【無料配信♪】Renta !全タテコミ作品第1話

いくつも質問していてごめんなさい´ω`)ノ 
今日会社の新人研修で、
「発電所の発電機では、アーマチャーという3枚の羽根のようなもの(コイル?)が回転しています。このアーマチャーが3枚だから発電所の電気は三相なんですね~・・・」
と教わり、「なるほど~(゜∀゜)!!」と思ったのですが、そこで疑問があるのです(研修では聞きそびれてしまいました)。
何故三相なのだろうか?と。
ひょっとして、六相とかにしてしまうと正反対の波ができて打ち消してしまうってことなのかな~(´ι _` )なんて推測してみたのですが、実際のところどうなのでしょうか?
どなたかお教えいただけないでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

三相4線式」に関するQ&A: 三相4線式について

A 回答 (8件)

Ans1の方の言われる理屈で、発電所からの送電効率が一番良いからだと思います。

    • good
    • 2

多相交流に関して若干補足



(以下、全て対称n相交流に関してです。非対称だとまた色々出てくるので)

・回転磁界の生成
2相以上の対称多相交流なら問題なく綺麗な回転磁界が作れます。

・必要な線の数
2相は3本必要。3相以上では、中性線を省略できるので、相数と同じだけの本数の電線で伝送可能です。(そういう点では、三相は中性線を省略できる最小の相数ですね)

・電線あたり、送れる電力
相電圧(V)を同じ、中性線を省略すると、、
2相:2/3VI (共通の線に流れる電流が√2Iになるので、その分太い線が必要で、2VI/(2+√2) とする方が良いかも)
3相以上(n相):n本でnVIの電力を送れるので、線あたりVI

・電線間の最大電圧
2相:√2V、
相数が奇数の場合 3相:√3V、5相:1.81V、以降順次 2Vに近付く
相数が4以上の偶数の場合:2V
となって、2相以外では3相が一番線間電圧の最大値が低くなります。
(で、先の線辺りの送電容量と関連して、線間電圧一定で容量を計算すると、三相が一番有利になるのだったかと)

余談
6相と3相
正弦波対称3相から、6相を作るときには、UVWそれぞれをトランスなんかで極性反転した電圧(XYZ)を作って、UZVXWY(でいいのかな)と並べて6相(v1,v2,v3,v4,v5,v6)にすることが多いです。で、これだけ見ると6相と3相で差が無いように見えますが、歪電圧なんかを扱うと6相と3相で差がでる(v1=-v4 になるとは限らない)のだとか。
    • good
    • 0

No.3に補足。



> 1相は単相で線が2本に成りますから2相というのは存在が
> 1相と2相が同じといえますね。
単相と二相は違います。
単相でモーターを回す場合大抵内部で二相を作り出して回転磁界を作り
回しています。

単相は2線で波が1つですが、二相は3線又は4線で90度ずれた2つの波を使います。
    • good
    • 0

三相以外でも、用途によって6相(位相差60度)、12相(位相差30度)や2相(位相差90度)などが使われるところもあります。


(交流から直流を作る場合に、12相や24相を使ったりします。)

二相(位相が90度ずれた電圧を使います)以上なら、一方向に回転する回転磁界をつくれますので、モータなどにも問題なく使えます。(逆相分を含まない対称多相交流なら、逆向きの回転成分はできません。)
ただ、
・6相だと線数が6本必要(三相と同様、中性線は無くても良い)と線の数が増える
・三相からトランスを使って、2相、6相、12相などは合成できる
・2相でも必要な線数は3本で3相と差が無い
ため、送配電には三相を使って、使う側で必要に応じて多相の交流を作ることが多いです。

ついでに、、
発電所の発電機で回転してるのは直流巻線の界磁であって、三相の巻線を施した電機子(アーマチャ)ではありません。
    • good
    • 1

三相のメリットは


・配線本数が少なくてよい
・モータが効率よく回る
だと思います。

1.配線本数
単相:2本、二相:3本、三相:3本、・、六相:7本(たぶん)
6ユーザーにそれぞれ10A 計60Aを供給する場合
単相:2本×6=12本の電線が必要(60Aの電線2本)
二相:3本×6=12本の電線が必要(60Aの電線3本)
三相:3本×2=6本の電線でよい(20Aの電線3本)
(三相の帰りの電流は打ち消されるため供給電流だけ考えればよい)

