現在の護衛艦などはミサイル化されていて、砲は1連がほとんどようですが、
第2次大戦時に建造された戦闘艦の主砲って、3連装がほとんどのようですよね。
この「3連装」に何か意味があるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

何故二本、三本か。


説明したつもりですがね・・
砲は数が多く大きいい方が有利です。では何故40センチクラスでとどまったか?
条約で取り決めがあったからですが、技術的にも大砲の数を増やせば艦の幅が広くなりスピードが落ちる・・当時の技術で見出した答えが2~3本どまりだったということでしょう。現在の旅客機でも何故千人乗りを作らないか?考えてみてください。

私は何故、いつごろ船腹の横並び大砲(ガレオン船など)が船体中央に縦並びに変わったかに興味があります。横並びなら数を増やせますね。段々増やしていくと転覆するから?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

出来るならもっと増やしたいけど、条約や技術的な制限で3本に落ち着いたということですね。

お礼日時:2002/01/16 21:41

砲を増やす理由には様々な物がありますが、バクッと


話しますね。

敵に弾が当たるか否かは「一回の発射弾数×命中率」で
求められますよね?
ここで、命中率ってのも当然ながら向上させるように
考えられたんですが、それだけでは限界が見えますから
命中させるには発射弾数も向上させなくちゃいけません。

すると、方法としては
 1.砲の単位時間当たりの発射弾数を増やす
 2.同時に発射する弾数を増やす
の二つでして、この内の2の考えで、搭載砲数を増やし
たいって要求が出てきたようです。

 ※発射速度を上げる方法も採られたようですが
  当時の技術ではこれにも限界があった様です。


ところが、砲塔の数に比例して問題がでます。

1.砲塔および砲下(旋回機能や揚弾機能)の問題
  砲塔は、箱を横から見て貰えば解るんですが、上面
  と裏面は、手前側の面積に比例して変わりますから
  三連装でも単装でも砲1門当たりの量は一定です。
  (つまり、単装9基でも三連装3基でも同じ)
  ところが、横板は、砲塔1基辺り2枚必要です
  から、これは砲を多連装にすればするほど重量の
  節約になります。
  他方、揚弾機能ってのは、多連装になればなるほど
  一基あたりの重量は若干増加するのですが、主とし
  て砲塔の数によって増減します。
  ですから、同じ数の砲なら、砲塔を減らすとここら
  の機構の重量が節約できます。
2.バイタルパートの増大
  弾薬庫や機関に弾を喰らうと、一発で戦闘力が落ちる
  だけでなく、下手すれば轟沈しますよね。
  ですから、こいつらが存在する場所はバイタルパート
  と呼んで、特別分厚い装甲で覆うわけです。
  ところが、単装9基の砲塔を置くと、これが長く
  なりすぎて、装甲重量が増大します。
  他方、多連装にすると、確かに艦幅は増大しますが
  砲塔の数が少ないために、バイタルパートの長さ
  が節約でき、結果として装甲すべき表面積が減少
  します。


じゃ、極論すれば、前向きに6門、後ろ向きに3門搭載
する艦艇の場合なら、前を6連装1基にしたら...って
考えも出るんですが、ここでも問題があります。

1.主として天板鋼材の製造技術
  天板ってのは、極論すれば1枚の鍛造鋼で作りたい
  ものです。(砲塔の表面積の鋼材を作れるなら
  他の部分はそれと同じ物を繋ぎ合わせて貼り付け
  ればOK)
  じゃないと、つなぎ目部分は、当時の鋲止め技術
  ではどうしても弱くなって、砲塔の弱点になりかね
  ないんですね。(砲塔装甲ほどの厚板を溶接する
  技術は、当時は未完成でした)
  ところが、実際には均質で表面積の大きな鋼材を
  鍛造で作るのには製造技術の面で限界がありました。
  もちろん、鋳造ならより大きな物も作れたりします
  けれども、強度が鍛造鋼より劣るんですね。

