アルバイトしているのですが、今まで確定申告したことがありません。
親の扶養ということになっています。
親からもらったお金で一時払い養老保険というのに入っていて、去年満期で300万円受け取りました。最初払ったお金より100万円くらい多いと思います。
これは申告しないとまずいですか?一応受け取ったときに、課税されていますからと保険会社に言われていますが。
黙っていればわからないでしょうか?
保険会社から通達されているのでしょうか?
教えてください。

A 回答 (4件)

養老保険の満期保険金は、一時所得として申告する必要があります。


一時所得の計算は、次のように計算します。
総収入金額(満期保険金)-必要経費(支払った保険料)-特別控除(50万円)=一時所得
この「一時所得」の2分の1が課税対象になります。

アルバイトの収入(給与所得)と合わせて確定申告をすることになります。
アルバイトの収入を申告するには、アルバイト先からの「源泉徴収票」を添付します。

なお、保険会社から税務署に「支払調書」という書類で報告がされますから。
申告をしないと税務署にわかってしまい、指摘されてから申告をすると延滞税を取られます。

又、一時払いの保険料を支払うときに、親から貰ったと書かれていますが、これは贈与税の対象になります。
昨年以前のことでしょうから、親などから贈与を受けた金額が1年間に60万円(昨年からは110万円に変更)を超えると、贈与税が課税されます。
ただし、貰ったのが5年以上以前でしたら時効になっていますから、今から申告をする必要は有りません。
    • good
    • 2

#1の追加です。



>一応受け取ったときに、課税されていますからと保険会社に言われていますが。

保険会社で、その様に言っているのであれば、源泉分離課税だと思います。
源泉分離課税は、他の所得と切り離して、支払いの段階で課税が済んでいますから、改めて確定申告をする必要がありません。

いずれにしても、保険会社から税務署への通知はいきますから、保険会社に確認してください。
    • good
    • 0

>親からもらったお金で…


 もらった時点で贈与税がかかる場合があります。現金の授受の場合はこれにかからないようにみなさん工夫されているようですが、この辺に勘違いがないかもう一度よく考えてみて下さい。(苦しいか(^^;)

 贈与税ですが平成12年12月31日以前なら60万円の基礎控除、控除を引いた後が150万までなら10%ですので、200万円一度に贈与を受けたなら14万円の税額と延滞利子税などのペナルティとなります。

>これは申告しないとまずいですか?一応受け取ったときに、課税されていますからと保険会社に言われていますが。 

 http://www.seiho.or.jp/madoguchi/03_3a.html#1
にあるように、源泉分離課税が課されている場合は、源泉分離課税で引かれているはずです。そのときは養老保険の満期受け取りに関しては申告の必要はありません。

 いずれにせよ、支払調書は税務署の目に触れますので、贈与税のことも含めて税務署に相談することをお勧めします。

参考URL:http://www.seiho.or.jp/madoguchi/03_3a.html#1
    • good
    • 0

okaoka911さん こんにちは



>保険会社から通達されているのでしょうか?

 受け取った保険金の額が、100万円を超えたとき、保険会社から
税務署に支払調書が送付されます。

満期保険金には、一時所得として、税金がかかります。一時所得の計算は

受け取った保険金の額から、支払った保険料の額を差し引いて、
さらに50万円を引いた額の2分の1に対して、課税されます。

したがって、受け取った保険金額と支払った保険料の差額が
50万円以下であれば、申告の必要はありません。 
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q一時所得の税金

給与所得者です。一時所得として頂いた給付金を確定申告する必要があります。
この場合の申告金額は当該金額と年間給与収入から源泉徴収の所得税を差し引いた金額を合わせたものと理解しています。
この場合の税率の算定の仕方等を教えて頂きたいのですが?
一例として、一時所得:1千万円、給与収入:500万円、源泉徴収所得税5万円とした場合の税金の計算要領をどなたかお教え下さい。
宜しくお願いします。(国税庁ホームページでは自動計算のため細部が見えないのです。)

