宜しくお願い致します。

当方一戸建て購入を考えております。
現在まで、色々な物件を検討して来ましたが、私どもの条件(金銭的な事、子供の学区内等)にあったものが無く、やっと条件に近い建売の物件を見つけました。

そこは、「どぶ川が50m位の所に流れている」「送電線とその鉄塔が直近に建っている」事以外はこちらの条件を満たしています。
どぶ川に関しては、私の探している地区では、あちこちに流れている為、どこでも同じと言う感じです。
しかし「送電線」で悩んでいます。その物件は送電線の鉄塔の間隣りにあり、敷地から鉄塔が5m程度しか離れていません。
送電線については色々な意見があるのを調べました。何だか難しい話ばかりで良く分かりませんでしたが、「害が有る、無い」等、はっきりとしていないのは分かりました。
そこで、生活するうえでの具体的な問題(騒音や防犯等)はどのような事が有るのかを教えて頂きたいと思います。
また、普段の生活で送電線から常に出ている電磁波を避ける様なグッズなどはあるのでしょうか?

この他の物件は、「金額が高すぎる」「土地が狭すぎる」「旗竿地」「日が全く入らない」「大きな川の真横」等など、こちらのダメな条件の上位にある物ばかりです。もうここしかない・・・?と言う状況です。
今回の物件はこの条件を全てクリアしており、送電線の害が「はっきりしていない」と言う事から、私の気持ちはこの物件に傾いております・・・。

実際に送電線の近くに住んでいる方等、ご意見宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (20件中1~10件)

 うーん、今の時期で2~5mGですか…。

夏場だともっと計測値が上がりそうですね…。雨の日の方が計測値が低くなることもあるようです。あれ、これはケータイ基地局の電磁波だったかな。周波数によって、性質が違って来るんですよねー。散歩道にある高圧送電線の鉄塔は雨の日に「ジー」という音が鉄塔からよく聞こえます。

 ちなみに高さが10m足らずの66kV送電線の直下では40mG、また、高圧送電線ではないですが、電柱の変圧器(トランス)の近くの2階の部屋で最大20mGが測定されたことが、本に出ていました。一番影響を受けるのは細胞分裂が盛んな、胎児・子供などですが、大人も、というか生きている限り細胞分裂はしていくので、値が大きいとなると、より注意したいですね。ガン細胞に低周波の電磁波を24時間照射すると、増殖スピードが最大24倍にもなったそうです。

 ホットカーペット、電気毛布などは電磁波低減タイプ(相殺の原理を応用したもののようです)が出ているんですが。


 あと、鉄塔の倒壊がちょっと怖いです。一昨年の台風で倒れましたよね。それまでは「絶対倒れません」と電力会社は言ってたんですけれど。

 ご存知かも知れませんが、大阪府門真市末広町は、送電線に囲まれた町・ガン多発の町ということで色々な書籍やビデオで紹介されています。確かその土地で、蛍光灯を電線の下で持って立つと、何もしなくても蛍光灯が光るんですよね。なので、電磁障害も、付近の方などに確認された方がいいですね。

 それと他の方も書かれてましたが、鉄塔の近くですと自殺率も高いようです。また、自動車事故も多いみたいですね。どの本か失念して、今、手元に見当たらないのですが、どこかの交通機関が統計的に多いことを突き止めて国だかに報告したけれど、もみ消された?みたいなことが書いてありました。

 余談ですが、新幹線は交流電流、在来線は多くが直流電流で動かしているようです。直流の方はプラスとマイナスが入れ替わらないため、電磁波が出ませんが、モーターが内臓されていると電磁波が出ます。交流でモーター内臓よりは電磁波が強くないようですが、車体の横や、車両連結部近くの天井付近に「モハ」と書かれているのはモーター車です。「クハ」「サハ」表示のものはモーター車ではないので、通勤が長い時などは、その車両を選んで乗ると、被曝が低減されるようです。

 家電などもモーター内臓のシェーバー、ドライヤー、掃除機、洗濯機などはより電磁波が強くなるようです。特にシェ-バーなどは密着させるので、お使いであれば、せめて直流式のモーターにしたいですね。ドライヤーを頻繁に使う子供の白血病の発症率が上がる報告もあります。

 送電線も直流システムにして、近くに発電所を作れば、電磁波も出ず、クリーンで原発もいらなくなる発電が可能のようです。今は原発から変電所・変圧器などを経てどんどん電圧を下げながら電力輸送してますもんね。エネルギーもとても勿体無いそうです。
    • good
    • 10
この回答へのお礼

またまた、有難う御座います。

本日、不動産屋さんと再度物件をみに行きました。
測定器にて計測しました所、1Fの一番離れた部屋で3mG、それ以外は全て5~6mGと言う結果でした。
かなり高い結果が出てしまいました・・・。

>あと、鉄塔の倒壊がちょっと怖いです。
そうですね、そういう物理的な危険も視野に入れておかないといけませんね。

>送電線も直流システムにして、近くに発電所を作れば、電磁波も出ず、クリーンで原発もいらなくなる発電が可能のようです。
そんな事ができるのですか。対策があるのなら、早く実施して欲しいものです。予算等の問題で簡単にはできないのでしょうね。残念です。

有難う御座いました。再度検討したいと思います。

お礼日時:2006/06/25 18:20

 度々すみません、計測器ですが、ご参考までに下記URLをどうぞ。


 ただ、別の電磁波問題を扱っている団体で、安いものは精度が低い、20万円ほどするものでないと誤差が大きい、と言っている所もあります…。
 
 スウェーデンなどでは、地下40mほどの所に送電線を埋設しているそうです。さらに、油や何かを送電線の周りに巻いて三つ編み対策を取り、電磁波を相殺している措置を取っていると聞きます。こうすると地上での被曝はほぼゼロになるようです。

 またスウェーデンでは、送電線付近に住む子供の白血病の発症率が高いという調査報告によって、1993年から幼稚園・小学校などの近くの送電線を撤去、撤去が困難な場合は地下40mに埋設しているそうです(←「高圧線と電磁波公害」高圧線問題全国ネットワーク編、緑風出版、に詳しく載っています)。

