アレルギー対策、自宅でできる効果的な方法とは?

以前、ADHDの検査の為、成人知能検査(WAIS-Ⅲ)を受けました。
その結果について、心理士さんと話し「言語性の方が得意、こうした仕事が向いて〜」などの簡単な紙は渡してくれたのですが、検査結果の数値が書かれた紙はくれませんし、見せてもくれなかったです。

どのような分野が得意でということも知りたいので、見せてくださいと言ったのですが、出来ませんとのことでした。

検査結果の各項目の数字に関して、質問されてる投稿などもよく見ますので、くれるものと思っていました。

通常、こうした検査結果は教えてくれないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

支援学校教員です。



心理士さん次第の部分はありますが、最近は「数値は誤解を生むので見せない」傾向にあります。

例えば、全IQでも「85~115」に約68%の人が治まるのに「90だから、私はダメ人間だ」となる人が「自閉症」の人には多いのです。決してそんなことはないのに。

また、この「全IQ」も「動作性」と「言語性」の差が「15以上」あると「有意な差」として「全IQ」はその人を「正しく評価する数値と言えない」となります。

それよりも、あなたがもらった「アセスメント」の方が「有効」と判断されています。

ですので「どのような分野が得意でということも知りたい」のあんらば「そのまま」具体的に聞いていくのが良いとは思います。なかなか、面倒で「わかりにくい」とは思いますが。

ご参考までに。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
具体的な数値の範囲と、今後に対する助言がありましたのでベストアンサーとさせていただきました。

お礼日時:2015/07/19 13:12

通常、数値は教えません。


結果がひとり歩きし、周りに誤解を生んでしまう可能性が高いからです。WAISのほか、WISCなどでもそうです。
まして、理論的に心理検査を学んだわけでもない素人の方に見せたりはしません。臨床心理士さんとしてはごくあたり前の対応をされたと思います。

心理検査の結果は数値だけで割りきれるものではありません。
また、単一の心理検査であっても、それぞれの心理的要素を測定する複数の項目が設けられていて、各々の数値を総合的に判断して判定しています。
総合的‥‥ですから、特定の数値だけを取り上げても意味がないのです。
特に発達障害の場合は「発達凸凹」とも言われるだけあって、数値で見るよりも各要素の総合的なバランスを見ることが大事ですから、なおさらですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
以前は担当医に頼んだ所見せてもらえたのと、他の方の同様な質問では見せてもらえたという書き込みがあった為、見せてもらえるものだと思っていました。
確かに、絶対と言えないような数値を見せることで、二次被害的な事が起こる可能性もありますよね。

お礼日時:2015/07/19 13:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QWAIS-IIIプロフィールの結果の見方について

自分は、発達障害で精神障害者手帳3級を持っている20代後半の女です。
WAIS-IIIのテストや問診の結果、手帳を出されたのですが、
実は結果については見たことも無く、ほとんど内容について聞いたことも
ありませんでしたが、この度、病院を変わることになり、紹介書と一緒に
入っているのを勝手に見てしまい、ショックを受けています。

私は8か月半で生まれ、2000グラムほどの未熟児でした。
乳児期に熱性痙攣をよく起こし、その際、脳波の乱れもあったため
知的障害を疑われた時期もあったらしいのですが、小学校入学前の
検査では特に問題は無く、普通に入学しました。
そして、その後は、かなり変わった子でありましたし、できない教科は
かなりできなかったのですが、田舎の学校では上位の成績で卒業し
それなりに名前が通った私立の大学に入学し、その後、大手の会社に
入社しました。
・・・が、そこからがダメダメで、「相手の気持ちになって考えろ」とよく
怒られ、また人をイライラさせるのが得意なダメダメぶりでした。
ストレスにも非常に弱く、24歳でまつげが完全に白髪になるほどでした。
その後、その大手の会社から転職した職場で、完全に心身ともに
おかしくなり、幻覚を見るレベルになったため、精神科通いとなり
発達障害を疑われ、検査を受けた流れとなります。

検査の結果、発達障害と診断され、手帳も取得しました。
その際、検査結果は見せていただけませんでしたし、内容についても
記憶力は高い。図形の回転などは非常に低いといった、簡単な
結果としか教えてもらえませんでした。

その後、私は就職し、未だにダメ人間で、いつ首になるか分かりませんが
仕事につき、自分で働いたお金で一人ぐらし6年目ほどになります。

今回、引っ越しする関係で病院を変わることになり、勝手に見てしまいました。
結果を。。。


言語性    92
動作性    82
全検査    86 

言語理解  97
知覚統合  77
作動記憶  88
処理速度  102


下位検査としては
単語 7
類似 8
知識 13
理解 9
算数 7
算唱 8
語音 9

配列 8
完成 6
積木 6
行列 7
符号 10
記号 11
組合 6

今まで、知能は高いと言われていましたし、子供のころも学校の
成績としては高いほうだと自分では思っていたので、ショックでした。
総合で、86って平均よりも低いですよね・・・
平均である100を超えているのも1つしかないし、自分の知能は
低かったんだと、改めて知り、鬱傾向が悪化しています・・・

私ができないことはたくさんあるのですが、
コミュニケーション力はかなり低いです。
方向音痴・音楽音痴・運動音痴でもあります。
一方的に話される長時間の話を聞くのは苦手で、かなり虫食い状態になります。
(学校の授業でも聞き取れていませんでしたが、教科書と黒板を写していたら
何とかなっていました)
長文が話せないので、基本会話は短い。
メールで文章を書くのは得意だが、話すとボロボロ
聴力は悪くないですが、会話を聞き取る能力は低く、早口や文法の
流れが悪い人の会話は、かなり聞き取れません。
人の顔を覚えることができない。名前は覚えられる。
自分が納得できないと、素直に行動に移せない。
基本的に他人にも、流行にも興味が無い。(ニュースを見るのは好きです)
喜怒哀楽はかなり乏しい。怒は全くなく、喜・楽もほぼない。基本的に普通のみ。
しっかり睡眠をとっていても、基本的にいつも眠たく、あくびばかり
人にはっきり意見を言い過ぎるらしい

子供のころ、暗闇の中で目を開けると、様々な色のキラキラ光る粉が
空や天井から舞い降りる映像が見えていました。
みんな見えるものだと思っていたのに、私にしか見えないと気が付いてから
見えても見えないふりをしていたら、いつの間にか見えなくなりました。6~7歳ごろ

鬱傾向が強くなった頃、入眠時幻覚という、夢遊病のような幻覚が見え始め
意識が無い状態で、歩いたり、電話したり、字を書いたり、着替えたりといった
行動を起こしていました。 電話の内容は、かなりやばいです。

やっぱり、脳の構造が人とは違うんでしょうね。

書いていたらキリが無いので、もう終わりますが、できないこと
ばかりです。

仕事は事務職です。
臨機応変な対応が求められ、正直向いていないと思います。

自分は、発達障害で精神障害者手帳3級を持っている20代後半の女です。
WAIS-IIIのテストや問診の結果、手帳を出されたのですが、
実は結果については見たことも無く、ほとんど内容について聞いたことも
ありませんでしたが、この度、病院を変わることになり、紹介書と一緒に
入っているのを勝手に見てしまい、ショックを受けています。

私は8か月半で生まれ、2000グラムほどの未熟児でした。
乳児期に熱性痙攣をよく起こし、その際、脳波の乱れもあったため
知的障害を疑われた時期もあったらしいのですが、...続きを読む

Aベストアンサー

心理士です。

いろいろな状況でお困りのことと拝察します。

まずは、WAIS-IIIの結果について、簡単に説明を書かせてもらいます。
ただ、No.1の方もおっしゃるように、本来は、検査を実施した心理士の方に説明をしてもらうのがもっともよいことです。
医師も、おおよそのことは分かると思いますが、結果の詳しい分析や、検査の時の質問者様の様子も合わせて理解することが必要ですので、心理士さんにお聞きになるのがよいのです。
また、このように、誰でも見られるネットに詳しい検査結果をお示しになるのは、プライバシーの観点からあまりよくありませんので、お気を付けください。

IQや、群指数の点数は、質問者様の年齢で、平均的な成績を取ったときに100になるようにつくられています。
また、IQ、群指数ともに、90~109の範囲に50%の人たちが含まれます。
85~114の範囲に広げますと、約68%の人たちが入るようになっています。

全検査IQが86でしたが、測定誤差も含めて考えますと、質問者様のIQは、90%の確率で、81~88の範囲にあると考えられます。
この値から、質問者様の知的なレベルは、「平均の下」と判断され、「低い」とはいえません。

言語性IQと、動作性IQは、最近の研究によれば、あまり意味のある区別ではないことが分かってきていますので、気になさる必要はありません。
むしろ、質問者様の知的、あるいは、認知的な能力は、4つの群指数を見ることで、その特徴がよく分かります。

質問者様の場合、言語理解=97(92~103)と、処理速度=102(95~108)は、測定誤差(それぞれ括弧の中に示しました)を考えても、まったく「平均」のレベルです。
これに対して、作動記憶=88(83~95)は、誤差も考えますと、「平均」か、「平均の下」のレベルです。
また、知覚統合=77(72~86)は、「平均の下」から「低い」に含まれます。

