評価額1万円の株式1万株(1億)を親から子へ1株4千円で1万株(4千万)売却すると
1(1) 子供にはみなし贈与で6千万に対して贈与税が課税されますか。
 (2) 親には売却益に対して所得税と住民税が課税されますか。
2(1) もし、ただで株を譲渡したときは子供に対する1億円に対する贈与税しかかせられないのでしょうか。
 (2) もしそうなら、毎年110株(110万)ずつただで株を贈与すれば贈与税もかからないということなのでしょうか。(株価は変わらないとして)
回答よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

時価評価が正しいと言う前提で回答します。



1(1)6000万円が贈与税の課税対象となります。

1(2)親の場合、売却価格-取得価格=売却益となります。
株式の譲渡所得は、分離課税となっていて、他の所得とは別に課税されます。

上場株式の場合は、源泉分離課税が選べますが、非上場株の場合は申告分離課税となります。
又、株式の譲渡益は、分離課税となっていて、一般の譲渡所得とは違いますから特別控除もなく、売却益に対して、所得税と住民税が課税されます。

2(1)無償で譲渡した場合は、子供に対して、1億円が贈与税の対象となり、非課税枠110万円を超えた額が課税対象となります。

2(2)株価に変動がなければ、毎年100万円以内の贈与なら、贈与税はかかりません。
ただし、毎年、110万円を贈与したことが証明できないといけません。
このような場合に、毎年、111万円(111株)を贈与して、贈与税の申告をして、贈与税1万円を支払っておく方法があります。
これなら、贈与をした記録が残りますから、後になって、一括で贈与をしたと思われる心配はありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いつも回答ありがとうございます。とても勉強になりました。

お礼日時:2002/03/09 22:02

2(2)についてですが、贈与税は基礎控除額が60万円ですので、年間60株まででしたら贈与税がかからないと思います。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/09 22:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフードかぶって外出したらおかしいですか? 親はおかしいと言っています。 髪の毛が短すぎて見られたくあ

フードかぶって外出したらおかしいですか?
親はおかしいと言っています。
髪の毛が短すぎて見られたくありません。
どう思いますか?

Aベストアンサー

先日ロサンゼルスとサンフランシスコから帰ってきましたが
けっこう皆フードをかぶっているなあというのが
印象的でした

夕方ちょっと涼しくなってきたり、小雨が降ってきたりすると
すぐフードをかぶって歩いていました

日本ではフードをかぶってあるくというのは
あまり見かけない光景ですが
そのうち流行るんじゃないかしら

私もまねをして
さいきんはやたらとかぶっています

Q贈与された株を売却したときの税

贈与された株が公開買付されることになりましたため、この株を売却することになりました。この場合、売却益に対する税金はどのように計算されるのでしょうか?

Aベストアンサー

贈与時の時価を取得価格とする。

贈与税の申告書により決める。

Q成人して大学四年間親から仕送りをもらうのはおかしいことですかね?

成人して大学四年間親から仕送りをもらうのはおかしいことですかね?

Aベストアンサー

別におかしくないですよ。自力で生活できる収入のない学生なんですから。
各家庭によって経済事情は異なりますから、親御さんが仕送りしてくれると言うなら
他人を気にする必要はないと思います。
夫のいとこは2浪して大学生から大学院に行き、留学やら大学助手をしながら、
30代後半まで親から仕送りを受けていました。
それでもおば夫婦は、「末は博士。」とご満悦でした。
さすがにそこまで行くと親戚一同あきれていましたが、4年間は普通だと思います。
学生の本分は勉強ですから、バイト三昧で本業をおろそかにする学生よりいいと思います。

Q株売却益の課税期間について・・・

特定口座(申告分離)にて株の売買をほんの僅か行っています。
一昨年の損失を確定申告により繰り上げており、2011年度内に利益の見込める手持ち株の
売却を行い、一昨年の損失と相殺させ納税額を減らしたいと考えています。

2011年度として扱われる株の売却は、その取引日(例えば12月30日)と考えてよいでしょうか?
(約定日は数日後になると思いますが、売却日で間違い名でしょうか?)

また、少しでも節税するための考えとして、(1)現在の株価で売却し過去の損失と利益を相殺させる、(2)現在の株価÷90%の株価に上昇することを期待し、来年以降に売却する、という二つの考えを
天秤にかけることで間違いないでしょうか?

Aベストアンサー

>2011年度として…

個人の税金は 1/1~12/31 の「1年分」がひとくくりで、「年度」4/1~3/31 ではありません。

>約定日は数日後になると思いますが、売却日で…

約定日というのは、注文が成立した日のことです。
税金の計算期間は、受渡日基準です。

例えば 28日に売買が約定した株は、年明け 4日の受け渡しですから、「23年度」ですが確定申告は「24年分」として再来年です。

Q24歳にしてイケメンになりたいと思うことは普通でしょうか?親はその年で外見を気にするなんておかしいと

24歳にしてイケメンになりたいと思うことは普通でしょうか?親はその年で外見を気にするなんておかしいと言われました。

Aベストアンサー

うちの親も、前に同じような事言ってました。結局は外見がいい方になびくんだよね!若いんだから、筋肉つけたり、髪型変えたり、服装変えたり、外見変えてみてもいいと思います!そしたら、自分に自信持てるし、女性に対して積極的になれるから、恋愛上手くいく確率が今の10倍ぐらいあがりますよ

Q子供の教育資金の長期貯蓄は贈与とみなされますか?(年間110万円の基礎控除以内)

子供が生まれてから毎月5万円の貯蓄をしています。
そのお金は子供名義の銀行口座に振り込んでいます。
将来、大学進学時などに教育資金として活用するつもりです。
年間60万円になりますが子供も大きくなり今や10歳です。
あくまで親として(万一の時の保険として)せめて十分な教育を受けさせたいとの判断です。
お金がないので進学をあきらめるなど子供の人生を変えたくはないからです。
子供には何も言っていません。
ところでですが・・・
贈与者との間で約束した場合は、いざ子供に手渡す時に一括としてみなされ贈与税がかかると理解していますが、親の勝手な判断(万一の時の保険)で長年子供名義の口座に振り込み続けていた場合どうなるのでしょうか?
大学進学時(本人に素質があればですが・・・)に学費として手渡すつもりです。
或いは・・・私に万一の事が起きれば、初めて私の思いを知る事になるでしょう・・・
詳しい方ご教授下さい。

Aベストアンサー

口座名義が子供でも通帳や印鑑を親が管理していたら、実質的に親の預金とみなされます。税務署の調査が入ったらアウトです。
なので、子供がある程度大きくなったら通帳と印鑑の管理も子供に任せた上で年間110万円の基礎控除内で振込を続ければ大丈夫ですよ。
今回の場合は、あなたが生きていれば贈与税、万が一お亡くなりになっていればあなたの財産の一部として相続税の対象になります。残した財産が少なければ相続税がかからないかも知れませんが。

Q子離れできない親なのか、私がおかしいのか教えてください

初めまして、23歳社会人1年目(4月から2年目)の女です。
私はつい最近まで何をするにも親の許可を得て行動することが普通だと思っていました。大学選びや進路、免許の取得等ほとんど親の言うことに従ってきました。
料理をするのも危ないからダメ、お菓子を作るにも誰にあげるのかどうして作るのか、徒歩1分のコンビニに行くにもどうして行くのか、家事を手伝おうとしても何もしなくていい、1人で病院に行けば何故勝手に行くんだ(事前に相談しても大丈夫行かなくてもいいと言われてバセドウ病の発覚が遅くなったことがあります)、と色々と制限などされていました。〜していい?と聞けば色々と言われるので、途中から〜するね。と断言するような言い方に変えましたが制限されることに変わりはありませんでした。むしろ、勝手に1人で決めて!と怒られました。

しかし、大学に入り色々な人と出会い接していくうちに、自分で決めたことを責任を持ってやる方々に私は憧れるようになりました。ただ、親の干渉がひどく、選ぶ服の系統や髪型、理想の彼氏像など親の希望する通りに動かないと、すごく嫌そうな顔をされ、その顔を見るのが辛くて大人しくしていました。もちろん学生時代は金銭面、生活面で親のスネをかじっていたというのもあります。

社会人になって日々節約しながら、貯金をして一人暮らしを始めようと思っていました。自分1人で生活をしたい、通勤も車で高速を使って1時間30分の場所なので、それも含めて親に一人暮らしをすると話しました。両親とも激怒し、そんなに家に居たくないのか、一人暮らししたいなら会社をやめろ、実家を生活基準にしてみんな就活するのに仕事を中心に考えてたお前がおかしい、などとかなり言われてしまい気が滅入ってしまいました。部屋を見つけてきたら不動産に電話しクレームを入れキャンセルにされました。

私のことが心配で可愛くて仕方ないのだとは分かっていますが、1人で決めて1人で行動してみたいという気持ちを変えることができません。

彼氏に親のことを話すと、おかしいと言われてしまい、自分の親が世間的にどうなのか分からなくなってしまいました。みなさんは私の親は子離れ出来てないだけだと思いますか?それとも親のことをこんな悪いように思ってしまう自分が悪いのかどちらでしょうか?

初めまして、23歳社会人1年目(4月から2年目)の女です。
私はつい最近まで何をするにも親の許可を得て行動することが普通だと思っていました。大学選びや進路、免許の取得等ほとんど親の言うことに従ってきました。
料理をするのも危ないからダメ、お菓子を作るにも誰にあげるのかどうして作るのか、徒歩1分のコンビニに行くにもどうして行くのか、家事を手伝おうとしても何もしなくていい、1人で病院に行けば何故勝手に行くんだ(事前に相談しても大丈夫行かなくてもいいと言われてバセドウ病の発覚が遅くなった...続きを読む

Aベストアンサー

親子共々世間離れしています。

確かにあなたの親は「子離れ」出来てませんが、そういうあなた自身まったく「親離れ」が出来てません。
あなたは、なんだかんだいいながら今まで親の言うままに生きてきて、むしろそういう「束縛感」があなたにとっての安心感でもあったのでしょう?
窮屈だけど自分で決定する責任を回避し続けて来たのではないですか。

あなたが本気なら、何も言わず黙って家を出ましょう。そして当面親との連絡は断ちましょう。心配させてはいけないから、元気で暮らしていることだけは知らせれば良いでしょうが。
それと当然会社に連絡してくるでしょうから、会社の上司にもよく説明して協力してもらいましょう。

Q父が亡くなりました。相続(生前贈与)についてお教え願います。検相続税贈与税税金

お世話になります。
この度父がなくなりました。
法定相続人は母、私、私の兄弟3人の計五人です。
私の家は二世帯構造になっており、私は父、母と現在同居しておりました。父が亡くなったので今は母と私の家族で暮らしております。
よって父名義の土地、家は流れでいいますと長男である私が相続する形になる予定です。
ついでにいいますと父名義の車を半年前から私が譲り受けた形になってまして乗っております。
こちらは購入時(17年前)は600万ほどしたものですが、今は売っても30万にもならないと思います。
後、兄弟三人に関しましては生前に父名義の土地の上に父名義で家をたてております。名義は父のままでしたので生前贈与には当たらず今から名義を変えるにあたり相続になるのでしょうか?
家は購入時はそれぞれ(私を含めた兄弟4人分)、土地を含めて3500万円(2000万円の土地を父から譲受、1500万の建物代を父に払ってもらっている)くらいはしていると思うのですが、時価は土地1500万家1000万程度になっていると思います。
相続時は時価評価でよろしいのでしょうか?
それとも生前時に購入した時の価格で評価すべきなのでしょうか?
今中古の家を私たちに相続するのであれば今の時価で評価すべきだと思うのですが、生前に父名義で一人3500万円(2000万円の土地を父から譲受、1500万の建物代を父に払ってもらっている)場合は土地に関しては現在の時価、建物に関しては取得価格で評価額を計算するといった形でよろしいのでしょうか?
5000万円+法定相続人5人×5=1億円までは相続税がかからないものと記憶しておりますが、こういった場合には相続税は概算でいくらくらいかかってくるものでしょうか?
後、葬儀費用が300万程かかるのですが、私は借金がある身でして立て替えるのが難しい状況です。父名義の預金からおろそうとしても死亡届がでており現在では預金をおろすことはできません。何か方法はございますでしょうか?
借りれば済むと思うのですが、その分は相続分に上乗せすることは可能でしょうか?
自分自身の知識のなさにふがいなさを感じますが、今から半年向き合っていかなければならない問題ですので、相続税、贈与税に関する基本的な事から易しくアドバイスいただきたく。
どうぞよろしくお願いいたします。

お世話になります。
この度父がなくなりました。
法定相続人は母、私、私の兄弟3人の計五人です。
私の家は二世帯構造になっており、私は父、母と現在同居しておりました。父が亡くなったので今は母と私の家族で暮らしております。
よって父名義の土地、家は流れでいいますと長男である私が相続する形になる予定です。
ついでにいいますと父名義の車を半年前から私が譲り受けた形になってまして乗っております。
こちらは購入時(17年前)は600万ほどしたものですが、今は売っても30万にもならないと思いま...続きを読む

Aベストアンサー

相続税の計算は、原則として「時価」です。
そこでまず車ですが、「カーセンサー」サイトなどで同年式の車のおよその値段がわかります。私は通常この価格を使ってますね。
次に不動産ですが、時価で評価するのが非常に難しいため便宜的に土地は「路線価」に適宜の増減を加えた評価額(又は固定資産税評価×一定の倍率)、建物は固定資産税評価額によるものとしています。
さて現在のあなたのお住まいはどういう所有関係で登記されているかわからないのですが(お父上様がたてたようですが、あなたも3500万を出してもらった?)、お父上様とあなたが住んでいたのであれば、通常は相続特例が使えて大幅に計算上の金額は低くなります。但し2世帯住宅は登記的に特例不適用のケースもありますからご注意を。
他のご兄弟は上記評価額のままとなります。
税金が発生するかどうかですが、お父上様が所有されていた不動産の上記の価格が分からないし、他の財産も分からないから何とも言えません。
銀行預金等は戸籍謄本と印鑑証明等を持参されれば引き出せます。これも銀行により相違がありますから、各銀行にお問い合わせ下さい。
葬儀費用は相続財産からマイナスできます。支払は当然ながら借りるより上記手続きで預金を下ろした方が良いでしょう。
相続税の申告期限は亡くなられた日から10ヶ月ですが、すぐに来てしまいますよ。早め早めに準備されることをお勧めします。

相続税の計算は、原則として「時価」です。
そこでまず車ですが、「カーセンサー」サイトなどで同年式の車のおよその値段がわかります。私は通常この価格を使ってますね。
次に不動産ですが、時価で評価するのが非常に難しいため便宜的に土地は「路線価」に適宜の増減を加えた評価額(又は固定資産税評価×一定の倍率)、建物は固定資産税評価額によるものとしています。
さて現在のあなたのお住まいはどういう所有関係で登記されているかわからないのですが(お父上様がたてたようですが、あなたも3500万を...続きを読む

Q奨学金親が返済はおかしい?

多くの人が、借りた奨学金を子ども自身が働いて返していますね。
自分の通った学校だから、働けるようになったら、自分が返すのが筋なんでしょうね。

でも、そもそも奨学金を借りなければならなかったのは、親が教育資金の準備が不十分だった、親の収入が不安定だったなど、原因は親。
だから、子どもに返済の義務って、それが筋なのかなと疑問に思っています。

今子どもは普通に就職していますが、返済は親がしています。
仕送りの必要がなくなったので、その分返済に充てています。
仕送りに比べたら、返済額は楽です。
それでも、親族から子どもが甘えるようなことをするなと言われます。
子どもは甘えることなく、節約して暮らしています。

でも、これはレアなケースなのでしょうか?
みなさんは親が返済するのはやはりおかしいと思いますか?

Aベストアンサー

子供の学費は親が出すのが本来なので、学費に補充された
奨学金は親が返すのが筋でしょう。

私は、ずいぶん昔ですが高校で特別奨学金をもらっていました。
毎月3000円もらって返済はその半分です。
つまり、私の成績が良かったので毎月1500円もらってきてやっていたと
言えます。
その上、その1500円を私が返すなんてありえないでしょう。
毎月1500円を親に差し上げていたのに、卒業後にさらに一カ月あたり
1500円をあげるなんてありえないでしょう。

結果としては、親が返済してくれました。

Q年間110万円以下で子供へ株を買っても贈与税はかかるのでしょうか?

株式優待に魅力を感じて子供の株式口座を開設しようと思っています。
簡単に調べたところ、110万円以下なら子供への贈与税が非課税になるとの認識をしていまして、私の考えと同じように実際に子供名義の株式口座を開設して優待ライフを楽しんでいらっしゃる方も当サイトを検索して結構いらっしゃいました。
しかし税務署のサイトで調べたところ、以下の文言がありました。

>生活費や教育費の名目で贈与を受けた場合であっても、それを預金したり株式や不動産などの買入資金に充てている場合には贈与税が課税されることになります。

ということは子供への株式購入の場合には1年間に110万円以下であっても課税されてしまうのでしょうか?
だとしたら優待の楽しみなんて吹っ飛んでしまいますよね(^^;
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>(税務署のサイトより)生活費や教育費の名目で贈与を受けた場合であっても、それを預金したり株式や不動産などの買入資金に充てている場合には贈与税が課税されることになります。

相続税法第二十一条の三には「次に掲げる財産の価額は、贈与税の課税価格に算入しない。」とあり、その第二号に、「扶養義務者相互間において生活費又は教育費に充てるためにした贈与により取得した財産のうち通常必要と認められるもの」とあります。

つまり、税務署のサイトは、子供にお金を与えて、これは子供の生活費だ、教育費だ主張しても、その額が常識的な額よりも多い場合は、常識的な額を超える額については、「次に掲げる財産の価額は、贈与税の課税価格に算入しない。」(相続税法第二十一条の三)という規定を適用しませんよ、贈与税の課税対象として考えますよ、と言っているのです。

ところで質問者の場合は、株式優待に魅力を感じて子供の株式口座を開設し、そこへ親のお金を振り込むわけですから、税務署は、生活費でも教育費でもなく、振り込んだ全額を贈与税の課税対象と考えます。

しかし、その場合であっても、110万円以下ならば贈与税はゼロ(無税)となります。ですから110万円以下なら贈与税がゼロで株主優待を楽しむことができます。

※非課税とは、相続税法で「贈与税を課税しない財産」と定められている事を言います。無税とは、相続税法では「贈与税を課税する財産」なのだけれども、基礎控除などを加味して計算すると贈与税がゼロになるケースを言います。

>(税務署のサイトより)生活費や教育費の名目で贈与を受けた場合であっても、それを預金したり株式や不動産などの買入資金に充てている場合には贈与税が課税されることになります。

相続税法第二十一条の三には「次に掲げる財産の価額は、贈与税の課税価格に算入しない。」とあり、その第二号に、「扶養義務者相互間において生活費又は教育費に充てるためにした贈与により取得した財産のうち通常必要と認められるもの」とあります。

つまり、税務署のサイトは、子供にお金を与えて、これは子供の生活費だ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報