私は本を一冊書いたことがあります。
今度、もう一冊書こうと計画しています。
しかし両方の本はかなり近い分野です。

これはできるだけ避けたいと思っているのですが、
場合によってはほとんど同じ内容になる部分もあるかと思います。
このような場合、著作権上問題はないのでしょうか。
特に異なる出版社の場合に問題はないのでしょうか。
以上よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 


  わたしは専門家でも何でもありませんが、こういうことは、一般的な常識範疇(ただし、文筆業に関係ある人などの常識)だとも思います。
 
  まず、最初の本の著作者が貴方であるかどうかより、「著作権」が貴方の独占物として保持されているかの問題があります。最初の本の著作権を貴方が持っておられるのなら、何も問題はありません。出版社と出版契約を結び、その本は、特定契約出版社だけで独占的に出版するという契約を結んでいた場合でも、違う本であるなら、出版社が嫌みを言うかも知れませんが、法律的に問題はないはずです。
 
  最初の本の著作権が貴方の手になく、例えば出版社に売ってしまった、あるいは契約上譲ってしまって貴方にない場合は、少し考えねばなりません。
 
  とはいえ、そんなに複雑な問題ではないと思います。まず、同じような内容になっても、表現を変える等して、内容は同じでも、著作物としては違うものにしてしまえば、問題はまったくありませんし、あまり長文は問題ですが、「引用」の体裁つまり、引用だと断らなくとも、その文章が出てくる本の該当ページを、第一の本の書名、出版社などと共に記しておけば、引用となります。できるだけ、文章そのままではなく、内容は同じでも、文章を増やしたり減らしたり、説明を詳しくしたり、簡単にしたり、表現を変えたりと、同じ内容でも、表現スタイルを変えれば、何の問題もないはずです。(これは、部分的にそういう内容の話です。本全体がそうだとなると、少し話が違ってきますが、そういう想定ではないようです)。
 
  ……「著作権」というのは、内容というより表現の様態にあるはずです。内容の方の権利は「知的財産権」のような形になるはずです。内容が同じなものは表現を変えても著作権侵害だとなれば、数学の公式教科書など、表現は違っても内容は同じですから、著作権侵害だということにもなりますが、そんな話はありません。
 
  ただし、出版社によっては、旧弊なことを常識としている場合があります。因縁を付けて、裏から本を出版させないようにするとか、根拠不明のことを主張して嫌がらせをする出版社もあるようです。著作権法をよく読んで学んで下さい。本を書こうというのですから、当然のことになります。
 
    • good
    • 0

原始的には、自分の書いた本の著作権は自分にありますから、似た本であったとしても、著作権法上の問題にはなりません。

終わり。

そのうえで、出版社との間で、出版の際に契約を結ぶことがあります。この契約の内容が他の出版社から類似の本、同分野の本を出版するのを禁ずるものであれば、その契約に従うなり、その契約を解除するなりしなければいけません。
それから、出版社に対して著作権を譲渡する契約を結んでいる場合には、自分が著作権者ではありませんので、最初の出版社の許諾がなければ御質問のような本は出せません。
このような契約がなければ、一番上に書いた原則のとおりです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q共謀罪が成立するとどうなる

共謀罪が成立すると以下の人達は何らかの影響受けますか。
共謀罪が成立すると以下の人達はどうなりますか。

1)広域組織暴力団
2)街宣右翼
3)在特会

Aベストアンサー

共謀罪がどの様な法律かどの様な運用の仕方をされるのか、国民のほとんどの皆さんわかっていません。
単にテロを未然に防ぐ為の法案ではありません。
大切なのは国会でまだまだこの法案を深める話し合いを充分に行う事です。
他の国にはあるが、日本にはない、などという単純なものではありません。まして、その事で他の国はテロが起こらない状況になってますか?現にテロは頻繁におこっています。この法案はテロ阻止が本当の目的とは言えないのです。過去この共謀罪が2度廃案になっている背景をもう少し考えて欲しいと思います、

Q本出版時の同分野の書籍からの図の引用について

今回タイトルにありますように、本出版時の図の引用や参考についてご質問申し上げます。

現在ある出版社から依頼を受けて、医療分野の本を執筆しております。

いままでの質問を拝見すると、大学の卒業論文に引用する場合や、本に文献の図や表を引用する場合という話が多かったのですが、今回は他出版社の類似書籍の図を引用、もしくは参考にする場合の著作権についてどうなるかという質問です。

ある医療分野の本を書くために、イラストレーターに他類似書のイラストを写真にとって「こういうイラストを描いて下さい」と依頼したところ、イラストが全く同じ感じに仕上がってきました。また元絵にはイラストの説明が加えられているのですが、それは語尾を変えたり、言い回しを変えたりする予定です。

そこでご質問なのですが、
1.上記のように他出版社の類似書籍の図を、同じような感じの絵で、説明文字の語尾や言い回しを変えて用いる場合、引用文献、参考文献のどちらになりますか?

