言葉は左脳で、音楽は右脳で扱っているなら、歌っているときはどちらの脳も同じくらい使っているのでしょうか。それともどちらかにかたよってるのですか?日本語ならともかく、外国語で、しかもその言語を知らなかったら右脳中心になるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

音も理解できる言語は左脳、理解できない言語に右脳で処理されていると思われます。

曲自体は右脳処理と思われますが、楽譜を見ながらだと左脳が活躍するみたいです。外国語も理解できるようになってきますから左脳が働いてくるでしょう。音楽を純粋な音としてとらえるか、技法や意味や理論を考えて聞くかで、右脳左脳両方の楽しみ方ありますね。
    • good
    • 0

歌詞の意味を噛みしめて歌うと「左脳」も入ってくるんですかねぇ。


美空ひばりさんは、耳が異常に良かったので、英語の歌もきれいな発音で歌ったそうです。
そういう場合は、「右脳」という気がしますね。
私は歌を聴くとき曲の感じだけで聴いてしまい、よく夫に怒られます。
私は「右脳」だけで聴いていて、夫は「両脳」で聴いているんだと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q交通事故で脳挫傷、その後、脳梗塞。因果関係は?

以下のような症例についてお詳しい方からの意見を伺いたく、よろしくお願いします。

患者は70代の女性。自動車交通事故に巻き込まれました。診断は脳挫傷(右脳)、くも膜下出血、肋骨骨折。事故直後に脳神経外科に入院、容体が安定してきたので3週間後にリハビリ病院に転院しました。

ところが転院2週間後、意識の薄れが収まらないため念のためCT、その後MRI画像を撮り、脳梗塞(左脳)との診断を受けました。そこでリハビリ病院から急遽、脳神経外科に再転院。現在は再び容体が安定しつつあるので、近々もといたリハビリ病院に再々転院の予定です。

私が伺いたいのは事故と脳梗塞との因果関係についてです。交通事故の被害者であるため、治療費はすべて保険会社が支払っていましたが、脳梗塞を発症してからは「脳挫傷は事故によるものだが、脳梗塞は事故とは無関係なので支払わない」と、保険会社は主張しています。また総合病院の脳神経外科の主治医も、「脳挫傷の位置(右脳)と脳梗塞の位置(左脳)が違うし、脳梗塞は事故後1ヶ月以上たってから発症しているので、脳梗塞と交通事故との因果関係はないと考えています。しかしこれを判断するのは保険会社なので、ご家族と保険会社の間で話し合いをして下さい」とのことでした。

しかし今まで70年間、一度も脳梗塞を起こしたことのない人(患者は数年前、物忘れを気にして自分で医者に行きMRI診断を受け、大丈夫とのお墨付きをもらっている)が突然、しかも交通事故の1ヵ月後というタイミングで、事故と無関係な脳梗塞を発症するものだろうか?、仮に直接の因果関係はないとしても脳挫傷による入院・リハビリ生活が引き金となって、脳梗塞を起こしたのではないか?、もしかしたら保険会社から医者に何か変な物でも渡っているのではないか??、などと疑心暗鬼になっています。

因果関係があるとしたらその立証責任は患者側にあるので、法律にも医療にも素人の私が訴訟を起こすのは難しいとは思いますが、お詳しい方のご意見を参考までに伺いたいと思います。なお念のため、今回の事故の件では弁護士を立ててあり、弁護士にもこれまでの経緯は逐一報告してあります。

以下のような症例についてお詳しい方からの意見を伺いたく、よろしくお願いします。

患者は70代の女性。自動車交通事故に巻き込まれました。診断は脳挫傷(右脳)、くも膜下出血、肋骨骨折。事故直後に脳神経外科に入院、容体が安定してきたので3週間後にリハビリ病院に転院しました。

ところが転院2週間後、意識の薄れが収まらないため念のためCT、その後MRI画像を撮り、脳梗塞(左脳)との診断を受けました。そこでリハビリ病院から急遽、脳神経外科に再転院。現在は再び容体が安定しつつあるので、近々も...続きを読む