これら群指数の数値は、それぞれの能力を示していますし、数値の差は、質問者様の能力の「個人内差」を示しています。
「個人内差」というのは、他の人と比べた差ではなく、質問者様の中での得手・不得手を示すものです。

質問者様の個人内差は、次のようになります。
1.言語理解と処理速度には、有意差はありません。
2.言語理解は、知覚統合、作動記憶よりも有意に高い。
3.知覚統合は、作動記憶、処理速度よりも有意に低い。
4.作動記憶は、処理速度よりも有意に低い。

それぞれの群指数が表しているのは、次のようになります:
言語理解……言語理解だけでなく、言語による表現や、言語を用いた思考力
知覚統合……視覚的な情報処理や、認知、ものとものとの関係を理解する能力、言語によらない思考力
作動記憶……言語的な聴覚的短期記憶(聴覚から入った情報を、数秒~数10秒記憶しておく能力)、短期記憶に保存した情報を用いた計算、意味の理解など心的作業を行う能力
処理速度……視覚的な短期記憶(視覚から入った情報を、数秒~数10秒記憶しておく能力)、書字など心理的作業のスピード

つまり、言語による理解、表現、思考や、視覚的な短期記憶、心理的作業のスピードは、平均的な力があり、質問者様の中では得意な能力です。
これに対して、聴覚的な短期記憶や、聴覚から入った情報を短期的に記憶しておいての作業は苦手と思われます。
また、視覚的な情報処理、とくに空間認知のような図形、地図の理解、いくつか同時に入ってくる情報の間の関係の理解、折り紙、展開図など図形的な思考の問題は苦手と考えられます。

コミュニケーション能力が低いのは、言語的な能力のためではなく、作動記憶がやや苦手なため、たくさん話されると、記憶しきれないことが影響しているように思います。
「一方的に話される長時間の話を聞くのは苦手で、かなり虫食い状態になります」というのも、同じことが背景にあると考えられます。
この点については、メモを取る、ICレコーダ(最近では、ケータイ、スマホも使えるかも知れません)で録音する、キーワードや数値など大切なことは、繰り返してもらうなどの対策で補えるところがあるでしょう。

「話すとボロボロだが、メールでは文章は書ける」というのは、言語表現力自体は低くないことを意味しています。

「方向音痴・音楽音痴・運動音痴」は、いずれも、知覚統合の弱さが関係しているといえます。
方向音痴は、図形や地図など空間的な認知が苦手なことによります。
おそらく、「道順を聞く」という方法の方が、あるところに行くのには、やりやすいのではないでしょうか。
音楽は、リズムや和音などが含まれますが、この音痴は、同時に入ってくる複数の情報の関係、関連性を捉えることが苦手なために生じていると思います。
運動音痴も、たぶん、複雑な動作になると、複数の動きをコントロールしなければなりませんが、その辺りがうまくいかないことによるのではないでしょうか?
ただし、処理速度は平均的な能力があり、質問者様としては得意ですので、運動に関しては、反復練習で改善する余地はあるように思えます。

人の顔を覚えるのにも、知覚統合の能力が影響しますので、それが苦手というのはこの結果からよく分かります。

「学校の授業でも聞き取れていませんでしたが、教科書と黒板を写していたら何とかなっていました」という点は、処理速度が、個人内差としては優れている点と一致します。
これによって、学校で学ぶような知識(とくに、社会、理科系統)は身につけられ、WAIS-IIIの知識で、評価点が13と高かった(下位検査の評価点は、平均が10)のだと考えられます。

このように見てきますと、群指数に表れた質問者様の結果は、文章で書いていらっしゃる特徴と良く一致していると思われます。
「うつ傾向がある」と書いておられますので、検査の際に、質問者様が本来お持ちの能力が十分に発揮できたかどうか、疑問なところもありますが、個人内差の特徴はかなり良く反映されているのではないでしょうか。

さて、一応、この結果が質問者様の特徴を反映しているとして、大切なことはこれからどうするかということになります。
どうしても、苦手な点、弱いところが誰しも気になりますが、それらをたとえば、訓練で改善するのはとても難しいものがあります。
つまり、なかなか成果が上がらず、むしろ逆に、意欲や自信を失うことにつながりかねません。

そこで、弱点については、上の説明でも少し触れましたが、他の手段で補うこと(メモや、録音の利用など)を考えたり、それを使わないで済むよう、うまく回避できないかということを考えましょう。

むしろ、質問者様が得意な、言語理解(たぶん、聞いて理解することはさておき、書かれたものを読んで理解するとか、文章を書くというのは得意でいらっしゃいませんか?)や、処理速度の能力をうまく活かすことを優先してお考えください。

ここで詳細について説明する余裕はありませんが、最近では、書店に一般向けの本で、発達障害や、そういう傾向をお持ちの方が、ご自身の認知的なバランスの悪さにどのように対応したら良いかを分かりやすく説明した本がたくさん売られています。
一度そうした本をご覧になるとよろしいかと思います。
1冊だけ例を挙げますと、
星野仁彦(著)「発達障害に気づかない大人たち<職場編>」祥伝社新書、\780+税
があります。
著者自身、ADHDの精神科医で、ご自身の経験や、長年の臨床経験から具体的な対処方法があげられています。

もう一点。
質問者様が発達障害かどうかの診断は、医師にしかできませんので、ここでは触れることは避けます。
ただ、WAIS-IIIなど知能検査の結果は、診断に当たっては、あくまでも参考のデータとして用いられますから、知能検査の結果だけで発達障害の診断は下されません。
また、発達障害か、そうではないかは、明確に区別されるものではなく、いわゆる「普通の人」であっても、いくらかはそういう傾向を持っている人もたくさんいます。

大切なことは、自分の認知的な傾向を理解し、長所を活用し、短所は補うなり、回避するなりという対処を採ることです。
それによって、質問者様が困っていらっしゃるような、うつ傾向など、いわゆる「二次的な障害」に悩まされないようにすることです。
可能であれば、職場でも、周囲に協力を求めることも、一つの方法です。
長所活用+短所回避を意識されることで、日常生活が少しでも楽に送れるようになると良いかと思います。

長くなりましたが、参考になれば幸いです。

心理士です。

いろいろな状況でお困りのことと拝察します。

まずは、WAIS-IIIの結果について、簡単に説明を書かせてもらいます。
ただ、No.1の方もおっしゃるように、本来は、検査を実施した心理士の方に説明をしてもらうのがもっともよいことです。
医師も、おおよそのことは分かると思いますが、結果の詳しい分析や、検査の時の質問者様の様子も合わせて理解することが必要ですので、心理士さんにお聞きになるのがよいのです。
また、このように、誰でも見られるネットに詳しい検査結果をお示しになるのは、プ...続きを読む

QWAIS-IIIの結果、解釈を教えてください

約7年ほど前、14歳の時にADHD、広汎性発達障害と診断された今年22歳の女です。
先日WAIS-III、ウェクスラー成人知能検査を受けて結果を渡されたのですが、臨床心理士さんにも主治医にも解釈の説明を求めても、簡単な事しか教えてもらえず、忙しいのか詳しい解説を伺うことはできませんでした。
自分で調べようと思い、色々な書籍や資料を探してみたもののよく分からず…
WAIS-IIIに詳しい方がいらっしゃいましたら、解釈の説明をお願いできないでしょうか?


IQ73 境界知能

言語性 73
動作性 106
全検査 87
言語理解 76
知覚統合 103
作動記憶 72
処理速度 75

単語 8
類似 6
知識 3
理解 5
算数 7
数唱 7
語音 3

配列 15
完成 12
積木 7
行列 13
符号 8
記号 3
組合 8


主治医に「私の劣っているところと、秀でているところを教えて欲しい。劣っているところをカバーしつつ、秀でているところをうまく使って上手く生活していきたい」と伝えて解釈の説明を求めたのですが、「これが正常な人の数値。ここは天才、こっちは小学生レベルだね。」と言われただけで、なにがなんだか分からず困っています。
こんな質問で申し訳ありませんが、どなたか詳しい方、解釈をお願いします。
よろしくお願い致します。

約7年ほど前、14歳の時にADHD、広汎性発達障害と診断された今年22歳の女です。
先日WAIS-III、ウェクスラー成人知能検査を受けて結果を渡されたのですが、臨床心理士さんにも主治医にも解釈の説明を求めても、簡単な事しか教えてもらえず、忙しいのか詳しい解説を伺うことはできませんでした。
自分で調べようと思い、色々な書籍や資料を探してみたもののよく分からず…
WAIS-IIIに詳しい方がいらっしゃいましたら、解釈の説明をお願いできないでしょうか?