2.出版予定の本の場合、巻末にまとめて「参考文献」という形でまとめる予定なのですが、一般的な文献のようにその形で大丈夫なのか、図の下に「参考文献(もしくは引用文献)」として載せるべきでしょうか。

3.そもそも参考(もくは引用)文献の「書籍名、執筆者、出版社、発行年』をどこかに掲載する形であれば、他類似書籍の絵を用いても著作権侵害にあたるのか、あたらないのか。また「ページ数まで必要でしょうか。

この3点について出版や著作権、知的財産権などに詳しい方のご意見をお伺いしたいのです。

締め切りの時間が迫っており、急いでおります。どうぞ宜しく御願い申し上げます。

今回タイトルにありますように、本出版時の図の引用や参考についてご質問申し上げます。

現在ある出版社から依頼を受けて、医療分野の本を執筆しております。

いままでの質問を拝見すると、大学の卒業論文に引用する場合や、本に文献の図や表を引用する場合という話が多かったのですが、今回は他出版社の類似書籍の図を引用、もしくは参考にする場合の著作権についてどうなるかという質問です。

ある医療分野の本を書くために、イラストレーターに他類似書のイラストを写真にとって「こういうイラストを描いて...続きを読む

Aベストアンサー

基本的に「引用」についてのご質問と考えます。

公表された著作物を引用して利用することについては、著作権法第32条に規定されていて、「公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない」とあります。

ご質問の執筆中の書籍では、引用目的は正当とされるでしょう。その書籍が営利かどうかは問いません。
(1).明瞭区分性が必要: 他書の図を引用する場合は明らかな区別が必要です。ご自分のオリジナルに見えるような見かけの調整をする場合は、むしろ意図的な類似の作成を感じさせ、公正な慣行と言えません。引用するなら、そのものを示し、出所明示をすべきです。「語尾を変えたり、言い回しを変えたりする」のであれば、場合によっては同一性保持権の侵害になりかねません。
(2).主従関係が必要: 単に説明のための図を自製する手間を省くことが目的で、他書の図を複写するのは引用ではなく、本来の複製です。たとえば、その図を自書の中で論じたり評価する観点が必要です。

1.引用ではありません。参考文献としても問題があります。
2.巻末にまとめるだけでは不足です。自書の本文中のどこで利用されているか明示が必要です。たとえば、脚注であるとか、文章の中で参照番号をつけるなどです。
3.引用の慣行を守れば著作権侵害に当たりません。「慣行」は学会や書籍出版社が規則としてまとめています。オリジナルの図が表示されている該当個所のページはあっても良いし、無くても構いません、オリジナルの書籍や論文が再編集でページ数が変わることもありますから、ページ数は避ける方が良いでしょう。。

基本的に「引用」についてのご質問と考えます。

公表された著作物を引用して利用することについては、著作権法第32条に規定されていて、「公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない」とあります。

ご質問の執筆中の書籍では、引用目的は正当とされるでしょう。その書籍が営利かどうかは問いません。
(1).明瞭区分性が必要: 他書の図を引用する場合は明らかな区別が必要です。ご自分のオリジナルに見えるような見かけの調...続きを読む

Qテロ準備罪が衆議院で成立しました。このいわゆる共謀罪を世界で法律制定してる国はありますか。 また、共

テロ準備罪が衆議院で成立しました。このいわゆる共謀罪を世界で法律制定してる国はありますか。
また、共謀罪を制定してない国で類似法律はありますか?

