なんか溶媒みたいなんですけど、これってなんですか?

A 回答 (3件)

溶媒ならばテトラヒドロフランではないですか?



シクロペンタンのメチレンひとつを酸素に置き換えた構造(C4H8O)をもつ環状エーテルです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね、たぶんこれだと思います。助かりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/14 02:53

ちょっと不親切な回答かも、と思ったので補足です。



テトラヒドロ葉酸は、葉酸の活性型で、葉酸代謝に関わっています。

また、葉酸は核酸(DNA、RNA)をつくるときの材料となる、
プリンヌクレオチド及びピリミジンヌクレオチドの合成のために必要です。
葉酸は生体内で還元型となり7種類の誘導体として存在しています。
それぞれの誘導体にはさらにグルタミン酸が5~7個結合しています。
これらの葉酸誘導体は細胞内で必要に応じて相互変換する事が知られています。
また、葉酸が足りなくなると貧血にもなったりします。
(葉酸欠乏性貧血と言います。)
    • good
    • 0

tetrahydrofolateの略ですね。


5,6,7,8‐tetrahydrofolate dehydrogenase、tetrahydrofolate methyltransferaseなどがあるようです。
tetrahydrofolateというのは、葉酸の活性型のようです。
あとに書いた2つが酵素ですね。

この回答への補足

回答ありがとうございました!
答えて下さったのにほんと申し訳ないのですが、なんか化学式の→の下(例・HCl+ NaOH → ・・のコレ)に書いてあったんです。
-mizuki-さんが答えて下さったTHFとは違うかも・・・・という気がするんです。

補足日時:2002/03/14 02:36
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました!
答えて下さったのにほんと申し訳ないのですが、なんか化学式の→の下(例・HCl+ NaOH → ・・のコレ)に書いてあったんです。
-mizuki-さんが答えて下さったTHFとは違うかも・・・・という気がするんです。
はじめて質問したので、自分のメッセージに回答いただいてすっごくうれしかったです。ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/14 02:35

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q過酸化・二酸化・水酸化

中学の理科を勉強しているのですが、過酸化なんたら・二酸化なんたら・水酸化なんたらが出てくると頭がこんがらがってしまいます。
過酸化と二酸化と水酸化はどのように違うのでしょうか?

Aベストアンサー

水酸化: OH^- がある
二酸化: O が 2個ある
過酸化: O2^2- (O-O) がある
例えば NaOH は Na^+ と OH^- にわかれるので「水酸化ナトリウム」です.
CO2 は「二酸化炭素」です. ここの O2 は「O が 2個ある」という意味. 実際には O=C=O とつながっています.
H2O2 は「過酸化水素」. ややこしいですが, こっちは H-O-O-H とつながっています.
「二酸化~」と「過酸化~」は区別しにくいんだけど, 中学校で過酸化水素以外の過酸化物が出るとも思えないですね.

Q溶媒効果ってなんですか???

アセチルアセトンに、溶媒としてクロロホルムとシクロヘキサンを混ぜてスペクトルを測ったところ、スペクトルが変わりました。
これは溶媒によってアセチルアセトンの構造が変わったと思っていいんでしょうか?
ケトとかエノールとかも関係しているのかなと思ったり・・・

めちゃくちゃですが、お願いします><

Aベストアンサー

 アセチルアセトンは分子内水素結合による6員環のエノール体が形成されやすいです。これは溶媒の極性が低いときに酸素間の双極子・双極子反発を抑えるためにエノール体になるようです。極性が高い溶媒だとこれがおさえられケト体の形成が有利になるようです。したがってシクロヘキサンだとエノール体が多く、クロロホルムでは極性がやや高くなるのでケト体が増えると考えられます。したがってシクロヘキサンとクロロホルムを混ぜると、それらの比率によってケト・エノールの平衡も変わるのでスペクトルもそれに応じて変わると思います。

 溶媒によるケト・エノールの平衡定数は英語版のウィキペディアにあったので参考にしてください。

参考URL:http://en.wikipedia.org/wiki/Acetylacetone

QTHFに関する話

この度、有機化学合成系の研究室に配属が決まり、安全に関するかなりコワイ話を聞かされていろいろ勉強中の身分です。最近いちばんこわいのはTHFについての話でちょっとお聞きしたいことがあるのですが、うちの大学ではTHFを一斗缶で屋外薬品倉庫に保存し、ガロン瓶がからになるとそこまで汲みに行くことになっているのですが、うちの大学は夏にとても暑いところで、その薬品庫もかなり高温になると思います。
もし、THFが一斗缶で残り少なくなっていた場合、長期保存で酸化されている上、蒸留と同じ原理でやはり危ないですよね。汲んでいる途中で大爆発なんてことってあり得ませんか?あと、THFや他の溶媒に関しても注意した方がいい話があったら教えてください。

