初歩的な質問で、お手数お掛けしますが、以下2点、ご存知の方、教えて頂けますか。
(1)昨年の10月まで会社員をし、11月から独立しました。17年度分の確定申告をする際には、会社員時代のものと独立後のもので行う必要がありますが、会社員時代のものは源泉徴収票に基づいて申告書を作成しています(会社員時代のものは年末調整していません)。源泉徴収票には、「社会保険料等の金額」という欄があり、金額が計上されています。これは、確定申告書の社会保険料控除(第2表)の欄に挙げて良い金額なのでしょうか?

(2)国民年金については、控除証明書が送られてきましたが、国民健康保険については、納付したときに領収書しかありません。申告の際には添付等、必要なのでしょうか?(特に明記されていないのですが…)。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

10月までとのことですので、年末調整はできませんね。

いわゆる退職扱いでしょう。その場合は、ご自分で確定申告をする必要があります。

源泉徴収票以後(独立後)の国民年金や国民健康保険料は当然社会保険料控除になります。したがって、あなた様のお考えの通り追加して記入します。会社員(源泉票の金額)の金額は、<源泉徴収票より○○円>として1行に書き次の行に<国民年金○○円>さらに<国民健康保険料○○円>と、つまり3行記入すればよいでしょう。

健康保険料は役所に聞けば判明することなので添付は不必要です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

toyohi様、ご回答、ありがとうございます。
青色申告で、会社員の時の源泉徴収票の「社会保険料等の金額」を社会保険料控除に含めると、還付される結果となります(喜ばしいことですが…)。会社員時代にも毎年年末調整で幾らか返ってきていましたが、その額より何だか多い感じなので、果たしていいものかと疑問に思っていた次第です…。上記の通りのご回答でしたら、安心して記入できます。ありがとうございました。

お礼日時:2006/02/21 20:16

1)そうです



2)年金のみ証明が必要で、そのほか(国保など)は添付の必要はありません。

ところで、
会社員時代と独立してからの申告は別々でするような言い方なのですが
その必要があるのか疑問です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。
質問の書き方が紛らわしく、申し訳ございません。
会社員時代と独立してからの申告は一緒(申告書B)で行います。
そこで、会社員時代のは「給与」で独立後のは「事業(営業等)」で計上します。この点は間違っていないと思います。。。

お礼日時:2006/02/21 20:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q賞与計算時の社会保険料控除について

賞与計算時の
社会保険料控除についてご教示ください。


6月10日が賞与支給日で

6月2日に育児休職をした方は
社会保険料は控除されるでしょうか。
それとも免除となりますでしょうか。

初歩的なご質問で申し訳ございませんが
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

仮にその社員をAさんと呼びましょう。
当然の前提条件ですが、Aさんに関する育児休業の届出は済んでいますよね。

育児休業期間の社会保険料ですが、ご質問の場合には徴集する必要は御座いません。
理由としては、今更説明するまでも無いのですが・・・育児休業期間として届けられている月の保険料は免除するという基本的なルールだからです。
尚、育児休業期間であると届け出ている月に出勤し、それに対する給料であれば、社会保険料の徴収は必要です。

私も資格者ですが、念の為に、専門家が書いているHPのURLを付けておきます。
http://hoken-tetsuduki.com/index.php?%E8%B3%9E%E4%B8%8E%E3%82%92%E6%89%95%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%80%82

Q源泉徴収票の社会保険料等の金額が給料明細の金額と違います。

 毎月の給料明細で社会保険合計の金額を足していくと、源泉徴収票の社会保険料等の金額が一致しないのですがどうしてでしょうか。
 給料明細の社会保険合計の内訳は、健康保険、厚生年金、雇用保険の合計金額になります。源泉徴収票の社会保険料等の金額の内訳と違うのでしょか。だいたい、2万円ほどの違いがでています。教えていただけませんでしょうか。
 ちなみに、派遣社員で働いています。

Aベストアンサー

普通一致しますけどね。ましてやパソコンで年末調整
すれば給与と連動してますから入力ミスなんていうこ
とはあり得ません。

とはいえ、給与担当者のなにかの手違いだと思います。

ちなみに、給与の合計より2万少ないと所得税額
で2000円損しています。

Qパート社員の社会保険料の計算方法

新規に立ち上げた会社で給与関係の事務に携わることになり、
ネットで調べたりしているのですが、それでも素人なせいか
解らないのでお教え願います。

10月1日より契約社員2名、パート社員5名を雇用しています。
10月分給与(10/25支給)で契約社員からは社会保険料を
天引きしているのですが、パート社員からは天引きしていません。

パート社員さんの今月支給分で前月分の社会保険料を「調整」という
形で天引きします。(これはパート社員さんに了承えております)
この場合の社会保険料の計算する方法は、保険料額表に基づいて
行うだけでいいのでしょうか?
ちなみに給与計算は給与ソフト「弥生給与」を使用します。
パート社員さん達は、その月々により収入は変わると思います。
この場合でも保険料月額表に基づいて保険料が決まるのでしょうか?