Aベストアンサー

>一例として、一時所得:1千万円、給与収入:500万円、源泉徴収所得税5万円とした場合…

源泉徴収所得税5万円→これから逆算して、給与による【課税所得】は 100万円。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2260.htm

【一時所得】
経費はないものとして 1/2 のみ課税対象。500万
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1490.htm

【課税所得】の再計算
100 + 500 = 600万

【所得税額】の再計算
600万×20% = 120万円
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2260.htm

【差引納税額】
1,200,000 - 50,000 =1,170,000円

>国税庁ホームページでは自動計算のため細部が見えないのです…

正確には、
(1) 給与収入から「給与所得」を求める。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1410.htm
(2) 給与所得に一時所得を足して「合計所得金額」を求める。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1170.htm#aa1
(3) 「所得控除」の合計額を求める。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1100.htm
(4) 合計所得金額から所得控除の合計額を引いて「課税される所得」
(5) 課税所得に「税率」を掛け算して「所得税額」。
(6) 所得税額から前払いした「源泉徴収税額」を引き算。
(7) 「税額控除」に該当するもの (e-Tax の 5,000円など) があればさらに引いて「納税額」。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>一例として、一時所得:1千万円、給与収入:500万円、源泉徴収所得税5万円とした場合…

源泉徴収所得税5万円→これから逆算して、給与による【課税所得】は 100万円。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2260.htm

【一時所得】
経費はないものとして 1/2 のみ課税対象。500万
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1490.htm

【課税所得】の再計算
100 + 500 = 600万

【所得税額】の再計算
600万×20% = 120万円
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2260.htm

【差引納税...続きを読む

Q株や生命保険満期収入があった場合の申告!?

現在、同一生計により遠隔地の母を扶養に入れています。
尚、健康保険は母が個別で掛けています。
昨年、母には株の収入と生命保険の満期収入があり、年間で130万を少し超えるらしいです。
株は特定口座にての収入ですが、確定申告が必要な様です。
一時金以外で、他の収入はありません。
この事を12月時点で知らず、私の会社には母の収入無しで申告しています。
以上の場合、扶養控除は無くなり、再度私の方も確定申告しないといけないのでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

その株が母自身で買ったものならの平成13年10月1日における価格(金融商品取引所等において公表された最終の売買価格)の80%に相当する金額を買値とします。

http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1473.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q一時所得の住民税について教えて頂きたいです

195万円以下の給与所得者で、去年一時所得約80万円でした。
税務署には電話してたずねたら、一時所得にあたるため、80万円なら控除率を計算すると税金はかからないと回答されたので確定申告にいきませんでしたが、

今年20万円以下の雑所得と一時所得の住民税申告について市役所に質問したら33万円までは控除されますが申告義務は免除されないとの回答でした。

去年は住民税が給与から引かれていると思っており、一時所得申告には行きませんでしたが、今からでも申告しないと一時所得80万円の無申告加算税が発生し続けるのでしょうか?

Aベストアンサー

「質問サイトではなく直接問い合わせるしかないでしょうか?」
それが良いと思います。

質問サイトって限界がありますよね。
「わからないことが、わからない」状態で、変に専門用語を使っていれば「この人はどの程度の専門用語を使っていいのだろうか?」という探りを入れながらの回答になります。
非常に効率が悪いです。
例えば、微積分だ因数分解だの質問があれば、誰でも九九はマスターしてると思うのが当たりまえなのですが、話を進めるうちに「あのう、4×8はいくつでしょうか」と聞かれたら「おいおい、今更そんなこと言い出すような質問内容じゃないぞ」となります。
前回、ご質問者に大変失礼なことを申し上げたのは、この点です。

お疲れ様でした。

Q養老保険の所得控除について

家族が商売している為、サラリーマンである私の代わりに毎年確定申告してもらっておりました。
今年に関しては、今年入社した会社で年末調整をしてもらうことになりました。