   ※:ちなみに、鋼材製造技術に優れていた
     ドイツやイギリス・イタリア等は多連装
     砲塔の開発を進めたって記録もあります。

2.回転機構の問題
  砲塔を回転させるためには水圧もしくは電圧が
  用いられますが、余りに砲塔重量が大きくなると
  力不足で回せなくなったり、旋回速度が恐ろしく
  落ちちゃって戦闘できなくなったり、砲塔1門あ
  たりの旋回機構重量が大きくなりすぎて、重量面
  で不利になります。
  (1回転するのに10分もかかる砲塔じゃ、戦闘
   なんてできませんよね....(^^;))
  また、艦体と砲塔の接触部分の摩擦を解消する
  為の機構、そこら辺りの大型鋼材の製造技術にも
  限界がありますし、横幅が大きすぎると、鋼材の
  ゆがみ等で回転に支障が出る可能性があります。

3.反動吸収の問題
  合計した反動は艦体全部で吸収するんですが、局所
  だけ見ると、砲が密集して存在する部分は大きな
  反動がかかりますが、これを受け止めるための材料
  がこれまた問題。

で、ここらを総合すると3連装あたりが一つの技術的
限界だったんでしょうね。
(解っていても作れないんだよ~ってこと)


また、砲ってのは8門あれば、必ずしも8門同時に
発射されるわけじゃ無いんですね。
指揮所からの指示メータに砲塔側で常に合わせていれば
指揮所で引き金を引いた時に各砲が一斉に発砲されるん
ですが、この砲塔側での追従が遅れると、その砲は発砲
されない機構になっていた様です。
ちなみに、これは旧日本海軍でも演習の時に重視して
いた項目らしいですが、例えば戦艦でも90%半ば。
ある演習で金剛が100%を達成して表彰されている
くらいです。
ですから、この面からも搭載砲数の増大は意味があったと
思いますね。

ちなみに、現在の砲が命中率と1門あたりの発射速度が
が上がったことで、搭載砲数が減らされています。
また恐らく、砲塔回転速度維持と、同時発砲時の反動の
増大による艦体強度の増加の必要性(すなわち、装甲と
は無縁の構造材の重量増加)を嫌っている、
減っています


蛇足ですが....。

砲を大きくするのにも限界がありまして.....。
砲身側は大丈夫と思うんですが、砲尾の閉鎖機能や
材質が、大きな砲の反動に耐えられなくなりますんで。
ちなみに、ドイツ陸軍では80cmなんてお化けを実用
化したんですが、これは砲身が短いために発射するた
めの火薬量が小さく、反動も少ないために実用化でき
たものです。(それと優秀な鋼材技術)

日本の場合、物の本では「大和には優秀な○○という
鋼材が使われていた」なんて記述もありますが、鋼材の
技術史から見ると、製造技術が追いつかなくって、生産
量が恐ろしく少ないため、実際には「他の軍艦にも使い
たいと思うけど、製造技術と経済が追いつかないから
大和にしか使えなかった」ってのが真相の様です。