IQ73 境界知能

言語性 73
動作性 106
全検査 87
...続きを読む

Aベストアンサー

心理士です。

WAIS-IIIは、大人用の知能診断検査で、世界スタンダードで用いられているもので、日本でも同様に広く用いられています。
しかし、そのきちんとした分析法はあるにもかかわらず、心理士でもそれをマスターしている方が多くなく、質問者様も適切な説明を受けることができず、お困りのようでしたので、説明させてもらいます。

まず、全体的な知能水準ですが、No.1の方のご指摘通り、全検査IQは87です(この点は、主治医は勘違いしていらっしゃると思われます。87でないと計算上も、数が合いません)。
87という数値は、測定誤差を考えますと、84~91の範囲に質問者様の真のIQが来ると考えられますので、言葉に言い換えれば、「平均の下」から「平均」的な知能の高さにあります。

ちなみに、ここでいう「平均」とは、IQ=90~109で、この範囲に全体の50%の人が含まれます。
また、もう少し範囲を広げ、IQ=85~114で見れば、全体の68%余りの人が入ります。

ただし、質問者様は、言語性IQ=73に対して、動作性IQ=106と大きな差がありましたので、全検査IQ=87という数値は、一つの目安とお考えになった方がよいでしょう。

さらに、言語理解から処理速度までは、群指数といい、IQよりももう少し細かく、質問者様の能力を調べた結果を現しています。
ここをみましても、もっとも高い知覚統合が、103であったのに対して、言語理解、作動記憶、処理速度の3つの群指数は、どれも70台の得点でした。
これらを見てまずいえることは、質問者様の認知能力には、かなり大きなバラツキがあります。

ここまでの結果から推察するに、全体的な知能の水準は平均辺りになるものの、細かく見ると、得手・不得手の差がかなり大きく、今まで、学校で勉強したり、お仕事をしていらっしゃるのであれば、仕事を身につけたり、また、家事をすることなどで、相当にご苦労なさったり、お困りになったことも多かったのではないかと思います。

以下、この主にこの群指数までの範囲で分かることや、どのような転に優れ、どのようなところが苦手で、今後、どういう能力を活かしたらよいかを説明しますが、その前に、それぞれの群指数が何を調べているかを簡単に書いておきます。

・言語理解……言語の理解、表現に加え、言葉で思考する能力
・知覚統合……主に視覚から入る情報を処理し、理解したり、それによって考える能力。また、空間認知をしたり、視覚-運動協応といい、手先の器用さを示す能力
・作動記憶……主に聴覚から入る情報を短期的に記憶し、また、その短期記憶にある上方を使って、計算、文章理解などの心理的作業を行う能力
・処理速度……視覚的な情報を短期的に記憶する能力や、視覚情報に基づいて心理作業をするときの処理スピード

質問者様では、これら4つのうち、知覚統合がもっとも得意で、しかも、平均的なレベル(他の方と同じくらいの能力をお持ちだという意味)でした。
しかしながら、言語理解、作動記憶、処理速度は、知覚統合に比べ、統計的に有意に低く、また、他の方達と比べても残念ながら、苦手であるという結果でした。

言い換えれば、視覚的な情報の理解や、視覚的情報に基づいて考え、空間的な認知(地図や、図、絵を理解すること)は得意ですが、言葉の理解、表現、言語を使って考えることは苦手と思われます。
また、作動記憶が弱いため、一度にたくさんのことをいわれても、それは頭に残らず、聞いた側から忘れてしまうため、これまで、聞き逃し、聞き返しが多かったのではないでしょうか。
さらに、目で見たものを記憶するにも、意味のあるものは頭に残りやすいのですが、数字や形など余り意味がないものは忘れやすく、また、板書を書き写すといった作業も苦手であったり、時間がかかり、すべて書けないうちに消されてしまうという経験もおありだったのではないでしょうか。
かといって、急いで書き写そうとすると、あとからご自分でも読めないような乱雑な文字になってしまうといったこともあったかも知れないと思います。

さて、これから質問者様が、上に書きましたような、ご自分の認知的な特性に対して、どのようなところに気をつけていったらよいかについても、説明をしておきます。
ご自身で書いていらっしゃるように、「劣っているところをカバーしつつ、秀でているところをうまく使って上手く生活していきたい」ということが基本となります。

劣っているところを練習や、トレーニングで改善するのはとても時間もかかり、難しいことですので、おっしゃるように、他の得意な能力でカバーするか、なるべく負担をかけないで済むようにしていただくことをお勧めします。
むしろ、得意なところ(これは、他の人と比較してではなく、ご自身の中で得意なところを意味します)をうまく活かして、新しい知識や、スキルを身につけることが大切になります。

この基本方針にしたがうと、知覚統合の力をうまく活かして行くことが最も重要で、うまくいくと考えられます。

つまり、視覚的な情報を用いて理解し、考えることを中心に考え、それを活かしていくことです。

たとえば、どこか、初めて行くところに出かけていかなければならない時を例にすれば、質問者様は、道順を聞いていくというように、言葉による指示や手がかりにするよりも、地図を見て行く方が、分かりやすいと考えられます。
この例が当てはまるようでしたら、質問者様は、知覚統合がもっとも得意な能力と考えていただいて、ほぼ間違いないと思います。

目で見て分かるようにする、イラストや図解をうまく用いて、記憶したり、考えをまとめるようにすると、お持ちの能力や、これまでに獲得した知識、スキルを活かせる出称し、新しいことを学ぶのも容易になると思います。

一方、言語能力や、短期記憶能力、作動記憶、処理速度は苦手であると思われました。

文章を読んで理解する必要があるときにも、内容を図示してみる、キーワードをマーカーで色づけたり、○で囲んだりする、また、説明を受けるときにもなるべく図示してもらったり、短めの言葉ではっきりと説明してもらう、キーワードだけでもメモをとるよう心がける、何かの作業をするときには手本やモデルを常に参照できるように置いておく、といった「補助手段」で、質問者様にうまくあったものを探して、活用されるとよいと思います。

なお、最近では、大人の発達障害の方が、日常生活を円滑にするための工夫を説明した、一般向けの本も多数出ています。
図書館などで調べてご覧になるか、書店で見て、分かりやすいものを入手して参考にされるとよろしいでしょう。

また、知能検査結果についての詳しい説明、ご相談は、本来は、検査を受けた医療機関出まずはお願いするのがよろしいのですが、お書きになっている質問文の範囲からは、余り期待できないようにも思われます。
そういう場合、都道府県や、政令指定市には、発達障害者支援センターがありますので(ネットで検索すると出て来ますし、広報などにも載っているでしょう。各自治体ごとに、愛称をつけているところもあります)、そちらへ検査結果をお持ちになって、ご相談できると思います。
また、支援センターでは、必要であれば、就労相談なども受けられると思います。
お分かりにならなければ、お住まいの自治体(市町村)の福祉事務所などでお聞きになってみてください。


今回は、知能検査の下位検査(単語、類似など個別の検査)の成績には触れませんでした。
下位検査のレベルで、成績の高低に着目して、複数の下位検査に共通するパターンを探して分析する「プロフィール分析」という方法もあります。
これはやや煩雑になりますので、今回は割愛しました。
こうした分析も、発達障害者支援センターなどでお願いできるかも知れません。

以上、長くなりましたが、必要でしたら、読み返していただければと思います。
参考になれば、幸いです。
一度、お尋ねになるとよろしいかと思います。

心理士です。

WAIS-IIIは、大人用の知能診断検査で、世界スタンダードで用いられているもので、日本でも同様に広く用いられています。
しかし、そのきちんとした分析法はあるにもかかわらず、心理士でもそれをマスターしている方が多くなく、質問者様も適切な説明を受けることができず、お困りのようでしたので、説明させてもらいます。

まず、全体的な知能水準ですが、No.1の方のご指摘通り、全検査IQは87です(この点は、主治医は勘違いしていらっしゃると思われます。87でないと計算上も、数が合いません)。...続きを読む

QWAIS-3の結果の読み解き方

お世話になります。

先日精神クリニックにて、発達障害と診断された者です。
WAIS-3というテストを受け、発達障害と診断されたのですが、テスト結果をどう解釈して、これからに活かせばいいのか、戸惑っています。
何が得意で何が不得意なのかなど、点数から見える特徴などをご教授頂けないでしょうか?
仕事での悩みも多いので、色々とご指摘やアドバイスが頂けると助かります。

全検査IQ:108
言語性IQ:109
動作性IQ:106

言語理解:99
知覚統合:95
作動記憶:119
処理速度:116

<言語理解>
単語:11
類似:10
知識:8
理解:10
<作動記憶>
算数:17
数唱:12
語音:11
<知覚統合>
配列:11
完成:9
積木:9
行列:10
<処理速度>
符号:16
記号:10
組合:8

先生からは、IQとしては問題ないが、群指数に
差異があることが問題と教えて頂いています。
また、特に下位項目の、算数・符号のみ突出してるのが、気になるとのことでした。

今感じている生き辛さへの対策や、今後の人生を考える上での参考にしたいので、ぜひお力をお借りできればと思います。
よろしくお願い致します。

お世話になります。

先日精神クリニックにて、発達障害と診断された者です。
WAIS-3というテストを受け、発達障害と診断されたのですが、テスト結果をどう解釈して、これからに活かせばいいのか、戸惑っています。
何が得意で何が不得意なのかなど、点数から見える特徴などをご教授頂けないでしょうか?
仕事での悩みも多いので、色々とご指摘やアドバイスが頂けると助かります。

全検査IQ:108
言語性IQ:109
動作性IQ:106

言語理解:99
知覚統合:95
作動記憶:119
処理速度:116

<言語理解>
単語:11
類似:10
知識...続きを読む

Aベストアンサー

No.2です。

補足をしてくださり、ありがとうございました。

1.結果の見方(数値の意味)
WAIS-IIIで用いられているIQ(知能指数)や、群指数は、統計学的には、「標準得点」と呼ばれる数値です。
ある年齢集団の中で、平均的な成績を取ったときに、IQも、群指数も100となるようにつくられた、相対的な数値です。
また、IQ、群指数とも、90~109の範囲が「平均」と評定され、この範囲に理論的には、50%の人が含まれるようになっています。
110~119の範囲は、「平均の上」と評価します。

