古墳や巨石などの遺跡に著作権はあるのでしょうか。
たとえば、そういったものを撮影したり、絵に描いたりして販売するとかWebに載せたりする場合、
どこかに許可を得る必要はあるのですしょうか?
博物館収納の遺物なら、その博物館の許可を得ればよさそうですが、
観光資源になっておらず、発掘も終了しているような遺跡などは、どうなのでしょうか?

A 回答 (1件)

著作権は、著作者の没後50年で失効しますから、遺跡には著作権は存在しえません。


(そもそも遺跡は著作物ではないので)
したがって、それらの遺跡を撮影・写生すること、それらを公開することには何の制限もありません。

ただし、非公開の遺跡や、無断立入り・撮影などが禁止されている遺跡では、その土地の所有者や遺跡の管理者の許可なしに上記のような行為がおこなえないのは言うまでもありませんが。
たとえば宮内庁が管理している古墳の玄室に忍び込んで写真を撮ったりしたら、著作権法云々以前に、文化財保護法に触れます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

と、いうことは書籍などに載っている遺跡、遺物なら大体はOKということですね。
仁徳天皇陵などは立ち入り禁止ですが、航空写真などで外部は公開(?)されているので、
この程度のレベルならOKと考えられるわけですね。
ありがとうございます。

お礼日時:2002/03/01 11:25

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q遺跡について教えてください

外国人あての紹介文で英訳をしているのですが

私たちは○○遺跡と呼んでいるもので
江戸時代の街並みを復興したもの

つまり、純粋な遺跡ではないのですが
それを紹介したい場合は英語でなんと言えば
いいのでしょうか??

Aベストアンサー

ご質問者様の訳したい文章が途中で途切れている(あるいは文章の一部の)ような感じがするので、わからない部分が多いのですが。こちらで少々英語は補ってあります。

それと、日本語は「復興」ではなく、「復元」でしょうか?

もとからあった古い建物に手を入れて復元したものなら"restored"、まっさらの状態から当時の街並みを忠実に立て直したのなら"reconstructed"としてください。

写真の下に入れるキャプションのような感じの文章ですと、これだけで十分通じます。

The restored (reconstructed) old streets in Edo period, also known as "XXX site."
「江戸時代の街並みを復元したもので、別名XXX遺跡として知られている」


あるいは、純粋に説明するのであれば、「別名"XXX遺跡として知られる、江戸時代の街並みを復元したものがある」
There are restored (reconstructed) streets in Edo period, also known as "XXX site".

あるいは、「通称~という江戸時代の街並みを復元したものがある。」なら、
There are restored (reconstructed) streets in the Edo period, commonly called "XXX site".

「街並み」は、streetsとしました。
もし、日光江戸村などのように江戸の街をまるまるひとつ復元しているのなら、townでいいと思います。
(a restored/reconstructed townのようにする)

遺跡は"a site"です。
「別名」「通称」などとしているので、正式な名前でないことは十分わかるでしょう。
あと、they are not real は特に入れなくても大丈夫。復元した街の説明を先に出しているので、通じると思いますよ。

ご質問者様の訳したい文章が途中で途切れている(あるいは文章の一部の)ような感じがするので、わからない部分が多いのですが。こちらで少々英語は補ってあります。

それと、日本語は「復興」ではなく、「復元」でしょうか?

もとからあった古い建物に手を入れて復元したものなら"restored"、まっさらの状態から当時の街並みを忠実に立て直したのなら"reconstructed"としてください。

写真の下に入れるキャプションのような感じの文章ですと、これだけで十分通じます。

The restored (reconstructed)...続きを読む

Q博物館や資料館所蔵の資料の著作権

博物館や資料館所蔵資料の写真を紙媒体やウェブへ掲載する場合、掲載許可と使用料を要求されます。その法的な根拠は何でしょうか?

国宝や重文など高度なメンテナンスが必要な所蔵品であれば、寄付のつもりで使用料を払うことには納得できます。しかし例えば昭和30年、40年代の絵はがきやマッチ箱、ポスター類などの商用複製物は原著作者の著作権が切れていない場合も多く、単なる保管者(あるいはコレクター)にすぎない博物館や資料館に使用料を払うことには抵抗があります。著作権の侵害にはあたらないのでしょうか?
単に所有物の使用許可という意味合いになるのでしょうか?

