はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

無線初心者です。電界強度(dBuv/mまたはuV/m)を表示(処理)させる場合、まずは電圧、電力に変換する必要があると思います。
このとき、開放端相当で表示した方がよいのでしょうか? それとも、整合がとれている(50オーム)負荷端(電圧で1/2、電力で-6dB)で表示させた方がよいのでしょうか?
電界強度→電圧の変換式は「電界強度×(300÷周波数(MHz)÷π)」で計算しますが、これを1/2にするかどうかだと思います。

どうぞ、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

DB 変換」に関するQ&A: dB dBuV変換

A 回答 (6件)

Gainがダイポールに対して0dBならG=1でいいです.


R=50を代入すれば,50Ω終端のアンテナ電圧になります.

但し,RSSI電圧はアンテナ電圧(ICの注入電力)に比例するだけなので,式にごちゃごちゃ定数を入れて計算してもアンプのゲインやローカルの出力,ミキサのゲインが数dBの誤差(偏差)を持つので,計算どおりにはほとんどならないと思います.機器側のほうが本当に50Ωかどうかをネットワークアナライザで確認が必要です.50ΩのSGで入力したときのRSSI値を記録しても機器側が50Ω出ないと,適当なアンテナ(たとえばループアンテナなど)をつけた場合には,所望の結果が得られません.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご親切にどうもありがとうございます。

現在はSGから信号を入れ、RSSIをADCで取り込み、ソフトウェア補正をしてdBm表示しています。実測値ですし、簡易型なので十分というわけです。
やはり、RSSIは厳密には使い物にならないんですね。とりあえず、上のdBmのみで今のところ間に合ってはいます。

本当に色々教えていただき、感謝します。

お礼日時:2006/05/22 13:06

純粋なダイポールアンテナは,入力インピーダンスが50Ω(73.1Ω)でないので,終端するとその分ロスが発生します.



返信遅くてすみません.

電圧から電界強度を求めるには#1にあった式をEについて解けば,求められます.

E=V*π/λ*√(73.1/(R*G))

しかしRSSI出力から求めることとなると途中の経路でのレベルの誤差が累積することが考えられます.ならば基準信号発生器から,基準アンテナにつなぎまわりに障害物になるようなものがないような状況(基準アンテナと簡易スペアナの間の直線距離より,反射距離のほうを3倍などの距離になるような環境)をつくり,実際に出力レベルや周波数を変えたときにRSSIがどのような出力になるかをデータとって変換式を用いたほうが簡易で精度が高いと思います.信号発生器の出力電力をP,直線距離をdとすると基準アンテナをダイポールとしたとき電界強度Eは
E=7*√(P)/d
となります.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いつもありがとうございます。たびたび申し訳ございません。

> E=V*π/λ*√(73.1/(R*G))

 のGは0dBですので、1でよいのでしょうか?
 また、Vは50Ωで終端しているときの電圧を用いればよいのでしょうか?

 ご面倒おかけしますが、時間がありましたら、またよろしくお願いします。

お礼日時:2006/05/18 09:29

しばらく見ていませんでした,すみません.



1)アンテナの相対利得とありますが,基準アンテナは何ですか?
2)電力Pから電圧Vを求めるには負荷抵抗Rのとき
  V=√(PR) ・・・(1)
 となります.
3)電界強度とアンテナ端子の電圧は#1にあるような式で変換されます.このときはアンテナゲインはダイポール比になります.

こんなもんでいいでしょうか?

この回答への補足

いつもありがとうございます。無理解でどうもすみません。
RSSI値から求めた電力(電圧は)はダイポールアンテナを50Ωで終端している状態と考えています。この場合,電解強度V/Mは(1)の式が成り立つと考えてよろしいでしょうか?

補足日時:2006/05/02 18:51
    • good
    • 0

電界強度を求めたいのであれば,前にも言いましたが,アンテナゲインの分かっているアンテナを用いないと電界強度に変換できません.



dBm+107dB=dBμ(終端値)
はあくまで,インピーダンスが50Ωのときです.