同じように、それぞれの下位検査の評価点も、ある年齢集団の中で、平均的な成績を取った場合に、10となるようにつくられた、相対的な数値です(統計学的には、標準得点ですが、換算の仕方が、IQや、群指数とは異なります)。
評価点は、7~12が「平均」の範囲で、そこに50%の人が入るようつくられています。

2.全般的な知的水準
質問者様は、全検査IQ=108で、90%の信頼区間(測定誤差とご理解ください、質問者様の真のIQが、90%の確率で存在する区間を推定したものです)は、104~112になります(以下、信頼区間の説明は煩雑になりますので、割愛します)。
したがって、質問者様の全体的な知能の高さは、「平均」にあたると考えられます。

3.個別の認知能力
1)言語性IQ、動作性IQ
言語性IQは、主に言語的な理解力や表現力、言葉による思考力の高さを示す指標で、これに対して、動作性IQは、主に視覚的な情報処理能力や、空間認知の能力の高さを現します。
質問者様の場合、言語性IQ=109も、動作性IQ=106も「平均」的な能力をお持ちです。
両者の間には有意差は認められません。

2)群指数
群指数は言語性、動作性という区分よりも細かく、また、実証的なエビデンスに基づく認知能力の分類です。
それぞれ、次のような能力を測定しており、また、その元となる下位検査は、括弧内に示したものです。
(1)言語理解(Verbal comprehension;VC)……言語意味の理解、言語的知識、言語的な思考・推理、言語表現などの能力(単語、類似、知識)
(2)知覚統合(Perceptual Organization;PO)……視覚的情報の統合、視覚-運動能力や、非言語的な思考・推理などの能力(絵画完成、積木模様、行列整理)
(3)作動記憶(Working Memory;WM)……聴覚的な短期記憶の大きさや、聴覚的短期記憶に保存した情報を使った情報処理など能力(算数、数唱、語音整列)
(4)処理速度(Processing Speed;PS)……心理的作業の速さ、視覚的な短期記憶、視覚的情報の記号化、などの能力(符号、記号探し)

質問者様の場合、作動記憶=119がもっとも高く、次いで、処理速度=116が高くなっていました。
この2つはいずれも、「平均の上」と評価されます。
言語理解=99と、知覚統合=95は、「平均」的な能力をお持ちです。

統計的な有意差を見ますと、4つの群指数の間には、次のような関係が見られます(≒は有意差なし、不等号は有意差ありを示します):

言語理解≒知覚統合>作動記憶≒処理速度

3)IQ、群指数の結果の意味
IQから見ますと、質問者様は、全検査IQ、言語性IQ、動作性IQのいずれも平均的で、言語性IQと動作性IQの間に有意差もありませんでしたので、全体的な知能の高さは平均的で、言語・動作のバランスも取れているという結果でした。

しかしながら、群指数から認知能力の特徴を見ますと、4つの群指数の間に有意差が認められ、作動記憶や処理速度は高いものの、言語理解と知覚統合は低いというバランスの悪さがありました。
ただし、言語理解・知覚統合の能力は平均的ですので、他の人より劣っているのではありません。
あくまでも、質問者様ご自身の中での特徴(個人内差、といいます)ということです。

4)下位検査評価点の分析結果
群指数に有意差が認められましたし、下位検査の評価点を見ますとやはり、かなりの高低がありました。そこで、下位検査の評価点の高低に着目した分析(プロフィール分析)を実施してみました。

その結果、質問者様の特徴として考えられたのは次のような点です。

得意と思われることがら:
(1)情報を順番に1つずつ処理する能力
(2)短期記憶(視覚や、聴覚から入った情報を数10秒の間、記憶しておく能力)
(3)数を扱う能力

苦手と思われることがら:
(1)視覚的な情報処理
(2)空間認知や、手本・モデルを見て同じものをつくること
(3)ものごとの関連性や、意味を理解すること

知的能力発揮に関連する要因
(1)知的好奇心が弱いか、もしくは興味の範囲が限られる
(2)確信が持てなかったり、リスクがあると思うと反応することを迷う

*なお、以上の特徴は、あくまでも検査の数値的な結果を分析して考えられた「仮説」ですので、質問者様が困っていらっしゃる点、得意な点、苦手なことなどと照らし合わせて、確認することが必要です。

4.検査結果の解釈(お示しいただいた特徴との照合)
事務や、単純作業が得意でいらっしゃるという点は、処理速度の高さによく現れています。
処理速度は、身についたスキルがほぼ自動的に処理できる能力の高さに関連しています。

また、算数の評価点が高いことや、数を扱う能力に優れている点は、計算、数式の理解が得意なところや数学が得意であった点と一致します。

「一対一で、深く掘り下げて話を聞く」ことが得意というのは、作動記憶の高さや、集中力の強さに関わっていると考えられます。
しかし、注意を集中しすぎると、「集中しているときに話しかけられても、聞こえない」という弱点としても現れていると思われます。

「飲み会時などの雑談に興味が持てず、輪に入れない」や、「興味があることにしか目が向かず、一般常識(特に食べ物の名前など)を持っていない」は、知的能力の問題というよりも、関連する要因の(1)に挙げたような興味の範囲の狭さが影響していると思われます。
「会議体での内容や流れが分からない」と、「言われたことを忘れてしまい、信頼感を落とす」の2点は、言語理解は、個人内差としては低いとはいえ、平均的な能力を持っておられますし、また、作動記憶で測定しているような短期記憶の能力は強いので、これも知的能力の影響よりも、興味の範囲といった関連要因が影響しているかも知れません。

以上、検査の数値的な結果と、お伺いした特徴とから考えられるものです。

5.今後の方針
知的能力は、平均もしくはそれ以上の力をお持ちですが、認知能力のバランスの悪さと、関連要因が質問者様の生き辛さ、悩みにつながっていると思われます。
ただ、短所や苦手な点を努力で克服するのは大変な努力を要しますし、効果も上がりにくいので、意欲や自信を喪失することにつながりかねません。

そこで、今回の検査結果で分かった、得意なところや、長所をうまく使い、短所にはなるべく負荷をかけない、あるいは、長所でカバーするということをお考えください(長所活用型のアプローチ)。

質問者様の場合、情報を1つずつ順番に処理する能力が高いと考えられました。
このタイプの方は、1つずつ順番に処理する以外に、言葉を手がかりにする、全体から入るよりも、部分から入って分析的にアプローチするというやり方が効果を上げることもよくあります。
この点を十分に意識なさるとよいと思います。

詳細に述べる余裕がありませんので、これら以外の工夫については、本を参考にしていただくとよいかと思います。
最近では、大人の方の発達障害について解説している、一般向けの本がたくさん出版されていますので、そういう本の中で、よ見やすいもの、分かりやすいものをお読みになって、他の方がなさっている工夫を取り入れてみることをお勧めします。
わかりやすい本であれば何でも構いませんが、私がよく紹介するのは、次の本です:
星野仁彦(著)(2011):発達障害に気づかない大人たち<職場編>.祥伝社新書#237.¥780+税
著者の星野先生ご自身が、ADHDをお持ちの精神科医ですし、この本には、星野先生の診療経験から、具体的なアドバイスがたくさん紹介されています。
ご一読の価値はあると思います。

質問者様の場合、作動記憶や処理速度の高さから、長所を活用するというやり方で努力なさると、いったん身についた知識やスキルは、あまり意識しなくとも発揮できるように思われます。

以上、大変長くなりましたが、参考になれば幸いです。

No.2です。

補足をしてくださり、ありがとうございました。

1.結果の見方(数値の意味)
WAIS-IIIで用いられているIQ(知能指数)や、群指数は、統計学的には、「標準得点」と呼ばれる数値です。
ある年齢集団の中で、平均的な成績を取ったときに、IQも、群指数も100となるようにつくられた、相対的な数値です。
また、IQ、群指数とも、90~109の範囲が「平均」と評定され、この範囲に理論的には、50%の人が含まれるようになっています。
110~119の範囲は、「平均の上」と評価します。

同じように、それぞれの...続きを読む

QWAIS-IIIの結果を今後に活かしたいです

私は45歳の専業主婦で明らかな原因でうつ状態,パニック発作を発症、信頼できる主治医の下、適切な診察と投薬を続けているものの一向に回復しないこと,自閉圏の子どもがいること,話にまとまりがなくどこまでも広がって行くなどの要因から発達障害の2次障害の疑いありということでWAIS-III,AQ(自閉スペクトラム指数)10点,社会常識テストを受検した結果、既に非自閉圏診断が下りています。

WAISは3時間弱かかり、8年以上の引きこもり+安定剤で緩みきった脳を酷使した為、非常に大変でしたので、この結果を是非活かしたいと思っています。
また、客観的事実などもお詳しい方に是非お教えいただきたく質問させていただきました。

誠に恐縮ですが、「詳しくは主治医に…」というご回答はご勘弁下さい。検査官が主治医だった為、書面はWAISの結果のコピーのみです。
診察は次々と新たな問題が起きる環境の為、常に持ち時間ギリギリで検査の振り返りをお願いする余裕がありませんので、ご理解いただきたく思います。