この辺りは材料屋に語らせると相当詳しいでしょう。
    • good
    • 1

一門の砲の発射速度に限界があるわけですから、限られた戦闘時間により多くの砲弾を敵に打ち込むためには、少しでも多くの砲を搭載する必要があります。

このことと艦船の船体の能力との兼ね合いで、砲の数が決まっていたと思います。
それではなぜ、単装砲塔6基ではなく連装3基あるいは3連装2基なのか。まず考えられるのはmartinbuhoさんが言っておられるように、船体の幅と長さの兼ね合いがあるでしょう。実際当時の日本の戦艦では、3連装主砲を装備していたのは船幅の広い大和級だけだったと思います。
さらにもう一つ考えられるのが、装甲の効率です。当時の戦闘艦は大砲の打ち合いを想定していましたので、側面は敵の砲撃に耐えられるように分厚く装甲されていました。特に主砲の砲塔は、その内側に砲弾や発射用の火薬があり、これに誘発してしまうと船は一巻の終わりですので最も重装甲であったでしょう。
ここで、艦体については装甲が厚くなることにそれほど大きな問題は無かったと思われますが、砲塔は少し事情が異なります。これは船の最も高い部分に設置されています。こんな場所に重装甲の重い鉄の塊があったらどうなるか。当然バランスが悪くなります。戦闘で艦体が損傷を受けた場合など、最悪の場合ひっくり返ってしまうとも考えられます。
できるだけ砲塔の重量を増やさずに装甲するには、砲を2連、3連と集中させる方が、効率的だったということではないでしょうか?
    • good
    • 0

大昔にどこかで聞いた話ですので、自信無しです。



1)なぜ砲身数を増やしたいか?

連装砲から発射される砲弾は、同じ所を狙うわけではないそうです。
ちょっとずつ違うところを狙うことで、どれか一発が当たればよし、ということだそうです。
たとえば、中央の砲塔は狙い通り、右の砲塔はちょっと手前を狙う、左の砲塔はちょっと奥を狙うということで、目測が多少狂っていても、どれかが当たると言うことです。
すると、2連装より3連装の方がいいような気がしますよね。

2)2×4より3×3

当時の米軍では、2連装を4砲塔積んだ艦が多かったと聞いています。これは、パナマ運河を通らなければならないため、戦艦の幅を広くできないからだそうです(今も同じですけど)。
しかし、2連装×4砲塔=8発より、3連装×3砲塔=9発の方が、一度に発射できる弾数が多いですよね。
また、砲身の数が多い割に、砲塔の数が少なくて済みますよね。
そうなると、4連装、5連装・・・ときりがなくなりますが、そこまで建造することは当時の技術ではできなかったのでしょう。
    • good
    • 0

こんにちは。

やり取りを見ててもしかして砲塔の事をお聞きになってるのかな?と思いまして。

沢山の砲をを装備した日露戦争以前頃までの戦艦では、一門づつバラバラだったようですが、大口径砲をいくつか装備するようになると、横腹からにょきっと出したのでは安定が悪くなり甲板に装備するようになりました。
しかし甲板上では直撃弾を受けやすいのでどうしても防御装甲をする必要が出て来ます。そうすると同じ10門の大砲でも単装10基だと装甲に必要な重量がとんでもなく大きくなり、船の重心が上がってしまい転覆しやすくなってしまいます。
ですから、装甲を節約する為に考えられたのが連装砲塔です。
そして第一次大戦頃には、各大砲がてんでんに狙って沢山の弾を打つのから、船の高い所から方角、角度を全部の砲塔に指示してある程度の範囲に弾を落して、ある確率で相手の船に当てる確率射撃という方法に変わっていきました。
第二次大戦初期には大国の海軍では戦艦の中距離射撃は、ほぼ10発を打つとまず間違いなく相手の船に1発は当てる事ができる位の射撃精度になったそうです。
それで戦艦は10門に近い主砲を装備することが求められました。

ですから確か日本ではありませんが5連装砲塔を2基装備した戦艦もいたはずです。

というわけで装甲重量の節約というのがお答えではないかと思いますが。転覆してしまっては元も子もないですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

装甲重量、散布界、射撃速度等々の要素で、3本砲身に落ち着いたということですね。

お礼日時:2002/01/16 21:45

第2次大戦当時の大砲は、現在に比べ命中精度だけでなく発射速度もかなり低いもので、(具体的な時間は調べてみないと良くわかりませんが)大口径の大砲ほど、砲弾の装填や砲身の冷却のために、次弾の発射までかなりの待ち時間が必要でした。

そのため、単位時間当たりにより多くの砲弾を発射するのに、多くの砲身が必要で、戦闘艦は総じてハリネズミのようなスタイルをしていたと言えます。
一方で現代では(戦闘における主砲の位置付けが低くなったことがまずあるとは思いますが)大砲の発射性能が格段に向上し連続速射が可能になったため、単装でも十分(連続発射をすると、おそらくけっこう短時間で砲弾を打ち尽くしてしまうことになると思います。)になったと言えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