 私の住んでいる市でも、一部、地下埋設が始まろうとしていますが、地下3mほどととても浅いです。推奨した議員に話したんですが「勉強不足。しかしお金がかかるので、40mなどには出来ない」と答えが返ってきました。困った物です…。

参考URL:http://www.gsn.jp/keisoku.htm
    • good
    • 12
この回答へのお礼

再度のご回答有難う御座います。

計測器は知人が持っており(安物らしい)本日、付近を軽く測ってきました。
実は、2本の送電線が並んで走っているですが、地上から測って、背の高い方は、5mGかそれ以上、低い方は2~3mGでした。更に近づけば、もっと高いのでしょうね・・・。
又、電力会社に送電量を問い合わせた所、27万5千ボルトと15万5千ボルトだそうです。
いずれも高圧の様です。
今度、また不動産屋に物件をみさせて頂くので、再度測定しようかと思います(多分すごい結果になるでしょうが)
電波障害に関しても確認した方が良いのですよね。

有難う御座いました。

お礼日時:2006/06/24 14:45

 No16です。

お礼のコメント、有難うございます。うーん、家電製品電などの安全距離は1mGという話は聞くのですが、家電は浴びる時間を自分で調節できますしね…。また、1mG以下でも安全とは言い切れない、という話も聞きます。電離放射線などは、安全基準値がどんどん厳しくなっていったようです。悪さがわかったら、どんどん基準を引き下げていくのを「アララ思想」と言ったんでしたっけ。

 送電線からのみの電磁波であれば、1~2mGで影響は出にくい、と統計からは言えるのかも知れませんが、電磁波の「非熱作用」は熱作用などの1万分の1以下でも起きるのでは、と懸念されています。また、家電も含めれば、4mGを超えそうですね。ただ、4mG以上でも電磁波の影響を受けない人、4mG以下でも影響を受ける人と様々です。電磁波は、身長などの大きさによって「共振」作用を強めたりする場合もあるので(例えば、ケータイの電磁波の「マイクロ波」は、子供の頭の大きさに共振しやすく、従って影響も大きくなる、みたいな)、アルコールや水銀のように、「これだけ摂取すると必ず中毒になる」とは言えないんですよねー。ですので、可能であれば、避けられた方が、と思います。ご購入なら、0.1mGになるような対策を施された方がいのでは、と思います。

 それと、送電線の電磁波は、消費電力量が多いほど、電流が多く流れるほど電磁波が強まります。例えば、夏の昼と秋の昼ではクーラーなどの使用の有無により、夏の昼間の方が電磁波が強くなります。なので、一番消費電力が多い時間の電磁波を測定された方がいいと思います。電力会社は教えてくれるかなあ…。電磁波のことになると余り教えてくれないんですよね。最大電流量とかは教えてくれるかな…。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

たびたび、ご回答有難う御座います。

やはり、低ければ良いなど単純ではないのですね。
人によっても影響が違う。更には、身長等にも関係が有るとは知りませんでした。
「0.1mG以下」・・・現実的には不可能ですかね~。
暑い時期の昼間の電磁波・・・測ってみます。

色々と有難う御座います。
またまた、参考にさせて頂きます。

お礼日時:2006/06/24 00:36

 No16です。

すみません、訂正です。ザルツブルグの基準値ですが、mW/cm2ではなく、μW/cm2(マイクロワットパーcm2)でした。すみません。ミリは1000分の1、マイクロは100万分の1です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

わざわざ、訂正のご回答、有難う御座います。

お礼日時:2006/06/23 23:25

 こんにちは。

結論からいって避けられた方がいいと思います。

 高圧送電線からは1秒間に50回、または60回振動する「低周波」の電磁波が出ています。

 国立研究所の全国電磁波疫学調査では、4ミリガウス(ミリガウスは磁場の単位)以上の磁場に曝され続けていると、小児白血病の全体の発症率は、2.63倍(小児白血病の大半を占める「小児急性リンパ性白血病」に絞って見ると、4.73倍)、小児脳腫瘍の発症率は10.6倍との結果が出ました。4ミリガウスとは、蛍光灯の下で観測できるほどの磁場です。他の国では日本よりも早く疫学調査が行われていますが、やはり数ミリガウスで発症率数倍、との報告が多くあります。

 イギリスなどでは、「予防原則」の観点から、高圧送電線その付近への新規の住宅建設禁止の草案を現在纏めているようです。WH0も50ガウス(5万ミリガウス)以下なら安全としています(←電力会社は安全論の証拠として、WHOの50ガウスを持ち出します)が、さすがに見直しを図っているようです。

 本来は人工の電磁波はゼロであるのが望ましいようですが、今の世の中、それはちょっと難しいので、低周波の電磁波は、0.1ミリガウスのレベルにまで下げられるのが理想、という考えもあります。 

 電磁波は、感電などの刺激作用・発熱などの熱作用の他に、ガンや白血病、免疫力を下げる、等の原因となったり、それらを促進させるといわれる「非熱作用」の影響が特に懸念されていますが、国の基準や業界の自主規格にはこの「非熱作用」が考慮されていません。 

 電磁波の被曝量は、「浴びる時間×電磁波の強さ」で決まります。そして大体が、発生源からの距離が近いほど電磁波は強くなります。微弱であっても長時間浴びるのであれば被曝量は増えます。なので、距離が取れないのであれば、他の電磁波を浴びないように工夫されることもお勧めします。屋内の配電線なども、電磁波が高いようです。将来、新築するなどの機会がありましたら、室内配線を極力減らす、ブレーカーの配置を工夫するなどすると、かなり違うようです。

 また、電磁波過敏症患者さんが電磁波カットの住まいを建てられた話が「建築ジャーナル」の2005年6月号に出ています。電磁波の少ない立地条件を選ぶことが先ずポイントになりますが…。

 居住空間などは、長く過ごす場ですからね。人工の電磁波を少なくしたいものですね。

 人工の電磁波だらけの世の中ですが、家電のコンセントを抜く(コンセントを抜かない限り電磁波が出ています)、ケータイの電源を切るなどして、なるべく電磁波を浴びないようにしていくといいと思います。健康や環境に関することは、いつも手遅れになってから対策が取られますので、自衛の手段しかないところが哀しいですが…。

