最新閲覧日:

確定申告についてお尋ねですが、医療費の支払額が年間10万円を越えると医療費控除が受けられると聞きました。昨年の医療費の支払総額は約12万円なのですが、この場合差額の2万円を課税対象額から差し引いた上で課税されると解釈して間違ってないでしょうか?その場合、戻ってくる税金は大体どれくらいだと考えられるでしょうか。税務署が遠く、交通が不便な環境ですので、もし還付額が数百円程度ならわざわざ行くまでもないかなと思ってます。(交通費の方が高いので。)
年収は約700万円です。

A 回答 (4件)

税務署が遠い場合は、返信用の封筒に切手を貼って同封して、確定申告の用紙を請求すれば送ってもらえます。


同様に、記入した確定申告書を、返信用の封筒に切手を貼って同封して送付すれば、控えに受付印を押して返送してもらえます。
還付金は銀行口座に振り込まれますから、この方法だと、家に居て還付の手続きが出来ます。

申告書の用紙がA4なのでね定型外になりますが、それでも4千円の還付なら安く上がります。

なお、記入については説明書が同封されて来ますから、ご自分で記入できます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

税務署よりも役所が近いのでそちらに出向こうと思っていましたが、郵送でも出来るのですね。嬉しいです。
ご丁寧に教えていただきどうもありがとうございました!

お礼日時:2002/02/04 14:03

 年収が給与収入の場合には、給与所得で510万円になります。

この額から更に各種控除があり、課税所得額が329万9千円までの場合は10%、330万円から899万9千円までは20%が所得税ですので、2万円の10%又は20%が還付となりますので、2千円か4千円の還付となります。

 税務署が遠い場合には、住民票のある役所でも受付をして税務署に申告書を送付してくれますので、還付の申告をすると良いでしょう。還付のみの受付けは、もう始まっています。印鑑、源泉徴収票、医療費控除の対象となる領収書、還付される所得税は申告者本人名義の口座に振り込まれますので、申告者名義の口座番号のメモや通帳をお持ちください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しく教えていただいてありがとうございます。直接税務署に行かなくても方法があることを知り、大変助かりました。4000円になりそうですので、他の用事のついでに役所に寄って申告したいと思います。ちょっとした金額ですよね。(笑)
今後の勉強にもなりましたし、どうもありがとうございました。

お礼日時:2002/02/04 14:01

種々の控除を行った後の金額が300万~1000万円ならば、控除によって戻ってくる金額はほぼその2割になるはずです。


2万円の控除なら、約4千円です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速お答えいただいてありがとうございました。ranxさんの仰るとおり、計算してみましたら4000円くらいになりました。大変勉強になりました。

お礼日時:2002/02/04 13:57

http://www.gosoudan.com/calc/H13/?PHPSESSID=4a11 …

源泉徴収お持ちですか?
あったら上記サイトで計算できますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

教えていただいてありがとうございました。早速計算してみました所、4000円くらいになってちょっと嬉しかったです。(笑)

お礼日時:2002/02/04 13:53

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