住友林業に家を注文しました。標準で新省エネ対応らしいのですが、追加で次世代省エネ対応が出来るとの事、具体的に何が、どのように違うのか、大阪で住む際本当に必要か教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

住友林業の者では有りませんので一般的なアドバイスをさせて頂きます。



■新省エネ(平成4年基準)と次世代省エネ(平成11年基準)で変わる所
次世代省エネ仕様にして何が変わると言うと大きく分けて下記3項目が挙げられます。
1.断熱性能の向上
2.気密性能の向上
3.公庫の割増融資額が増える

1.断熱性の向上に関して
・一般的に断熱材を厚くしたり、断熱性能の高い断熱材に変えます。
・開口部も断熱性能の高いモノに変えます。
・夏場の日射を避ける為、庇(ひさし)やレースカーテンの使用を進めます。(庇等はプランによっては無くても済むかも知れません。担当設計者等に確認下さい)

2.気密性の向上に関して
・一般的に室内側に防湿気密フィルム(シート)を施工します。
・24時間可動させる計画換気システムを(標準で付いていなければ)取りつけます。

3.公庫の割増融資額に関して
次世代省エネ対応にすることにより、250万円/戸の割増融資を受ける事が出来ます。

以上、新省エネ(平成4年基準)と次世代省エネ(平成11年基準)で変わる所をザット思いつくまま書いてみました。具体的に何がどう変わるかは、申し訳有りませんが住友林業の担当者さんに聞いてみて下さい。

■大阪に住む際、本当に必要か?という件に関して
コレは非常に難しい質問です(笑
多分住友林業さんの営業さんや設計さんに聞いても答えは違ってくると思います。
何が言いたいかというと、「必要か否かはそのヒトの価値観に寄る」という事です。大阪に住まわれているのでしたら、特に「新省エネ対応の家」でもそれ程不自由を感じないと思われますから・・・それでは、k-yoshiさんが判断に困ると思いますので一番最後に「新省エネ→次世代省エネに変えた時のメリット・デメリット」を書かせて頂くので一つの判断材料にして下さい。

一つだけ注意点として、開口部の表面結露は気を付けた方が良いと思います。
住友林業さんのHPを見る限り、開口部は金属製の枠に複層ガラスのついた開口部になっていたと思います。(違っていたらゴメンナサイ)k-yoshiさんの地域で冬場毎朝氷点下を切る様でしたら開口部(特に金属製の枠/ガラス部分ではありません)で洒落にならない位の表面結露が起こる可能性がありますので「断熱サッシ」と言われるものに変えた方が宜しいと思われます。(決して住友林業さんの商品にケチをつけて居る訳ではありません。誤解のない様に(笑))

<参考>
●一般的な新省エネ→次世代省エネに変えた時のメリット・デメリット
〔メリット〕
・年間の暖冷房代が抑えられる為、電気代が少なくて済む
・年間の暖冷房代が抑えられる為、CO2排出削減につながり地球環境に優しい。
・全館暖冷房と併用で家中温度ムラが少ない(温度のバリアフリー)
・市販のエアコン容量は一回り小さいものでも対応可能?(←自信なし)

〔デメリット〕
・コストがかかる
・夏場の日射遮蔽を上手に行わないと中の熱が逃げ難い
・「石油ファンヒーター等の燃焼系暖房機器の使用は控えなくてはならない」等高気密・高断熱住宅には住まい方が有る(コレはデメリット?)

以上この様な感じでしょうか?参考にして下さい。
最後にk-yoshiさんが素敵な住まいが完成される事を願っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重なご意見ありがとうございます。

お礼日時:2002/03/04 11:52

住友林業のホームページ(下記URL)に少し情報があるようですが.



大阪で必要かという点は,各個人の住宅や生活に対する価値観やかけられる予算などによると思います.
私個人の意見としては,高断熱にすることで,冬の寒さを防ぐだけでなく,夏の暑さも緩和するので省エネにつながり,長い目で見れば費用対効果についてもペイするので有利なのでは,と思います.

