高校生にもわかるように教えていただきたいです。お願いします!

Aベストアンサー

わかり安いように書きますね。
そういう点でここで使われた用語は正確な意味で使われていないということを
了承してください。

税金というのは”利益”に対してかかりますよね。
利益は”収益”から”費用”を引いたものです。
つまり”費用”を過大に計上すれば”利益”が減らせて、収める税金が少なくて
済むわけです。
そういう意味で引当金みたいな恣意性の高い(当事者の加減でいくらでも操作
できる)費用項目は”脱税”に利用されることが多いわけです。
そういうことでお役所としては引当金を計上するということに非常に厳格なルール
を定めています。つまりある一定以上の引当金は費用とは認められず、その分を損益計算書の費用から引かなくてはなりません。結果として税金が増えるわけです。

税の戻りとはなにか?
A社が倒産しそうだということで、銀行はそのA社の融資額に対して引当金を
つみました。ネガティブな情報が流れているとはいえこの時点ではA社は倒産していませんので、引当金を積む根拠は”銀行の勝手な判断”です。ですからお役所は
その引当金をその時点では費用とは認めず、税金を取りました。

さて、A社が倒産しました。この時点でA社の倒産は客観的事実になったわけです。つまりこの時点で銀行の引当金には”客観的な正当性”が証明されたわけですね。お役所にはその引当金分の税金を返す義務が生じるわけです。

いま日本は景気が悪く、銀行は多くの引当金をつんでいます。これは決して脱税のためではなく、銀行が生き残るための必死な行動なのです。お役所としてもそれは
わかっているのですが、一応ルールという建前上銀行に税金を納めさせています。
しかし、予測どおり企業が倒産すれば、支払った税金は当然戻ってくるはずです。

この事実を貸借対照表に反映させるために作られたテクニカルタームが
”繰り延べ税金資産”です。

わかり安いように書きますね。
そういう点でここで使われた用語は正確な意味で使われていないということを
了承してください。

税金というのは”利益”に対してかかりますよね。
利益は”収益”から”費用”を引いたものです。
つまり”費用”を過大に計上すれば”利益”が減らせて、収める税金が少なくて
済むわけです。
そういう意味で引当金みたいな恣意性の高い(当事者の加減でいくらでも操作
できる)費用項目は”脱税”に利用されることが多いわけです。
そういうことでお役所としては引当金を計上するとい...続きを読む

Q減価償却 残存価額1円の『意味』と『取扱』

減価償却 残存価額1円の『意味』と『取扱』

意味は、備忘価額だと思っていたのですが、あってますでしょうか?
また、『取扱』ですが、1円はいつ償却するのでしょうか?
除売却や廃棄時のみなのでしょうか?

おぼろげな記憶で申し訳ないのですが、
以前、小額減価償却資産の年割りの時
http://www.nta.go.jp/taxanswer/hojin/5403.htm
>  また、取得価額が20万円未満の減価償却資産については、各事業年度ごとに、その全部又は一部の合計額を一括し、これを3年間で償却する一括償却資産の損金算入の規定を選択することができます。

最終年度では、差額で1円も償却したような記憶があります。
この規定と、減価償却では、1円の最終的な取扱が違うのでしょうか??

すこし混同しております。。
お詳しい方に、背景なども合わせて教えて頂けると非常に助かります。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

会計上(貸借対照表上)も税務上も償却性資産の残存価額 1円は、企業内にその資産が存在している限り、償却しません。
すなわち、備忘価額です。
除却や廃棄のように資産が存在しなくなったときに、オフバランスします。


一方、税務上の少額減価償却資産の一括償却資産の損金算入の規定では、残存価額 1円を残さず、全額を3年で償却します。


これは、3年後に必ず除却されるという仮定があるのでしょう。

過年度に一括償却を選択している場合には、その後の事業年度にも継続して一括償却の計算が実施されます。
このとき、3年を経過する前に譲渡もしくは除却等をし、資産が企業から存在しなくなった場合でも、一括償却計算を続けます。

ここに、一括償却を選択した段階で、3年で必ず除却することを仮定しており、必ず除却するという仮定の下での計算であるのだから、備忘価額は残さないのでしょう。

Q加重平均と平均の違い

加重平均と平均の違いってなんですか?
値が同じになることが多いような気がするんですけど・・・
わかりやす~い例で教えてください。

Aベストアンサー

例えば,テストをやって,A組の平均点80点,B組70点,C組60点だったとします.
全体の平均は70点!・・・これが単純な平均ですね.
クラスごとの人数が全く同じなら問題ないし,
わずかに違う程度なら誤差も少ないです.

