1月29日火曜日PM8:30ごろ吹田市(内環状線)で50CCバイク(黒)
引ったくりにあったのですが、引ったくり犯って逮捕
されにくいのでしょうか?
<こんな犯人でした>
犯人の特徴
フルヘイスのヘルメット 色黒
50CCバイク 色黒
ナイロン製のジャンバー着用
ズボンも黒ポイ色を着用
年齢は20~35前後
ナンバープレートは細工され見えなくなっているか無かったもよう
 
同日時に同じ犯にと思われる引ったくりがさほど離れていないところ
でも発生していた。
逃走ルートから見ても同じと言える。

これくらいの情報では犯には本当に捕まらないのでしょうか?
情報をお持ちの方おられないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

補足に対する回答です。


何も出てきませんでした。
「翌日がごみ収集日でしたので、出て来る可能性は低いよ」と検察官に言われました。
被害にあって、もう2年近くなります。
ただ、私の場合、かばん(セカンドバック)の中身は、メモ帳、ペン、家の鍵などで特に貴重品は入っていませんでした。出てきても警察官の判断で私のものだとわかる品も入っていませんでした。
唯一の高額商品はカバンです。5万くらいで買ったものだったので、非常に悔しいです。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

おはようございます。
一応、警察も捜査はしてくれているみたいです。
なんでも、同じ日に同じ犯人と思われる引ったくりがあって
その人は怪我をしたので引き逃げ引ったくり事件になったので
本格的捜査に切り替わったそうです。

これからは気を付けないといけないですね。

ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/31 11:14

治安国歌日本といっても刑法犯全体の検挙率は3割をきっているのだそうです。

しかし殺人や銀行強盗のような重大犯はまだまだ率は高い…ということはです。やはりひったくりや置き引き、空き巣などは検挙されにくいし人手が足らないということなんだと思います。自衛が大切ですね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

やはり捕まりにくいようですね。
鞄だけでも戻ってくればいいと願っています。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/30 14:08

私も以前同様のひったくりにあいました。


犯人がつかまる確率は低いです。
・職務質問や交通違反、とめられて逃走、その後検挙され取調べで自供。
・別のひったくりで、過去の犯行を自供。
ぐらいでしか、犯人はつかまりません。というか、その犯人を検挙するために、特別に捜査される事はありません。

この回答への補足

書きこみありがとうございました。
ところで、madmanさんが引ったくりにあったとき
そのときの取られた物はもどってきたのでしょうか?

補足日時:2002/01/30 14:08
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q音楽プレイヤーを盗難された。唯一犯人がミスを犯した。このミスにつけ込んで、犯人を捕まえたいのだが・・・

誰もいないところの公民館の図書室の部屋で勉強しています。自分も悪いのですが、誰もいないことをいいことに、音楽プレーヤーを充電しました。目の前には小学生、中学生がいっぱいいて、頻繁に部屋に入ってきて、自分の充電している長椅子の上にたまに座ります。少し部屋を離れた隙に、見事に充電器ごとなくなっていたのです。あたりを見渡していると、本棚の後ろに充電器だけ隠しているではありませんか!おそらく充電器がでかくてもってかえれないので、後で取りに来ると思います。そこで自分はビデオカメラで取りに来る映像を撮って、それを証拠に警察に被害を訴えようと思います。それは、法律的に合法でしょうか?またはそれは証拠になるでしょうか

Aベストアンサー

他の質問者の回答の通り充電器を取ったとしても本体の事について否定されてしまうとどうしようもないですね
相手が素直に「盗りました」と言ってくれれば良いのですが・・・
図書館の許可の話もありましたが警察にそのような事をしても良いか確認の必要がありますね
一般人が他人を逮捕拘束する事は法律で禁止されているので泥棒とはいえ捕まえたままでいる事は出来ないんです
犯罪を犯して見つかった者はその場にいないといけない程度の物なんです
簡単に言いますと
犯罪を見つけた→注意・警告する「逃げるな!そのままでいろ」くらいしか出来ないんです
腕をつかんだままや取り押さえるのは出来ないんです
出来るのは相手が暴れてこちらの身の被害が出そうになった時正当防衛として拘束等は出来ますけどね
又、せっかく充電器は出てきたのにまた盗りに来るのを待つと言うのもオトリになるのでこれは逆に犯罪です
盗るのも悪いですが盗られない最善の方法を取るのも所有者の義務です
わざと盗られる環境を作るのは犯罪です