受取人が父で、保険料の払い込みも父が行っている私の名義の養老保険に加入しており、控除に使ってもらう為に払い込み証明書を会社の事務員さんに渡したところ、支払っているのがお父さんでは本人の所得控除には使えないと言われました。
毎年確定申告を行っていた母は今まで父の申告の分ではなく、あなた(私のこと)の確定申告の際に控除対象として使っていたと言います。

一体どちらの言っていることが正しいのか分からなくなってきてしまいました。どなたかご存知でしたら教えて下さい。。。

Aベストアンサー

>家族が商売している為、サラリーマンである私…

去年までは、親の商売における家族従業員 (専従者) だったと言うことですか。
それとも、親の商売とは全く関係ない会社にお勤めだったのですか。

>代わりに毎年確定申告してもらっておりました…

親とは関係ない会社に勤めていたのなら、家族といえども他人が確定申告を代行することはできません。
というより会社で年末調整はなかったのですか。

>受取人が父で、保険料の払い込みも父が行っている…

それは、父の申告要素であってあなたの申告には使えません。
そもそも、生保控除に限らずどんな所得控除も、実際に支払った人が控除を受ける権利を持っているだけです。
親が払ったものを子が申告することはできません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1140.htm
ただ、現金で払っている場合は、お札に名前が書いてあるわけではありませんから、「生計を一」にする家族が代わりに払ったと主張することもできます。
親の預金から振り替えられているような場合は、子にはまったく関係ありません。

>会社の事務員さんに渡したところ、支払っているのが…

事務員さんが正論。

>毎年確定申告を行っていた母は今まで父の申告の分ではなく、あなた(私のこと)の…

母が、いやあなた自身が誤っていたと言うことになります。
税務署から追求されないうちに、修正申告をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2026.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>家族が商売している為、サラリーマンである私…

去年までは、親の商売における家族従業員 (専従者) だったと言うことですか。
それとも、親の商売とは全く関係ない会社にお勤めだったのですか。

>代わりに毎年確定申告してもらっておりました…

親とは関係ない会社に勤めていたのなら、家族といえども他人が確定申告を代行することはできません。
というより会社で年末調整はなかったのですか。

>受取人が父で、保険料の払い込みも父が行っている…

それは、父の申告要素であってあなたの申告に...続きを読む

Q定期保険と養老保険の一時所得の通算

定期付養老保険の満期時の一時所得と、それに類するケースの一時所得の違いについて教えてください。下記3ケースについて、認識あってますでしょうか。
(よくあるケースだと思うので、詳細は税務署にご確認ください、というレスはご遠慮ください)

【質問1】
定期付養老保険の満期時の一時所得税について。
■<商品概要>死亡保険金1,000万円、満期保険金500万円。既払保険料600万円。
■<詳細>定期特約部分の既払保険料200万円、主契約(養老保険)部分の既払保険料400万円。
この場合、収入500万円 ― 必要経費600万円 = -100万円 つまり非課税。


【質問2】
定期保険と養老保険が同じ年に満期になった場合の一時所得について。
■<定期保険>満期保険金0円、既払保険料200万円。
■<養老保険>満期保険金500万円、既払保険料400万円。
この場合、収入500万円 - 必要経費400万円 = 100万円。
100万円×1/2 = 50万円。 この50万円に対して各人の税率をかける。
満期となった定期保険は通算対象外。

【質問3】
定期保険を途中解約した年に養老保険が満期になった場合の一時所得について。
■<定期保険>解約返戻金10万円、既払保険料200万円。
■<養老保険>満期保険金500万円、既払保険料400万円。
この場合、収入510万円 - 必要経費600万円 = -90万円。 つまり非課税。
途中解約時の定期保険は通算対象となる。

定期付養老保険の満期時の一時所得と、それに類するケースの一時所得の違いについて教えてください。下記3ケースについて、認識あってますでしょうか。
(よくあるケースだと思うので、詳細は税務署にご確認ください、というレスはご遠慮ください)