Aベストアンサー

韓国にも「国民保護と公共の安全のためのテロ防止法」というものが有り、
日本と同じく実際に犯罪を犯す前の謀議の段階で逮捕できるようです。

独裁政権の場合は、国際テロというより、自政府への反抗活動をしようと
する者を密告する事が求められたりします。

Q【通販のトラブルについて質問です。】 通販にて、ある本屋から3冊注文しました。 2冊と1冊で分けて注

【通販のトラブルについて質問です。】


通販にて、ある本屋から3冊注文しました。
2冊と1冊で分けて注文しました。
なので2冊と1冊は別の日に届きました。

まず最初に届いたのが2冊。
そのうちの1冊が注文した本とは違う本でした。
その本屋に対応していただいたのは、返金と再発送です。
1冊はタダで送っていただきました。

そして別の日に注文した1冊が後から届いたのですが、その本も注文した本とは違う本でした。
返金と再発送という対応をしていただきました。
タダで送っていただきました。

そして今日の午前中に、最初の再発送した本が届きました。

そして今日の夕方、本屋からメールがきました。
もう一冊再発送しましたというメールです。
しかしそのメールの内容を見ると、本のタイトルが間違っていました。

なので明後日ごろに3度目の間違った本が送られてきます。

この本屋は、これで3回連続で商品の発送間違いを起こしています。

正直、金品を要求したいほど怒りが込み上げているのですが、実際に金品を要求すると犯罪になるので出来ません。

この本屋に、「返金と再発送」を超える責任をとっていただきたいのですが、何
か良い方法はありますでしょうか?

明後日ごろに届く予定の本は、タダで再発送したものなので、本屋は返金という責任は取ることができません。

なので、「返金」とは別の方法で、「返金と再発送」を超える責任を取っていただきたいんです。

何か良い方法があれば教えてください。

【通販のトラブルについて質問です。】


通販にて、ある本屋から3冊注文しました。
2冊と1冊で分けて注文しました。
なので2冊と1冊は別の日に届きました。

まず最初に届いたのが2冊。
そのうちの1冊が注文した本とは違う本でした。
その本屋に対応していただいたのは、返金と再発送です。
1冊はタダで送っていただきました。

そして別の日に注文した1冊が後から届いたのですが、その本も注文した本とは違う本でした。
返金と再発送という対応をしていただきました。
タダで送っていただきました。

そして今日...続きを読む

Aベストアンサー

ありません。

もうそこは利用しないに尽きるでしょう。

Q共謀罪について

ちょっと前に共謀罪について騒がれ始め、最近聞かなくなったので調べてみたところまだ話題になってるんですね。

どのサイトも共謀罪について悪く書かれすぎなような気がするのですが、与党はどんなメリットがあるとして共謀罪を採択しようとしているのですか?又本当にこういう解釈(http://kyobo.syuriken.jp/case.htm)になるのでしょうか?自分はただ単に左翼連中が騒いでいるように見えるのですが・・・。

Aベストアンサー

犯罪を共謀して計画したり、犯罪を行うために集合する等の行為をしない善良な市民であれば、共謀罪が成立しても何ら不利益があるとは思われません。
しかし、共謀罪が施行されると都合の悪い人達(山口の母子強姦殺人事件の弁護を担当し犯人の死刑に反対した安田弁護士,日弁連等)や、組織(日本人拉致事件に共謀して加担した在日、朝鮮総連、共謀して国家の転覆を図る組織等)、団体(団体で押しかけ、しつこく析伏を強要する新興宗教団体等)が行動を規制される恐れがあるので反対しているのです。

国際連合総会で採択された、国際的な組織犯罪の防止に関する国際連合条約(国際組織犯罪防止条約)により、重大な犯罪の共謀、資金洗浄(マネー・ロンダリング)、司法妨害などの罪を防止することを、締結国に義務付けたため、日本としても国際連合加盟国の一員として、また独立国として、国内に在住する善良な国民をこれらの犯罪者から生命・財産の保護をするためにも共謀罪の成立が必要と思われます。

オーム真理教による松本サリン事件、地下鉄サリン事件、坂本弁護士殺害事件についても、警察は事前情報だけでは動けず、結局事件が起こってしまってから、やっと検挙を行っています。
また、北朝鮮や総連の共謀による、拉致事件も工作員やスパイが国内にうようよ活動していても、警察がこれを取りします法律もなく、たとえ、工作員を別件で逮捕しても旅券方違反など軽微な罰金刑で釈放されており、結果として25年間も放置されていたのです。
このように日本だけがこの法律を認めず、国内においてテロリストやスパイを放置しておけば、ダッカ・ハイジャック事件の時のように、テロリストに600万ドルの大金と凶悪犯人6名、それに未使用のパスポートまでつけて、アルジェリアまで送り届けたときと同じように国際非難をあびる結果となるのではないでしょうか。