あと最後の問題としてあなた自身が公共物内とは言え勝手にソケットを使って充電していた事実です
これも立派な窃盗罪になります

自分で判断しないで警察に相談する事をお勧めします

他の質問者の回答の通り充電器を取ったとしても本体の事について否定されてしまうとどうしようもないですね
相手が素直に「盗りました」と言ってくれれば良いのですが・・・
図書館の許可の話もありましたが警察にそのような事をしても良いか確認の必要がありますね
一般人が他人を逮捕拘束する事は法律で禁止されているので泥棒とはいえ捕まえたままでいる事は出来ないんです
犯罪を犯して見つかった者はその場にいないといけない程度の物なんです
簡単に言いますと
犯罪を見つけた→注意・警告する「逃げる...続きを読む

Qごくたまにですが、市民が引ったくり犯を取り押さえて表彰、というニュース

ごくたまにですが、市民が引ったくり犯を取り押さえて表彰、というニュースを見かけます。
大したものだと思いつつ、ああいう捕り物を一般市民が行った場合、
その後犯人と取り押さえた人物はどういう風に扱われるのかと疑問に思いました。

例えば通勤帰りのOLさんが引ったくりに遭ったとして、
そこにたまたま通り掛かった男性が引ったくり犯を取り押さえるべく突撃、
そのまま取っ組み合いになり、男性も犯人も互いの頭にボコボコのたんこぶを作った挙句、
なんとか男性が犯人を取り押さえ、警察を呼び、犯人を引き渡したとします。
しかしその取り押さえた人物がその場で「はいご苦労さん」と開放されるとは思えず、
その辺りが気になって少し調べてみたのですが、現場検証や事情聴取で5時間ほど掛かる、
という様な事が書いてました。

なるほど、と思ったのですが、その後、その取り押さえた男性は、
刑事裁判の証人として何度も出廷したり、あるいは犯人が殴られた慰謝料を請求するなどと言い出して、
民事裁判の被告として出廷したり、そういう事になったりするのでしょうか。
それともそういったものに出廷する事なく、引ったくり逮捕協力の表彰状を頂けるのでしょうか。
あるいはそのOLさんが被害届けを出さなければ、引ったくり犯は起訴もされないのでしょうか。

素朴な疑問ですが、ご教授いただければ幸いです。

ごくたまにですが、市民が引ったくり犯を取り押さえて表彰、というニュースを見かけます。
大したものだと思いつつ、ああいう捕り物を一般市民が行った場合、
その後犯人と取り押さえた人物はどういう風に扱われるのかと疑問に思いました。

例えば通勤帰りのOLさんが引ったくりに遭ったとして、
そこにたまたま通り掛かった男性が引ったくり犯を取り押さえるべく突撃、
そのまま取っ組み合いになり、男性も犯人も互いの頭にボコボコのたんこぶを作った挙句、
なんとか男性が犯人を取り押さえ、警察を呼び、犯人...続きを読む

Aベストアンサー

ひったくり犯人が、刑事裁判で、罪を認めて争わないのであれば、証人として出廷することはないでしょう。他方、ひったくり犯人が、「自分はひったくり犯人ではない」と罪を争えば、証人として出廷することもあるでしょう(もっとも、1人の証人に対する証人尋問は、通常、1回の公判期日で終わりますから、何度も出廷することはありません)。

また、犯人が殴られた慰謝料を請求するなどと言い出して民事裁判を起こせば、もちろん、被告として出廷することになるでしょう。もちろん、その民事裁判の結果、慰謝料を支払えと裁判所に命じられることになるかは、また別の話です。

たとえば、いくらひったくり犯人をとらえるためとはいえ、犯人逮捕のために必要な範囲を超えて暴行をくわえた場合(たとえば、ひったくり犯人がすでに抵抗をやめているにもかかわらず、金属バッドで滅多打ちにして大けがを負わせた場合を連想してみてください)、慰謝料の支払義務が生じる余地があります。