 配電線の方の話になりますが、電線は、3本で1セットで、3線が平行に走っていると電磁波は大きくなりますが、三つ編みにすると、電磁波が打ち消しあって、低減されるようです。が、この対策を電力会社にお願いしたところ、一度はOKしたものの、対策すると「電磁波は危険」と認めたことになるようで、最終的に断られた、という市民の話が本に出てました。

 電磁波の健康への影響を扱った本は、大きな本屋さんに行くとけっこうあります。電磁波問題を扱っている市民団体も、全国にいくつかありますので、検索してみてください(本当はお勧めの所を紹介したいのですが、営業行為に当たる恐れがあるので、削除されてしまいました)。もっと詳しいことが分かるかと思います。

 それと、低周波の磁気はコンクリートも突き抜けるため、遮蔽がしにくいので、グッズなどは役立ちません。距離を取るか、電磁波同士が相殺できるような仕組みを取らないと電磁波が低減できません。

 また、ケータイなどは1秒間に数億~数十億回振動する「高周波」の電磁波を出します。こちらはmW/cm2(ミリワットパーcm2)という電力密度で電磁波の強さを表しますが、こちらも日本の基準は緩いですね。こちらは子供がハダシで地面に立って足首が暖かく感じる程度ならいい、というようなことが書かれています。低周波の方は、髪の毛がやや逆立つ程度ならいい、なんてことが書かれています。

 ちなみに、ケータイ基地局の電磁波は、最も厳しいオーストリアのザルツブルグ基準ですと、家の外で0.1、家の中で0.01mW/cm2となるようです。

 ケータイ会社は高圧送電線からの電磁波の方が問題だと言いますが、電力会社は、ケータイの方が強くて問題だといいます。どっちもどっちですね。ケータイの中継アンテナ基地局には、低周波を出す無線装置がついていますし。付近の方は、高周波・低周波の両方の影響を受けることになります。ただ、ケータイのマイクロ波は、300m離れた所が一番強くなるようです。しかし、最近は付近の建物に反射して、基地局真直でも電磁波が強くなることが分かってきたそうです。

 高周波・低周波の電磁波とも、原爆から出たγ(ガンマ)線や、レントゲンのX線のように、生体を透過する際に、原子の周りの電子を剥がす「電離作用」はないのですが、細胞分裂の際に照射されると、細胞が揺さぶられ、DNA内の塩基を揺さぶり、とんでもない所にくっつけてしまうようです。故に、細胞分裂の盛んな子供ほど影響を受けやすいようです。

 また、高圧送電線は、ラドンなどの放射性物質を集めやすいようです。植物の生育にも影響を与えるようなので、下草が生えないのはそれかな。それと、最近は地下埋設が増えていますが、日本の場合は低い位置に電磁波対策を施さずに埋めるので、今の地上の電線よりも距離が近くなり電磁波被曝が強まります。困ったことです。

 電話会社の交換手さんだっかに、脳腫瘍が多いので、健康調査を公表してほしい旨をどこかのNGOが要請していたようなことを本で読んだことがあります。
 また外国では、電力会社の社員に多くの病気との関連性が示されている疫学調査が多いようです。特に心臓疾患が多いようです。

 電磁波の問題は最近、さらに日本では報道されなくなってきたようです。「安全論」が出た時だけ大きく報道されるような。まあ、電力会社が大口の広告主ですからね~。日本はテレビの傘下に新聞やラジオがありますしね~。スポンサーの機嫌を損ねることは書けないのかなあと思います。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

ご回答有難う御座います。

大変細かな説明をして頂き、とても分かり易いです。
色々な問題があるのですね~。
やはり、子供が一番心配ですね。現在小学6年生で丁度育ち盛り・・・影響が出てしまいますかね~。

4mG以上での症例(?)は良く耳にするのですが、例えば送電線から有る程度の距離があったとして、1~2mG程度ならかなり影響は出にくい、と言い換える事ができるのでしょうか?

有難う御座いました。参考にさせて頂きます。

お礼日時:2006/06/23 23:23

皆さんがおっしゃられているように、少しでも不安を感じるのであれば、購入は控えたほうがよいと思います。


その不安が世間一般では問題ないというものであっても。何しろ、高い買い物ですから。

この世の中、100%安全というものはひとつもないのも事実ではないでしょうか。ビタミンも体に良いとは言いますが、取りすぎは逆効果です。

「電磁波」(ここでいうのは電気設備から発生する性質のもの)については、「影響がある」とする疫学研究報告がされてから20数年経っており、多くの研究者が数多くの研究を行っていますが、未だ明確な答えがないのが事実です。「問題ない」ことを立証するのは極めて困難だと聞きます。

十分に納得がいく購入をお勧めします。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答有難う御座います。

>少しでも不安を感じるのであれば、購入は控えたほうがよいと思います。
そうですね~問題の有る物は、後で後悔してしまうと思います。
しかしながら、先の回答にも書いたのですが、探しても探しても、色々な問題がある物件しか出ず、どの問題に対して「妥協」するか・・・と言う感じなのです。
この「送電線」が妥協すべき点なのだろうか?と考え、質問させていただきました。
「相関が解明されない程度のものなら大丈夫?」と言う考えと、「その他の物件の問題なら我慢する等の"対策"が有るが、送電線に関しては、対策以前の話だ」と言う考えで悩まされます。
やはり後者の方が、まだマシなのでしょうかね・・・?

有難う御座いました。

お礼日時:2006/06/23 00:17

つい先日主人の実家を売却しました。


2月に実家の一人住まいの父が癌でなくなったためです。
その2年前には母も癌でなくなってしまいました。
でも二人共70代で高齢。たまたまだとは思いますが?
閑静な住宅地でほぼ正方形に近くとてもよい場所なのですが、
すぐ裏に鉄塔があります。そのため不動産会社は価格を設定するのに鉄塔があるのでむずかしい。ということで300万円引いた額で売り出しになったのです。50Mほどにどぶ川もあります。
結果的には更にマイナス100万円でばリフォーム業者に売却しました。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ご回答有難う御座います。

うちの検討中の物件とほとんど同じ環境ですね。
やはり、かなり価値は落ちてしまうのですね。
後のことを考えると、悩んでしまいますね。

実際にあったお話し。大変参考になります。

有難う御座いました。

お礼日時:2006/06/22 13:08

#10です。


他の方の回答のお礼への横槍で恐縮ですが、

>関電工や東京電力の方々が癌で死んでいるとは聞かないですよね?
そういえば、そうですね。この方達こそ年中浴びていますよね~問題ないのですかね?それとも対策をきちんとたてているのでしょうか?