参考URL:http://blog.yoshiko-sakurai.jp/archives/2006/05/post_439.html

犯罪を共謀して計画したり、犯罪を行うために集合する等の行為をしない善良な市民であれば、共謀罪が成立しても何ら不利益があるとは思われません。
しかし、共謀罪が施行されると都合の悪い人達(山口の母子強姦殺人事件の弁護を担当し犯人の死刑に反対した安田弁護士,日弁連等)や、組織(日本人拉致事件に共謀して加担した在日、朝鮮総連、共謀して国家の転覆を図る組織等)、団体(団体で押しかけ、しつこく析伏を強要する新興宗教団体等)が行動を規制される恐れがあるので反対しているのです。

国際連合...続きを読む

Q本の出版について、内容が似た本の著作権などの問題

ビジネスでの成功を収めるための自己啓発本
記憶力をたかめる記憶術本
受験での成功を目指す受験本

巷にはこういった「心構え」的な内容を書いた多くありますが
中には著者が違ってもかなり内容が酷似している物もあります

このような本には、内容が酷似しているとして
「著作権」等の法律にかかるラインがあるのでしょうか?

たとえば、現在絶版になっていて入手困難な書籍を
ある程度文章等は変えつつも、内容は原書と似たようにして
私が自費出版した場合これは法律に違反するのでしょうか?

Aベストアンサー

(1)「自分が思いつくようなことは、他人も思いつく」といった理解がありますように、自分で考えたアイディアが他人のアイディアと酷似するのは良くあることです。そういう偶然の一致があって、それを記述した本の内容がたまたま似通っていた、という場合は、著作権侵害にはなりません。

しかしそうではなくて、他人の書いた本の内容を改変し、それをあたかも自分で書いたかのように出版する場合は、著作権侵害です。こうした盗作行為は、著作権侵害のなかでも最低な行為です。

つまり、偶然の一致は許されても、故意の一致は許されません。

(2)また、著作権法が保護するのは「表現」であって、「アイディア」それ自体ではありません。したがって、他人の「アイディア」を用いるだけでは著作権侵害とはなりません。その「アイディア」を表現したものが一致した場合に、著作権侵害となります。

じゃあ「アイディア」と「表現」は具体的にどう違うのかといいますと、例えば、「この問題を解決するには、こうすればいい」というのが「アイディア」そのものです。これに対し、「この問題を解決するには、こうすればいい」というアイディアを、自分の言葉で説明したもの――それが書籍であれ、口述であれ、その録音テープであれ――が「表現」です。後者は著作権法によって保護されますが、前者は保護されません。

もっとも、「アイディア」と「表現」の違いは必ずしも明らかではないので、揉めることも多いです。そういう揉め事が発展すると、裁判になります。

(3)質問者さんが先に問うたような「内容が酷似しているとして「著作権」等の法律にかかるライン」というのは、これがそうですよ、と示せるような白黒はっきりしたものではありません。しかし、後者の質問については明らかに違法です。

(1)「自分が思いつくようなことは、他人も思いつく」といった理解がありますように、自分で考えたアイディアが他人のアイディアと酷似するのは良くあることです。そういう偶然の一致があって、それを記述した本の内容がたまたま似通っていた、という場合は、著作権侵害にはなりません。

しかしそうではなくて、他人の書いた本の内容を改変し、それをあたかも自分で書いたかのように出版する場合は、著作権侵害です。こうした盗作行為は、著作権侵害のなかでも最低な行為です。

つまり、偶然の一致は許されても...続きを読む

Q共謀罪と治安維持法は同じですよね?

