古墳や巨石などの遺跡に著作権はあるのでしょうか。
たとえば、そういったものを撮影したり、絵に描いたりして販売するとかWebに載せたりする場合、
どこかに許可を得る必要はあるのですしょうか?
博物館収納の遺物なら、その博物館の許可を得ればよさそうですが、
観光資源になっておらず、発掘も終了しているような遺跡などは、どうなのでしょうか?

A 回答 (1件)

著作権は、著作者の没後50年で失効しますから、遺跡には著作権は存在しえません。


(そもそも遺跡は著作物ではないので)
したがって、それらの遺跡を撮影・写生すること、それらを公開することには何の制限もありません。

ただし、非公開の遺跡や、無断立入り・撮影などが禁止されている遺跡では、その土地の所有者や遺跡の管理者の許可なしに上記のような行為がおこなえないのは言うまでもありませんが。
たとえば宮内庁が管理している古墳の玄室に忍び込んで写真を撮ったりしたら、著作権法云々以前に、文化財保護法に触れます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

と、いうことは書籍などに載っている遺跡、遺物なら大体はOKということですね。
仁徳天皇陵などは立ち入り禁止ですが、航空写真などで外部は公開(?)されているので、
この程度のレベルならOKと考えられるわけですね。
ありがとうございます。

お礼日時:2002/03/01 11:25

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q遺跡について教えてください

外国人あての紹介文で英訳をしているのですが

私たちは○○遺跡と呼んでいるもので
江戸時代の街並みを復興したもの

つまり、純粋な遺跡ではないのですが
それを紹介したい場合は英語でなんと言えば
いいのでしょうか??

Aベストアンサー

ご質問者様の訳したい文章が途中で途切れている(あるいは文章の一部の)ような感じがするので、わからない部分が多いのですが。こちらで少々英語は補ってあります。

それと、日本語は「復興」ではなく、「復元」でしょうか?

もとからあった古い建物に手を入れて復元したものなら"restored"、まっさらの状態から当時の街並みを忠実に立て直したのなら"reconstructed"としてください。

写真の下に入れるキャプションのような感じの文章ですと、これだけで十分通じます。

The restored (reconstructed) old streets in Edo period, also known as "XXX site."
「江戸時代の街並みを復元したもので、別名XXX遺跡として知られている」


あるいは、純粋に説明するのであれば、「別名"XXX遺跡として知られる、江戸時代の街並みを復元したものがある」
There are restored (reconstructed) streets in Edo period, also known as "XXX site".

あるいは、「通称~という江戸時代の街並みを復元したものがある。」なら、
There are restored (reconstructed) streets in the Edo period, commonly called "XXX site".

「街並み」は、streetsとしました。
もし、日光江戸村などのように江戸の街をまるまるひとつ復元しているのなら、townでいいと思います。
(a restored/reconstructed townのようにする)

遺跡は"a site"です。
「別名」「通称」などとしているので、正式な名前でないことは十分わかるでしょう。
あと、they are not real は特に入れなくても大丈夫。復元した街の説明を先に出しているので、通じると思いますよ。

ご質問者様の訳したい文章が途中で途切れている(あるいは文章の一部の)ような感じがするので、わからない部分が多いのですが。こちらで少々英語は補ってあります。

それと、日本語は「復興」ではなく、「復元」でしょうか?

もとからあった古い建物に手を入れて復元したものなら"restored"、まっさらの状態から当時の街並みを忠実に立て直したのなら"reconstructed"としてください。

写真の下に入れるキャプションのような感じの文章ですと、これだけで十分通じます。

The restored (reconstructed)...続きを読む

Q写真屋さんに著作権などあるのでしょうか?肖像権と著作権、どっちが強いのでしょうか?

知り合いから相談されています。幼稚園の生活発表会(学芸会みたいなもの)のときに、幼稚園が写真屋さんに依頼して、子供の写真を撮ったそうです。(スナップ写真や記念写真など)その写真は、その後、保護者が注文をして買うことができたそうです。(ちょっと高めだったらしい)ところが、その後、偶然、幼稚園と何の関係もないある印刷物にその幼稚園の生活発表会の写真が掲載されていたので、幼稚園に報告し、幼稚園から写真屋さんに抗議したところ、写真屋さん曰く「うちに著作権があるので」とのこと。また、幼稚園は幼稚園で、撮影を依頼したのは、幼稚園なのだから、著作権は幼稚園にあると主張・・・・。知り合いは、「じゃあ、うちの子の肖像権は??」となった訳です。この話、正しいのは誰なんでしょうか?

