日本国憲法で法のもとの平等を謳ってるのに、皇室典範が女帝を認めてないのは変じゃないのですか??
あと、日本が女性差別撤廃条約を批准してるけど、女帝が駄目はその条約に違反じゃないのですか?
男系しか皇族になれないのは、女性差別にならないのでしょうか。

A 回答 (6件)

 ご質問の主張に対して、法的妥当性を添えて抗弁するとすれば、皇室典範の法的地位を強調するしかありません。



 憲法第14条は男女差別の禁止を定めています。また、ご質問にあります女子差別撤廃条約においても、あらゆる女子差別が禁止されています。このことを顧慮すれば、憲法あるいは条約に劣後するあらゆる法律、条例、命令その他における女子差別条項は当然に無効となります。しかし、皇室典範は憲法と同等の効力を保持すると解されており、その効力は憲法および条約に劣後しません。したがって、皇室典範の当該条項は当然には無効とならず、並列して効力を保持することが可能です。また、皇室典範の当該条項が憲法14条の特則であると解することも不可能ではありません。

 しかし、以上のことは法律論を乱用した詭弁との誹りを免れません。皇室典範がどのような法的地位を持っていようとも、近代国家の基本原則として、あらゆる不当な男女差別は禁忌すべきですから、現代からみれば、皇室典範の当該条項は不当とされても止むを得ません。ただ、男女差別を禁忌すべきとは言っても、皇室典範は極めて特殊な立場にある人間の資格について定めたものですから、男女差別の禁止がストレートに適用されないとしても仕方がないとの考え方も成り立ちえます。皇室典範1条が、明文で男女差別を謳っているにも拘わらず、特別大きな批判を受けずに今日まで保持されてきた理由があるとすれば、これではないでしょうか。

 世論の多くは女性天皇の誕生に肯定的です。男系を維持することに特別な利益があるとは考えにくく、戦後からかなりの年数が経過した今日では、「伝統」のみを主張することはやや無理があります。私見ですが、女性の天皇が誕生するのも時間の問題であると思います。
    • good
    • 0

 結論的には、憲法違反にも条約違反にもならないと考えます。


 以下、ご説明の便宜上、条約との関係を先に検討します。

1 「女子差別撤廃条約との関係」
 女子に対するあらゆる形態の差別の撤廃に関する条約(女子差別撤廃条約)2条(f)は、「女子に対する差別となる既存の法律、規則、慣習及び慣行を修正し又は廃止するためのすべての適当な措置(立法を含む)をとること」を締約国は約束する旨規定しています。
 ところで、同条約にいう「女子に対する差別」とは、「性に基づく区別、排除又は制限であって、政治的、経済的、社会的、文化的、市民的その他いかなる分野においても、女子(婚姻をしているかいないかを問わない。)が男女の平等を基礎として人権及び基本的自由を認識し、享有し又は行使することを害し又は無効にする効果又は目的を有するもの」をいいます(同条約1条)。

 そうすると、皇位継承権者を皇統に属する男系の男子に限定している皇室典範1条(現行の皇室典範は、普通の法律です。)が女子差別撤廃条約2条(f)に抵触するか否かは、「皇位継承権を女子に認めないことが、女子が人権及び基本的自由を認識(≒わたしはこんな権利・自由を持っているんだ!と意識すること。)、享有または行使することの障害となるといえるか」、もう少し簡潔にいえば、「皇位継承権は人権や基本的自由にかかわる利益といえるか」という問題に帰着します。

 現在の国際社会においては、君主の地位の継承権が人権ないしは基本的自由にかかわる利益であるとは理解されていません。ですから、皇室典範1条は、女子差別撤廃条約2条(f)には抵触しないということができます。

2 憲法14条との関係
 憲法14条1項は、国民は「人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。」と規定しています。
 他方、憲法2条は、「皇位は、世襲(≒親から子へと継承されること)のものであって」と規定しています。