六相:7本×1=7本(たぶん)

2.モータ
単相:モータは回らない、そのためモータ内で工夫して90度位相の違う電気を作って、アンバランスな二相交流としてモータを回す。
効率が悪いし、大型モータでは採用できない。
二相:180度位相の二相であればモータは回らない
三相:120度位相であり、モータが効率よく回る
四相、六相、八相 :二相と同じ正反対の力ができてモータは回らない
    • good
    • 1

1相は単相で線が2本に成りますから2相というのは存在が


1相と2相が同じといえますね。

3相は3本線が有ります、位相は120度毎ずれる訳ですね。

さて、4相で4本の線を考えてみれば、
これは90度毎ずれると解るでしょうか。
90度という事は単相と似ていますね。
だから、単相から4相を作れますね。

5相で5本の線を考えれば360度÷5=72度
72度ずつ、ずらして作れば良いですね。

6相で6本の線を考えれば3相から作れる事が判るでしょう。

さて、本数が増えれば配線が間違えますね。
これを防ぐ為には線の数が少なければ間違いにくいですね。

で、単相と3相が良いのでしょう。
それから、3相というのは3相式モータを簡単に反転させられます。
そう、3本の内2本の線を入れ替えれば簡単に反転が出来るのですよ。
(位相差が120度というのが良いのではないでしょうね。)
    • good
    • 1

電線の節約も事実ですが、一番大きな理由は簡単な構造でモーターが作れることです。


大きな工場などでは殆ど三相誘導電動機や三相同期電動機を使っています。

ちなみに最近はやりのインバータ(電車や家電)で使うのは殆ど三相モーターです。
インバータよりもVVVFと言う名前のほうがなじみが有るかも知れません。
    • good
    • 0

こんにちは。


理論的には100相でも作れますが、一番メリットがあるのが3相だからでしょう。

発電機の一回転分の間にコイルの数を組み込めれば何相でも作れます。

メリットですが、普通の交流(単相)は行きと帰りの2本の電線が必要ですね。
そして、行きも帰りも同じ電流が流れますから、100Aまで流せる電線を使ったとすると、電線一本あたりでは50Aという事になります。

三相では、電線が3本必要ですが、3本をあわせてしまうと波形が打ち消しあって0になります。
なので3本の電線の負荷がそれぞれ同じようにすれば、それぞれの電線に100Aづつ流せて、帰りの電線はいりません。
つまり流せる電流の合計は300Aで、電線一本あたりだと100Aまで送る事ができ、効率は倍で送れる電力は3倍になります。

では4相を作ったとしたら・・・
同じ理屈で、100Aが4本で400A、電線一本あたり100Aで同じで送れる電力は単相の4倍、三相の1.3倍ですが、使う側では、線が4本になるので、つなぐ場所が増えるし、4つの回路の負荷を同じしないといけないのでその分回路が難しくなります。

というわけで一番メリットがあるのが3相という事です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q交流には3相がよく用いられますが、2相や4相は?

交流には3相がよく用いられますが、2相や4相はないのでしょうか?

なぜ3なのか?単純な疑問です。
お判りの方宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

2相ですと180度位相のずれた波形になります。
(紙に書いて下さい)
仮に100Vとします、これをよく見ると、0Vの個所があります、そして波高値は100×√2≒141V、この141Vが上側と下側にあります。
機器の端子から見れば両方が足された電圧になりますので波高値の時の端子間電圧は282Vです。

0Vから電圧が上昇して最大値で282V、それから電圧が下がっていきまた0Vの地点を経過する、これの繰り返し。
機器に加わる電圧としては単相の電圧変化と全く同じです。
2相100V=単相200V、従って2相交流という扱いはしません。


4相だとすると90度ずつ位相がずれる事になります、仮にA相・B相・C相・D相とすると、A・Cは180度ずれており前述の2相交流と同じでAとCで一つの相(電圧は2倍になる)BとDで一つの相(電圧は2倍)両者の位相は90度違い。
これは4相4線では無くて単相2線が2組有るということです。