Aベストアンサー

肖像権に関しては確かに日本には明文化された法律はありません。しかしながら、人格権としては存在し、「被写体としての権利でその被写体自身、もしくは所有者の許可なく撮影、描写、公開されない権利。すべての人に認められる。みだりに自分の姿を公開されて恥ずかしい思いをしたり、つけ回されたりする恐れなどから保護するというもの。」とされています。

著作権は確かに写真屋さんにあります。契約の内容にもよりますが、契約を結んだ幼稚園側にも著作権が同じくある場合もあります(契約書に写真屋さんに全て帰するとされていれば別です)。雑誌の写真などはそのようにして、カメラマンと出版社に著作権があり、人格権としての肖像権は被写体にもあるという形です。

今回の場合、人格権として保護されるべきであるので、勝手に掲載した写真屋さんは取り下げる必要が認められる可能性が高いです。
どちらが強い?弱い?ではなく、「著作権者、被写体双方の同意が無い場合は表に出してはならない」と思っていた方が確実です。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%82%96%E5%83%8F%E6%A8%A9

肖像権に関しては確かに日本には明文化された法律はありません。しかしながら、人格権としては存在し、「被写体としての権利でその被写体自身、もしくは所有者の許可なく撮影、描写、公開されない権利。すべての人に認められる。みだりに自分の姿を公開されて恥ずかしい思いをしたり、つけ回されたりする恐れなどから保護するというもの。」とされています。

著作権は確かに写真屋さんにあります。契約の内容にもよりますが、契約を結んだ幼稚園側にも著作権が同じくある場合もあります(契約書に写真屋さんに...続きを読む

Q札幌円山で食事、カフェ、散歩したい

4月中旬に札幌円山に東京から奥さんを連れて行きます。
円山を気に入ってもらいたく、お散歩コースを教えてください。

昼食を予約なしでカジュアルに食べれるお洒落なお店、そしてカフェをお教えください。

調べたところ、円山クラスの裏辺りにある「PIZZERIA e TRATTORIA Lucci」はどうでしょうか?
雰囲気、食事など教えてくれたら嬉しいです。

そして食後のカフェですが、宮越屋がすごくお洒落でいいと思ったのですが1階2階ともに喫煙可で非喫煙者にはかなりきついとのこと。

「工房茶庵 巧」とか少し歩きますが「円山ぱんけーき」とかいいかなあと思いますがどうでしょうか?

そしてまだ雪があると思いますが、晴れていたらどの辺りを散歩したり見学したりすると良いでしょうか?
円山クラスには行ったことがあるのでそこ以外でお教えください。

どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

No1です。「お礼」拝見いたしました。
13日にいらっしゃるのでしたか、花にはまだちょっと早そうですね。
ただ、日向に面しているところでは、福寿草が見られるかもしれません。

服装ですが、13日、予報では中央区で晴れ時々曇り・13度程度まで上がりそうですね。
こちらでもさすがにダウンなどの冬物を着ている人は見かけなくなりました。
ただ、晴れていても、北風が吹くと日陰などでちょっと寒く感じますので、風を通さないタイプのちょっと薄手のコートまたはブルゾンなどが良いと思います。
できれば薄手の手袋もあったほうが良いと思います。(夕方は急激に気温が下がると思います)

もし「クッチーナ」でランチでしたら、「巧」は手押し信号を渡って、はす向かいですね。

北海道神宮へは行く予定はありませんか?
境内にある「六花亭の神宮茶屋」では、ここ限定の「判官さま」というお餅が食べられます。

また、まだちょっと寒いかもしれませんが、神宮の裏手にあるテニスコートに面したところ(一方通行の道路沿い)にあるソフトクリーム屋さんは、地元ではちょっと有名ですね。
「バーンズ」です。
http://www.barnes-web.com/

