徳川御三家である水戸藩がなぜ尊王に走ったんですか?藤田東湖や徳川斉昭の尊王思想はなぜ?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

初めまして、eiki8199と申します。



「水戸学」を調べると良いと思います。なお、水戸藩は、正確には、御三家ではなく、御三家に準じる家柄だったようです(家康は将軍家、尾張家、紀州家を御三家とよんだと伝えられています、家光の代以降御三家と言われたと思われます)。

「水戸学」について、説明を加えますと、江戸幕府は、身分制度を維持するため、徳川綱吉のころより、上下の秩序を重んじる「儒学」を強く推奨しました。「儒学=儒教」の発祥の地、中国では、宋の時代に、儒教を発展させ「朱子学」が生まれました。それが平安時代の末期頃、日本に伝わり、江戸時代のころには、朱子学も諸派に別れ、朱子学の一派である、南村梅軒によって「南学」として発展した系統がうまれました。

その「南学」の系統から出た山崎闇斎が、垂加神道(すいかしんとう=神の徳と天皇の徳は一体であり、尊王論の根拠となる)という考え方を主張しました。

また、これとは別に、契沖(けいちゅう)から始まった学問の系統「国学派」があり、その系統の末期に出た1人、平田篤胤は、幕末復古神道(ふっこしんとう)を唱えました。

この「垂加神道」「復古神道」の2つの考え方が、尊王攘夷論として、幕末の思想に影響を与えたものと思われます。もともとは、2つとも幕府政治を否定するものではなく、将軍は天皇の委任によって政治を任されていると、解釈するものでした。

「水戸学」も、水戸黄門の別称で有名な「水戸光圀」によって、朱子学的な視点から、歴史をより正確に編纂されたものと言われています。「垂加神道」や「復古神道」と互いに影響しあいながら、まとめられたものと思われます。

しかしながら、幕府は、8代将軍「徳川吉宗」以降、御三家よりも、御三卿(ごさんきょう)とよばれる、「清水家」「田安家」「一橋家」を非常時の将軍の代替権利があるお家としたため、ただでさえ、御三家の中でも一段低く見られていた、「水戸家」はおもしろくありません。

藤田東湖も、水戸藩においては、儒学者の1人であり、徳川斉昭の擁立に努力した人です。もともとは、幕府に恨みはなかったと思われますが、徳川斉昭が1844年、幕府の外交政策に意見をし、蟄居謹慎を命じられました。

それをきっかけに、水戸藩こそ、勤王の旗頭足らんと欲したものと思われます。ちょうど、そのころ、平田篤胤の「復古神道」が幕府政治の乱れと、内外の危機によって、各地に浸透をはじめたころと時代が一致し、水戸学を唱える水戸藩は、尊皇攘夷の旗頭として台頭して来たものと考えます。

もともとは、同じ徳川でありながら、本当に、不思議といえば不思議ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。なるほど。幕府体制に対するそういう不満があったんですね。朱子学によって尊王思想が始まったのは知ってたのですがそれがどういう背景で広がったのか勉強になりました。

もう一つの側面として家康が水戸家に、朝廷と幕府が争う事があったら御家存続のために・・つまりどっちが勝ってもいいように朝廷側につくように厳命したと聞いた事あります。

と言っても同じ徳川ですから「止むを得ず」水戸は朝廷側につくというのが心情だと思いますが、率先して尊王を唱えるのが疑問でした。ありがとうございます。

お礼日時:2002/01/18 18:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

水戸 家」に関するQ&A: 徳川御三家って?

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q水戸藩の参勤交代について

参勤交代についてですが、[水戸藩は江戸定府→参勤交代なし]と参考書に書いてあります。これはどういうことですか?水戸藩は江戸にあるから、参勤交代はなし。って意味ですか?水戸って現在の茨城県のあたりですよね?茨城が江戸のはずないし。どうでしょうか。よくわからないので、知識のある人お願いします。

Aベストアンサー

水戸藩主は常時江戸にいるのが原則であり、そのため参勤交代はありません。もちろん、ごくまれに将軍の許可を得て水戸に帰る場合もありましたが、参勤交代というのはあくまでも毎年領地と江戸の間をいったりきたりすることなので、たまに領地に帰るのは参勤交代とは言いません。
そのため水戸藩主は一生のうち水戸にはほとんどいませんでした。
水戸藩主のほかにも参勤交代をしない大名はありますし、老中・若年寄ほかの幕府の役職についている大名も在職中は江戸にいたきりなので参勤交代をしません。