N相を設けて4相5線にしたらどうか?、という意見が出ると思います。
たしかにN相を設ければ電圧は4種類有ることになります、しかし3相から1相増えるだけなのに配線は2本も増えてしまう。
さらに機器の作りも複雑になります、N相を基準として4つの単相が有る、という感じの使い方になってしまう。
4相5線にメリットはありません。


3相は120度の位相ですので時計の文字盤に当てはめると12時(R相)、4時(S相)、8時(T相)ですね。
12時Rが最大値であるとして、次第に電圧が下がっていき次に4時Sが最大値になるそして下がっていく次は8時Tが最大値になる、この繰り返し12→4→8→12→4→8→12→、電圧が最大になる個所が文字盤の上をぐるぐる回っているでしょう。
だからモーターが回る。

2相ですと180度位相のずれた波形になります。
(紙に書いて下さい)
仮に100Vとします、これをよく見ると、0Vの個所があります、そして波高値は100×√2≒141V、この141Vが上側と下側にあります。
機器の端子から見れば両方が足された電圧になりますので波高値の時の端子間電圧は282Vです。

0Vから電圧が上昇して最大値で282V、それから電圧が下がっていきまた0Vの地点を経過する、これの繰り返し。
機器に加わる電圧としては単相の電圧変化と全く同じです。
2相100V=単相20...続きを読む

Q単相モーターと三相モーターの違い。その利点と欠点。を教えてください。

位相の数が違う。といってもその「位相」って言葉から複雑怪奇。バカにでも理解できるようにわかりやすい言葉で教えてください。
単相と三相の利点と欠点。使い分け方。マメ知識なんぞ教えてください。
恥ずかしくて誰にも聞けないんです。

Aベストアンサー

一番大きな違いは、簡単な構造で、起動できるか(自分で回転を始められるか)どうかだと思います。一番簡単な構造である 誘導電動機で三相の場合はスイッチを入れるだけで回転を始めますが、単層の場合は、唸っているだけで回転を始められません。単相電動機でも何らかの方法で回転させれば、(例えば手で回しても良い、回転方向は、回してやった方向で決まる。)回転を続けます。この方法には、コンデンサー起動、反発起動等がありますが 1/2HPぐらいまでの小さなものに限られます。町工場など住宅地では、三相交流の供給が受けられませんので苦労したこともありました。


hp

Q三相電力のUVWとRSTの違いについて

三相電力にはU相V相W相がありますよね?これはR相S相T相とどこが
違うのですか?
また、各相は発電したときから決まっているのですか?
素人の考えですが相というのは単に波形の順番に過ぎないと思いますのでどのケーブルが何相であってもかまわないような気がするのですが。
どなたか教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

もともとは、RST、UVWに意味は無かったはずです。

有効電力がPowerから、P となった後
単にアルファベット順から、Qが無効電力、 Rは抵抗なので飛ばして
Sが皮相電力を表すようになったと記憶してます。
・・・P、Q、(R)、S、T、U、V、W、X、Y、Z

相の呼称に関しても、アルファベットの終わりより3つ1組として
 XYZ、UVW、RST が利用されるようになったと記憶してます。
XYZは何かと登場するため、利用は避けられているようですが
既にご回答されているUVWやRSTに対する意味づけは、後付けルールみたいなものだと思います。
1次側は大文字、2次側は小文字と区別しているケースも見かけます。

Q単相と三相の違い、メリットとデメリット

単相と三相の違い、メリットとデメリット

お世話になっております。
だいぶ年の離れた高校に通う従兄弟がおります。

ある日に質問を受けることがありました。
「日本と外国でコンセントの形が違うって知ったんだけど、電気は単相と三相で
違うみたいだね。日本は単相で50Hzか60Hzだって知ってるんだけど、三相って
どんなヤツなの?三相にしてメリットとかデメリットってあるの?それで電圧も
200V以上らしいけど何で?」
と聞かれました。

私が電子工学を専攻していたので電気を知ってると思い聞いてきたと思います。
ただ、正体は電子で100V以下のことしかいじってないので電気はそんなに
詳しくないのです。
(ミリVとかマイクロVとかそんなのばっかです。)