ちなみに、ひったくり犯というのは、刑法でいえば、恐喝罪ないし強盗罪に該当します。そして、恐喝罪や強盗罪は、被害者が被害届を出すかどうかにかかわらず、検察は起訴することが許されているので、被害者が被害届を出さなくても検察は起訴することはできます。

もっとも、被害者が被害届を出さないという事情は、起訴するか否かを決定する際の参考資料にはしますが。

ひったくり犯人が、刑事裁判で、罪を認めて争わないのであれば、証人として出廷することはないでしょう。他方、ひったくり犯人が、「自分はひったくり犯人ではない」と罪を争えば、証人として出廷することもあるでしょう(もっとも、1人の証人に対する証人尋問は、通常、1回の公判期日で終わりますから、何度も出廷することはありません)。

また、犯人が殴られた慰謝料を請求するなどと言い出して民事裁判を起こせば、もちろん、被告として出廷することになるでしょう。もちろん、その民事裁判の結果、慰謝料...続きを読む

Q誘拐犯の人質が犯人を殺害して逃げたら

誘拐は極めて悪質な犯罪ですね。状況的には部屋に監禁されて鍵が掛っています。犯人は寝ています。しかし、鍵をこじ開けて部屋から脱出しようとして大きな物音を立てれば犯人が起きてしまい、犯人を刺激することは必至です。この場合、人質が鈍器で犯人の頭を殴って犯人を殺害して脱出した場合は正当防衛が適用されるでしょうか?

Aベストアンサー

過剰防衛の疑いがあります。
防衛という以上、相手の攻撃を防御する時に
制御できない事象で相手を致死させた・・・
これが正当防衛ではないでしょうか。

質問者の状況では
犯人は誘拐罪で被疑者死亡。
人質は殺意を持っていますから殺人罪が問われ
情状を考慮し執行猶予?
監禁されても殺害されるとは限りませんので
その状況により変わるとは思います。

Q強盗犯から奪った銃を犯人に向けると犯罪になる?!

テレビで外国の防犯映像を見ていると、
強盗犯のスキをついて店員が犯人の銃を奪い取り、
その銃を犯人に向けるシーンを見かけます。

さて、日本で店員がこのような行為をした場合、
銃刀法違反として刑罰の対象となるのでしょうか?
店員が奪った銃を実際に発砲した場合と、
単に威嚇のために使用しただけの場合の
それぞれについてご教示願います。

また、日本国内で起きた人質事件において、
犯人が落とした猟銃を警察職員が拾い上げ、
逃走する犯人の車に向けて発砲する映像を
以前にテレビで見たことがあります。
タイヤをパンクさせることが目的だったようですが、
この警察職員の行為は法に触れないのでしょうか?

Aベストアンサー

>日本で店員がこのような行為をした場合、銃刀法違反として刑罰の対象となるのでしょうか?

銃刀法違反には、該当しません。
ですから、刑事罰にはなりませんね。

犯人に対して、危害を加えた場合。
危害の程度によって、傷害・殺人罪で起訴されます。
正当防衛が認められると、犯罪歴が付くだけで刑は免除されます。
正当防衛を越えていると、裁判結果では前科が付きます。

>この警察職員の行為は法に触れないのでしょうか?

威嚇・検挙に関する行為の場合は、法律で拳銃の使用を認めています。
ですから、「正当と考える」というのが警察庁の基本方針です。

Q一般市民による現行犯逮捕の根拠・要件と 道交法違反犯人逮捕の適法性

一般市民が現行犯犯人を逮捕することは一般に適法と思いますが、根拠は刑事訴訟法213でしょうか? それとも刑法の違法性阻却事由の解釈 でしょうか?

また、例えば 窃盗犯人の自動車がそばにあり、その車で逃亡する可能性が高いとき 車をパンクさせる・タイヤにロックをはめる 等(器物損壊罪?)は適法でしょうか? 適法ならばその根拠は? 逮捕に含まれるということでしょうか? あるいは 刑法の違法性阻却事由でしょうか?

さらに、駐車違反・速度制限違反等の道交法の犯人の車に対して(証拠隠滅・逃亡の危険性高い)も、タイヤをパンクさせる・タイヤロックをつける 等は適法でしょうか?