数学的な考え方が間違っていると思います。
関電工や東電の方々は確かに、年中電気を扱っていますし、社宅の敷地内に鉄塔があったりして常に電磁波を浴びている状態です。
でもその人たちが癌で次々と死ぬわけはないじゃないですか。
統計というのは、分母の大きさをまず考えなければ意味がありません。
実際、電磁波の影響で発ガン率が高くなるという統計は、何千、何万、何百万という人口を対象として割合を出しているのです。
その中でも通常の癌発生率よりほんの数%高いだけですよ。
罹患率の統計とはそういうものです。
目に見えるように関電工や東電の人が癌で亡くなっていたら、とっくに電磁波の問題は多くの研究機関で取り上げられ、統計的にも重要な問題とされているはずです。

実際、電力会社に勤務する人の発癌率が高いのかどうか、そういうデータがあるのかどうかは知りません。
(あるかもしれないということです。)
以前、週刊誌に載っていた記事では、電力会社の社長は絶対に鉄塔のそばには住まないとのことです。

つまり質問者さまが鉄塔の近くに住むことになっても、質問者さまとその家族が癌や白血病になる可能性は、確率としてはとても低いということです。
ただ鉄塔の近くに住んでいない人と比べると、確率が高くなるかもしれないということです。
同じ理屈で、電子レンジや電気毛布などと比較するのも、あまり意味がありません。
強い電磁波を浴びたからといって即病気になったり、あるいは家族の中から癌患者が出るわけではありません。
ただその確率が高くなることを、自分がどう受け入れますか?という問題です。
将来、家族が癌になったときに、それを心の問題としてどう処理できますか?ということです。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

再度のご回答有難う御座います。

非常に細かなご説明、とても分かり易いです。
確立として考えると「ほんの数%」なんですね。

ただ本当に問題が生じた場合・・・
>それを心の問題としてどう処理できますか?
非常に考えさせられます・・・。

とても参考になりました。
有難う御座いました。

お礼日時:2006/06/22 09:41

NO4です


18年住んでいます。
地役権設定地です。二筆に分筆された土地です。
前の土地所有者が一括で線下補償を貰ってしまった為補償金は有りません。
2階建て建物の玄関真上を通っています。ゆえに玄関の中は吹き抜けで部屋は有りません。
アースは万一の時送電線が切れ建物に触れた時に地中に逃がすためだそうです。
実家近くの私の土地も送電線の真下にあり線下補償を頂いています。
10m位はなれた所に住宅が有りますが問題無く居住しています。
    • good
    • 10
この回答へのお礼

再度のご返答有難う御座います。

地役権については、色々有るのですね。
検討中の物件は、畑か空き地だった所を新規に分譲された物です。
どうなっているか確認した方が良いですね。

アースは、切れてしまった時の為の物ですか。送電線の事故の事も考えておいた方が良いのですね。

18年も住んでいらして、何も問題が生じていないとの事、少し安心しました。

色々と考える事は、まだたくさんある様ですね。
非常に参考になりました。
わざわざ、有難う御座いました。

お礼日時:2006/06/21 22:13

世の中の見解は別として。



送電線に近い物件は「安いです」。
それはご質問者の方が心配されている通りです。
心配な物は無いほうが良いですよね。だから安くなります。

電磁波は東京電力で測定してくれます。
これまでの方のアドバイスにあるように、私の実例で送電線の真下の物件で2ミリガウスです。
こうやってPCに向かい合っている方が電磁波は受けてます(笑)
ホットカーペットは100ミリガウス以上で丸焦げですね(笑)

気になるのは電磁波ではなく、風の音です。
風の強い日には鉄塔の風車や送電線の音がします。
気になる人は気になるらしいです。
夜中に行って聞いてみると良いですよ。

結論からは、電磁波が気になるなら家の電気は使えません。
関電工や東京電力の方々が癌で死んでいるとは聞かないですよね?

参考URL:http://www.tepco.co.jp/ps-engineering/denjikai/d …
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答有難う御座います。

送電線の真下で「2mG」なんですか?そんなに低いのですか~。
それに比べて、家電の値はすごいですね!全て一日中という訳ではないですが、こんなにとは思いませんでした。
実際に測ってみた方が良いですね。

騒音についても、今度確認してみます。

>関電工や東京電力の方々が癌で死んでいるとは聞かないですよね?
そういえば、そうですね。この方達こそ年中浴びていますよね~問題ないのですかね?それとも対策をきちんとたてているのでしょうか?

とても分かりやすいご説明有難う御座います。
近いうちに確認してきます!

お礼日時:2006/06/21 17:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q鉄塔の近くに住んではいけない理由

こんばんは!
いつもお世話になります。

高圧送電線などを支える鉄塔の近くに
住んではいけないと以前どこかで聞きました。
なんでも身体に悪い影響(白血病など?)を
及ぼすとのことですが、具体的にどんな
悪影響があるのでしょうか?
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

鉄塔の近くと言うより、「高圧送電線の下に」と言うことでしょうね。

送電線の周囲には電磁波が生じますから、それが悪影響ありと言われています。しかし科学的な根拠は薄く、電磁波の強さに関しても携帯電話や電子レンジなどの方が強いと言われていますし、電線のみならず変電所からも電磁波は発生します。何が主原因かははっきりしていないのが現状です。

とりあえず電磁波を問題視しているサイトを貼っておきますが、どの程度信じるかどうかはお任せします。
http://www.sei-ken.co.jp/mijika_denji.htm

参考URL:http://www.sei-ken.co.jp/mijika_denji.htm

Q高圧線の鉄塔のすぐ近くの土地を購入しようか迷っています。

高圧線の鉄塔のすぐ近くの土地を購入しようか迷っています。
地図を下のURLに保存してありますのでご覧ください。
http://www.uploda.org/uporg971333.jpg.html
角地を2分筆して、その右半分の土地です。
写真では大きい家が建っていますが、コレを半分にした右側です。