三相は位相が120度づつずれて送られることだと思ってます(汗)。
メリットは高圧のほうが途中の損失などが少なく効率よく送電できると思ってます(汗)。
デメリットは・・・思い浮かばない(汗)。
200V以上なのは、上記の送電の効率がいい(汗)。

うまく答えられず次回あったときに説明すると言っておきました。
(忘れててくれれば助かるな。。。)

どなたか、うまく説明できる内容を教えていただいてもよろしいでしょうか。
よろしくお願いいたします。

単相と三相の違い、メリットとデメリット

お世話になっております。
だいぶ年の離れた高校に通う従兄弟がおります。

ある日に質問を受けることがありました。
「日本と外国でコンセントの形が違うって知ったんだけど、電気は単相と三相で
違うみたいだね。日本は単相で50Hzか60Hzだって知ってるんだけど、三相って
どんなヤツなの?三相にしてメリットとかデメリットってあるの?それで電圧も
200V以上らしいけど何で?」
と聞かれました。

私が電子工学を専攻していたので電気を知ってると思い聞いてきたと思...続きを読む

Aベストアンサー

三相三線だと単相二線に対し線を1本増やすだけで3倍の電力を送れる。

 …逆に言えば2本で十分間に合う程度の電力を送るのにも三相三線だと必ず3本の線を引かなきゃいけないという事です。そして三相均等に使わなければならないので直流を得るのにも整流素子が少なくとも3個(単相なら1個)必要だったりしますから、単相で間に合うのに三相を引くのはコスト高になります。

 誘導電動機を使う場合は三相だとごくシンプルな仕組みでいいんですが、単相だと始動に工夫がいるとか(普通に使われていますが)ないこともないです。

 線を1本増やすだけで3倍の電力を送れるのがメリットなので、別に200Vが必須という訳ではありませんが、大電力を送りたいのですから電圧は高いほうがロスが減って有利ですわな…。

Q電源 200V単相と3相の違い

電源 200V単相と3相の違いについて教えてください。
どう違うのでしょうか?
電気のことはぜんぜん分からないので詳しくお願いします。

あと、200V30A(単相)と書いてるサーバを、200V30A(3相)から電源をとるとどうなりますか?(家庭用電源ではなく、会社の電源です)

200V30A(単相)と書いてるサーバを、200V50A(3相)から電源をとるとどうなりますか?

Aベストアンサー

> 電源200V単相と3相の違い…

すでに三人の方から回答があるとおりですが、まだ出ていないことを補足します。
(なお、既出の一部に明らかな誤解もあるようですが、それを指摘することは、規約違反となり、削除対象とされるので控えます。)
電気の理論には、「対地電圧」という考え方があります。大地に対する電圧です。単相200Vの対地電圧は、100Vしかありません。それに対し、三相200Vの対地電圧は、173Vまたは200Vあります。この違いは、万が一感電した場合の人体に及ぼす危険性に影響します。このため、住宅の屋内では原則として、三相200Vを使用することができません。ご質問は、会社ということですから、この点はクリヤされますが、そのサーバーが、対地電圧150V以上に耐える設計がなされているかどうかを、確認する必要があります。

> あと、200V30A(単相)と書いてるサーバを、200V30A(3相)から電源をとると…

前項の問題がクリヤしたとして、次に、質問者さんの会社が、低圧受電か高圧受電かによって、この答えは変わってきます。
電力会社から200Vの低圧で受電し、単相と三相の二つのメーターが付いている場合、原則として単相負荷は単相契約で使用します。何らかの事情で単相負荷を三相契約で使用したい場合は、事前に電力会社と協議し、それなりに基本料金を支払うことが必要です。
6,000Vあるいはそれ以上の高圧で受電し、自社内で200Vに落として使っている場合のうち、電力会社との契約が「負荷契約」であったら、前述の低圧の場合と同じです。
高圧受電で、電力会社との契約が「変圧器契約」であれば、単相負荷を三相配線で使用しても、道義的には問題ありません、ただし、三相変圧器に単相負荷をかけると不平衡が生じ、電圧降下や変圧器の温度上昇を招く場合もあります。事前に十分な技術的検討が必要です。

