はっさく、伊予柑、夏みかん・・・・これらは一体どういうところが違うのでしょう?すいません・・・無知で・・・(^_^;)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

晩白柚」に関するQ&A: 晩白柚の移植について

A 回答 (1件)

それはもう、単純に、種類が違います(笑)


味も、完熟する時期も違いますけれども。

学術的にどれが何科という話はいらないと思うので、
まぁ一般的に言えば、

はっさく さっぱりしている。グレープフルーツ系。

いよかん 甘い。食べやすい。オレンジ系。

夏みかん 酸っぱい。ややレモン系

こんな言い方だと想像つきます?

でも、ほかにも
ぽんかん・デコポン・ばんぺいゆ(ザボン)・ネーブル・金柑 などなど、
ミカンの種類は多々あります。
品種改良の賜物ですね。

詳しく解説しているHPのURLも入れておきますね。

参考URL:http://www1.odn.ne.jp/hamashizuen/fourseasons/fo …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

笑われてしまいましたね(^_^;)
ミカンにこんなに種類があったとは驚きでした。
人の頭よりも大きいものもあるとは・・・( ̄◇ ̄)!!!
参考URLありがとうございました。

お礼日時:2002/02/28 09:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

晩白柚」に関するQ&A: 一番好きな果物は?

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q最近のはっさく 八朔 はなぜかみずみずしい

はっさくって、確かバサバサしててちょっと触っただけでは果汁があふれず手が汚れにくい食べ物のはずだったかと思いますが、
特にここ5年ほど、いよかんか夏みかんかってくらいのプリプリしたものばかりになってしまってます。
ちなみに関東在住です。
もう、あの昔ながらのバサバサしたはっさくは入手できないのでしょうか?

Aベストアンサー

八朔には普通の八朔と紅八朔があります。
(紅八朔の歴史も古いので、ここ5年ってのがひっかかっています)

その品種違いで、昔の物をお探しなら、リンク先を見て下さい。
他でも売っているとは思いますのでご参考までに
http://www.ii-mikan.com/
http://www.go-shimanami.jp/shop/kankitu.html

八朔と紅八朔について
http://www.maruka-ishikawa.co.jp/TOPICS/MONTHLY/200803/200803hassaku.pdf

Q伊予柑について

伊予柑について、
出来るだけ専門的に詳しく教えて下さい。
学術名や成分などが載っているHPのURLを
教えて頂けると嬉しいです。
卒論の資料にしたいので、ぜひお願いします。

Aベストアンサー

田中長三郎先生の分類では雑種に分類されていたかと思いますが、現在の日本薬局方のキジツの起源植物の規定では、ダイダイを母種とする Citrus aurantium のvar.であるという解釈をしていますネ。独立種と考えるかどうか、非常に難しいものです。以前鹿児島大学におられ、現在は筑波大学の農学部におられる岩堀修一先生がミカン科の権威ですので、問い合わせされてもよいかと思います。
成分としては、乾燥果実中にnaringinを代表とするneohesperidose系フラボノイドやhesperidinを代表とするhesperidose系のフラボノイドが含有されています。また、synephrineは薬理作用が強いアルカロイドですネ。
これらのうち、neohesperidose系フラボノイドとsynephrineは果実直径が大きくなると含量が低下するという特性を持っています。
文献としては;
細田勝子、野口衛、薬学雑誌、109,p560(1989)
細田勝子、野口衛、薬学雑誌、108,p1008(1988)
細田勝子、野口衛、金谷友成、薬学雑誌、110,p82(1990)
川原一仁、田中敏弘、Natural Medicines,50,p371(1996)
土田貴志、山本和枝ら、Natural Medicines, 49,p249(1995)
斉藤謙一、木島正夫ら、生薬学雑誌、39,p126(1985)
鹿野美弘ら、生薬学雑誌、37,p10(1983)
大田育子ら、薬学雑誌、114,p33(1994),114,p691(1994)このあたりを見られて、さらに文献の孫引きをしていかれればいかがでしょうか?
以上、kawakawaでした