少なくとも資料写真を自分で撮影する場合、あるいは古い新聞の版面をそのまま転載するなどの場合などは、博物館は著作権に関与していないと思うのです。
使用許可を得ないで無断で転載した場合、どのような罪に問われるのでしょうか?

Aベストアンサー

法的な根拠とすれば,民法第二百六条 「所有者は、法令の制限内において、自由にその所有物の使用、収益及び処分をする権利を有する。 」です.

一般に,ある物体には,絵画のように,著作権と所有権の二つの権利が併存することがあります.著作権についてはその存続期間があったりしますが,所有権については永久に存在することがあり得ます.

ご質問の場合に,著作権がその存続期間内であれば,著作権法に従うことになりますが,ここではむしろ所有権の問題とお考えください.
過去に,「かえでの木事件」というのがあって,所有者に無断で有名な木の写真を撮り複製したものが侵害とされなかった判例,唐時代の書の写真を出版して侵害を認められなかった判例があります.いずれも,所有権は有体物の面にに対する排他的支配権で,無体物たる著作権には及ばないとするものです.
一方で,他人の所有物を無断で写真撮影することは,所有権の侵害であるとする説もあります.

美術館・博物館・資料館などでは,写真撮影禁止などと表示しているところがあります(自由撮影を認める所やフラッシュだけ禁止のところも).海外でも同じです.
この場合は,入館時の契約で禁止になっていると解釈でき,無断で撮影するのは損害賠償請求の対象になり得ます.
上の例のかえでの木事件でも,写真撮影のための土地の立ち入り禁止は設定可能ですし,一般の寺社・仏像でも立ち入り禁止の設定は可能です.

法的な根拠とすれば,民法第二百六条 「所有者は、法令の制限内において、自由にその所有物の使用、収益及び処分をする権利を有する。 」です.

一般に,ある物体には,絵画のように,著作権と所有権の二つの権利が併存することがあります.著作権についてはその存続期間があったりしますが,所有権については永久に存在することがあり得ます.

ご質問の場合に,著作権がその存続期間内であれば,著作権法に従うことになりますが,ここではむしろ所有権の問題とお考えください.
過去に,「かえでの木事件」とい...続きを読む

Qアンコール遺跡観光にガイドは必要か?

今度カンボジアに一人で行きます。アンコールワット遺跡を見る際に、ガイドは必要でしょうか。また、英語ガイドさんの相場はいくらですか?
あと、団体の現地ツアーで英語ガイドをやっているサイトがあったら教えてください。

Aベストアンサー

昨秋個人旅行で行ってきました。
1日目はホテルで紹介してもらったTukTuk、2日目は日系旅行社のバスツアー、3日目は日系旅行社手配のTukTuk。
バスツアーは日本語堪能のガイド付きで問題なし、TukTukは何れのドライバーも英語は話せず、遺跡とホテルを往復するだけ。
それでも何とか遺跡は見られましたが、ガイドが居ればもう少し効率的に回れたかな、と思う程度。

ガイドを付けた日本人の個人ツアーも何組か見掛けましたが、20ドルという金額と、何方か仰るように行動に制約がありそう
(ガイド無しなら急に気が変って次の遺跡へ行くのも簡単だし)と思ってガイドは雇いませんでした。
ただ、何かあった時には助けになることがありそう(彼らは携帯電話持っているし)。
(タイと違って英語が通じにくい、ガイドさんは皆んな日本語堪能のようです。)

余談ですが、ホテルに迎えの車を頼んでいたが、空港到着時点では来ておらず、確認の電話をしようにも公衆電話無し。
あたりに屯していたガイド集団に声を掛けたら、皆んな日本語上手、1人に公衆電話無いかと聞いたら無いと言う、それではあなたの携帯電話でホテルへ電話してくれませんかと頼んだら心良く引き受けてくれ、ホテルと連絡が付きました。
ターミナルビルの隅っこにタクシー乗り場が(出口の左側、運賃5USD均一)あったので、初めからこれにしておけばよかった、と後悔しました。
(台数少なかったので利用客が多いと待たされるかも、夜間到着ならホテルの送迎車が無難。)

昨秋個人旅行で行ってきました。
1日目はホテルで紹介してもらったTukTuk、2日目は日系旅行社のバスツアー、3日目は日系旅行社手配のTukTuk。
バスツアーは日本語堪能のガイド付きで問題なし、TukTukは何れのドライバーも英語は話せず、遺跡とホテルを往復するだけ。
それでも何とか遺跡は見られましたが、ガイドが居ればもう少し効率的に回れたかな、と思う程度。

ガイドを付けた日本人の個人ツアーも何組か見掛けましたが、20ドルという金額と、何方か仰るように行動に制約がありそう
(ガイド無しなら急...続きを読む

Q古物商許可について 許可必要? 許可不要?

