マンガでよめる痔のこと・薬のこと

もうじき高3になる高2の者です。
数学を勉強していて思ったんですが、
解答の中で日本語で説明する部分については、大学入試ではどこまで省略してもOKなのでしょうか?
参考書や問題集を見てみるとすっごく丁寧に書いてありますよね。
例えば、
「点(A、B)における接線の方程式はy=3x」と書く場合、
「点(A、B)における接線はy=3x」    
という感じに書く、とか、
「○○定理により~.」といった表記についてです。
なるだけ省いた方が解答時間を確保できるのではと思いまして。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

・例えば三段論法で、1段目から3段目にワープしなければよいです。



・三段(以上の)論法の途中で定理が必要であれば、それは省いてはいけません。定理・法則の名称か、それに相当する数式等があればよいです。

(例)
「AB=EF、AC=EG、∠A=∠C
 よって △ABC≡△EFG
 よって BC=FG      」
 →○

「AB=EF、AC=EG、∠A=∠C
 よって BC=FG      」
 →×



・採点する人は数学の専門家でしょうから、意味が通じさえすればよいです。
 つまり、
「点(A、B)における接線はy=3x」
 で十分です。



<番外>

筆記試験であっても、「何をどこまで書いていれば何点」というような採点基準は明確化にされているはずですが、実際問題、ファジーな面はあるはずです。

大学側は公式に認めないでしょうが、
荒川静香選手のように芸術的印象が強ければ、高得点になる確率は高いと思います。ハロー効果みたいなものです。
例えば、「こいつは、できる奴だ」「こいつは、よく考えてる」と思わせるアピールも大事でしょう。

もしかしたら、数字や記号を乱雑に書いたり、行間が やたら詰まっていたり、文章表現が がさつ だったりすると、本人が一生懸命に書いているつもりでも

「こいつは本当に点数がほしいのか?」
「こいつには、あまり点数やりたくない」

という心理が働くかもしれません。

つまり、

「面接試験のつもりで書く」

これが大事だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

三段論方...勉強になりました。
解答の書き方も自分なりに工夫していこうと思います。
試験は面接と同じ、ってことですか。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2006/03/12 19:11

某予備校の模試採点をやっていました。



No.1さんの言っている通り、できるだけ丁寧に書くべきです。

場合によっては日本語だけでも、手順がわかっているということで、点数をあげる場合もあります。

採点基準では、複数の採点者が同じテストを採点するため、厳格に配点が決められています。テストにおいては"芸術点"は、ないと思っていいでしょう。ただ、文字が汚いと、読めないということで採点できず、×をつけることもあります。しかし、きれいだからどうだということはありません。読めるように書いてください。

大学入試においては、志望者の多い有名大学なら同じことが言えると思います。つまり、複数の採点者が同じテストを採点するからです。採点基準が厳格でないと不公平が生じてしまいます。
規模が小さく、一人の採点者がテストすべてを採点するなら、"芸術点"のようなものも、もしかしたらあるかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

だったら、高校の定期テストには「芸術点」があるように思います。
手順を示すことで部分点がもらえたりもするんですか。
やっぱり読める字でできるだけ速く、が理想なんですね。
参考にさせてもらいます。

お礼日時:2006/03/12 21:43

なるだけ省いた方が解答時間を確保できるのではと思いますが、実際には、なるべく丁寧に書いたほうがよいと思います。



私は化学の教員ですが、丁寧に書いてあったほうが採点していても気持ちが良いです。もちろん、必要十分なことが書いてあればよく、質問の程度であれば、の方程式と言う言葉がないからと言って減点はしませんが、これが高じて減点になるかどうかの境目になると、解答者が大丈夫だろうと思っていても採点者は減点するかもしれません。

受験においては、なるべく詳しく丁寧に書くことが無駄な減点を防ぐことになると思います。どの程度省略できるかなんて悩むよりもしっかり書いて確実に得点した方が得策です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっぱり微妙なところですね。
先生に聞いても明確な答えが得られなかったもので。
回答ありがとうございます。

お礼日時:2006/03/12 19:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qよって・ゆえに・したがって・∴の使い分け

証明するときに、

よって・ゆえに・したがって・∴などを使いますよね。

すべて同じ意味と捉えているのですが、それは間違いないでしょうか?