 つまり、憲法は、14条1項で門地(≒生まれ)による差別を禁止しておきながら、2条で皇位を世襲のものと規定しているわけですから、皇位継承権は同法14条1項の対象外であると考えているのです。
 さらに、憲法2条は、「皇位は、……国会の議決した皇室典範の定めるところにより、これを継承する。」と規定しています。つまり、同条は、皇位継承権をどのように定めるかについて、(世襲とする以外は)すべてを皇室典範に委ねています。

 そうすると、皇室典範が、世襲以外の点で、皇位継承権をどのように定めても、原則として憲法違反の問題は生じないのです。

3 その他の問題について
 今月招集が予定されている第154回国会で政府見解を示す答弁があるかもしれませんね。また、政府見解については、例えば、皇室典範制定当時の帝国議会の議事速記録などをお調べになってはいかがでしょうか。

 なお、私は、違憲ではないか、条約違反ではないかという法律問題と、皇位継承権のあり方をどう変えてゆくか、または現状を維持してゆくべきかという政策問題とは別のものだと考えています。

 以上です。
 ところで、私からも質問ですが、kosaeさんは、これまでのご回答者の皆様のご意見をお読みになって、どのようにお考えになったかを教えていただけませんか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

皇室典範は、皇族の方にしか適用されない法であり、皇族以外の人には全く適用されないので、原則の中の例外だという類の見解を私は支持します。
一方、今回の愛子様のご誕生は、皇室典範が、皇位継承を「皇族に属する男系の男子」に限っていることを考え直すきっかけになりましたよね。
私の個人的な意見としては、皇位継承を男女問わず長子にすればと思います。

お礼日時:2002/01/15 10:31

皇室典範も法律の一種ですから、


憲法、条約に違反してはいけません。
ちなみに、大日本帝国憲法の元では、
皇室典範は憲法と同等の性格をもち、
また、その改正には議会の議決は必要ありませんでした。
その解釈運用、そのた一切の皇室事務の管轄は、天皇が行っていました。
    • good
    • 0

これまた難しい問題です。



皇室に詳しい歴史学者の認識では、「歴史的に女帝が存在した時期はあるが、幼帝が成長するまでの一時的な在位に過ぎない、全女帝が皇嗣を産んでおらず、死後は男帝となっていることからもそういえる」ということになるでしょうか。

また、皇族は戸籍ではなく「皇統譜」という皇族専用の戸籍に載せられ、日本国民の象徴の一族であるものの、戸籍上「国民ではない」状態にあります。
憲法により天皇は国政に関する権能を有しないとあり、選挙権も被選挙権もありません。
keikei184さんのご指摘のように、「皇室典範」は非常に特殊な法令(?)で皇族にだけ適用される法令であり、明らかに憲法の趣意を反映していないが存在する法令であり、即ち基本的人権の遵守という憲法の大原則を一概に適用できない文化的伝統的慣例に基づく公人であって、それは国民の総意に基きその地位は保たれるというややこしい性質を有していると思います。
ですから、国民の総意をもって女性天皇を認めるという流れができたときに「皇室典範」が改正されることは十分考えられることだと思います。
    • good
    • 1

昨年暮れから、にわかにその問題をマスコミが取り上げるようになったので、kosaeさんもOKWebに書いてみる気になたのだろうと思います。

詳細な点は先に回答なさった方が十分語っておられますので私は、補足的にひとことだけ。

「男系しか皇族になれない」というのは明らかに誤りです。皇后陛下、皇太子妃殿下、ほか、女性の皇族は大勢いらっしゃいます。上げ足取りのようですみません。

ただ、皇室典範に限らず、およそ法的な問題を議論する際は、用語の用い方に十分注意しないと混乱を招く、ということを云いたかったのです。以上です。
    • good
    • 0

よく取り上げられるテーマではありますが、意見が分かれるところです・・・。


色々な考え方が出来ると思います。誰の意見が正しくて、誰のが間違いってのは言えないでしょうが、考えとして参考になるURLをご紹介します。
http://www.1101.com/torigoe/2001-12-04.html

参考URL:http://www.shueisha.co.jp/shinsho/toranomaki/011 …

この回答への補足

日本政府はこの件をどう考えてるのでしょうか?