以下の3点の行為は古物商許可は必要でしょうか?

1点目
海外から新品のものを輸入して、Amazonでコンディションを中古として販売する。
(輸入時の傷、汚れがあるため、コンディションを中古として販売)

2点目
新品未開封品(保証書に購入店名、日付の記載無し)を第三者の個人から購入するときは、古物商許可は必要でしょうか?

3点目
新品未開封品(保証書に購入店名、日付の記載有り)を第三者の個人から購入するときは、古物商許可は必要でしょうか?


ご存知の方、3点のご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1点目については古物では無いから不用です

 2.3にあっては購入だけで販売をしないので不用です。



古物営業法

(定義)
第2条 
この法律において「古物」とは、一度使用された物品(鑑賞的美術品及び商品券、乗車券、郵便切手その他政令で定めるこれらに類する証票その他の物を含み、大型機械類(船舶、航空機、工作機械その他これらに類する物をいう。)で政令で定めるものを除く。以下同じ。)若しくは使用されない物品で使用のために取引されたもの又はこれらの物品に幾分の手入れをしたものをいう。【令】第1条、 第2条2 この法律において「古物営業」とは、次に掲げる営業をいう。

1.古物を売買し、若しくは交換し、又は委託を受けて売買し、若しくは交換する営業であつて、古物を売却すること又は自己が売却した物品を当該売却の相手方から買い受けることのみを行うもの以外のもの

2.古物市場(古物商間の古物の売買又は交換のための市場をいう。以下同じ。)を経営する営業

3.古物の売買をしようとする者のあつせんを競りの方法(政令で定める電子情報処理組織を使用する競りの方法その他の政令で定めるものに限る。)により行う営業(前号に掲げるものを除く。以下「古物競りあつせん業」という。)【令】第3条
《改正》平14法1153 この法律において「古物商」とは、次条第1項の規定による許可を受けて前項第1号に掲げる営業を営む者をいう。

4 この法律において「古物市場主」とは、次条第2項の規定による許可を受けて第2項第2号に掲げる営業を営む者をいう。

5 この法律において「古物競りあつせん業者」とは、古物競りあつせん業を営む者をいう。

1点目については古物では無いから不用です

 2.3にあっては購入だけで販売をしないので不用です。



古物営業法

(定義)
第2条 
この法律において「古物」とは、一度使用された物品(鑑賞的美術品及び商品券、乗車券、郵便切手その他政令で定めるこれらに類する証票その他の物を含み、大型機械類(船舶、航空機、工作機械その他これらに類する物をいう。)で政令で定めるものを除く。以下同じ。)若しくは使用されない物品で使用のために取引されたもの又はこれらの物品に幾分の手入れをしたものを...続きを読む

Q英語に翻訳をお願いします。

どなたか英語に翻訳していただけないでしょうか?
なるべく簡単な英文で作りたいのですが、うまくいきません。
よろしくお願いします。


世界遺産アンコールワットなど貴重な歴史文化に彩られたカンボジア。世界中からアンコールワットを一目見ようと訪れる観光客が後を絶ちません。気候は5~10月にかけてが雨季にあたる熱帯モンスーン気候で、1年を通して高温多湿なのが特徴です。現地ではリエルと呼ばれる現地通貨のほか、主要ホテルや観光地ではUSドル、タイバーツなども通用します。首都はプノンペンですが、アンコールワットへのアクセスにはシェムリアップが基点。気になる食事はタイやベトナムの影響を受けたカンボジア料理で日本人の口にもよく合うようです。

アンコール遺跡観光の拠点となる街がシェムリアップです。観光客が多いこともあり、ゲストハウスやホテルが多く、ショップやレストランなどの施設も充実しています。アンコール遺跡観光を楽しむ合間に街の散策をしてみるのもよいでしょう。近年はハンドメイドのカンボジア雑貨を扱うおしゃれなお店なども増え、ショッピングも楽しめるようになってきました。活気あふれるアジアらしい市場を見たいという人はオールドマーケットへ。お土産物屋や銀行などもあるセンターマーケットもおすすめです。 