自分の使い分けかたとして、よって→ゆえにの順番で使っています。

∴は、式変形の最後に使ったり。

でもよってとか、ゆえにをたくさん使いたいときとかもあって、他に同じような言葉があるのかな?と思ったり、

使う順番とかもあるのかな?とか。

そんな小さな疑問を抱いています。

誰かこの疑問を解決して下さい!!

回答宜しくお願いします

Aベストアンサー

自分が中学生の時にした証明問題では、一応使い分けてました。

「よって」→一番最初
「ゆえに」→そのつぎ
「したがって」→一番最後

それから、「∴」は、数学では「ゆえに」の意味になります。
A=B
B=C
C=D
∴A=D

みたいな使い方をします。

後は、「ゆえに」を変形させた「それゆえ」なども自分は使ってました。

Q大学受験の数学で使う記号などについて

高3文系です。

もうすぐで大学受験の前期試験があるのですが、記述の数学について質問があります。

最大値、最小値を求める問題で答えを書くときに、それぞれMax,Minと表したら減点されますか?

また、自然数をN、実数をR、整数をZとして書くのとかはどうですか?

どちらも普段使っているのですが、減点されるようなら安全策をとろうと思います。

うまく説明できませんが、N,R,Zは一本線が増えた形で、普通のN,R,Zとは違います…

NRZについては大丈夫だと思っていたのですが、他のサイトで質問すると「Nを自然数とする」などと始めに書く必要があると言われ驚いています。

いままで普通に使ってきたので…

実際はどうなのでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

物理学者の siegmund です.

> うまく説明できませんが、N,R,Zは一本線が増えた形で、普通のN,R,Zとは違います…

いわゆる「黒板太文字」ですね.
テキストでは書きづらいですが,「黒板太文字」でググるといっぱい出てきます.
この文字で N, R, Z を書いた場合にそれぞれ自然数,実数,整数の集合を表すのは
大学レベルでは一般的によく用いられています.
Max や Min についても同様です.

でも,大学入試で断りなしに使うのはどうでしょうか.
減点されるかどうかは採点者次第でしょう.

私の経験では物理の入試の採点でこういうことはありました.

採点者A:最大値を断りなしに Max で書いてありますけと,どうしましょう.
採点者B:断りなしですか.ちょっと減点でどうでしょう.
採点者C:おまけでいいんじゃないですか.意味は明白なんだし.
採点主任:う~ん,じゃ1点減点にしましょう.

私はC派ですが,うるさい方もいるようです.
定義を一言書けば誰も文句はつけようがありません.
つまらないことで減点されたりしないように,定義を書くべきでしょう.

物理学者の siegmund です.

> うまく説明できませんが、N,R,Zは一本線が増えた形で、普通のN,R,Zとは違います…

いわゆる「黒板太文字」ですね.
テキストでは書きづらいですが,「黒板太文字」でググるといっぱい出てきます.
この文字で N, R, Z を書いた場合にそれぞれ自然数,実数,整数の集合を表すのは
大学レベルでは一般的によく用いられています.
Max や Min についても同様です.

でも,大学入試で断りなしに使うのはどうでしょうか.
減点されるかどうかは採点者次第でしょう.

私の経験では物理...続きを読む

Q進研模試でネタバレを使って後悔しています。

先日受けた進研模試で友人からもらった答えを見て受験しました。
手を抜いたと思ったはずが全県でも100番以内に入ってしまいとても後悔しています。
偏差値も30以上上がってしまい絶対にありえない点を取ってしまいました。
先生や皆を裏切ってしまった気持ちでいっぱいです。
先生からの目がとても不安で、とても学校に行ける気がしません。
家に帰ってずっとすみませんでしたと呟いています。
急に上がりすぎたらやはり疑われるのでしょうか?
先生からの信頼が無くなるのがすごく不安で、生きていくのもツラいぐらいです。
先生や親に本当のことを言うべきでしょうか?
本当に後悔しています。次は本気で受けるつもりです。

何か行動しないと悪いとは思っていますが、私自身そこまで頭が良くなく絶対にあのような点は取ることができないと思ってます・・・
どうか私に声をおかけ下さい・・・本当に死にそうな思いです。