補足日時:2002/01/13 20:24
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q条約法に関するウィーン条約を批准してる国はどこですか

条約法に関するウィーン条約(Vienna Convention on the Law of the Treaties)を批准している国のリストはどこで手に入りますか?リストのソースも教えてください。

多分、International Law Commissionにありそうな気がするのですが、なぜか見つかりません。

Aベストアンサー

批准国を公式に把握しているのは、その条約で批准書や加入書の寄託を受けることとされている国、機関です。

条約法条約では、第82条および第83条で批准書や加入書は国際連合事務総長に寄託することとされています。ですから、国際連合に問い合わせればよいのです。

幸い、国際連合では、条約に関する情報をウェブ上で公開しています。
http://treaties.un.org/

このページの「Status of Treaties」というリンクから、「Chapter XXIII」「Vienna Convention on the Law of the Treaties」と辿っていけば、詳しい批准国リストが見つかるでしょう。

Q日本が批准してない条約について

世界的に決められた条約で日本が批准してない条約がいくつかあると思うのですが、この場合、日本ではこの条約は無効ということなのでしょうか?
また、条約名を忘れましたが、文面的に結構倫理的に当たり前みたいな条約で日本で批准してないものがあったのですが、批准してない=批准するつもりがないという以外の場合で批准してないことはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

>この場合、日本ではこの条約は無効ということなのでしょうか?

少なくとも効果はないでしょうね。
条約は条約を締結した国にしか効果を及ぼしませんので。
ある意味、民法で言う契約と同じです。
(債権論で出てくる「合意は拘束する」の法格言は、もともと国際法分野の言葉)

>批准してない=批准するつもりがないという以外の場合で批准してないことはあるのでしょうか?

これは分からないです。
批准していないことは法的には「批准していない」ことしか意味してなく、批准しない理由は法律論の外の問題ですから…。

Q子供の権利条約の批准国・署名国について

ロシアはこの条約に批准か署名をしていますか?
確か署名はしてて批准はしてない気がするんですが。
また、批准と署名にはどのような点で違いがあるのですか?
もし知っている方がいらっしゃいましたら教えてほしいです。

Aベストアンサー

国連加盟国でこの条約の締約国でないのはアメリカとソマリア(署名済み)くらいです。当然、ロシアは締約国です。

署名と批准はいずれも条約締結の手続きです。署名は条約締結交渉の権限を与えたれた国家代表(外務大臣、特命大使など)が、批准は条約締結権限を有する国の機関(国会など)が行います。批准は、通信手段が未発達だった時代には、国家代表が越権行為をしていないかどうかを本国が確認する手続きとして重要な意味がありました。現在では、国家代表(多くの場合は行政府)が署名した条約に対する国会(国民の代表)の審査としての意味があります。
特定の条約が署名のみで成立するか、批准を要するのかは、通常、その条約に明記されています。批准を要する条約には、署名だけでは加盟できません。

Q相続放棄の撤廃 の撤廃について

よろしくお願いします。

相続放棄を一度取り下げたものの(一度は相続しようとしたものの)、再び相続放棄することはできますか?


経緯

3人兄弟です。兄(九州住み)、私(東京住み)、妹(生まれ故郷A県住み)です。
A県を離れず生涯独身だった妹が5年前に亡くなりました。父母は既に亡くなっています。
A県に妹所有の家があり固定資産税がかかっています。

昨年A県内の市役所より通知が来ました。固定資産税を滞納しており、相続人のあなたに払って欲しいとのことです。

兄と相談したところ、兄は相続放棄をするからお前が後はなんとかしろとのことでした。
後日兄より相続放棄証明書が届きました。兄は相続放棄をしたようです。

私も特に妹所有の家はいりませんでしたので裁判所に出向き、相続放棄について相談をしました。
その際は、「相続放棄をすると家を取壊せなくなるし、相続放棄はしないほうがよい」とのアドバイスを頂き、相続放棄の手続きはとらず、そのまま相続をしようかなと思いました。(登記簿等の所有権移転はしていません。)