> 200V30A(単相)と書いてるサーバを、200V50A(3相)から電源をとると…

200Vで30Aということは、6kVAの容量といいます。200V50A(三相)は、17.3kVAですが、そこに6kVAの余裕があるかどうかを検討しなければなりません。単相の電源盤からとるとしても、同じです。余裕がなければ、電線を太くして、ブレーカも大きなものに取り替えることなどが必要になります。
どのような業種の会社か存じませんが、「エアコンのスイッチを入れたら、サーバーまで落ちてしまった」ではしゃれにもなりません。
経験的に、単相にしろ三相にしろ、6kVAもの余裕がある電源盤は、比較的少ないように思います。事前に電気工事業者と十分な打ち合わせをされることをお薦めします。

> 電源200V単相と3相の違い…

すでに三人の方から回答があるとおりですが、まだ出ていないことを補足します。
(なお、既出の一部に明らかな誤解もあるようですが、それを指摘することは、規約違反となり、削除対象とされるので控えます。)
電気の理論には、「対地電圧」という考え方があります。大地に対する電圧です。単相200Vの対地電圧は、100Vしかありません。それに対し、三相200Vの対地電圧は、173Vまたは200Vあります。この違いは、万が一感電した場合の人体に及ぼす危険性に影響します。このため、住...続きを読む

Q3相交流はわざと電流を0にしているけどなぜ?

単層交流なら6本必要な電線が、三相交流なら三つの波が打ち消しあって
電流が0になり帰りの電線が必要ないため、3本の電線だけでいいと
書いてありましたが、何を言っているのかさっぱりわかりません。
どういうことですか?
もっと具体的に説明して頂ける方いらっしゃいませんか?

Aベストアンサー

まず三相交流は、合成する電流値をわざと0にしているのではありません。
発電機の構造上、0になってしまうのです。

通常発電機には、電磁誘導により発電できるコイルが三つあります。
そして、回転軸に電磁石又は永久磁石が取り付けられていて、それが回転する事でコイルに掛かる磁束(磁力)が変化する為、電気がコイルに発生するという原理です。
このコイルの配置が、120°づつ傾けられているので、三相は120°づつ位相があるわけです。

このコイルを一つずつ分割して、一つの発電機ごとに考えれば、電線が6本必要になります。
これが貴方の仰る単相交流なら6本必要という事です。
ただこの状態で送電するには、電線が二倍必要になります。
電気というのは、二つの線の間に電圧の差があれば電流は流れます。
そこで、発電機の三つのコイルをそれぞれ輪になるように繋いで、そこから線を取り出せば電線は半分で済むじゃないかという理論から、三相交流は三本になっています。

前述の通り、三つのコイルは120°づつズレて発電するわけのなで、発電量の大きいコイルと小さいコイルが出来てしまいます。
これらの波形の値を合成(合計)すれば、0になってしまうという事です。

まず三相交流は、合成する電流値をわざと0にしているのではありません。
発電機の構造上、0になってしまうのです。

通常発電機には、電磁誘導により発電できるコイルが三つあります。
そして、回転軸に電磁石又は永久磁石が取り付けられていて、それが回転する事でコイルに掛かる磁束(磁力)が変化する為、電気がコイルに発生するという原理です。
このコイルの配置が、120°づつ傾けられているので、三相は120°づつ位相があるわけです。

このコイルを一つずつ分割して、一つの発電機ごとに考えれば、電...続きを読む

Q単相と3相の違い

単相交流と3相交流の違いが知りたいです。
あと3層交流をモーターにつないだとき青と赤を
入れ替えると逆回転しますがどのような理屈になるのでしょうか?
白はは真ん中と決まっているのでしょうか?