円山が気に入っていただけると嬉しいです。(ここで生まれ育って60有余年になります)
よいご旅行となりますよう・・・・・。k

No1です。「お礼」拝見いたしました。
13日にいらっしゃるのでしたか、花にはまだちょっと早そうですね。
ただ、日向に面しているところでは、福寿草が見られるかもしれません。

服装ですが、13日、予報では中央区で晴れ時々曇り・13度程度まで上がりそうですね。
こちらでもさすがにダウンなどの冬物を着ている人は見かけなくなりました。
ただ、晴れていても、北風が吹くと日陰などでちょっと寒く感じますので、風を通さないタイプのちょっと薄手のコートまたはブルゾンなどが良いと思います。
できれ...続きを読む

Q著作権を侵害した著作物に著作権はあるか。

 題の通りです。例えば「月刊あはは」に書いてあった文章を「週刊いひひ」が無断で一ページ掲載した場合、「週刊いひひ」には、著作権は存在するのですか?(無断で掲載したページ以外についても)あとその「週刊いひひ」が無断で掲載した一ページを「日刊うふふ」が無断で掲載した場合どうなるのでしょうか?また「週刊いひひ」が無断で掲載した以外のページを「秒刊えへへ」が無断で掲載した場合はそうなるのでしょうか?
※ここに登場する名前はフィクションです。
 あと、DVDコピーのやり方などを書いている、間接的に著作権を侵害している著作物にも著作権はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

 著作権が発生する要件は創作されたものとみなされることです。複製された著作物は創作によって制作されてはいませんから、著作権がありません。何社が次々に出版しても著作権は原作者にしかないことになります。
 しかし、難しいのはその1ページが引用に過ぎなかったり、まったくそのままではなく、パロディやニュース記事として創作されている場合です。そういったものを二次的著作物とよび二次的著作者としての著作権上の権利が発生します。そして、著作権法28条には著作物から派生的に作られた二次的著作物にも原著作者の権利が及ぶとされていることから、二次著作物には複数の権利が重畳して存在していることになります。
そこで、「月間あはは」は某教祖のスキャンダルをすっぱ抜いた。「月間いひひ」は「月間あはは」の写真と記事を引用して攻撃の火の手をあげた。「月間うふふ」は「月間いひひ」には承諾を得たが「月間あはは」には承諾を得ることもなく記事を掲載した。とすると「月間うふふ」は「月間あはは」から訴えられる可能性があることになります。

Q20代の女性です。明日から遺跡の発掘のバイトをします。ただ服装はどうし

20代の女性です。明日から遺跡の発掘のバイトをします。ただ服装はどうしようと悩んでいます。紙には発掘しやすい服装としか書かれていませんでした。半袖か長袖かとか。帽子はいりますよね。他はどのようなものが良いのでしょうか?知っている人、教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

私も遥か昔の高校生の時部活で毎年(特に夏休み等)発掘に参加していました。
その時の経験からですが日焼や怪我等の防止からも長袖長ズボン、タオル(2~3枚)に軍手ですね。
長袖もTシャツの上からシャツを着ていると休み時間等は脱ぐ事も出来るので便利ですよ。
後場所にもよりますが虫除けも有ると良いと思います。

Q撮影したい写真のイメージにたまたま近い写真が販売物に。そのまま予定通り自分で撮影した写真をサイトで使用したら著作権侵害?

商用のWebサイトを製作していますが、とある案件でトップページに使いたい写真を考えていて、自身のイメージというものがありました。
が、撮影には手間隙かかるし植物の栽培の必要もありましたので、写真を販売しているサイトで良いのがないか探していましたところ、この自分のイメージのズバリというほどの写真がダウンロード販売されていたのをたまたま見つけました。
以下です。

http://www.jp-selectshop.com/pre/bokudaizu/bean_and_hand.jpg


イメージズバリといっていいほどの写真だったので、撮影せずにこの写真を購入してもいいと思ったのですが、価格が高過ぎるので無理でした。
なのでやはり自分で撮影しようと思っていたところでひとつ疑問が出ました。