Aベストアンサー

ネタバレって言うと柔らかい表現になってしまうけど、要するに不正行為だよね。
>急に上がりすぎたらやはり疑われるのでしょうか?
すごく前向きに捉える人だったら、「今までの努力が実ったんだよ!」ってなるかもしれないけど、普通は言葉では疑わなくても心の中では「おいおい、何があったんだよ。カンニングでもしたか?」って思うよ。
だって偏差値で一気に30ってすごいよ。

>先生からの信頼が無くなるのがすごく不安で、生きていくのもツラいぐらいです。
>先生や親に本当のことを言うべきでしょうか?
絶対に言うべきだよ。
そして謝るべきだよ。
言わないで黙っている方が信用なくすよ。
実際に君は生きていくのが辛いって思うほどストレスを感じてるじゃん。
黙っていたら一生その負い目を背負っていくんだよ。
高校入試や大学入試の本番で不正をして合格したってんなら、罪悪感が消えなくてもず~~っと黙っていれば良い。
だけどたかだか模試ごときで不正をしちゃったんだから、それは何の得にもならないんだから、謝って自分の心を少しでも軽くして、これからちゃんと前向きに勉強に励むべきだよ。

Q数学の「証明」のときなどの接続詞について

ふと疑問に思ったのですが、数学の証明に使う接続詞(例えば、「よって」「すなわち」「ここで」「ゆえに」「また」など?)には、使う場所によって何かルールみたいなのがあるんでしょうか? 式の変形には「ゆえに」を使う! だとか 代入を使う前には「よって」と書くなど、ルールがあるのでしょうか? 「よって→すなわち→ゆえに」の順番に使うのが望ましい、なんていうルールがあるのでしょうか?
それとも適当に書いているのでしょうか?

僕の高校の数学の先生がだいぶ前にたしか「数研出版は教科書、チャートをはじめ、問題集まで一貫して規則性がある」と言っていたのです。

何か情報、もしくは何らかの解釈をご存知のかた、教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

数学科の学生です。
数研出版さんで用いられているかどうかは分かりませんが、私は以下のように使っています。

接続詞にはそれぞれ意味がありますので、それによって分類すると、
(1)前の事柄から結論付けるとき
 「ゆえに」は直前の事柄から
 「よって」は前のいくつかの事柄から
 「したがって」はそれまでの流れから
 言える(分かる)ことを述べる場合に用います。
(2)言い換えて明らかにするとき
「すなわち」
 仮定などから出た結論を証明しやすいように
 言い換える場合に用います。
(3)視点を変えるとき(挿入)
「ここで」「一方」「また」
 今まで使っていたものとは別の仮定を使うときや
 今までとは違う結論を導き出したいときに用います。
といった感じでしょうか。

明確な定義づけがされているかは曖昧ですが、大きく分けた3つの分類さえ間違わなければ証明として間違いはないです。

(1)結論付けの接続詞に関しても、言葉の意味から考えて上記のように使い分けています。
「よって」と「したがって」の区別がつきにくいかもしれませんが、個人的には「したがって」の方がよりおおまかに締めくくりたいときに使っています。証明自体の結論に「したがって」を用いることが多いのは、すべての流れを考えた上で結論付けるためだと考えています。
なお、神経質な方の中には同じ接続詞を連続して用いることを好ましくないとおっしゃる方もおられますので、気をつけなければいけません。

あくまでも個人的な意見ですので、回答としては不十分かと思います。ただ、大学教授によってもそれぞれ解釈の仕方は異なりますので一般的なルールはないかと思われます。

数学科の学生です。
数研出版さんで用いられているかどうかは分かりませんが、私は以下のように使っています。

接続詞にはそれぞれ意味がありますので、それによって分類すると、
(1)前の事柄から結論付けるとき
 「ゆえに」は直前の事柄から
 「よって」は前のいくつかの事柄から
 「したがって」はそれまでの流れから
 言える(分かる)ことを述べる場合に用います。
(2)言い換えて明らかにするとき
「すなわち」
 仮定などから出た結論を証明しやすいように
 言い換える場合に用います。
(...続きを読む

Q数学の記述式でどこまで書けばいいのか分かりません

数学の記述式でどこまで詳しく書けばいいのですか?参考書は詳し過ぎるほど書いてあって、どこまで式の条件などを書けばいいのか分かりません。書く必要の無いものは時間削減のため書きたくないのですがどれくらい書けば減点されないの知りたいです。何かそういう参考書やいい方法はないでしょうか?(数学はIIICまで使います)