鉄塔が近いと電磁波?の影響で健康に悪影響という話も聞きますが、そのぶん安い土地でもあります。
敷地から一番近いところですと鉄塔の足下から10m程度しか離れていません。
高圧線は高さの分もう少し遠くになると思いますが20m程度だと思います。
ポジティブな見方をすれば、鉄塔方向が南ですので、南に高い建物が建つ事はない、といえます。
不安なので実際に高圧電線付近に住んでいらっしゃる方を中心に御意見をお伺いしたいのです。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

そばに住んでいる人はみんな、平気な人たちばっかりです。平気だから住んでいるのです。長生きしてる人もいます。
でも、だめな人はだめなんで、少しでも気になるならやめた方がいいです。私は鉄塔に引越2日前まで気づかず、1カ月で退去、大損しました。それはいいんですが、不動産屋も鉄塔のそばに住んでいるので、電磁波アレルギーとかわからず、あなたがおかしい、気にしなければいいと言われ、それで余計精神的ダメージを受けました。
平気な人から見たら、アレルギーになる方がおかしいわけで。
鉄塔のそばだと、強風が吹くとすごい騒音がします。また、電磁波の低周波音だと思いますが、夜、静かになって寝ようとすると、ブーという低い小さい音が耳について眠れませんでした。これは1日24時間ずっと、耳をすませば聞こえました。神経質な人は絶対やめたほうがいい。

Q送電線鉄塔に近接した家に住んでいる人に質問

1年ほど前に団地住人の駐車場になっていた集会所予定地を団地内住人の競売入札の結果、激安で購入しました。集会所予定地だったが、個人所有になったので新築は可能とのことです。駐車場使用の新契約は問題ない様に済ませています。

300坪ほどの児童公園の一角にあるが、送電線鉄塔にも接しているのです。公園と鉄塔に囲まれているので、四方の日当たりは抜群です。そのまま駐車場として継続するにはもったいない気がして、その場所に小さなセカンドハウスを建築するかでずっと迷っています。

激安購入できたのは、鉄塔があるので私も含めて団地住人の購入意欲が低かったためです。団地の中には鉄塔近隣の家もありますが、個別には聞けませんので、送電線鉄塔に接した家に住んでいる人にお聞きしたい。

電磁波による悪い影響が本当にありますか。
セカンドハウス使用が終わったら、あなたの家も含めてその家を借りてもらえますかね。

Aベストアンサー

こんにちは。

我が家は、昭和30年から平成元年まで送電線が撤去される迄の約34年間に亘り、東電の特高送電線(275kV=27万5千ボルト)と送電線鉄塔の至近距離に居住してました。
(※市街化が進み平成元年に特高送電線が撤去された年に二世帯住宅造りに建て直しました)

この敷地は、送電線の至近距離であることから、鉄道駅に近く交通の便が良い割には安く買えたと父親からは子供の頃に聞かされてますが「建物に建築制限があったから」だとも聞いてます。

また、私自身が中学・高校時代から楽しんでた趣味のアマチュア無線が高じてしまい、社会人になって稼ぎが良くなった昭和50年に敷地内の裏庭に高さ25mのアンテナ鉄塔を建てて、無線交信用のキュビカルクワッドというビームアンテナを鉄塔のマストに載せたところ、送電線を管理してる東電送電所の担当者2名が直ぐに我が家に駆け付けて「送電線とアンテナの距離が近過ぎて危険なので、アンテナの高さを5mほど低くして欲しい」と依頼された苦い思い出があるぐらいです。

まぁ、無線用アンテナの同軸ケーブルの芯線に触れると送電線からの高圧誘導電流で普通の人が体験する静電気なんか比較にならないほどの強さでビリビリと感電するほどでしたから、普通の人なら恐怖を感じるでしょうが、子供の頃から無線機を日常的に自作したり扱ってたことでメガHz単位の強電界高周波電磁波に常に曝されながら成人しましたので、50Hzのような商用周波数の低周波電磁波なんて屁とも思ってないです。

なお、私自身は20歳代半ばの年齢で結婚して、3人の子宝にも恵まれた父親ですけど、3人の子供達は心身共に健康で逞しく成人しましたし、私達夫婦と長年同居してる私の実母は今年で93歳を迎る高齢ですが、持病の糖尿病治療薬の影響と思われるアルツハイマー型認知症の初期症状が最近出始まったぐらいで、私自身は長年の過度の喫煙習慣(今は禁煙中)や高脂血症の体質のせいか、動脈硬化による高血圧症の治療中といった程度ですから「特高送電線程度の低周波電磁波による健康被害はない」と思います。

こんにちは。

我が家は、昭和30年から平成元年まで送電線が撤去される迄の約34年間に亘り、東電の特高送電線(275kV=27万5千ボルト)と送電線鉄塔の至近距離に居住してました。
(※市街化が進み平成元年に特高送電線が撤去された年に二世帯住宅造りに建て直しました)

この敷地は、送電線の至近距離であることから、鉄道駅に近く交通の便が良い割には安く買えたと父親からは子供の頃に聞かされてますが「建物に建築制限があったから」だとも聞いてます。

また、私自身が中学・高校時代から楽しんでた趣...続きを読む

Q鉄塔がマンションの近くにあります。人体に影響あるのでしょうか?

購入検討中のマンションの40mくらいのところに送電線と鉄塔があります。

販売会社の電磁波測定によると、2から3ミリガウスだそうです。

一般的には、0.1μT(1ミリガウス)以下が安全と考えられています。スェーデンでは2ミリガウス以上の場所には建築不可だそうです。

購入を迷っています。人体に影響あるのでしょうか?

Aベストアンサー

お薦めしません。

医学的な見知からは噂先行でまだ最終結論はでていないようですが、自分の見ている限りでも鉄塔近くの家では癌等が結構発症しているなと思ったことがあります。

但し不動産業者の目で見た場合、この噂先行が一番価格に反映してきます。
現実に進行住宅地では高圧線下を遊歩道や車道にして、住宅用地にしていないところも見受けられますので、それだけ結論のでていないこの問題に世論が過敏に反応していると言うことでしょう。
従って、今その家を買っても、手放さないといけない時に問題になって来る場合もあるかと思います。
40mが可か不可か・・・微妙な問題ではありますが。

Q高圧線から50mの家は電磁波の影響は受けませんか?