自分のイメージで撮影したとして、このたまたまイメージドンズバの写真が存在するので、この写真販売業者から著作権侵害とか言われないだろうか?
と思ったのです。

もともとの自分のイメージというのは、

・場所は暗いシチュエーションで、被写体だけをぼんやりと明るく写す
・母親が大豆の新芽を手で土ごとすくって自分の子供の手のひらに与えようとしている感じ
・背景は大豆畑か、それとも黒かグレーのバック紙

という感じに思っていました。
なので販売写真とかなり似ているのは似ています。

おそらくは著作権問題にはならないように思うのですが、顧客のWebサイトのことなので確かめたく思っています。

宜しくお願い致します。

商用のWebサイトを製作していますが、とある案件でトップページに使いたい写真を考えていて、自身のイメージというものがありました。
が、撮影には手間隙かかるし植物の栽培の必要もありましたので、写真を販売しているサイトで良いのがないか探していましたところ、この自分のイメージのズバリというほどの写真がダウンロード販売されていたのをたまたま見つけました。
以下です。

http://www.jp-selectshop.com/pre/bokudaizu/bean_and_hand.jpg


イメージズバリといっていいほどの写真だったので、撮...続きを読む

Aベストアンサー

写真の著作権侵害は非常に難しい問題です。

写真の著作権侵害を判断するに当たっては、被写体の選択・構図・光線の具合・色合いなどの独創性がどれだけ似ているかということを総合的に判断しますが、写真は、同じものを撮影すれば、誰でも同じような写真になりがちなので、一般的にはデッドコピーに近いものでなければ著作権侵害にはなりません。

今回の場合、被写体が決まってしまうと構図についてはあまり選択肢があるとは思えないので独創性は少ないですが、光の当て方・背景などはそれなりに選択の余地があります。また、大人の手と子供の手と新芽という被写体の選択は、表現としては独創性がそこそこあるでしょうね。したがって、被写体の選択と光線の具合などをトータルで見たときに、表現として共通性が認められる、すなわち著作権侵害になる可能性もあります。

バックを大豆畑にして全体を明るくしてしまえば、かなり受ける印象が代わるので著作権侵害になる可能性は相当小さくなるとは思います。

Q水の流れる遺跡があるのは、どこ??

以前、何かのテレビ番組で見た遺跡が、どこの何遺跡だったか思い出せず、探してもわからないのです。
記憶が、あやふやなので、間違っているかもしれませんが、大きな石造りの遺跡で、今現在、その遺跡のある地域は、そんなに水が豊富ではないのに、遺跡には、水路や、水のたまる場所などが、張り巡らされていることから、その遺跡が栄えていた当時は、水が豊富にあったことをものがたっている、といった内容で、遺跡の水路に、水が流れている再現CGも、そのテレビ番組では放映していました。遺跡の石造りの段差を、水が流れ落ち、とても壮大な遺跡です。(今現在は遺跡に水は流れていません)
日本ではなく、外国でした。
アンコールワットには、水をためる大きなため池が近くにあって、雰囲気は似ているのですが、遺跡のあちこちに水が流れて、水路がぐるりと建物を取り囲んだり、階段のような段差を水が落ちてきたりといった、水による装飾があるのかないのかはっきりしなくて、どうも違うみたいだな、と思っています。
とても気になっているので、どうか情報をよろしくお願いします。

Aベストアンサー

↓これのことかな?

参考URL:http://www.taisei.co.jp/cg/4dai/indo.html

Q許可なく撮影された写真の著作権と肖像権について

息子の入学式で、写真屋がきて多くの撮影をしていました。息子は新入生代表だったので、ぜひとも代表宣誓をしている姿を入手したいと思っています。写真屋に電話かけたところ、デジタルデータでの購入は難しいとのことでした。可能でも価格が高そうです。

つまり、写真屋は著作権を主張するでしょうが、こちらは肖像権を主張できるはずです。私は、息子の写っているカットを削除してくれ、と要求することが可能と思われます。そうすると、宣誓場面でなく、他の生徒と写っているカットも削除されることになり、写真屋も困るはずです。

お互いの権利を主張しあいながらも、私がデジタルデータを安く入手することは可能でしょうか?