えーと、砲の数を増やし、大口径化すれば艦幅が大きくなる。
こうした無理をしてまで3本も砲身を並べたのはなぜか…ということです。
ただ単に「1本より2本より3本!」とか、「相手が2本ならこっちは3本」ということなのでしょうか。

お礼日時:2002/01/16 16:53

軍艦に求められるのは攻撃力とスピード、そして防御力です。

攻撃には大砲の数が多いほど有利となりますが、それだけ船体が重くなりスピードが落ちます。エンジン出力の小さかった時代の戦艦は小さな大砲(単装砲)をたくさん積んでいました。しかし、小さな大砲では距離と破壊力に問題があります。そこで大砲を段々大きくして距離と破壊力を高めて来た訳ですが、幅の狭い軍艦に大型の大砲はたくさん並べられません。連装式の登場です。近代の軍艦は連装が中心で三連装は第二次世界大戦末期の大和や武蔵のような巨大艦で初めて実現できたことです。巨大な大砲を三連で搭載すれば船体の幅が大きくなり、スピードが落ちる、この矛盾を解決するためには更なるエンジンの出力アップが必要でした。結果は・・・何の役にも立ちませんでした。戦艦の時代は終わっていたからです。航空母艦こそ求められていたのです。

現在の軍艦は軍艦同士の直接戦闘は考えない設計になって、海に浮かぶ軍事基地、作戦基地、輸送船、諜報基地と変わったので、全く違う船と考えるべきでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

えーと、砲の数を増やし、大口径化すれば艦幅が大きくなる。
こうした無理をしてまで3本も砲身を並べたのはなぜか…ということです。
ただ単に1本より2本より3本!ということなのでしょうか。

お礼日時:2002/01/16 16:48

 下記URLの、各戦艦の解説部分に若干の説明があるようです。



参考URL:http://ha5.seikyou.ne.jp/home/hiro-h/rf/jpn_bb.htm
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q駆逐艦「綾波」の連装砲の種類について

綾波の50口径12.7cm連装砲について細かく知りたいです。
綾波は三年式12.7cm連装砲B型を搭載した時期があったのでしょうか?
実はプラモデルのキットでA型B型連装砲どちらを付けるか悩んでいます。
どうか教えてください!

Aベストアンサー

一等駆逐艦の吹雪型駆逐艦は別名「特型」とも呼ばれ「吹雪」から「浦波」までの10隻が「特型Ⅰ」
「綾波」から「潮」までの10隻が「特型Ⅱ」「暁」から「電」までの4隻が「特型Ⅲ」
「特型Ⅰ」に搭載された主砲は常に2門の砲が同時可動で仰角が40度の平射砲の、三年式50口径12.7センチ連装砲A型
「特型Ⅱ」から左右の砲の動作が独立し、仰角を75度にまで引き上げ対空砲火も可能なB型砲塔に改められています

Wiki「吹雪型駆逐艦」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%B9%E9%9B%AA%E5%9E%8B%E9%A7%86%E9%80%90%E8%89%A6#.E5.BD.A2.E5.BC.8F
「50口径三年式12.7センチ砲」
https://ja.wikipedia.org/wiki/50%E5%8F%A3%E5%BE%84%E4%B8%89%E5%B9%B4%E5%BC%8F12.7%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%83%81%E7%A0%B2