共謀罪法案は「テロ対策」と言いながら(戦争準備の為の)国民の口封じ法案だと思うのですが。

治安維持法は違憲ですが。共謀罪法案も基本的人権を無視した憲法違反法案だと思うのですが、何か違いがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

首題の件でいえば、同じです。
両者とも、初期には「一般国民には関係が無いこと」と言われました。
しかし、国民全てが「一般国民」なので、結局は「全ての国民が対象」です。

「テロ対策等」というのは、結局は「デモ対策等」といってよいでしょう。
国策に反するデモは計画段階から監視され、実行前に束縛されるようになると思います。
治安維持法適用の最悪は、ある団体の慰労会(単なる飲み会)参加者全員逮捕投獄、です。
安倍晋三首相は中国よりもポスト金正恩(日本国掌握)を目指しているように感じます。

Q著書を出版している出版社が倒産して、困っています。

2009年4月に出版会社、雄鶏社が倒産しました。

同社で出版しているのですが、
書店やインターネットで販売されている書籍はどうなりますでしょうか?

また、本がもう売られないということであれば
書籍の内容や写真などを著者としてインターネットや他の教材として利用しても大丈夫でしょうか?

Aベストアンサー

小説の出版には、著作権を作家が持っている場合がおおいです。 出版する権利を与える。

角川書店で、多数の人数の作家が引き上げたことがあり、新聞の掲載されていました。

著作権が誰にあるか不明では、回答できません。 破産管財人に確認を?

Q今日、Twitter見ていたんですがあるものが目に入りました、共謀罪法案 調べたらあまり分からないん

今日、Twitter見ていたんですがあるものが目に入りました、共謀罪法案 調べたらあまり分からないんですが簡単に言えば上司殴るとか暴言?言ったら逮捕されるってことですか?

共謀罪法案はまだ決定ではないですよね?

Aベストアンサー

ほとんど無関係ですね、一般国民が、普通の生活をしている分には無関係な法律です。
一部のグループやマスコミが、煽っているように思います。
独立国家なので、共謀罪(テロ防止罪)やスパイ防止法があるのは当然ですよ。
外国籍(特別永住者を含む)の人の一部が、政治活動やデモを正々堂々としている国は、多くないでしょう。
母国に帰って、そのような運動をして欲しいものです。

「憲法改正」という安倍総理の発言があったので、連休明けには、話題がそちらに移るように想像します。

Q本の出版に関して

1、法律論的に、著作者と著作権者の違い?2、自伝におけるゴーストライターと本人との権利関係は?
例えを出していただき、ご説明いただければありがたいのですが。

Aベストアンサー

1. <<著作者>>とは著作権法第2条1項2号で、「二  著作者 著作物を創作する者をいう。」と定められています。同法第17条で「著作者は著作権を享有する。」とあります。
つまり、著作者は最初に<<著作権者>>になります。

一般にあまり知られていないのですが、職務著作というものがあって、企業などが従業員に指示して創作された著作物の著作権はその企業に属し、企業が著作者となり、同時に著作権者となります。

また、同法第61条1項で「 著作権は、その全部又は一部を譲渡することができる。」とあり、当初は、原著作者に著作権があっても、第三者が譲渡を受けて<<著作権者>>になることができます。つまり、譲渡を受けることで新たに著作権者になることができます。

ただし、同法59条で「著作者人格権は、著作者の一身に専属し、譲渡することができない。」となっています。著作者人格権には、公表権(勝手に出版・公表されない権利)、氏名表示権(著作者名を表示する・しないの権利)、同一性保持権(勝手に改変されない権利)があります。

本の出版の場合は、まず著者が著作者となり著作権を持ちますが、通常は、出版社と出版契約を結び(出版権)、その中で決めた報酬(印税)を受けます。この場合は、一般的に著作権は譲渡する必要はありません。しかし、表紙、カバーなどに出版社の著作権が発生することがあります。

2. 自伝を本人が書いたり口述筆記で記録した場合は、本人が著作者で著作権者です。ゴーストライターがどの程度の作業を担当するかによりますが、一般的には相当の創作性があれば単独で(本人と離れて)著作者となれます。伝記では例が多いです。
本人の関与の程度では、場合により共同著作者となります。これはケースごとに判断されます。

1. <<著作者>>とは著作権法第2条1項2号で、「二  著作者 著作物を創作する者をいう。」と定められています。同法第17条で「著作者は著作権を享有する。」とあります。
つまり、著作者は最初に<<著作権者>>になります。

一般にあまり知られていないのですが、職務著作というものがあって、企業などが従業員に指示して創作された著作物の著作権はその企業に属し、企業が著作者となり、同時に著作権者となります。

また、同法第61条1項で「 著作権は、その全部又は一部を譲渡することができる。」とあり、当初は...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報