Aベストアンサー

sodenosita先生のおっしゃるところは全く妥当だと思います
「頭部外傷(=ケガ)」と無関係な、独立した脳梗塞は珍しくない
これは本当です。昔から日本人の死因の三位以内、一位から三位に下がったとはいえ近年は 脳卒中の8割が脳梗塞です。交通事故よりはるかに確率は高いわけです。

それはそれとしてもっと深く突っ込んで考えて、頭部外傷と関連する脳梗塞の報告論文は有るのか無いのか?
有ります

例えばちょっと古いけどこの論文(リンク先では要約しかありませんがわたくしは全文持って読んでます)
http://www.ajronline.org/cgi/content/abstract/154/6/1293

要約でも触れてますが、本文の冒頭では
「外傷後脳梗塞は頭蓋脳外傷後の合併症として知られている。多彩な複数のメカニズム(脳血管攣縮・血管圧迫・ヘルニアや偏移をきたすような近隣の圧排性病変による減衰・直接の血管損傷・塞栓症・脳全体の低かん流 等)がこの合併症に関連しているのかもしれない。」
と述べて13の参考文献を示してます。

ちなみに著者はメリーランド大の診断放射線科学の教授で
外傷放射線科診断学のプロ中のプロですな
http://www.umm.edu/doctors/stuart_e_mirvis.html

他にも関連する論文はいっぱいあります。

今回のケースで関連性が有るといえるかいえないかは
質問文からの情報では不足で詳細な経緯やCT画像がほしいところです
可能性はなくはないと思います

sodenosita先生のおっしゃるところは全く妥当だと思います
「頭部外傷(=ケガ)」と無関係な、独立した脳梗塞は珍しくない
これは本当です。昔から日本人の死因の三位以内、一位から三位に下がったとはいえ近年は 脳卒中の8割が脳梗塞です。交通事故よりはるかに確率は高いわけです。

それはそれとしてもっと深く突っ込んで考えて、頭部外傷と関連する脳梗塞の報告論文は有るのか無いのか?
有ります

例えばちょっと古いけどこの論文(リンク先では要約しかありませんがわたくしは全文持って読んでます...続きを読む

Q父(72歳)が脳外科手術を受けました。元気に過ごしていたのですが、脳の

父(72歳)が脳外科手術を受けました。元気に過ごしていたのですが、脳の血管に瘤が見つかり手術に踏みきりました。瘤はうまく取れたらしいのですが、手術中に脳梗塞を起こして左手に少し麻痺がでました。本人はそれがショックで、病気の受容が出来ない状態です。手術後ふてくされてリハビリに消極的でした。

7/29に手術を受け8/14に退院し、その時もらった薬を見てビックリしました。胃腸の薬と、パキシルとアメリなどの精神薬だけだったのです。うつ病に使われるパキシルが8/4から使われてましたが、その説明は一切ありませんでした。

すぐに抗議しました。病気の受容ができない患者にカウンセリングもなく、いきなりうつ病の薬を処方するのはいかがなものか、しかも、なぜその説明がないのかと。抗議したら、パキシルとアメリは抜いてくれました。その後医師に説明を求めたところ、『リハビリの意欲が低下していたからパキシルを処方した、薬の説明をしなかったのは申し訳ない。』とのこと。

私は以前うつ病でない方がパキシルを飲み、昼も夜も寝っぱなしでヨダレを垂らしていた様子を見たことがあります。父も同様な状態になりました。リハビリに意欲的になるどころか、寝っぱなしで起きているのもやっとの状態。私たちはそれが手術のせいだと思っていました。今となっては、それが術後のためなのか、パキシルのためなのかわかりません。薬の効果があらわれるまで数週間かかるようですが、こんな状態を診てもなぜ薬を止めようともせず、更に25日分も精神薬をだしたのか医師に訊いても『意欲的になってもらいたかった』と言うだけです。
脳外科手術の後はてんかん症状が出るとかで現在はてんかん止めの薬を飲んでます。

ここで質問ですが、脳外科手術の後でパキシルを処方するのは一般的にされていることなのですか。適切な処方なのですか。手術からまだ1ヶ月程しか経ってませんが、父には痴呆の症状が出ています。いわゆる、まだらボケのような状態です。手術前は全く正常でアイパットを購入し、喜んで使いこなしていたのに、今ではパソコンも使えないことがあります。パソコンの電源を入れたまま、パソコンの前でボンヤリすることが多く、このまま良くならないのではと心配でなりません。脳外科に詳しい方や脳外科手術を経験されている方にアドバイスを頂きたく、どうかよろしくお願いします。

父(72歳)が脳外科手術を受けました。元気に過ごしていたのですが、脳の血管に瘤が見つかり手術に踏みきりました。瘤はうまく取れたらしいのですが、手術中に脳梗塞を起こして左手に少し麻痺がでました。本人はそれがショックで、病気の受容が出来ない状態です。手術後ふてくされてリハビリに消極的でした。

7/29に手術を受け8/14に退院し、その時もらった薬を見てビックリしました。胃腸の薬と、パキシルとアメリなどの精神薬だけだったのです。うつ病に使われるパキシルが8/4から使われてましたが、その説明は...続きを読む

Aベストアンサー

 実際にお父様を診察したわけでもなく、CTなどの検査結果を見たわけでもないのであまり適当なことは書けませんが・・・。

 術直後に見られた「うつ状態」の原因を、左手の麻痺にお父様がショックを受けてそれを受容出来ていないため、と質問者さんは判断されていますが本当にそうなのかどうか。脳外科医の立場からすると、質問文を読んだ限りお父様の「うつ状態」は脳梗塞の症状の一つと考えるのが自然だと思います。脳梗塞が原因のうつ症状であれば、カウンセリング云々はあまり意味ないでしょう。抗うつ剤を試してみるのが妥当だと思います。

 脳外科手術の後でパキシルを処方することはルーチンに行われるわけではありませんが、今回のように患者さんの術後の状態を見て主治医が処方することは十分ありうることです。また一般的に、脳梗塞後には脳血流の関係からかうつ病を発症する患者さんが一部いますが、そのような患者さんに対するパキシルなどの抗うつ薬の有効性は証明されています。

 現在のお父様の状態ですが、質問文を読んだ限りでの判断ではやはり手術時の脳梗塞が関与しているのではないかという印象を受けます。脳梗塞時には脳梗塞部位以外の脳血流も低下することがありますが、これらが正常化するには3カ月程度かかると言われています。また、脳梗塞後のうつ病が改善するには1年程度を要するとも言われています。従って今後お父様の症状がどの程度回復するかについては、術後最低でも3ヶ月間、場合によっては1年ほど経過を見ないと何とも言えないと思います。

 繰り返しになりますが、この回答はあくまでも質問の文章を読んだ限りでの判断ですので、実際についてはお父様の病状を最も理解されている主治医の先生にお尋ねになるのがよいでしょう。

 実際にお父様を診察したわけでもなく、CTなどの検査結果を見たわけでもないのであまり適当なことは書けませんが・・・。

 術直後に見られた「うつ状態」の原因を、左手の麻痺にお父様がショックを受けてそれを受容出来ていないため、と質問者さんは判断されていますが本当にそうなのかどうか。脳外科医の立場からすると、質問文を読んだ限りお父様の「うつ状態」は脳梗塞の症状の一つと考えるのが自然だと思います。脳梗塞が原因のうつ症状であれば、カウンセリング云々はあまり意味ないでしょう。抗うつ剤を...続きを読む

Q神経系右脳障害・・・?

高校生男子です。
ある日友人から

「俺身体障害者になった・・・」

というメールが来ました。

詳しく聞いてみると、頭痛があり病院へ行ってCTスキャン(?)で脳内を見てもらったところ再検査。
再検査の結果、タイトル通り「神経系右脳障害」と診断されたそうです。

彼曰く

・左半身の痺れ
・気絶とまではいかないが、一瞬意識を失う
・情緒の不安定、激しい苛立ち
・記憶力の低下

などの症状があるそうです。
ちなみにレーザー治療で治るそうですが、100%ではない・・・そうです。


しかし、私が気になるのは、いくらネットで調べても「神経系右脳障害」で完全一致する検索結果が出ないことです。

3年間彼とは仲良くやってきましたが、上記のような症状が出たところは見たことも聞いたこともありません。記憶力の低下に関しても、彼は成績優良者で、低下どころかむしろ周りより良い方です。
ひょっとしたらこれから症状が出るのかもしれないので面と向かって言えませんが・・。

いまいち、本当に彼がその「神経系右脳障害」というものなのかが私にはわかりません。
「誰にも言わないでほしい」と言う割には休み時間に皆に話していますし・・・。

どうしても彼が「嘘つき」もしくは「可哀想な人になろうとしている」ように見える時があります。

どなたか「神経系右脳障害」をご存じの方いらっしゃいませんか?
また、もし彼が本当にそうなら私には何ができるでしょうか?

高校生男子です。
ある日友人から

「俺身体障害者になった・・・」

というメールが来ました。

詳しく聞いてみると、頭痛があり病院へ行ってCTスキャン(?)で脳内を見てもらったところ再検査。
再検査の結果、タイトル通り「神経系右脳障害」と診断されたそうです。

彼曰く

・左半身の痺れ
・気絶とまではいかないが、一瞬意識を失う
・情緒の不安定、激しい苛立ち
・記憶力の低下

などの症状があるそうです。
ちなみにレーザー治療で治るそうですが、100%ではない・・・そうです。


しかし、私が気に...続きを読む

Aベストアンサー

質問文の内容から、「右脳に腫瘍ができている」のではないでしょうか。
いわゆる「脳腫瘍」。

その腫瘍が原因で、左阪神の痺れ、神経を圧迫されて「一瞬意識を失う、激しい苛立ち、記憶力の低下」があるのではないか、と思われます。

>>レーザー治療で治る
ガンマナイフなどの放射線治療のことだと思います

参考URL:http://www.dogaiken.com/1/_3.html

Q動脈管開存症で左脳が血液不足?

動脈管開存症で左脳が血液不足?

ドラマででてきた話です。
成人女性で、血圧が上がった時動脈管が開き、動脈管開存症になるという話です。
その結果右脳にばかり血液が流れ左脳が血液不足になります。
(そしてストレスで逆にリラックスします。)

この流れが全然わからないのですが、動脈管開存症って肺動脈と大動脈がつながる病気(?)ですよね?
なぜに動脈管開存症で右脳にばかり血液が流れ左脳が血液不足になるのでしょうか?

Aベストアンサー

今、スカパーのFOX channnelでDr.HOUSEのseason5をしているので私も見ていますが、#13の話ですね。
私も嘘だろうと思って見ていました。
おそらく気持ちとしては、動脈管が開いているのは無名動脈と左の総頚動脈の間で、動脈管が開いて左総頚動脈の圧が下がるといいたいのかなぁと思っています。が、そういう病態はないかと思います。動脈輪もありますしね。
時々、Dr.HOUSEは嘘があります。例えば、season1第4話のアフリカ睡眠病などその典型で、アフリカ睡眠病の眠りというのは昏睡なのであのようにはなりません。
つっこみどころを探して楽しむのがDr.HOUSEのもう一つの楽しみです。とはいえ、tick paralysisとか日本にはない病気などがとりあげられるので、踊るドクターよりはいい勉強になります。

Q脳神経科

広島県福山市・岡山県倉敷市方面で信頼できる脳神経科のある病院をご存知の方、教えてください。

ご本人やご家族、お知り合いなどが実際に入院・通院していてよかったという生の情報を希望します。

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

脳神経外科であれば、福山市の太田記念病院がよいと思います。貴方様がどのような問題かが気になりますが、手術を含めた医師のレベルは中国地方でも上位にあると思います。リハビリテーションも充実しておりますが、手術後のリハビリテーションが主体で、外来だけでのリハビリテーションにどの程度深く携わって下さるかは分かりません。一度受診されてみてはどうでしょうか?


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報