この回答への補足

ありがとうございます。dBmとdBuVの変換ですね。電卓で計算しようとしましたが、どうしたらよいのかわからなくなってしまいました。

結局のところ、アンテナの相対利得を0dBとした場合、50Ω終端値(電力、電圧)から電界強度を求めるにはどの式になるのでしょうか?

どうぞ、よろしくお願いします。

補足日時:2006/04/17 16:18
    • good
    • 0

#1です.使っているスペアナの入力ポートに50Ωと書いてあれば,50Ω終端の電力になります.この場合はdBmとdBμの変換はdBm+107dB=dBμ(終端値)になります.入力ポートのインピーダンスで変換の数値が異なるので注意が必要です.


使っているアンテナがホイップとありますが,ホイップアンテナはダイポールと同じではありませんので,注意が必要です.
RSSIで簡易スペアナですか,どの程度の精度が必要か分かりませんが,RSSIは一般的に温特やリニアリティが悪いです.

この回答への補足

毎度どうもありがとうございます。
RSSIの精度が悪いことは経験しています。
今回は簡易型ですので、そのあたりは大丈夫です。

> dBmとdBμの変換はdBm+107dB=dBμ(終端値)

は知りませんでした、電卓で計算してみたいと思います。
これで、簡易スペアナの表示で、dBmとdBuはでますね。もし可能なら、dBuV/m(またはuV/m)が表示できればと考えています。
通常スペアナは終端の電力ですが、この場合は開放端相当でよいのでしょうか?よくわかりません。

時間がありましたら、またお願いします。

補足日時:2006/04/13 09:44
    • good
    • 0

目的を教えてもらえませんか?



>電界強度(dBuv/mまたはuV/m)を表示(処理)させる場合、まずは電圧、電力に変換する必要があると思います。

とありますが,伝播や反射などの伝送系では電界強度のまま処理します.

それに,電界強度を電圧に変換するには,どのようなアンテナをもちいるかというファクターが入ります.アンテナゲインG,放射抵抗Rのアンテナを用いて電界強度Eの電波を受信した場合,端子電圧Vは

V=E√G*λ/π*√(R/73.13)

となります.整合状態のときは,信号源インピーダンスがRでVの電源がインピーダンスZの負荷がつながったときの電圧を計算すればいいことになります.

この回答への補足

2.4GHZ帯の無線モジュールのRSSI出力を用いて、簡易スペアナを作っています。
アンテナ系は50Ωのホイップ、半波長ダイポールと同じと考えて良いと思います。
電力(dBm)表示だけでなく、電界強度もあればと考えました。
スペアナがありますが、dBmです。あれは50Ωで終端している電力を表示させているのでしょうか?
もしその通りなら、電界強度も開放端相当でなく、50Ω負荷の場合で表示した方がよいのでしょうか?

初心者で何を言っているのかもわからないかもしれませんが、どうぞ、よろしくお願いします。

補足日時:2006/04/12 14:32
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

DB 変換」に関するQ&A: dBμV/mとdBμVとdBm

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QdBμV/mとdBμVとdBm

教えてください!
dBμV/mとdBμVはどういう関連があるのでしょうか?
また、数値的に換算できるのでしょうか?
dBμV/mをdBmに換算するにはどのように計算すればよいのでしょうか?
仕事上知りたいのですが理系ではない自分は理解できません・・・
どなたかお教えください!!!

Aベストアンサー

dBμV/mは電界強度です 空間の電波の強さを示します /m 1mあたりを意味します

dBμVは電圧です 1μVを基準にしたときの電圧です
20dBμV であれば 10μV になります

dBμV/m と dBμV は 他の条件を仮定しないと換算できません

なお dBm は1mWの電力を基準にした電力を示します 負荷抵抗・インピーダンスを仮定すれば 電圧としても求められます

Q電界強度の変換方法

電界強度の変換についてお伺い致します。
dBuV/m → dBm への変換方法を分かり易く教えて下さい。
例えば 114dBuV は 何dBm でしょうか?