参考URL:http://www2.sfc.co.jp/woodtec/dannetu.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重なご意見ありがとうございます。

お礼日時:2002/03/04 11:51

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q住友林業の家の値段

新築住宅の検討初期段階です。
とりあえず、住友林業が良さそうだったので、営業マンとお話をしました。必要な資金の概算を知りたかったので、費用についての説明を求めましたが、営業マンは、諸経費や外溝など、具体的におおよその金額を示してくれた反面、肝心の本体工事に関しては教えてくれませんでした。
ごだい和楽のパンフレットで、「この48坪の家を標準的な仕様で作ったとしたら?」という質問でしたが、現段階ではお答えできないとのことです。
もし、住友林業で和風住宅を建てた方がいらっしゃいましたら、本体工事のおおよその金額を教えて下さい。

Aベストアンサー

 ただ今、住友林業の和楽で建築中の者です。我が家は標準設備がほとんど無いので、高くなってますが、53坪で
請求額が4千万円を超えてます。(最終的には4200万ぐらいになりそうです。)

 もし、本当の和風住宅がお好きならば住林はやめた方がいいですよ。

 なぜなら、住林はほとんどがオリジナル部材を使います。その為、和風住宅もどきにしかならないんです。
我が家も結局玄関のポーチ柱や床柱などの部材を
銘木屋から買い求め、取りつけてもらいました。

 そんなこんなで、ほとんどが標準外工事でオプションに
なってしまうのです。
 
 今更ながら、もっと和風住宅が得意な工務店で建てれば
よかったと思ってます。
和風もどきでもよければ住林でもいいかもしれませんが
やっぱり本当の和風がお好みでしたらハウスメーカーより
工務店の方をお勧めします。

 施工も、住林の場合ほとんどが下請に丸投げです。
私も工事の過程ではイライラさせられる事の方が多いです。値段の割に本当の和風住宅にならなかったのが
残念です。

 

Q住友林業契約後に担当者って変えられる?

住友林業で契約したんですが、営業担当が気に入らないんです。
担当って契約後でも変えてもらえるんですかね?

ご存知の方がいたら教えてください

Aベストアンサー

変えられます。
嫌な担当者と打ち合わせしても、いい家は建ちません。
担当者の上司の方に相談してください。
でも、上司の方も、どんな人ならうまく打ち合わせが出来るのか悩むと思いますので、今の担当者の不満はしっかりと伝えましょう。
ま、理不尽な理由でなければお客様第一ですから、メーカー側も応じてくれるでしょう。

仮に、上司が打ち合わせに同行するので担当者は変えないで欲しいと言われた場合でも、担当者は変えてもらうべきです。結果的にお互い、やりにくくなりますから。
住林みたいな会社なら、その一件で担当者の職場環境が悪くなる心配は不要です。むしろ、担当者の糧になります。

私も某大手メーカーで働いていたのでそのような例はよくありましたよ。

Q住友林業のいいところ、悪いところ

先日住宅展示場に行きました。外観やお話を聞いていての印象は住友林業がいいなと感じました。住友林業の方が、木造のほうが固定資産税が安いと言っていたのですが、実際どれくらいの差になるんでしょうか。みなさんの考える住友林業のメリットはどんなところでしょうか?逆にデメリットと感じられる点がありましたら教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

固定資産税の仕事をしています。
木造のほうが固定資産税が安いというのは、
・そもそも建築に必要な資材費が安い
・経年減点補正率(家屋の傷みを反映させた数字)が木造のほうが早く下がる(木:25年、RC:60年)
という理由です。
普請にもよるので明確に言えませんが、新築当初の評価額は平米あたり、木造で9万~10万、軽量鉄骨系プレハブで9万~11万、RCで12万~15万です。
(来年度新規課税分より資材費が相当上がっていますので、既に課税されている方の評価額・税額はあてになりません)
ただ、何十年も住み続ける家ですから、税金等に惑わされることなく決断されることをおすすめします。

さて、私も住林の居宅に伺ったことがありますので、その印象をお話しします。
内部の作りは悪くないと思います。(他の注文住宅と比べて普請の差を感じません)
結局、どれだけお金をかけたかによるんだと思います。
外装を吹き付けにするとちょっと安っぽい印象を受けます。
職場では、特殊な扁平柱を多用するため通し柱がなく、いざというとき大丈夫なのか?という話が出ます。
普通、木造では通し柱があるものなんですが。

固定資産税の仕事をしています。
木造のほうが固定資産税が安いというのは、
・そもそも建築に必要な資材費が安い
・経年減点補正率(家屋の傷みを反映させた数字)が木造のほうが早く下がる(木:25年、RC:60年)
という理由です。
普請にもよるので明確に言えませんが、新築当初の評価額は平米あたり、木造で9万~10万、軽量鉄骨系プレハブで9万~11万、RCで12万~15万です。
(来年度新規課税分より資材費が相当上がっていますので、既に課税されている方の評価額・税額はあてになりません)
ただ、何十年も住...続きを読む

Q住友林業の家:エアコンサイズは?

こんにちは。
住友林業の家ですが、20畳の部屋で14畳用のエアコン(40型)をすすめられています。
断熱がしっかりしているから大丈夫と・・・
小さすぎると思うのですが、問題ないでしょうか?

Aベストアンサー

エアコンの能力は、熱負荷(家の熱損失や日射等)や使い方(短時間で設定温度にしたいか連続運転を想定しているか)を考え選ぶ必要があります。
畳数目安は全くあてになりませんのでご注意ください(我が家は100畳を10畳用2台相当の能力のセントラルエアコンで余裕でまかなえています(負荷計算済み))。

なお、住友林業の家の断熱仕様は、地域区分によって異なります。
さらに家の熱損失は、その断熱仕様と間取り(窓の多さ)により変わってきますので、住友林業だからといって一様ではなく何とも言えません。

一般に、定格能力の大きいエアコンより、小さめのエアコンの方が、効率が良く、電気代が安くなります。

http://www.daikinaircon.com/catalog/sumai/kabekake/n_series_02/index.html#01
例えば、このページで14畳用と16畳用を比較すれば、14畳用のAPFが4.5に対し、16畳用のCOPが3.28しかありませんから、14畳用の方が効率がずっと高いのです。
同じ熱量を発生するのに2割以上14畳用の方が省エネです。
また、能力の()内を見れば分かりますが、最大能力は、14畳用4.5kWに対し、16畳用5.2kWと僅か1割ほどしか差はありません。

よって、大きい能力のエアコンより、勧められている14畳のエアコンをお勧めします。

ただし、エアコンが2台設置出来るようにスリーブが用意されていれば、APFやCOPの高い10畳用2.8kW定格出力のエアコンがお勧めです。
10畳用2.8kW定格出力のものでは、APFが6.5を超えているものもあります。

効率良く電気代が安いだけでなく、2箇所設置の方が室内の温度差を減らせて快適で、状況の応じた運転が可能です。
最初に1台だけ設置して、足りないのが分かってから追加設置することも出来るでしょう。

いずれにしても、APFやCOPの高いエアコンを選ぶと省エネで電気代が安くなります。
COPとAPFの説明はこちらを参考に。
http://www.jraia.or.jp/product/home_aircon/apf.html

また、出来るだけ、最小消費電力の小さくなるエアコンを選択するのが良いでしょう。
設定温度に近づいた時、電力消費を抑えられると思います。

エアコンの能力は、熱負荷(家の熱損失や日射等)や使い方(短時間で設定温度にしたいか連続運転を想定しているか)を考え選ぶ必要があります。
畳数目安は全くあてになりませんのでご注意ください(我が家は100畳を10畳用2台相当の能力のセントラルエアコンで余裕でまかなえています(負荷計算済み))。

なお、住友林業の家の断熱仕様は、地域区分によって異なります。
さらに家の熱損失は、その断熱仕様と間取り(窓の多さ)により変わってきますので、住友林業だからといって一様ではなく何とも言えませ...続きを読む

Qサッシ窓の省エネ対策

我家の南側のサッシ窓は大きく、夏は熱く、冬は寒くなります。
この夏は外にすだれをつけて見ましたが、それ程効果を感じません。
因みに、シャッター付きですので、夜はシャッターを降ろします。
また、カーテンは、遮光性のレースカーテンがあるだけです。

さて、省エネ対策としては、何が一番宜しいでしょうか?
また、おおよその予算等が解れば教えて下さい。
(1)厚手のカーテンの追加
(2)断熱UVフィルム
(3)その他?

Aベストアンサー

すだれやよしずは効果ないはずないのですが‥
窓全体を隠しきれていなくて、隙間からの熱が室内に伝わったのではないでしょうか?
もしくは、プラスチックのすだれもどきだったか。

夏は緑化が効果的!
つるものをネットや立てかけた棒に這わせます。
へちまが葉が大きくて良いみたいですが、
うり、かぼちゃ、ひょうたん、きゅうりなども良いです。

一番良いのは、サッシの取替え。
大きさ、性能を検討することからはじめればよいとは思いますが、
お金をかけずにと言うことですよね。

ガラスのみペアガラスに取り替える。

かな?

油断していると、屋根からの熱の出入りも馬鹿になりませんよ。

多くの意見を聞いてください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報