アンコール遺跡群は本当に素晴らしい遺跡で、
周辺諸国の代表的な遺跡と比べても、規模、芸術性ともに群を抜いた
出来ばえだと思っています。

どなたか英語に翻訳していただけないでしょうか?
なるべく簡単な英文で作りたいのですが、うまくいきません。
よろしくお願いします。


世界遺産アンコールワットなど貴重な歴史文化に彩られたカンボジア。世界中からアンコールワットを一目見ようと訪れる観光客が後を絶ちません。気候は5~10月にかけてが雨季にあたる熱帯モンスーン気候で、1年を通して高温多湿なのが特徴です。現地ではリエルと呼ばれる現地通貨のほか、主要ホテルや観光地ではUSドル、タイバーツなども通用します。首都はプノンペンで...続きを読む

Aベストアンサー

Cambodia is colored to a valuable history culture such as World Heritage Angkor Wat . More and more visiting tourists to see Angkor Wat all over the world .
The climate is in May to October as tropical monsoon climate, and high temperature humidity feature through the year .
In Cambodia, the local currency that is called Riel pass in the main hotel and the sightseeing spot besides the US dollar and Thai baht, etc.
Shemuriappu is a base point for the access to Angkor Wat though the capital is Phnom Penh.
The anxious meal seems to suite for a Japanese well because of the Cambodia dish that Thailand and Vietnam influence.

The town that becomes the base of sightseeing in the encore ruins is shemuriappu .
There might be a lot of tourists, are a lot of guesthouses and hotels, and facilities in the shop and the restaurant, etc. You might be also good to walkabout of the town at intervals when it enjoys sightseeing in the encore ruins.

In recent years, the number of such as fashionable shops that treat Cambodian miscellaneous goods of homemade has come to be able to increase, and to enjoy shopping .
I recommend the person that wants to see the Asian market where vigor overflows and also a central market that includes the souvenir shop and the bank, etc.

Angkor Wat is a really wonderful ruins.
I think that by which both scales and artistry pulled out the crowd to compared with typical ruins of surrounding countries.


頑張りましたw
これで通じますでしょうか??

参考になれば幸いです。

Cambodia is colored to a valuable history culture such as World Heritage Angkor Wat . More and more visiting tourists to see Angkor Wat all over the world .
The climate is in May to October as tropical monsoon climate, and high temperature humidity feature through the year .
In Cambodia, the local currency that is called Riel pass in the main hotel and the sightseeing spot besides the US dollar and Thai baht, etc.
Shemuriappu is a base point for the access to Angkor Wat...続きを読む

Q博物館への寄託品喪失事故対応について

私は旧士族を実家とする家内と結婚しています。

家内は一人娘ですが、義父も86歳となり、財産の目録について説明を受けています。
その中に、実家の地元の歴史博物館が設立された際に寄託した「具足(鎧、かぶと1式)、駕籠」が行方不明となり、その扱いについて現在打ち合わせを行っていましたが、先日、先方から捜索状況の結果を最終報告書として報告がありました。その内容は
1.当初の対応のまずさの謝罪
2.調査経過と結果(見つからない)の報告
3.再発防止

以上のみで、寄託品がなくなったことの責任は認められない、よって謝罪もないということでした。

あまりのいい加減さにこちらとしては「単に預けたものを返してほしいといっているだけであり。それに応えられないことについては責任はないというのはあまりにも市民を馬鹿にした話ではないか」と、再度責任者(教育委員長)のこの事故に対する認識を確認するように申し入れました。

行方不明が発覚してからこの1年半捜索しましたが、その歴史博物館の担当や上位機関の教育委員会の責任者も頭を下げるばかりです。
こちらとしてもそろそろ終息させたいのですが、先方の当初の対応のいい加減さに、家宝だったものを地元博物館の充実のためにと寄託した義父も怒り心頭です。

そもそものきっかけは、義父が「博物館に博物館が発足の際に当時の責任者から頼まれて寄託した具足(鎧兜)やら、駕籠がある」ということから、その歴史博物館に現状の保管状況を確認したところ、博物館の保管担当者からは預かった記憶はない、あなた自身の記録にない、もし預かったにしても預かった以上は廃棄も含め処分はこちらの裁量とけんもほろろ。