田中長三郎先生の分類では雑種に分類されていたかと思いますが、現在の日本薬局方のキジツの起源植物の規定では、ダイダイを母種とする Citrus aurantium のvar.であるという解釈をしていますネ。独立種と考えるかどうか、非常に難しいものです。以前鹿児島大学におられ、現在は筑波大学の農学部におられる岩堀修一先生がミカン科の権威ですので、問い合わせされてもよいかと思います。
成分としては、乾燥果実中にnaringinを代表とするneohesperidose系フラボノイドやhesperidinを代表とするhesperidose系のフラ...続きを読む

Q凍らせた八朔の実を使って

春にとれた八朔を皮をむいて、実をとりだし、
冷凍しておいてあるのですが、
これを何かお菓子に使えないでしょうか?
ジャムとかは思いつくのですが、ほかにも何かありましたら、レシピ紹介してください。
お願いします。

Aベストアンサー

解凍してから

http://cookpad.com/search/?KEYWORD=%E5%85%AB%E6%9C%94&PAGE=1

Qはっさくの名前

果物の『はっさく』の名前の由来はいろいろあるようですが、どれが有力でしょうか?

Aベストアンサー

はっさく発祥の地とされている(市町村合併後ですが)尾道市の観光案内からの引用です。
>「ハッサク」という名前がついたのは明治19年。八朔(旧暦8月1日)のころから食べられたからと伝えられています。
引用終わり

詳しくは参考URLを見てください。

参考URL:http://www.city.onomichi.hiroshima.jp/kanko/map/i_tokusan/hassaku.html

Q八朔に相撲をとるのはなぜ?

9月6日に京都の松尾大社で八朔相撲が行われます。

八朔とは8月1日のことですが、旧暦では約ひと月遅れになるので
9月に行っているようです。

八朔相撲でぐぐると松尾大社以外でも各地で行われているようです。

なぜ八朔の日に相撲をする習慣が生じたのでしょうか。

推測でも結構です。
お考えを聞かせてほしいです。

Aベストアンサー

八朔の日に風祭りを行なう地域も多いようです。
風祭り⇒http://100.yahoo.co.jp/detail/%E9%A2%A8%E7%A5%AD/
八朔相撲も、収穫前の厄除けの意味合いが強いのではないでしょうか。
きちんと文献に当たって調べたわけではないので、あくまで推測です。
興味深いテーマですね。

Qはっさくが大好きなんですが…

そろそろシーズンも終わり、手に入りにくくなってきました。私がはっさくが好きな理由は、味はもちろんのこと手がべたべたしないところなのです。
近頃たくさんの新しい柑橘系の果物が出ていますが、
はっさくに代わり手がべたべたしない柑橘系の果物を教えて下さい。出来れば手に入りやすい物がいいです。

Aベストアンサー

一家で果物大好きです。
柑橘系でしたら、はっさくも美味しいのですが家でよく食べるのが文担(ぶんたん)です。
はっさくより甘味が少し少なく、全然ベタベタしません。外皮は、マーマレードや砂糖をまぶしたお菓子にも利用できるらしいです。私はしたことがありませんが(^^ゞ
時期的に終わりかけなのが残念ですが、この辺ではスーパーによく置いています。5個で298円から400円くらいです。
一度お試しください!