Aベストアンサー

日本では「表現の自由・言論の自由」が日本国憲法により保証されており、肖像権に関して特別に定められた法律は現在は存在しません。
さらに、公共の場所で不特定多数の人物を撮影する場合は、肖像権の侵害は基本的に認められません。

ただし、判例の中で肖像権が一部認められているケースがあります。
人格権に関しては、「公権力が『正当な理由無く』個人を撮影してはならない」とする最高裁判例が存在します。この判例における法源としては、憲法13条(幸福追求権)が挙げられます。ただし、捜査の過程において高度な蓋然性が認められる場合はこの限りではありません。

ここで大切なのは「公権力が」という部分です。
つまり今回の件には該当せず、あなたの主張は通りませんね。

Q遺跡の名前について教えて下さい。

こんにちは。
国内の遺跡の中で「湯舟」とか「上大倉」または「上北倉」?などの名前もしくは地名の付いた遺跡名もしくは遺跡の所在地について調べております。
この辺りにお詳しい方、どこの都道府県に存在する何という遺跡なのでしょうか?正式な遺跡名や所在地をお教えください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
 単純に地名を捜すならこちら。
http://mapbrowse.gsi.go.jp/mapsearch.html
上北倉、無し。上大倉、4ヵ所。湯舟、30ヵ所(それぞれの名称を含む地名と考えて下さい)。
 googleで、それぞれに更に「遺跡」で検索すると、上大倉は特に該当無し。湯舟は全国に数ヵ所あって、中に一つ非常に有名なものが含まれています。京都北部の湯舟坂2号墳から1981年に出土した双龍環頭太刀は、新聞にも大きく取り上げられたものです(参考URL)。
 ここ以外では、青森県鰺ヶ沢町湯舟の杢沢製鉄遺跡(↓の6.3)がありますが、これは遺跡の名称そのものではありません。
http://www.asahi-net.or.jp/~zp4m-nkns/tgruoniprint.htm
 http://www.town.amino.kyoto.jp/amino_db/tyoushi/8/1005.html
といったほかのページも考え合わせると、お捜しのものはやはり京都の湯舟坂2号墳ではないかと推測します。

 これら以外の類似の地名が付く遺跡も有るかもしれませんが、これ以上は私の手に余りますのであしからず。
 

参考URL:http://www5d.biglobe.ne.jp/~mingakko/kohun7.html

こんにちは。
 単純に地名を捜すならこちら。
http://mapbrowse.gsi.go.jp/mapsearch.html
上北倉、無し。上大倉、4ヵ所。湯舟、30ヵ所(それぞれの名称を含む地名と考えて下さい)。
 googleで、それぞれに更に「遺跡」で検索すると、上大倉は特に該当無し。湯舟は全国に数ヵ所あって、中に一つ非常に有名なものが含まれています。京都北部の湯舟坂2号墳から1981年に出土した双龍環頭太刀は、新聞にも大きく取り上げられたものです(参考URL)。
 ここ以外では、青森県鰺ヶ沢町湯舟の杢沢製鉄遺跡(↓の...続きを読む

Qおしえて!gooの回答を運用スタッフが一部改変するのは、著作権のうち著作者人格権の同一性保持権の侵害ではないのでしょうか?

教えて!gooのわたしの回答が一つ削除され、その旨をメールで通知されました。
同時に、同じ質問中の自分の別の回答が一部改変されている(一行消されている)のに気
がつきました。こちらは通知はありません。

回答を消された事はマナー違反を指摘されたので納得していますが、一部改変は連絡も
なく心外です。

そこでいろいろ調べてみると、利用規約は
 第14条(投稿内容の利用権)
 4.投稿内容の著作権は、当社に帰属します。この場合、当社は、会員に対し、
   何らの支払も要しないものとします。
 5.当社は、投稿内容の編集、改変、複製、転載(何れも商用利用の場合を含みます)
   を行うことができます。これらを行う場合でも、当社は、会員に対し、
   何らの支払も要しないものとします。
とあり、「改変」できる事になります。