言語性 117 動作性 109 全検査 115

言語理解 114 知覚統合 110 作動記憶 115 処理速度 118

単語 14 類似 14 知識 10 理解 13 算数 13 数唱 12 語音整列 13

絵画配列 10 絵画完成 9 積木模様 11行列推理 15 符号 12 記号探し 15 組合せ11

補足ですが、知識の落ち込みは学生時代暗記物(社会・特に歴史)が嫌でことごとく避けて来た結果です。
絵画完成はまだ緊張感いっぱいだったこともあるのか?誤答すらできず危機感から笑いがこみあげるほどわかりませんでした。
符号は早く書くことより、何故かきれいに書くことを意識してしまった為、スピードを意識した記号と比べて差が生じたかと思います。

どうか宜しくお願い致します。

私は45歳の専業主婦で明らかな原因でうつ状態,パニック発作を発症、信頼できる主治医の下、適切な診察と投薬を続けているものの一向に回復しないこと,自閉圏の子どもがいること,話にまとまりがなくどこまでも広がって行くなどの要因から発達障害の2次障害の疑いありということでWAIS-III,AQ(自閉スペクトラム指数)10点,社会常識テストを受検した結果、既に非自閉圏診断が下りています。

WAISは3時間弱かかり、8年以上の引きこもり+安定剤で緩みきった脳を酷使した為、非常に大変でしたので、この...続きを読む

Aベストアンサー

No.1です。

ご丁寧に御礼をいただき、恐縮しています。

さて、
>ただ、お手上げだった絵画完成の低さと絵画配列では投げ出したく
なるほど悩ませられたことに若干ひっかかりがあります。
>特に気にする必要はなく、留意点もないか?をお教えいただけると
非常に助かります。
ということですが、人間誰でも、多少の得意・不得意はあります。
知能検査の結果にも、それは現れてきます。

つまり、検査結果を見たときに、まったくアンバランスのない人は、いらっしゃいません。
そこは、逆から見れば、その方の個性が表れているのです。

普段の生活の仲では、苦手なことを意識されることが多いかも知れませんが、むしろ、ご自分の得意な部分を活かしてやっていくということを重視していただきたいと、私を考えています。
「長所の活用」ということで、新しいことを知ったり、いろいろなスキルを身につけたり、ものごとに対処した方が、気持ちも楽に、楽しくやれると思いますし、その方がスムーズに覚えられると思いますよ。

お子様にも、同じように、お子様のよいところ、得意なところがおありでしょうから、是非、「長所活用」という考え方で育てて行かれるとよいのではないでしょうか。

以上、補足申し上げます。

No.1です。

ご丁寧に御礼をいただき、恐縮しています。

さて、
>ただ、お手上げだった絵画完成の低さと絵画配列では投げ出したく
なるほど悩ませられたことに若干ひっかかりがあります。
>特に気にする必要はなく、留意点もないか?をお教えいただけると
非常に助かります。
ということですが、人間誰でも、多少の得意・不得意はあります。
知能検査の結果にも、それは現れてきます。

つまり、検査結果を見たときに、まったくアンバランスのない人は、いらっしゃいません。
そこは、逆から見れば、その方の個性...続きを読む

QWAIS-IIIの結果について【困っています】

36才の女性です。

今回。発達障害の検査のために、WAIS-IIIを受検しました。
結果が返ってきたのですが、特に心理士さんのコメントのようなものもついていなくて、数値のみの結果でした。
医師に聞いたものの
「作業が苦手な傾向があります」
という答えが返ってきたのみで、具体的にこの検査結果をどう活かしてよいのかわかりません。
もしよろしければ、この結果からわかること、何ができて何ができないのかを教えていただけると幸いです。
どうかよろしくお願い致します。


■IQ

全IQ : 121

言語性IQ(VIQ): 123
動作性IQ(PIQ): 113

VIQ > PIQ  【15%水準】

■群指数

言語理解(VC): 129
知覚統合(PO): 110
作動記憶(WM): 107
処理速度(PS):  94

■下位項目の評価点

単語:16
類似:15
知識:14
理解:14
算数:11
数唱:12
語音:11

配列:14
完成:14
積木: 8
行列:13
符号:11
記号: 7
組合:14

Aベストアンサー

臨床心理士です。

もっともよいのは、検査を担当された心理士さんに説明を求めることです。
精神科の先生で、WAIS-IIIに詳しく、患者さんにきちんと説明できる方は非常に限られると思います(実際上は、ほとんどいらっしゃらないでしょう)。
ただし、心理士でも、検査は実施できても、詳しいアセスメントや分析まではきちんとできないということもあり得ます。

念のためにざっと説明を書かせていただきます。

IQ、群指数は、統計学的には標準得点(受験で用いられる偏差値と同じ仕組みの数値)で、平均的な成績を取った場合に、100となるようつくられた数値です。
WAIS-IIIでは、90~109の範囲に50%の人が含まれるようにつくられており、この範囲が「平均」と評価されます。
これより高ければ、平均の上、高い、とくに高いと、また、低ければ、平均の下、低い、特に低いと評価されます。

全IQは121ですから、「高い」水準にあります。
言語性IQも123で「高い」と、また、動作性IQは113で「平均の上」と評価されます。 
IQから見た質問者様の知能の水準は、測定誤差を考慮しても高い水準にあるといえます。

群指数についても、「処理速度」は94、「作動記憶」は107と、この2つは「平均」の範囲にありますが、「言語理解」は129と「高い」範囲ですし、「知覚統合」は110と「平均の上」にあります。

ただし、群指数相互の間では、言語理解は、知覚統合・作動記憶・処理速度よりも統計学的に有意に高く、また、知覚統合と処理速度の間にも統計学的に有意な差がありました。

つまり、4つの群指数は平均もしくはそれ以上の能力をお持ちなのですが、群指数同士を比べると、いささかアンバランスが認められることを示しています。
日常生活や、仕事の上で何かお困りのことがあったり、支障があったりするとすれば、このアンバランスが影響している可能性があります。

言語理解は、単語、類似、知識の3つの下位検査の成績をまとめて評価しています。
質問者様の場合、これら3つの下位検査の評価点(評価点も、統計学的には、標準得点であり、平均的な成績を得たときに10になります)は、14~16とまとまっています。
したがって、言語理解や言語表現の能力、言語的な思考力は、確かに平均よりもかなり高いと言えます。

また、作動記憶は、聴覚的な情報についての短期記憶(数秒~数10秒、情報を保持しておく能力)や、それら短期記憶に保持された情報を用いて思考など心理的作業をする能力は、平均的ですが、その元となる算数、数唱、語音整列の評価点も、11~2とまとまっていました。
それ故、作動記憶の能力が、平均の範囲にあるのもかなり確実な結果と考えられます。

これらに対して、知覚統合は、視覚的な情報処理、視覚と運動に基づく認知、操作、視覚的な推論(思考)能力を測定していますが、このベースとなる下位検査の得点にはバラツキがありました。
すなわち、絵画完成=14と、行列推理=13は高かったのですが、積木模様=8はやや低くなっていました(低いとはいえ、平均の範囲にあります)。
つまり、知覚統合の能力は全体として高いのではなく、積木模様のように、モデルを再構成する能力(手本を見て、同じような形を作ったり、模写をするようなことがら)は、質問者様ご自身の能力の個人内の差異としては、苦手かもしれません。
一方で、視覚的な情報の理解、視覚情報に基づいた思考などは得意と思われます。

また、処理速度は、94でしたが、これも、この群指数を構成する2つの下位検査のうち、符号は11と平均的な成績でしたが、記号探しは7と低くなっていました。
この結果から考えられることは、心理的な作業における処理速度は全般としては平均的であるものの、視覚的にたくさんの情報をチェックしていくような作業は苦手なところがあるかも知れないということです。

さて、これらの結果から、日常生活などでどう対応したら良いかについて、基本的な考え方を簡単に書いておきます。
それは、「長所、強いところを活用する」ということです。
質問者様の場合、言語能力や、聴覚的な短期記憶、さらにはこれらをベースにした、情報や課題を順番に1つずつ処理する能力がとくに高いと考えられます。
日常生活を円滑に進めたり、仕事を上手くする上では、これらの言語能力の高さや、聴覚的な短期記憶の強さ(一度聞いただけでたくさんの量を記憶できる)、また、1つずつ順番に処理する能力の強さ(たとえば、初めてのところへ行くのには、道順を聞いて、それにしたがう方が得意)を活かすことがよいと思われます。

一般に、苦手な部分を訓練によって克服しようとするやり方は、時間がかかってしまう割に成果が得にくい、目に見えにくいため、勧められません。
苦手なところ(質問者様の場合には、全般に、一般と比べれば平均もしくはそれ以上の力をお持ちですから、一般と比べて劣っているという意味ではありません)は、それを使わないで済むよう工夫するなり、特異な能力でカバーするなりというやり方をお考えになった方がよいかと思います。

以上、少し長くなりましたが、WAIS-IIIの結果から考えられることを説明させていただきました。
なお、ここで書きましたことは、あくまでも検査の数値的な結果から考えられる、いわば仮説のようなものですから、本来は、質問者様の具体的な生活場面、仕事の状況などと照らし合わせて、確実なものかどうか検証する必要があります。

ご参考までに。

臨床心理士です。

もっともよいのは、検査を担当された心理士さんに説明を求めることです。
精神科の先生で、WAIS-IIIに詳しく、患者さんにきちんと説明できる方は非常に限られると思います(実際上は、ほとんどいらっしゃらないでしょう)。
ただし、心理士でも、検査は実施できても、詳しいアセスメントや分析まではきちんとできないということもあり得ます。

念のためにざっと説明を書かせていただきます。

IQ、群指数は、統計学的には標準得点(受験で用いられる偏差値と同じ仕組みの数値)で、平均的な成...続きを読む

QWais III の結果をどう受け取るか

文系大学院生です。
10代の頃から抑うつ傾向が強く、またADDの傾向が顕著だったことから、今まで大うつ病、双極性障害、ADDなどの診断を受けてきました。診断に納得する時期と納得できない時期を繰り返しながら、積み重なる日常の小さな困難(刺激やストレスに弱い、体調を崩しやすい、生活の管理が苦手など)にくたびれ果ててしまいました。常に自分はどこかおかしいという確信に近い気持ちはずっとあり、様々な薬やカウンセリングを試したりしてきたのですが、結局最後はいつもうまくいかなくなってしまっていました。

今度こそ自分が何を持っていてどんなことに気をつけなければならないかを知りたいと考え、印象論や5分診療で診断を下さない医療機関を探して詳しい検査を受けることにしました。先日Wais IIIの結果が返ってきたのですが、その結果に混乱しています。詳しい方がいらっしゃったら参考として所見を頂ければ幸いです。

全検査IQは145、言語性IQは151、動作性IQは136でした。心理士さんによると、言語性と動作性の素点(?)の差が少し大きかったのが気になるけれど問題はないとのことでした。
ほとんどの項目は120台から150台とばらつきがあったのですが、一つだけ顕著に低かったのが処理速度の項目で、107の数値となっていました。心理士さんは、処理速度は平均である100以上はあるし、心理的な要因(時間を計られると焦る、人が見ていると集中できないなど)に左右されることがあるのであまり気にしないでよいとのことでした。この検査結果からは発達障害は見られないとの見解は、心理士さんと先生の間で一致していました。

全体的にきちんと説明を頂いて、その時は納得したのですが、後から色々疑問が湧いてきて、もやもやしています。
まず、自分で思ったよりずっと全体的なIQは高かったのですが、それなら普段からもう少しいろんなことがスムーズにできてもよいのに、と考えて悲しくなりました。これは処理速度が遅いせいでしょうか。
それから、私がこれまでADDのせいだと考えてきた特質は、私がADDでないのであれば私自身の怠惰や甘えによって引き起こされてきたものなのでしょうか。
処理速度の項目が相対的に低いというのは実生活上でどんなことが起こりうることを意味しているのでしょうか。

まだ何度かクリニックに行かなければならないので聞いてみようとは思いますが、今気持ちが落ち着かないということと、他の方の解釈を聞いてみたいとの気持ちがあります。

よろしくおねがいいたします。

文系大学院生です。
10代の頃から抑うつ傾向が強く、またADDの傾向が顕著だったことから、今まで大うつ病、双極性障害、ADDなどの診断を受けてきました。診断に納得する時期と納得できない時期を繰り返しながら、積み重なる日常の小さな困難(刺激やストレスに弱い、体調を崩しやすい、生活の管理が苦手など)にくたびれ果ててしまいました。常に自分はどこかおかしいという確信に近い気持ちはずっとあり、様々な薬やカウンセリングを試したりしてきたのですが、結局最後はいつもうまくいかなくなってしまってい...続きを読む

Aベストアンサー

>常に自分はどこかおかしいという確信に近い気持
能力が高すぎて、同じ年頃のこどもと遊んでもつまらないので、結果として年齢相応の社会性を身に着ける機会減ってしまいます。 幼稚園・小学校と仲間になれず、「おかしい」」と感じてしまったのかもしれません。

>刺激やストレスに弱い、
感覚の全てに関して、平均値からのずれが大きい方も結構いらっしゃいます。
過敏・過鈍傾向と言い換えても良いかもしれません。
もしも、過敏な体質なら、人の何倍もの刺激を受けるのですから疲れて当たり前です。

生活上の工夫をしてみることは有効かもしれません。
視覚・・・紫外線カットの眼鏡に多少の色を入れて利用すると楽になる方があります。
聴覚・・・ノイズキャンセリングフォンを利用する方もあります。 
     睡眠時に耳栓を利用することで、眠りが深くなり、疲労の蓄積が軽くなる方があります。
触覚・・・着用する肌着の材質、縫い目にまで気配りをすることで疲れが違う方があります。
食べ物・・・微量物質の体内での代謝に軽い不具合を持っている方も結構あるようです。
医薬品という段階ではなく、ご自身に合ったサプリメントを見つけることで生活の質が改善なさる方があります。

体調を崩しやすい・・・もしかしたら、体調の変化に関しては「過鈍」かもしれません。
普段から体温を計る習慣を身に着けると良いかもしれません。
~微熱が出ていてもそれを気づく能力のない方もあります。 上述のように、体内の代謝に関しても「平均値からのずれ」を持っている体質なのかもしれません。

もしも体温調節に鈍麻傾向があるときには、体感を信用せず、寒暖計・湿度計を室内に設置し、数値が「快適範囲」になるようにエアコン・加湿器・除湿機を利用すると良いかもしれません。 
呼吸器が弱い方では空気清浄器の利用が有用なこともあります。

>生活の管理が苦手など
マニュアル化して、優先順位を決めると便利なようです。
別に診断が無くても、ADHDの方向けのアドバイス本の中から自分に合ったものは利用すれば良いのです。
箇条書き・スケジュール表の利用等、一般の方でも役に立つ生活上の工夫が沢山あります。
全部を取り入れるのではなく、気に入った方法があればラッキーという程度に気軽に試せば良いと思います。

>もう少しいろんなことがスムーズにできてもよいのに
考えすぎだったり、興味が多すぎるという可能性もあります。 単に理想が高すぎるのかもしれません。

>処理速度の項目が相対的に低い
言い換えれば「自分の頭の中で思うほどには行動結果が伴わない」ということでしょう。
行動の処理速度自体は、周囲の方の平均値なのです。でも、こうしたいという「考える早さ」の部分が「天才レベル」に高すぎるのです。自分で願った結果がついてこないでイライラすると思います。 
手で覚えるということが必要な作業に関して地道に努力するということが辛いと思います。 
どうしても「手で覚える」部分の経験値が上がらないことになる可能性が高くなると思います。
料理方法は人一倍詳しいのに、包丁さばきが悪いという状態と言えばイメージしやすいでしょうか。

確かに「障害」ではないのですが、「能力が高すぎる」といのは、決して社会適応が容易ではないのです。
ご自身にとって「普通」が、世間一般の「普通」とは大きな隔たりがあるのですから。
そして、成長の過程において、能力に欠けている部分がある方には支援があるのですが、能力が高すぎる方が自分の能力を伸び伸びと伸ばすという教育は残念ながら日本では機能していません。
>私自身の怠惰や甘え
ではなく、能力に見合った教育の機会を与えられないという社会的な不備によって生じてしまった側面を否定できません。

「横並び」を要求され、「人と同じように」ふるまうことが美徳とされると、「周囲とは少し違った」特性を持っている人にとって、とても過ごしにくいですね。

自分が「普通」だと考えていたことの多くは、多くの人にとって「普通」とは違うということも多いと思います。
そのあたりの思い違いの部分について、心理士の方と面談を継続的にできると今後の生活指針を掴むのに有効だと思います。

>常に自分はどこかおかしいという確信に近い気持
能力が高すぎて、同じ年頃のこどもと遊んでもつまらないので、結果として年齢相応の社会性を身に着ける機会減ってしまいます。 幼稚園・小学校と仲間になれず、「おかしい」」と感じてしまったのかもしれません。

>刺激やストレスに弱い、
感覚の全てに関して、平均値からのずれが大きい方も結構いらっしゃいます。
過敏・過鈍傾向と言い換えても良いかもしれません。
もしも、過敏な体質なら、人の何倍もの刺激を受けるのですから疲れて当たり前です。

生活...続きを読む

QWAIS-IIIの結果分析をお願いします

いつもお世話になっております。

先日ウェクスラー成人知能検査を受ける機会があり、
結果を見たところ分野ごとの偏り(ディスクレパンシー?)が大きいことに
結構なショックを受けました。
一応アスペルガー等の特徴は見られないとのことでしたが
日常に何かしらの障害を生むのではと不安視しています。

また、現在大学生で職業についても考えを巡らせているところなので、
是非何かしらアドバイスいただきたいです。
自分としては予てよりマスコミ系を志望していたので、
そういう意味ではこの結果を喜んでもいいのかな?なんて
思っているのですが、他業種含め色々なご意見伺いたく思っています。
適職のみならずこういう業種は向いてない、等も知りたいところです。

過去の他の方の質問と同内容の部分もあるかと思いますが、
どうぞよろしくお願いします!^^

・IQ得点
全検査IQ(FIQ) 126
言語性IQ(VIQ) 135
動作性IQ(PIQ) 110

・群指数
言語理解(VC) 138
知覚統合(PO) 112
作動記憶(WM) 121
処理速度(PS) 102

いつもお世話になっております。

先日ウェクスラー成人知能検査を受ける機会があり、
結果を見たところ分野ごとの偏り(ディスクレパンシー?)が大きいことに
結構なショックを受けました。
一応アスペルガー等の特徴は見られないとのことでしたが
日常に何かしらの障害を生むのではと不安視しています。

また、現在大学生で職業についても考えを巡らせているところなので、
是非何かしらアドバイスいただきたいです。
自分としては予てよりマスコミ系を志望していたので、
そういう意味ではこの結果を喜んでも...続きを読む

Aベストアンサー

臨床心理士です。

お受けになった検査は、WAIS-IIIであろうと思いますので、それに基づいて、若干、説明させてもらいます。
また、大学生ということですが、WAIS-IIIの結果を見る際、大学生ですと、細かい部分については、18~19歳、または、20~24歳のいずれかによって違いもありますが、IQ・群指数の比較においては、異なるところはありませんでした。


1.WAIS-IIIと、結果の見方
WAIS-IIIは、現在、日本ばかりではなく世界的に最も広く用いられている、成人用の知能診断検査です。

IQは、ご承知かと思いますが、知能指数で、知能の水準(高さ)を示す数値です。
ただし、WAIS-IIIでのIQは、ある年齢集団(大学生の年齢ですと、18~19歳、または、20~24歳となります)の中で、平均的な成績を取った場合に、IQ=100になるよう設定されています(統計学的には、標準得点あるいは偏差値です)。
90~109が「平均」、110~119が「平均の上」、120~129は「高い」、130以上は「とくに高い」と分類されます。

ちなみに、最近の研究では、言語性と動作性に分けてみる方法は、理論的、実証的な根拠がないことが明らかにされ、今後は用いられなくなる見込みです。

次いで、言語理解~処理速度の4つは、群指数と呼びます。
言語性IQや、動作性IQとは異なり、知能を構成する個別能力を測定した結果です。
結果の数値は、IQと同じ見方をします。

4つの群指数は、下記に示した下位検査から構成されています。
括弧内は、簡単な説明です。

・言語理解……単語、類似、知識(理解、表現の両面からみた言語能力)
・知覚統合……絵画完成、積木模様、行列推理(主に、視覚や、視覚-運動に基づく知覚や認知の能力)
・作動記憶……算数、数唱、語音整理(短期記憶<数秒~2、3分の短い間保たれる記憶>に保存される情報をもとに、その情報を処理したり、思考などの心理的操作をする能力)
・処理速度……符号、記号さがし(知覚や意味の処理など、認知的処理を行うスピード)


2.IQからみた知能水準
全検査IQ=126ですので、質問者様は「高い」に分類される、高い水準の知能をお持ちです。
ちなみに、言語性IQ=110は、「平均の上」、動作性IQ=135は、「とくに高い」と考えられます。
言語性IQと、動作性IQとの間には、統計学的な有意差が認められます(p<.05)。

3.群指数からみた特徴
処理速度は、「平均」、知覚統合は、「平均の上」、作動記憶は「高い」、また、「言語理解」は「とくに高い」レベルです。
したがって、群指数から見た質問者様の能力も、平均以上の力をお持ちで、その意味ではとくに問題となる点はありません。

統計学的な有意差を検討しますと、次のような結果となります。
・言語理解は、他の3つの群指数よりも有意に高い(いずれも、p<.05)
・処理速度は、作動記憶よりも有意に低い(p<.05)
・知覚統合と作動記憶の間、また、知覚統合と処理速度の間には、いずれも有意差は認められない

これらは、質問者様の「個人内差異」と呼ばれるもので、質問者様ご自身の内部で見た、能力の得意・不得意を意味します。
言い換えれば、質問者様の中で見ると、1)言語理解は、他に比べて優れた能力である、また、2)処理速度は、作動記憶には劣るものの平均的な能力を持つ、3)知覚統合は、作動記憶や処理速度とほぼ変わらない能力水準である、となります。

4.所見
IQ、群指数とも、平均以上の能力をお持ちですから、職業選択にあたってもその対象範囲は広いといえます。
中でも、言語能力が高い点を活かす職業は、知能検査の所見だけに基づいてみれば、適職であろうと思います(他のご興味や、ご関心など、いろいろな要因も関わりますが、ここではそれらは分かりませんので、言及は致しませんので、ご自分でよくお考えいただければと思います)。
また、作動記憶も高い水準にありますので、その場その場で、素早い判断や思考を要求されるような仕事にも向いているであろうと思います。

このように、ご自身の長所を活かした職業選択をまずは、お考えになるとよろしいかと思います。

なお、WAIS-IIIを受検されたのは、おそらく発達障害をご心配になってのことであろうと思いますが、心理検査の結果だけでは診断はできません。
主治医はそのことは十分ご理解であったと推測されますが、あえて付言すれば、IQで言えば言語性と動作性との間、また、群指数では言語理解と他のもの、とくに処理速度との間には、「アンバランス(大きな差)」があることは確かです。
これがあるからといって、直ちに心理・行動上の不適応などが起きてくる訳ではありませんが、一応、頭の片隅には、かなり高い能力と平均的な水準の能力とが、同時に存在していることは置いておかれる方がよいかも知れません。

以上です。

臨床心理士です。

お受けになった検査は、WAIS-IIIであろうと思いますので、それに基づいて、若干、説明させてもらいます。
また、大学生ということですが、WAIS-IIIの結果を見る際、大学生ですと、細かい部分については、18~19歳、または、20~24歳のいずれかによって違いもありますが、IQ・群指数の比較においては、異なるところはありませんでした。


1.WAIS-IIIと、結果の見方
WAIS-IIIは、現在、日本ばかりではなく世界的に最も広く用いられている、成人用の知能診断検査です。

IQは、ご承知かと思いま...続きを読む

Q心理検査(発達障害検査)する人としない人

このする人としない人がいるのはどうしてですか?

医者の判断や医者の好き嫌いですか?

どうしても私自身も医師のさじ加減でこうも人生が変わるのかと思っています。
病院も色々あるので、色々行っています、遠くはなりますが通院頻度が低いためです。

法律問題は専門家に聞いていますので、いいですので。

そもそも心理検査を受ける発達障害や認知症の患者は少ないはずです。
全員受けるのが普通だと思うのですが。。。

Aベストアンサー

心理士です。

発達障害もしくは、その疑いでお困りなのでしょうか?
精神科医でもきちんと診断できる先生は必ずしも多くありませんし、発達障害を専門としている精神科医も多くはなく、予約も取りにくいので、お困りかも知れませんね。

場合によっては、都道府県や政令指定市が設置している公的機関である、精神保健福祉センターや、発達障害者支援センターにご相談になる方がよろしいかも知れません。

日常生活や、仕事、学業の上で、知的な能力、認知能力が関連してうまく行かないとお考えでしたら、現在通院して、診てもらっていらっしゃる主治医の先生にまずは、相談され、知能検査を受けて、その結果を参考にしたいとお伝えになるのがよろしいと思います。


さて、ご質問について、小生の知りうる限りの範囲で説明を書かせていただきますので、もし参考になれば幸いです。

「発達障害」という場合、最近の通説では、広汎性発達障害(自閉症スペクトラムと呼ぶように変わってきていますが、いわゆる自閉症、高機能自閉症、アスペルガー障害を含みます)、ADHD及び学習障害(LD)3種を含みます。
これらは、重複して診断が付くこともあります。

発達障害には含まれませんが、「精神遅滞(知的障害)」が、別の診断カテゴリとしてあります。

精神遅滞、発達障害の診断に当たっては、最近では、DSM-IV-TR(これは、ごく最近DSM-5に改訂され、年内にはその日本語版が出版されます)に基づいて行われることが普通です。

精神遅滞の診断においては、知能検査の結果はほぼ必須とされます。
次のリンク先をご覧ください:
http://bsd.neuroinf.jp/wiki/%E7%9F%A5%E7%9A%84%E9%9A%9C%E5%AE%B3

発達障害の診断で、知能検査の結果に言及があるもの、知能検査の結果が必須と書かれているものはありません。
自閉性障害:http://bsd.neuroinf.jp/wiki/%E8%87%AA%E9%96%89%E7%97%87%E9%9A%9C%E5%AE%B3
ADHD:http://homepage3.nifty.com/asakuratown/tekuteku/adhd/dsm-4.htm
学習障害:http://www.ashappy.net/adhdld-pdd/adhd/adhdlddsvicd.html

恐縮ながら、この点で、No.2の支援学校の教員の方のご回答は、正しくありません。

ただし、実際の臨床場面では、精神遅滞はもちろん、発達障害を疑う場合には、知能検査(多くは、WISC-IV、WISC-III、WAIS-IIIなどのWechsler知能検査が用いられます)が実施されることがよくあります。
それは、それぞれの発達障害の診断を受けた方には、知能検査の結果に共通したパターンが現れやすいため、診断の上で参考にするということです。

しかし、勘違いしていただいてはいけない点があります。
それは、知能検査の結果で確定診断ができるものでもありませんし、どの発達障害であるかを鑑別することはできないということです。

医療機関で発達障害を疑うのに、知能検査(心理検査というのは、あとで触れますが、知能検査などを含む、心理学に基づく検査全体を示す言葉です)を実施しないのは、1つには、医師の判断による場合があり、もう1つは、おそらく知能検査を実施できる心理士が在籍しないという実際的な理由によるものと推測されます。

医師による判断というのは、上に書きましたように、確定診断に当たっては、知能検査の結果が必ずしも必要ではないということや、その医師が、知能検査の結果を十分に読み取れないということもあるかも知れません。

発達障害の確定診断については、生育歴の確認、聴取、現在の心理・行動上の特徴の確認、それらの結果と診断基準の照らし合わせから行われます。

ちなみに、発達障害があると診断されたとしても、年齢が進むにつれて、発達的変化は見られますので、成長した子どもや、大人になった方では、当然、その時点では診断基準に書かれているような典型的な特徴がそのまま当てはまる訳ではありませんので、注意が必要です。


最後に、知能検査、心理検査などの言葉(概念)の整理をしておきます。

心理学の理論や、知識、研究成果に基づいてつくられた検査全体を含めて「心理検査」と呼びます。
この中は、普通次のように分けられます。

1.知能検査
ここには、WISC-IV、WISC-III、WAIS-IIIなどのWechsler検査の他にも、田中ビネーVなどの知能検査、また、K-ABC、DN-CASなどの認知能力に特化した検査も含みます。

さらに、「発達検査」もここに含めてよいかと思います。
教育界では、上記の知能検査も「発達検査」と呼ぶこともあるようですが、典型的な発達検査は、発達期(乳幼児~思春期)の、認知、言語・社会性、運動などの発達の状況を調べる検査を指します。

言語を用いない知能検査や、個別の認知能力を調べる神経心理学的検査もあり、大まかには個々に含んでよいと思われます。

2.性格検査またはパーソナリティ検査
古くはYG性格検査がありますが、そのほか、投影法のロールシャッハテストなど、性格や、パーソナリティ検査がここに含まれます。

3.学力検査
名前の通り、子どもの学力を測定する検査です。
学年別に、学習内容の到達度を測定する検査が売られています。
しかし、日本では、全国的に学習指導要領出学習内容が統一されていることもあって、我が国にはきちんと標準化の手続きを踏んでつくられた学力検査はありません。

4.適性検査
職業適性、運転適性などを測定する検査が使われています。

話題があちこちしてしまいましたが、ご質問の点とそれに関連したことがらをいくつか、まとめて参考情報として、書かせていただきました。

心理士です。

発達障害もしくは、その疑いでお困りなのでしょうか?
精神科医でもきちんと診断できる先生は必ずしも多くありませんし、発達障害を専門としている精神科医も多くはなく、予約も取りにくいので、お困りかも知れませんね。

場合によっては、都道府県や政令指定市が設置している公的機関である、精神保健福祉センターや、発達障害者支援センターにご相談になる方がよろしいかも知れません。

日常生活や、仕事、学業の上で、知的な能力、認知能力が関連してうまく行かないとお考えでしたら、現在通院...続きを読む

Q知能検査 【WAIS-III】結果の意味について

こんにちは。36歳女性です。先日通院している精神科で【WAIS-III】という知能検査を受けました。
理由は「ADHD」かどうかの診断のためです。

医師からは、「確かに傾向はあるけど、発達障害とまではいかない」という言葉と、結果の用紙を渡されましたが、意味がわかりません。また、標準以下なのはわかっているのですが、どの程度の悪さなのかがわかりません。

それぞれの言葉の意味と数字の関係、どういう傾向があるかを教えてください。

【言語特性検査】(評価点)  単   語 11
                  類   似 12
                  知   識  9
                  理   解 17
                  算   数  7
                  数   唱 10
                  語音整列  9

【動性検査作】(評価点)    絵画配列  9
                  絵画完成 11
                  積木模様  3
                  行列推理  3
                  符   号  2
                  記号探し  3
                  組合わせ  5

【群指数】            ・言語理解:104  ・知覚統合:72
                  ・作動記憶:92   ・処理速度:57

・言語性IQ 106
・動作性IQ 70
・全検査IQ 89

以上です。よろしくお願いします。

こんにちは。36歳女性です。先日通院している精神科で【WAIS-III】という知能検査を受けました。
理由は「ADHD」かどうかの診断のためです。

医師からは、「確かに傾向はあるけど、発達障害とまではいかない」という言葉と、結果の用紙を渡されましたが、意味がわかりません。また、標準以下なのはわかっているのですが、どの程度の悪さなのかがわかりません。

それぞれの言葉の意味と数字の関係、どういう傾向があるかを教えてください。

【言語特性検査】(評価点)  単   語 11
          ...続きを読む

Aベストアンサー

ご自身の日常での悩み事を、説明する(自己開示)してくださり、ありがとうございました。

毎日毎日、どうしてこんな事ができないんだろう?と、思いながら仕事するのがとても辛く大変だろうと思います。一生懸命仕事に取り組んでいて、逆に気が抜けない。なのに、周りからは指摘されることが多く、その度に「○○できてなかった」と自己嫌悪に陥る。そして、仕事終わりはいつもどっと疲れる。私はそんな経験があります。

沢山質問させていただきましたが、逆さまの字については、地図を見た時に、方角と自分の位置関係を頭で考えながら、地図を読むことと関係する可能性があったので、うかがいました。

曖昧な言葉については、同じ言葉でも、場面や声のトーン、表情などの状況で、意味合いが変わりますよね。そんな表現で、仕事の指示を受けた時に、具体的に自分自身がどう動けば良いか、考えてしまうことがあるかどうか、を確認したいと思い、うかがいました。

ちなみに私は、職場の自分の机に、蛍光色の付箋紙にメモ書きしたものを、顔をあげた時に自然に目が行く場所に貼り付けています。また、大切な用件は、違う色の太字で。

また、実際には、お互いに仕事で忙しいのもあり、同僚等に「忘れてそうだったら一言お願い」と、しかも、毎日頼むわけにもいかないんですよね…。解決策として文章にしてましたが。

とにかく、自分自身は自分で管理しなくてはいけない中で、あなたの知能検査の結果も推測すると、誰か必ずスケジュールなどを確認してくれる人がいた方が、より仕事がしやすいのだと思います。
ちなみに私は、スケジュールに関して声かけしてもらうことがしばしは。

ただ、これは職場の雰囲気や環境が日によりまちまちなので、現実的ではない解決策なので、やはり、違う精神科医(発達障害が専門)に、セカンドオピニオンをしてもらっても良いのではと感じました。
(勝手な印象ですが、発達障害の専門医かどうか疑問になったため)

その後に、就労に関しても、セカンドオピニオンの際に相談できるのかなと思いまして。

何度も失礼しました。悩みが解決することを願います。

ご自身の日常での悩み事を、説明する(自己開示)してくださり、ありがとうございました。

毎日毎日、どうしてこんな事ができないんだろう?と、思いながら仕事するのがとても辛く大変だろうと思います。一生懸命仕事に取り組んでいて、逆に気が抜けない。なのに、周りからは指摘されることが多く、その度に「○○できてなかった」と自己嫌悪に陥る。そして、仕事終わりはいつもどっと疲れる。私はそんな経験があります。

沢山質問させていただきましたが、逆さまの字については、地図を見た時に、方角と自分の位...続きを読む

Qメンサのwais検査の全て上位2%とは?

25歳の女性です。

発達障害の疑いでwaisという大人の知能検査を受けました。

そこで、医師から似たような人が周りにいればいいのだが・・・と言われ、mensaという団体を見つけました。しかしQ&Aで

Q.有効な、知能検査を教えてください。

A.現在、日本では、申請前3か月以内に受けたwais-III wais-IV wisc-III wisc-IVの各検査が有効です。すべての項目が上位2%にあることが必要です。お問合せより申請書をご請求ください。

という文言があり、全ての項目??と言った感じで、申請書を請求するかどうか迷っています。

全ての項目とは
1.言語性IQ
2.動作性IQ
3.合成得点による全検査IQ
の3つということでしょうか?

それとも
4.言語理解(VC)
5.知覚統合(PO)
6.作動記憶(WM)
7.処理速度(PS)

の7項目全てでしょうか?

当てはまらないのに、請求するのも恥ずかしいので・・・。

優しい方、教えて下さい。

Aベストアンサー

MENSA会員です。
周りに似たような水準で話せる人が少ないために苦しんでいる人がたくさんいると私たちは考えています。

MENSAに入る方法としては、WAISはあまり一般的ではありません。
こちらのウェブサイトを既にご覧下さっていると思いますが、ここに記載されている入会テストを受ける方が大半です。
http://www.japanmensa.jp/join.shtml

入会テストで測定される能力は、WAISで測定される下位検査の一部といった趣のあるもので、やや範囲が狭く感じられると思います。
言語能力に関しては測定していません。Internationalであるべきであるという考えから、母語によって差がついてしまう試験を課さないという方針があるためです。
読解能力や会話能力については測定せずに入会資格が与えられますので、むしろ、それらに関する能力はあまり高いとは考えられないメンバーも、中には存在します。

MENSAは、あなたのような方を待っています。
ぜひ、入会テストにチャレンジしてみてください。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報