転勤を機に家を購入する事になりました(転勤は今回限り)

転居先が高圧線や鉄塔が大変多い地域なのですが、現在候補として挙がっている物件は高圧線まで50m、鉄塔まで100mです。

物件や周囲の環境については気にいっているので、気にするほどの距離でないならば購入したいのですが、電磁波の影響が懸念されますでしょうか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

No,6です。
不動産のプロではないので何メートル以内が安い、と言いかねますが、鉄塔の真横等だと何百万単位でかわるという話もあります。
不動産鑑定をされる方には、見える範囲にあるだけで(200~300m)
減額対象にする話も聞きます。(知り合いに不動産関係多数)
地域的に多いと言う事で、どの程度査定に反映されるかは分かりませんが、逆に考えて頂くと、鉄塔近くを希望される方がいるかどうか・・・。
恐らく少数派である=不人気物件になる要因。

電磁波ですが、送電線50Mは何らかの影響あり、と考えた方が無難では?
何故ならもし家の中に届かずとも、(個人的には届くと思いますが;)生活範囲内でさらに近づく可能性が多分にあるからです。
その影響が良いものか悪いものかは分かりませんが。

もちろん購入を検討されるからには魅力的な物件であるのでしょう。
その決心を固める為にも、駅を一つ広げて探す、普段過ごすリビングから鉄塔が見えない物件を探す、等もう少し条件を変えて探されても宜しいのでは?高い買い物ですからね!
それらと見比べてもその家がいいのなら、後悔しないに違いありません。
頑張ってくださいね。

No,6です。
不動産のプロではないので何メートル以内が安い、と言いかねますが、鉄塔の真横等だと何百万単位でかわるという話もあります。
不動産鑑定をされる方には、見える範囲にあるだけで(200~300m)
減額対象にする話も聞きます。(知り合いに不動産関係多数)
地域的に多いと言う事で、どの程度査定に反映されるかは分かりませんが、逆に考えて頂くと、鉄塔近くを希望される方がいるかどうか・・・。
恐らく少数派である=不人気物件になる要因。

電磁波ですが、送電線50Mは何らかの影響あり、...続きを読む

Q高圧線の下の土地を契約してしまいました

住宅購入を考えて色々な物件をみてきました。
やっと見つけた土地が夫婦共に気に入り契約をすることができました。
先日両親に決まった土地を見てもらったとこ高圧線があることを指摘されました。
ネットで調べたり、親戚に聞いたりしているとやめた方がいいということを知りました。
すでに土地と建築会社は契約済みです。
銀行のローンの申し込みはこれからです。
高圧線のことは私たち夫婦は全然わかりませんでした。
土地契約の時の重要事項説明の時に高圧線が通っていますと書かれていてそこで初めて知りました。
私は高圧線のことをよく知らなかったので売主さんや不動産屋さんにどういうことですか?と聞いたらあまり気にしなくていいと言われ、健康被害のことなどは教えていただけませんでした。
電力会社からお金を頂けることは教えてもらいましたが、そのお金の理由は空中の土地を借りているためと教えてもらいました。
それによって雷の時などに火事になりやすいとかですか?と聞いてもそうゆうことはないですと言われました。
私からすれば健康被害など科学では証明されてはいないけれど、いちお気にされる方がいますなどと契約前に教えて下さらなかったのかとすごく不動産屋に怒りがあります。
まだ20代半ばの若い夫婦なので騙されたのでしょうか?
そのことを知っていたのなら私は契約しませんでした。
まだ生まれたばかりの子供がいるので、すごく気になります。
このような時に契約を取りやめるとなると、手付金はかえってこないのでしょうか?
土地、建築とも手付金は払っています。
少し文章がおかしくなっていてわかりずらいと思いますがとても困っているのでよろしくお願いします。

住宅購入を考えて色々な物件をみてきました。
やっと見つけた土地が夫婦共に気に入り契約をすることができました。
先日両親に決まった土地を見てもらったとこ高圧線があることを指摘されました。
ネットで調べたり、親戚に聞いたりしているとやめた方がいいということを知りました。
すでに土地と建築会社は契約済みです。
銀行のローンの申し込みはこれからです。
高圧線のことは私たち夫婦は全然わかりませんでした。
土地契約の時の重要事項説明の時に高圧線が通っていますと書かれていてそこで初めて...続きを読む

Aベストアンサー

法律の問題はパスして電磁波について一言。
電磁波の影響は問題なし。あるいは科学的に証明されていない、という意見が多いですね。
私の見聞(意見ではありません。見聞です)を聞いてください。
今から20年以上前ですが、ある科学雑誌に書かれていた記事です。関西地方?のある町の中心に変電所がありました。この町で癌の発生状況を調査したところ、変電所から四方に延びる高圧線の下に住む人に多く癌が発生してました。地図上に癌患者が発生した家をマークしてありましたが、明らかに高圧線の下が多かったです。
B級科学雑誌ではありませんよ。有名国立大学を退官された方が立ち上げた雑誌であったと記憶しております。
そんなに危険ならば規制されるはず、という意見もありましたが、問題無し、と言う企業、団体がある以上、役人がこれ以上大騒ぎになるようなことをするとは思えません。
また、これも古い話ですが、あるテレビ番組で、レポーターが夜、蛍光灯を持って高圧線の下に行くと、なんとその蛍光灯が点灯しました。もちろん電源はありませんよ。
ホットカーペットの方が電磁波が強いと下で書かれていましたが、ホットカーペットの上に蛍光灯を置いても多分点灯しないでしょう。
高圧線の下は魚がよく釣れる、と書かれた本も読んだことがあります。もしかしたら電磁波で暖かいのかもしれません。
IHの電磁波も、電力会社は問題なしと言いますが、ガス会社は問題ありと言います。
以上の事を考えれば、私なら高圧線の下はもちろん、近辺にも住みたくありません。
ご参考までに。

法律の問題はパスして電磁波について一言。
電磁波の影響は問題なし。あるいは科学的に証明されていない、という意見が多いですね。
私の見聞(意見ではありません。見聞です)を聞いてください。
今から20年以上前ですが、ある科学雑誌に書かれていた記事です。関西地方?のある町の中心に変電所がありました。この町で癌の発生状況を調査したところ、変電所から四方に延びる高圧線の下に住む人に多く癌が発生してました。地図上に癌患者が発生した家をマークしてありましたが、明らかに高圧線の下が多かっ...続きを読む

Q高圧線と健康/どのくらい離れていれば安全ですか?

