ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

 「かぶら」(蕪)は「かぶ」ともいい、「なすび」(茄子)は「なす」ともいいますね。ということは、「ら」・「び」がなくても意味が通じるわけです。そこで、この「ら」や「び」にどのような意味があるのか、という素朴な疑問が生じてきました。
 そもそも、元の言葉はどちらなのでしょうか。すなわち、「ら」・「び」が省略されて「かぶ」・「なす」になったのか?「かぶ」・「なす」が本来で、後から「ら」・「び」が付け加わったのか?
 また、使い分けがあるのでしょうか。そう言えば、飛騨の「赤かぶ」、泉州の「水なす」は、「かぶら」・「なすび」とは言いませんねえ。
 言語の由来に詳しい方、宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ナスについては、室町時代の辞書「運歩色葉集」に「茄」とあります。

昔は「なすび」と呼んでいたと思われます。
(いまでも西日本では「なすび」と呼びます。)
語源ですが、「夏の実」から「なすび」になった説が有力です。「び」は「実」ですね。
その後「なすび」は宮中の女房詞(名詞の前に『お』を付けて品よく言う言い方)にあった「おなす」に変化し、「お」がとれて「なす」として一般的な名前となったようです。

カブは平安時代の「和名抄」では「葉をアオナとよび、根をカブラと呼ぶ。葉と根を食用にする」とあります。カブラは頭のことで、丸い形からそのような呼び名となったと思われます。カブラの「ラ」は助辞で、宮中の女房言葉で「おかぶ」と呼んだのが、のちに一般的にカブと呼ばれるようになったようです。

参考URL:http://gogen-allguide.com/na/nasu.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

分かり易い解説、ありがとうございます。質問の後、私も少し調べてみたのですが、そこに、やはり女房言葉というのがありました。「び」なんていうのは下品なんでしょうかね?私は関西人なので、「なすび」が一般的ですが。でも、「なす」も京都ですねえ。

お礼日時:2006/03/23 17:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなすびの「び」って何

きょうはボーナス日なのでふと思い付きました。
ナスは茄子と書きますがナスビの場合も漢字に変換すると茄子です。

なすびの「び」って何?

Aベストアンサー

元々「なすび」というのが正式名称で、『なす』とのは
宮中に仕える女房の使っていた「隠語」だそうです。(女房詞)。
それがいつの間にかひっくり返ってしまって、
今では「ナス」が正式な学名になっているという説があります。

他にも色々な説があるようですね。

http://homepage2.nifty.com/osiete/seito60.htm

参考URL:http://homepage2.nifty.com/osiete/seito60.htm

Q「聖護院かぶら」と「聖護院大根」の違いって?

「聖護院かぶら」と「聖護院大根」の違いがわかりません。形は一緒な気がします。味も、どちらもとても甘くてやわらかいし・・・。どちらについても、千枚漬けがある気がするし・・・。
それぞれの定義と二つの違いを教えてください。

Aベストアンサー

「聖護院かぶら」はカブの一品種、「聖護院大根」はダイコンの一品種。
カブとダイコンは植物学的には全く別種です。

和名:カブ(蕪)、古名:スズナ(菘)、漢名:蕪・蕪菁
英名:turnip、仏名:navet
分類:アブラナ目 アブラナ科 アブラナ属、学名:Brassica rapa
原産地:地中海沿岸~西アジア

和名:ダイコン(大根)、古名:オオネ、スズシロ(蘿蔔)
漢名:蘿蔔、英名:radish, daikon radish, Japanese radish、仏名:radis
分類:アブラナ目 アブラナ科 ダイコン属、学名:Raphanus sativus
原産地:中央アジアなど諸説あり

ダイコンは長ダイコンが一般的ですが、丸ダイコンも多数あります。桜島大根や聖護院大根はその代表例。
カブは丸カブがほとんどですが、大根のような長カブもあります。
長カブ http://www2.nature-n.com/nneog/eye/wkly_rep_j?reporterid=jb15&wklyid=20051111

カブとダイコンの見分け方。本体の見た目で区別できない場合は、葉っぱの形が決め手になります。
葉に鋭い切れ込みがあるのがダイコン、切れ込みのないのがカブです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%BB%E5%83%8F:Daikon.Japan.jpg
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%BB%E5%83%8F:Kabu.Japan.JPG

ついでに、野沢菜はカブの葉っぱです。天王寺カブが信州の気候風土で葉っぱのほうが立派になった変種。

「聖護院かぶら」はカブの一品種、「聖護院大根」はダイコンの一品種。
カブとダイコンは植物学的には全く別種です。

和名:カブ(蕪)、古名:スズナ(菘)、漢名:蕪・蕪菁
英名:turnip、仏名:navet
分類:アブラナ目 アブラナ科 アブラナ属、学名:Brassica rapa
原産地:地中海沿岸~西アジア

和名:ダイコン(大根)、古名:オオネ、スズシロ(蘿蔔)
漢名:蘿蔔、英名:radish, daikon radish, Japanese radish、仏名:radis
分類:アブラナ目 アブラナ科 ダイコン属、学名:Raphanus sativu...続きを読む

Q縦書きの数字の表記方法は?

例えば「21」を縦書きで表記する場合、「二一」と
「二十一」はどちらが正しいのでしょうか。
「10」の場合は「一〇」か「十」で悩みます。

Aベストアンサー

基本的に、どちらも間違いではない、ということになるとは思いますが、通常は
・二桁の場合は「二十一」というように、「十」を入れる。
・三桁以上の場合は「一二三」というように、「十」「百」を入れない
・ただし「千」「一万」といったような数の場合には、そのまま漢字で書く

というようにすることが多いですね。もともと日本語で書く時の本則は「百二十三」というように、「十」も「百」も入れるものです。各桁の数字だけ書く、というのは、算用数字の記載法を漢数字の記載に取り入れたための、いわば便方ですね。このほうが、算用数字に慣れた目には解りやすいし、文字数の節約になる(こういった表記は、活字印刷から始まっています。活字の場合、文字数がそのままコストに跳ね返ってきますので、新聞・出版業界では「123」を「一二三」とするような表記を採用したわけです)
漢字で(二人とか三人という意味の)「にさんにん」と書く場合、「二三人」と書いていたわけです。今でもそう書く人は少なくありません(今では「二、三人」と書く人も出てきていますが)。「23人」を漢字で書く時に「二三人」と書くと、この「二三人」が「にさんにん」のことなのか、「23人」のことなのか、曖昧になる。そのため、二桁だけは「二十三」というように「十」を入れて書こう、というのが暗黙の了解になっているわけです。

基本的に、どちらも間違いではない、ということになるとは思いますが、通常は
・二桁の場合は「二十一」というように、「十」を入れる。
・三桁以上の場合は「一二三」というように、「十」「百」を入れない
・ただし「千」「一万」といったような数の場合には、そのまま漢字で書く

というようにすることが多いですね。もともと日本語で書く時の本則は「百二十三」というように、「十」も「百」も入れるものです。各桁の数字だけ書く、というのは、算用数字の記載法を漢数字の記載に取り入れたための、いわ...続きを読む


人気Q&Aランキング