私も義父が勘違いして寄託ではなく寄贈したのではないかとその場は引き取りましたが、実家に帰って蔵をひっくり返して契約書類を確認したところ、該当する寄託書としての預かり証文が出てきました。

これを元に、博物館の上位機関(教育委員会)に調査を申し入れたところ、寄託品(具足と駕籠)について実家と博物館の間で以下のやり取りが行われていることがわかりました。
1.具足および駕籠各1式の預かり(寄託)受け取り証(博物館発行→義父所有)
2.具足および駕籠を預かっていただいたことについて義母のお礼状(義母→博物館所有)
3.数年経過した後、寄託物品の寄贈お願い文書(博物館所有)

3.については実家からの返事はなし。(義父は受け取った覚えがないとのこと)
以降はぷっつりとやり取りの痕跡は残っていません。


参考までに、跡継ぎの義父は大手企業に勤め生活もほとんどが都会であり、田舎にある実家の面倒はほとんど見きれなかったとのこと。したがって、地元の博物館との接触も寄託品提供以外はほとんど接点がなかったようです。


私は、打ち合わせの中で盗難などの犯罪の可能性はないかと聞きましたが、保管は万全であり、その可能性はないといいます。
博物館の保管庫にもを先方の責任者と確認しに行きましたが、確かにありませんでした。しかし、保管庫には駕籠だって2,3挺しかありませんし具足でも4-5式のものであり、こんな大きなものが行方不明になるとは信じられません。

当方としては、まず責任を認めさせ謝罪させるつもりであり、家宝だった鎧兜の具足や駕籠について最終的にはお金での解決しかないのではないかと思います。なお、この話は村全体にも知れ渡っており、この村の世話になった実家としては、その解決金を全額を村に寄付したいといっています。

行政機関に対して責任を認めさせたうえで謝罪させる手順、および金銭による解決の妥当性について助言いただければと思います。
また、金銭による解決の場合、こちらの対応の仕方で先方に恐喝やゆすりなどの変な受け取りをされることは絶対に避けたいのですが、それらを含めて助言いただけたらと思います。

私は旧士族を実家とする家内と結婚しています。

家内は一人娘ですが、義父も86歳となり、財産の目録について説明を受けています。
その中に、実家の地元の歴史博物館が設立された際に寄託した「具足(鎧、かぶと1式)、駕籠」が行方不明となり、その扱いについて現在打ち合わせを行っていましたが、先日、先方から捜索状況の結果を最終報告書として報告がありました。その内容は
1.当初の対応のまずさの謝罪
2.調査経過と結果(見つからない)の報告
3.再発防止

以上のみで、寄託品がなくなったことの責任は認め...続きを読む

Aベストアンサー

事情からすれば損害賠償請求は可能だと思いますが、相手は行政機関
ですから法律や条例に基づかない私的な和解をすることはできません。
力のある議員さんなどが後押ししてくれる状況なら可能性がない訳で
はないでしょうが、いずれにしても予算措置と義会承認等の手続きが
必要になります。

すっきり決着するのであれば、弁護士やとって訴訟する事です。
判決が下りれば、自治体も支出可能です。

>この村の世話になった実家としては、その解決金を全額を村に寄付したいといっています。

それが本心なら話を元に戻して、寄贈の手続きをして感謝状と金杯と
かを貰ったほうがすっきりするかも知れません。

Q★ メキシコ遺跡ツアー チチェン イッツア ★

カンクン、プラヤデルカルメン、コスメルからでている
遺跡ツアー チチェン イッツアに参加します。
日本語が高いので英語にしよと思うのですが昼間だけでなく
夜のツアーにも参加を検討しています。

夜のツアーに参加した方感想を聞かせてください。

昼間は、暑いし昼も夜も両方参加は、疲れますか?
夜だけは、ちょっと寂しいので昼間だけか昼夜両方を迷っています。

昼間に行かれた方もオススメや注意事項を聞かせてください。

Aベストアンサー

私も、日本語ツアーはお高いので、英語のツアー(朝出発)でした。観光バスが、申し込んだ客のいる各ホテルをピックアップして回ります。
ガイドさんは、現地の方なので、非常になまりのある英語です(笑)。
カンクンからですと、片道約3時間かかるので、夜のツアーでは、帰りが深夜になるのではないでしょうか?翌日以降の日程も考慮に入れた方がいいかも。

