診断書をもらい直した方がいいのか、もらい直す事が可能なのか教えて下さい。

事故当日に救急で診断を受け、翌日整形外科で受診し直して診断書を作成して
もらいました。その日はあまり痛くなく、診断では全治7日という事でした。
しかし事故から2日後に症状がひどくなってきました。

症状が出た状態で診断書を書いてもらえば違った結果になるかも知れないと
考えたのですがどのようなものでしょうか。
もらい直す事ができるのか、2回目の診断書は有効なのかどなたか教えて
頂けないでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

診断書の書き換えは、医師がどの様に判断するかです。


前回の診断書を書いたときの状態よりも、症状が重いと判断すれば書き換えに応じてくれるでしょう。
医師が、前回同様に全治7日間と判断すれば、そのままになります。

又、保険会社に既に診断書を提出した後で、変更になった場合は、保険会社に良く説明する必要があります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
保険会社に診断書を提出後に変更するのは面倒みたいですね。
まだ保険会社に診断書を出していないので、もう少し様子を
みるつもりです。

お礼日時:2002/01/29 02:19

 医師が、前回の診断書が今でも有効だと判断をした場合には、再度診断書は書いてもらえませんが、症状が変わって全治の見込みも前回の診断書から変更をする必要があると、医師が判断をした場合には再度診断書が発行されるでしょう。

あくまでも、医師の判断によるでしょうから、医師に前回の診断書の全治予定期間や症状に変更がないのか、確認をしてみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
もう少し様子をみて状態が変わらなければ医師に
相談してみます。

お礼日時:2002/01/29 02:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q医者に書いてもらう診断書

お医者さんに書いていただく「診断書」に有効期限のようなものはあるのでしょうか?
こちら離婚問題で必要となる診断書で主治医に書いていただく予定なんですが。
いざ必要というときに診断書の有効期限が切れていたら困るので。
アドバイス宜しくお願いします

Aベストアンサー

医師法により、医師は、患者の求めに応じて診断書を書く義務があります。しかし、有効期限のようなものはありません。あくまでも、その時点での内容であって、それがいつまで続くかは不明だからです。
それまでの治療や今後の計画などは書きますが、診断書自体はその時点での証明です。全治6か月の見込みと書いてあっても実際に3か月で治ったりするかもしれませんね。だからと言って、3か月後になってから診断書が間違っているとかは言えません。

むしろ、その診断書を受け取る方で、3か月以内のものとか条件をつけることはあります。たとえば、保険会社が保険金の請求を受けた場合などですね。

Q労災の診断書と鍼灸の診断書

質問番号:5069852の者です。
http://qanda.rakuten.ne.jp/qa5069852.html

職場で起きた事故で骨折したということで、労災にできることになり、会社に診断書をかいてもらうよう言われました。

ただその際、普通に診断書を書いてもらうように言われたのですが、病院に確認したところ、労災用の診断書ならお金がかからないが、通常の診断書だと料金がかかってしまうとのこと。当たり前ですが。。。。

この場合、いったん支払った診断書の料金は労災申請が通れば戻ってくるのでしょうか?


また、痛みがあるので労災を使って鍼灸治療を受けたいのですが、鍼灸治療院に問い合わせたところ、その際も労災用の診断書が必要とのこと。
これは、労災申請用と同一の診断書に鍼灸治療が必要の旨を書いてもらえばいいのか、それとももう一通診断書が必要になるのでしょうか?

Aベストアンサー

はっきり言って労基署⇔会社⇔貴方⇔病院(鍼灸院)のやり取りに齟齬があります。
1.基本的に労災申請に診断書不要です。なぜ診断書を求めているか疑問。
2.労災用の診断書であろうが普通の診断書であろうが当然に有料です。
病院は労災適用後労災が求める診断書は直接労災から費用が出るので貴方
は「費用を出さない。
労災適用以前なら例え労災提出用であっても貴方が費用を出す。
(そして貴方は労災からその費用を貰う)と言う意味で言ったと思われます。
3.鍼灸院に労災の手続きを聞くことが間違い。鍼灸院は基本的に労災の手続きは知らない。(例え労災取り扱いをしていてもほとんど理解していません)正解は「専用の診断書」(専用の書式の診断書)が別途必要です。
4.上記の詳しい事は第三者(つまりここで再質問等で)聞かないで会社又は労基署に確認してください。

Q治療費請求相手に無断で診断書を処理後、再度の診断書発行になります。発行手数料の負担は?

AはBに治療費を請求するつもりでした。
しかしAは4ヶ月全く音沙汰なしで、Bはもしや解決しているとすら思っていた状態の時。
Bは弁護士に過失割合1割と言われ、弁護士本人なら0割で持っていく、とすら言われてました。
BはAの医者の診断書を保険会社に提出する前にコピーでもいいからとりたいと思ってました。
4ヵ月後にいきなり治療費の請求がBに来ました。
Bは診断書が欲しいのですが、Aが医者から診断書を取るには再度の手数料が発生します。
Aがことを全てやり終えた状態(保険会社に既に診断書提出してしまった)ですが、支払いを考えていたBになんの連絡もない、こういう場合、再度の診断書発行手数料はどちらの負担になりますか?