Qなぜ紀州・尾張・水戸/徳川御三家

いつもお世話になってます。

ふと疑問に思ったのですが、徳川御三家の領地はなぜ紀州・尾張・水戸なのでしょうか。

大阪でも京都でもなく。

「交通の要所」って訳でもなさそうですし、「仮想敵国」に対する「睨み」にもなってないような・・・。

ご存知の方がいらっしゃいましたらお付き合い下さいませ。

Aベストアンサー

紀州(和歌山)は、藩主が幼少の頃は山梨近くに幽閉されていたということでその後、紀州に任じられていったという。(辞典より)
どうも領地の位置理由は、今のところ不明です。
閉じられなければ3日間でできるだけ調べてみます。

Q幕末の水戸藩

水戸藩って慶喜将軍が伏見の戦いなど京・大坂に出張ってたとき将軍を支えるためがんばってたのでしたっけ?

Aベストアンサー

幕末の水戸藩は佐幕派と攘夷派の血を血で洗うような抗争が激しく藩として行動したりできる状態ではありませんでした。
慶喜の周辺にも水戸藩出身者がいましたが彼らは藩内抗争の負け組が逃げてきたもので、水戸藩として政局にかかわるようなことはまったくありませんでした。

Q徳川御三家に紀伊・水戸が選ばれた理由は?

徳川御三家には、尾張・紀伊・水戸があるわけですが、尾張は家康のゆかりの地なのでわかるのですが、紀伊と水戸が選ばれた理由はなんだったのでしょうか?

Aベストアンサー

>徳川御三家には、尾張・紀伊・水戸があるわけですが

一般的には、尾張・紀伊・水戸が御三家となっていますよね。
が、尾張家の主張は「ご本家(将軍家)・尾張・紀伊が御三家」と考えていました。
毛利家の「三本の矢」を、倣ったようです。^^;

>紀伊と水戸が選ばれた理由はなんだったのでしょうか?

江戸に向かう陸路である姫路には、信頼出来る部下(譜代大名)が統治。
大坂城は、幕府の直轄地。
四国経由の海路中継地である和歌山には、親藩ですね。
これで、秀吉と親しかった外様大名を抑える事が出来ます。
また、大坂は秀吉の本拠地。和歌山も、秀吉の弟(秀長)が築城した土地です。
家康としては、秀吉の影響が残る大坂・和歌山を支配する事で「権力者が変わった」事を示す必要もあったのでしようね。
明治新政府が、江戸城に天皇を迎えたのも同じ理論です。
水戸は、東北諸藩に対する抑えです。
江戸城の「出城」的な要素が強いですが・・・。

Q水戸城の外堀跡はどこですか

城が好きなのですが、天守閣などよりも堀跡をたどって散策して往時の規模を歩いて体験するのが好きです。そのなかで、水戸城に行ってみたいです。
1)本丸からみて西に5重の空堀があります。本丸側から水郡線の線路、旧6号線道路が空堀跡なのはわかったのですが、あと3つの空堀あとはどこにありますか。
2)本丸からみて東には水堀があったらしいですが、痕跡はなにかありますか。道路でも水路でもなんでもけっこうです。

Aベストアンサー

以下のURL(日立市・田中明氏作成)がご参考になるのではないでしょうか?

参考URL:http://www.jsdi.or.jp/~hato/mh/mitojo.html

Q江戸藩=徳川藩

徳川家康は江戸幕府を作りました。しかし、豊臣政権の時、摂津大坂藩と言う藩があったように家康も江戸の藩主だったんじゃあないですか?。もし、そうならどの名前ですか?。

1・武州江戸藩。

2・同徳川藩。

Aベストアンサー

秀頼の治める藩を摂津大坂藩と呼ぶならそれは後世でしょうねえ。
当時はそうは呼びません。

既に出ていますが○○藩という呼び方じたい正式なものではなく単に一般的な呼称です。
そういう意味では1で正しいですし、ある意味正解はありません。
ただ徳川藩という呼称は使わないでしょう。将軍家と御三家全部徳川藩になってまぎらわしいので。

藩主は国主クラスなら尾張侯、水戸候、薩摩侯、藩領は○○侯御所領、藩士は○○侯御家中
実際には国主クラスだと尾張中納言とか会津中将とか官職をつけて呼ぶ場合が多いようです。

私も今回疑問に思い軽く検索しましたがもっと小さな藩だと(越後)村上内藤侯、(長州)長府吉川侯などとどうやら地名と住所を重ねて呼ぶようですね。

Q水戸藩

水戸徳川家は江戸定府で将軍家を補佐する役目にあったとされていますが、尾州・紀州と違って具体的に何か政務に参与するということはあったのでしょうか?