なお、刑事訴訟法では市民は現行犯逮捕の後、犯人を引き渡さなければならない とありますが、逮捕行為等をしようとして犯人が逃亡したときはそれらの義務はない という理解でよいでしょうか? 

とりあえずは知識として知っておきたいのですが。

警視庁に問い合わせたところ、要領を得ない担当者で、明快な回答が得られませんでした。
検察は現になされた行為についてしか回答しないように思いますし。

一般市民が現行犯犯人を逮捕することは一般に適法と思いますが、根拠は刑事訴訟法213でしょうか? それとも刑法の違法性阻却事由の解釈 でしょうか?

また、例えば 窃盗犯人の自動車がそばにあり、その車で逃亡する可能性が高いとき 車をパンクさせる・タイヤにロックをはめる 等(器物損壊罪?)は適法でしょうか? 適法ならばその根拠は? 逮捕に含まれるということでしょうか? あるいは 刑法の違法性阻却事由でしょうか?

さらに、駐車違反・速度制限違反等の道交法の犯人の車に対して(証...続きを読む

Aベストアンサー

憲法の第33条に「何人も、現行犯として逮捕される場合を除いては、権限を有する司法官憲が発し、且つ理由となつてゐる犯罪を明示する令状によらなければ、逮捕されない。」とあります。
これは反対解釈しますと現行犯の場合は一般市民でも犯人を逮捕できるのということであります。そのため刑事訴訟法第213条で「現行犯人は、何人でも、逮捕状がなくても逮捕できる」と規定されています。もちろん逮捕後は直ちにこれを地方検察庁若しくは区検察庁の検察官又は司法警察職員に引き渡さなければなりません。(第214条)
なお、第217条で「30万円(刑法、暴力行為等処罰に関する法律及び経済関係罰則の整備に関する法律の罪以外の罪については、当分の間、2万円)以下の罰金、拘留又は科料に当たる罪の現行犯については、犯人の住居若しくは氏名が明らかでない場合又は犯人が逃亡するおそれがある場合に限り、第213条から前条までの規定を適用する。」となっていますので、駐車違反の場合には当然に即座には適用できません。そんなので逮捕したら、不法に人の身柄を拘束した場合の逮捕罪(刑法220条)で逆に逮捕されてしまいます。
速度制限違反は、追尾追跡なら自己も違反しなければなりませんし、測定機器で測定しても停止はできませんでしょうし、証拠能力の問題とか現実の問題が生じます。
タイヤをパンクさせる・タイヤロックをつけるの行為も器物損壊等の違法な行為であり、現行犯逮捕の場合も「逃亡のおそれ」「罪証隠滅のおそれ」「等」という「逮捕の必要性」が要件になっていることを前提として、軽微な犯罪の場合は更に要件を絞って「逃亡のおそれ」がないと逮捕できないと規定したものと理解すべきです。(多くの判例で、現行犯逮捕の場合には刑訴199条、同規則143条の3は準用されておらず、令状による逮捕の場合と異なり私人もなしうるけれども、逮捕が人の自由を拘束するという重大な苦痛を与えるものであることに鑑み、人権保障の見地から考えると、令状による逮捕と現行犯逮捕との間にこの点において異なった扱いをすべき理由はない。刑訴217条は軽微事件の現行犯逮捕については、罪証隠滅の虞れを理由とすることは許されず、逃亡の虞れがある場合にのみ許されることを規定し、現行犯逮捕の場合にも逮捕の必要性を要することを前提とした規定であると解するのが相当である。)
つまり、令状でも逮捕できるような逮捕の必要性要件がなければ、現行犯逮捕でといえども人権保障の見地及び刑訴217条の趣旨に照らして、逮捕はできないということです。

憲法の第33条に「何人も、現行犯として逮捕される場合を除いては、権限を有する司法官憲が発し、且つ理由となつてゐる犯罪を明示する令状によらなければ、逮捕されない。」とあります。
これは反対解釈しますと現行犯の場合は一般市民でも犯人を逮捕できるのということであります。そのため刑事訴訟法第213条で「現行犯人は、何人でも、逮捕状がなくても逮捕できる」と規定されています。もちろん逮捕後は直ちにこれを地方検察庁若しくは区検察庁の検察官又は司法警察職員に引き渡さなければなりません。(第214...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報