【質問1】
定期付養老保険の満期時の一時所得税について。
■<商品概要>死亡保険金1,000万円、満期保険金500万円。既払保険料600万円。
■<詳細>定期特約部分の既払保険料200万円、主契約(養老保険)部分の既払保険料400万円。
この場合、収入500万円 ― ...続きを読む

Aベストアンサー

(Q)質問1について
一般的な解約明細書は特約ごとに解約返戻金と既払保険料を開示している訳ではありません。
理屈はそうでも、現実は質問1の回答のとおり、「収入500万円 ― 必要経費600万円 = -100万円 つまり非課税」、とせざるを得ないのではないでしょうか?
(A)質問1は、満期時ですよね。
満期時の満期保険金の明細書に記載される既払保険料は、
養老保険の部分だけです。
定期特約の既払保険料は、提示されません。
国税庁のタックスアンサーでも、通算できないと明示されています。
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/shitsugi/shotoku/02/04.htm

(Q)ご指摘のように定期保険の10万円分のみ収益と経費に算入することは可能ですが、実務として、そのように通算しているのでしょうか?
(A)以下は、減額をしたときの計算方法です。
中途解約とは、100%減額と考えることができます。
「その収入を得るために支出した金額」には、既払保険料×減額部分の保険金額÷減額前の保険金額により算出する考え方もありますが、一時所得は臨時・偶発的な所得であることから、継続的に収入があることを前提とした按分方式は、その所得計算になじまないと考えられます。
 むしろ、既払保険料の金額に達するまでの精算金については、その同額を「その収入を得るために支出した金額」とするのが相当であって、一時所得の収入金額=支出金額となり、所得は発生しません。
 したがって、精算金のうち既払保険料を超える部分が一時所得となります。
(所法34、所令183、所基通34-1、昭53直資2-36)

つまり、解約払戻金=経費 となるのです。

(Q)質問1について
一般的な解約明細書は特約ごとに解約返戻金と既払保険料を開示している訳ではありません。
理屈はそうでも、現実は質問1の回答のとおり、「収入500万円 ― 必要経費600万円 = -100万円 つまり非課税」、とせざるを得ないのではないでしょうか?
(A)質問1は、満期時ですよね。
満期時の満期保険金の明細書に記載される既払保険料は、
養老保険の部分だけです。
定期特約の既払保険料は、提示されません。
国税庁のタックスアンサーでも、通算できないと明示されています。
http://www.n...続きを読む

Q養老保険解約払戻金にかかる税金は

子ども2人を保育所に預けつつ、派遣社員として
夫の扶養枠内で働いています。
私の祖父が、私や私の兄弟の名義でJA共済(養老保険)を
23年間も掛けてくれていたらしいのですが、
祖父が認知症になり、後見人制度を利用するにあたって、
母が先日それらを解約しました。
私の名義とは言え、私は支払いなど一切していないのですが
解約金は契約者本人の口座に振り込むのが決まりとの事で、
私の口座に1,214,000円払いますという通知が来ました。
これは祖父のお金であって、入金されたとしても
祖父に返さなければなりませんが、
「今回のお支払いについては税法に基づき所轄の税務署に
支払調書を提出致しますので、ご承知おき願います」と
書かれていました。私はこの解約払戻金に関して
どのような税金を支払わなければならないのでしょうか。

扶養枠内で働いている事や、子ども達の保育料が税額で
決まっている事などから、
(ただでさえ、保育料が年々値上げされているので)
この払戻金が思わぬ負担増になるのでは、と心配しています。
税金に詳しい方、どなたかアドバイス頂けませんでしょうか。
よろしくお願い致します。