Aベストアンサー

一般の家庭などに供給されているのは“単相交流”です。
工場などで、“動力”などと呼ばれているのが“三相交流”です。
単相は電線が2本で、三相は電線が3本、または4本です。

単相電力では、プラス・マイナスの電流の方向が交互に変化します。つまり“上下運動”のように電圧が正負にめまぐるしく切り替わっています。
ですから、このままではモーターは回りません。そこで少し右に回るように手を加えてやると、右にどんどん回りだします。
左に回るように力を与えれば、これまた左にどんどん回りだします。
つまり、単相では、どちらかの方向に“起動トルク”を与えれば、回転方向が決まります。

三相は、それぞれ120度の位相差を持った“単相”を三つ重ねたものです。
この特徴は“回転磁界”を伴う事です。最初から回転する特性を持っていますので、起動トルクを加える必要がありません。
3本の電線なら、その2本を入れ替える事で、“位相差”が逆になります。
そうなると、“回転磁界”も反転する事になります。

以上の説明は、図に描かないと非常に理解し難いものなのです。
できれば書店で電気の“交流理論”に関する参考書をお求めください。
それを学ばれてから、今一度理解できないところをお尋ねいただいた方が良いと思います。

一般の家庭などに供給されているのは“単相交流”です。
工場などで、“動力”などと呼ばれているのが“三相交流”です。
単相は電線が2本で、三相は電線が3本、または4本です。

単相電力では、プラス・マイナスの電流の方向が交互に変化します。つまり“上下運動”のように電圧が正負にめまぐるしく切り替わっています。
ですから、このままではモーターは回りません。そこで少し右に回るように手を加えてやると、右にどんどん回りだします。
左に回るように力を与えれば、これまた左にどんどん回りだします。
...続きを読む

Q3相電動機の消費電力の求め方

3相電動機の消費電力の求め方について質問です。

定格電圧 200V
定格電流  15A
出力   3.7KW

上記の電動機ですが実際の電流計指示値は10Aです。
この場合の消費電力の求め方は
√3*200*15=5.1KW
3.7/5.1*=0.72
√3*200*10*0.72=2.4KW
消費電力 2.4KW

このような計算で大丈夫でしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

出力は軸動力を表しているので、消費電力はそれを効率で割る必要があるかと思います。
概算で出してみると、定格での効率が85%程度と仮定すると、定格時の消費電力は3.7/0.85=4.4kW程度になります。
この時の一次皮相電力は、5.1kVAで、無効電力Qnは√(5.1^2-4.4^2)=2.6kVar程度になります。

この無効電力は励磁電流が支配的でしょうから、負荷によらず変わらないとすると、軽負荷時に線電流が10Aになったときの皮相電力は√3*200*10 で3.5kVAで、このときの有効電力は√(3.5^2-2.6^2)=2.3 kW という具合になりそうに思います。

Q中性点とアースの違い

配線図を見ると、トランスの中性点から、接地線が「アース」がとられていますが、中性点とアースは、同じなのでしょうか?中性点から、アースをとっても、同じなのでしょうか?地中から、トランスに電流を逃がすのと、直接中性点に逃がすのと、違いは、?あるのでしょうか?

Aベストアンサー

中性点とアースは、同じなのでしょうか?
@どちらも大地に接地極を埋設しているのですが目的は全く違います。変圧器内で高圧と低圧が混食すれば電灯やコンセントの100V回路に6,600Vの高電圧が印加されて大変危険です。B種アース(トランスの中性点のアース)があれば高圧側(変電所等)でその電流を感知して地絡継電器が動作し高電圧を遮断できます。
中性点から、アースをとっても同じなのでしょうか?地中から、トランスに電流を逃がすのと、直接中性点に逃がすのと、違いは、?あるのでしょうか?
@中性点にアースを接続しては絶対ダメです。もし接続すれば電源線から負荷を通じて中性線に流れる電流(負荷電流)がアースを接続したところから分流して漏電電流になります。当然漏電ブレーカーはトリップします。

Q電気回路の中性線とアースについて

気になったのでどなたか教えてください。


一般家庭の電源というのは、交流の単相3線式が多いと思うのですが、
単相3線式の回路図などを見ると、真ん中の線は中性線と呼ばれ
必ず接地されているそうですね。


で、100V電源の場合は必ずコンセントの片方が中性線になって
いるとの事ですが、ここで疑問です。


家電製品などによくアース線というものが付いています。
(エアコン、冷蔵庫、洗濯機等)

このアース線は、製品に静電気が溜まったり、漏電した際に感電しない
ように接地するものだという事ですが、100Vのコンセントは必ず
中性線が繋がっているのであれば、万が一漏電した場合や、静電気が
蓄積した場合でもこの中性線から大地に電気を逃がしてやれるのでは
ないのですか?


