例えば私が大家(都内在住)で家賃を踏み倒している借り主(現在沖縄県在住)に対して少額の訴訟をする際に、東京まで来てもらい、 訴訟を訴える費用は私がいくらかは分かりませんが負担して、勝てば相手が全部払うって事でよろしいですか?
そのような事がのっているURLはありますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

 結論から述べますと、とりあえず、霞ヶ関か八王子の簡裁でけっこうです。

訴訟費用については、理屈はともかく、実際は、omeomeさんが負担せざるをえなくなると思います。
 通常裁判の管轄については、民事訴訟法にいろいろと定めてありますが、もし、管轄権のない裁判所に訴えが起こされても、被告がその点につき、異議を述べないか、もしくは、そもそも一切の訴訟行為をしない等の場合は、その裁判所にも管轄権が生じるようになっています(民事訴訟法第12条参照)。
 ですが、異議(抗弁)を述べるとすれば、「沖縄に住んでいるから、沖縄で」ということになりますので、omeomeさんとしては、いちおう、民訴第5条1号の「義務履行地(家賃の支払場所)」が、東京だったから、東京を管轄裁判所とします、ということで訴状を作ることになると思います。
 そうなると、東京の簡裁も、れっきとした、管轄裁判所なので、かりに、被告が原則中の原則で「沖縄の裁判所にも管轄があるので、沖縄の裁判所で」といっても、通らないと思います。
 このように、法律上複数の管轄裁判所が存在するとき、どの管轄裁判所で裁判を行うかですが、そこのところは裁判所の判断になるのですが(17条参照)、案件の舞台が、東京の賃貸住宅ですし、訴状を提出する段階で、omeomeさんが十分な書証を提出すれば、問題なく東京で裁判ができると思います。
 さて、訴訟費用の負担ですが、たしかに敗訴者が負担するようになっているのですが、別個「訴訟費用額の決定」を申し立てないといけません。その決定でもって、別個、相手の財産を差押さえて・・・、というわけで、実務的には、少額の裁判の場合、費用は、原告の持ち出しになってしまいます。
 さて、蛇足かもしれませんが、omeomeさんとしては、判決を取ったあとの、現実の債権回収については、どうされるおつもりなのでしょうか?
 というのは、裁判は以上説明したように、東京でもたぶん可能ですが、たとえば、被告の債権を差押さえるときは、執行裁判所は、沖縄になってしまうんです(民事執行法143条)。
 あるいは、部屋に、借家人が、自分のものを残したままで、その処分をomeomeさんが適法にするための裁判というのであれば、その動産執行は、東京の裁判所の執行官に対して申し立てることになります。
 そういうことだといいのですが、差押をかける財産のめどはつけていらっしゃるのでしょうか?
 
    • good
    • 0

東京の裁判所か、沖縄の裁判所か、は、契約によります。

建物の賃貸借契約書に「訴訟の管轄裁判所は甲(貸主)の管轄の裁判所でする」と云う内容の条項はありませんか? あれば東京、なければ沖縄です。ただし、目的物件(アパートの所在地)が東京で、なおかつ、賃料と同時に明渡の訴訟も平行してするなら裁判所も東京です。訴訟費用は数千円です。出ても1、2万円です。とりあえずomeomeさんが立て替えて支払い、勝訴すればその分相手から取れます。
    • good
    • 0

http://www.e-sosyo.com/main.php

上記のサービスを利用すると少しでも楽ではないでしょうか。

尚、小額訴訟に踏み切る前に内容証明郵便を送付なされたりいたしましたでしょうか。
1.振込口座番号
2.振込期日(相手先到着から1週間程度後)
3.支払要求金額(未払家賃に加えて延滞利子も加算いたしましょう。延滞利子は年率5%です。勿論、内容証明郵便の費用も加算)
4.振込期日を過ぎれば訴訟を提起する旨
以上のような内容が記載された内容証明郵便を相手住所に送付すれば、支払われる場合も多いと聞いています。また、内容証明を相手が無視したとしても、小額訴訟裁判でも有利な材料となると思いますから損にはならないと思います(この方が手間と経費は少なくて済みます)。

30万円以上の場合は、簡易裁判所で支払督促命令を行うと良いと思います。
(回収金額と手数料などを天秤にかけて行うようにしてください)
    • good
    • 0

 裁判の提訴は、どのような裁判であっても原則として訴えられる人の住所地を管轄する裁判所に提訴することになります。

原則ですので、当然例外もありますが訴訟の内容によって判断されますので、訴える人の住所地を管轄する裁判所に提訴する方法もありますが、その裁判所が訴えられる人の住所地を管轄する裁判所で裁判を行うと判断した場合には、その判断に従わなければなりません。

 訴訟費用の負担方法については、判決のときに判決文と合わせて裁判所が判断します。
    • good
    • 0

少額訴訟の場合は、原則として相手側の(被告)住所地を管轄する管轄簡易裁判所で起こすことになります。


また、少額訴訟は、30万円以下の金銭の請求についてのみ行うことができます。

詳細は、参考urlをご覧ください。

参考URL:http://www.e-sosyo.com/menu9/
    • good
    • 0

 少額訴訟でも、どこの裁判所に訴えを提起してもよいというわけではなく、原則として訴える相手の住所の管轄裁判所に訴えを提起する必要があります。



参考URL:http://www05.u-page.so-net.ne.jp/cf6/tadayuki/in …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qネット詐欺、代金踏み倒し、消費者センター、少額訴訟

こんばんは。ネットショップを運営している者です。
当店は代金後払い制です。先日、商品をあるお客様にお送りしました。ご入金が遅いので、お電話したところ、留守番電話です。何度掛けてもつながりません。当然、メールや配達記録をお送りして入金の催促を致しましたが、お返事も無いままです。郵便局に問い合わせたところ、お送りした荷物も配達記録も、「翌日には先方様が受け取られ、印鑑またはサインを頂戴している」と確認できました。その後、内容証明に被害届を出す旨を記載し、発送したのですが、何日経っても先方様が受け取りません。

とうとう、警察に相談に行きました。
警察の方が、申し込みの際に記入されていた電話に掛け、その相手は全く関係ない人だと判明。そしてついに、警察の方が送り先住所に住む方の電話番号をGET。ご注文者と思われる人は、「注文した覚えは無い。受け取った覚えはない」と主張。郵便局に、「配達済みの伝票がある」と、私が直接問い詰めたところ、「商品は受け取った。でも、注文した覚えが無い」とのこと。
当店から送ったメールや、配達記録は、「見ていなかった」と発言。結局、8点のご購入品のうち、数点はご注文者の自宅にあり、開封し、食器棚に収納したり、どこに行ったかわからない」とめちゃくちゃな主張。
私は、代金のお支払いを要求しました。そして、断られました。
「注文に覚えの無い商品を開封した(使ってないと主張)ところで、支払い責任は無い」と相手様はおっしゃいます。
「今、手元にあるグラスなどは返します。返せない物もあります。使っていませんが、見当たりません」と。
返せないものについて、せめてそれだけでもお支払い頂くよう、今、お願いしているところです。
相手様は、「弁護士に相談する」と言っています。
私は、泣き寝入りするしか無いのですか?
とりあえず、明日消費者センターに行きます。

こんばんは。ネットショップを運営している者です。
当店は代金後払い制です。先日、商品をあるお客様にお送りしました。ご入金が遅いので、お電話したところ、留守番電話です。何度掛けてもつながりません。当然、メールや配達記録をお送りして入金の催促を致しましたが、お返事も無いままです。郵便局に問い合わせたところ、お送りした荷物も配達記録も、「翌日には先方様が受け取られ、印鑑またはサインを頂戴している」と確認できました。その後、内容証明に被害届を出す旨を記載し、発送したのですが、何日...続きを読む

Aベストアンサー

#4です。

専門家ではないので、間違った先入観をもたれるのは困るのですが・・・

サイトの運営形態として、その申し込みが、真に申し込まれたと判断するためには、専門的な調査や法的差押さえが必要になります。
端的に言えば、訴訟を起こし、サーバなどの記録を裁判所に対して提出させる命令をいただく手続きをとることになります。
・民事訴訟法による訴えの提起時「証拠保全」
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H08/H08HO109.html#1002000000004000000007000000000000000000000000000000000000000000000000000000000

その他の収集法
・弁護士法23条の2 弁護士会による照会
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S24/S24HO205.html#1000000000000000000000000000000000000000000000002300200000000000000000000000000
・民事訴訟法による「訴えの提起前における証拠収集」
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H08/H08HO109.html#1001000000006000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000
訴訟継続中の「当事者照会」
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H08/H08HO109.html#1000000000000000000000000000000000000000000000016300000000000000000000000000000


今回の場合、請求金額がそんなに高額にはならないと思いますので、訴訟に要する金額と回収できる金額とを天秤にかけた場合、費用倒れになるかと思います。

やはり、少額訴訟を起こし、管理責任で『損害賠償請求』するのがよいのではないかと思います。

>証拠は、その他何が認められますでしょうか?
・受注票
・荷物の発送票控
・追跡可能ならば、その状況など
・発送した内容証明書・請求書控などの書証
(*だれかの注文により『通常業務』として発送し、相手に商品が届いていて、支払い請求・内容証明などで再三の請求により間違いと気づいているのに、連絡・返送手続きを取らなかったことを主張証明すればよい。)

具体的な内容は、お近くの役所などの法律相談や、司法書士、弁護士など専門家にご相談ください。

#4です。

専門家ではないので、間違った先入観をもたれるのは困るのですが・・・

サイトの運営形態として、その申し込みが、真に申し込まれたと判断するためには、専門的な調査や法的差押さえが必要になります。
端的に言えば、訴訟を起こし、サーバなどの記録を裁判所に対して提出させる命令をいただく手続きをとることになります。
・民事訴訟法による訴えの提起時「証拠保全」
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H08/H08HO109.html#100200000000400000000700000000000000000000000000000000000000000...続きを読む

Q少額訴訟をおこし勝訴しましたが少額訴訟債券執行は有効でしょうか

No.1644972でご相談致しましたが、売掛金25万円の回収の為少額訴訟をおこし、相手の2万円の分割を拒否したところ、一括支払の判決が下りました。その後相手方と一度話しましたが、お金は無いからと支払の意思は全くなく、分割支払を受けなかったそっちが悪いし、強制執行でもなんでもどうぞという態度でした。自己破産もお金が無いから今はしていないとも。
取引銀行が1つ判りましたので少額訴訟債券執行を考えましたが、現在残高があるとは思えず、同じ銀行では1度しかできないということで躊躇しいてます。
動産の差し押さえができる強制執行の方がまだ回収の望みがあるのでしょうか。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

まず「債券執行」は「債権執行」の誤りです。
次に「同じ銀行では1度しかできない」も誤りです。
何度でもできます。ただし、同一当事者で現に差し押さえているものに、更に差押はできません。
次の「動産の差し押さえができる強制執行の方がまだ回収の望みがあるのでしょうか。」は現在では、動産の差押は事実上やっていません。
もし、骨董品や高価な物で贅沢品があれば、その物と数を執行官に告げれば差押は可能ですが、一般のテレビ、冷蔵庫、エヤコン、等々の家財道具は差押の対象から除外しています。

Q少額訴訟から通常訴訟へ移行2

被告の言い分によると、祖父は、一人で話しているときは
乗り気で、私たちが同席すると止める、と言う。との事です。
実際私からみても、はっきりしないところはあるし押しに弱いところが
あると思います。
被告による答弁書で、そのことが自分たちを惑わせたとありました。

私はクーリングオフの適用があることを主張したかったので
その主張で訴訟を起こしましたが、その私が書いた内容は、特定商取引
に関する法律でのクーリングオフを主張したため、被告の答弁書では
「マンションを建設する」というものなので特定商品に適用されない。
よって、クーリングオフの適用はない。としてきました。

そこで私はさらに調べて、「宅地建物取引業法 第37条の2」による
クーリングオフが適用される事を当日準備書類で主張しました。

本日の裁判はお粗末なもので(本来がこういうものなのかもしれませんが)
訴状と異なる法律を当日持って来られても知らないし、調べると時間がかかる。
と言われ、話し合いによる和解を奨められましたが、被告には一切返金する
気も譲歩する気もない、と言うので話し合っても仕方ないと言いました。

そう言ったわけで、裁判官の判断で通常裁判に移行しました。
私としましては「宅地建物取引業法 第37条の2」があてはまり、
書類を発した時点で被告には返金する義務があることを書類にて
提出したので、もう主張することもないのですがやはり
ややこしくなるものなのでしょうか?

関連URL:
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=377044

被告の言い分によると、祖父は、一人で話しているときは
乗り気で、私たちが同席すると止める、と言う。との事です。
実際私からみても、はっきりしないところはあるし押しに弱いところが
あると思います。
被告による答弁書で、そのことが自分たちを惑わせたとありました。

私はクーリングオフの適用があることを主張したかったので
その主張で訴訟を起こしましたが、その私が書いた内容は、特定商取引
に関する法律でのクーリングオフを主張したため、被告の答弁書では
「マンションを建設する」とい...続きを読む

Aベストアンサー

kanarin-yさん、私の言葉の至らないところを補足いただきありがとうございます。私は特定商取引法を最初に排除して考えたために発信時基準を捨て、民法の一般原則に依拠したので、その点は説明が足りなかったことをお詫びします。

確かに消費者契約法第2条第1項(消費者)の括弧書き部分である「事業として又は事業のために契約の当事者となる場合におけるものを除く」という定めから、「事業用資産として取得しようとした」という点は指摘される可能性は大だと思われ、業者もその点を拠り所にしているものと思われます。

これをどう覆すのかですが、「資産の活用」「相続税対策」「税金対策」という点は、まさしく多大な損失を招いた「変額保険」の勧誘と異なるところは無いものと思いますので、変額保険の申込者と同程度の知識と理解しかない者に、十分な情報を与えることなく、有利であるとの誤認を抱かせ、契約を承諾せしめたという立論になるものと思います。同様の被害者(と自覚している人達)が連帯できれば、影響の大きさ・広がりを裁判所が考慮して合理的な落しどころに決着してくれる可能性もありますが、単独では内心の問題にされかねないので、kanarin-yさんの言われるとおり、ハードな訴訟にはなるものと思います。私はあまり好きではありませんが、「社会派弁護士」といわれる人なら、やる気になるかも知れません。

kanarin-yさん、私の言葉の至らないところを補足いただきありがとうございます。私は特定商取引法を最初に排除して考えたために発信時基準を捨て、民法の一般原則に依拠したので、その点は説明が足りなかったことをお詫びします。

確かに消費者契約法第2条第1項(消費者)の括弧書き部分である「事業として又は事業のために契約の当事者となる場合におけるものを除く」という定めから、「事業用資産として取得しようとした」という点は指摘される可能性は大だと思われ、業者もその点を拠り所にしているものと...続きを読む

Qオークションで低額訴訟(少額訴訟)

ヤフーオーションでのことです。私は落札者です。
1月25日オークション終了して、出品者さんからの振込み総額の連絡が、2月2日でしたので、2月4日に振込み完了しました。
商品到着が2月23日でした。
出品者は「3日以内のお取引をお願いしておりましたので、オークション終了9日後のご入金では、キャンセルだと思っておりました。商品はお送りしますが、もう少し迅速にお願いします。」と言っているのですが2月2日に振込み総額連絡だったので無理なんです。
評価で 非常に良いで「このオーくション終了日を見れば出品者さんを理解出来ると思います。落札メールで同じ評価をすると記載されていたのでこの評価とします。」としました。
定型外発送代金390円を支払ったのに、メール便で商品が届いたので差額がありますと言ったら

「あまりにしつこい嫌がらせをしますと、「営業妨害」「名誉毀損」にて、簡易裁判所で、低額訴訟の訴えを起こします。当方は、慣れておりますので、出席する気持ちがおありでしたら、お続けください。これでやめないと、簡易裁判所より、あなたに裁判出席の信書が届きます。弁護士は、消費者裁判専門の弁護士がおりますので、ご留意ください。」

質問(1)営業妨害 名誉毀損になるんですか?
質問(2)出品者さんは兵庫県 芦屋市なんですが、この訴訟の時には兵庫県 芦屋市まで私は行くのですか?
質問(3)訴訟の時に資料に取引ナビをどのような形で保存しておけば、いいのですか?
宜しくお願いします。

ヤフーオーションでのことです。私は落札者です。
1月25日オークション終了して、出品者さんからの振込み総額の連絡が、2月2日でしたので、2月4日に振込み完了しました。
商品到着が2月23日でした。
出品者は「3日以内のお取引をお願いしておりましたので、オークション終了9日後のご入金では、キャンセルだと思っておりました。商品はお送りしますが、もう少し迅速にお願いします。」と言っているのですが2月2日に振込み総額連絡だったので無理なんです。
評価で 非常に良いで「このオーくション...続きを読む