あと、V/m → dBuV/m の変換は可能でしょうか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

先のURLのdBuV/m の項目に載っております計算式から

 500mV/m=113.9794dBuV/m
 1.6mV/m=64.0824dBuV/m

dBの部分はあくまでも比率を表します dBuは1uV/mを基準に何倍あるかです 且つ電界(V/m)のみ扱います

/mを取れば電圧になります この場合はdBuV で受信機等で使われます これは1uVを基準に何倍あるか?です

dBm は電界又は電圧ではなく 1mW(パワー)を基準に何倍あるかです インピーダンスが定義されておれば電圧が求められます 送受信機等では定義されており 50Ωか75Ωが標準です
従いましてV/m → dBuV/m の換算は出来ませんが dBuV → dBmに換算可能です

インピーダンスが何Ωで電圧が何uVなら何mWと計算出来ますので換算出来る訳です
例えば50Ωで 0dbuV=-117dbm だったかな? この位です

Q受信感度と「受信電力」「電界強度」の関係

物理学は素人でよくわからないのですが、電波の受信感度が「受信電力」と「電界強度」のどちらと関係しているのかを教えてもらえませんか。「受信電力」は距離の2乗に反比例し、「電界強度」は距離そのものに反比例するそうですが、受信感度はどちらと関係しているのでしょうか。つまり、受信感度は距離の2乗に反比例するのか、距離そのものに反比例するのか、どちらでしょうか。

Aベストアンサー

ご質問の趣旨は電波の受信について、距離との関係がどうかということだと思います。

電界強度との関係で、このことを理解しようとすると、アンテナの利得とかインピーダンスのことも考慮しなければならないので、説明が複雑にならざるを得ません。
もっと、直観的には、送信電力と受信電力の関係だけで理解するとよいと思います。

例えば、送信電力1kW(1000W)の電波を受信したとき、受信電力が1mW(0.001W)だったとします。 送信電力、アンテナなどの条件はそのままにして、距離を2倍すると、受信電力は距離の二乗に反比例し、1/4の0.25mWになるというのが理論です。

テレビなどで放送が受信できる範囲をサービスエリアといいますが、もし、周囲に障害物などが無く、無指向性の送信アンテナを用いると、サービスエリアは円形となります。 その半径を2倍にしたいのであれば、送信電力は4倍にしなければなりません。サービスエリアの面積は送信電力に比例することになります。

ちなみに「受信感度」という用語は本来、受信機の性能を示すもので、受信した電波の強さを示すものではありません。

ご質問の趣旨は電波の受信について、距離との関係がどうかということだと思います。

電界強度との関係で、このことを理解しようとすると、アンテナの利得とかインピーダンスのことも考慮しなければならないので、説明が複雑にならざるを得ません。
もっと、直観的には、送信電力と受信電力の関係だけで理解するとよいと思います。

例えば、送信電力1kW(1000W)の電波を受信したとき、受信電力が1mW(0.001W)だったとします。 送信電力、アンテナなどの条件はそのままにして、距離を2倍すると、受信電力は距離の二...続きを読む

Q無線LANのRSSIの算出基準となる信号について

無線LANについての質問です。

無線LANのアクセスポイントの受信強度の指標として、RSSIというものが存在します。この数値は、アクセスポイントのどの信号の強度を示しているのでしょうか。
受信したビーコンの、出力を変換しているのかなとは思っているのですが、ステルス機能を使った場合、RSSIが分からなくなる気がします。

また、同じチャネルにAPが複数存在する場合、inSSIDerといったRSSI監視ソフトを用いると、強度が数秒単位で大きくばらつくことがあるのですが、これは、CSMA/CAにより、APがビーコンの出力を弱めているという理解で良いのでしょうか。

質問が2つになってしまいましたが、ご回答いただけると幸いです。

Aベストアンサー

RSSIはスペルの通り、受信した電波の強度なので、AP側の強度ではありません。
って、質問の意図とあってますか?
また、ビーコンだけでなく、実際の通信の電波強度も含みます。電波が流れているわけで、それを感じとり、RSSIとします。
ステルス機能を有効にしても、inSSIDerでは「unKnown」と表示されますが、RSSIはきちんと計測されますよ。