保険料は、自動振替ではなく毎月金融機関へ納付する予定でおります。
それとこのように給与・人事関係のお薦めの著書がありましたら
教えてください。

Aベストアンサー

政府管掌保険か、組合保険か分かりませんが政府管掌保険として…

>10月分給与(10/25支給)で契約社員からは社会保険料を
>天引きしているのですが、パート社員からは天引きしていません。

通常保険料は翌月払いとなりますので、10/1入社の方分は11月末に届く保険料納付書から支払となります。御社の初めて支払う保険料は11月末に支払えばいいので、普通の会社は11/25給与から徴収し、11月末に納付書で払います。10月中に納付書は届きませんでしたよね?

パートの場合、社会保険に該当するかどうかは勤務時間と勤務日数で両方に該当するときに被保険者とするのが妥当とされています。

(1)1日の所定労働時間が一般社員のおおむね4分の3以上であれば該当。
例えば一般社員の所定労働時間が1日8時間とすると、6時間以上であれば該当します。

(2)1ヶ月の勤務日数が一般社員の所定労働日数のおおむね4分の3以上であれば該当します。

※あくまで目安なので総合的に常用的来ようと認められれば被保険者となれますが…。

以上を踏まえて被保険者に該当するようであれば通常通り保険料額表に従って等級を取得して大丈夫です。

>パート社員さん達は、その月々により収入は変わると思います。
>この場合でも保険料月額表に基づいて保険料が決まるのでしょうか?

そのたびに月額変更対象者となります。こちらで説明しますと長くなりますので、社会保険事務所へ直接電話して相談されるのが1番早いです!とても丁寧に教えていただけますよ。

オススメの本は「社会保険のてびき(社会保険研究所)」です。保険担当になって7年ですが毎年購入していますよ。

政府管掌保険か、組合保険か分かりませんが政府管掌保険として…

>10月分給与(10/25支給)で契約社員からは社会保険料を
>天引きしているのですが、パート社員からは天引きしていません。

通常保険料は翌月払いとなりますので、10/1入社の方分は11月末に届く保険料納付書から支払となります。御社の初めて支払う保険料は11月末に支払えばいいので、普通の会社は11/25給与から徴収し、11月末に納付書で払います。10月中に納付書は届きませんでしたよね?

パートの場合、社会保...続きを読む

Q源泉徴収票にのっている源泉徴収税額

源泉徴収票にのっている源泉徴収税額の算出方法を教えてください

Aベストアンサー

解りやすいサイトがありました。

参考URL:http://allabout.co.jp/career/clerk/closeup/CU20011225A/

Q社会保険料の納付額の計算方法は?

例えば8月分の社会保険料を考えるとします。給料規定は月末締めの翌月10日
支給で、
9/10 預り金 1,000,000
を預かります。すると
9/30 社会保険料納付額 2,000,000+児童手当拠出金
になると思うのですがこれで合っているんでしょうか?

この計算をすると実際の納付額と数千円ですが誤差(月によって多かった
り少なかったり)が出ます。なぜでしょう?

Aベストアンサー

健康保険料率や厚生年金保険料率の改定がない月で、保険料に変動があるとすれば、介護保険料の加算くらいでしょうか。

その月に40歳や65歳に達した職員はいませんでしたか?
(あと、70歳に達すると厚生年金からは脱退になりますが、これは社会保険事務所から事前に通知が来るので気づかないことはないはずです)

Q源泉徴収票の摘要欄の書き方について

当社に入社する前に2箇所でアルバイトをしていた社員がいて、その源泉徴収票が2枚あります。
今年度、年末調整する際に当社から発行する「給与所得の源泉徴収票」の摘要欄に2枚分の詳細を書かないといけないのでしょうか?
税務署からもらった資料では、1社分の支払金額や徴収額、住所などの見本はありますが、2社からの源泉徴収票があれば2社とも、3社なら3社とも記入するのでしょうか?

