確認申請が終わっている状態で、基礎段階なのですが、間取りを変更できないかな?と思っています。

例えば、ある部屋のクローゼットを別の部屋に移動して大きなクローゼットに変更したいとと思っているのですが。。。

まだHMには移動できるか確認してはいないんですが、そもそもこういった間取り変更はまだ可能なんでしょうか?
確認申請後は修正を提出すればよいらしいとここで読んだのですが・・・
これってかなり高額になるんでしょうか?

あと引き戸も吊タイプの引き戸にできればとも思っています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

現状、間仕切壁の位置を変えるとなると、


基礎工事が始まった段階では無理でしょう。
というのは、壁のところに基礎の立ち上げがくるためです。
耐力壁などですと、基礎がないところでは用を成しません。
(耐力壁でなければ、構造上はなんとかなりそうですが)
ですが、仕上げの段階で、
造作家具でクローゼットを造るような場合は、
申請も関係ないし、変更可能です。
引き戸の変更は問題ないです。

HMにご相談下さい。
間取り変更は原則、確認申請は出し直しになると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳細明細にクローゼットの型番がありネットで確認済みで、間違いなく完成品を取り付けるだけです。

大丈夫みたいですね。

お礼日時:2006/04/09 21:02

基本的には大丈夫です。


いろいろ法的チェックをしているのでしょうけど、安全側に変更するのであれば問題ありません。

筋違の入っている壁を変更するのでなければ大丈夫ですし、もしも筋違の入っている壁を変更するのであっても、同じ量の筋違を別のところで確保するなら大丈夫です。金物のチェックだけでいいです。

リビングや寝室など居室の面積が広くなるのであれば、シックハウスの換気の検討が必要ですが、通常かなり余裕がありますので問題ないです。

扉の形状は問題なく変更できます。

ただし、基礎を施工しているのであれば、早く変更内容を伝えた方がいいですよ。

住宅は工期が短いので、変更は工事屋さんにいやがられますが、病院や工場、ショッピングセンターなどは、工事しながらもどんどん変更しますので、建築の確認申請においては、変更することは珍しくもなんともありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

多分基礎は変更不要だと思います。
ありがとうございます。

お礼日時:2006/04/09 21:01

こんにちわ



20世紀までは、「軽微な変更の届け」という簡単な届けを図面に添えることで認められていたのですが、その後の改正で厳しくなってしまいました。

建物の構造強度の計算で、壁は耐震上の重要要素ですから、ぎりぎりで設計されている場合には、壁の配置が変化することによって、偏心が発生して耐震計算がアウトになってしまう場合があります。
また、とりやめた壁を補うためにどこか他の壁を補強してやらないといけなくなってしまいます。
これはかなり面倒で、構造計算をやりなおすことになります。

そのため、壁の配置が変更されると、「変更届」ではおさまらずに「確認申請のやりなおし」になってしまうことになりました。

ただし、「壁だと思っているもの」が、実はただの板だったりして構造上は何も変化が発生しない可能性もありますので、構造上の耐震壁になっているのか、単なる仕切りにすぎない壁もどきなのか、HMの営業マンに伝言ゲーム式で聞くのでなく、はじめは嫌がられても頼んで設計者に直接会って確かめてみてください。

この回答への補足

収納は後付けタイプのようなので構造上は問題ないようです。
実際に以前、上半分をカットして窓を設置する案も出してありますので・・・

補足日時:2006/04/09 17:35
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
一度HMと相談してみます。

お礼日時:2006/04/09 17:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q店舗の配置 間取り等がシミュレーション出来るソフト

こんにちは。

ある小売店を経営しています。

近日中に店舗改装の予定で、現店舗は事情により閉鎖して
今まで事務所として使っていた部屋の金庫 キャビネット 事務机 椅子等
を撤去して、そこに新たに壁にネットを設置したり、新たな什器を置いて
新店舗の体裁にする予定ですが、センスの無さに悩んでいます。

以前に本かネットで見たのですが、店舗の配置 間取り等がパソコンの
マウス操作でシミュレーション出来るソフトがあるらしいのですが
心あたりのある方、教えて下さいませんか。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

「間取りPlanner」がご希望に近いと思います。
但し、フリー版は印刷ができないようです。

「間取りPlanner」
http://www.psisland.com/html/madori_top.html

「間取りPlanner ダウンロードページ」
http://www.psisland.com/download.html

【参考】
「間取り作成ソフト」
http://www.madorisoft.com/2007/03/post_178.html

Q建築確認申請中の間取り変更について

現在建築確認申請中です。
いまさらですが間取りを変更したいところがあるのですが
今から可能でしょうか?
もしできるならどのくらいの金額がかかるでしょうか?