また極端な話、中性線=接地(アース)された線と考えると、
次のような感じの改造をしたとしても家電製品は普通に使えるのでしょうか?
(危ないので絶対にしませんが、考え方としてどうか?をお聞きしたいです)


赤、白、黒の3線のうち、白を中性線とし、赤と白の2本がコンセントとして
きている場合、白を外してアース線に繋いだ場合。
(添付画像参照)


よろしくお願い致します。

気になったのでどなたか教えてください。


一般家庭の電源というのは、交流の単相3線式が多いと思うのですが、
単相3線式の回路図などを見ると、真ん中の線は中性線と呼ばれ
必ず接地されているそうですね。


で、100V電源の場合は必ずコンセントの片方が中性線になって
いるとの事ですが、ここで疑問です。


家電製品などによくアース線というものが付いています。
(エアコン、冷蔵庫、洗濯機等)

このアース線は、製品に静電気が溜まったり、漏電した際に感電しない
ように接地するものだという事ですが...続きを読む

Aベストアンサー

>家電製品などによくアース線というものが付いています。
>(エアコン、冷蔵庫、洗濯機等)

>このアース線は、製品に静電気が溜まったり、漏電した際に感電しない
>ように接地するものだという事ですが、100Vのコンセントは必ず
>中性線が繋がっているのであれば、万が一漏電した場合や、静電気が
>蓄積した場合でもこの中性線から大地に電気を逃がしてやれるのでは
>ないのですか?

まず色々なところに誤解がありますので1つずつご説明します。

漏電は、電気を逃がしても解決しません。
漏れてはいけないものです。
火事や感電の原因になりますから。

静電気は中性線はおろか電力会社から来ている電源と無関係で、
普通、何の対策もしなくても人体への危険はありません。
但し機器を壊したり、
火花が発火事故の火元になったりすることはありますから、
それを防止するのに対策することはあります。
機器から電荷を逃がすというより、
どちらかと言えば人間から電荷を逃がします。
導電性の靴を履き床を導電性にしたりします。
電子部品なんかは導電性の袋に入れたりします。
これは静電気による帯電で例えばICチップのピン間に
何千ボルトという静電気由来の電圧がかかったりするのを
防止する為です。

次は家電製品についているアース線と、電源系統の中性線ですが、
これは全く別のものです。

アース線も電源系統の中性線は正しく接続すれば同電位です。
しかし目的が違います。

アース線は家電製品の表面や筐体などに、
故障や不良により、
内部の電源や昇圧された電源から給電されてしまったような場合、
それを逃がす為の線です。
こうしてあれば、
内部の電源や昇圧された電源から給電されてしまっても、
とりあえず電流はアース線を通って大地に逃げます。
人間が触れてもアース線と人体とでは、
圧倒的にアース線の方が抵抗が小さいので、
人間には電流はほとんど流れません。
これで人間を守ろうというのです。

ちなみにこれは3線式に限りません。2線式でも同じです。


>また極端な話、中性線=接地(アース)された線と考えると、
>次のような感じの改造をしたとしても家電製品は普通に使えるのでしょうか?

まともに動かないと思います。
確かに大地の電位と給電線の中性線は同電位ですが、
大地には抵抗がありまともに給電できない可能性が高いですね。

また仮にこれで家電を動かすだけの電気が流せたとしても、
これは漏電になります。
漏電遮断器が動作すると思います。

>家電製品などによくアース線というものが付いています。
>(エアコン、冷蔵庫、洗濯機等)

>このアース線は、製品に静電気が溜まったり、漏電した際に感電しない
>ように接地するものだという事ですが、100Vのコンセントは必ず
>中性線が繋がっているのであれば、万が一漏電した場合や、静電気が
>蓄積した場合でもこの中性線から大地に電気を逃がしてやれるのでは
>ないのですか?

まず色々なところに誤解がありますので1つずつご説明します。

漏電は、電気を逃がしても解決しません。
漏れてはいけ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング