はじめまして。
ちょっと困っているので助けてください。

屈折率は入射光の波長に依存しますよね?
一般的な傾向として、波長が長くなると
屈折率は小さくなりますよね?
それで、このことを式で説明しようとしたんですが、

屈折率は真空の光速と媒質中の光速の比なので、
n=c/v
媒質中の光の速度、位相速度は
v=fλ
で、周波数と波長に依存します。

ところが!波長と周波数は逆数の関係なので、
この二つの式を使ってしまうと
屈折率が波長に依存しないことになってしまうのです・・・。
どうかこのあたりの説明をおしえてくださいませんか。
よろしくお願いいたします。

A 回答 (3件)

ekisyouさん、改めまして初めまして。


ご指摘のようにfとνは全く同じものです。同じ物理量に異なる文字を使ってしまったのは私のミスです、申し訳ありませんでした。また「振動数」「周波数」の二つの言い方を用いましたがこれもどちらでも同じことです。ekisyouさんのこれまでのお考えで正しいです。

前回の回答をもう一度正しく書くと
--------
n=c/v
が屈折率の定義そのものである。真空中の光速cは不変であるからnが波長(または周波数)依存性を持つとしたら媒質中の光速vが周波数依存性を持つことになる。従ってこの式は周波数をfとして
n=c/v(f)
と表すべきものである。
二番目の式
v(f)=fλ
で、vに周波数依存性があることを考えるとfとλは厳密な反比例な関係でない。
--------
となります。大変失礼を致しました。

なお上記の式だけからでは「赤い光の方が紫の光より屈折率が小さくなる理由」は絶対に出てきません。
その理由を説明するためにはどうしても電場中での媒質の分極を考える必要があります。屈折の原因は既にご承知とのことですので、あとはその部分の理解を深めて頂くのみです。
(1)光が媒質中を通過する場合、周囲の媒質を分極させながら進む。
(2)可視光線の範囲であれば、周波数が高くなるほど分極の影響により光は進みにくくなる。
(3)(2)により光の速度が落ちる、ということは即ち屈折率が上がる、ということである。

(2)ですが、共振現象とのアナロジーで考えれば分かりやすいと思います。いまある物体を天井からひもで釣るし、それにさらに紐を付けて手で揺らすこととします。(A)ごくゆっくり揺らす場合は手にはほとんど力はかけなくて済みます。(B )ところが揺らす周期を短くするとだんだんと力が要るようになります。(C)さらに周期を短くして共振周波数に達すると急に力は要らなくなります。(D)そしてさらに揺らす周期を短くしようとすると、あたかもその錘に引張られるような感覚を受けます。(E)そしてさらにずっと周期を短くすると、錘はまったく動かずに錘と手を結んでいる紐だけが振動するようになります。
可視光線はちょうどこの中で(B)の領域になります。すなわち周波数を高くすると、それにつれて周囲の分極があたかも「粘り着く」ようになり、そのために媒質中の光の速度が落ちるのです。(もっとも、「粘り着く」なんて学問的な表現じゃないですね。レポートや論文でこんな表現をしたら怒られそう・・・)

こんな説明でよろしいでしょうか。

参考となりそうなページ:

「光の分散と光学定数の測定」
http://exciton.phys.s.u-tokyo.ac.jp/hikari/secti …
同、講義ノート(pdfでダウンロード)
http://exciton.phys.s.u-tokyo.ac.jp/kouginote/op …

"Kiki's Science Message Board" この中の質問[270]
http://www.hyper-net.ne.jp/bbs/mbspro/pt.cgi?roo …

過去の議論例(既にご覧になっているかと思いますが)
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=140630
    • good
    • 1
この回答へのお礼

Umadaさま、ご丁寧な説明、ほんとにありがとうございます。
仕事の関係で、この問題を解決しなければならないのですが、
正直、どの理論から手をつけていいかわからず、
途方に暮れてました。

Umadaさんが回答で解明するための手法の方向性を
示してくださったので、あとはまじめに勉強するのみです!がんばります。
でも、大学のときにまじめにやっておけばよかった・・。(泣)

ほんとにありがとうございました。
それでは。

お礼日時:2002/02/03 21:09

まず、波長が長くなると屈折率が小さくなると言う傾向は、何にでも当てはまるものではありません。

可視光領域でみればガラス、プラスチックなどが該当しますが、全部ではありません。(逆の場合もあります)
ガラスなどの物質でこの傾向が見られる最大の理由は、紫外~真空紫外の領域に大きな共鳴周波数(吸収が最大となる所)があるためです。

ご質問の式を導出するには、この物質による光の吸収の式を立てて、その上で、その共鳴周波数を紫外にして上げると、答えが求まります。
物質の屈折率nは、
n^2=1+χ
で表されます。ここで、χは電気感受率とよばれます。
この電気感受率χの意味は、光に対する物質(原子、分子など)の応答を表し、一般に光の周波数(波長)の関数となります。
( n=c/v から求めるのではなく、 nが求まり逆にvが求まるわけです。)

物質に光電場Eが来たときの分極Pは、
P = χE
と表される所から来ています。(さらにこのPは電磁波を記述する大本の式であるMaxwell 方程式で使います)

つまり、Maxwell方程式->分極P->感受率->屈折率->光の速度vという流れです。

もっとも簡易的な導出方法は、一次元の調和振動子の強制振動の運動方程式を立てて解く方法(古典的取り扱い)が簡単と思われます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

mickjey2さま、はじめまして。
回答ありがとうございます。
たしか、他の質問にも回答されてた方ですよね。
何度も同じような質問に答えていただいて、恐縮です。

Maxwell方程式からの流れは、誘電体の本なんかに載ってますよね。
勉強しなおして、がんばってみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/03 21:17

最初の式


n=c/v
は屈折率の定義そのものですよね。ここに真空中の光速cは不変ですから、nが波長(または振動数)依存性を持つとしたら媒質中の光速vが振動数依存性を持つことになります。従ってこの式は振動数をνとして
n=c/v(ν)
と書くべきところです。
さて二番目の式
v(ν)=fλ
ですが、vに振動数依存性があることを考えるとfとλは厳密な反比例な関係でなく、νに依存してその積が若干変化することになります。
ekisyouさんのご質問の中で「ところが!波長と周波数は逆数の関係なので」という部分が誤り、ということになります。
この部分を直して式を逆に辿れば、屈折率の波長/周波数依存性はあってもおかしくないことがお分かりいただけると思います。

この回答への補足

Umadaさま、回答ありがとうございます。

できればもう少し教えていただきたいんですけど、
「振動数」と「周波数」は同じなんでしょうか??
私は同じだと思っていたんですけど、なんか混乱してきました。

屈折率に波長依存性があるのはおかしくないと思うんですが、
私が提示した式で、
「入射光が赤い光のときの方が、紫の光のときより
屈折率が小さくなるのはなぜか?」というのは
説明できるのでしょうか。
以前このページで、同じような質問があったんですけど、
その時の回答者の方々の説明が、共鳴とか電場で振動とかの原理で
説明されていたので、よくわからなかったのです。
(屈折率の原理がそのへんにあるのは知っているのですが。)

ということで、よろしかったら、
もう少し説明の方、お願いいたします。お手数かけます。

補足日時:2002/02/02 15:03
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアクリル板の屈折率の文献値

今アクリル板の屈折率の文献値がネットで見つからず困っております。大変あつかましいお願いで申し訳ありませんが、どなたか文献値が乗っているサイト、もしくは値とそれが載っていた文献、光の波長、可能であればその際の屈折率測定法などを教えていただけませんか?文献値を見つける方法のヒントでも大助かりですので、どうかお願いします。

Aベストアンサー

メーカーのページが参考になるかと。
(アクリル、屈折率で検索すると以下のページなどがひっかかります)
測定方法自体はJISで規定されているようです。
http://www.sumitomo-chem.co.jp/acryl/02products/023sheet_sub/023sheet_data/023_02gt.html
http://www.sumitomo-chem.co.jp/acryl/02products/023sheet_sub/023sheet_data/023_08emr.html

参考URL:http://www.sumitomo-chem.co.jp/acryl/02products/023sheet_sub/023sheet_data/023_02gt.html

Q分散性媒質における速度と屈折率の式

電磁気学を用いて,分散性媒質中の光の解析を行っているのですが,
媒質が分散性を持つ場合の電磁波の位相速度と屈折率の式をどの
ように表現すれば良いのかわかりません.

媒質の比誘電率は,電磁波の角周波数(ω)が無限大のときの比誘電
率ε0と誘電感受率χ(χ(∞)=0)を用いて,
  εr(ω) = ε0(ω) + χ(ω)
と表現できると仮定しています.

この場合も屈折率を
 n(ω) = √(εr(ω)μr(ω))
と表現し,速度を
  v = c/n = c/√(εr(ω)μr(ω)) ( c = nv )
で計算してもよいのでしょうか.(cは真空中の光速)
また,波数kは,
  k^2 = ω^2 μ ε
で計算してもよいのでしょうか.

ご教授お願い致します.

Aベストアンサー

>媒質の比誘電率は,電磁波の角周波数(ω)が無限大のときの比誘電
>率ε0と誘電感受率χ(χ(∞)=0)を用いて,
>  εr(ω) = ε0(ω) + χ(ω)
>と表現できると仮定しています.
ちょっと変です。
比誘電率を使うのであれば、

εr(ω) = 1 + χ(ω)

とするか、
εr(ω) = 1 + χ(ω)/ε0(ω)

にすべきです。
(χ(ω)にε0(ω)を含むか含まないかで式が異なる)

そうでなければ、比誘電率ではなく、誘電率ε(ω)を使い、

ε(ω) = ε0(ω) + χ(ω)

としなければならないでしょう。なお、こちらも、定義の違いで、

ε(ω) = ε0(ω)(1 + χ(ω))

とするやり方もあります。
比誘電率は上記誘電率を真空中の誘電率で割った値です。

>この場合も屈折率を
> n(ω) = √(εr(ω)μr(ω))
これはそのままでよいです。

>v = c/n = c/√(εr(ω)μr(ω)) ( c = nv )

で計算してもよいのでしょうか.(cは真空中の光速)

はい。ただし、気をつけて欲しいのは、吸収がある場合にはεrは複素数となります。
あと、一般的には透磁率は真空中の透磁率に置き換える、つまり比透磁率は1で計算してしまいます。

>また,波数kは,
>  k^2 = ω^2 μ ε
>で計算してもよいのでしょうか.

そうですね。それで構いません。この式では「比」ではない誘電率、透磁率で合っています

>媒質の比誘電率は,電磁波の角周波数(ω)が無限大のときの比誘電
>率ε0と誘電感受率χ(χ(∞)=0)を用いて,
>  εr(ω) = ε0(ω) + χ(ω)
>と表現できると仮定しています.
ちょっと変です。
比誘電率を使うのであれば、

εr(ω) = 1 + χ(ω)

とするか、
εr(ω) = 1 + χ(ω)/ε0(ω)

にすべきです。
(χ(ω)にε0(ω)を含むか含まないかで式が異なる)

そうでなければ、比誘電率ではなく、誘電率ε(ω)を使い、

ε(ω) = ε0(ω) + χ(ω)

としなければならないでしょう。なお、こちらも、定義の違いで、
...続きを読む

Q屈折率の問題で困っています。

屈折率の問題で困っています。
屈折率nのとき,入射角が45度のとき,反射角はいくらか?
また,屈折率30度のとき,この媒質の屈折率はいくらか?

解法を教えていただけると助かります。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。

>>>屈折率nのとき,入射角が45度のとき,反射角はいくらか?

屈折率に関係なく45°です。

>>>屈折率30度のとき,この媒質の屈折率はいくらか?

「屈折率30度」は、「屈折角30度」の書き間違いでしょうね。
「スネルの法則」を使います。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%8D%E3%83%AB%E3%81%AE%E6%B3%95%E5%89%87

Q屈折率が大きい媒体から小さい媒体。入射・反射角の大きさは?

屈折率が大きい媒体から小さい媒体へ光が進むとき、入射角と反射角の大小はきまっているのでしょうか?

また決まっているとすればどういう原理からでしょうか?


さらに、全反射ってこれに関係しているのでしょうか?


よろしくお願いします。

Aベストアンサー

決まっています。
スネルの法則です。
光の速度が媒質によって違うのが原因です。
参考URL。
速度は波長によっても違います。虹やCD表面の虹色。
全反射も屈折しきれなくなったときに起こります。

参考URL:http://www12.plala.or.jp/ksp/wave/snell/

Q空気の屈折率

空気の屈折率を窒素の屈折率と酸素の屈折率から求めたいのですがやり方がよくわかりません。窒素の屈折率をx、酸素の屈折率をyとするとどのような式になるのでしょうか?温度は273Kのときです。

Aベストアンサー

単純に混合比で按分すればいいはずです。
(計算例)
窒素と酸素の比率を仮に4:1とすれば、空気の屈折率は
(4x+y)/5=(4×1.000297+1.000276)/5=1.000293

Q中赤外(波長2μm程度)の透過率・屈折率

いつもお世話になります。
私は分析装置について勉強している学生です。
いろいろ調べていくと、中赤外領域の透過率・屈折率がわかる分光装置(FT-IR)があるということがわかりました。
可視領域の透過率・屈折率ならばおよその応用の検討がつきますが、
中赤外領域における透過率・屈折率はなぜ測る必要があるのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

 CDやMD装置には赤外レーザーダイオードが使用されていますし、光ファイバーも赤外線で通信をしています。
 従って、赤外用の光学レンズなどを設計・製作するために必要ではないでしょうか。
 光学レンズメーカーのURLを書いておきます。この中に赤外レンズのページがあるので、参考になるかも知れません。

参考URL:http://www.edmund.co.jp/

Q二酸化炭素の屈折率

二酸化炭素の屈折率をご存知でしたらご教授願えますでしょうか?

あと、ある色で屈折率がn1なら他の色での屈折率n2は求まりますか?

Aベストアンサー

ちょうどすぐ横に理科年表があったので見てみると、ナトリウムD線に対する0℃、1気圧の二酸化炭素に対する屈折率は
1.000450
だそうです。

>あと、ある色で屈折率がn1なら他の色での屈折率n2は求まりますか?

そういう問題を電磁気学の演習書で見たような気がします。

Q相変化記録媒質の屈折率について

皆様,お忙しい所質問に対する回答の方お願いします.
半導体である相変化記録媒質(GeSbTe(ゲルマニウム,アンチモン,テルル))の複素屈折率N=n-jkのさまざまな光の波長に対する値を知りたいのですが何かよい参考文献ありましたら教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

GeSbTe absorption spectrum
をキーワードでgoogle検索したらこんなものが出てきましたよ。

参考URL:http://scitation.aip.org/getabs/servlet/GetabsServlet?prog=normal&id=JVTAD6000017000004001854000001&idtype=cvips&gifs=ye

Q氷の屈折率について

何故、氷は固体なのに水よりも屈折率が低いのでしょうか?
水の屈折率1.3330、氷の屈折率1.309(常光)

Aベストアンサー

屈折率nは光速をc、媒質中の光の速度をvとするとn=c/v=√(εμ/ε0μ0)=√(εr/μr)で表されます。ここでεr=ε/ε0は比誘電率、μr=μ/μ0は比透磁率と呼ばれます。具体的な値は適当な便覧で調べてください。氷と水の屈折率の違いはこれらの値が異なるためですね。何故異なるかというと水と氷の構造の違いからきています。氷の屈折率が水より低いということは上の式より水の中より氷の中のほうが光の速度が速くなるということになりますね。キチンと水分子が配列(結晶)している中のほうが光は進みやすいというでしょうね。

Q光速度を求める実験について 波長×周波数=速度 の式を用いて…。

光速度を求めるために、波長×周波数=速度の式を使って実験しようと思っていたのですが、周波数を求める実験方法が分かりません。
波長はヤングの干渉実験を用いて実験しています。
(波長の実験は、計算すると波長が15μmになってしまい光の波長にしては大きすぎると思うんです。こちらの実験も何か注意すべき事等教えて下さい!ちなみに、この実験ではレーザーポインターを光源としました。)

周波数を求める実験方法(機械などは使わないでできたら嬉しいです。)と、ヤングの干渉実験についての注意点など、教えて下さい!