しかし、著作権法上は、

 著作権法 第59条
  著作者人格権は、著作者の一身に専属し、譲渡することができない。

とあり、この著作者人格権の一つである同一性保持権は、

 著作権法 第20条 第1項
  著作者は、その著作物及びその題号の同一性を保持する権利を有し、
  その意に反してこれらの変更、切除その他の改変を受けないものとする。

 同法 同条 第2項
  前項の規定は、次の各号のいずれかに該当する改変については、適用しない。
            (中略)
  4 前三号に掲げるもののほか、著作物の性質並びにその利用の目的及び態様に
    照らしやむを得ないと認められる改変

とあり、一般には改変はできないと思われます。
また、わたしの一行分が削除が止むを得ない程有害とも思えません。

今回の改変は同一性保持権の侵害ではないでしょうか?
また、利用規約第14条5項は同一性保持権を一般的に否定する問題のある規定では
ないでしょうか?

教えて!gooのわたしの回答が一つ削除され、その旨をメールで通知されました。
同時に、同じ質問中の自分の別の回答が一部改変されている(一行消されている)のに気
がつきました。こちらは通知はありません。

回答を消された事はマナー違反を指摘されたので納得していますが、一部改変は連絡も
なく心外です。

そこでいろいろ調べてみると、利用規約は
 第14条(投稿内容の利用権)
 4.投稿内容の著作権は、当社に帰属します。この場合、当社は、会員に対し、
   何らの支払も要しないものと...続きを読む

Aベストアンサー

ご指摘の通り、著作者人格権は一身専属の権利であり、譲渡、放棄することはできません(通説判例)。また、20条2項4号にいう「やむを得ないと認められる改変」とは、たとえば明白な誤字脱字の訂正や、36条の規定によって試験問題に用いる際に虫食いにするなど、ごく限られた範囲における改変を指すものと解されています。したがって、質問・回答文の一部を削除する行為は、同一性保持権の侵害にあたる可能性が高いといえるでしょう。

なお、ここの質問文・回答文は、著作物と認められるものも多数存在するでしょう。もっとも、一行のみの回答や、誰が書いても同様の表現とならざるを得ないもの、たんなる事実の叙述などは除かれます。

そこで、利用規約の話になりますが、利用規約への同意は契約の一種であるといって間違いはないでしょう。しかし、契約があればあらゆる権利が制限できるわけではなく、強行規定は契約に優位しますし、契約に瑕疵があれば無効となる場合もあり得ます。また、権利濫用の場合も考えられます。

著作者人格権は、文字通り人格権的な要素が強く、これが強行規定であるか、任意規定であるかについては学説上の争いがあります。もっとも、現在の著作権ビジネスの現状や慣行、世界的な動向をふまえて、契約によって不行使とする(放棄はできない)ことができるとする説の方が有力でしょう。

そこで、再び利用規約に戻りますが、この部分に関してはNo.4の方と同意見です。まったく問題がないとは思いませんが、同一性保持権の不行使特約と読んでも良いかと思います。
もっとも、タイトルが「投稿内容の利用権」とあるので、あくまで著作財産権の範囲に限るという反論もできそうです(著作権法では、財産権的権利に関して「利用」、著作物の享受に関して「使用」と、その語を使い分けています)。また、「なんらの支払いも要しない」だけであって、「通知しない」とまでは述べていませんね。
削除通知等に、「関連する他の回答の一部を改変することがある」旨の記載があったかと思いますが、これも、改変の通知としては少々乱暴というか、どこがどのように改変されたか、されていないか、もうちょっと具体的に書かれた方が、個人的には好ましいと思いますが。

いずれにせよ、同一性保持権に関しては不行使特約があると考えて良いのではないかと思います。

ご指摘の通り、著作者人格権は一身専属の権利であり、譲渡、放棄することはできません(通説判例)。また、20条2項4号にいう「やむを得ないと認められる改変」とは、たとえば明白な誤字脱字の訂正や、36条の規定によって試験問題に用いる際に虫食いにするなど、ごく限られた範囲における改変を指すものと解されています。したがって、質問・回答文の一部を削除する行為は、同一性保持権の侵害にあたる可能性が高いといえるでしょう。

なお、ここの質問文・回答文は、著作物と認められるものも多数存在するでし...続きを読む


人気Q&Aランキング