私の場合はクリスマス休暇でしたので、たいへんな人でした。入り口は行列ですが、そう待たずに入れました。真夏ではなかったですが、歩き回って結構疲れました。のどが渇きます。日差しも強いので、水と日焼け止め、サングラスと帽子はお忘れなく。ピラミッドに登るのならもちろんスニーカーで。
ピラミッドには、45度くらいの傾斜の急な階段を登りますが、頂上付近からのユカタン半島の眺めは壮大です。頂上付近には、テラス上の1メートルほどの部分に人が密集します。階段もそうですが、柵も何もありませんが、事故はないんでしょうかね?
反面、夜はジャングルは真っ暗ですから、ライトアップされた遺跡のエキゾチックな美しさはあるかもしれませんが、壮大な眺めは望めませんね。
また、昼夜とも歩き回るほど広くもないし、2~3時間あれば十分ではないか、と感じました。何よりも、異国の地での夜間の行動はくれぐれも注意してください。

失敗談ですが、昼食付きのツアーのはずなのに、集合時間近くになっても何の指示もなく、空腹を訴える子供に負けて公園内のレストランでランチを食べたら、帰路(2時近かったですが)、メキシカンレストランでバフェのランチが出ました。歌と踊り付きでした・・・。(これは私の英語力のせいかも・・・涙)

それから、これは是非知っておいてほしいのは、公園入り口の建物の前には、土産物屋さんがズラ~っと軒を並べていますが、絶対に言い値(値札)で買ってはいけないということです。観光客価格なので、1/10くらいまで値切って、5枚くらいまとめて買うのがよいです。家族5人分のサイズのものをそろえたり土産用に最適です。これは、カンクンのダウンタウンの路上の物売りの女性たちにも当てはまります。

では、よいご旅行を!

私も、日本語ツアーはお高いので、英語のツアー(朝出発)でした。観光バスが、申し込んだ客のいる各ホテルをピックアップして回ります。
ガイドさんは、現地の方なので、非常になまりのある英語です(笑)。
カンクンからですと、片道約3時間かかるので、夜のツアーでは、帰りが深夜になるのではないでしょうか?翌日以降の日程も考慮に入れた方がいいかも。

私の場合はクリスマス休暇でしたので、たいへんな人でした。入り口は行列ですが、そう待たずに入れました。真夏ではなかったですが、歩き回って結構...続きを読む

Q博物館WEBサイト上での入館料表示の適法性

博物館といってもとても小さな施設です。
●営業形式
・展示形式は常設展示と特別展示に分かれている。
・常設展示の入館料は200円。
・特別展示は1年のうち4ヶ月間ほど実施し、期間中の入館料は常設+特別合わせて600円とし、常設展示のみの入館は不可。
●WEBサイト上での表示
・サイトトップには「企画展・お知らせ」や「施設紹介」などのリンクを置く。料金に関するリンクは置かない。特別展に関する説明も一切書かない。
・「施設紹介」ページの中に入館料200円とだけ書いておき、常設展や特別展にまつわる料金説明は一切書かない。
・「企画展・お知らせ」ページ内にお知らせ項目をズラっと並べてその中に、『その時々の特別展示』ページヘのリンクを混ぜておく。
・『その時々の特別展示』ページ内には入館料600円とだけ書いておく。

●その結果・・・
サイトを見た人は、特別展示がある期間は常設展示のみの入場が出来ないと知る由もないし、「施設紹介」ページには入館料200円としか書いてない。しかも今現在特別展期間中かどうかは「企画展・お知らせ」ページから沢山あるリンクをたどって中を読んでみないと分からない。

サイトを見て200円で入場できるつもりで行ってみたら、特別展期間なので600円と説明を受けた。

すでに現地に来てしまったらそこまでに掛かった手間や交通費を考えて仕方なく600円支払う人が続出するかと思われます。

●質問●
少なくとも博物館ホームページの料金説明が良心的ではないのは確かですが、このようなサイト上の料金説明というのは何か法律に触れたり、公正取引委員会の指導を受けたりする対象になるものでしょうか?