子ども2人を保育所に預けつつ、派遣社員として
夫の扶養枠内で働いています。
私の祖父が、私や私の兄弟の名義でJA共済(養老保険)を
23年間も掛けてくれていたらしいのですが、
祖父が認知症になり、後見人制度を利用するにあたって、
母が先日それらを解約しました。
私の名義とは言え、私は支払いなど一切していないのですが
解約金は契約者本人の口座に振り込むのが決まりとの事で、
私の口座に1,214,000円払いますという通知が来ました。
これは祖父のお金であって、入金されたとしても
祖父に...続きを読む

Aベストアンサー

保険金は一時所得になるでしょう。この一時所得は、来年(2月16日~3月15日)までに確定申告をする必要があります。申告時期になりますとおそらくJAから確定申告用の支払い調書がくると思いますから、それを添付し申告します。
しかし、100万円程度では必要経費や控除額を引けば、おそらく申告額にはならないと思いますよ。

Q雑所得と一時所得を合わせて 雑所得として申告してもいいでしょうか?

雑所得と一時所得を合わせて 雑所得として申告してもいいでしょうか?

雑所得 
アフィリエイト30万
株式(特定口座)10万(去年20万の繰越損失をしたため確定申告します。)
一時所得10万

60万の控除があるので
雑所得と一時所得を合わせて申告して問題ないでしょうか?

Aベストアンサー

>雑所得と一時所得を合わせて申告して問題ないでしょうか…

所得区分が違いますからだめですが、それ以前に申告の方法自体が違います。

給与所得や事業所得、配当所得、雑所得など・・・「総合課税」
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2220.htm

株の売買益・・・「申告分離課税」
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2240.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q保険満期金で扶養をはずれる?

現在専業主婦をしており、夫の扶養に入っています。
昨年の3月まで働いており、その時の収入が額面で60万ほどありました。
それは今年始めに確定申告をして、還付金をいただきました。
さらに、今年4月頃に親がかけてくれていた私名義の保険が満期になったらしく、満期金が100万ほどあったそうです。
(名義は私でしたが、お金は親が払っていたので満期金は親が受け取っています)

先日、主人の会社から「扶養控除限度額を超えているので、住民税、所得税が増額になります」というような通知がきました。
これは私が扶養から外れるということでしょうか??
60万の収入で扶養ではなくなりませんよね?
それとも生命保険の満期金の名義が私になっているからでしょうか?
(特に申請したりはしてないんですが、わかるものなんでしょうか?)

その2つを合計すると160万となるので・・・
ただ、確定申告はお恥ずかしいのですが赤字申告になっています。

主人も会社に聞いてくれたのですが「なんだか去年の収入らしいんだけど」であまり詳しくわかりません。
ただ、税金だけが増額になるんでしょうか?
それとも扶養自体から抜けなければならないんでしょうか?
その場合来年また扶養にはいることはできますか?

ちなみに昨年は出産もしているのですが、その出産一時金35万は関係ありますか?

ほかに収入はありません。
思い当たるのはこの3つくらい。
扶養を外れるのは正直かなり痛いので、はずれたくないのですが、、、
無知なものでわかりずらかったら申し訳ありません。
どうぞよろしくお願いします。

現在専業主婦をしており、夫の扶養に入っています。
昨年の3月まで働いており、その時の収入が額面で60万ほどありました。
それは今年始めに確定申告をして、還付金をいただきました。
さらに、今年4月頃に親がかけてくれていた私名義の保険が満期になったらしく、満期金が100万ほどあったそうです。
(名義は私でしたが、お金は親が払っていたので満期金は親が受け取っています)

先日、主人の会社から「扶養控除限度額を超えているので、住民税、所得税が増額になります」というような通知がきました。...続きを読む

Aベストアンサー

>現在専業主婦をしており、夫の扶養に入っています。
正確には扶養ではなく、配偶者控除の適用を受けたと言うことでしょう。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1191.htm

結局あなたの、所得金額により配偶者控除の適用の有無が判定されますが、

>昨年の3月まで働いており、その時の収入が額面で60万ほどありました。
給与所得で、最低65万円の控除が有り、所得は0円です関係有りません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1410.htm