Aベストアンサー

>この私の落ち度が出品者の言う「営業妨害 名誉毀損」に当たるのでしょうか?
当たりません。
まず営業妨害についてですが、刑法233条に『事業者に対する名誉毀損または信用毀損及び業務妨害を指す。』となっています。
名誉毀損については、No3さんの仰るとおり、1対1のやりとりの場合は当てはまらないので無効です。取引の評価等の第3者が分かる場所に公開したのも相手なので、当てはまりません。
信用毀損ですが、このやりとりで事業者の信用が毀損されているか、になりますが、これも取引ナビでのやりとりしかないようなので、社会的に信用は落ちていませんので無効です。
残る営業妨害ですが、メールやナビでのやりとりで営業が妨害されている事実を教えてください、ぐらいの事は言っていいんじゃないかな?メールなんて2-3分あればかけるんだし。

また、少し調べたのですが、小額訴訟は訴えを起こされた側の居住地にある簡易裁判所で行うのが一般的なので、相手が自分の居住地にある簡易裁判所に訴えても、多分受理されないと思います。

相手は『過剰ないやがらせ』と言っているようですが、文句の一つや二つ言ったところで『過剰』とはとられませんし、『いやがらせ』ともとられません。

最後に、僕なら徹底的にやりますね。面倒くさいというのも分かりますが、売られた喧嘩はトコトンやる性質なので。
あとは、金額と手間と心境の折り合いのつくところで…という感じですか。ついでに、小額訴訟なんて全然大した事ありません。基本的に、強制力もありません。もっと胸を張って喧嘩しましょうw

Yahooに詐欺申告して放置、が一番簡単ですかね。

>この私の落ち度が出品者の言う「営業妨害 名誉毀損」に当たるのでしょうか?
当たりません。
まず営業妨害についてですが、刑法233条に『事業者に対する名誉毀損または信用毀損及び業務妨害を指す。』となっています。
名誉毀損については、No3さんの仰るとおり、1対1のやりとりの場合は当てはまらないので無効です。取引の評価等の第3者が分かる場所に公開したのも相手なので、当てはまりません。
信用毀損ですが、このやりとりで事業者の信用が毀損されているか、になりますが、これも取引ナビでのやりと...続きを読む

Q少額訴訟から本訴訟に

先日、自動車事故を起こし(車対車)、相手側から少額訴訟裁判を起こされました。しかし、保険会社側から、本訴訟に切り替えたいと言われました。
この場合、質問です。

(1)本訴訟にするメリットって私側にはあるのでしょうか?逆に、長くかかってしまって面倒なことにならないか心配です。

(2)弁護士費用、裁判費用は私側が負担するのでしょうか?

(3)どうして本訴訟になったのかいまいち分かりません。保険会社の意図は何なのでしょうか?


教えてください!

Aベストアンサー

>(1)本訴訟にするメリットって私側にはあるのでしょうか?
ご質問者にとってはどちらにしても勝訴となればそれでかまわない話なのですが、基本的に、小額訴訟は自動車事故には不適当です。

小額訴訟というのは、立証は当日一日で審議が終わるものですから、立証内容が簡単なものに限られます。
一方で自動車事故での民事訴訟というのは大抵は過失割合などを争う、つまり過失の程度などの争いや、損害賠償金の金額が妥当かどうかについて争うことが多いです。この場合には当日一日で審議できるような内容になりません。

なので、一般的にいって、小額訴訟はなじまないものです。

>逆に、長くかかってしまって面倒なことにならないか心配です。
決着がつくのは確かに長くはなりますが、面倒になるということはないでしょう。
逆に短すぎる審議によりこちらに不当な判決が出ることの方が怖いです。

>(2)弁護士費用、裁判費用は私側が負担するのでしょうか?
そうですね。ただ実際はご質問者の保険会社がそれを負担することになりますが。

>(3)どうして本訴訟になったのかいまいち分かりません。保険会社の意図は何なのでしょうか?

特に意図はありません。逆に小額訴訟を継続するということの方が驚きです。
普通そういうことはありません。

ちなみに小額訴訟でもよさそうな案件であっても、弁護士が入るときには本訴訟に切り替えるのが通例です。小額訴訟はあくまで立証が簡単な債権関係に使うべきものです。

>(1)本訴訟にするメリットって私側にはあるのでしょうか?
ご質問者にとってはどちらにしても勝訴となればそれでかまわない話なのですが、基本的に、小額訴訟は自動車事故には不適当です。

小額訴訟というのは、立証は当日一日で審議が終わるものですから、立証内容が簡単なものに限られます。
一方で自動車事故での民事訴訟というのは大抵は過失割合などを争う、つまり過失の程度などの争いや、損害賠償金の金額が妥当かどうかについて争うことが多いです。この場合には当日一日で審議できるような内容にな...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報