Aベストアンサー

水戸家に限らず、幕府の運営は将軍とその家臣によって行われ、他家が口出しは出来ません。
やくざ組織を見ると判りやすいのですけど、やくざは頂点に組長がおり、その配下に長男にあたる若頭を筆頭に直系の子分が連なり、組の運営をします。
これ以外に「おじさん」と呼ばれる、組長の兄弟分にあたる人間がいて、彼らは先代組長の子分で、代替わりのときに独立したり、他組織の人間で、組長と親しくなって渡世の義理を結んだりした者たちです。
彼らは集まりでは一門として遇され、高い席次を与えられますが、組の運営には一切口出しできず、組長と子分が一切を取り仕切り、求められれば相談に乗るという存在で、組長に万一のことがあった場合でも、跡目にはなれません。
御三家も似たようなもので、家康晩年の子供たちが徳川の姓を与えられ、将軍家の親族として代替わりに誓紙を出さなくてもよいとか、50万石程度の領地を与えられるなどの優遇された待遇を与えられますけど、幕政に関与する権限は無く、相談されたら話をする程度です。
幕政はあくまで、将軍とその家臣が行うべきもので、加賀100万石であろうと、御家門筆頭の越前家であろうと、御三家であろうと、蚊帳の外が原則になります。
代々の当主で、将軍家に逆らった方は尾張宗春などいますし、光圀も面当てはしていますけど。
水戸家も本家は35万石(実質は28万石)ですが、連枝の高松藩などを加えれば50万石で、御三家という定義も当初は尾張、紀伊、駿河の3徳川家であったり、変遷があり、水戸が御三家に固定されたのも、かなり後になってからです。
また、副将軍という称号も自称で、喜連川家も天下の副将軍を称しており、こちらは江戸にいても国に帰っても随意という破格の待遇を受けていますから、水戸家だけが定府ということでもないです。
幕末になりますと、老中阿部正弘が外様を含む諸大名に意見を求め、水戸の徳川斉昭を海防掛参与に任命したりしますが、これは混乱した時代だからこそで、結果的には幕政に諸大名が口出しするようになり、権威の失墜を招きましたから、これも功罪両面がありますね。

水戸家に限らず、幕府の運営は将軍とその家臣によって行われ、他家が口出しは出来ません。
やくざ組織を見ると判りやすいのですけど、やくざは頂点に組長がおり、その配下に長男にあたる若頭を筆頭に直系の子分が連なり、組の運営をします。
これ以外に「おじさん」と呼ばれる、組長の兄弟分にあたる人間がいて、彼らは先代組長の子分で、代替わりのときに独立したり、他組織の人間で、組長と親しくなって渡世の義理を結んだりした者たちです。
彼らは集まりでは一門として遇され、高い席次を与えられますが、...続きを読む

Q徳川御三家について。

徳川御三家は将軍家、紀州、尾張で御三家なのは知っているのですが、
いつから将軍家の代わりに水戸を入れて御三家になったのでしょうか?
また、紀州や尾張から将軍が出た場合その子供が将軍家をついで行くのでしょうか?もし、そうならば、将軍を出すのは紀州と尾張だけなのに後々まで贔屓が出てしまうのではないでしょうか?

もうひとつ疑問なのが、先日大河ドラマの八代将軍吉宗を見ていたところ甲州の綱豊という人物が出てきました、調べてわかったのですがこの人は六代将軍になったらしいのですが、どういった筋の人なのでしょうか?

回答お待ちしています。
回答お願いします。

Aベストアンサー

徳川家康には合わせて11人の男の子がいました。
その中で徳川家光時代まで生き残ったのが、九男義直、十男義宣、十一男頼房の三人でした。彼らの子孫が後年御三家といわれるようになったのです。
それまでには質問者さんがおっしゃるような「将軍家、尾張家、紀州家」「尾張家、紀州家、駿河家」などを御三家といったりもしました。ただし、御三家は幕府の正式な呼び名ではありませんので、時代とともに代わっていったものと考えてください。偶然に今言われる御三家で固まっただけです。
これらは、この三人が家康の最後の頃の子供であったこと、長生きしたこと、四代将軍家綱ころまで家が続いたこと、その後将軍家に新たな分家がなかなか生まれなかったことなどの諸条件が重なって、地位が固まったのでしょう。
なお、御三家に将軍家や駿河家を入れる場合、水戸家は紀州家の分家扱いとなります。水戸家は極官が中納言、領地も30万石と他の2家より格下であります。駿河家は秀忠の弟忠長で大納言、領地も他の2家とほぼ同じとなっておりますので駿河家が残れば、水戸家は格下と見られたでしょう。
では、家康の他の子供はどうだったかといいますと、信康は幕府開設前に切腹、忠吉と信吉は子孫が無く廃絶、忠輝は政策で取り潰されます。御三家の他で残ったのは秀康の子孫ですが、秀康は家康よりも早く亡くなっており、その子孫も越前騒動、越後騒動の2回のお家騒動で家格維持できる情況でなかったです。
家光の兄弟は忠長と保科正之がいますが、忠長は取り潰されてしまいますし、保科正之は秀忠に認知さえされていません。保科家に養子に行ってから家光に弟と認められ、会津に封じられただけです。その会津でさえ、水戸家に遠慮して江戸時代通じて水戸家より石高が少なくなるように蔵入地を使って、調整をしていました。