Aベストアンサー

前職の支払金額・社会保険料・源泉徴収税額を合算し、前職住所・社名とともに記載します。社名は○○社ほか1社でokです。
必要であれば市区町村が前職内訳を聞いてきます。

Q給与計算の質問なのですが、賞与から引かれる社会保険料というのは、

給与計算の質問なのですが、賞与から引かれる社会保険料というのは、
月々の給与から引かれる保険料の保険料を見る表(健康保険厚生年金保険料額表)
からおなじようにみればいいのでしょうか?それとも賞与にかかる社会保険料は
別の計算方法があるのでしょうか?あと配偶者特別控除申告書の必要経費のところに
65万という金額が載っているのですが、これは何の金額なのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

賞与の健康保険料
http://www.matsui-sr.com/kyuyo/2-2shouyo.htm

配偶者特別控除申告書の必要経費のところに
65万という金額が載っているのですが、これは何の金額なのでしょうか?
>>課税対象額から65万円余分に控除して所得税を下げます。。と言う意味です。

Q源泉徴収票の見方 中途就・退職欄無記入

昨日も別のカテゴリーで保育所の申し込みについて質問させて頂いたんですが…度々すみません。

去年2月で辞めたバイト先から保育所提出の為、源泉徴収票を送ってもらいました。
手書きですがきちんと社印も押印してあり安心したのですが、「中途就・退職」の欄に何も記入されていません。
(1年半位働いて平成20年2月29日に辞めました)
正社員ではなくバイトだから就・退職の対象にはならないのでしょうか?
また発行し直してもらった方が良いのでしょうか?

ご回答お願い致します。

Aベストアンサー

>手書きですがきちんと社印も押印してあり安心したのですが、「中途就・退職」の欄に何も記入されていません。
別に問題ありません。
保育園の入所に必要なのは、「貴方の所得税がいくらなのか」なのです。
それは、保育料を両親の所得税の合計額によって決めるからです。
はっきりいって、それ以外の情報は必要ありません。

年末調整されていて(源泉徴収票の「給与所得控除の額」「所得控除の額の合計」に数字が記入されていれば年末調整されています)、「源泉徴収税額」に数字が記入されていれば問題ありません。
収入によっては、源泉徴収税額が0円とか未記入のこともありますが…。

Q社会保険料や年金の納付額、健康保険の納付金額はどうやって計算しているの

社会保険料や年金の納付額、健康保険の納付金額はどうやって計算しているのでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは
将来の支出予想により必要経費を計算し、収入に応じて負担することになっていると思います。将来の支出予想が増えたり、負担者数が減ると負担は重くなります。年金の場合は、現在の受給者の年金を現役者が負担することになっています。現役者の負担が重く、公務員と一般者との格差もあります。昔は、一般者の公的年金が無かったのに比べると、改善されていますが、公務員の収入が増えたのに手厚い年金は問題になっています。アメリカでは、医療保険を巡って論争があったことはご存知と思います。
アメリカは冷酷な国のように思われがちですが、金持ちは子孫に余り財産を残しません。お金は慈善事業などに寄付されます。自分のことは自分でやれというお国柄です。全体としての矛盾は無いのです。

Q源泉徴収票の控除対象配偶者の有無等の欄について

義父の確定申告(給与収入と年金の収入があるため)をするにあたり、義父の源泉徴収票を見たところ、摘要の欄に義母の名前が記入され、配偶者の合計所得は0になっているにも関わらず、控除対象配偶者の有無等の欄には、「無」の所に*マークが印刷されています。これは、会社側のミスなのでしょうか?義母の収入は国民年金だけで、年金の源泉徴収票によると支払金額は、50万円ほどです。また、義父の年金は、40万円ほどで、給与所得の支払金額は約230万円、給与所得控除後の金額は、約140万円です。このままこの源泉徴収票を添付し、申告書Aの書類に配偶者控除30万円を記入しても、問題はないのでしょうか。どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

その源泉徴収票は手書きのものですか?
手書きだと記入ミスの可能性が高いですね
(給与ソフト使用の場合だとその現象は不可解なんですが・・・)
所得控除の額がどうなっているのか
(配偶者控除がちゃんと考慮されているのかどうか)
不可解ですが
どちらにせよ、確定申告の際正しく控除額に算入すれば問題はないと思います
義母さんの所得は0だと思いますので、
確定申告書に配偶者控除38万円を控除しましょう。
また、その源泉徴収票を添付しても大丈夫だと思います


人気Q&Aランキング