ところが,A組100人,B組50人,C組10人だったら?
これで「平均70点」と言われたら,A組の生徒は文句を言いますよね.
そこで,クラスごとに重みをつけ,
(80×100+70×50+60×10)÷(100+50+10)=75.6
とやって求めるのが「加重平均」です.

Q貸借対照表(B/S)における貸倒引当金の表記について

 よろしくお願いします。
 法人の種類は、協同組合です。
 貸倒引当金勘定は、日計試算表、合計残高試算表と貸方科目で計上処理いたしておりますが、行政庁から決算書類の表記変更にかかる通知がありました。
 貸借対照表の貸倒引当金引当金の表記は、
      借  方        ・     貸  方
 ------------------------------------------------------------
  現預金   10,000
  未収金    5,000
  貸倒引当金 △1,000

 上記のように、借方に事業未収金の次に△表示(減算科目)で作成することとされました。
 当然、資産合計が昨年の貸借対照表と比較した場合、貸倒引当金計上分が少なくなります。
 この、表記方法について、なぜ、このような表記方法にするべきなのかについて教えていただけたら幸いです。
 なお、減価償却累計額も借方に△表示で減価償却資産科目から減算されるように、表記されているのは、以前からですが・・・・
 上司に説明を求められておりまして、行政庁の指示だからなんて、回答して済ませているものですからよろしくお願いします。     
  
                

 よろしくお願いします。
 法人の種類は、協同組合です。
 貸倒引当金勘定は、日計試算表、合計残高試算表と貸方科目で計上処理いたしておりますが、行政庁から決算書類の表記変更にかかる通知がありました。
 貸借対照表の貸倒引当金引当金の表記は、
      借  方        ・     貸  方
 ------------------------------------------------------------
  現預金   10,000
  未収金    5,000
  貸倒引当金 △1,000

 上記のように、借方に...続きを読む

Aベストアンサー

貸倒引当金は資産の価値をマイナスさせる科目です。
決して負債(借金)ではないので
貸方に表示することは、B/Sを利用する人の
誤解をまねきます。

また、未収金のような債権は
回収可能額で評価し表示しなければなりませんから、

未収金100     
貸引 △5  又は  未収金95 と表示します。

この方が親切ですよね。

Q損害保険金受入の処理(仕訳)

いつもお世話になります。

当社工場の屋根が台風被害により破損しました。
申請により保険会社から50万円が振り込まれましたが
業者からの実際の請求額は48万円でした。

この場合、まず修繕費としての計上は必要でしょうか?
また浮いた2万円はどのように処理すれば良いのでしょうか?

表向き・裏向き(?)色々な処理の仕方をご教授くださいませ。

Aベストアンサー

総額で両建て仕訳を立てるのがよいのではと思います。

一例として

保険金入金
現金預金500,000 雑収入500,000

修理業者への支払
修繕費480,000 現金預金480,000

Q経理で言う「洗替」とはどんな種類の仕訳のことを指すのでしょうか。

経理で言う「洗替」とはどんな種類の仕訳のことを指すのでしょうか。
具体的な仕訳を挙げて説明していただけると助かります。

Aベストアンサー

#1さんがお答えになっているのが非常にわかりやすいと思います。
その例を使わせていただき、もう少し細かくすると。
例えば平成18年3月期に100の貸倒引当金を計上するとします。
(平成18年3月31日の決算仕訳)
貸倒引当金繰入 100 / 貸倒引当金 100
(平成18年4月1日の仕訳)
貸倒引当金 100 / 貸倒引当金繰入 100
ここで昨年のをすべて洗い替えるようにもどに戻します。
その上で平成19年3月の貸倒引当金が120とするなら
(平成19年3月31日の決算仕訳)
貸倒引当金繰入 120 / 貸倒引当金 120
とまた今年度分を仕訳します。

仮に「洗替」をしない場合には平成18年4月1日の仕訳は行わず
平成19年3月31日の仕訳で
貸倒引当金繰入 20 / 貸倒引当金 20
前年ですでに100は引当金を計上しているので残りの20だけ追加で
計上します。

Q簿記3級は暗記が大事ですか?勉強のコツは何ですか?