博物館といってもとても小さな施設です。
●営業形式
・展示形式は常設展示と特別展示に分かれている。
・常設展示の入館料は200円。
・特別展示は1年のうち4ヶ月間ほど実施し、期間中の入館料は常設+特別合わせて600円とし、常設展示のみの入館は不可。
●WEBサイト上での表示
・サイトトップには「企画展・お知らせ」や「施設紹介」などのリンクを置く。料金に関するリンクは置かない。特別展に関する説明も一切書かない。
・「施設紹介」ページの中に入館料200円とだけ書いておき、常設展や特別展に...続きを読む

Aベストアンサー

補足拝見しましたが、法律の専門家ではないので
これ以上推測でお答えするのは控えさせていただきます。


藤枝市にではありませんが、最近この手のメールを何度かしていますが
意外と反応が良いので「ご意見・お問い合わせ」からメールされた方が良いと思います
https://www.city.fujieda.shizuoka.jp/cgi-bin/contact/form.cgi

お力になれず申し訳ありません。

Q弥生時代の遺跡

中学入試問題です。
解答ありますが、わかりませんので解説お願いします。

問題
朝鮮や中国から移りすんだ人々により米づくりの技術が伝えられました。その遺跡として、
A【今から2300年も前の水田のあと】が見つかっています。

問1.A【】について、その遺跡として正しいものを、次のア~工から1つ選び、記号で答えなさい。

ア 吉野ケ里遺跡 イ 登呂遺跡 ウ 三内丸山遺跡 工 板付遺跡

解答は、エの 板付遺跡となってます。
ウは縄文時代の遺跡なので違うとすぐわかるのですが、
吉野ヶ里、登呂、板付は弥生時代ですよね~。
弥生時代は、紀元前5世紀(あるいは10世紀という説も)~3世紀中ごろまで
2300年前は、紀元前3~4世紀となれば、弥生中期あるいは弥生前期なんですか。
吉野ヶ里をwikipediaで調べると水田のキーワードはありません。
水田跡は登呂遺跡、板付遺跡にありました。

板付遺跡と即答できるポイントがあれば教えてください
私の無知それとも、クソ問題でしょうか。。

ご指導よろしくお願いします。

Aベストアンサー

大陸や半島から移り住んだといえば、どう考えても九州ですよね。わざわざ青森県や静岡県まではいかないでしょう。だからイ 登呂遺跡 ウ 三内丸山遺跡はその年代を知らなくても、場所だけで除外できると思います。ア 吉野ケ里遺跡工 板付遺跡はどっちも九州だから場所だけの知識では正解できないでしょうね。でも吉野ケ里遺跡は邪馬台国九州説支持者が一時、邪馬台国の遺跡じゃないかと騒いだことを知っていれば正解できたでしょう。今でもそう信じている人がいるくらいだから有名だと思うのですが。まあ、以上のことに関係なく、板付遺跡が最古の農村と呼ばれていることを知っていれば、なんなく正解を選べるとは思いますが。これが中学入試問題?なかなか大変やね。

Q個人住宅の玄関に「Shizumo博物館・入場料1000円」と掲示して

個人住宅の玄関に「Shizumo博物館・入場・見学料1000円」と掲示したとします。
で、それを無視した宗教の勧誘やセールスマンが入ってきたとき、1000円を請求できますか?
支払わなかったら訴えることができますか?
インテリアはイメージとしては個人の博物館を意識した感じにしています。玄関あけると奇妙な収集品などをかざっていますし、それがどのようなものか由来を書いたプリントアウトしたプレートなども遊びでつけてます。

Aベストアンサー

「マジレス希望」と云うことなので、まじめにお答えします。
これは、入館した者が入場料を承諾しておれば、例え目的が勧誘でも、1000円は請求できます。
支払わなければ入館を断ればいいことですし、押し切って入れば当然と1000円は請求できます。
裁判しても勝訴です。
契約は、申し込みに対して承諾が必要なことが原則ですが、民法526条2項によって、承諾したと思われる場合でも契約は成立します。
従って、入り口に誰でも読めるような表示があれば、1000円必要だと承諾していたとして差し支えないと思います。
お寺の拝観料も、博物館、美術館も変わりないことです。
余計なことですが、よく「無断駐車1万円」と云う看板があります。
その場合も、承諾して駐車したと見なされるから1万円支払義務はありますが、あまりにも高額ならば公序良俗で無効とされます。
通常より少々高い程度ならば裁判して取り立てできます。
今回の場合でも、1000円ならば認められ、1万円ならば無効とされそうです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報