参考URL:http://www.viva-musen.net/archives/18751649.html

Q占有周波数帯域幅と最大周波数偏移の求め方を教えて下さい。

占有周波数帯域幅と最大周波数偏移の求め方を教えて下さい。

FMの変調指数を5、周波数20MHzの搬送波を16kHzの正弦波信号でFMしたときの占有周波数帯域幅BFMと最大周波数偏移Δfを求めたいのですが、わからないので教えていただけませんか?よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

答えを教えるのは簡単ですが・・・。

↓の理論のところを見てください。
1.変調指数から最大周波数偏移を求める
2.次に占有周波数帯域幅(近似値)を求める

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%91%A8%E6%B3%A2%E6%95%B0%E5%A4%89%E8%AA%BF

Q無線の感度の見方(受信機)を教えて下さい

こんにちは

 無線の受信感度について教えて下さい。
 受信の感度を示すのに「μV」という単位があるようですが、
 これはどうみればいいのでしょうか?

例)
 0.5~2MHz   1.5μV(NFM)2.5μV(AM)
 2~470MHz   1.0μV(NFM)2μV(WFM)1.5μV(AM)

 上記データはカムニス HSC-350 のデータです。
 数字が高いのはナニを意味するのでしょうか?

 また、以前質問を差し上げたことがあり、そのアドバイスから
 現在この機種と IC -R5 とで悩んでいます。初期投資は R5 が
 安いのですが、総体的には感度がよく明瞭で、使いやすく、
 維持費が安いものを、と考えています。

 よろしくお願いします。goo!

Aベストアンサー

>その数値はアンテナが捉えた空中線の電圧です。

これは定義として間違っています。

たしかに、受信機はアンテナがないと、信号を捕らえられませんが、アンテナから受信機へ
届くまでに信号レベルは変わります。

「受信感度」は、受信機入力端で測定するしかありません。
信号発生器(SG:Small Signal Generator)からの信号を、直接受信機へ入れて測定します。
これが「受信感度」です。

一例ですが、VX-7のカタログを見つけてきました。
http://www.qtc-japan.net/2001/02_products/vx-7/spec.htm

これで見ると、AM/SSB/CWはすべて「10dB S/N」、NFM/WFMはいずれも「12dB SINAD」と
注記されています。
「」内は測定法です。
おそらく、HSC-350にもこの注記があると思います。
どういう測定法であるかが注記されていなければ、数値の意味がありません。(^_^;))

1. 10dB S/Nの測定法
 信号入力がないときに、ボリュームをある程度上げるとザーッというノイズ(Noise)
 が聞こえます。
 これに、SGから信号を入れてやると、信号(Signal)が強くなるにしたがって、信号が
 鮮明に聞こえてきて、ノイズとの差が開いてきます。
 信号の強さに対するノイズの強さ(S/N比)が電圧比で3.16:1になったときが、10dBです。
 このときのSGの出力をμVで表示したものが上記の「感度」です。
 ですから、この数値が小さいほど・・・小さい信号レベルでもノイズとの開きが
 大きくなるので・・・「感度が良い」ことになるわけです。

2. 20dB SINADの測定法
 これは、前記のS,Nの他に歪:Distortionを測定数値に加えます。
 詳細は下記を参照ください。
http://www.cqpub.co.jp/term/signaltonoiseanddistortionsensitivity.htm

3.dBμについて
 これも電圧レベルの単位です。範囲が広いので対数で表します。
 測定の世界では、dBmで表示されることもあるので、併記しておきます。
 0dBmは50Ωの終端に、1mWの電力が発生するときのレベルです。(m=mW)
     1μV   0dBμ  -107dBm
   10μV   20dBμ   -87dBm
  100μV  40dBμ   -67dBm
  1mV   60dBμ   -47dBm
  1V    120dBμ   13dBm
dBμの後に[V]を付けると分かりやすいですが、付けないのが正式表示です。

IC -R5 は検索したのですが、見つかりませんでした。

受信機の性能は、感度も大切ですが、それ以外にいろんな要因があります。
総合的に判定すべきと思います。

参考URL:http://www.cqpub.co.jp/term/signaltonoiseanddistortionsensitivity.htm

>その数値はアンテナが捉えた空中線の電圧です。

これは定義として間違っています。

たしかに、受信機はアンテナがないと、信号を捕らえられませんが、アンテナから受信機へ
届くまでに信号レベルは変わります。

「受信感度」は、受信機入力端で測定するしかありません。
信号発生器(SG:Small Signal Generator)からの信号を、直接受信機へ入れて測定します。
これが「受信感度」です。

一例ですが、VX-7のカタログを見つけてきました。
http://www.qtc-japan.net/2001/02_products/vx-7/spec.h...続きを読む

Q電波出力、周波数と飛距離の関係

電波出力と飛距離は比例するのですか。
同じ出力であれば周波数の高いほうが遠くまで届きますか。
(一般的な市街地で。)

Aベストアンサー

電波が届く、というと受信機の感度も関係してきます。電波が弱くても、感度のいい受信機だと聞こえます。
衛星放送は2GHz程度、200Wくらいの出力で、3万6千キロメートル離れたところから出しています。そのかわり、電波は日本に集中して向けています。受ける方も、パラボラをきっちりと衛星に向けないと受かりません。

携帯電話は800MHzから1.2GHzくらい、0.1W。直進性はありますが、壁に反射もして、基地局から2kmくらいまで通信できると言われてます。

テレビは30MHzから700MHzくらい、50kWから200kWくらいで四方八方に出しています。見とおし距離で100kmくらい。

短波ラジオは3MHzから30MHz、出力は1kWもあればアンテナさえよければ、電離層と地表で反射を繰り返し、世界中で聞こえます。

ラジオは300kHzから3MHz、出力は50kWくらいなら、地表にはって伝わるので1000kmくらいは聞こえるかな。

電波の届き方はいろいろあるので具体例をあげてみました。

Q周波数確度ppmとは。

信号発生器(SG)のカタログに

   「周波数確度:50ppm」

とあります。この「ppm」とは具体的にどういうことを指すのでしょうか。
ppmというと大気汚染状態などで使用する濃度の単位ぐらいしか知りません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

確度は発生可能周波数の全域にわたって絶対周波数誤差の発生周波数に対する
相対値が 50ppm=50/(10^6)ということです。

一方精度と言うと、同じ値を何回も測ったときのバラツキを言います。

QINVOICE(インボイス)ってなんですか?

質問するのが場違な場所だったらすいません(x_x)

仕事で、インボイスという言葉を耳にするのですが
今いちなんのことなのか分かりません。

請求書?なのでしょうか。

海外へ部品を発送時に、発行されるもの?
発送した後に発行されるもの?

どうか、頭の悪いわたしに
分かりやすくおしえていただけると助かりますm(--)m

Aベストアンサー

こんにちは。

#2の補足です。
日経新聞社の流通用語辞典ではこんな風になっています。

「インボイスinvoice
 商品を輸出する際の*送り状。売り主(輸出業者)から買い主(輸入業者)あてに出す書類で,売買契約の条件を正当に履行したことを記す。商品名や数量,単価,代金の支払い方法,運賃,*保険料などの明細通知書でもある。買い主は輸入品の仕入れ書として税関に提出する」出典:日本経済新聞社 流通用語辞典

業種によっても、企業によっても呼び方が異なるものでしょうが、基本的にはこんな感じではないでしょうか。

ご参考まで。

Q電界強度と端子出力電圧

お世話になります。

お恥ずかしいところですが、
電波がある電界強度(例えば100μV/m、3MHz)で到達している中に、標準ダイポールアンテナを設置した場合に端子に現れる電圧を知りたいのですが、換算式を忘れてしまいました。適用周波数(波長)により異なっていたかとも思います。
教えていただければありがたく思います。

Aベストアンサー

ダイポールアンテナの指向性利得Gは1.64(2.15dB)であり、最大方向(この場合はアンテナと垂直な方向)の電界強度をE、波長をλ、アンテナの受信電力をWとすると、
W=λ^2 /(4π)*G * E^2 /(120π)
でとなります。ダイポールの解放端電圧Vは放射抵抗R(半波長ダイポールでは73.13Ω)を用いて
W=V^2/(4R)
から計算してみてください。


人気Q&Aランキング