徳川家康には合わせて11人の男の子がいました。
その中で徳川家光時代まで生き残ったのが、九男義直、十男義宣、十一男頼房の三人でした。彼らの子孫が後年御三家といわれるようになったのです。
それまでには質問者さんがおっしゃるような「将軍家、尾張家、紀州家」「尾張家、紀州家、駿河家」などを御三家といったりもしました。ただし、御三家は幕府の正式な呼び名ではありませんので、時代とともに代わっていったものと考えてください。偶然に今言われる御三家で固まっただけです。
これらは、この三人が...続きを読む

Q江戸時代の水戸徳川家当主は、全員が、家康の11男・徳川頼房の男系の子孫?

江戸時代の水戸藩の藩主は全員が、徳川頼房の男系の子孫なのでしょうか?

江戸時代の水戸藩の藩主の全員が、家康の11男・徳川頼房の男系の子孫なのかどうかを教えてください。

Aベストアンサー

頼房以降はそうですが、頼房が水戸に入る前も水戸藩はありました。
ですので、江戸時代の最初の頃は違います。

Q尊皇・勤皇・尊王・勤王って違う思想なのでしょうか?

最近幕末関係の本を読むのにハマっています。そこでちょっとよくわからないことが・・・・尊皇・勤皇・尊王・勤王って違う思想なのでしょうか?

「歴史を動かす力」という司馬遼太郎さんの対話集を読んだところ、勤皇と尊王の2つが分けて使われていました。「尊王というのは普通の概念である。勤皇というのは行動である、だから革命運動である。勤皇というのは恐ろしい、これは容易にやれないものだ」「勤皇といえば泥棒という語感に似ている。犯罪のにおいがして、非常に恥ずかしくて容易にいえなかった」と書いてありました。またいろいろ本を読んでいると、漢字が違う尊皇・勤王とかも見かける気がするのですが、これらの思想はどのような違いがあるのでしょうか。

詳しい方はぜひ教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

尊王は、中華思想にある普通の概念です。「王を尊べ」ということです。
尊皇は、そこから派生した日本独自の概念です「天皇を尊べ」ですね。中国では皇は皇帝しかいませんから、これは尊王とは別の次元なのです。
勤王・勤皇は「王(皇)の為に勤める」ということです。つまり王(皇)のためなら、殉死できるという考えです。

司馬氏の「勤皇といえば泥棒という語感に似ている~」という文章は、たしか明治維新と2.26事件辺りの青年将校のクーデター事件を踏まえての発言だったと思います。
その後「子供だった私でもとんでもないことがおきたことが分かった」というような文章があるのではないでしょうか。(うろ覚えです)

これは、明治維新のころは権力者として祭り上げられた天皇も、戦前の昭和になると、「天皇機関説」が天皇実権のコンセンサスになっており、平たくいえば現在の象徴天皇制とあまり変わらない役割しか、天皇は担わないという解釈が一般的になった時代に、「天皇の為に殉死する」と言い切る一部軍人の言葉が、非常に反社会的に響いたという、司馬氏の印象を書いたものだったと記憶しております。

事実、司馬氏は「この国のかたち」という本の中で、総帥権を引き合いに出して、同様のことを語っています。
よろしければこちらも一読ください

尊王は、中華思想にある普通の概念です。「王を尊べ」ということです。
尊皇は、そこから派生した日本独自の概念です「天皇を尊べ」ですね。中国では皇は皇帝しかいませんから、これは尊王とは別の次元なのです。
勤王・勤皇は「王(皇)の為に勤める」ということです。つまり王(皇)のためなら、殉死できるという考えです。

司馬氏の「勤皇といえば泥棒という語感に似ている~」という文章は、たしか明治維新と2.26事件辺りの青年将校のクーデター事件を踏まえての発言だったと思います。
その後「子供だ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報