Aベストアンサー

すぐに業者に連絡してください。
申請中といっても、仮受付なのか本受付なのかその進行状況によって費用が変わります。
少なくとも図面変更代がその変更の割合に応じて設計事務所にかかり、申請先へも費用がかかる場合もあります。
木造2階建て住宅ならば最低でも4~5万の費用がかかり、進行状況や変更内容によっては10万単位になってしまうこともあります。3階や鉄骨など状況によってはもっと掛かります。ですが変更は後になればなるほどお金はかかります。
それでも長く使う建物ですから悔いを残してはいけません。

QシミュレーションRPGと言って思い出される作品は?

今、シミュレーションRPGの情報だけを盛り込んだサイトを作ろうとコツコツ作業しています。
そこで、シミュレーションRPGの情報サイトに欠かすことのできないシミュレーションRPGゲームを教えてください!

質問1:ファイアーエムブレムやロボット大戦は有名ですが、他にどのようなものがありますか?

質問2:また、好きなシミュレーションRPGは何ですか?

よろしくお願いします!

Aベストアンサー

質問1:たとえばファミコンウォーズとかがコアなかたにお勧めですねぇ・・・
あと、ティアリングサーガとかがあります
もっとも、ティアリングサーガのほうは評判が悪いらしいですが・・・

質問2:最初にやったファイヤーエムブレムが一番好きです
キャラにも個性がありますし

シミュレーションRPG情報サイトを作るなら、乱数の研究をしてみてはどうでしょうか?
私もよく分からないのですが、運、みたいなものらしいです
(たとえが下手ですいません)

Q確認申請後の変更申請は時間がかかる?

友人のことなのですが、2月に確認申請をHMが提出してくれたのだが、まだ基礎工事にも入っていないので、先週頭に、窓をひとつ追加して欲しいとHMに依頼したそうです。

それで教えて欲しいのですが、確認申請は認可が下りるのに1ヶ月近くかかるようですが、

変更申請の場合も認可が下りるのに時間がかかるのでしょうか?(窓追加レベルだと何日くらい必要?)
また、認可が下りるまで基礎工事は始められないんでしょうか?

実はその友人の起訴基礎工事が明日からの予定だったのですが、今日時点でまだ何も連絡がないので不安がっています。(といっても基礎工事の予定は3月末時点で4/17くらいから基礎に入る予定と聞いただけのようです)

勿論、その友人には明日HMに確認の電話をしたほうがいいとはいっておいたのですが、それ以上のアドバイスができなくて・・・

Aベストアンサー

窓の追加では変更申請は必要ありません。
窓の追加に伴って耐力壁が変わった場合のみですね。
変更申請は基礎工事とは無関係です。
中間検査までに変更申請が降りていれば大丈夫でしょう。

基礎工事と窓の変更は無関係です。
単に遅れているだけだと思います。

Qシミュレーション仮説の話なんですが この宇宙全体をシミュレーションできるようなコンピュータがこの先作

シミュレーション仮説の話なんですが この宇宙全体をシミュレーションできるようなコンピュータがこの先作られるようなことがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

宇宙全体のシミュレーションという言い方は、意味不明だと思いますが。
もう少し質問内容を詳しくすべきでは?
宇宙のシミュレーションならば、
「恒星の一生」「銀河の形成」「太陽の内部」とか個々には既に開発されてますが。
宇宙全体ならば生物や気象も含まれるのかしらね、
気象を完璧にシミュレーションするには、膨大なメモリーと高性能のプロセサーが必要ですが、
気象については、実現が近い。
「地震予知」のための地球内部のメカニズムのシミュレーションは研究途上です。
人間が宇宙全体に含まれるならば、「脳の機能」の解明はまだまだで、
シミュレーションできるというところまで進歩してないですな。

Qオール電化への変更も確認申請後の変更にあたりますか?