Q護衛艦は駆逐艦?それとも・・・

 国防とか軍事のカテゴリーがありませんので、カテゴリー違いかもしれませんがお尋ねします。
 海上自衛隊の「護衛艦」は、旧海軍の軍艦に当てはめれば、何に相当するでしょうか。
 昔の軍艦には「格」というものがあったと思います。大東亜戦争末期には、駆逐艦も大きいのが出てきて、戦力では軽巡より上というのもありましたが、菊の御紋もなく駆逐艦は駆逐艦でした。
 米海軍には現在でも戦艦、巡洋艦、駆逐艦などの呼称が使われているようです。(戦艦は太平洋戦争時代の骨董品を仕立て直して使っていたように思いますが、もう退役してるかもしれません。したがって戦艦はもう存在しないかもしれません。)
 旧日本海軍との比較が困難であれば、現在の米海軍の何に当たるかでも結構です。
 それと護衛艦の艦長の階級も教えてください。

Aベストアンサー

駆逐艦あるいは護衛艦と呼ばれる現代の戦闘艦についてのご質問ですが、回答の前に簡単に現在のアメリカ海軍の状況を説明した方が分かりやすく、また基準にもなるかと思います。

現在世界最強の海軍国といえば、アメリカがその代表というのは異論のないところだと思います。一時は旧ソ連がアメリカに拮抗するほどの海軍力を持っていましたが、ロシアになってからの海軍力は見る影もありません。

現在アメリカ海軍には空母、潜水艦、巡洋艦、駆逐艦、そしてフリゲイトなどの戦闘艦が在籍していますが、ご質問の駆逐艦にはDDとDDGという2種類があります。

DDは汎用駆逐艦という、主に対潜戦能力に長けた駆逐艦の事を指し、DDG(Gは誘導ミサイルの頭文字)は対空戦能力に長けた強力な対空レーダーシステム(イージスが有名ですね)を備え、最新の対空ミサイルを装備しています。

アメリカではDDとDDGを強力な対空戦能力を持つ駆逐艦をDDGと呼び、そのほかをDDと呼んでカテゴリー分けしています。とはいえDDであっても短距離対空ミサイルや対空対水上艦砲を持っていますし、逆にDDGも対潜兵器をちゃんと持っています。

では何が違うのかといえば、つまるところ中長射程の対空ミサイルを持っているかいないかの差であると考えてください。この対空ミサイルは現在北朝鮮の弾道ミサイルで脚光を浴びているスタンダードミサイルですね。

ただDDであれDDG,もしくはFF、FFGでも艦体はほとんど遜色のないほど似通っていますし、DD,FFであってもトマホーク巡航ミサイル、ハープーン対艦ミサイルそしてシースパーロー短SAMなどを標準装備しているので、年々その棲み分けがかなり怪しくなってきています。そしてその状況は他の国々の海軍でもそれほど変わりはなく、自国の艦船の艦種呼称をどうするかの判断はそれぞれの国が自由に決めています。つまり現在では艦種の呼称にきちんとした基準はなく、みんなそれまでの慣習や伝統にのっとって勝手に決めているということです。

そこでご質問ですが(前置きが長くなってすみません(-_-;))

>海上自衛隊の「護衛艦」は、旧海軍の軍艦に当てはめれば、何に相当するでしょうか。

旧日本海軍の艦種に当てはめるならば現在の護衛艦は地方隊にある護衛艦が(これは従来のフリゲートクラスで、国際的にはDEとなっています)、当時の水雷艇や海防艦、駆潜艇クラス、護衛隊群に所属する護衛艦DD、DDGが当時の駆逐艦、巡洋艦クラスと考えて良いかと思います。
DD、DDGを駆逐艦、巡洋艦に区分けする根拠としては、排水量と装備する各種兵器の違いです。詳細は長くなりますので省きますが、現在の海自のなんでもかんでも護衛艦と呼んでしまう現状はいくらなんでもちょっと無理があるのではないかと思っています。
ちなみにDD,FFという呼び名ですが、DDはデストロイヤーなのでD、FFはフリゲートなのでFと頭文字は1個でいいのに2個もつけていますよね。これは書類上の混乱を避けるためと艦上での伝達をはっきりと伝えさせるためにこうなっています。つまり海軍では公式文書にD123とかいってドキュメントの頭文字と番号をつけますが、これだと駆逐艦123番艦と間違えられることもありますし、戦闘中の混乱の中で敵艦や味方艦を呼称するときに一文字だと聞きづらい、発音しづらいという理由からこうなったといわれています。

>旧日本海軍との比較が困難であれば、現在の米海軍の何に当たるかでも結構です。

ちょっと乱暴な例えですが上から言えば、「こんごう」型イージス艦が米海軍の「タオコンデロガ」級および「アーレイ・バーク」級。「あまつかぜ」型が「オリヴァー・ハザード・ペリー」級。「むらさめ」型および「はつゆき」型が「スプルーアンス」級と考えていいかと思います。残念ながらヘリコプター護衛艦の「はるな」型は日本特有の艦種で、強いて言えばヘリ空母と言えなくもないですが、それに近い艦種は米海軍にはありません。

>それと護衛艦の艦長の階級も教えてください。

これはいちがいにこのクラスの艦ならこの階級の艦長が収まる、なんてことはいえません。なぜなら現在海上自衛隊は陸空と同じく士官が多く、逆ピラミッド状態になっています。つまり将校が余っている状態ですので、数少ない護衛艦の艦長のポスト争いは熾烈です。また普通なら司令や幕僚クラスになれる士官でも頭がつっかえているため、ある意味不本意ながら現場に残るという場合もあります。
このため艦長の階級と聞かれれば、その艦その艦の艦長を個々に調べるしか手はありません。ただ護衛艦なら他の回答者さんが言われているように3佐以上の士官であると思っても間違いではないと思います。

長くなりましたがご参考になれば幸いです。

駆逐艦あるいは護衛艦と呼ばれる現代の戦闘艦についてのご質問ですが、回答の前に簡単に現在のアメリカ海軍の状況を説明した方が分かりやすく、また基準にもなるかと思います。

現在世界最強の海軍国といえば、アメリカがその代表というのは異論のないところだと思います。一時は旧ソ連がアメリカに拮抗するほどの海軍力を持っていましたが、ロシアになってからの海軍力は見る影もありません。

現在アメリカ海軍には空母、潜水艦、巡洋艦、駆逐艦、そしてフリゲイトなどの戦闘艦が在籍していますが、ご質問...続きを読む

Q海自護衛艦の砲塔の役目?

ご質問のとおりなのですが、護衛艦の砲塔って、どういった場合に活躍するものですか?

遠くの船や飛行機はミサイルで攻撃すると思うのですが、砲塔の役目についてがわかりません。

第二次世界大戦の軍艦の砲塔は、相手国の船舶攻撃が主だったと認識していますが、現代戦ではどんな意味があるのでしょうか?
歴史的な流れも紹介していただけると助かります。

軍事にお詳しい方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

大砲というのは地上攻撃にも使用されることがあります。
ロンドン軍縮条約によって主砲口径は一定以上の大きさに出来ないよう制限がありますが、湾岸戦争ではアメリカの戦艦(現在は全て退役)がイラク軍地上部隊に対して主砲を使用した大規模な砲撃戦を行いました。

現在の日本の護衛艦を始めとした軍艦では、主砲の口径は5インチ(127mm)や3インチ(76mm)のものが主流です。40cmクラスの主砲を搭載した戦艦はアメリカのアイオワ級戦艦を最後に数年前に姿を消しました。
砲弾には通常の撤甲弾(ライフル弾)だけではなく、航空機用の高射砲弾、目標に衝突したときに爆発する榴弾等の種類があり、10km先の装甲された目標を破壊できる性能を持っています。

先ごろ(去年?)の不審船事件では、海上自衛隊の護衛艦が威嚇発砲に使用したそうです。ミサイルというものはある程度の条件がないと目標を破壊することは出来ません。漁船のような小型の船や距離の近すぎる目標には使用できないのです。