お世話になります。

簿記の3級に取り掛かっています。
まだ勉強を始めて数日なのですが
左右に何と言う名前が来るのか、さっぱり分かりません。
入る金額は簡単なのでわかるのですが・・・

資産が増えると左、減ると右とか
大まかな言葉としては覚えたのですが
どんな科目が入るのかが分かりません。

何回も繰り返して暗記するしかないのでしょうか?

3級をクリアしてる人に聞いたら
3級は2週間程度の勉強で受かると言われました。
しかし私には到底無理なようです。

簿記の勉強のコツとかがあったら教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

簿記でつまずく人は大抵、借り方、貸し方、左と右で
はてな。。。とこんがらがるケースがほとんどです。

まずは現金のあり方だけを覚えるといいです。
現金は基本的に(決算書などの)左側に残高が残ります。
まず、これだけ覚えてください。

そして、売上が上がると現金が増えるわけですから、
現金は左、売上はその反対で右に。

経費を使うと現金は減るわけですから、
現金は右に、経費勘定はその反対で右側にきます。

上の仕訳を例にしてみると、
現金残高10000円として、
現金1000/売上1000
経費500/現金500
となるわけです。(数字は適当です)

簿記は仕訳段階では引き算を使わずに、足し算だけで
表現しますので、現金が減るという引き算を使わず、
反対側に数字を載せることで現金の増減を表すので、
ここらが迷いやすいところなのです。

>どんな科目が入るのかが分かりません。

あとは、ほぼ日本語通りです。
下の言葉をさらに便宜上細かい勘定科目に分けているに過ぎません。
資産・・・現金・預金・土地・建物・売掛金
負債・・・借入金・買掛金
費用・・・○○費

ちょっとややこしいのは、同じ言葉で資産と費用の区別があるものでしょう。
これは最重要項目の決算書、清算表の問題には必ず出てきて、
配点に大きくかかわりますので、いくつかのパターンを全部覚える必要はあります。
家賃(費用)―前払家賃(資産)
支払い利息(費用)―未払い利息(負債)―前払い利息(資産)
など。

どんな勘定科目があるのかは、いちいち勉強するより、
どこかの会社の決算書でも見たほうが早いです。
みるのは費用項目くらいでよろしいでしょう。
どういうものがあるのか、さらりと3つ4つみるだけでいいです。

あとは、一通りさらってみたら、(全部理解できてなくてもよい)
一度、過去問を1つ解いてみることです。
そして、理解できていないところだけ見直します。
そして、その過去問の問題が理解できたら、次の過去問をやり、
また、わからないところだけ復習します。

だいたい10問くらい過去問をやり、理解を十分にしておき、
初見の問題をやって9割取れれば、ほぼ3級は合格できます。
(これは2級も同じです)
合格ラインは7割なんで、自宅で7割では問題によっては
落ちる場合もありますので、9割理解を目指してください。

簿記でつまずく人は大抵、借り方、貸し方、左と右で
はてな。。。とこんがらがるケースがほとんどです。

まずは現金のあり方だけを覚えるといいです。
現金は基本的に(決算書などの)左側に残高が残ります。
まず、これだけ覚えてください。

そして、売上が上がると現金が増えるわけですから、
現金は左、売上はその反対で右に。

経費を使うと現金は減るわけですから、
現金は右に、経費勘定はその反対で右側にきます。

上の仕訳を例にしてみると、
現金残高10000円として、
現金1000/売上1000
経費500/...続きを読む


人気Q&Aランキング