Q八朔蜜柑とカイズカイブキの根元のヨモギ

20年くらいになる八朔の根元に今年はヨモギがぎっしり生えてます。
今年は、八朔は元気がありません。
八朔は今年初めて実を2個つけました。
ヨモギは食べられるので、他に移したほうがいいでしょうか?
ヨモギは垣根のカイズカイブキの根元にも広がっています。

ヨモギが、木を枯らしてしまわないでしょうか?
アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

八朔を大事に思うなら、ヨモギは他に移して下さい。
作物は、根っこがしっかりしていないと元気にはなりません。
肥料の競合が起こって、八朔が栄養不良になります。(枯れることはないと思いますが)

Q伊予柑の皮でピールをつくったのですが、オーブン(100度)で乾燥させす

伊予柑の皮でピールをつくったのですが、オーブン(100度)で乾燥させすぎて、カリカリになりすぎてしまいました。
食べてみるとガリガリいうくらいです。
なんとかお菓子に使える方法はないでしょうか?ラムやブランデーなどに少し漬けてからパウンドケーキなどに混ぜても大丈夫でしょうか?
いい方法がありましたら、教えてください。

Aベストアンサー

焦げていないで、単に過乾燥状態なのであれば、ラム酒やブランデーなどに漬けこめば、かなり状態が改善されると思います。

ただし、質問文からだけでは状態が完全には判らないので、先ずは試しに少量を付け込んでみて状態を確認されてからの方が良いと思いますよ。

Qみかんを使ったレシピ

昨日、お隣さんからかなり大量にみかんをもらいました。みかん、といっても八朔のような夏みかんのような、最近うちの近所(東京23区西北)の庭でもよくみかける、少し大きめのものです。さほどすっぱくはなくそのままたべても美味しいのですが、あまりにもたくさんあって、しかもいただいたのが3度目で、お隣さんからのいただきものでご近所におすそわけするわけにもいかず、子供も飽きつつあります。できればゼリーのようなデザートやマーマレードにできないかな、と思います。簡単でおすすめのレシピをご存知の方、ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

以前 夏みかんのジュースを寿司酢かわりに サラダちらし寿司を作った事を思い出しましたぁ~

http://www.wisml.com/info/info2/new-recipe/fruits/fruits.html

http://www.bibisage.com/recipe/051048.html

http://www.suksuk.net/learning/recipe/l040514.html

http://cookpad.com/guest/index.cfm?ID=6132&Page=recipe&RecipeID=135280&Mode=full

ちょっと意外なもので・・
http://www.h4.dion.ne.jp/~kukuri/wagamama/hm-soap/recipe-5.htm

参考になれば・・。

Qはっさくやいよかんの皮を大量に食べたい

柑橘類好きなんで皮が大量に残ります。
マーマレードやオレンジピールには飽きたので
何かあまり甘くなくて大量に食べられる調理の方法を探しています。
今、2回ほど茹でこぼした千切りの皮が鍋に半分ほどあります。
マーマレードより厚く、オレンジピールより薄い切り方です。
どなたか「醤油をつけて食べたらおいしかった(マテ)」とか
「そんなものは食べるよりお風呂でしょ」とか
アイディアをお持ちでしたら教えてください!

Aベストアンサー

柑橘類の皮に含まれている『クエン酸』『リモネン(精油成分)』という成分を活かして
洗剤(ぽいもの)なんてどうでしょうか?
作り方 その1
【強力な家庭用洗剤(ぽいもの)】
はっさくやいよかんの皮を1週間ぐらい乾かして、エタノールに1週間漬けて下さい。
(かなり強力(筈!?)なので、レンジ回り用にお使い下さい。)

作り方 その2
【普通の汚れ落とし洗剤(ぽいもの)】
やはり干した物を、ざっと水洗いし、
ナベに入れ、皮がつかる位まで水を入れる。
そして1度沸騰させてから5分くらい弱火で煮込む。
それを冷まして、こした汁を容器に移し出来上がり。

手に灯油がついてしまった時など、柑橘類の皮で
手を洗うと匂いも結構取れますし、汚れも落ちます。
(わざわざ手に付けて試さないで下さいね(笑))

※柑橘類の皮は油性マジックも落とす事が出来る位
強いので、素材の弱い物は目立たない所で試してから
お使い下さいm(__)m


人気Q&Aランキング

おすすめ情報