海上自衛隊やアメリカの艦船は主砲等以外にも20mm対空砲を2門程度搭載しています。これは接近しすぎてミサイルで狙えない目標をコンピューター制御で自動的に迎撃する目的を持っています。

大砲というのは地上攻撃にも使用されることがあります。
ロンドン軍縮条約によって主砲口径は一定以上の大きさに出来ないよう制限がありますが、湾岸戦争ではアメリカの戦艦(現在は全て退役)がイラク軍地上部隊に対して主砲を使用した大規模な砲撃戦を行いました。

現在の日本の護衛艦を始めとした軍艦では、主砲の口径は5インチ(127mm)や3インチ(76mm)のものが主流です。40cmクラスの主砲を搭載した戦艦はアメリカのアイオワ級戦艦を最後に数年前に姿を消しました。
砲弾には通常の撤...続きを読む

Q九州爆撃の護衛戦闘機

第二次大戦中に九州北部に住んでいた方から、当時、米軍戦闘機から機銃掃射された話を聞きました。爆撃機の護衛戦闘機だと思いますが、何という機種だったのか気になります。やはり、ヘルキャット、コルセア、マスタングの内のどれかということになりますか?

Aベストアンサー

沖縄戦に先だって、1945年3月にアメリカの空母機動部隊が日本の航空基地を叩くために九州、四国、和歌山の各地を空襲しています。
もう半世紀以上前の出来事なので、時期の記憶もあいまいだと思いますが、おそらくこの時期の空襲の出来事ではなかったかと思います。

それならば、海軍機なのでヘルダイバーかヘルキャットである可能性が高いと思います。コルセアはそのほとんどが海兵隊が使っていましたからね。

また九州には中国本土からの空襲がありましたが、なにしろはるばる成都から飛んでくるくらいだったので当初は護衛戦闘機はさすがにいなかったようです。ただ後に八幡市が空襲されたときはP-47サンダーボルトの護衛がついていたらしいので、サンダーボルトであった可能性も否定はできないと思います。

Qエノラ・ゲイを護衛する戦闘機の有無は?

エノラ・ゲイを護衛する戦闘機の有無は?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BA%83%E5%B3%B6%E5%B8%82%E3%81%B8%E3%81%AE%E5%8E%9F%E5%AD%90%E7%88%86%E5%BC%BE%E6%8A%95%E4%B8%8B
ここの目次の「1.3 テニアン島」、「1.4 四国上空」、「1.5 広島上空」を読んでの疑問です。

この記事から気象観測機が3機、エノラ・ゲイ、科学観測機、写真撮影機の計6機が日本へ向かったことが分かります。しかし、これらを護衛する戦闘機に関する記述が一切ありません。
記事全体の雰囲気から、戦闘機は飛来しなかったように読めます。

根拠はありませんが原爆という軍事上の大実験をしようというのですから、この6機の前後左右・上下を戦闘機の大集団が護衛して来たのだとばかり思っていました。日本の防空システムが崩壊していたにしても、初めからなかったにしても、護衛なしの丸腰状態で来るというのは腑に落ちません。実際は、如何でしたか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 なかったはずです。長崎のときも直衛機はありませんでした。
 排気タービンを装備するB-29は高々度での高速巡航が可能で、当時の日本軍の戦闘機では追いつくことが出来ませんでした。そのため最初の1撃を避けられるとそれ以上の攻撃が出来なかったのです。
 それと爆撃を行う場合、B-29は編隊を組むのが普通でしたから、原爆投下の時のように数機づつ分かれての行動が爆撃なのか偵察飛行なのか判断しにくかったのだと思います。偵察飛行であれば、燃料が底を突きかけていた当時の日本軍がわざわざ迎撃機を飛ばすとは考えにくいですから。戦争末期にはビラをまくためだけにB-29がやってくることもあったようです。
 逆に言えば、多数の直衛機を付けてしまうと、何かしらの特別な作戦行動であると判ってしまって、かえって迎撃機の来襲を招いてしまう恐れもあったかと考えられます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報