Aベストアンサー

「長期」の長さにもよりますが、何年という単位であれば初めから一斗缶では買わないでしょうから、長くても数カ月ということでしょうね。
THFに関しては、安定剤が入っているものと入っていないものの両方が市販されています。安定剤が入っていないものであれば、少し心配かもしれませんね。
THFで危険なのは過酸化物が生じることであり、それには光が必要です。缶の中に酸素はあるでしょうが、光は入りませんので、現実問題としてはさほど心配はないと思います。
ただし、過酸化物を除く操作をしないで蒸留すると、過酸化物が濃縮される可能性があるので、乾固させると危険かもしれません。THFの事故はほとんどがそういった状況下のものだと思います。
そうはいいながらも、有機化学の研究室では乾燥剤とともに蒸留することが多いでしょうし、実験室内であれば他に指導する人もいるでしょうから、さほど心配はないでしょうね。

Q非プロトン性溶媒とプロトン性溶媒

非プロトン性溶媒(DMF,HMPAなど)はいずれもイオン性化合物を溶かし、カチオンによく溶媒和する。ちょうど、プロトン性溶媒がカチオンに溶媒和するのと同じように、カチオンのまわりに負の末端がきて、カチオンの空の軌道にその非共有電子対を供与する。
しかし、非プロトン性溶媒は水素結合ができないことと、溶媒の正の中心原子も立体効果によってアニオンへの接近を妨げられているために、非プロトン性溶媒はアニオンに全く溶媒和できない。

とソロモンの新有機化学に書いてあるのですが、

なぜ、「非プロトン性溶媒は、カチオンによく溶媒和する。」のでしょうか。
また、「がカチオンに溶媒和するのと同じように、カチオンのまわりに負の末端がきて、カチオンの空の軌道にその非共有電子対を供与する」とはどういう意味でしょうか。
また、なぜ水素結合ができないことは、非プロトン性溶媒がアニオンに全く溶媒和できないことにつんがるのでしょうか。

お願いします。

Aベストアンサー

>なぜ、「非プロトン性溶媒は、カチオンによく溶媒和する。」のでしょうか。
「ちょうど、プロトン性溶媒がカチオンに溶媒和するのと同じように、カチオンのまわりに負の末端がきて、カチオンの空の軌道にその非共有電子対を供与する。」と説明されているんじゃないですか?

>また、「がカチオンに溶媒和するのと同じように、カチオンのまわりに負の末端がきて、カチオンの空の軌道にその非共有電子対を供与する」
???教科書の記述を確認して下さい。DMFやDMSOの酸素原子の孤立電子対が、カチオンの空軌道に配位する旨のことが書いてあるはずですけど。

>なぜ水素結合ができないことは、非プロトン性溶媒がアニオンに全く溶媒和できないことにつんがるのでしょうか。
溶媒和が起こりにくければ溶けにくいというのは一般的に言えることだと思いますけど。

QTHFとH2Oの比率

THFとH2Oを1:1の割合で混ぜると透明なのですが、H2Oの割合を増やしていき、
THF:H2Oが1:3or4あたりになると白く濁ってくるのが観察されます。
どうして濁ってくるのでしょうか?

Aベストアンサー

今手元に文献が無いので、完全に経験上の勘での答えになってもうしわけないのですが、おそらく、水のTHFに対する溶解度がその程度だったと思います。つまり、THFに溶けきれなくなった水(言い換えれば混合できなくなった水)がエマルジョンとして存在するために懸濁液のように見えるのではないかと思います。

理科年表か化学大辞典あたりに載っていると思います。

Qt-BuOHって、非プロトン性溶媒なのですか?

OHあるからプロトン性溶媒に思えるのですが、なんか違うらしいです。その辺の説明をしていただければ大変うれしいのですが・・・。

Aベストアンサー

t-BuOHはプロトン性溶媒だと思います。
何故に、非プロトン性だと考えるのか私には理解できません。
ある目的を念頭に置いた場合に、その化学的性質がメタノールやエタノールなど、他のプロトン性溶媒と異なっているということはあるかもしれませんが、それはプロトン性とは別の問題だと思います。

QTHFと1N NaOH溶液が2層に分離してしまいます

THFと水を1:1の比率で混合すると、ともに極性溶媒ですので均一に
混ざるのですが、THFと1NのNaOH溶液を混合すると水と油のように2層に分離
してしまうんです。これはなぜなのでしょうか?
ちなみに0.1Nまで希釈したNaOHは混ざりました。

Aベストアンサー

No.1のご回答の繰り返しになってしまいますが、一般に、水に何かが溶けるときには、その溶質が水による溶媒和を受けていることになります。THFの場合には、水との水素結合が重要です。
ご質問のケースでは、No.1のご説明の通りだと思います。そもそも、水がTHFを溶かし込むための水素結合に「余力」が少ないために、イオン性のものを溶かすことによって、2層に分かれたと言えるでしょう。
もっと、余力を残して溶かし込めるような物質であれば、このようなことは起こらないと思います。
なお、同様のことは、NaOHに限らず、一般に、電解質を加えることによって起こります。
積極的に電解質を加えて、上述の「余力」を奪ってしまい、こうした分離を促進することを「塩析」といい(これもNo.1でも述べられていますね)化学実験における重要なテクニックとなっています。

THFよりも水と混ざりやすい溶媒(例えばエタノール、ジオキサンなど)を使えば、1N NaOHでも均一に混ざるだろうと思います。

QCMC(カルボキシメチルセルロース)についてと、これを溶解する溶媒につ

CMC(カルボキシメチルセルロース)についてと、これを溶解する溶媒について

カルボキシメチルセルロースを最も早い方法で溶解したいのですが、カルボキシメチルセルロース塩は水溶性とありますが、カルボキシメチルセルロースも同様に水に可溶なのでしょうか?
もしくは、他の溶媒で、もっと溶解性が高いものがあるのでしょうか??

また、CMCをできるだけ早く溶解したい場合、溶媒を加熱したほうがよいかどうか、なども教えていただけると助かります。

また、逆に、溶解しているCMCを析出させる方法などもご存知でしたら教えていただけると幸いです。

化学のことは全く分からず、素人質問で申し訳ございませんが、どうぞ、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

1)ポリマーあ分野を非常に長く研究したものです。
2)ここ50年以上のデーターをみても、CMC の溶液物性は研究報告されていません。
3)CMC 自体 色々なタイプ(セルローズの分子量の大小、CM の分子中の度合いなど)がありますが、水への膨潤度がかわりますが、溶解にはいたりません。他の溶媒にも溶解しないと考えたらいいでしょう。熱湯では、膨潤度は速いですが、溶解しません。
4)CMC-Na (CMCではない)は水溶性で、その溶液物性は知られています。
5)CMC を 塩水にいれても、溶解しません。
6)あるタイプのCMCが溶解しているように肉眼でみえても、それは溶解現象ではありません。
7)CMCは色々な分野で使用されているのは、その不溶性(水などへの膨潤性)と無毒性を利用しているわけです。

QTHFからの揮発性試料の抽出

THFからの揮発性試料の抽出
水を含んだTHFから揮発性試料を取り出したいのですが、どのようにすればいいのかわかりません。沸点がかなり低い(120℃程度)なので、下手をすると蒸発してしまいます。いちどエーテルで十回抽出してみたのですが、ほとんど取り出せませんでした。どうしたらいいでしょうか。

Aベストアンサー

水を含んでいる量にもよりますし、その物質の量や物性にもよります。普通に考えれば硫酸ナトリウムとかで脱水した後に常圧で蒸留すれば良いと思いますけど。

ただ、エーテルで抽出したとありますが、だとすればTHFよりも水の方がかなり多いということでしょうか?そうなると話が違ってきます。

いずれにせよ、分離精製に関してはその物質の物性や量(あるいは濃度)を考慮しながら考えるべきであり、それにしては情報が少なすぎます。

Q良溶媒と貧溶媒について

PMMAの良溶媒と貧溶媒を調べているのですが、どうしてもみつかりません。どういう本に載っているのかもよく分からない状態で、本当に困っています。
分かる方お願いします。

Aベストアンサー

こちらが参考になると思います:

http://www.osaka-kyoiku.ac.jp/~sawada/plastic/youkai.html


書籍では、こんなものもあるようです:

http://www.wiley.co.jp/series/CH11_ply.htm


確か、「化学便覧」にも多少載っていたと思います。

参考URL:http://www.osaka-kyoiku.ac.jp/~sawada/plastic/youkai.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報