 こんばんは。お世話になります。

 「高圧線の近くに住むのは健康に良くない」とのことですが、具体的に高圧線から何メートル以上離れていれば安全なのでしょうか?

 宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

外国では高圧線の近くに住む人に白血病やがんになりやすい、といわれますが、日本では危険が立証されていないから平気?と言われていますので何メートルという数値はでていません。

高圧線にも何種類かありそれぞれ電圧が違いますので・・・

以前、高圧線下のすぐ横で建売工事をしたとき、東電の工事業者がガウスメーター(電磁波計)を見て「すげー出てるな!こんな所に住みたかねぇな」と言うのを聞いて、「え!電磁波そんなに凄いのですか?」と聞いたら(やべ!)と言う顔をして言葉を濁されました。

私の場合100m離れていても、ちょっと・・・・

Q変電所の近くに住む方に質問です。

気に入った家が変電所の近くにあります。変電所の近くだからと思いますが、お値段もお手ごろです。

過去の質問から色々なHPをみました。

かなり曖昧にしか分かりません。
白血病の発生率が倍になるとか、癌になりやすい、というのも人によるようですし...変電所の規模にもよるようですし...。
実際近くに住まわれている方、もし良かったら「何かあった・何も無い」を距離と規模を含めて教えていただけませんか?
もし、その統計が出ているHPがあれば教えてください。
後、テレビや携帯電話、パソコン等にどんな影響があるのかも教えてください。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

○○電力の配電用変電所の敷地内外で、電磁界測定を複数回行った経験があります。
結論から申し上げると、電磁波は、変電所の建物や敷地内の高圧ケーブルに1m程度に接近すると「ちょっと高いかな」と云う数値を示します。
建物外、敷地の周囲では殆ど自然界と同じ数値でした。
変電所の中でPHSや携帯電話は支障なく使えましたし、パソコンは何の影響もなかったです。
また、毎日の様に変電所・発電所で仕事している○○電力の社員・協力会社の社員でも癌の罹患率は一般人と同じです。
住宅地の近くにある変電所は、「忌避施設」と呼ばれ住宅の下取り価格にマイナス査定が付いて回ります。やはり変電機器の「ブーン」や「ダン!」「ジー」音が気になる処です。

無断進入せずに変電所の中を覗けるとして、大きな鉄の箱(5m×5m×5m程度)が2~3個と、鉄の箱の行列(6~11個並び)が2~3列、その他小さな建物が1棟の構成なら、機器が密閉されているのでそれ程音は出ません。

角(碍子)が生えている機器があちこちに分散されていてパイプや電線で互いに繋がれている変電所ですと、遮断機が動作した際「ダン!」と言う音と、テレビ・ラジオがノイズを拾います。またほんの僅かですが振動(地響き)が生じます。

いずれも、度々ある訳ではなく機器の点検や工事の作業員の声や工具から出る音の方がうるさいかも。
(それ程頻繁にある訳ではないのですが、設備改修や増強工事となると夜工事する事もありますし工期も長くなりそれなりに騒音も発生します。)

変電所ってそんな設備ですので、環境的には余り良くないです。

以上、変電所の中で工事・点検の作業責任者をしていた経験から記しました。

○○電力の配電用変電所の敷地内外で、電磁界測定を複数回行った経験があります。
結論から申し上げると、電磁波は、変電所の建物や敷地内の高圧ケーブルに1m程度に接近すると「ちょっと高いかな」と云う数値を示します。
建物外、敷地の周囲では殆ど自然界と同じ数値でした。
変電所の中でPHSや携帯電話は支障なく使えましたし、パソコンは何の影響もなかったです。
また、毎日の様に変電所・発電所で仕事している○○電力の社員・協力会社の社員でも癌の罹患率は一般人と同じです。
住宅地の近くにある変電所は...続きを読む

Q送電線からの電磁波(磁場?)と健康について

電磁波が健康に悪影響を及ぼすと言う話は、携帯電話を例に取り上げられているのをテレビで見て、知っていたのですが、送電線からも出ていると知りませんでした。
で、2年程前に購入したマイホームが、なんと送電線の真下です。
がっつり電磁波を2年も浴びていた事に、最近気付き、ショックを受けています。
ホームページ等で様々な議論がなされていますが、結論がハッキリせず、近々送電線が撤去されるような事もなさそうです(当たり前か・・)。
小さな子供もいるので、とても不安です。
そこで、質問ですが、こういった場合どうすべきでしょうか?
やっぱり引越した方がいいのでしょうか(お金が確実にないですね)?
同じような境遇の方はおられませんか?
何か打つ手とかあれば、何でもいいので教えてください!
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 電磁波は、すべての電気・電子機器や電気配線などから大なり小なり出ています。現代社会では、電磁波から逃れることはできません。孤島に行っても逃れられません。アンテナなどから出た放送波が飛び交っていますし、宇宙からも電磁波が来ていますから。
 それに、まだ実現していませんが、地球における電気エネルギー不足の対策のために、地球上の空高くに太陽電池パネルを敷き詰めて太陽エネルギーを電気エネルギーにし、それをマイクロ波(電磁波です)エネルギーに変換して地球に向けて送る、という壮大な計画もあるくらいですから、将来はもっと電磁波を体に浴びる機会が増えるでしょうね。

 私自身は長年、電気・電子機器の業界で仕事をしてきて(専門は電気工学です)、電磁波に関する健康への影響もかなり調べたことがありますが、体に異常を与えたことが明確に認められたケースは極端な例を除いて、まずありません。

 送電線からも電磁波は出ており、むかし某電力会社が精力的に調査した結果の中には、送電線下の樹木はよく育つ、という報告がありました。しかしこれが人体にどう影響するかは不明です。明らかに人体に影響したという報告は、幸か不幸か聞いたことがありません。