しかし、5年分の滞納金もかなりあり、また家屋をつぶすのにもかなりの金額がかかることも知りました。また最終的に相続人全員が相続放棄した場合には国に所有権が移転し、国が管理処分することを知りました。

近隣住民の方には申し訳ないのですが、相続放棄をしようかなと再び思うようになりました。
本来3ヶ月以内にしなければいけないのは知っていますが、兄の例しかり、3ヶ月以内でなくても相続放棄ができるようです。
相続が発生したことを知ってから3ヶ月はもう経ってしまっています。
一同相談したことは裁判所で残っているかもしれません。
一度は辞めたものの再び相続放棄はできるのかご教授下さい。

よろしくお願いします。

相続放棄を一度取り下げたものの(一度は相続しようとしたものの)、再び相続放棄することはできますか?


経緯

3人兄弟です。兄(九州住み)、私(東京住み)、妹(生まれ故郷A県住み)です。
A県を離れず生涯独身だった妹が5年前に亡くなりました。父母は既に亡くなっています。
A県に妹所有の家があり固定資産税がかかっています。

昨年A県内の市役所より通知が来ました。固定資産税を滞納しており、相続人のあなたに払って欲しいとのことです。

兄と相談したところ、兄は相続放棄をす...続きを読む

Aベストアンサー

”本来3ヶ月以内にしなければいけないのは知っていますが、兄の例しかり、
 3ヶ月以内でなくても相続放棄ができるようです。”
     ↑
あくまでも三ヶ月以内が原則です。
三ヶ月経っても可能なのは、例外ですから
それ相応の理由が必要です。
文面を読む限りでは、そう簡単に放棄が
認められるか疑問です。

最高裁昭和59年4月27日判決
熟慮期間は、原則として、相続人が前記の各事実を知つた時から起算すべきものであるが、
相続人において 相続開始の原因となる事実及びこれにより自己が法律上相続人
となつた事実を知つた時から3か月以内に限 定承認又は相続放棄をしなかつたのが、
相続財産が全く存在しないと信じたためであり、かつ、このように
信ずるについて相当な理由がある場合には、
民法915条1項所定の期間は、相続人が相続財産の全部若し
くは一部の存在を認識した時又は通常これを認識しうべかりし時から
起算するのが相当である(判例時報1 116ー29)。


”一度は辞めたものの再び相続放棄はできるのかご教授下さい。 ”
    ↑
よく判りませんが、裁判所とは相談しただけで、相続放棄の
手続きを済ませた訳でないのでしょう?
だったら、既に単純承認している可能性が高いです。
一度やった相続放棄は撤回など出来ませんよ。


(相続の承認及び放棄の撤回及び取消し)
民法 第919条
1.相続の承認及び放棄は、第915条第一項の期間内でも、撤回することができない。
2.前項の規定は、第1編(総則)及び前編(親族)の規定により相続の承認又は放棄の取消し
をすることを妨げない。
3.前項の取消権は、追認をすることができる時から六箇月間行使しないときは、
時効によって消滅する。相続の承認又は放棄の時から十年を経過したときも、同様とする。
4.第2項の規定により限定承認又は相続の放棄の取消しをしようとする者は、
その旨を家庭裁判所に申述しなければならない。

”本来3ヶ月以内にしなければいけないのは知っていますが、兄の例しかり、
 3ヶ月以内でなくても相続放棄ができるようです。”
     ↑
あくまでも三ヶ月以内が原則です。
三ヶ月経っても可能なのは、例外ですから
それ相応の理由が必要です。
文面を読む限りでは、そう簡単に放棄が
認められるか疑問です。

最高裁昭和59年4月27日判決
熟慮期間は、原則として、相続人が前記の各事実を知つた時から起算すべきものであるが、
相続人において 相続開始の原因となる事実及びこれにより自己が法律上相続人
...続きを読む

Q実質的平等、相対的平等について教えてください

14条の定める平等について質問です。

「平等」の意味合いには実質的平等、形式的平等、相対的平等、絶対的平等の4種類があるとされていますが、
ほとんどどの文献を見てもこの4つの平等は

実質的平等と形式的平等

相対的平等と絶対的平等

という分け方をされている事がほとんどです。
この「分け方」はどういった基準で分けられているのでしょうか?この4つの平等はすべて平等の内容について語られているもので、ひとくくりに4つを並べて考えることは出来ないのでしょうか。

また、上記に重複するのですが、14条が意味するのは形式的平等であり相対的平等であると考えられている、ということですが
相対的平等には実質的平等の意味合いもあると思うのですが間違いでしょうか。

相対的平等とは同一条件下においては同一に扱うが、異なっているものは異なって扱う。
これは例えば生活保護を貧しい方に支給するがそうでない方には支給しない、といったものだと捉えていますが、これは結果の平等を意味する実質的平等に近いのではないでしょうか。

そして、形式的平等と絶対的平等も全く同じとは言えずとも同じような事が言えると思うのですが・・・。
(機会の均等と、機械的均等)

乱文ですが『実質的平等と形式的平等』『相対的平等と絶対的平等』はなぜ別のグループとして分けて考えられるのか、また相対的平等と実質的平等は全く違うものなのか?
こんがらがっています。教えてください。

14条の定める平等について質問です。

「平等」の意味合いには実質的平等、形式的平等、相対的平等、絶対的平等の4種類があるとされていますが、
ほとんどどの文献を見てもこの4つの平等は

実質的平等と形式的平等

相対的平等と絶対的平等

という分け方をされている事がほとんどです。
この「分け方」はどういった基準で分けられているのでしょうか?この4つの平等はすべて平等の内容について語られているもので、ひとくくりに4つを並べて考えることは出来ないのでしょうか。

また、上記に重複するのですが、1...続きを読む

Aベストアンサー

 絶対的平等と相対的平等、形式的平等と実質的平等とは、密接に関連しますが、イコールではありません。

 絶対的平等と相対的平等相対的平等は、「平等」により禁止される行為は何かです。

 形式的平等と実質的平等は、「平等」の内容を問題にしています。

 したがって、相対的平等と形式的平等という組み合わせもあり得ます。機会の「実質的」平等を確保するため、相対的平等を採るという考え方は十分成り立つと思います。

 絶対的平等と相対的平等、形式的平等と実質的平等の概念は、「自由」との関係で考察すると良いかもしれません。

 形式的平等と実質的平等における「実質的平等」概念は、自由との緊張関係があります。「自由」を認めることは、能力による結果の差異を認めることになります。結果の平等は、その能力による結果の差異を是正することになりますから、結果の平等は実質的に「自由」を否定することになるのではないか、という疑問です。

 これに対し、絶対的平等と相対的平等相対的平等における「相対的平等」概念は、自由を実質的に確保する手段ないし前提と考えることができます。「自由」を行使する前提条件として、平等に扱われることが必要という考え方です。この点で「自由」とは緊張関係にはないと考えることが可能です。

 平等概念は抽象的なので、勉強する場合にはどうしてもわかりづらいと思います。私の意見は1つの考え方として、参考にしていただければ幸いです。そして、できれば他の書籍にもあたって考察して下さい。

 絶対的平等と相対的平等、形式的平等と実質的平等とは、密接に関連しますが、イコールではありません。

 絶対的平等と相対的平等相対的平等は、「平等」により禁止される行為は何かです。

 形式的平等と実質的平等は、「平等」の内容を問題にしています。

 したがって、相対的平等と形式的平等という組み合わせもあり得ます。機会の「実質的」平等を確保するため、相対的平等を採るという考え方は十分成り立つと思います。

 絶対的平等と相対的平等、形式的平等と実質的平等の概念は、「自由」との関係...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報