つまりBは保険会社提出前に診断書が欲しかったのに、全てが終わった時点で治療費を請求され、そのため再度診断書を取るはめになりました。
この発行手数料はどちらの負担になるか?ということなのですが。
AはBに請求するつもりでそのことはお互いわかっていたこと、なのにAはBに途中経過報告の責任はないのでしょうか?
わかりにくい文章かもしれませんが・・
すみません、どうぞよろしくお願いします。

AはBに治療費を請求するつもりでした。
しかしAは4ヶ月全く音沙汰なしで、Bはもしや解決しているとすら思っていた状態の時。
Bは弁護士に過失割合1割と言われ、弁護士本人なら0割で持っていく、とすら言われてました。
BはAの医者の診断書を保険会社に提出する前にコピーでもいいからとりたいと思ってました。
4ヵ月後にいきなり治療費の請求がBに来ました。
Bは診断書が欲しいのですが、Aが医者から診断書を取るには再度の手数料が発生します。
Aがことを全てやり終えた状態(保険会社に既に診断書提出...続きを読む

Aベストアンサー

あれれ?
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=766757
と同じ件ですよね?
間に保険会社入ってるの?
そうなってくると全然話し変わっちゃうよ
情報を小出しにして質問されたら的確なアドバイス貰えなくなりますよ。

Bが診断書が欲しい理由によっては、手数料はBが負担にもなるし、A負担になる場合もある。

Q初めての質問になります。法律的な事で教えて頂けると助かります。3ヶ月前に転職をいたしまして、現

初めての質問になります。
法律的な事で教えて頂けると助かります。

3ヶ月前に転職をいたしまして、現在の会社(飲食店コンサル会社)に勤めております。
請け負っております、飲食店で経営不振の為代表取締役が退職する事になりました。
現在は、そこの店舗のオーナーが代表取締役として営業しております。

そこで、2点金銭的な事で問題がおきました。

①前代表取締役の時に納付をしていなかった社会保険(100万ほど)の納付勧告書が送られてきて、支払いが要請をされている事

②店舗オープン時にホームページを作成し、その作成予算がなかった為、前代表取締役個人が保証人でローン会社で高金利(5年ローン)契約した事
※審査が引っかかった為、高金利になったようです
(現在はそのホームページはデザインが微妙な為破棄する予定)

この、2点ですが前代表取締役には支払い義務はないのでしょうか。

教えて頂ける幸いでございます。

どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

①の支払い義務は、店舗を運営する法人であり、代表取締役に支払い義務が及ぶことは無いように思います。
②の件は、契約者はその店舗を運営する法人であると思いますので、基本的に主たる債務者は法人でしょう。
法人の支払い能力が無い場合には、保証人に支払い義務が生ずると思います。
ただし、その「保証人」が、単なる保証人では無く「連帯保証人」であった場合、連帯保証人には、主たる債務者と同等の支払い義務があるだろうと思います。
よって、①について前代表取締役に請求するには無理がありそうですが、②に関しては、その「保証人」が単なる「保証人」であるか、「連帯保証人」であるかによって、前代表取締役の支払い義務の範囲は変わると思われます。
ただの「保証人」であるか、「連帯保証人」であるかを確認されてから、然るべく対応されると良いのでは無いでしょうか。

Q人身事故の刑事処分について(全治2週間、示談順調、過失10割)

7月29日に私の不注意で前の停止中の車に追突してしまい、(速度:25km/h、ブレーキ踏まず)被害者の方は病院に行き、全治2週間という診断をされ、警察に提出なさいました。
その後、保険会社に賠償をおまかせし、車両の賠償はめどが立ち、後は怪我の状況を見ていく段階です。
他の質問を見る限りでは、全治15日未満の怪我なら、起訴されることは大体ないというのがわかったのですが、
私自身、大学4年で内定中ということもあり、もしかしたら起訴されてしまうかもしれないという不安に駆られています。(重大な過失ということもあり)
そこで、今、現段階で起訴される確立を限りなく低くできる対応はないかと思い、調べたら嘆願書というものがあることを知ったのですが、
このような場合に被害者の方に嘆願書を書いていただく効果はありますでしょうか?
被害者の方には既にお詫びをしに行き、非常に寛大な対応を取っていただき、お願いすれば書いてもらえるような状況だと思います。
過去には1点の違反が2回あり、事故時点では1年以上がたっており累積点数は0です。
アドバイスしてくださる方がいましたら是非ともよろしくお願いいたします。

7月29日に私の不注意で前の停止中の車に追突してしまい、(速度:25km/h、ブレーキ踏まず)被害者の方は病院に行き、全治2週間という診断をされ、警察に提出なさいました。
その後、保険会社に賠償をおまかせし、車両の賠償はめどが立ち、後は怪我の状況を見ていく段階です。
他の質問を見る限りでは、全治15日未満の怪我なら、起訴されることは大体ないというのがわかったのですが、
私自身、大学4年で内定中ということもあり、もしかしたら起訴されてしまうかもしれないという不安に駆られています...続きを読む

Aベストアンサー

 私も自動車事故で、全治1週間程度の怪我を負った経験がありますが、聴取に来た警察官に「告訴の意思はありますか?」と聞かれ「特にありません」と返答したところ、運転者は結局刑事処分を受けずに終わりました。全治2週間程度の怪我であれば、基本的に被害者が告訴を強く望まない限り、刑事訴訟は提起されないのが通常でしょう。尚、例え公訴が提起されたとしても、刑211条2項(業務上過失致死傷但書)にもあるように、全治2週間程度の過失傷害であれば通常刑事罰は課されません。まぁ、結局検察側としても時間の無駄になるでしょうし、嘆願書を使わなかったとしても恐らく公訴されないと考えられます。余談ながら、跳ねられた経験のある身として申し上げますが、民事上の責任はしっかり果たしてくださいね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報