もう工務店に確認申請は出してもらっているのですが、もし、オール電化に変更してもらった場合、これも確認申請後の変更ということで、手続きに時間がかかったり、申請費用が余計にかかったりするのでしょうか?
ちなみに間取りの変更等は一切ありません。
工務店に問い合わせてもいいのですが、知識として知っておきたいと思います。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

構造上の変更、間取り、開口部位置等の変更が無いなら、計画変更の必要はありません。
住宅の電気設備は、家具に類するもので、最初から届ける必要はありません。
なお、屋根に発電パネルなどを新たに設置する場合は、変更届けが必要となります。
建築基準法・施行令第46条の構造耐力上必要な軸組計算を再計算すね必要がある為です。
ご参考まで

Q物理のシミュレーションの技術の使い道

現在、物理学科の3回なのですが、博士課程に行くことを考えています。
シミュレーションをするような分野に興味があります。
博士課程卒では就職が困難だと思っているのですが、そのシミュレーションができるというのは就職でどのくらい強みになりますか?
また、そのシミュレーションの技術は就職先、研究以外で役に立てることができるでしょうか?

Aベストアンサー

シミュレーションは色んな分野で使われてるんでなんとも言い難いですね。
そもそもある目的に到達するための手段でしかないですから。
その目的に則って現象をどうモデル化するか、どうパラメータを設定するか、シミュレーションの結果をどう考察するかという技術のほうが重要だと思います。
ある物体をFEMで切って解析する事自体は専門学校いけば誰でもできます。
どの程度のレベルを指して「シミュレーションができる」と言ってるのかはわかりませんが。

少しでも就職に不安があるなら博士に進むのはやめたほうが良いと思います。
今の日本には博士の学生をサポートする体制が整っていません。
そのまま研究者の道を進む気があるなら話は別ですが。

Q市への建築申請が済んだ後の間取り変更は可能?(3mの物置をもっと有効活用したい)

今の家を取り壊して自由設計で新築ということで、間取りを決めてHMと正式契約したのですが、いざ仮の住まいに引っ越してみると捨てられないハードカバーサイズの書籍が五千冊も残ってしまいました。

一応、建てる家の間取りの内、洋間6帖を書庫としていたのですが、これだと壁一面に既製品の書棚を配置して、さらに部屋の中央に背中合わせに書棚を配置してもとても五千冊も収納できそうにありません。

それで考えたのが、外部から入れる収納部屋(自転車、タイヤ収納)約6帖の上半分を仕切ってロフトのようにしてそこに収納できたらと思いました。
その収納部屋は、断熱材なしなので書籍を置くのは無理なのです。

雪国のために基礎部分を90cmにしてあるためにその収納の室内高はおおよそ300cmあるのです。
それでその収納の室内高を200cmにして、残り100cmを隣接する部屋のロフトとして高さ100cm×6帖の
スペースとして使用するというのは無理があるのでしょうか?(腰をかがめないと無理だし)

確か今日あたり市に申請すると言ってました。
このため建築申請後の間取り変更になると思うのですが、建築申請後に間取り変更した場合は再申請でまた何万円もかかるものなのでしょうか?

一応、もし間取り変更できるなら30万円以下なら頼もうかと思いますが、この金額ですと難しいでしょうか?

また何か効率のよい書籍収納方法があったら教えてください。

今の家を取り壊して自由設計で新築ということで、間取りを決めてHMと正式契約したのですが、いざ仮の住まいに引っ越してみると捨てられないハードカバーサイズの書籍が五千冊も残ってしまいました。

一応、建てる家の間取りの内、洋間6帖を書庫としていたのですが、これだと壁一面に既製品の書棚を配置して、さらに部屋の中央に背中合わせに書棚を配置してもとても五千冊も収納できそうにありません。

それで考えたのが、外部から入れる収納部屋(自転車、タイヤ収納)約6帖の上半分を仕切ってロフトの...続きを読む

Aベストアンサー

確認申請後の内容変更については、計画変更確認申請が必要、又は軽微な変更の場合でも、法規を守っていれば可能です。
記載から、法規的に難しい問題ではないと思われますので、可能でしょう。
手続きをすれば良いだけです。
計画変更確認申請となった場合でも、手数料は数千円でしょう。

但し、現在、3mの天井高さの収納を2層にするとなると、天井高さは1m+2mにはなりません。
ロフトとする部分にも床組が必要ですし、断熱もするでしょうから、1m+1.5m程度取れるかどうかと思います。
1.5mの物置も、使い勝手が悪そうです。
また、1mのロフトは、非常に使い勝手が悪いでしょう。
腰をかがめる、ではなく、這って歩くレベルの高さですので、物の出し入れは難しいでしょう。
忘れていた本なのだから、入れっぱなしで良いのかな?
それと、約3坪をきちんと増築するのと同じくらいの経費がかかると思った方が良いでしょう。
30万以下では、無理ではないでしょうか。

以上から、残念ながら、難しいのでは、というのが記述を読んだ感想ですね。

Q分子シミュレーションについて

分子シミュレーションで、ブタンの構造最適化、エチレンの振動解析、長鎖アルカンの分子動力学シミュレーションをおこないました。
これらの結果に関して考察をしようと思うのですが、分子シミュレーションの結果に関してどのようなことを考えるべきなのか思いつきません。一般的にどのようなことを考えればよいのか教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

報告書(レポート)の《考察》は、一般に、《結果》から《結論》を導く過程を記したものです。報告者がどのようにして《結論》にたどり着いたのかを読み手に伝えて、《結論》を説得力のあるものにするために、《考察》を書きます。

たとえばエチレンの振動解析なら、《結論》のひとつに、今回のシミュレーションの結果が実験結果を再現しているか否か、が含まれると思います。ですので、まず「実験から得られた振動数」と「今回のシミュレーションから得られた振動数」を比較するところから《考察》が始まります。もし実験値と計算値が一致していると考えるならば、この一致が偶々なのか、それとも相応の根拠があるのかを次に議論しなければなりません。ですけど、それなりの根拠を示すのは結構しんどいので、授業の課題なら「実験値と計算値はそこそこ一致しているが、有意な差がある」ということにして《考察》を進めます。この差が何によるものなのかを議論するのが次のステップで、(a) 今回採用したシミュレーション手法に固有の問題点であるのか、(b) エチレンという分子の特異性によるものなのか、というように問題を切り分けて議論を続けます。そして実験値と計算値の差の原因が明らかになれば、《結論》にたどり着いたことになります。

上の例では、
 文献との比較→報告者の判断→文献との比較→報告者の判断→...
という流れの《考察》を紹介しましたが、《結果》に基づいて新たな主張をしてそれを《結論》とする場合だと、たとえば
 報告者の主張→文献による傍証→別の可能性の検討→すぐさま否定→別の可能性の...
のようになります。

いずれにしても、《結果》から《結論》を導く過程が、読み手にわかるように(ここ重要です)記したのが《考察》ですから、オリジナリティを出そうと気負ったりせずに、あたかも数学の証明問題を解くように淡々と書くと、書きやすいですし読みやすくもなります。

報告書(レポート)の《考察》は、一般に、《結果》から《結論》を導く過程を記したものです。報告者がどのようにして《結論》にたどり着いたのかを読み手に伝えて、《結論》を説得力のあるものにするために、《考察》を書きます。

たとえばエチレンの振動解析なら、《結論》のひとつに、今回のシミュレーションの結果が実験結果を再現しているか否か、が含まれると思います。ですので、まず「実験から得られた振動数」と「今回のシミュレーションから得られた振動数」を比較するところから《考察》が始まりま...続きを読む

Q建築確認後の計画変更確認申請

現在、RC3階建ての建設中で基礎のコンクリート打設が終わった段階です。
この建物の3階部分の一部がバルコニーとして建築確認申請がされているエリアがあるのですが、そこを居室に変更したいと考えております。
そのエリアの3階居室との区切りは、床から天井まで強化ガラスで区切られており、外との境は1方向にルーバーがはまる予定です。
床は金属グレーチングです。
変更したいのは、
(1)居室との区切りの強化ガラス壁の廃止
(2)床の金属グレーチングをコンクリート(普通の居室の床)に変更。
(3)外との境界のルーバーを窓ガラスに変更。

素人の私が調べた限りでも、通風採光計算のやり直し、構造計算
のやり直し、床面積が増えるので軽微な変更届けではなく計画変更確認申請が必要と、かなりハードルが高そうな気がします。
基礎も終わったような段階で、設計士さんにこのような大変更をお願い
するのは一般的に無茶なお願いでしょうか?
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

質問の後半について回答が無いようなので追加です.
(今回の変更が法的基準を満たしているという前提でお話します)

変更申請そのものは、要は建築確認申請と同じ作業ですから
粛々と作業すればどうってこと無いです.ただし、
・意匠上の修正作業
(取って付けたような変更は、やはり意匠設計者はやりたくないです)
・基準法への適合(書かれているような面積計算等々)
・構造再計算
・場合によっては設備計画の再検討
・確認検査機関への協議、申請(申請料必要です)
この辺りは発生するので、設計料の追加についてはある程度留意下さい.
あと、行政によっては
「建築基準法第12条第5項の規定による報告」
というのが6/20までの措置として発生します.
#これ、あまり周知されていないので私は非常に問題だと思っています.
#要は行政に変更の内容説明をしなさいということです.


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報