ほうれんそうなどのおひたし。
ラップでくるんでレンジでチンすれば、栄養もこわれにくく色もよくできるそうですが、煮た場合は栄養も多少失われるが、有害な物質も抜けるので煮たほうがいいというふうに聞きました。
安全面と味・栄養を秤に掛けるとどちらがベターなのでしょうか?
あるいは両立できる方法はあるでしょうか。

A 回答 (3件)

有害な物質というものが、良くわかりませんが、


アク(蓚酸)が結石を作るといわれているので、その事でしょう。
(と勝手に断定して話を進めさせていただきます。)
1日3キロのほうれん草を1ヶ月間毎日食べつづけない限り
その心配はないです。
それよりも、ほうれん草を食べながら、お茶を飲んだり、
食後すぐにコーヒーを飲むほうがせっかくの鉄分の吸収を悪くしますので、そちらに気を使われたほうが、良いと思います。
なるべく旬(ほうれん草は、12~5月)の時期に収穫された新鮮なものを美味しく調理していただくほうが、
身体のためにも、精神衛生面からも良いと思いますが如何でしょう?
    • good
    • 0

確かに野菜をレンジでチンすると栄養価は湯でこぼす時より残ります。

でもアクというか独特の苦味成分のシュウ酸が残りますよね。もうこれは好みの問題だと思いますよ。レンジだと歯ごたえもしっかりしているし。
私は味と風味を気にするのでしっかり茹でて食べています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

皆様ありがとうございます。
あのアクが気になるし、精神衛生上問題もあるし、
ホウレンソウはゆでて食べることにします。

お礼日時:2000/12/24 00:07

味で決めれば良いのではないでしょうか?



有害物質が意味のあるほど抜けちゃうくらい茹でてしまったら味も栄養価も抜けちゃうでしょう。ほうれん草の茹で時間って30秒程度ですから先の水洗いでゴミとか農薬を洗い落とした分くらいしか抜けそうも無いし。(吸収してしまったダイオキシンなんかは無理でしょう)

一方、電子レンジ加熱の場合、サラダ用じゃないほうれん草(ちなみに私はこっちを毎日食べてます)を電子レンジでチンするとあくが強すぎておいしくないです。

ということで、どっちもどっちじゃないですかね?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qほうれんそうは油でいためたほうが栄養がよくとれるって本当ですか?

ほうれんそうは油でいためたほうが栄養がよくとれるって本当ですか?レンジとかで調理するよりも油の効果で栄養が吸収されやすくなるということをどこかで聞いたような気がするのですが本当のところわかりません。
ご存知の方おしえてください

Aベストアンサー

本当です。
ビタミンA(ベータカロチン)は脂溶性ビタミンなので油を同時に摂取すると吸収されやすくなります。

Qじゃがいもの芽をレンジで チン!チン!

最近 じゃがいもは芽が出るのが早いような気がします。使い道が多くて美味しいですから

常備しています。でも 気がつくと芽がニョキニョキ。不気味な形、毒もあるといいますし取り除いて

食べたいです。

芽を取るのは手間がかかるし新鮮なうちにと毎日イモ料理を食べるのもなんだかなぁ。

数年前、その芽を簡単に取り除く? いえいえ 芽を出さないようにする・・という画期的? と言って

も良い 嬉しい方法をテレビでみました。インチキではなかったと思います。

すぐに実行したような気もしますが、そのあたりの記憶が定かではないのです。

研究者のような方が白い上っ張りを着てレンジで実際にやってくれました。

お笑いの番組ではなく、まじめな番組でした。

ですが その効果の程はその場で即 知ることは出来ない性質のものでした。

買ってきたじゃがいもをまず・・・勿論未だ芽は出ていないものですよ・・・そのイモをまとめて何個か

レンジに入れます。そして何分間かチン!します。

その何分間か? が私は知りたい。メモをするのを忘れました。

私の想像では、イモの発芽をレンジの加熱によってシャットしてしまうのでしょうね。

科学的に根拠がある方法だったのだと信じていますが。

加熱時間が長過ぎて焼き芋状態になっては困りますし・・・チンしたイモは又しばらく寝かせておく

わけですから 熱くされて芽が出ないままに腐ってしまっては困りますし。

加熱時間はイモの数にもよりましょうが。

どなたかこのやり方 ご存じありませんか?

新じやがの美味しい季節、あわてずゆっくり新鮮なポテトを頂きたいです。

よろしくお願いします。















 

最近 じゃがいもは芽が出るのが早いような気がします。使い道が多くて美味しいですから

常備しています。でも 気がつくと芽がニョキニョキ。不気味な形、毒もあるといいますし取り除いて

食べたいです。

芽を取るのは手間がかかるし新鮮なうちにと毎日イモ料理を食べるのもなんだかなぁ。

数年前、その芽を簡単に取り除く? いえいえ 芽を出さないようにする・・という画期的? と言って

も良い 嬉しい方法をテレビでみました。インチキではなかったと思います。

すぐに実行したような気もしますが、...続きを読む

Aベストアンサー

 レンジでチンすると芽が出なくなる…確かに科学的な根拠はあると思いますが、多分そんなにたいしたものではなく、単純に表面を加熱して植物を殺してしまう、というだけのことだと思います。
 冷凍野菜の処理では、「ブランチング」という方法が使われます。これは単純に熱湯で表面を加熱することなのですが、表面の温度が95℃・約1分でその植物の活性がほぼ失われるとききます。
 レンジだと熱湯加熱と同じようにはいかないと思いますが、じゃがいも2~3個で1分程度、長くて2分程度で充分なのではないでしょうか。(どんぶり勘定ではあります)