Aベストアンサー

現代の定義では、光が1秒間に進む距離は299792458mに確定されているので、1秒を正確に測り、1秒間に振動する回数を正確に測れれば、周波数が決まり、その結果波長が決まります。ただ、それはあとづけで、光速度一定が定義になる前には、波長と周波数の両方を確定する作業が必要なわけで、たとえば、基本的な干渉実験でやりたい!という事になるわけですネ!?

有効数字は、9ケタなどは無理ですから、2ケタくらいが目標でしょうか?おおよそ30万キロm/sくらいになればよいという感じで・・・。

ヤングの干渉では、波長λ、ピンホール間隔D、スクリーンまでの距離L、スクリーンの光軸からの距離をxとしたとき、Mを整数として
D/L=Mλ/x
を満たすところで干渉の明点が現れる・・でしたね。これでλを20倍以上間違える可能性があるとすると・・・

D=5mm
L=1m
λ =0.7μm
くらいでつくったとして
M=1だと、xは140μmですか?? これを正確に測るのは、手作りではチョト難しいですかね?
間違えるのは、M以外に考えにくいですが、どうでしょ?

こうゆ~時は、Mは確定させずに、差分 ΔM/Δx=D/(Lλ)  と微分形式で変化率を考えて
Δxのなかに、干渉明点がいくつあるか?とΔMを数えて、λを求めた方が、いいかもしれませんね。やってみないとわかりませんが・・・・。

さて、周波数はどう測りましょ?
これは難題ですね!

産総研の計量部門のように、多くの干渉光源でヘテロダイン周波数変換の連結をつくって、光の周波数を電波領域まで落とす事ができる組織ならできますし、光COM光源など、周波数を決定調整できる装置を持っている人なら、周波数を決められますが、そんな装置を持ってるなら、ヤングの干渉実験なんかやりませんよね!

光はあきらめて、電波は簡単にコヒーレントなんで、GHz前後の周波数の発信機を基にして、周波数を決めた電波で、アンテナ型の干渉実験をやって、波長を求める方向が良いのでは?と思いますが、それでは面白くないですね。

AOかEOか、ゼーマン効果のどれかを用いて、1つのレーザから、数M~数GHzの微小な周波数差を持つ2つの光をだし、ヤングの干渉では難しいので、マイケルソン干渉計で、2周波数の合成波長から光速を求めるか?でも、機械走査系をつかいたくないという趣旨に反しますし、波長程度の走査ができるくらいなら、ヤングの干渉実験ではやりませんよね~?

がらりとかえて、TOF(飛行時間計測)に行ってしまうのもありですかね~?。半導体レーザをMHzぐらいでON/OFFして、10~100mくらいのところに反射鏡を置いて、光が往復飛ぶのに何秒かかったか?をオシロスコープで測るというやりかたです。これは、当たり前ですが、波長も周波数も関係なく、光速が測れます。

波長を測るのと、周波数を測るのは、似ているようで、実は大きくちがいます。周波数は、15乗の周波数でも、1秒かければ1Hzの分解能で測れますが、波長を15ケタの分解能で測るのは難しいですね。ですから、光の速度を定義で決めてしまい、時間を測れば波長は無視できるようにしてしまうわけです。

現代の定義では、光が1秒間に進む距離は299792458mに確定されているので、1秒を正確に測り、1秒間に振動する回数を正確に測れれば、周波数が決まり、その結果波長が決まります。ただ、それはあとづけで、光速度一定が定義になる前には、波長と周波数の両方を確定する作業が必要なわけで、たとえば、基本的な干渉実験でやりたい!という事になるわけですネ!?

有効数字は、9ケタなどは無理ですから、2ケタくらいが目標でしょうか?おおよそ30万キロm/sくらいになればよいという感じで・・・。

ヤング...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報