> 何か打つ手とかあれば、何でもいいので教えてください!
 現実的な打つ手はありません。よほど大規模にお金をかけて自宅全部を電磁シールドしないかぎり(これは現実的にはできません)、送電線からの電磁波はどこでも通り抜けてきますから。また仮に十分に自宅を電磁シールドできたとしても、そんな窮屈で大変な家には住んでおれません。現実離れしています。

 実は私の家も、50万ボルトの某電力会社の送電線の下の近くにあります(直下ではありません)。そんな私でも、送電線からの電磁波についてはまったく気にしていません。引っ越すことはないと思いますよ。むしろ送電線下の土地は安くて買い得なことが多いですから。
 それは健康にやばいからという理由ではなく、電力会社が管理する送電線下の土地にあるということと、超高圧送電線からはコロナ放電が出ていて(梅雨時や雨の多い湿気ている日は、超高圧送電線からジリジリというコロナ放電の音が聞こえるはず)、それがノイズになってラジオの音声やテレビの映像に影響することがあるからです。

 電磁波は、すべての電気・電子機器や電気配線などから大なり小なり出ています。現代社会では、電磁波から逃れることはできません。孤島に行っても逃れられません。アンテナなどから出た放送波が飛び交っていますし、宇宙からも電磁波が来ていますから。
 それに、まだ実現していませんが、地球における電気エネルギー不足の対策のために、地球上の空高くに太陽電池パネルを敷き詰めて太陽エネルギーを電気エネルギーにし、それをマイクロ波(電磁波です)エネルギーに変換して地球に向けて送る、という壮大な...続きを読む

Q高圧送電線の影響について・・・

毎日気になっています。となりの敷地家から10mくらいのところに送電線があります。また逆のとなりの道路むこうには、大きい工場の自発電力?があります
(これは微振動で、家の窓枠や、コップの水が振動するくらいです。ぶーんという音も二階では聞こえ、窓枠の振動音もあり気になってねむれません。これはいいとしてその工場にひっぱっている送電線ですが、ここにこしてきて7年。健康だった私が、越してすぐに
バセドウ病を発症し、動悸に悩まされ、偏頭痛もひどくなりとうとうめまいがとまらなくなりメニエル病も発症。ここにきて昨年妊娠、出産した娘は、先天性の病気があり、脳障害もあります。妊娠中にここにいたから悪かったんだとすごく落ち込んでいます。テレビ
もとてもおかしく、見ているチャンネルが変わる、戻してもすぐ変わる、おこって消すと、しばらくたって
パチって音がして見ると、消したはずのテレビが勝手についたり、妨害電波だぁ!!と買ったばかりのテレビです。パソコンもすぐこわれます。私がときに電磁波に弱いのか、しょちゅう吐き気、めまい、頭痛に悩まされています。娘がなにより病気になったのは、送電線のせいでは・・・とこれ以上家族で病気になったりしないか心配です。これは引っ越す以外対策はないのでしょうか・・・買って7年なのでもっとよく考えればと後悔だらけです。電磁波は電力会社などにいっても、電磁波をはかってくれたり、なにか措置をとてくれたりはしないのですか?毎日本当に気になって心配ばかりして、あんまり家にいないほうがいいのか・・・なんて考えてしまいます。

毎日気になっています。となりの敷地家から10mくらいのところに送電線があります。また逆のとなりの道路むこうには、大きい工場の自発電力?があります
(これは微振動で、家の窓枠や、コップの水が振動するくらいです。ぶーんという音も二階では聞こえ、窓枠の振動音もあり気になってねむれません。これはいいとしてその工場にひっぱっている送電線ですが、ここにこしてきて7年。健康だった私が、越してすぐに
バセドウ病を発症し、動悸に悩まされ、偏頭痛もひどくなりとうとうめまいがとまらなくなりメニ...続きを読む

Aベストアンサー

電磁界(電界と磁界←takaoka0728さんのいう電磁波)の測定は電力会社に言えばすぐに来て測ってくれます。もしも規定値を大きく超えているようならば法律違反ですからなんらかの措置を求める事も可能だと思います。

ですが、それほどの電磁界を送電線が放っているとは到底思えません。以前電磁界を測定した事がありますが、通常の送電線下よりもテレビのまん前であるとかドライヤーのまわりの方が大きな電磁界となります。
それから送電線下よりも配電線下(電柱の電線)の方が電磁界は強いです。

ですが、みなさんも書かれているとおり電磁界の影響はいまだはっきりしておらず、電磁界に弱い方というのもじっさいにおられるのかもわかりません。

ですが、強力な電磁界のうずまく(方位磁石がくるくるまわるような)かなりの高圧(50万ボルト)の変電所に何年も勤められている人が体を壊したというのも聞いた事ありませんし、そんな環境でもテレビのチャンネルがかわった事もありません。

とりあえず、気になるのであればすぐに電力会社に電話して電磁界を測ってもらいましょう!その結果を教わり、相手はプロですからイロイロと具体的に相談すればきちんと教えてくれるはずです!それからテレビはメーカーか買った電気屋に相談すべきです!

それから工場の騒音(変圧器の音?)ですが、これも電磁界とおなじく騒音規制法で規制されています。それだけの影響ならばおそらく規定値違反ではないでしょうか?電力会社も変圧器などの騒音が近隣の住宅へ影響ないように騒音を測定し、規定違反ならば防音壁を取り付けるなどの対策を講じます。

騒音についても電力会社の方に相談し、一緒に騒音を測ってくれないか(測定器はぜったいもってるので)相談してみてはどうでしょうか?

電磁界(電界と磁界←takaoka0728さんのいう電磁波)の測定は電力会社に言えばすぐに来て測ってくれます。もしも規定値を大きく超えているようならば法律違反ですからなんらかの措置を求める事も可能だと思います。

ですが、それほどの電磁界を送電線が放っているとは到底思えません。以前電磁界を測定した事がありますが、通常の送電線下よりもテレビのまん前であるとかドライヤーのまわりの方が大きな電磁界となります。
それから送電線下よりも配電線下(電柱の電線)の方が電磁界は強いです。

ですが、...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報