 余談ですが、じゃがいもの放射線照射は別段危険なものではありません。放射線自体は我々が自然界で常に浴びている電磁波の一種ですが、じゃがいもの芽止めの方法としてはコバルト60でごく弱いガンマ線を照射することになります。ただしこれによってジャガイモに放射性物質が残ったりすることはありませんし、ましてやじゃがいも自体が放射性物質に変わる(変わるには桁違いに猛烈な強さの照射が必要)わけでもありません。
 我々がレントゲン検査をしたって放射線を出すようになるわけじゃないですよね。それと同じです。

 日本では原爆の影響や原発の事故で放射能アレルギーがあって、「放射」という言葉がつくだけで社会的な拒否反応がでます。そのため、農産物の放射線照射による芽止めはじゃがいもでしか許可されていませんし、実施している施設も一箇所だけです。処理量もしれたものですので、我々が目にすることはまずないと思います。
 世界的には、薬剤(農薬)よりはよっぽど安全で安いってんで、芽止めや香辛料の殺菌、食肉の殺菌等にごく普通に行われていることなんですけどね。

 レンジでチンすると芽が出なくなる…確かに科学的な根拠はあると思いますが、多分そんなにたいしたものではなく、単純に表面を加熱して植物を殺してしまう、というだけのことだと思います。
 冷凍野菜の処理では、「ブランチング」という方法が使われます。これは単純に熱湯で表面を加熱することなのですが、表面の温度が95℃・約1分でその植物の活性がほぼ失われるとききます。
 レンジだと熱湯加熱と同じようにはいかないと思いますが、じゃがいも2~3個で1分程度、長くて2分程度で充分なのではないでし...続きを読む

Q煮物は、油いためしてから煮る?直接材料を入れて煮る?

煮物を作るときに、先に油でいためてからだし汁をいれ煮る方法と、だし汁などの中に直接材料を入れて煮る方法がありますが、何か違いはあるのでしょうか。
どちらの方がおいしくできるとか、また、もしそれぞれ利点があるようならば、それにあった料理なども教えてください。
主婦歴11年ですが、いまだにこんなことで悩んでいます。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。主婦歴1年半の者です。
基本的にお肉類は炒めてから煮ます。そのほうがお肉のうまみが逃げなくておいしくできあがると聞いた記憶があります。
後は、その料理によりますかね・・。
肉じゃがやカレー、シチュー等はお肉を炒めてから(表面が焼ける程度)、切った野菜を入れて油をからめる程度にまぜて(炒めて)から、煮ます。
おでんやお煮しめ等にいれる肉系は、炒めないで直接、煮ます。
おでんに入れる肉系は、だし取りがメインなので炒めません。

合ってるかどうかわかりませんが、私はそうしていますよ。

Q天津丼にほうれん草のおひたし・・・

こんにちは♪

今日の晩ご飯は
・天津丼
・ほうれん草のおひたし
・みそ汁

なのですが、もう1品なにかあったらな~と思っています。

皆さんなら、何にしますか?!

Aベストアンサー

ちるちるさんおかえりなさい、またお会いできましたね♪

豆腐好きの我が家としては、豆腐料理は必ず一品つきます。
冬だけど、ひややっこ。
 1.ザーサイとねぎのみじん切りをのせて、醤油とラー油をかける。
 2.キムチのみじん切りをのせる。
 3.ねぎ、しょうが、桜海老、のみじん、としらす干、おかか、
   大葉の千切り、ごま、など薬味たっぷりに、醤油をかけて。
 4.ひき割り納豆、オクラ小口切り、長いも、醤油をかけてねばねば三昧。

あ!ちょっと大人向きかな?

Q菜物のおひたしの作り方

ほうれん草のおひたしのつくりかたです。

実家で母が作るのは、醤油味が濃くて、ほうれん草をぎゅっと絞って、俵みたいにして
重ねて盛り付けていました。上にかつお節がかかっていました。

学生のとき読んでいた料理本のおひたしは、母のと似ています。
ほうれん草を茹でたら、根元から醤油をたらす<醤油洗い>をします。
こうすることで、醤油の塩分により、ほうれん草の水分を出し
同時に醤油の味を染み込ませるのだそうです。
そして、根元から何度も汁気を絞って、ギュウとなったら、切って、
俵を重ねるみたいにして盛り付けます。
最後に鰹節をのせて、食べるときに醤油をかけます。
汁気はほとんどありません。

最近見た料理本の作り方は違いました。
茹でたら、出汁醤油に漬けます。
というより、器に盛ったほうれん草の上から、出汁醤油を注ぎます。
出汁醤油の中で、ほうれん草がひらひらと泳ぐような感じです。

ほうれん草のおひたしって、どっちが本当なんでしょう。

Aベストアンサー

どちらも本当ですよ。
関西では出汁醤油に漬けるやり方を習いました。
関東では醤油洗いをすることが多い気がしますが、田舎では、ゆでたヤツをそのまま皿に盛って、ゴマや鰹節かけて醤油かけて食いますねー。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報