>親がかけてくれていた私名義の保険が満期になった
>(・・・お金は親が払っていたので満期金は親が受け取っています)
今年のものですから関係ないですし、これは親御さんの所得で一時所得になります。
またあなたが受取った場合でも、贈与税になり配偶者控除には影響しません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1755.htm

>ちなみに昨年は出産もしているのですが、その出産一時金35万は関係ありますか?
非課税所得です、影響しません。

>収入が額面で60万ほどありました。
が収入ではなく所得なら、当然ですが
>生命保険の満期金の名義が私になっているからでしょうか?
可能性としてはこれが一番でしょうね。

ただこの場合でも、(満期金-今までの保険料-50万円)の2分の1が
所得となるので、これが38万円を超えるとも思えません。

「扶養控除限度額を超えているので、住民税、所得税が増額になります」
理由が不明で、もし税務署から配偶者控除否認の通知が来ている場合は、
税務署に直接問い合わせを行ったほうが早いでしょう。

若しくはあなたではなく親御さんが扶養に入っていて、その否認とか?

>現在専業主婦をしており、夫の扶養に入っています。
正確には扶養ではなく、配偶者控除の適用を受けたと言うことでしょう。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1191.htm

結局あなたの、所得金額により配偶者控除の適用の有無が判定されますが、

>昨年の3月まで働いており、その時の収入が額面で60万ほどありました。
給与所得で、最低65万円の控除が有り、所得は0円です関係有りません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1410.htm

>親がかけてくれていた私名義の保険が満期にな...続きを読む

Q雑所得38万円未満一時所得50万円未満ですが確定申告してもいいですか?

雑所得38万円未満一時所得50万円未満ですが確定申告してもいいですか?

雑所得と一時所得を合計しても38万円以下なんですが
去年株式の繰越損失をして 今年少し利益が出ました。
特定口座の源泉ありなので確定申告して少しですが税金を還付して貰おうと思っています。
ついでに雑所得と一時所得の分も申告した方がいいでしょうか?
雑所得と一時所得ともに控除額未満なんで余計な事をせずに
株式の確定申告だけすればよろしいでしょうか?
税金に詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

確定申告自体はもちろんできますし、申告する以上は、すべての所得に関して申告する必要があります。

 確定申告自体はそれでいいのですが、特定口座の場合確定申告をすると国民健康保険に影響がでますので、その点注意が必要です。
確定申告をしなければ、国民健康保険の算定基準の所得と認識されませんが申告をすると所得と認識されます。

 国民健康保険でなければ関係ありませんが念のため。

Q保険満期時の税金について

よろしくお願いいたします。

保険契約者 主人
被保険者  息子
保険受取人 主人

平成19年3月30日満期  約3百万円

主人は年金暮らし 
来年の確定申告に この3百万円は 加算しなければならないのでしょうか?  仮に 加算したとしたら 健康保険料 地方税 その他増額になるということでしょうね?

実は この保険は 妻である私のお金で 掛けたのです。
保険会社の方と相談して 受取人の名義は いつでも変えられるという話でしたので・・・

仮に 受取人を妻の私に変えるとしたら 主人からの贈与税は 掛かりますか?
又 私の一時所得としての手続きが 必要でしょうか?

受取人を主人のままにして置くか、私に変更するか どちらにしたほうが とくでしょうか?

変更するとしたら 3/30明日が 満期日ですが 明日でもまにあうものでしょうか?

なんだか あまりにも 常識はずれで とんでもない質問だと存知ます。 恥を忍んで質問いたしました。くれぐれも宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

契約者(保険料支払者)の一時所得ですね。

3,000,000円 + 配当金等 - 掛け金 -特別控除額500,000円 x 1/2
で所得を求めます。

受取者が契約者と異なる場合は贈与税。

http://sap.eastakr.com/100/post.html

どちらがいいかは、上記URLを参考にご自分でよく計算してください。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報