Aベストアンサー

>数学の記述式でどこまで詳しく書けばいいのですか?
論理的に破綻していたり、論理の飛躍がない程度です。

計算式などは単なる展開や整理するだけなら初めの式と結果だけ書けばいいです。
しかし、基本的に参考書などに書いてある模範解答が最低ラインだと思います(計算部分以外)、それ以上落とすとなると論理の飛躍があると思ったほうがいいと思います。


私が見た感じだと、大学への数学が一番すっきりはしていますが…

Q証明終了の記号。

証明が終わったという記号は、どんなものがあるのでしょうか?

調べたところ、QED、■、//があるということですが、手書きの場合だと、個人的な意見としては、//が書きやすいです。

ですが、よく使われるのは、QEDなのでしょうか?
最近の流行りがあるのであれば、どれが一般的なのか知りたいです。

Aベストアンサー

どれも非常によく使われますが、
どれを使っても ダサい ことに変わりはありません。
証明を書いたのと同じ言語で、「証明終了」とか
"That was to be proved." とか、書いておくのが
自然だと思います。証明をラテン語で書いたのなら、
"quod erat demonstrandum" ですね。

Q答案記述の注意点

国立の2次試験では記述がメインとなりますが、この記述に関してこんな書き方すると減点されるから気をつけたほうがいいということはありますか?もちろん字が汚いなどは論外としてですが...

例えば

 ~~~~~=~~~~
=~~~~~=~~~~
=~~~~~=~~~~

などという書き方は確かダメだった気がするのですが。等式をつなぐときに連続して上のように書くと記述では減点になると教わった記憶があります。⇔を使うのでしょうか?それとも「よって」などを使うのでしょうか?ただ言葉を使うとなると上のように3行程度で終わらなければ何度も同じ言葉を使わなければならなくなりどうも見苦しいです。

こんなこと気にしなくていいよ、と思われるような事かもしれませんが、このような細かいところでもいいので何かアドバイス頂けたら幸いです。

Aベストアンサー

確かに高校生時代は答案の書き方についていろいろと噂があった気がします。しかし、あまり気にしなくてもいいようです。その理由は

(1)短時間で、予備校や参考書のような完璧できれいな解答が書けるわけがない。

(2)採点者は大学の数学の先生(数学者)なので、外見(書式)よりも中身(計算・論理)に注意を払う。

が挙げられるでしょう。
また実際の採点は、書き方が指定されていない以上は、ある程度「おおらか」に行われることがあるようです。(これは私の師匠の言葉で、どこの大学でもそうであるとは言えませんが。)

やはり数学の解答で、気を付けるべきことは

(1)論理を明確にする。なぜこの式が導かれるのか、同値性など。

(2)問題にない記号は必ず説明する。(受験生はこれが苦手なようです。)

(3)きれいな字で書く。(これはとても大切。)

(4)記号の意味を正しく理解して使う。

でしょう。

どのくらい計算を書くかというのは、解答用紙の大きさと相談しなくてはならず、悩みます。
もし論理が飛躍していると思ったら、少しぐらい長くても計算過程を書いておくことが無難なのではないでしょうか。
計算が少し長いからといって、減点されるようなことはありませんから大丈夫です。

確かに高校生時代は答案の書き方についていろいろと噂があった気がします。しかし、あまり気にしなくてもいいようです。その理由は

(1)短時間で、予備校や参考書のような完璧できれいな解答が書けるわけがない。

(2)採点者は大学の数学の先生(数学者)なので、外見(書式)よりも中身(計算・論理)に注意を払う。

が挙げられるでしょう。
また実際の採点は、書き方が指定されていない以上は、ある程度「おおらか」に行われることがあるようです。(これは私の師匠の言葉で、どこの大学でもそう...続きを読む

Q増減表について

グラフを描いたり極値を求めたりする際、記述答案では必ず解答用紙には『増減表』を書かないとダメなのでしょうか?例えば関数の積が与えられてて片方が明らかに正で、もう片方が二次関数だとしたらその二次関数とx軸のグラフを描けば増減は一目で分かりますよね?もちろん一次関数ならなおさら簡単ですが...僕の先生はこの図を『増減図』と名づけて使っているんですが、他の先生にも聞いてみると「増減表は作法だから書かなきゃ減点されるね」とおっしゃっていました。増減表を書く書かないでそんなに苦になるわけではありませんが、一応知っておきたいので教えてください。

Aベストアンサー

大学受験のことだけを考えれば
わかりやすい答案のほうが歓迎されるのは確かで
(採点に影響あるかどうかは 大学にもよる)
書かないよりは書いたほうが 得。

特に 2次試験で 答えよりも過程を
重視するような大学だと 採点対象になりうる

Q高校で使ってよい記号の範囲

∃や∀のような記号は高校数学で使ってよいのかご存知の方がいたらご教示ください。また整数全体の集合Z(白抜き)や実数全体の集合R(白抜き)、あるいは3の倍数全体の集合3Z(白抜き)等について前置きなしに使っても差し支えないかもお聞きできたら幸いです。

大学入試で上記記号を使用した場合に、減点の対象になる可能性があるかという観点でお願いします。

質問した理由は、自分は高校生に数学を教える身なのですが、整数の性質を教えるときに、「あるkを用いて」や「~は3の倍数である」等の表現が続出するため、できるなら上記表現を教えることによって煩雑化を避けたいという思いからです。

Aベストアンサー

大学入試の採点基準に関わったことはありませんが、常識的に考えて、
∃や∀のような論理記号はok、整数全体の集合Zや実数全体の集合Rは
断り書きが必要、3ZはZが断ってあればok、程度ではないかと思います。
まあ、黙って使っても、内心馬鹿だと思われるだけで、減点は無さそうな
気もしますが。

それよりも、貴方が、高校生に教える立場で、記号の多用を促そうと
している点が、問題ではないでしょうか。生徒に悪いクセをつける
ように思います。中高生には、考えを正しい日本語で論理に欠陥なく
表現する訓練が必要です。やたらに記号を使って書く習慣は、
論理式や等式変形の行間の説明を飛ばして、飛躍のある証明を書く
傾向と結びつきがちでしょう。

Q垂直抗力=0のときって?

物理の問題を解いてみたら解けなくて解答を見たら「小球が斜面上を運動する条件は、垂直抗力≧0」とありました。私は垂直抗力=0ならば斜面から離れると思っていたので、垂直抗力>0として解いていたため解けなかったようです。私は垂直抗力=0のときって斜面上って言えるのですか?そして垂直抗力が0で面に触れている状態の例を教えていただけませんか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私も等号を含めるか含めないかについては
どうでもいいと思います。
(特に力学のように工学に密接した分野においては)

垂直抗力>0としたら解けなかった、とありますが、
これも気持ち次第じゃないでしょうか。

斜面上を運動する条件は垂直抗力>0と信じていたとしても、その極限として垂直抗力=0を考えて
この問題を解く、と割り切ればいいのです。
出題者も、そこまで厳密に考えているとは
思えないですよ。

ちなみに私の考えでは、垂直抗力=0は、現実問題
としては、斜面に少なからず凹凸があり、
小球は斜面から離れると思います。
しかし、斜面をより精密に滑らかにすれば、
さきほどよりは斜面から離れなくなると思います。

そしてさらに斜面を滑らかにして…
と繰り返していけば、
「垂直抗力=0で斜面から離れない」といった
現実ではちょっと考えられないような状態に
どんどん近づいていくはずです。

その極限を私はイメージします。
もっとも、これは極限だから、実際にはありえないでしょうけど。

もし工学的に応用したいのであれば、
いくらかの余裕(マージン)を見ておけば
実用上問題ないでしょう。

私も等号を含めるか含めないかについては
どうでもいいと思います。
(特に力学のように工学に密接した分野においては)

垂直抗力>0としたら解けなかった、とありますが、
これも気持ち次第じゃないでしょうか。

斜面上を運動する条件は垂直抗力>0と信じていたとしても、その極限として垂直抗力=0を考えて
この問題を解く、と割り切ればいいのです。
出題者も、そこまで厳密に考えているとは
思えないですよ。

ちなみに私の考えでは、垂直抗力=0は、現実問題
としては、斜面に少なからず...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング